« 小笠原・伊豆諸島周辺に、根こそぎ奪うドロボウ国家・支那のサンゴ密漁船団・4 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1815,2014年11月14日 »

2014年11月13日 (木)

宮城沖地震に関するニュース・1814,2014年11月13日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<大間原発>函館市が反発 「21年度稼働」Jパワー表明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:セシウム濃度最高値に=改良工事の井戸―福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トレンチ止水、不完全か=汚染水抜き取り影響も―福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発廃炉の負担軽減=有識者小委、年内に方向性―経産省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:40年超原発、運転は各社判断=菅長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大間運転開始「21年度ごろ」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<除染廃棄物>仮置き場の延長、正式要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<中間貯蔵>除染廃棄物、1年かけ搬入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:気仙沼港「希望の光」ピンチ 資金難が深刻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<大間原発>21年度中の運転開始を目指す…Jパワー - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島・内堀知事初登庁>県外避難者と意見交換 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島・内堀知事初登庁>「全身全霊で復興」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅元首相の「口調きつかった」…福島第一視察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高浜原発2基、40年超運転検討 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<大間原発>函館市が反発 「21年度稼働」Jパワー表明
毎日新聞 11月13日(木)22時15分配信

Photo_8
Jパワーが示した大間原発の安全強化対策を「不十分だ」と批判する工藤寿樹函館市長=函館市役所で2014年11月13日午後5時16分、鈴木勝一撮影

 Jパワー(電源開発)は13日、青森県大間町で建設している大間原発の運転開始時期について、同町や津軽海峡を挟んだ30キロ圏の北海道函館市などに2021年度中を目指すと初めて表明した。同社は地震・津波対策を強化すると説明したが、建設差し止めを求めて係争中の函館市は「従来の基準はでたらめだったことが分かった」と強く反発した。

 大間町と青森県には同社の北村雅良社長が訪問。函館市には浦島彰人常務らが説明に訪れた。

 同社によると、耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」を現在の450ガルから650ガルに引き上げ、最大の津波の高さ「基準津波」も4.4メートルから6.3メートルに見直す。これまで「未定」としていた原発の完成時期は「20年12月」とし、年内にも原子力規制委員会に安全審査を申請する。

 函館市の工藤寿樹市長は、同社の説明後に記者会見し「今の基準に合うよう変えたというが、何を今更と言うほかない」と述べた。また津軽海峡は国際海峡のため外国船が頻繁に通過すると指摘。「テロ対策として占拠される場合を想定していない。あんな場所に(原発を)造る国はほかにない。クレージー」と激しい表現で批判した。

 同原発は、使用済み核燃料の再処理で取り出したプルトニウムとウランの混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使う世界初の「フルMOX」商業炉。08年に着工し、東日本大震災後に工事を一時中断したが、12年10月に再開した。【鈴木勝一、森健太郎】


セシウム濃度最高値に=改良工事の井戸―福島第1
時事通信 11月13日(木)20時40分配信

 東京電力は13日、福島第1原発1、2号機東側にあるくみ上げ用の井戸で、同日採取した地下水に含まれるセシウムなどの濃度が過去最高値になったと発表した。東電は「工事でくみ上げ量を減らしたことが関係している可能性がある」と説明している。
 東電によると、10日に採取した地下水と比べ、セシウム137が333倍の1リットル当たり約3000ベクレル、ガンマ線を出すマンガン54が2倍の同110ベクレル、検出限界値未満だったセシウム134が同920ベクレル検出された。
 この井戸は、改良工事のため一時的にくみ上げ量を10倍程度に増やしていたが、6日から元の量に戻したという。 


トレンチ止水、不完全か=汚染水抜き取り影響も―福島第1
時事通信 11月13日(木)20時22分配信

 東京電力福島第1原発2号機のトレンチ(ケーブルなどの地下管路)で放射能汚染水の抜き取りが難航している問題で、東電は13日、タービン建屋とトレンチの接続箇所にセメント材を投入した後も、双方の水位が連動していることを明らかにした。止水が完全にできていない可能性が高く、抜き取りはさらに難航するとみられる。
 東電は今月6日まで2号機トレンチにセメント材を投入。タービン建屋との水の行き来を遮断し、トレンチにたまった推定約5000トンの汚染水を抜き取る計画だった。
 だが、トレンチ側とタービン側で、ほぼ同じ水位が続いていることが判明。タービン側の汚染水くみ上げを中止したところ、地下水の流入などで水位は11日午前7時の287.9センチから13日午前7時には300.4センチに上昇し、トレンチ側も290センチから300.7センチに水位が上がった。
 依然として水が行き来している可能性が高まったが、東電廃炉推進カンパニーの川村信一広報担当は「(止水できていない)可能性もあると思うが、これだけで評価はできない」と述べた。 


原発廃炉の負担軽減=有識者小委、年内に方向性―経産省
時事通信 11月13日(木)16時56分配信

 経済産業省は13日、原子力政策を見直す有識者の小委員会を開き、老朽化した原発の廃炉促進策の中間整理案を提示した。電力会社の財務負担軽減や、立地自治体の支援策などが盛り込まれており、年内に方向性をまとめる。経産省は円滑な廃炉を後押しし、原発依存度を可能な限り引き下げる。
 電力会社が廃炉を決めると、発電用タービンなどは資産計上できなくなり、減価償却が終わっていない場合は一度に多額の損失が発生する。中間整理案は「会計上の理由から廃炉判断が先送りされることは避けるべきだ」と指摘。経産省は、廃炉関連費用を電気料金に上乗せする仕組みの拡充などを検討する。
 また原発の立地自治体は、国から受け取る「電源三法交付金」が廃炉に伴って打ち切られる。整理案は、立地自治体が財政的に原発に依存している実情を踏まえ、「影響緩和策の検討を進めるべきだ」と新たな支援策を課題に挙げた。 


40年超原発、運転は各社判断=菅長官
時事通信 11月13日(木)12時26分配信

 菅義偉官房長官は13日午前の記者会見で、関西電力が稼働から約40年が経過する高浜原発1、2号機(福井県)の運転延長を検討していることについて、「運転審査を行うかどうかは各社の判断だ」と述べた。延長の申請があった場合に関し、「原子力規制委員会の審査で基準に適合すると認められれば、その判断は尊重される」とも語った。 


大間運転開始「21年度ごろ」
2014年11月13日(木)12時1分配信 共同通信

 電源開発(Jパワー)の北村雅良社長は13日、青森県大間町を訪れ、町議会の特別委員会に出席、建設中の大間原発(同町)の新たな工程について「2020年12月に工事を完了し、1年程度の試運転を経て運転開始は21年度ごろを見込んでいる」と述べた。

 大震災の影響で計画を見直した後、運転開始の見通しを明らかにしたのは初めて。ただ、商業炉では世界で初めて、プルトニウムを含む混合酸化物(MOX)燃料を全炉心で使える設計で、原子力規制委員会の審査に時間がかかる可能性がある。

 耐震設計の目安となる地震の揺れを、従来の450ガルから650ガルに引き上げることも明らかにした。


<除染廃棄物>仮置き場の延長、正式要請
河北新報 11月13日(木)10時53分配信

 環境省は12日、福島第1原発事故に伴う除染廃棄物の仮置き場についての説明会を福島市で開き、保管期限を当初の3年から延長するよう福島県内の市町村に正式に要請した。大熊、双葉両町に整備を計画する中間貯蔵施設への搬出が直ちに開始できないため。9月に方針を明らかにしていた。

 同省は、国が避難区域内に設置し、契約が切れる仮置き場については年度初めに1年契約を結び必要に応じ更新する考え。一方、市町村が設置する仮置き場については、契約延長の方法を市町村に委ねると説明した。

 環境省福島環境再生事務所の関谷毅史所長は「約束にたがうとの批判は承知している。おわび申し上げる」と述べた。市町村の担当者からは「搬出のめどが示されないと、地権者との交渉が難しい」「何年の契約を結べばいいのか、統一方針を示してほしい」といった不満が出た。

 福島県内では、国の仮置き場が181カ所(10月17日現在)、市町村の仮置き場が722カ所(6月末現在)に上る。


<中間貯蔵>除染廃棄物、1年かけ搬入
河北新報 11月13日(木)10時46分配信

 東京電力福島第1原発事故で発生した除染廃棄物の中間貯蔵施設をめぐり、環境省は12日、本格的な輸送開始の前に試験輸送を行い、福島県内の43市町村から各1000立方メートルの廃棄物を1年間かけて搬入する方針を明らかにした。
 環境省が同日、福島市内に関係市町村を集めて発足した連絡調整会議で説明した。年内に搬入ルートを含めた実施計画を策定した上で試験輸送を始める。

 効率的な輸送のため大型車を利用し、大型車が入れない仮置き場からは「積み込み場」に一度集約して運び出すとしていた基本方針を修正する方針も示した。積み込み場の確保が難しいためで、道路を拡幅して既存の仮置き場を活用する可能性などを探る。

 小中学校、幼稚園などで保管している放射能汚染土などは搬入対象から除外されているが、「健康や生活環境に影響を及ぼす可能性のあるものは対応が必要だ」と搬入を検討していることを明らかにした。

 計画では来年1月に搬入を始め、最大2200万立方メートルを貯蔵する。計画通りの搬入開始を困難視する声が上がっていることに対しては「厳しい状況だが、1月搬入を断念していない」と強調した。


気仙沼港「希望の光」ピンチ 資金難が深刻
河北新報 11月13日(木)10時26分配信

Photo_5
気仙沼湾を彩った昨年のイルミネーション

 厳冬の気仙沼港を温かな光で包む「気仙沼クリスマスイルミネーション」プロジェクトが、苦境に立たされている。昨年は募金や協賛金が思うように集まらず、大幅な赤字に陥った。29日の開幕を前に、実行委は「冬の観光イベントとして定着させたい」と市民の協力を呼び掛けている。
 イルミネーションは東日本大震災からの復興に向かう街に「希望の光」をともそうと、2012年に始まった。2回目の昨年は、フェリー乗り場周辺の道路や商店に約30万個の発光ダイオード(LED)を設置した。
 設置費用など約1000万円の事業費に対し、市民からの募金は約50万円しか集まらず、企業の協賛金も不足した。最終的に市民有志でつくる実行委メンバーが赤字の約400万円を穴埋めした。
 ことしも30万個のLEDを来年1月9日まで点灯させる。資金確保に向け、市内の商店やコンビニなど計20カ所に募金箱を設置したほか、29日の点灯式では、1人当たり1000円程度の協力を求める考えだ。
 宮井和夫実行委員長は「震災で真っ暗になった街を子どもたちに見せたくないとの思いでスタートさせた。冬の観光イベントとして続けるため、市民からの善意が頼みの綱だ」と訴える。
 点灯式は29日午後7時、気仙沼市港町の物産販売店「気仙沼お魚いちば」駐車場である。
 昨年に続き、ディズニーアニメ映画「アナと雪の女王」の主題歌を歌うMay J.(メイジェイ)のチャリティーライブがある。30日からの点灯時間は午後6~10時。
 14~16日にはLEDの設置作業があり、ボランティアを募集している。連絡先は実行委070(6486)3108。


<大間原発>21年度中の運転開始を目指す…Jパワー
毎日新聞 11月13日(木)10時20分配信

Photo_4
大間原発の建設現場=青森県大間町で2014年7月4日、鴨志田公男撮影

 Jパワー(電源開発)は13日、青森県大間町で建設中の大間原発について、2021年度中の運転開始を目指す意向を同町などに初めて示した。耐震設計で想定する最大の揺れ「基準地震動」を現在の450ガルから650ガルに引き上げ、最大の津波の高さ「基準津波」も4.4メートルから6.3メートルに見直す安全強化策も報告した。

 同社の北村雅良社長が13日午前、同町議会の特別委員会に出席。同原発の完成時期を「未定」から20年12月に改め、年内にも原子力規制委員会に安全審査申請することも説明した。その後、隣接する佐井、風間浦両村にも報告。午後には青森県庁を訪れる。北海道庁や函館市にも同社幹部が説明する。

 同原発は08年5月に着工。工事は東日本大震災で一時中断したが、12年10月に再開した。着工当初は今月の運転開始を予定していた。【森健太郎】


<福島・内堀知事初登庁>県外避難者と意見交換
河北新報 11月13日(木)9時55分配信

 内堀雅雄福島県知事の就任会見での主なやりとりは次の通り。

 -除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設問題で、来年1月の搬入開始が厳しい情勢だ。
 「除染土の仮置きに不安を抱く市町村と、負担を強いられる大熊、双葉両町の立場がある。双方の思いを受け止め、国と一定の方向性を示したい」

 -宮城、栃木など県外で出た指定廃棄物を福島で最終処分すべきだとの声が出ている。
 「(除染廃棄物は原則として排出された都道府県で処理するという)基本方針を国がすでに閣議決定している。国が該当する県、自治体と対応していくことが必要だ」

 -電力会社が再生可能エネルギー固定価格買い取り制度に基づく契約受け入れを中断している。
 「福島が再生エネ拡大の先駆けになろうとしている中、支障が出る。国、事業者に対応策を取るよう直接話したい」

 -県外避難者をどのように支援するか。
 「県外出張のタイミングを見て、意見交換を始めたい。県内にいる避難者のサポートも何ができるか考えたい」

 -衆院解散と総選挙が年内にあるとの見方が強まっている。
 「『福島の復興に与野党なし』という認識は、政府も野党も共有している。福島の復興に間断なく与野党が手を打つよう上京した際に訴えたい。ただ(特定の候補の)マイクを握る考えはない」

 -佐藤雄平前知事(66)は権力の座に長く就くと腐敗する「権不十年(けんぷじゅうねん)」を戒めに2期で引退した。
 「今回の知事選は今日からの4年間の負託を受けたもの。この任期を全身全霊で全うしたい」


<福島・内堀知事初登庁>「全身全霊で復興」
河北新報 11月13日(木)9時49分配信

Photo_3
就任の記者会見をする内堀知事=12日午後、福島県庁

 任期満了に伴う福島県知事選(10月26日投開票)で初当選した内堀雅雄知事(50)が12日、県庁に初登庁した。就任の記者会見では、東京電力福島第1原発事故の被災者と被災地の復興を最優先課題に掲げ、「全身全霊で復興に当たる」と決意を述べた。
 政策の目玉に挙げたのは、避難区域を抱える12市町村と連携し年内に策定作業に入る「復興ビジョン」。原発事故が収束せず、除染や生活インフラの整備が進まないことが住民の帰還を妨げていると指摘した上で「自治体ごとの状況に応じ、災害公営住宅の建設や雇用確保など総合的な施策を展開する」と語った。
 原発政策については、佐藤雄平前知事(66)の「県内原発の全基廃炉」路線を踏襲。県外の原発再稼働への明言は避けたが、「未来形で続く原発事故の過酷さを全国に訴えていくのが私の使命。原発に依存しない社会をつくるよう、積極的に発言していく」と話した。
 会見では早くも「内堀カラー」が垣間見えた。佐藤氏は着席し、副知事2人が左右を固めたが、内堀氏は立ったまま1人で会見に臨んだ。「立った方が記者一人一人の顔がよく見え、県民と直接話している気持ちになれる」と持論を述べた。
 今後、定例記者会見を前知事時代の月2回ペースから週1回ペースに増やし、積極的に発信していく考えも強調した。東北では宮城、岩手、山形3県の知事が毎週月曜に記者会見を開いている。
 内堀氏は長野市出身。1986年に旧自治省入りし、2001年に福島県生活環境部次長に着任。企画調整部長を経て06年12月から副知事として、佐藤県政の2期8年を支えた。


菅元首相の「口調きつかった」…福島第一視察
読売新聞 11月13日(木)8時51分配信

 政府は12日、東京電力福島第一原子力発電所の事故を巡り、政府の事故調査・検証委員会が関係者から聴取した記録のうち、寺田学元首相補佐官など政治家や官僚、東電社員ら56人の調書を公開した。

 9月に吉田昌郎(まさお)元所長ら19人分を公開したのに続き、2回目となる。事故当時の混乱や事前対策の不備が改めて浮き彫りになった。

◆事故発生翌日

 寺田氏は事故発生翌日の2011年3月12日、菅直人元首相の現地視察に同行。「ものすごく殺気立っている雰囲気だったので、(菅氏の)口調がきつかった印象がある」と証言した。ベント(排気)を巡るやり取りで、菅氏が「とにかく早くやれ」と迫り、吉田氏がこれに応えて「前向きな話をした」と振り返った。


高浜原発2基、40年超運転検討
2014年11月13日(木)2時0分配信 共同通信

Photo_2
 関西電力高浜原発の(奥左から)1号機、2号機=2013年6月、福井県高浜町

 関西電力が、老朽原発の高浜1、2号機(福井県)について、原則40年とする運転期限の延長を検討し、原子炉容器などの劣化を詳細に調べる「特別点検」を実施する方向で調整していることが12日、関係者への取材で分かった。年内にも判断する見通し。

 国内の原発48基のうち、関電高浜1、2号機、美浜1、2号機(同県)など計7基が運転開始から40年前後経過。特別点検は運転延長を申請する際に必要で、関電が特別点検を決めれば、電力会社が老朽原発存続の方向性を示す初のケースとなり、他社の判断にも影響を与えそうだ。ただ、古い原発の稼働には安全性の面から疑問の声も上がっている。

« 小笠原・伊豆諸島周辺に、根こそぎ奪うドロボウ国家・支那のサンゴ密漁船団・4 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1815,2014年11月14日 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60643744

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1814,2014年11月13日:

« 小笠原・伊豆諸島周辺に、根こそぎ奪うドロボウ国家・支那のサンゴ密漁船団・4 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1815,2014年11月14日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31