« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、4人死亡・27人が心肺停止・6 | トップページ | 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・8 »

2014年9月29日 (月)

御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・7

27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)が噴火した。気象庁によると、山の南側斜面を3キロ以上にわたって噴煙が流れ下るのが確認されたという。長野県警などは29日、新たに8人の死亡を確認、死者は計12人となった。また同日、5人が山頂付近で倒れているのを新たに発見。心肺停止状態の人はこれで計24人となったが、救助隊が近づけないため、24人は山頂付近に取り残されたままで、救出は30日以降に持ち越された。

長野県警によると、山頂付近で登山者ら31人が心肺停止の状態で見つかり、そのうち男性4人の死亡を確認したと発表した。同県警などによると、山頂付近には噴火当時、登山者ら約250人がいたとみられる。

最初のニュース
2番目のニュース
3番目のニュース
4番目のニュース
5番目のニュース
6番目のニュース

リンク:<御嶽山噴火>混成部隊が救出劇、阻むガスや噴石 長野 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 迫る72時間「救助隊はあきらめない」陸自OB三浦秀明氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 降り続く噴石、ぬかるむ火山灰…陸自指揮官、過酷な捜索状況明かす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 政府、噴火予知に本腰 菅官房長官「さまざまな予算措置が必要」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>宿泊キャンセル相次ぐ、イベント中止も 長野 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ごう音、降りかかる火山灰=御嶽山頂、決死の救助―長野県警副隊長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 木曽町役場に不明者の家族ら100人「1日でも早く…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 旧校舎で悲しみの対面 遺族らすすり泣き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死亡確認の1人は静岡県御前崎市の会社員 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たに7人の身元確認=噴火の死者、判明11人に―長野県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>2人の死亡確認、死者は計12人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、死者12人に…長野県警発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>安倍首相「救助活動に全力、万全の対策を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火でも使われた「心肺停止」 なぜ「死亡」といってはいけないのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:噴煙高さ、日中500メートル=御嶽山の噴火続く―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、死者12人に - 速報:@niftyニュース.
リンク:両陛下、御嶽山噴火を心配 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:火山灰、収穫前の白菜直撃=イベント中止も相次ぐ―御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:教頭「無事帰ってきて」=御嶽山で小5女児ら不明―愛知 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中高年の間で広がる登山ブームに警鐘! 危険回避の心得 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:両陛下、御嶽山噴火に心痛める - 速報:@niftyニュース.
リンク:御嶽山噴火、死者は計10人に…長野県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>新たに6人の死亡確認 死者は計10人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:〔御嶽山噴火〕災害救助法の適用に伴う各種支援措置(9/29現在) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新たに5人が心肺停止で見つかる…御嶽山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>心肺停止32人に 御嶽神社付近で新たに5人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:嶽山噴火 「早く見つかって」「奇跡を」家族ら待機所で無事祈る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 近くの小中学校、防塵マスクで登校 火山灰に厳戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 火山灰堆積、わずかな雨で土石流に 二次災害警戒呼びかけ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 心肺停止新たに5人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死者12人、心肺停止24人に=ガス充満、救出持ち越し―御嶽山の噴火続く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 新たに数人が心肺停止状態で発見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「犠牲者に哀悼の意」インドネシア大統領、訪問中の立命館大で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、死者10人に - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<御嶽山噴火>混成部隊が救出劇、阻むガスや噴石 長野
毎日新聞 9月29日(月)20時35分配信

Photo_12
山中に残っていた登山者を陸自ヘリコプターで搬送する自衛隊員や消防隊員ら=長野県木曽町の木曽青峰高第2グラウンドで、野口麗子撮影

 御嶽山頂上付近の山荘などに取り残された登山者を次々と救出したのは、陸上自衛隊と複数都県の緊急消防援助隊、長野県警による“混成部隊”367人だった。28日、長野県王滝村役場で記者会見した陸自松本駐屯地の田中浩一第1科長によると、火山性ガスや噴石による2次災害を防ぎながらの活動は難航した。

 化学防護隊が先導し、隊員は火山灰や火山弾に備え鉄帽と防弾ベストを着用。さらに防じんマスクとゴーグル装着。重く息苦しいうえ無線が通じにくい環境下の捜索となった。

 今日の目標は、山荘内の生存者を発見し、安全に下山させることだった。予定されていた山荘や避難小屋10カ所とそこまでの登山道周辺の捜索を終えた。遺体らしきものを確認はしたが、火山ガス臭が強くなったため、午後2時過ぎまでに下山を開始した。

 剣ケ峰付近は火山灰が最大で約50センチ積もっていた。このためヘリコプターが降下すると巻き上げられた灰がエンジン内に入りトラブルの原因になる恐れがあったため、剣ケ峰山荘と隣接する御嶽山頂山荘にいた11人については、地上に降下した隊員が灰の少ない場所にある小屋まで誘導し、そこからつり上げたという。

 田中科長は「厳しい状況だった。火山専用の救助訓練を重ねたわけではないが、御嶽山の他に焼岳や浅間山も抱える長野県内で、火山での活動を意識していたことが生きた」と話した。【古川修司】


御嶽山噴火 迫る72時間「救助隊はあきらめない」陸自OB三浦秀明氏
産経新聞 9月29日(月)20時27分配信

 平成3年に雲仙・普賢岳(長崎)で救助活動に当たった陸上自衛隊OB、三浦秀明氏(63)の話 「普賢岳でも二次災害の恐れは常にあり、危険地域では一度の活動時間を20分限定にするなど、時間はどうしても限られる。生存率が急速に低下するとされる『72時間の壁』が近づくが、救助隊は有毒ガスや火山灰などの状況を見ながら現場に入る。72時間を超えると厳しくなると分かっているから隊員にジレンマもあるだろう。われわれもそうだったが、救助隊は最後まであきらめない気持ちで活動にあたっている」


御嶽山噴火 降り続く噴石、ぬかるむ火山灰…陸自指揮官、過酷な捜索状況明かす
産経新聞 9月29日(月)20時25分配信

Photo_11
報道陣の取材に応じる、長野県警機動隊の金森勉副隊長=9月29日午後、長野県王滝村(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 いまだ噴煙が立ち上る山頂付近に取り残された登山者の捜索に当たる陸上自衛隊と長野県警の現場指揮官が29日、産経新聞などの取材に応じ、過酷な現場の様子を語った。有毒ガス、火山灰、噴石…。幾重もの障害に阻まれ、目前の登山者を収容できずに捜索中断を余儀なくされる。命の危機とも背中合わせの捜索現場の様子が明らかになった。

 標高約3千メートルの山頂付近。「誰かいらっしゃいますかー」。隊員は見渡す限り灰に覆われた急斜面で声を張り上げ、周囲を見回す。自分たちのかけ声以外には「ゴゴゴゴゴ…」と不気味にうなる火山の音だけしか聞こえない。登山者を発見すると声をかけ、反応がなければ、呼吸を確かめて脈を取る。収容困難な谷間近くで発見することもある。全身が灰に埋もれていれば、今の方法では見つけることは難しい。

 噴火翌日の28日、山頂付近で指揮を執った県警機動隊の金森勉副隊長(54)はこうした現場の様子を明かし、「今の捜索は(灰の上の)見える範囲に限られる」と語る。

 「活動中も小さな石が降ってくる」。陸上自衛隊第13普通科連隊の中村文彦中隊長(46)はこう話し、迷彩服に付いた噴石の破片をつまみ取った。小規模の噴火は続いており、石粒の雨が頭上に降り注ぐ。二次噴火に巻き込まれる可能性も少なくない。

 地面には火山灰が50センチも降り積もっている。救助隊は最大で30キロになる重装備で、麓から4時間ほどかけて現場にたどり着いたところで、膝まで埋もれる灰の層に足を取られる。噴火翌日の28日は比較的乾燥した砂のような灰だったが、朝晩の寒暖の差から結露が灰に吸収され、「今はぬかるみ、滑りやすい状態」という。地面の灰は日々増え、捜索環境は悪化している。

 最大の障壁は硫黄を含む有毒な硫化水素だ。28、29両日とも、捜索中に硫化水素濃度が高まり、救助活動は午後早くに中断を余儀なくされた。県警も自衛隊も装備に硫化水素を防ぐマスクがなく、やむなく防塵マスクを使う。ゴーグルをかけても「目が痛む」(金森副隊長)。風向きが変われば、周囲の視界はたちまち悪化し、硫化水素濃度の測定器が危険値を知らせる。

 心肺停止状態とみられる登山者を搬送中に収容を断念することもあった。金森副隊長は「非常に心苦しい。個人なら救助を続けたいが、隊員の命を預かる身ではそれは間違いとなる」と現場の苦しみを語った。


御嶽山噴火 政府、噴火予知に本腰 菅官房長官「さまざまな予算措置が必要」
産経新聞 9月29日(月)20時24分配信

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は29日の記者会見で、御嶽山の噴火に関連し、噴火の予知や監視の態勢を強化する考えを示した。気象庁が火山性微動などから噴火の兆候を把握しながら、登山者らへの情報提供ができなかったことへの批判を受け、政府としても噴火予知に本腰を入れる構えだ。

 菅氏は「火山の監視や情報提供は気象庁が現在の水準でできるだけの判断をしていたが、さらに改善が必要になっている」と指摘。その上で「予知が可能になるように、さまざまな予算措置をして取り組んでいく必要がある」と述べた。

 また、「(噴火を)予知できなかったことに対して、さまざまな意見があることは政府としても承知している」としながらも「わが国には火山活動をしているところが四十数カ所あり、いったん爆発が起きると大きな惨事につながる。しっかり対応していく必要がある」と強調した。

 ただ、山谷えり子防災担当相が29日、官邸で記者団に「今回は水蒸気(爆発)だったので特に(予知が)難しかった」と述べたように、予知の「限界」も指摘される。

 今回の御嶽山の噴火は安倍晋三首相の米ニューヨークからの帰国の途上に発生し、噴火発生当初は政府専用機内から陣頭指揮を執った。首相は10月中旬にイタリア、11月中旬には1週間で中国、ミャンマー、オーストラリアを訪問する日程を調整しており、臨時国会の会期中に長期間国内を留守にすることになる。


<御嶽山噴火>宿泊キャンセル相次ぐ、イベント中止も 長野
毎日新聞 9月29日(月)20時23分配信

 御嶽山の噴火は、観光産業にも影を落とし始めている。秋の紅葉シーズンは、御嶽山周辺の観光施設にとってかき入れ時の一つだ。長野県山岳高原観光課の担当者は「既に宿泊をキャンセルされたという話が出てきている。影響は免れないだろう」と懸念する。

 王滝村で旅館「たかの湯」を経営する家高弘文さん(62)は「登山客を中心に10月は200人以上キャンセルが出た。今夏は天候不順が続いていたが、9月に入ってからは天候が安定し、観光客でにぎわっていた。影響は計り知れない」と肩を落とした。

 一方、王滝村や木曽町によると、県南部で火山灰が降ったが、いずれも「車体にうっすら積もった程度」(同町総務課)という。

 農産物への被害については、木曽町で収穫前の白菜畑約18ヘクタールに灰が降り積もったことが確認されている。県農業政策課は「灰をはらったり、水洗いしたりすることで出荷できるか調査中」としている。

 また、木曽町教育委員会によると、同町で28日開催予定だった駅伝大会が中止となった。交通警備などを行う警察官らが救助作業で手いっぱいなことや、降灰の危険があることから出場者の安全が担保できないと判断したという。

 駅伝大会は秋の風物詩として町民に親しまれており、今年も約220人が出場予定だった。同町教委の担当者は「昨年は全長15キロのコース沿線に町民らが応援に詰めかけて非常に盛り上がった。中止は残念だが仕方ない」と話した。【真野敏幸】


ごう音、降りかかる火山灰=御嶽山頂、決死の救助―長野県警副隊長
時事通信 9月29日(月)20時22分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、救助活動を続けている長野県警機動隊の金森勉副隊長(54)が29日、報道陣の取材に応じ、山頂の様子などについて語った。
 28、29両日、山頂付近で捜索、救助に当たった金森副隊長によると、辺りは火山灰が降り積もり「真っ白」で、噴火で飛んできたと思われる、両手を広げた幅以上の大きな岩石が至る所に転がっている。
 救助活動は、風向きや噴煙、自衛隊が噴火口寄りの地点で計測する硫化水素の数値などを考慮しながら慎重に行う。山頂は静かだが、時折「ゴー、ゴゴー」というごう音が響き、火山灰が降りかかることもある。ゴーグルやマスクをしているが、「帰ったら鼻水が真っ黒」になるという。
 山荘の布団の上や、屋外でうつぶせに倒れ、火山灰に埋もれた人を目の当たりにした。呼吸の有無や脈拍、けがの状態などを確認し、麓まで運ぶが、発見しても救助作業が中断になることも。「非常に心苦しいが、個人の気持ちだけで動けない」と複雑な心境をのぞかせた。


御嶽山噴火 木曽町役場に不明者の家族ら100人「1日でも早く…」
産経新聞 9月29日(月)20時22分配信

Photo_9
御嶽山から引き上げてくる消防隊員ら=9月29日午後、長野県王滝村(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 御嶽山の噴火から3日目を迎えた29日、麓の長野県木曽町役場には現在も行方不明となっている人の家族や友人など約100人が詰めかけ安否情報を求めた。「早く見つかって」と祈りを込めるが、思うように捜索が進まず、訪れた人たちは一様に厳しい表情を浮かべていた。

 町によると、役場の待機所は午前8時に開設。長野のほか、愛知や兵庫、神奈川、千葉の各県から家族や知人などの関係者が訪れ、テレビで捜索状況を確認。町は食事や水を提供した。一様に疲れた様子だといい、不安を和らげるため保健師2人を常駐させ、心のケアに当たっている。

 役場には早朝から大勢の報道陣が詰めかけたが、訪れた人たちは「まだ親(しん)戚(せき)が…」「詳しいことはわからない」と言葉少な。町職員に促され、うつむきがちに待機所となっている会議室に入った。

 火山ガスの濃度が高いため連日救助が短時間で打ち切られ、安否確認ができない状況が続いているため、いらだちも募っている。中には、報道陣の問いかけに「(話すことは)ない」とだけ言い、情報を求めて待機所に向かう人の姿もあった。父親(54)が行方不明になっている塩尻市の会社員男性(23)は「一日も早く見つかってほしい。明日も来ます」と祈るように話した。

 捜索打ち切りを受けて、同日夕方には役場を離れる人も出始めたが、安否情報が乏しいためか表情は険しく、ほとんどが無言で立ち去った。

 一方で、同日午後には長野県警の職員とともにタオルで涙を拭いながら役場を後にする人の姿も見られた。木曽町役場は30日も午前8時から、安否が分からない人の家族や知人など関係者のための待機所を設ける。


御嶽山噴火 旧校舎で悲しみの対面 遺族らすすり泣き
産経新聞 9月29日(月)20時19分配信

Photo_8
安置所を出る棺を乗せた霊柩車を手を合わせ見送る関係者ら=29日午後、長野県木曽町の旧上田小学校(山田哲司撮影)(写真:産経新聞)

 仮設の検視所と遺体安置所となった長野県木曽町の旧町立上田小学校跡地では29日、新たに収容された登山者が次々と運び込まれた。死亡が確認されると、遺族らは悲しみの対面を果たし、古びた木造の学舎にはすすり泣く声が響いた。

 遺族感情を配慮して、周囲に立ち入り禁止の黄色いテープが張り巡らされ、家族の遺体対面場所になっている旧校舎の窓がすべて新聞紙で覆われた。検視作業が行われる旧体育館につながる通路なども青いシートで隠されるなど周囲は緊張感に包まれた。

 この日搬送されたのは8人。駆け付けた遺族の中には、ハンカチで口を押さえ、涙を必死でこらえる女性の姿も。遺族は報道陣の問いかけに一切応じることなく、沈痛な表情で安置所に向かった。夕方以降、遺体は警察官らによって、丁寧に霊柩(れいきゅう)車に運び込まれていた。


死亡確認の1人は静岡県御前崎市の会社員
読売新聞 9月29日(月)20時6分配信

 御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、同日死亡が確認された8人のうちの1人は、静岡県御前崎市白羽、会社員増田直樹さん(41)と確認した。


新たに7人の身元確認=噴火の死者、判明11人に―長野県警
時事通信 9月29日(月)19時38分配信

 長野県警は29日から30日未明にかけ、御嶽山の噴火で死亡が確認された12人のうち、新たに男女7人の身元を確認したと発表した。身元が判明した犠牲者は計11人となった。新たに判明した7人の方々は次の通り。
 会社員増田直樹さん(41)=静岡県御前崎市白羽=▽会社員関口泰弘さん(39)=岐阜県中津川市中津川=▽会社員高田紗妃さん(29)=東京都大田区下丸子=▽会社員高橋秀臣さん(41)=川崎市麻生区上麻生=▽会社員本多達一さん(39)=横浜市港北区大豆戸町=▽山上貴史さん(45)=兵庫県=▽高校3年伊藤琴美さん(18)=愛知県知立市東長篠=。 


<御嶽山噴火>2人の死亡確認、死者は計12人
毎日新聞 9月29日(月)19時37分配信

Photo_7
有毒ガスの影響で一旦捜索を中断し、御嶽山頂付近から隊列を組んで下山する捜索隊員=御嶽山頂付近で2014年9月29日午後1時5分、本社ヘリから小出洋平撮影

 ◇心肺停止は24人

 御嶽山の噴火で、長野県警は29日にふもとに搬送した心肺停止の8人のうち、死亡が確認されていなかった2人についても死亡が確認されたと発表した。これで噴火に伴う死者は計12人、心肺停止は24人となった。

 また、亡くなった12人のうち新たに1人の身元が判明し、静岡県御前崎市白羽の会社員、増田直樹さん(41)と明らかにした。


御嶽山噴火、死者12人に…長野県警発表
読売新聞 9月29日(月)19時34分配信

 御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、心肺停止状態で発見され、同日収容した8人全員の死亡を確認したと発表した。

 死亡確認はこれで前日の4人を含め計12人となった。


<御嶽山噴火>安倍首相「救助活動に全力、万全の対策を」
毎日新聞 9月29日(月)19時23分配信

Photo_6
御嶽頂上山荘付近で救助活動する警察や自衛隊員ら=御嶽山頂上付近で2014年9月29日午前9時55分、本社ヘリから小出洋平撮影

 安倍晋三首相は29日、衆参両院の本会議で行った所信表明演説の開始にあたり、長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん)の噴火の被災者に対し「命を失われた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆さまに心からお見舞いを申しあげる」と述べた。

 その上で首相は「救助活動に全力を挙げ、今後の噴火活動に最大限の警戒を行い、国民生活への影響にも万全の対策を講ずる」と発言。救援・救助活動と被害拡大の防止に取り組む姿勢を強調した。【木下訓明】


御嶽山噴火でも使われた「心肺停止」 なぜ「死亡」といってはいけないのか
J-CASTニュース 9月29日(月)19時11分配信

Photo_5
動画サイトに投稿された噴火時の様子

 長野、岐阜県境にある御嶽山の噴火で、山頂付近に残された人たちの救助活動が難航している。

 警察は「心肺停止の状態」で発見したと発表している。被災者の身が案じられるが、果たしてどのような状態なのだろうか。海外メディアでは日本独自の表現だと説明している。

■海外メディアでは「死亡」「遺体」と断定的なところも

 御嶽山が噴火したのは2014年9月27日11時52分。週末だったこともあり、山頂付近は約250人の人でにぎわっていたと推測されている。

 捜索の進展とともに、被害状況が明らかになり、29日14時30分現在で32人が心肺停止の状態で発見された。その後に救出、搬送が進み、28日夜に同様の状態で運ばれた4人の男性と合わせて、10人の死亡が確認された。あくまで心肺停止の状態と死亡した人は別に数えられている。

 御嶽山の噴火は海外メディアでも大きく取り上げられているが、「心肺停止の状態」の報じ方は大きく違う。"cardiac arrest"や"heart and lung failure"などと英訳されており、いずれも日本語に直訳すれば「心肺の停止」だ。

 AFP通信は"cardiac arrest"を「医師が死亡を宣言する前に使われる」と説明。ウォール・ストリート・ジャーナルは「死亡しているおそれがあるが、医療的に正式な死亡が宣言されていない」と補足する。

 "heart and lung failure"を使ったAP通信やワシントンポストは「日本の当局による、医師が診断する前の遺体の慣例的な言い方」と説明した。英語圏以外では、中国の中国新聞網が「無生命跡象(生命の兆しがない)」と書いており、生存にかなり悲観的な表現だ。

 海外メディアは見出しで"At least 31 people believed dead(少なくとも31人が死亡したとみられる)"(AP通信)、"Mt Ontake rescue teams find 31 bodies(御嶽山のレスキュー隊が31の遺体を発見した)"(BBC)と断定的に書いており、心肺停止の状態と死亡が確認された人を一緒にカウントしている記事が多い。

日本は死亡確認に医師の診断が必要
 関西福祉大学の勝田吉彰教授によると、「日本で心肺停止の状態とは、心音が聞こえない『心臓停止』および『呼吸停止』の状態を指します」という。死亡確認にはこの2つだけでは十分ではなく、「脈拍停止、瞳孔散大と合わせて、4つすべてを医師が診断することが必要です。医師が宣言し、初めて死亡が確定します」と語る。海外ではこうした手順が踏まれるとは限らないため、日本と大きな違いが出ているようだ。

 長野県警も、「医師の診断がまだできておらず、心音と呼吸が停止していることから判断」(同広報)して、「心肺停止の状態」と発表している。

 なお、心肺停止の状態から息を吹き返すケースはある。たしかに、街中で倒れた人が心臓マッサージやAEDを施されたり、病院で強心剤を投与されたりして蘇生することはある。ただし、あくまで迅速に必要な手当てがされた場合がほとんどだ。「山頂付近に残る人たち」の一刻も早い「救出」が望まれるが、有毒な硫化水素が充満しており、二次災害の恐れから捜索は打ち切られ、再開は30日に持ち越されている。


噴煙高さ、日中500メートル=御嶽山の噴火続く―気象庁
時事通信 9月29日(月)18時58分配信

 気象庁は29日、御嶽山の噴火が続き、午後5時50分の時点では噴煙が火口の縁から約300メートル上がって東へ流れていると発表した。噴煙の高さは朝から午後にかけては500メートル程度だった。同庁は噴火警戒レベル3(入山規制)を継続し、火口から約4キロ以内では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼び掛けている。
 27日昼前の噴火開始直前から始まった火山性微動も続いた。一方、火山性地震は多い状態だが、29日午前に観測されない時間帯があり、午後4~5時は2回だった。 


御嶽山噴火、死者12人に
2014年9月29日(月)17時44分配信 共同通信

Photo_3
 山頂付近で噴煙を上げる御嶽山。噴火から3日目となり、捜索が続けられたが有毒ガスのため午後にいったん打ち切られた=29日午後1時10分、共同通信社ヘリから

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、陸上自衛隊のヘリコプターで麓に運んだ心肺停止状態の8人全員の死亡を確認した。うち7人は愛知県の女子高校生らと分かり、あと1人の身元特定を急ぐ。28日には男性4人の死亡を確認しており、噴火による死者は計12人となった。山に残されたままの心肺停止状態の人は5人増え、計24人となった。

 警察関係者によると、死者や心肺停止状態になった人は、山頂付近の神社から約500メートル南東にある山荘までの登山道周辺で集中して見つかったことが判明した。噴煙が流れた火口東側で、倒れていた。


両陛下、御嶽山噴火を心配
時事通信 9月29日(月)17時42分配信

 宮内庁の山本信一郎次長は29日の定例記者会見で、天皇、皇后両陛下が御嶽山の噴火で多くの死傷者が出ていることに心を痛められていると明らかにした。両陛下は被害の状況を案じながらニュースを見守っているという。 


火山灰、収穫前の白菜直撃=イベント中止も相次ぐ―御嶽山噴火
時事通信 9月29日(月)17時36分配信

 御嶽山の噴火による降灰は、長野県内で収穫時期を迎えた特産の白菜畑にも広がった。品質に問題はないが、灰を水で洗い流す必要があり、高齢化が進む農家に重い負担となっている。観光イベントの中止や宿泊客のキャンセルが相次ぐなど、影響が広がりつつある。
 同県木曽町、木祖村では地元の白菜を「御嶽はくさい」の名前で特産として販売してきた。計75ヘクタールで生産され、7~11月に収穫。主に漬物用として関西方面へ出荷される。
 県木曽農業改良普及センターによると、灰をかぶった白菜畑は農家28軒の計18ヘクタール。うっすらと灰が付いた状態で、葉を2~3枚余分に取り、先端と根元を洗えば出荷できるという。
 同センターの大島誠所長は「今年は多雨だったが、手間をかけたことで出来は良かった」と残念がる。白菜の一毛作で生計を立てる人も多く、「お年寄りにとって洗浄は大変なはず」と話した。
 行楽シーズンを迎えた中での噴火は、観光業界も直撃した。木曽町観光協会の須藤邦男事務局長は「宿泊施設にキャンセルが相次ぎ、御嶽山から遠い地域にも影響が及んでいる」と肩を落とす。 


教頭「無事帰ってきて」=御嶽山で小5女児ら不明―愛知
時事通信 9月29日(月)16時58分配信

 御嶽山の噴火で、愛知県豊田市の市立小学校に通う5年生の女子児童(11)が行方不明になっていることが29日、分かった。小学校の教頭は「面倒見の良い優しい子。無事に帰ってきてほしい」と願った。
 教頭によると、小学校では同日午前、女子児童の安否が確認できていないと、担任を通じて各クラスに伝えた。児童らは心配そうに聞いていたという。一緒に登った母親と兄は無事だった。
 関係者によると、女子児童を含むグループは計17人が27日朝に現地で集まり、日帰りの予定で登山を開始。児童のほか、豊田市の50歳と60歳の男性会社員らが先に頂上に向かい、連絡が取れなくなった。 


中高年の間で広がる登山ブームに警鐘! 危険回避の心得
夕刊フジ 9月29日(月)16時56分配信

Photo_2
28日午前に下山した登山客は憔悴しきっていた(写真:夕刊フジ)

 戦後の登山史上でも最大規模の惨事となった御嶽山の噴火。中高年の登山ブームを牽引する「日本百名山」の一つとして有名な霊峰が、週末の紅葉シーズンという最悪のタイミングで噴火したことで被害は拡大した。百名山でも噴火の恐れがある火山はほかにも存在する。登山中に被害に遭った場合、どう対応すればいいのか。専門家に心構えや予防策を聞いた。

 噴火が始まった27日正午前は、日帰りの登山客が約3時間の行程で頂上に到達する時間帯だった。御嶽山は「日本百名山」の中でも登山道に岩場が少なく、3000メートル峰としては比較的登りやすい山として知られ、天気も良く紅葉シーズンのため中高年を中心に多くの登山客が訪れていたとみられる。空前の登山ブームが、被害を大きくさせてしまった形だ。

 正しい登山について普及活動を行っている日本山岳ガイド協会理事長の磯野剛太氏は、こう警鐘を鳴らす。

 「心構えとして、登山客がよく訪れる山でも、小規模の噴火はあってもおかしくないと理解することが必要だ。例えば、浅間山(長野・群馬)、焼岳(岐阜・長野)、岩手山(岩手)、那須岳(福島・栃木)などで小噴火はあり得る。これらは全て『日本百名山』。登山ブームでみんな登ったから登れるだろう、という気軽な気持ちで挑む人もいるが、自然は人間の力を超える危険がある場所であり、自分の身は自分で守るという意識を持つことが必要」

 実際に、噴火が起きたときにどのような対応を取ればいいのか。

 「噴石が直撃するとどうしようもないが、予防策はある。亜硫酸ガスや火山灰も危険で、火山灰が口の中に入ると、熱とガラス質でのどがやられて呼吸困難になる。火山灰を防ぐには、手ぬぐいなどで口を覆い、膜をつくること。花粉症対策に使う防塵マスクを持っていくと良い。目を傷つけないためには、サングラスやスキーのゴーグルも役に立つ。薄いガーゼで目を覆うだけでも効果的だ」(磯野氏)

 今回の噴火では、異変を察知し、山小屋に避難したことから九死に一生を得た登山客が少なくない。こうした「逃げ場所」を普段から確認しておくことも大切という。

 「避難場所を知っているか、知らないかで結果は異なる。山小屋や大きな石の陰、へこみの中で雨や風を防ぐことができる」と磯野氏は方向感覚の重要性を強調する。

 「登山者の中には、地面だけを見て歩いているため、引き返す方向が分からない人もいる。これは危険だ。いつも周りを見渡し、大きな石や高い木など対象物を見て歩くことが必要。方向感覚を養い、風向きが分かっていると、噴火の際に風上に逃げることができ、火山灰の被害を最小に防ぐことができる」

 だが、都会生活に慣れた現代人は方向感覚が退化しているといい、磯野氏は、「普段から地図を見て自分のいる場所を確認したり、会社や学校でも、北はどちらの方向かなど改めて見直すことが必要だ。都会の地下街で方向感覚を養うことは良いトレーニングになる」とし、こう続ける。

 「登山ツアーに参加して、ただ前の人に付いていくのではなく、自分で判断できる力を養うこと。これが、生死を分けることになりかねない」

 登山ブームに、自然の脅威が突きつけられている。

 ■日本百名山 作家で登山家の深田久弥(きゅうや)氏が、実際に登った山の中から「品格」「歴史」「個性」などの基準で国内100の名峰を選んだもの。富士山や穂高岳、槍ヶ岳、今回噴火した御嶽山など3000メートル級の山は13座ある。

 深田氏の「日本百名山」は1964年に出版されたが、90年代以降、NHKのテレビ番組などで紹介されたことをきっかけに、登山愛好家以外にも幅広く知られるようになった。

 深田氏選出の百名山以外にも数多くの「百名山」が選出され、登山ツアーも組まれるなど、中高年層を中心に百名山ブームが定着している。


両陛下、御嶽山噴火に心痛める
2014年9月29日(月)16時49分配信 共同通信

 宮内庁は29日、御嶽山の噴火で多くの犠牲者が出ていることについて、天皇、皇后両陛下が大変心を痛められていると発表した。安否が分からない人や負傷者を案じながら、被災状況を伝える新聞やテレビのニュースを見守っているという。


御嶽山噴火、死者は計10人に…長野県警
読売新聞 9月29日(月)16時48分配信

 御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、心肺停止状態で発見され、同日収容した8人のうち、6人の死亡を確認したと発表した。

 死亡が確認されたのは前日までの4人を含め10人となった。


<御嶽山噴火>新たに6人の死亡確認 死者は計10人に
毎日新聞 9月29日(月)16時39分配信

Photo_37
御嶽山頂上近くの一ノ池から救助される登山者=御嶽山頂上付近で2014年9月29日午前10時40分、本社ヘリから小出洋平撮影

 御嶽山の噴火で長野県警は、29日にふもとに搬送した8人のうち6人について死亡を確認したと発表した。噴火に伴う死者はこれで計10人となった。

【屋根に大きな穴が開いた頂上の山荘】

 県警や陸上自衛隊は29日朝から始めた山頂付近での救出活動を同日午後1時半ごろ打ち切った。有毒ガスの濃度が高まったためとされる。


〔御嶽山噴火〕災害救助法の適用に伴う各種支援措置(9/29現在)
レスキューナウニュース 9月29日(月)16時30分配信

御嶽山噴火に対する災害救助法の適用に伴い、適用地域の被災者に対し、各機関から発表されている支援措置を以下にまとめました。
措置内容の詳細および最新情報については、各Webサイトなどでご確認ください。

■災害救助法適用地域
 長野県:木曽郡木曽町・木曽郡王滝村

■災害救助法適用に伴う各種支援措置
・金融機関による特別措置
・緊急採用奨学金、減額返還・返還期限猶予など

【行政】
<内閣府>
御嶽山噴火に係る災害救助法の適用について【第1報】(PDF:110KB)
http://www.bousai.go.jp/taisaku/kyuujo/pdf/siryou17.pdf

<経済産業省>
御嶽山噴火に係る災害に関して被災中小企業・小規模事業者対策を行います
http://www.meti.go.jp/press/2014/09/20140929006/20140929006.html

<関東財務局・日本銀行>
御嶽山噴火にかかる災害に対する金融上の措置について(長野県)
http://kantou.mof.go.jp/kinyuu/pagekthp031000165.html
http://www.boj.or.jp/announcements/release_2014/rel140929b.pdf

<長野県>
木曽町及び王滝村に災害救助法を適用しました
http://www.pref.nagano.lg.jp/bosai/happyou/140927press.html

【通信】
<NTT東日本>
御嶽山噴火により被災された地域のお客様に対する支援措置について(PDF)
http://www.ntt-east.co.jp/nagano/news/pdf/2012/20140928.pdf

<NTTドコモ>
御嶽山噴火に係る災害救助法の適用地域に対する支援措置について
https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/page/140929_01_m.html

<KDDI>
御嶽山噴火による被害への支援について
http://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2014/09/28/668.html

<ソフトバンクモバイル>
御嶽山噴火の影響に伴う支援措置について
http://www.softbank.jp/corp/group/sbm/news/info/2014/20140928_01/

<ワイモバイル>
御嶽山噴火の影響に伴う支援措置について
http://www.ymobile.jp/corporate/info/2014/0928.html

【金融】
<長野県信用組合>
御嶽山噴火により被害を受けられたお客さまへの対応について
http://www.naganokenshin.jp/info_20140929/

<松本信用金庫>
御嶽山噴火にかかる災害に対する当金庫の対応について(PDF)
http://www.matsumoto-shinkin.jp/oshirase_pdf/onntakesanntaiou.pdf

<日本郵政グループ>
御嶽山噴火による被害に対する非常取扱いの実施について
http://www.japanpost.jp/pressrelease/jpn/2014/20140929029557.html

<木曽農業協同組合(JA木曽)>
謹んで噴火災害のお見舞いを申し上げます
http://www.ja-kiso.iijan.or.jp/news/2014/09/post_103.php

【その他】
<日本学生支援機構>
緊急採用奨学金、減額返還・返還期限猶予の受付について(御嶽山噴火)
http://www.jasso.go.jp/kouhou/press/press140929.html


新たに5人が心肺停止で見つかる…御嶽山
読売新聞 9月29日(月)15時30分配信

 御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、同日の捜索で新たに5人が心肺停止の状態で見つかったと発表した。

 新たに5人が加わったことで、少なくとも24人が心肺停止の状態で山中に取り残されていることになる。


<御嶽山噴火>心肺停止32人に 御嶽神社付近で新たに5人
毎日新聞 9月29日(月)15時18分配信

 長野、岐阜の両県境にある御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、山頂の御嶽神社奥社付近で心肺停止状態の5人を新たに発見したと発表した。これにより、心肺停止の人は計32人となった。この他に4人の死亡が確認されている。


嶽山噴火 「早く見つかって」「奇跡を」家族ら待機所で無事祈る
産経新聞 9月29日(月)15時14分配信

 御嶽山(おんたけさん)噴火から3日目の29日、見渡す限り灰に覆われた山頂で捜索が再開された。「早く見つかって」「奇跡が起きてほしい」。麓には安否情報を待ちながら眠れぬ夜を過ごした家族や友人らが遠方からも続々と集まり、最愛の人の無事を祈った。

 「今ごろどうしているのか。早くみつかってほしい」。長野県木曽町役場にある待機所を訪れた山口県の男性(59)は憔悴(しょうすい)した表情でこう話した。大阪府に住む娘(34)は噴火以降、連絡がつかない。

 娘は今年1月に結婚して、大阪で新婚生活をスタートさせたばかり。5年ほど前から山登りを始め、海外の雪山にも挑むほど。7月の新婚旅行もスイスへの登山を選んだ。

 噴火前日の26日夜、男性は娘から「友人2人と登山に行く」と弾む声で電話連絡を受けたが、「近場だと思っていた」。27日、テレビで御嶽山の噴火を知った。一瞬、娘の顔が頭をよぎったが、「まさか違うよな」と思い直した。だが夕方、無情にも娘の夫から「御嶽山に登っている」と電話で告げられた。

 何度も娘の携帯電話を鳴らし、いてもたってもいられず、28日に妻らと木曽町に来た。「山が好きで、でも、まさか噴火するなんて。運が悪かったとしか…」。一刻も早く娘の安否を知りたいが、待機所でもほとんど情報は得られない。「心肺停止の人の身元確認が進むのだろうが、何とか奇跡が起きてほしい」と望みをかけた。

 次男(26)の行方が分からないという男性は、木曽町内の集会所に泊まり、28日に続いて役場を訪れた。「妻は心労で疲れがたまっている。私がしっかりしないといけない」と言い聞かせるように話した。

 一方、29日昼ごろには、捜索で新たに収容された人たちを乗せた長野県警のワゴン車が、仮設の検視所と遺体安置所になった木曽町の旧町立上田小学校跡地に順次到着。灰色のシートに包まれた登山者らは、警察官に抱えられ旧体育館へ運び込まれた。

 小学校跡地は周囲を立ち入り禁止の黄色いテープで規制され、家族の遺体対面場所にあてられた旧校舎の窓はすべて新聞紙で覆われた。検視作業が行われる旧体育館につながる通路などもブルーシートで隠され、緊張感に包まれていた。

 28日に死亡が確認された浅井佑介さんら4人の遺体は29日午前1時までに家族らに引き渡され、無言の帰路に就いた。

 警察関係者の一人は「少しずつだが、捜索活動は進んでいる。所持品が残されている可能性も高く、少しでも早く身元の確認につなげたい」と話していた。


御嶽山噴火 近くの小中学校、防塵マスクで登校 火山灰に厳戒
産経新聞 9月29日(月)15時13分配信

Photo
火山灰から身を守るため、マスクを着用して登校する木曽町立三岳小の児童ら=29日午前、長野県木曽町(写真:産経新聞)

 御嶽山に近い小中学校では29日朝、噴火後最初の登校日となり、火山灰による健康被害を防ぐため児童生徒たちがマスクをつけて登校した。

 噴煙を上げ続ける山頂部の南東約15キロにある長野県木曽町立三岳(みたけ)小では、学校の指示で全校児童約40人が自宅から防塵マスクを着用。この日は噴煙が学校方向に流れていることから、体育の授業などの屋外活動は行わないことを決めた。

 同校によると、朝の職員会議では校舎内でのマスク着用についても話し合われたが、窓を閉め切ることで対応するといい、西邦彦教頭は「マスク着脱のタイミングについては基準がなく判断が難しい。火山活動の状況をきちんととらえて判断するしかない」と困惑した様子で話した。


御嶽山噴火 火山灰堆積、わずかな雨で土石流に 二次災害警戒呼びかけ
産経新聞 9月29日(月)15時13分配信

Photo_42
窓ガラスが割れた山小屋=29日午前9時、長野・岐阜県境(本社ヘリから、甘利慈撮影)(写真:産経新聞)

 大量の火山灰が広範囲に降り注いだ御嶽山(おんたけさん)の噴火で、懸念されるのが降雨に伴う土石流の発生だ。傾斜のきつい山の斜面に堆積した火山灰は、わずかな雨量でも、泥流やさらに激しい土石流が発生することが分かっている。現地では30日夜に降雨が予想されており専門家は二次災害に注意するよう呼びかけている。

 土石流は土砂や石が雨水と混ざり合って山の谷や斜面を流れ下る現象。一般的に、時速は30~40キロに達し、今年8月に発生した広島市の土砂災害では、瞬間的に100キロを超える土石流も発生したと報告されている。

 また、火山泥流は、洪水より大地を削り取る力が強いので、被害が拡大しやすいとされる。

 御嶽山から下山した登山者からは、「山頂付近で、膝まで灰に埋まった」などとする証言が相次ぎ、数十センチ以上の火山灰が堆積していることが推測される。

 27日の噴火以降、御嶽山周辺では雨は観測されていないが、岐阜地方気象台によると、気圧の谷が接近し、30日夜から雨がぱらつく可能性があるという。

 関西大の小山倫史准教授(地盤工学)は「火山灰は水が浸透しにくいため、降灰から期間がたった場合には、降雨ですぐに土石流が発生するわけではないが、今回のように降って間もない火山灰は固まっておらず、わずかな雨でも土石流が発生する恐れがある」と指摘。「不明者らの捜索が続くだろうが、天候を注視しながら二次災害を避けることが大切だ」としている。


御嶽山噴火 心肺停止新たに5人
産経新聞 9月29日(月)15時12分配信

 御嶽山の噴火で、長野県警木曽署は29日、山頂付近で新たに心肺停止とみられる5人を確認した。


死者12人、心肺停止24人に=ガス充満、救出持ち越し―御嶽山の噴火続く
時事通信 9月29日(月)15時6分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警などは29日、新たに8人の死亡を確認、死者は計12人となった。また同日、5人が山頂付近で倒れているのを新たに発見。心肺停止状態の人はこれで計24人となったが、救助隊が近づけないため、24人は山頂付近に取り残されたままで、救出は30日以降に持ち越された。
 警察庁によると、重軽傷者は29日午後8時現在、長野県側59人、岐阜県側10人。
 御嶽山では、28日に心肺停止状態で31人が見つかり、4人を搬送。両県警や自衛隊が29日朝、500人以上の態勢で救出・捜索活動を再開し、新たに8人を山頂付近からヘリコプターで麓に下ろし、長野県木曽町に搬送、全員の死亡を確認した。
 新たに心肺停止状態で見つかった5人は山頂近くの御嶽神社付近で倒れていた。29日正午すぎ発見されたが、午後1時ごろ、風向きが変わり硫化水素を含んだ有毒ガスが流れてきたため、活動を打ち切り、30日に再開することにした。 


御嶽山噴火 新たに数人が心肺停止状態で発見
産経新聞 9月29日(月)14時44分配信

 長野県の関係者によると、御嶽山の噴火で、新たに心肺停止状態の登山者数人が発見された。これまでに4人の死亡、27人の心肺停止状態が確認されていた。


御嶽山噴火 「犠牲者に哀悼の意」インドネシア大統領、訪問中の立命館大で
産経新聞 9月29日(月)14時43分配信

Photo_41
名誉博士号の贈呈式で講演するインドネシアのユドヨノ大統領=29日、京都市の立命館大(写真:産経新聞)

 インドネシアのユドヨノ大統領は29日、名誉博士号の贈呈を受けるため訪問中の立命館大(京都市)で、長野、岐阜両県にまたがる御嶽山の噴火による犠牲者について「インドネシアの国民と政府を代表して心よりお悔やみ申し上げます」と述べた。

 ユドヨノ大統領は京都市内の立命館大キャンパスで行われた名誉博士号の贈呈式に出席。川口清史学長から学位記を受け取った後の講演で御嶽山の噴火に触れた。

 立命館大は、ユドヨノ大統領がインドネシアの民主化や経済発展に大きな功績を残したとして名誉博士号の贈呈を決めた。

 ユドヨノ大統領は2004年10月に就任。同年のスマトラ島沖大地震などの対応にあたった。


御嶽山噴火、死者10人に
2014年9月29日(月)14時10分配信 J-CASTニュース

御嶽山(3067メートル)の噴火で2014年9月29日、長野県警は新たに6人の死亡を確認したと発表、死者は計10人となった。山頂付近でこの日新たに心肺停止状態の5人を確認しており、心肺停止状態の人は計26人となった。山頂付近での救出活動は有毒ガスの濃度が高まったため、同日午後1時半ごろ打ち切られた。

負傷者は少なくとも63人に上り、ほかにも連絡が付いていない登山客もいる。

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、4人死亡・27人が心肺停止・6 | トップページ | 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・8 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60396788

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・7:

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、4人死亡・27人が心肺停止・6 | トップページ | 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・8 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31