« 経産相に新任の宮沢洋一の資金管理団体、「SMバー」に政治活動費を支出 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1795,2014年10月24日 »

2014年10月23日 (木)

次世代の党、「強制連行はなかった」確認の国会決議案提出へ

次世代の党の山田宏幹事長は23日、あの国賊・河野洋平が1993(平成5)年に発表した、いわゆる「慰安婦」問題に関する「河野洋平官房長官談話」が強制連行を認めたものではないことや、強制連行はなかったことを確認するための国会決議案をこの臨時国会に提出する考えを示した。23日の産経新聞が伝えた。

国賊・河野洋平は1993年の談話発表の際の記者会見で、独断で政府の共通認識を踏み外して「強制連行」を認めたことを、「河野談話」を検証した有識者チームによる今年6月の報告書で認定している。
また菅義偉官房長官も去る21日の参院内閣委員会で、この河野洋平の発言を「大きな問題だ」と批判している。

リンク:「強制連行存在せず」決議案提出へ 次世代の党 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「強制連行無かった」確認の国会決議案提出に意欲 次世代の党 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「強制連行存在せず」決議案提出へ 次世代の党
夕刊フジ 10月24日(金)16時56分配信

 次世代の党が、慰安婦問題に関する「河野洋平元官房長官談話」が強制連行を認めたものではないことや、慰安婦の強制連行がなかったことを確認する国会決議案の提出を検討している。各党に協力を呼び掛け、今国会の提出を目指すという。

 同党の山田宏幹事長は23日、国会内で記者団に「自民党内にも同じような声がある。原案をつくり、賛同を求めていく」と述べた。ただ、国会決議は各党の全会一致が原則。野党だけでなく自民党でも反対論が出る可能性があり、実現は見通せていない。

 河野氏は1993年の談話発表の記者会見で強制連行を認めた。一方、河野談話を検証した有識者チームによる今年6月の報告書は、河野氏が政府の共通認識を踏み外して強制連行を認めたと認定した。菅義偉官房長官も今月21日の参院内閣委員会で、河野氏の会見の発言を「大きな問題だ」と述べている。


「強制連行無かった」確認の国会決議案提出に意欲 次世代の党
産経新聞 10月23日(木)16時12分配信

 次世代の党の山田宏幹事長は23日、慰安婦問題に関する河野洋平元官房長官談話が強制連行を認めたものではないことや、強制連行はなかったことを確認するための国会決議案をこの臨時国会に提出する考えを示した。国会内で記者団に答えた。

 山田氏は「自民党内にも同じような声がある。原案を作って、賛同を求めていく」と話した。

 河野氏は平成5年の談話発表の記者会見で強制連行を認めた。河野談話を検証した有識者チームが今年6月にまとめた報告書は、河野氏が政府の共通認識を踏み外して強制連行を認めたことが確認された。

« 経産相に新任の宮沢洋一の資金管理団体、「SMバー」に政治活動費を支出 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1795,2014年10月24日 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

左翼・売国」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60537918

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代の党、「強制連行はなかった」確認の国会決議案提出へ:

« 経産相に新任の宮沢洋一の資金管理団体、「SMバー」に政治活動費を支出 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1795,2014年10月24日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31