« 宮城沖地震に関するニュース・1816,2014年11月15日 | トップページ | 売国アカ新聞の「北海道新聞」も「従軍慰安婦」虚言の吉田清治に関する記事を取り消し »

2014年11月15日 (土)

天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため奈良県入り

天皇皇后両陛下は15日午前、第34回全国豊かな海づくり大会出席などのため、新幹線で奈良県へ向け出発された。

両陛下は同日午後、同県明日香村を訪れ、2011年9月の紀伊半島豪雨災害の被災者と懇談される。
16日に大淀町で海づくり大会の式典行事にご出席された後、川上村に移動して魚を放流され、17日には桜井市の大神神社をご参拝、県立美術館をご視察ののちご帰京される予定。

リンク:両陛下、奈良市で「大古事記展」を鑑賞 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>奈良の大神神社を参拝し帰京 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇皇后両陛下、大神神社に参拝 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、皇室ゆかりの大神神社ご参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、大神神社参拝=奈良 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>奈良で豊かな海づくり大会に出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、奈良で豊かな海づくり大会出席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、奈良のダム湖でアユご放流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク: 2014年11月16日(日)16時57分配信 共同通信 - 速報:@niftyニュース.
リンク:魚を放流される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:海づくり大会に出席される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、海づくり大会に=奈良 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、紀伊水害の被災者を激励…奈良県訪問 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<両陛下>豪雨被災者らと懇談 奈良県入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、紀伊半島豪雨被災者とご懇談 「経験を地域に生かして」とお言葉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:豪雨被災者と懇談される両陛下 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が豪雨被災者と懇談、奈良 - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、豪雨被災者と懇談=奈良 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下が奈良県訪問、豊かな海づくり大会出席へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、奈良県訪問 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<天皇、皇后両陛下>奈良・豊かな海づくり大会へ東京を出発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、奈良へ出発 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

両陛下、奈良市で「大古事記展」を鑑賞
読売新聞 11月17日(月)21時27分配信

Photo_6
大古事記展で「木華開耶媛(このはなさくやひめ)」の絵をご覧になる天皇、皇后両陛下(17日午後、奈良市の奈良県立美術館で)=代表撮影

 奈良県を訪問していた天皇、皇后両陛下は17日、同県桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝、午後には、奈良市の県立美術館で特別展「大古事記展」を鑑賞された。

 同展では、国宝の「七支刀(しちしとう)」のほか、古事記を題材とした絵画や宝物を展示。両陛下は、案内役からの説明に耳を傾け、興味深そうに展示物を見て回られた。その後、臨時専用列車で同日夜、帰京された。


<天皇、皇后両陛下>奈良の大神神社を参拝し帰京
毎日新聞 11月17日(月)19時53分配信

 天皇、皇后両陛下は17日、奈良県桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝された。同神社は三輪山をご神体とし、日本最古の神社とされる。両陛下は拝殿に向かい、それぞれ玉串をささげて拝礼した。皇后さまは今年10月の誕生日に合わせ、宮内記者会に寄せた文書で飛鳥、奈良の文化に触れ、「大神神社の深い静けさや、御神社に所縁(ゆかり)のある花鎮めの祭りに心引かれたりいたしました」と記している。

 両陛下はその後、奈良市の県立美術館を視察。近鉄、新幹線と乗り継いで帰京した。【真鍋光之】


天皇皇后両陛下、大神神社に参拝
2014年11月17日(月)12時14分配信 共同通信

Photo_5
 大神神社に到着された天皇、皇后両陛下=17日午前、奈良県桜井市

 全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、奈良県を訪問している天皇、皇后両陛下は17日午前、桜井市にある大神神社を参拝された。

 大神神社は日本最古の神社とされる。万葉集の歌にも詠まれた三輪山をご神体とし、本殿を持たないのが特徴で、両陛下は拝殿で玉串をささげて拝礼した。

 皇后さまは10月の80歳誕生日の際、宮内記者会に寄せた文書で、大神神社の静けさや神事の一つ、鎮花祭に心を引かれたことを記している。


両陛下、皇室ゆかりの大神神社ご参拝
産経新聞 11月17日(月)11時59分配信

 奈良県を訪問中の天皇、皇后両陛下は17日午前、桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝された。同神社は背後の三輪山をご神体とする日本最古の神社で、皇室の祖先ともゆかりがあるとされる。宮内庁によると、両陛下は拝殿で玉串をささげ、静かに拝礼されたという。

 宮内庁によると、両陛下の同神社ご訪問は、昭和45年以来。皇后さまは今年10月のお誕生日の文書回答で、同神社で毎年行われる疫病除けの祭事「鎮花祭(はなしずめのまつり)」に心を引かれたことを打ち明けられている。

 両陛下は午後には奈良市の県立美術館で古事記の特別展を鑑賞するなどし、同日夜に帰京される。


両陛下、大神神社参拝=奈良
時事通信 11月17日(月)11時31分配信

 奈良県を訪問中の天皇、皇后両陛下は17日午前、同県桜井市の大神神社を参拝された。
 大神神社は三輪山をご神体としており、日本最古の神社とされる。到着した両陛下は宮司の先導で拝殿に向かい、それぞれ玉串をささげて拝礼した。
 皇后さまは80歳を迎えた今年の誕生日の文書回答で飛鳥、奈良の文化に触れ、「背後のお山そのものが御神体である大神神社の深い静けさや、御神社に所縁(ゆかり)のある花鎮(はなしず)めの祭りに心引かれたりいたしました」と記している。 


<天皇、皇后両陛下>奈良で豊かな海づくり大会に出席
毎日新聞 11月16日(日)21時15分配信

 天皇、皇后両陛下は16日、奈良県大淀町で開かれた第34回全国豊かな海づくり大会に出席された。同県は海に面していないが、森や山が海の環境保全に大きな役割を果たしているとして開かれた。

 大会では自然環境を守る大切さを訴えた中学生の作文が紹介され、両陛下は大きな拍手を送った。続いて同県川上村の「おおたき龍神湖」で天理教校学園高校による和太鼓演奏やカヌーのパレードを見た後、アマゴとアユを放流した。和太鼓を演奏した同校3年、奥山美希さん(18)は「和太鼓よかったですよ、と声をかけていただきました」と笑顔で話した。【真鍋光之】


両陛下、奈良で豊かな海づくり大会出席
読売新聞 11月16日(日)19時27分配信

 奈良県滞在中の天皇、皇后両陛下は16日、大淀町の町文化会館で、「第34回全国豊かな海づくり大会」の式典に出席された。

 海のない同県での開催ということもあり、式典では、「ゆたかなる 森がはぐくむ 川と海」を合言葉に、森や川の環境を守る決議が読み上げられた。県のキャラクター「せんとくん」とともに、地元の小学生らが「やまと海づくりメッセージ」を暗唱すると、両陛下は、にこやかに拍手を送られていた。

 両陛下は式典後、川上村の大滝ダム湖に移動し、アマゴの稚魚とアユを放流。和太鼓の演奏やカヌーの水上パレードによる歓迎を受け、盛んに拍手で応えられていた。


両陛下、奈良のダム湖でアユご放流
産経新聞 11月16日(日)18時3分配信

Photo_2
第34回全国豊かな海づくり大会で、アユを放流される天皇、皇后両陛下=16日午後、奈良県川上村のおおたき龍神湖(沢野貴信撮影)(写真:産経新聞)

 奈良県を訪問中の天皇、皇后両陛下は16日、川上村にある大滝ダムの人造湖「おおたき龍神湖」で、全国豊かな海づくり大会の放流行事に臨み、地元の高校生から受け取ったアマゴの稚魚とアユの成魚をていねいに放された。

 海に面していない奈良県で開催された今回のテーマは、豊かな海を育む山と川の環境保全。放流行事に先立ち、大淀町で開かれた式典では、県のマスコット「せんとくん」とともに小学生が「海につながる川、川につながる山を守っていきます」と宣言し、両陛下は笑顔で拍手を送られた。


両陛下、海づくり大会出席
2014年11月16日(日)16時57分配信 共同通信

Photo
 第34回全国豊かな海づくり大会に出席し、アユを放流される天皇、皇后両陛下=16日午後、奈良県川上村

 奈良県に滞在中の天皇、皇后両陛下は16日午前、大淀町の町文化会館で開かれた第34回全国豊かな海づくり大会の式典に出席された。

 式典には全国の漁業関係者ら約520人が出席。荒井正吾知事はあいさつで「山、川、海を水が循環している中で、森や山が大きな役割を担っていることを認識し、感謝する大会にしたい」と述べ、海のない奈良県で開催する意義を強調した。

 来年の開催県となる富山県の石井隆一知事に大会旗が引き継がれた。

 両陛下は午後、放流会場の川上村へ移り、おおたき龍神湖にアマゴの稚魚やアユを放した。湖では地元の小中学生らによるカヌーパレードが披露された。


魚を放流される両陛下
時事通信 11月16日(日)16時47分配信

Photo_7
第34回全国豊かな海づくり大会で、魚を放流される天皇、皇后両陛下=16日午後、奈良県川上村のおおたき龍神湖


海づくり大会に出席される両陛下
時事通信 11月16日(日)16時3分配信

Photo_6
第34回全国豊かな海づくり大会に出席し、参加した子どもたちに拍手を送られる天皇、皇后両陛下=16日午前、奈良県大淀町の文化会館


両陛下、海づくり大会に=奈良
時事通信 11月16日(日)15時39分配信

 奈良県を訪問中の天皇、皇后両陛下は16日、同県大淀町の文化会館で開かれた「第34回全国豊かな海づくり大会」の式典に出席された。
 今年は「山は川を育み、川は海を育む」を基本理念に、海に面していない奈良県で開催された。両陛下は式典後、川上村に移動してアマゴとアユをダム湖に放流した。湖では地元の高校生らによる和太鼓の演奏やカヌーのパレードも披露され、両陛下は笑顔で拍手を送っていた。


両陛下、紀伊水害の被災者を激励…奈良県訪問
読売新聞 11月15日(土)21時38分配信

 天皇、皇后両陛下は15日、奈良県を訪問し、2011年9月の紀伊水害の被災者を励まされた。

 同県明日香村の県立万葉文化館で行われた懇談会には、被災者9人が参加し、両陛下に災害時の様子などを語った。

 天皇陛下は「大変でしたね」「お心を痛めておられるでしょう」などと話しかけられた。皇后さまは、現在は復興住宅で暮らす十津川村の市原光留(みつる)さん(63)を「疲れがたまっているのでケアしてくださいね。お元気で」と気遣われたという。

 懇談は予定の時間を超えて行われ、陛下は最後に、「本当に厳しい時を過ごされてきたことと深くお察ししています。経験を生かして地域の安全を高められるように願っております」と励まされた。

 11年9月の紀伊水害では、台風12号の影響による記録的豪雨で、和歌山、三重、奈良県などで土砂崩れや川の氾濫が起き、死者・行方不明者は全国で計約100人に上った。奈良県の死者・行方不明者は24人。


<両陛下>豪雨被災者らと懇談 奈良県入り
毎日新聞 11月15日(土)19時31分配信

Photo_5
紀伊半島豪雨の被災者と懇談する天皇、皇后両陛下=奈良県明日香村で2014年11月15日午後、貝塚太一撮影

 天皇、皇后両陛下は15日、新幹線と近鉄を乗り継いで奈良県入りし、2011年9月の紀伊半島豪雨の被災者ら9人と懇談された。この水害では山の深い地層が崩れ落ちる「深層崩壊」が発生、和歌山、奈良、三重3県で88人が死亡・行方不明となっており、両陛下は以前から訪問を願っていたという。

 県立万葉文化館(明日香村)での懇談の席で天皇陛下は、母親を亡くした奈良県十津川(とつかわ)村の市原光留さん(63)にいたわりの言葉をかけ、同村の乾正清さん(81)が説明した際には、皇后さまが「おつらい経験をされましたね。以前は深層崩壊という言葉は存じませんでした。怖いことですね」と語り、お二人で熱心に一人一人の話に耳を傾けていた。

 懇談の最後に陛下は「お話を伺って、本当に大変だったということをつくづく思いました。厳しい時を過ごされたことを、深くお察ししています。今度の経験が、十分に地域の人に生かされるよう願ってやみません」と述べた。

 16日、吉野川流域の同県大淀町である第34回全国豊かな海づくり大会に出席し、17日に帰京する。【真鍋光之】


両陛下、紀伊半島豪雨被災者とご懇談 「経験を地域に生かして」とお言葉
産経新聞 11月15日(土)19時21分配信

 天皇、皇后両陛下は15日、「全国豊かな海づくり大会」の式典臨席などのため奈良県を訪問された。

 明日香村では、平成23年9月に和歌山、奈良、三重3県で死者・行方不明者88人を出した紀伊半島豪雨で被災した62~81歳の男女9人とご懇談。皇后さまは、自宅を流され、妻=当時(70)=を失った五條市の長沼陞(のぼる)さん(78)を「お寂しいでしょうね」といたわられた。

 両陛下は最後に9人と向き合い、陛下が「本当に厳しいときを過ごしてきたことを深くお察しします。今度の経験を十分に地域の人に生かされるよう願ってやみません」と述べられた。

 両陛下は16日に大淀町で同大会式典に臨んだ後、川上村のダム湖にアマゴとアユの稚魚を放流される。17日には皇室の祖先ともゆかりがある桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝するなどし、同日夜に帰京される。


豪雨被災者と懇談される両陛下
時事通信 11月15日(土)18時18分配信

Photo_4
2011年に紀伊半島で起きた台風による豪雨災害の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=15日午後、奈良県明日香村の県立万葉文化館


両陛下が豪雨被災者と懇談、奈良
2014年11月15日(土)17時45分配信 共同通信

Photo_3
 紀伊半島豪雨の被災者と懇談される天皇、皇后両陛下=15日午後、奈良県明日香村の県立万葉文化館

 全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため天皇、皇后両陛下は15日午後、奈良県に入り、明日香村にある県立万葉文化館で、和歌山、奈良、三重3県で多くの死者・行方不明者が出た2011年9月の紀伊半島豪雨の被災者と懇談された。

 両陛下は被災者の状況を気に掛けてきたといい、そばに歩み寄って「ずいぶんと大変でしたね」などといたわった。

 懇談には、仮設住宅への入居を長期間強いられた奈良県内の被災者のうち9人が出席。両陛下は家族を失った悲しみや、これまでの避難生活の苦労を語る声に耳を傾けた。皇后さまは「たくさんのことを耐えていらっしゃったのね」と思いやった。


両陛下、豪雨被災者と懇談=奈良
時事通信 11月15日(土)17時25分配信

 第34回全国豊かな海づくり大会出席などのため奈良県入りした天皇、皇后両陛下は15日午後、同県明日香村の県立万葉文化館で、2011年9月に紀伊半島で起きた台風12号による豪雨災害の被災者9人と懇談された。
 台風12号では奈良、和歌山、三重の3県で死者・行方不明者が計80人以上に上る大きな被害が出た。天皇陛下は「ずいぶんご苦労が多かったでしょう」と被災者をねぎらい、皇后さまは土石流で妻を亡くした男性(78)を「残念でございましたね。お寂しくなられたでしょう」といたわった。
 天皇陛下は最後に被災者全員に対し「少しでも安全な生活が皆できるように、今度の経験を生かして地域の安全性を高められるよう願っています」と言葉を掛けた。 


両陛下が奈良県訪問、豊かな海づくり大会出席へ
読売新聞 11月15日(土)12時29分配信

 天皇、皇后両陛下は15日、奈良県訪問のため、新幹線の臨時専用列車で東京駅を出発された。

 2泊3日の予定で大淀町などで開催される「第34回全国豊かな海づくり大会」の各行事に出席される。また、2011年9月、同県内でも24人の死者、行方不明者を出した紀伊水害の被災者とも懇談、17日に桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝し、同日夜に帰京される。


両陛下、奈良県訪問
2014年11月15日(土)10時55分配信 共同通信

Photo_2
 奈良県訪問のため、JR東京駅を出発される天皇、皇后両陛下=15日午前

 天皇、皇后両陛下は15日午前、第34回全国豊かな海づくり大会の式典出席などのため、東海道新幹線で奈良県に向け出掛けられた。

 午後には明日香村にある県立万葉文化館で、台風により和歌山、奈良、三重3県で多くの死者・行方不明者が出た2011年9月の紀伊半島豪雨の被災者と懇談する。両陛下は被災者の状況を気に掛けてきたという。

 16日は大淀町で開かれる大会式典に出席した後、川上村に移って湖にアマゴの稚魚などを放流する。17日は万葉集の歌にも詠まれた三輪山をご神体とする桜井市の大神神社を参拝するほか、奈良市の県立美術館で「大古事記展」を鑑賞し、同日夜、帰京の予定。


<天皇、皇后両陛下>奈良・豊かな海づくり大会へ東京を出発
毎日新聞 11月15日(土)10時55分配信

 天皇、皇后両陛下は15日午前、奈良県で開かれる第34回全国豊かな海づくり大会出席のため、新幹線で東京駅を出発された。京都から近鉄に乗り継いで同県入りする。

 この日は明日香村の県立万葉文化館を訪問。和歌山、奈良、三重の3県で80人以上の死者・行方不明者を出した2011年9月の紀伊半島豪雨で長期間、仮設住宅に入居していた奈良県内の被災者9人と面会する。16日は同県大淀町である大会式典に出席し、川上村の湖でアマゴなどを放流する。17日は桜井市の大神(おおみわ)神社を参拝後、奈良市の県立美術館を視察し、帰京する。【真鍋光之】


両陛下、奈良へ出発
時事通信 11月15日(土)10時31分配信

 天皇、皇后両陛下は15日午前、第34回全国豊かな海づくり大会出席などのため、新幹線で奈良県へ向け出発された。
 同日午後、同県明日香村を訪れ、2011年9月に紀伊半島で起きた豪雨災害の被災者と懇談。16日に大淀町で海づくり大会の式典行事に出席した後、川上村に移動して魚を放流する。17日に大神神社(桜井市)を参拝し、県立美術館(奈良市)を視察して帰京する。 

« 宮城沖地震に関するニュース・1816,2014年11月15日 | トップページ | 売国アカ新聞の「北海道新聞」も「従軍慰安婦」虚言の吉田清治に関する記事を取り消し »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60665544

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇皇后両陛下、豊かな海づくり大会ご出席のため奈良県入り:

« 宮城沖地震に関するニュース・1816,2014年11月15日 | トップページ | 売国アカ新聞の「北海道新聞」も「従軍慰安婦」虚言の吉田清治に関する記事を取り消し »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31