« 宮城沖地震に関するニュース・1854,2014年12月24日 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・3 »

2014年12月24日 (水)

第3次安倍内閣発足

先の衆議院総選挙の結果を受けて、今日24日、第3次安倍内閣が発足した。

今後は、国民生活の景気立て直し、国防・自衛権・安全保障の確立それに震災被災地の復興などを具体的にどう進めるのかが政権の鍵になる。
特に、周辺の凶悪野蛮国とその国内の手先による絶えざる侵略行為(尖閣・竹島・拉致等の暴力による軍事侵略ばかりでなく、慰安婦・南京等の経済・文化・宣伝・外交および日本国内での反日宣伝や破壊行為による侵略も含め)をどう封じて行くのかについては緊急の課題である。

さらに、憲法改正に向けた基盤法の整備についても注目して行きたい。

リンク:首相、悲願の憲法改正目指す…長期政権が現実味 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第3次安倍内閣発足 アベノミクス成功へ全力 首相「改憲、歴史的な挑戦」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相「アベノミクスをさらに」 問われる恩恵の広がり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第3次安倍内閣が始動 - 速報:@niftyニュース.
リンク:安保法制整備急ぐ=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安保関連法案で首相「来年の通常国会で成立図る」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「アベノミクスの成功、確かなものに」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<第3次安倍内閣>発足 防衛相に中谷氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第3次安倍内閣が発足、防衛相に中谷氏を起用 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第3次安倍内閣が発足 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<特別国会>第97代首相に安倍晋三氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相は328票、民主・岡田氏は73票 首相指名選挙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相を第97代首相に選出 「強い日本、強い経済取り戻す」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍氏を第97代首相に指名…衆参両院で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:第97代首相に安倍晋三氏 - 速報:@niftyニュース.
リンク:第3次安倍内閣、今夜発足へ…経済・安保に力点 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

首相、悲願の憲法改正目指す…長期政権が現実味
読売新聞 12月25日(木)11時11分配信

 安倍首相は、2012年の政権交代で首相に返り咲いてから、あす26日で丸2年を迎える。

 衆院選圧勝で自民党内での首相の求心力は強まり、今のところ来年9月の党総裁選の有力な対抗馬も見当たらない。長期政権となることは現実味を増しており、首相は悲願の憲法改正など、中長期的な課題実現を目指す考えだ。

 「与党として連続して(衆院の)3分の2以上の議席を頂いた。道は平坦(へいたん)ではなく、困難な課題も待っている。しかし、力を合わせれば乗り越えられる」

 首相は24日昼、国会内で開かれた党両院議員総会でこう述べ、参院で否決された法案の再可決も可能な衆院の3分の2以上の議席を背景に、政権運営への自信をのぞかせた。

 首相は第3次内閣の組閣で、政治資金問題を抱える江渡聡徳(あきのり)・前防衛相を交代させ、政府内で負担超過だとの指摘があった有村女性活躍相の担当から消費者、食品安全行政を外した。内閣の布陣を微調整することで「長期政権をにらんだ態勢強化を図った」(中堅)とみられている。

 06年発足の第1次安倍内閣を合算すると、24日で首相の在職日数は1095日となり、戦後歴代7位だ。来年の総裁選で再選すれば、総裁任期(3年間)が続く18年まで政権を保持する公算が大きくなる。

 首相が長期政権の中で実現を目指す最大のテーマが、憲法改正だ。首相は24日の記者会見でも、「どのような憲法を作っていくか国民みんなで考えることこそ、新しい日本を作ることにつながる」と力強い口調で語った。


第3次安倍内閣発足 アベノミクス成功へ全力 首相「改憲、歴史的な挑戦」
産経新聞 12月25日(木)7時55分配信

 安倍晋三首相(自民党総裁)は24日、衆参両院本会議での首相指名選挙で第97代首相に選出された。皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て、同日夜に公明党との連立による第3次安倍内閣が発足。政治資金問題を理由に続投を固辞した江渡聡徳(えと・あきのり)防衛相兼安全保障法制担当相の後任に中谷元(げん)・元防衛庁長官を起用し、残る閣僚は全員再任した。

 首相は同日夜、官邸で記者会見し、第3次内閣に関し「アベノミクスの成功を確かなものにしていくことが最大の課題だ」と強調。その上で「民間の活力を阻む規制について抜本的な改革を断行する。そして必ずや景気回復の実感を全国津々浦々へ届けていく」と語った。そのうえで「強い経済があってはじめて強力に外交が展開できる。今は道半ばだ」と述べ、引き続き経済最優先の立場で政策を進める考えを示した。

 集団的自衛権の行使を容認する安全保障法制の見直しについては「国民の命と幸せな暮らしは断固として守り抜く決意に揺らぎはない」と説明。「中谷氏の下で万全の法案準備を進め、国民のさらなる理解を得る努力を続けながら、来年の通常国会で成立を図る」とも述べた。

 さらに憲法改正に関し「歴史的なチャレンジと言っていいが、国民的な支持を得ないといけない。国民的な理解を深める努力をしたい」と語った。

 会見に先立ち首相は官邸で公明党の山口那津男代表と党首会談を行い、自公連立政権の継続を確認。その後、官邸に組閣本部を設置し、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が閣僚名簿を発表した。3人の官房副長官、5人の首相補佐官も全員再任された。

 新内閣の閣僚担務では、有村治子女性活躍担当相が兼務していた消費者・食品安全の担当を、山口俊一沖縄北方担当相に移した。

 内閣が第3次まで続くのは平成17年9月発足の第3次小泉内閣以来となる。第188特別国会の会期は24日から26日までの3日間。


首相「アベノミクスをさらに」 問われる恩恵の広がり
産経新聞 12月25日(木)7時55分配信

 第3次安倍晋三内閣が24日発足し、政権の経済政策「アベノミクス」がデフレからの脱却に向けた新たなスタートを切る。円安・株高効果を生んだ金融政策は継続される一方、いまだ道半ばの地方創生や中小企業への支援策、女性・子育て政策などに厳しい視線が注がれる。衆院選で信任を得た形のアベノミクスだが、今後はその恩恵をどこまで浸透させるかが問われる。

 24日夜の記者会見で、安倍首相は何度も「強い経済」という言葉を用い、“経済再生最優先”を掲げる新内閣の決意を示した。

 だが、足元の経済環境は決して順風ではない。4月の消費税増税後、国内総生産(GDP)は2四半期連続で前期比マイナス。日銀の金融緩和に伴う円安も地方や中小企業にとっては燃料・原材料費の高騰などの副作用の影響が強く、「利益を圧迫された」との恨み節も聞かれる。

 このため、新政権は地方や中小企業への目配りや、遅れが指摘される女性・子育て政策、岩盤規制改革などをうたった成長戦略の早期実施が不可避だ。

 第1弾として、政府は27日に経済対策と地方創生の総合戦略を閣議決定、今後のアベノミクスの青写真を示す。

 地方創生の総合戦略では、50年後の人口1億人維持に向け、地方の雇用創出や企業の地方移転を促す優遇税制を盛り込む。経済対策では地方の少子化対策に加え、中小企業の最低賃金引き上げ支援など地方や中小企業、女性・子育て関連の政策を重視する。

 このほか、消費税10%引き上げ時期の先送りに伴う財政再建計画の見直しや、継続的な賃上げ実現などの課題も山積している。首相は記者会見で「多様な声にもきめ細かく応えることにより、アベノミクスをさらに深化させていきたい」と強調した。(佐久間修志)


第3次安倍内閣が始動
2014年12月25日(木)6時49分配信 共同通信

 第3次安倍内閣が25日午前、本格始動した。安倍晋三首相が最重要課題の一つと位置付ける経済政策「アベノミクス」の推進に全力を挙げ、景気を下支えする3兆円超の経済対策を27日に閣議決定する。集団的自衛権の行使容認を含めた安全保障法制の整備も前面に掲げて積極的に進める構えだ。

 唯一の新閣僚の中谷元・防衛相兼安全保障法制担当相は午前、防衛省に登庁。栄誉礼や着任式に臨むほか、前任の江渡聡徳氏と事務引き継ぎを行う。

 首相は昼に東京・大手町の経団連会館で経団連審議員会に出席し、あいさつ。連立を組む公明党も午前に常任役員会や中央幹事会を開く。


安保法制整備急ぐ=安倍首相
時事通信 12月24日(水)21時42分配信

 安倍晋三首相は24日夜の記者会見で、集団的自衛権の行使容認に関し「通常国会に向けて切れ目のない安全保障法制の整備の準備を進めている」と述べ、関連法案の成立を急ぐ考えを示した。 


安保関連法案で首相「来年の通常国会で成立図る」
産経新聞 12月24日(水)21時37分配信

 安倍晋三首相は24日夜の記者会見で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案について「国民の理解を得る努力を続けながら、来年の通常国会で成立を図る」と述べた。「国民の命を断固守り抜く決意は揺らいでいない」とも語った。


安倍首相「アベノミクスの成功、確かなものに」
産経新聞 12月24日(水)21時29分配信

 安倍晋三首相は24日夜、官邸で記者会見し、今後の政策課題について「アベノミクスの成功を確かなものにしていくことが最大の課題だ」と述べた。


<第3次安倍内閣>発足 防衛相に中谷氏
毎日新聞 12月24日(水)21時15分配信

 第188特別国会が24日に召集され、安倍晋三首相(60)が衆参両院本会議での首相指名選挙の結果、第97代首相に選出された。首相は組閣に着手し、同日夜、皇居での首相任命式と閣僚の認証式を経て、公明党との連立による第3次安倍内閣が発足した。江渡聡徳防衛相(59)が「政治とカネ」を巡る問題を理由に再任を固辞したため、首相は後任に自民党の中谷元・元防衛庁長官(57)を充てた。残りの閣僚17人は再任した。

 首相は同日夜、新内閣の発足を受けて首相官邸で記者会見し、引き続き経済政策「アベノミクス」を推進することや、安全保障法制整備など重要課題への対処方針を説明する。

 衆院本会議に先立ち、首相は自民党の両院議員総会であいさつした。与党で3分の2を超える議席を維持した衆院選に触れ、「勝利の喜びに浸るのは今日をもって過去のことにしなければならない。歴史的な使命を体で感じながら、しっかりと政策を進め、強い日本を取り戻さなければならない」と訴えた。

 首相はその後、官邸で公明党の山口那津男代表との党首会談に臨んだ。山口氏は会談後、記者団に「多様な民意を受け止めた上で、合意を作り出す経験や知恵を発揮することも公明党の役割だ。今後のことは一寸先も油断をしてはならない。困難な課題に一つ一つ着実に取り組むことが重要だ」と述べ、引き続き連立政権内での存在感発揮に意欲を示した。

 江渡氏に代わり入閣した中谷氏は官邸で記者団に、「首相から、領土、国民の命、財産を守る国の安全保障をしっかりやってほしいと言われた。抱える問題を処理できるよう、全力でやらなければならない」と述べた。

 その他の閣僚と官房副長官、首相補佐官、横畠裕介内閣法制局長官は再任された。ただ、有村治子女性活躍担当相が所管していた消費者・食品安全担当は、山口俊一沖縄・北方担当相に移管された。

 首相指名選挙では、安倍氏は衆院で328票、参院で135票といずれも過半数を得て、首相に指名された。事実上の代表不在となっている民主党は、岡田克也代表代行に投票した。

衆院本会議では首相指名選挙に先立ち正副議長の選挙が行われ、議長に自民党の町村信孝氏、副議長に民主党の川端達夫氏が選出された。【仙石恭】


第3次安倍内閣が発足、防衛相に中谷氏を起用
読売新聞 12月24日(水)21時9分配信

Photo_3
首相親任式、閣僚認証式を終えた第3次安倍内閣の閣僚ら(24日午後、皇居で)=高橋はるか撮影

 自民、公明両党の連立による第3次安倍内閣が24日夜、発足した。

 安倍首相(自民党総裁)は、同日召集された特別国会の衆参両院本会議で第97代の首相に選出された後、組閣を行い、防衛相に中谷元・元防衛長官を起用し、他の閣僚17人を再任した。首相は与党の衆院選圧勝を踏まえて、経済政策「アベノミクス」の推進を最優先に掲げるとともに、集団的自衛権の行使を限定容認する新たな安全保障法制の整備にも全力を挙げる方針だ。

 2回の衆院選を経て、第3次内閣が発足するのは、2005年9月の小泉内閣以来。安倍首相は組閣に際して公明党の山口代表と会談し、連立政権を継続することを確認した。

 菅官房長官は24日午後、閣僚名簿を読み上げ、防衛相兼安全保障法制相には、政治資金を巡る問題を抱える江渡聡徳氏に代わり、中谷氏を充てる人事を正式に発表した。


第3次安倍内閣が発足
2014年12月24日(水)20時34分配信 共同通信

 第3次安倍内閣は24日夜、皇居での首相任命式と閣僚認証式を経て発足した。安倍晋三首相は、政治資金問題を理由に再任を辞退した江渡聡徳防衛相兼安全保障法制担当相の後任に中谷元・元防衛庁長官を充て、集団的自衛権行使を含む安全保障法制の整備を加速させる。デフレ脱却に向けた自身の経済政策「アベノミクス」や人口減少問題克服を目指す地方創生の取り組みも強化する。

 首相は24日夕、公明党の山口那津男代表と官邸で会談し、自公連立政権継続を確認した。

 菅義偉官房長官は記者会見で閣僚名簿を正式発表した。首相は夜に官邸で記者会見し、政権運営の方針を説明する。


<特別国会>第97代首相に安倍晋三氏
毎日新聞 12月24日(水)15時9分配信

 安倍晋三首相(60)=自民党総裁=が24日午後、衆参両院の首相指名選挙で第97代首相に選出された。


安倍首相は328票、民主・岡田氏は73票 首相指名選挙
産経新聞 12月24日(水)15時1分配信

 24日午後の衆院本会議で行われた首相指名選挙は、投票総数470票で、安倍晋三首相が328票、民主党の岡田克也代表代行が73票、維新の党の江田憲司代表が41票などとなった。


安倍首相を第97代首相に選出 「強い日本、強い経済取り戻す」
産経新聞 12月24日(水)14時58分配信

 衆院は24日午後の本会議で首相指名選挙を行い、安倍晋三首相を第97代首相に選出した。首相は組閣に着手し、皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て、24日夜に第3次安倍内閣を発足させる。

 衆院本会議に先立つ自民党両院議員総会で首相は「歴史的使命を感じながら政策を進め、強い日本、強い経済を取り戻していかなければならない」と述べた。


安倍氏を第97代首相に指名…衆参両院で
読売新聞 12月24日(水)14時54分配信

 先の衆院選を受けた第188特別国会が24日午後召集され、安倍首相(自民党総裁)は衆参両院本会議で第97代の首相に指名された。

 安倍首相は、防衛相を除く閣僚を再任する方針。防衛相には中谷元・元防衛長官を充てる。皇居で首相親任式と閣僚認証式を経て、同日夜に第3次安倍内閣が発足する。

 衆院本会議では、首相指名に先立って、議長に自民党の町村信孝元官房長官、副議長に民主党の川端達夫国会対策委員長をそれぞれ選出した。


第97代首相に安倍晋三氏
2014年12月24日(水)14時50分配信 共同通信

Photo_4
 衆院本会議で首相に指名され、一礼する安倍首相=24日午後2時50分ごろ

 衆院選を受けた第188特別国会は24日召集され、安倍晋三首相(自民党総裁)が午後の衆参両院での首相指名選挙で第97代の首相に選出された。首相は組閣に着手し、皇居で行われる首相任命式などを経て、夜に公明党との連立による第3次安倍内閣を発足させる。全閣僚を再任する方針だったが、政治資金問題を抱える江渡聡徳防衛相兼安全保障法制担当相は固辞し、後任に、中谷元・元防衛庁長官を起用する。

 麻生太郎副総理兼財務相や菅義偉官房長官、甘利明経済再生担当相ら残る閣僚は全員再任する。

 24日の衆院本会議での首相指名選挙は、投票総数470票で、安倍首相は328票だった。


第3次安倍内閣、今夜発足へ…経済・安保に力点
読売新聞 12月24日(水)14時20分配信

 安倍首相は24日午後、衆参両院の本会議で第97代首相に選出される。

 ただちに組閣に着手し、同日夜に第3次安倍内閣を発足させる。政治資金を巡る問題を抱える江渡防衛相を交代させ、中谷元・元防衛長官を起用する方針だ。衆院選圧勝で基盤を固めた首相は、経済政策「アベノミクス」を推進するとともに、集団的自衛権の行使を限定容認する新たな安全保障法制の整備に力点を置く考えだ。

 9月に発足した第2次安倍改造内閣は、24日午前の閣議で総辞職した。首相は国会内で開かれた自民党両院議員総会で、「景気回復の実感を手にしたい、強い誇りある日本を作ってもらいたいという期待に応える歴史的な使命を体で感じながら、政策を進めなければならない」と述べた。

 先の衆院選を受けた特別国会は同日召集され、午後の衆院本会議では、議長に自民党の町村信孝元官房長官が選出された。副議長には民主党の川端達夫国会対策委員長が選ばれる。

 首相は衆参両院の本会議で首相に指名された後、公明党の山口代表と首相官邸で会談し、連立政権の維持を確認する。その後、菅官房長官が閣僚名簿を読み上げる。皇居での首相親任式と閣僚認証式を経て、第3次内閣が正式発足する運びだ。特別国会の会期は26日までの3日間。

« 宮城沖地震に関するニュース・1854,2014年12月24日 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・3 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60860940

この記事へのトラックバック一覧です: 第3次安倍内閣発足:

« 宮城沖地震に関するニュース・1854,2014年12月24日 | トップページ | 777・787・A350等、航空機一般の話題・3 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30