« 宮城沖地震に関するニュース・1809,2014年11月8日 | トップページ | 天皇皇后両陛下、傘寿祝う警視庁音楽隊コンサートご鑑賞 »

2014年11月 9日 (日)

宮城沖地震に関するニュース・1810,2014年11月9日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:環境相「栃木県内処理見直さず」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:最終処分場、望月環境相が理解求める=地元は「福島集約」提案―栃木 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:除染作業に労働者を違法派遣、暴力団幹部ら逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:災害訓練「みちのくアラート」終了 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「迷惑施設だが受け入れざるを得ない」飯舘村、焼却減容化施設が着工 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<オスプレイ>大島で訓練 1機途中で引き返す - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

環境相「栃木県内処理見直さず」
2014年11月9日(日)21時14分配信 共同通信

 東京電力福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設に関する栃木県内の首長と望月義夫環境相の会合が、9日、宇都宮市で開かれた。望月氏は「福島にこれ以上の負担を強いることは理解が得られない。県内処理の考え方を見直すことはない」と述べ、候補地に選んだ栃木県塩谷町の詳細調査に理解を求めた。

 一方、建設に反対している見形和久塩谷町長は「処分場は町の存続の危機だ。汚染を拡散させず、最も汚染されている地域で集中処理すべきで、福島第1原発周辺に処分場を設置すべきだ」として、候補地の白紙撤回を求めた。


最終処分場、望月環境相が理解求める=地元は「福島集約」提案―栃木
時事通信 11月9日(日)21時9分配信

 東京電力福島第1原発事故で出た放射性物質を含む指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、望月義夫環境相は9日、宇都宮市で開かれた栃木県の市町村長会議に出席した。同県の候補地の塩谷町が提案している福島第1原発周辺での集約処分について「福島県にこれ以上の負担を強いることは到底理解を得られない」と述べ、各地に散在している指定廃棄物をそれぞれの県内で処理するとの国の方針に改めて理解を求めた。
 会議で塩谷町の見形和久町長は、「(処分場問題は)いかに国民に対する被害を最少にするかが政策課題」と指摘。その上で「汚染を拡散させずに(指定廃棄物は)集中処理すべきだ」と福島第1原発周辺への処分場設置を主張した。 


除染作業に労働者を違法派遣、暴力団幹部ら逮捕
読売新聞 11月9日(日)18時32分配信

 東京電力福島第一原発事故に伴う除染作業に労働者を違法に派遣したとして、埼玉県警は8日、同県行田市桜町、指定暴力団山口組系幹部で建設業福島正則容疑者(34)と妻の忍容疑者(34)を労働者派遣法違反(禁止派遣業務)の疑いで、同県杉戸町高野台南、建設業宇佐見光寿容疑者(43)を職業安定法違反(労働者供給事業の禁止)の疑いで逮捕した。

 発表によると、福島容疑者と忍容疑者は昨年10~11月、宇佐見容疑者が経営する建設会社に作業員約10人を派遣した疑い。宇佐見容疑者はこの約10人を栃木県内の建設会社に派遣し、除染作業をさせた疑い。除染作業は労働者派遣法で労働者の派遣が禁止されている。県警は3人の認否を明らかにしていない。


災害訓練「みちのくアラート」終了
河北新報 11月9日(日)15時50分配信

Photo_5
報道関係者に公開されたオスプレイ=9日午前8時45分、仙台市若林区の霞目駐屯地

 陸上自衛隊東北方面隊主催の大規模災害訓練「みちのくALERT(アラート)2014」が9日午後、終了した。6日に始まった訓練には、米軍の新型輸送機MV22オスプレイが東北に初飛来し、けが人搬送や物資輸送に当たった。

 訓練は東日本大震災級の大災害発生を想定。自衛隊と米・オーストラリア軍に加え、東北6県の自治体と拠点病院など72機関の計約1万5500人が参加した。


「迷惑施設だが受け入れざるを得ない」飯舘村、焼却減容化施設が着工
産経新聞 11月9日(日)14時45分配信

 飯舘村が紅葉の時期を迎え、山々が赤や黄に鮮やかに色づく10月下旬、福島県飯舘村蕨平地区に新たに建設される焼却減容化施設の起工式が行われた。

 施設は村の除染廃棄物や家屋の解体廃棄物と片付けごみを減容化するほか、周辺の福島と南相馬、伊達、国見、川俣の合わせて5市町の稲わら、下水汚泥などを受け入れる。

 こうした放射性物質を含む廃棄物を広域集約処理する施設が着工するのは初めてだ。県内には放射能に汚染された廃棄物が大量にあり、中間貯蔵施設の建設など、処理をめぐって自治体や住民が翻弄されている。

 蕨平地区は村で唯一の帰還困難区域、長泥地区に隣接し放射線量は高い。元々はのどかな里山で、建設されている場所も牧草地帯だった。現在は、草や木はすべて取り除かれ山肌がむき出しになっていた。

 蕨平地区の区長、志賀三男さん(57)は「早く完成して終わってもらいたい。ここまで来るには大変だった。地元からしたら迷惑施設だけど文句言ってても始まらないから復興に貢献するためには仕方ない」と話した。

 施設は来年秋に運転を開始し、3年間で村内14万トンと村外7万トンの計21万トンを処理する。焼却炉を2炉整備し、1日当たり計240トンの処理が可能だ。

 焼却で体積を7分の1~10分の1まで減らすことができ、環境省は処理した廃棄物を一時的に敷地内に保管した後、放射性物質濃度が10万ベクレル以上は中間貯蔵施設へ、それ以下は富岡町の管理型処分場に運びたいとしている。

 施設が本格的に運用されれば、廃棄物を運ぶトラックは「5、6分に1台」村内を走り、施設は「24時間365日稼働」する予定だという。

 施設までは県道から10キロ以上の林道や村道を通って行く。細い道もあり、ここを大型のダンプなどが何度も通るのかと思うと心配になった。

 起工式で飯舘村の菅野典雄村長は「こういう施設は迷惑施設。必要なことは分かっていても蕨平の皆さんには特段の理解をしてもらった」とした上で、「お世話になっている市町村が困っているということでなんとかしないといけない。村長として村民を誇りに思う。飯舘の復興、福島の復興につながると思う」と話した。

 汚染廃棄物を減らすためには処分施設は必要で、どこかの地域が受け入れなくてはならない。受け入れる住民が「自分たちで出したものは自分たちで」「どこかが受け入れなければならない」「ほかに受け入れるところがないから」などと話すことをいつも辛く感じる。汚染廃棄物は双葉町や大熊町、飯舘村の住民たちが出したものではない。どうしようもなくて受け入れざるを得ないという状況に避難生活などでつらい思いをしている住民がさらに苦渋の決断をさせられている。

 施設までの10キロあまりの道のりには、紅葉が美しい場所、汚染廃棄物が詰め込まれた大量のフレコンバッグが積まれた場所、誰が置いたか分からないが建設を反対する看板が置かれている場所などがあった。本来なら飯舘村の美しい紅葉を楽しむ季節だ。住民が見ることのない色づいた木々がもの悲しく感じた。(大渡美咲)


<オスプレイ>大島で訓練 1機途中で引き返す
河北新報 11月9日(日)10時27分配信

Photo_3
オスプレイにけが人役の自衛隊員を運び入れる海兵隊員ら=8日午前10時18分、気仙沼市の大島みどりのふれあい広場

 東日本大震災級の大災害に備え、自衛隊や東北6県の自治体による災害訓練「みちのくALERT(アラート)2014」は8日、気仙沼市の離島・大島で、米軍の新型輸送機MV22オスプレイを使った物資輸送や患者搬送訓練を行った。石巻湾上に配置した輸送艦への離着陸は7日に引き続き、見送られた。

 8日朝に厚木基地(神奈川県)を離陸した1機は、仙台市若林区の陸自霞目駐屯地を経由し、午前10時8分に大島の海辺に近い市民公園「大島みどりのふれあい広場」に着陸。毛布や水を降ろした後、患者役の2人を乗せて午前10時23分、同駐屯地に向けて飛び立った。
 島では同日、市の津波総合防災訓練が行われ、住民ら約300人が離着陸を見守った。主婦石川春美さん(57)は「大災害が起きれば島は孤立してしまう。こうした訓練を通じ、いざという時に動いてもらえる態勢を考えてもらうのは助かる」と話した。安全性への懸念からプラカードを掲げて抗議する市民もいた。
 陸自東北方面隊によると、オスプレイは同日朝、2機が厚木基地を離陸したが、1機は訓練に向かう途中で引き返した。理由は7日同様、方面隊は把握していない。
 8日午後には突然、別のオスプレイ1機が同駐屯地に飛来した。方面隊には直前まで情報が入っていなかった。
 訓練は6日に始まり、自治体や民間企業、拠点病院なども含めた72機関の1万5500人が参加し、9日まで続く。

« 宮城沖地震に関するニュース・1809,2014年11月8日 | トップページ | 天皇皇后両陛下、傘寿祝う警視庁音楽隊コンサートご鑑賞 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60622446

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1810,2014年11月9日:

« 宮城沖地震に関するニュース・1809,2014年11月8日 | トップページ | 天皇皇后両陛下、傘寿祝う警視庁音楽隊コンサートご鑑賞 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31