« 宮城沖地震に関するニュース・1821,2014年11月21日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1823,2014年11月23日 »

2014年11月22日 (土)

宮城沖地震に関するニュース・1822,2014年11月22日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<地震>震源浅く、強い揺れ…長野震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 白馬村で家屋倒壊 複数の人が下敷きの情報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 地震の影響で上越道など通行止め - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 菅官房長官らが官邸入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野北部で震度6弱 「縦か横か分からない大きく揺れた」小川村職員 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大きな地鳴り、すぐに横揺れ=「東日本大震災思い出した」―長野県北部震源の地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 長野新幹線上田-長野駅間で運転見合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>「大きな揺れ20秒以上」…長野震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 長野市「これほど大きく揺れたことない」 県は災害対策本部設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「どーん」と突き上げ、灯籠倒れ…住民不安 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 ブロック塀や灯油タンクが倒壊 長野市内「けが人の救助要請なし」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 民家の壁が崩れたとの情報「余震が続いている」小川村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 白馬村で水道管破裂や土砂崩れ 人的被害はなし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 「ドン」突き上げる揺れ 「30年で初めて」 小谷村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>官邸対策室を設置…長野震度6弱で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱 東北新幹線など運行再開 遅れなど影響見込み - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府が官邸対策室設置…長野北部で震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野県北部の地震 首相官邸に対策室 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:白馬村で複数のけが人情報、長野などの地震 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相官邸に対策室 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野県北部でM6・8地震、長野市で震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱、津波の心配なし - 速報:@niftyニュース.
リンク:長野県北部で震度6弱 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>長野県北部で震度6弱=22日午後10時8分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野で震度6弱=新幹線が運転見合わせ―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「あんぽ柿」づくり最盛期 - 速報:@niftyニュース.
リンク:福島県が原発事故後初の避難訓練 - 速報:@niftyニュース.
リンク:共に流した汗、忘れない 塩釜・派遣職員の碑 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島原発周辺で広域の避難訓練…事故後初 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<震災遺構>「南三陸防災庁舎は保存」有識者会議提言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被災漁船の解体撤去始まる 浪江 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島原発>「再び大地震」想定で避難訓練 川内村 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発事故後初の避難訓練=福島県川内村、1200人参加 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<地震>震源浅く、強い揺れ…長野震度6弱
毎日新聞 11月22日(土)23時50分配信

 22日夜に発生した長野県北部を震源とするマグニチュード(M)6.8の地震は、震源の深さが約10キロと浅かったため、長野市などでは震度6弱の強い揺れに見舞われることになった。

 震源の近くには、本州中央部を南北に横切る活断層「糸魚川-静岡構造線断層帯」が走っている。全長140~150キロに及ぶ国内最大級の活断層だ。

 国の地震調査委員会は、この断層の平均活動間隔を約1000年と想定。直近では約1200年前にM8程度の地震が発生している。地震調査委は、30年以内に同規模の地震が発生する確率を14%と想定しており、活断層の中では地震発生確率が高いグループに含まれる。

 山岡耕春・名古屋大教授(地震学・火山学)は「今回の震源付近ではM6級の地震が100年に1~2回ほど発生しており、比較的地震の起きやすい場所と言える。今回ほどの規模ではないだろうが、当面、余震に注意すべきだ」と話す。【八田浩輔、阿部周一】


長野で震度6弱 白馬村で家屋倒壊 複数の人が下敷きの情報
産経新聞 11月22日(土)23時49分配信

 長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した地震で、白馬村役場によると、村内の5カ所で家屋が倒壊し、複数の人が下敷きになっているとの情報があるという。


長野で震度6弱 地震の影響で上越道など通行止め
産経新聞 11月22日(土)23時47分配信

 長野県北部で22日夜、最大震度6弱を観測した地震で、ネクスコ東日本は上越自動車道と長野自動車道を通行止めにした。通行止めの区間は上越道の信濃町インターチェンジ(IC)-坂城IC間の上下線と、上信越道と長野道が合流する更埴ジャンクション(JCT)付近、長野道の更埴JCT-更埴IC間。


長野で震度6弱 菅官房長官らが官邸入り
産経新聞 11月22日(土)23時43分配信

 長野県北部で発生した震度6弱の地震を受けて、菅義偉(すがよしひで)官房長官と山谷えり子防災担当相は22日夜、首相官邸に入り、情報収集にあたっている。


長野北部で震度6弱 「縦か横か分からない大きく揺れた」小川村職員
産経新聞 11月22日(土)23時40分配信

長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した地震で、小川村役場で宿直にあたっていた峰村長男さん(51)によると、「縦か横か分からないくらい大きく揺れた。揺れた瞬間に危ないと思い、机の下に隠れた。役場内は書類がちらかった程度」という。役場には「民家の壁にひびが入った」「水道管が壊れた」などの情報が、住民から寄せられているという。

 小谷村では、「発生当時は自宅にいた」という同村総務課の男性職員(53)も、緊急の呼び出しを受けて村役場に駆けつけた。この職員は「急いで役場に来てみると、机の上の物がいくつか床に落ちている状況だった」と語った。


大きな地鳴り、すぐに横揺れ=「東日本大震災思い出した」―長野県北部震源の地震
時事通信 11月22日(土)23時40分配信

 「東日本大震災の揺れを思い出した」「大きな地鳴りが聞こえた」。長野県で震度6弱の揺れが観測された22日夜、大きく揺れた各地の役場などでは、職員らが被害状況の確認作業に追われた。
 「最初は弱い揺れだったのが、だんだん大きな横揺れになった」。長野市庶務課の男性職員(50)は自宅で大きな揺れを感じ、自転車に飛び乗って20分ほど離れた市役所に急行した。
 15秒ほど激しく揺れた後、波に揺られているようなゆっくりした揺れに変わったという。「町に大きな異変は見られなかったが、これから被害状況を確認しなくては」と語った。
 震度5強の揺れを観測した長野県白馬村役場には、住民から「土砂崩れが起きた」「土蔵が崩れた」といった通報が相次いだ。村役場の男性職員は「ゴゴゴゴという大きな地鳴りが先にあって、すぐに横揺れがきた」と振り返った。
 同県小谷村の白馬アルプスホテルではこの日、約120人が宿泊していたが、半分以上が台湾など海外からの客だった。女性従業員によると、地震に慣れていないためか、複数の外国人客が驚いた様子でフロントに駆け付け、「今のは何だ」「大丈夫なのか」と聞いてきた。事務所内の文房具が落ちたものの、大きな被害はない。余震が続いたが、不安そうだった外国人も落ち着きを取り戻したという。
 新潟県糸魚川市の田原秀夫総務課長(59)は「自宅にいた際に急にぐらぐらと揺れた。東日本大震災の揺れを思い出した」と驚いた様子。「長野県との県境の地区がどうなっているか心配。続々と職員が集まってきているので、情報収集に努めたい」と語った。 


長野で震度6弱 長野新幹線上田-長野駅間で運転見合わせ
産経新聞 11月22日(土)23時39分配信

 JR東日本によると、長野県北部で最大震度6弱を観測した地震で、長野新幹線は上田-長野駅間で運転を見合わせている。


<地震>「大きな揺れ20秒以上」…長野震度6弱
毎日新聞 11月22日(土)23時37分配信

 長野県北部を中心に22日夜、最大震度6弱の大きな横揺れが襲った。けが人が多数出たとの通報や、土砂崩れで国道が通行止めになったなどの情報が相次ぎ、警察や消防などは状況把握に追われた。停電になった地域もあり、間もなく厳冬期を迎える被災地は不安な一夜を明かした。夜間に発生したため、被害の全容が判明するのは23日以降の見通しだ。

 ◇余震続き不安な一夜

 「小さな横揺れがあり、しばらくしたら突き上げるような『ドーン』という大きな揺れがあった。こんな地震は経験したことない」。震度6弱を観測した長野県小川村高府の男性会社員(58)は自宅で妻と2人でテレビを見ていて、大きな揺れに襲われた。家具などは倒れず家族にけがはなかったが「台所は食器棚からコップや皿が飛び出して散乱している。近所には高齢者も多いので、様子を見に行かなければならない」と話した。

 また、同所で自宅居間にいた女性(45)は「大きな揺れが20秒以上続いて食器棚や神棚から物が落ちてきた。中越地震の時に比べても揺れが大きく感じた。本当に怖くてこたつの中にすぐに潜り込みました」と振り返る。

 震度6弱の同県小谷村北小谷で旅館を営む石橋勲さん(70)は地震発生の瞬間、「ドドーンという体に響くような大きな音を聞いた」と話す。その後も余震が続き、「大きな音が断続的にあり、窓が揺れていた」という。宿泊客は木造部分からコンクリート造りの部屋に避難させた。

 震度6弱だった長野市南県(みなみあがた)町のファミリーレストラン「デニーズ県庁前店」では、厨房(ちゅうぼう)にあったソースなどの調味料が落下した。男性店長(41)は「揺れがあまりに急だったので、客は声も出ないようだった」と話した。【野口麗子、関谷俊介、武内亮】


長野で震度6弱 長野市「これほど大きく揺れたことない」 県は災害対策本部設置
産経新聞 11月22日(土)23時35分配信

 「揺れで机の上の書類が床の上に落ち、防火扉が作動した」-。長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した地震。長野市役所の宿直の男性職員は、地震発生の瞬間を生々しく語った。

 長野市北石堂町のコンビニエンスストアの店長、中村隆さん(66)は「ガタガタと大きな音がして、棚の上部の商品がいくつか床に落ちた。20秒ぐらい揺れたと思う。長野市でこれほど大きく揺れたことはないので驚いた。余震があるといけないので、棚を補強している」と話した。

 長野市消防局には22日午後10時50分現在、人的被害の情報は入っていない。

 一方、長野県は地震発生を受け、午後10時8分に災害対策本部を設置。職員に非常参集をかけるとともに、午後11時半から、阿部守一(しゅいち)知事をトップとする災害対策本部委員会議を開催し、情報収集や対応に追われた。


「どーん」と突き上げ、灯籠倒れ…住民不安
読売新聞 11月22日(土)23時34分配信

 長野県北部を震源に22日夜に起きた地震。

 同県白馬村では土砂崩れが発生し、震度6弱を記録した長野市では、観光名所の善光寺の灯籠が倒れた。長野県や県警は情報収集に追われ、住民は不安な様子で夜を過ごした。

 長野県は地震の発生直後、災害対策本部を設置し、被害状況の把握を進めるとともに、午後11時半から会議を開く。同県白馬村によると、村役場の棚から書類が落ちたりしたという。村総務課の職員は「長い横揺れと縦揺れを感じた。各課長を集めており、対策会議を開く」と話した。同村役場から約3キロ離れた場所に住む男性によると、棚の上のものが落ちたり、鏡が倒れたりした。「すごい横揺れだった」と声を震わせた。

 小谷村役場でも、長い横揺れが十数秒続き、机の上の書類などが落ちたという。同村のアルバイト男性(68)は就寝中にぐらぐらと揺れを感じ、その後、「どーん」と突き上げるような衝撃で跳び起きた。家の中は本棚や靴箱が倒れ、食器棚から皿やコップが飛び出して散乱しているという。「とにかく驚いた。停電はしていないので片づけているが、余震が続いていて不安」と話した。


長野で震度6弱 ブロック塀や灯油タンクが倒壊 長野市内「けが人の救助要請なし」
産経新聞 11月22日(土)23時19分配信

 長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した地震で、長野市消防局によると、同日午後11時現在、ブロック塀や灯油タンクが倒壊したとの情報が寄せられているという。同市の担当者は「現時点では、市内ではけが人などの救助要請は入っていない」と話した。


長野で震度6弱 民家の壁が崩れたとの情報「余震が続いている」小川村
産経新聞 11月22日(土)23時17分配信

 震度6弱を観測した長野県小川村役場によると、22日午後10時50分までに、村内の民家の壁が崩れるなどの情報が入っているという。けが人については情報がないという。村役場では対策本部を設置し、情報収集を急いでいる。

 村役場の職員は「突然激しい揺れが襲ってきた。役場内では、棚にあった本などが落ちて散らばっている状態。その後も余震が続いている」と状況を説明した。


長野で震度6弱 白馬村で水道管破裂や土砂崩れ 人的被害はなし
産経新聞 11月22日(土)23時17分配信

 長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した地震で、同県白馬村役場によると、村内の一部の地区で水道管が破裂したほか、国道406号で土砂崩れがあった。停電も起きているが、世帯数は不明。人的被害はないという。


長野で震度6弱 「ドン」突き上げる揺れ 「30年で初めて」 小谷村
産経新聞 11月22日(土)23時8分配信

 長野県北部で22日夜、震度6弱の揺れを観測した同県小谷村の栂池高原ホテルの経営者、郷津喜久代さん(57)は「緊急地震速報と同時に『ドン』と下から突き上げるような揺れがあった。ここには30年住んでいるが震度4以上の揺れは初めて」と話した。当時、宿泊客はおらず7人の従業員にけがはなかった。揺れで大型テレビが落下するなどの影響があり、従業員がボイラーなどの点検を急いだ。

 100人を超える宿泊者がいるという小谷村内のホテルの女性従業員は「宿泊客の無事を確認しているところ」と慌てた様子で話した。

 小谷村役場で宿直勤務にあたっていた男性(70)は「横になってテレビを見ていたら横揺れが始まった。揺れはかなり長く、2分近く揺れたのではないか」と驚いた様子。役場では鏡が倒れたり非常ドアが閉まるなどの影響があったという。役場では職員が出勤し、村内の被害状況の確認など対応にあたった。


<地震>官邸対策室を設置…長野震度6弱で
毎日新聞 11月22日(土)22時58分配信

 政府は22日夜、長野県北部で震度6弱の地震が発生したことを受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。


長野で震度6弱 東北新幹線など運行再開 遅れなど影響見込み
産経新聞 11月22日(土)22時57分配信

 JR東日本によると、長野県北部で22日夜に震度6弱を観測した地震の影響で、東北、上越、長野、山形、秋田の各新幹線が一時運転を見合わせたが、午後10時25分に運転を再開した。

 また、JR東海によると、「地震防災システム」が稼働し、東海道新幹線の東京-岐阜羽島駅間の上下線で新幹線が緊急停止。安全を確認した上で運行を再開したが、列車に遅れが見込まれるという。


政府が官邸対策室設置…長野北部で震度6弱
読売新聞 11月22日(土)22時49分配信

 政府は22日夜、長野県北部を震源とする地震が発生したことを受け、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。

 西村泰彦内閣危機管理監をトップとし、情報収集にあたっている。


長野県北部の地震 首相官邸に対策室
産経新聞 11月22日(土)22時41分配信

 政府は22日夜、長野県北部を震源とする震度6弱の地震が発生したため、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。


白馬村で複数のけが人情報、長野などの地震
産経新聞 11月22日(土)22時38分配信

 長野県北部で震度6弱の揺れを観測した地震の影響で、北アルプス広域北部消防署によると白馬村で複数のけが人が出ているとの情報があり、救急車が2台出動している。消防の担当者は「救急隊が到着していないので、けがの状況は分からない。周辺は暗く被害状況を把握できていない」と困惑した様子で話した。


首相官邸に対策室
時事通信 11月22日(土)22時28分配信

 長野県北部で震度6弱を観測した地震を受け、政府は22日夜、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置した。 


長野県北部でM6・8地震、長野市で震度6弱
読売新聞 11月22日(土)22時22分配信

 22日午後10時8分頃、長野県北部を震源とする強い地震があり、長野市、同県小谷村、小川村で震度6弱を記録した。

 地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・8、震源の深さは約10キロ。

 JR東日本によると、この地震で長野、上越、東北、山形、秋田の各新幹線が運転を見合わせた。

 このほかの主な震度は以下の通り。

 ▽震度5強 長野県白馬村、信濃町

 ▽震度5弱 新潟県糸魚川市、妙高市など


長野で震度6弱、津波の心配なし
2014年11月22日(土)22時16分配信 共同通信

 22日午後10時8分ごろ、長野県北部で震度6弱の地震があった。気象庁によると、震源地は長野県北部で震源の深さは約10キロ、地震の規模はマグニチュード(M)6・8と推定される。津波の心配はない。

 JR東日本によると、長野県北部を震源とする地震で東北、山形、秋田、上越、長野の各新幹線はすべて運転を見合わせた。

 震度5弱以上の各地の震度は次の通り。

 震度6弱=長野戸隠、長野鬼無里、小谷、小川(長野)▽震度5強=長野、長野豊野、長野中条、白馬、信濃(長野)▽震度5弱=糸魚川能生、妙高関川(新潟)長野信州新町、長野大岡、中野豊津、大町八坂(長野)


長野県北部で震度6弱
産経新聞 11月22日(土)22時16分配信

 22日午後10時8分ごろ、長野県北部で震度6弱を観測する地震があった。主な震度は次の通り。

 震度5弱=新潟県上越▽震度4=新潟県中越、石川県能登、長野県中部▽震度3=群馬県北部、群馬県南部、埼玉県南部、新潟県下越、富山県東部 


<地震>長野県北部で震度6弱=22日午後10時8分
毎日新聞 11月22日(土)22時14分配信

 22日午後10時8分ごろ、長野県北部で震度6弱、新潟県上越地方で震度5弱を観測する地震があった。気象庁によると、震源は長野県北部で、震源の深さは約10キロ。地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.8と推定される。津波の恐れはないという。


長野で震度6弱=新幹線が運転見合わせ―気象庁
時事通信 11月22日(土)22時13分配信

 22日午後10時8分ごろ、長野県北部を震源とする地震があり、長野市などで震度6弱の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ。地震の規模(マグニチュード)は6.8と推定される。
 JR東日本によると、この影響で東北、上越、山形、秋田、長野の各新幹線が全線で運転を見合わせている。
 主な各地の震度は次の通り。
 震度6弱=長野市、小谷村、小川村
 震度5強=長野県白馬村、信濃町
 震度5弱=長野県大町市、新潟県糸魚川市、妙高市
 震度4=長野県須坂市、飯山市、千曲市、松本市、諏訪市、安曇野市、新潟県上越市、柏崎市、刈羽村、石川県輪島市。 


「あんぽ柿」づくり最盛期
2014年11月22日(土)18時31分配信 共同通信

Photo_4
 最盛期を迎えた「あんぽ柿」の加工作業をする星野広さん=22日午後、福島県国見町

 福島県北部の特産品「あんぽ柿」づくりが最盛期を迎えている。東京電力福島第1原発事故のため一時生産を自粛していたが、昨年一部の地域で再開。2年目の今年は生産地域が拡大した。

 あんぽ柿は通常の干し柿より柔らかく、半分生のような食感が特長で、年末年始の贈答品として親しまれている。全て放射性物質検査で安全を確認した後、全国に出荷される。

 国見町の農家星野広さん(68)とサツ子さん(67)夫婦らは22日、柿の皮をむいたり、乾燥させるためにつるしたりする作業に追われ「あんぽ小屋」と呼ばれる作業場は鮮やかなオレンジ色に。乾燥を始めて約1カ月で完成する。


福島県が原発事故後初の避難訓練
2014年11月22日(土)16時47分配信 共同通信

 福島県は22日、東京電力福島第1原発事故後初めて、住民の避難を伴う原子力防災訓練を、同県の川内村や郡山市などで実施した。住民約260人と、県や村、原子力規制庁の職員ら約千人の計1260人が参加した。

 訓練は、震度6強の地震で第1原発3号機の使用済み核燃料プールの冷却機能が喪失。プールの水が漏れ、原発の南西で1時間当たり20マイクロシーベルトを超える放射線量が計測されたとの想定で行われた。

 この日は、住民が川内村に隣接する田村市都路地区や、第1原発から約60キロの郡山市へバスや車で避難。ヨウ素剤の配布や、傷病者をヘリコプターで搬送する訓練などが行われた。


共に流した汗、忘れない 塩釜・派遣職員の碑
河北新報 11月22日(土)15時48分配信

Photo_3
佐藤市長(左から2人目)とともに感謝の碑を見る派遣職員

 東日本大震災の復興支援で塩釜市に職員を派遣した団体名を刻んだ「復興支援感謝の碑(いしぶみ)」の完成除幕式が21日、同市の千賀の浦緑地であった。現在勤務中の派遣職員、全国から駆け付けた勤務経験者ら計90人が出席し、記念の碑を見詰めていた。

 碑は長期の職員派遣に協力した団体に感謝の意を表し、その功績を後世に伝えようと塩釜市が製作。昨年3月に建立した市東日本大震災モニュメントを取り囲む長さ60センチほどの御影石の縁石6個に、職員を派遣した復興庁、宮城県、兵庫県、横浜市、長野市、那覇市など30団体の名を刻んだ。

 除幕式で佐藤昭市長が「家族を残して復興支援に取り組んだ皆さんに心から感謝したい。末永く塩釜の再生を見守ってほしい」とあいさつ。2012年10月から半年間、職員派遣された福井市の工谷新吾さん(43)は「震災の爪痕は大きく、気を引き締めて仕事に取り組んだ。塩釜の人々の心遣いに触れ、本当に来てよかったと思っている」と話した。

 また派遣職員132人の個人名を刻んだステンレス製のプレートも製作。当面は市役所1階ロビーに展示し、今後建設される復興関連施設に設置する予定だ。


福島原発周辺で広域の避難訓練…事故後初
読売新聞 11月22日(土)15時1分配信

 廃炉作業が行われている東京電力福島第一原発でトラブルが起きたという想定のもと、福島県川内村で22日、住民が隣接する田村市や約40キロ離れた郡山市などに避難する広域訓練が、事故後初めて行われた。

 2011年の同原発事故では、住民たちの受け入れ先が決まらず、避難が遅れるなどの混乱が生じたことから、県が今年4月に広域避難計画を策定。実効性を確認するため、訓練を行った。

 訓練には250人が参加。住民は午前9時頃、県や村が用意したバス11台、自家用車を想定したタクシー20台に乗り込み、村の施設に集合。甲状腺の被曝(ひばく)を防ぐ安定ヨウ素剤に見立てた紙を受け取り、それぞれの避難先に向かった。


<震災遺構>「南三陸防災庁舎は保存」有識者会議提言
河北新報 11月22日(土)12時14分配信

 東日本大震災で被害を受けた遺構の保存の在り方を考える宮城県の有識者会議は、21日に県庁で開いた第6回会合で、津波で43人が犠牲となった南三陸町の防災対策庁舎を保存していく方針で一致した。座長の平川新宮城学院女子大学長は、来月にも村井嘉浩知事に報告する考えを示した。

 防災対策庁舎については昨年9月、佐藤仁南三陸町長が解体を表明。その後、有識者会議の検討対象とすることを了承していた。佐藤町長は「報告を受けておらずコメントできない」と話した。

 会議は来月中旬に開く最終会合で、防災対策庁舎を含む7市町9カ所の遺構に関し、それぞれ保存すべきかどうか評価をまとめる。知事への報告は早ければ年内に行う。


被災漁船の解体撤去始まる 浪江
河北新報 11月22日(土)11時45分配信

Photo
重機で壊される被災漁船=21日午前、福島県浪江町請戸

 環境省は21日、東日本大震災で被災し、福島第1原発20キロ圏内に残る船舶の解体、撤去作業を始めた。原発事故の避難区域内のため仮置き場の確保や所有者の確認に時間を要し、震災から3年8カ月が経過して、ようやく作業が始まった。来年3月までに撤去を終える予定。

 初日は、福島県浪江町請戸地区で漁船の解体に着手した。作業員が重機で船体を壊し、繊維強化プラスチック(FRP)や金属類、木くずなどに分別。FRPや金属類などは福島県内の産廃業者が引き取り、それ以外の可燃物は浪江町内の仮置き場に搬入し焼却する。

 撤去するのは、福島県沿岸部に残された漁船や釣り船で、浪江町62隻、富岡町6隻、南相馬市1隻、楢葉町1隻の計70隻。撤去費用は約2億3000万円。


<福島原発>「再び大地震」想定で避難訓練 川内村
毎日新聞 11月22日(土)11時17分配信

Photo_2
マスクをして避難先に向かう子どもたち=福島県川内村上川内の村立川内小学校で2014年11月22日午前9時19分、宮崎稔樹撮影

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出された福島県川内村で22日、同原発が再び大地震に襲われたと想定した避難訓練があった。10月に避難指示が一部解除されて村に戻った住民ら約260人や消防、警察など計約400人が参加。住民らは隣接する田村市に避難した。同県内で原発事故を想定した住民の避難訓練は、東日本大震災後で初めて。

 震度6強の地震で第1原発3号機の使用済み燃料プールの冷却機能が停止、水も漏れ出し、避難指示が出されたと想定。住民らは各地区の集会所に集まり、村が用意したバスで田村市都路町へ避難した。病気などで自力避難が難しい住民は、救急車や自衛隊の車両で移動した。同市では衣服などについた放射性物質を落とす訓練や、ヘリによる輸送訓練なども行われた。

 同村の農業、井出昭雄さん(78)は「無我夢中で避難した3年前の震災の教訓を忘れないために参加した。年を取って、若い人と同じように行動できなくなっているので、どう動けばいいのか日ごろから準備しておきたい」と話していた。県原子力安全対策課の大野竜一副課長は「原子力防災や避難の課題を洗い出したい」と訓練の狙いを説明した。【宮崎稔樹】


原発事故後初の避難訓練=福島県川内村、1200人参加
時事通信 11月22日(土)10時42分配信

 福島県と川内村は22日、2011年の東京電力福島第1原発事故後初となる住民避難訓練を合同で実施した。廃炉作業が続く現状で再び重大事故が起きたと想定し、新たな広域避難計画に基づく避難ルートや手順を確認した。
 訓練は、震度6強の地震で3号機(停止中)燃料プールの冷却機能が喪失し、放射性物質が拡散して川内村で毎時20マイクロシーベルト超を観測したと想定。住民約260人が同県田村、郡山両市の避難所に、自家用車に見立てたタクシーや、バスで避難した。
 県や原子力規制庁の職員ら約1000人も参加。安定ヨウ素剤の配布や、機械を使って衣服などに放射性物質が付着していないか調べるスクリーニングの訓練を行った。
 同村の川内小学校では午前8時、集まった児童27人に村職員が避難時のマスク着用の必要性を説明し、安定ヨウ素剤に見立てた紙を配布。児童らはその後、バスに乗り込み田村市内に設置された避難所へ向かった。塙広治校長は「原発事故を想定した避難訓練は初めてなので大変良い機会。命を守るという視点から万一に備えた準備をしていきたい」と語った。 

« 宮城沖地震に関するニュース・1821,2014年11月21日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1823,2014年11月23日 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60693294

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1822,2014年11月22日:

« 宮城沖地震に関するニュース・1821,2014年11月21日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1823,2014年11月23日 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31