« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・7 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1772,2014年9月30日 »

2014年9月29日 (月)

御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・8

27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)が噴火した。気象庁によると、山の南側斜面を3キロ以上にわたって噴煙が流れ下るのが確認されたという。長野県警などは29日、新たに8人の死亡を確認、死者は計12人となった。また同日、5人が山頂付近で倒れているのを新たに発見。心肺停止状態の人はこれで計24人となったが、救助隊が近づけないため、24人は山頂付近に取り残されたままで、救出は30日以降に持ち越された。

長野県警によると、山頂付近で登山者ら31人が心肺停止の状態で見つかり、そのうち男性4人の死亡を確認したと発表した。同県警などによると、山頂付近には噴火当時、登山者ら約250人がいたとみられる。

2番目のニュース
3番目のニュース
4番目のニュース
5番目のニュース
6番目のニュース
7番目のニュース

リンク:火山ガス・噴石・灰…過酷な状況、救助活動妨げ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>ふもと村立王滝小・中学校 ヘルメット姿登校 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救助活動、一時見合わせ=「新たな噴火の恐れ」―山頂付近、厳しい環境・御嶽山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>救出活動中断 火山活動活発化の恐れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山、救助活動を中断…火山ガスなどのため - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 愛知の小5女児不明 教諭ら現地派遣、情報収集 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火なぜ被害拡大 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 “引き裂かれた”夫婦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 過酷な捜索現場 有毒ガス・火山灰・噴石…命の危機と背中合わせ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「72時間の壁」隊員ジレンマ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 皆、自然を愛していた 「笑顔もう見られない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:噴火直前に山頂側が上昇 - 速報:@niftyニュース.
リンク:「色がない」極限の御嶽山頂を山小屋支配人が証言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:搬送12人死亡確認 御嶽山頂では24人が心肺停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 捜索阻む有毒ガス…死者12人、心肺停止24人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山の火山活動、救助阻む - 速報:@niftyニュース.
リンク:<御嶽山噴火>死の頂 動かぬ6人 沈痛の緊急消防援助隊 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>損保ジャパンの1人身元判明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 死者12人、心肺停止24人に 噴煙流れた火口東で集中 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 亡くなった本多さん、父親と2人暮らし 自宅の明かり消えたまま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>豊田の団体 60歳男性会社員らも不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>愛知大男子学生が不明に 愛知県警巡査部長も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>死者は12人に 心肺停止は24人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ドキュメント御嶽山噴火(29日) - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>過酷な現場「不自然な岩石ごろごろ転がって」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>DMAT医師「噴石で骨折、やけど多く」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>いらだち募る家族 救出活動、ガスに阻まれ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山の噴火、両陛下が心痛める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:山中の不明者、総数つかめず…心肺停止24人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>24歳の愛媛大大学院生が不明か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>29日も続く 噴煙は高さ300メートルにも - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 なぜ被害が拡大したのか? 小規模ながら場所とタイミング悪く - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 遺族、悲しみの対面 声振るわせ「見つかってよかった…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「妻と一緒に登るはずが…」悲嘆にくれる関係者 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

火山ガス・噴石・灰…過酷な状況、救助活動妨げ
読売新聞 9月30日(火)10時27分配信

 長野、岐阜両県境の御嶽山(おんたけさん)の噴火から3日目を迎えた29日、死者が12人となり、遺族らが悲しみに暮れながら対面した。

 現場はこの日も火山ガスに覆われて救助活動は中断。山頂付近で救助活動に当たった陸上自衛隊や長野県警の指揮官が同日、報道陣の取材に応じ、「見渡す限り、火山灰で真っ白」と過酷な状況を語った。

 ◆「ふだんと別の姿」

 「ふだん見慣れた御嶽山とは全く別の姿。噴石が絶えず雨のように降ってくる」と語るのは、陸自第13普通科連隊(長野県松本市)の中村文彦中隊長(46)。噴火翌日の28日から、約100人の隊員を率いて救助活動に携わる。

 中村中隊長によると、山頂付近に降り積もった火山灰は深いところで約50センチにもなるという。ところどころに急な坂があるうえ、膝まで灰に埋もれ、足場は極めて悪い。晴れていても風が吹けば灰が舞い上がり、ゴーグルを着けていても視界は全く利かない。29日には灰が湿気を含み、ぬかるんで滑りやすくなった。

 山頂付近では、大きいもので直径1センチ程度の噴石が絶えず降り注ぎ、隊員たちはヘルメットのほか、重さ5キロ以上の防弾チョッキも着用。削岩機などでも除去できないほどの巨大な噴石もあちこちにあり、中村中隊長は「山頂の小屋には、1メートルほどの大きな穴が開いていた」と明かす。

 ◆灰に埋もれて

 県警機動隊の金森勉副隊長(54)も「一面真っ白な世界。登山道の脇には、大人が両手を広げても届かないくらいの大きい岩が至る所にあった」と噴火のすさまじさを語った。

 噴火当日の27日に活動開始。当日は山頂付近の山荘で助けを待つ数人を発見し、ヘリコプターで下山させた。登山道の途中でうつぶせに倒れている人や、灰に埋もれた人、山荘の中で心肺停止となっている人もいた。

 山頂付近の山小屋から下ったところにある登山道にも、灰の中に埋もれた人がいた。隊員は足を取られながら何とか持ち上げ、下山させたという。

 ◆中断余儀なく

 救助活動は28、29両日とも、二酸化硫黄などを多く含む有毒な火山ガスの影響で途中で打ち切りとなった。県警は29日、300人態勢で活動したが、心肺停止となった人を担架で運ぶ最中にガスの濃度が高まって撤退が決まり、担架ごと、その場に置いて離れざるを得なくなったという。

 陸自は、「有毒ガスが噴出する火山での活動は想定外」(幹部)といい、通常の防護マスクでは火山ガスを十分に防ぐことができない。このため、対応可能な防毒マスクを調達し、30日から使用するという。

 陸自の中村中隊長は「中断は非常に残念。一刻も早く、頂上に取り残された皆さんを救出したい」と強調。県警の金森副隊長も「何とか早く被災者を家族に会わせたい」と述べた。


<御嶽山噴火>ふもと村立王滝小・中学校 ヘルメット姿登校
毎日新聞 9月30日(火)10時18分配信

Photo_25
ヘルメットとマスクを着用して御嶽山噴火後の初登校をする王滝小学校の児童=長野県王滝村で2014年9月30日午前8時2分、宮間俊樹撮影

 御嶽山のふもとにある長野県王滝村の村立王滝小・中学校(児童31人、生徒17人)は30日、振り替え休日明けで噴火後初の授業となり、児童・生徒はヘルメット、マスク姿で登校した。

 急な噴火や火山灰に備え、同校は登下校時のヘルメットとマスク着用を指導。体育の授業でのソフトボールを中止するなど、週内は部活動や休み時間を含め、屋外での活動を禁止にした。

 宮沢賢司校長は「児童・生徒の命、安全を第一に考え、全職員で対応に当たっている。保護者は心配だろうが、各担任が要望などを聞いており、今のところ混乱はない」と話した。【井上知大、藤沢美由紀】


救助活動、一時見合わせ=「新たな噴火の恐れ」―山頂付近、厳しい環境・御嶽山
時事通信 9月30日(火)9時24分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、警察や自衛隊などは30日、山頂付近などで心肺停止状態で発見された24人の救出活動をいったん再開したが、火山性微動が増加し、新たな噴火の恐れがあるとして、中断した。
 警察や自衛隊などは175人態勢で午前6時20分、長野県王滝村の王滝口登山道から入山を開始。しかし、気象庁から火山性微動の大きさが増したとの連絡が入り、午前7時すぎから8合目で待機している。
 長野県警は同日、死亡が確認された12人のうち、身元が特定できていなかった1人について、東京都中央区の会社員上方麻衣さん(31)と確認した。
 登山者の多くは屋外で倒れ、火山灰に埋もれるなどして発見されており、判明している以外にも巻き込まれた人がいないか、登山道周辺を中心に捜索も続ける。
 長野県警は28日、心肺停止となった31人を主に頂上近くで発見。29日、さらに5人を見つけた。36人のうち、これまでにヘリコプターなどで12人を麓に搬送、全員の死亡が確認された。
 29日は、山頂付近で午後1時ごろ、風向きが変わり硫化水素を含んだ有毒ガスが流れてきたため、捜索・救助活動を打ち切った。28日午後も二次災害の恐れが出たとして活動を中止しており、厳しい環境での作業が続いている。 


<御嶽山噴火>救出活動中断 火山活動活発化の恐れ
毎日新聞 9月30日(火)8時59分配信

 長野、岐阜県境にある御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、両県警や自衛隊などは30日朝から心肺停止状態で山頂付近などに残されている登山客らの救出活動を再開したが、火山活動が活発になる恐れがあるとして、午前7時ごろから捜索活動を中断している。


御嶽山、救助活動を中断…火山ガスなどのため
読売新聞 9月30日(火)8時33分配信

 長野、岐阜両県境の御嶽山の噴火で、長野県警などの救助活動は30日午前8時の時点で、火山ガスなどの影響のため中断している。


御嶽山噴火 愛知の小5女児不明 教諭ら現地派遣、情報収集
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

 御嶽山の噴火で、愛知県豊田市の市立小5年の女児(11)が行方不明になっていることが29日、分かった。同校は現地に職員を派遣するなど情報収集を進めている。

 豊田市教育委員会や学校によると、女児は27日に母親や兄らと御嶽山に登った。一緒に登った十数人とグループに分かれ、女児は母親と兄と別のグループで先に登っていたという。噴火時は山頂付近にいたとみられる。母親と兄は下山して無事だが、女児の安否は分かっていない。

 教頭(56)が28日、長野県を訪れて母親と面会し、29日は別の教諭らが現地に向かった。

 教頭は「母親は女児が御嶽山に行くのをすごく楽しみにしていたと、つらそうに話していた。憔悴(しょうすい)した様子で、『信じて待っている』と涙を流していた」と語った。

 女児については「低学年の児童にも声をかけるなどとても優しく、所属するバスケットボール部の練習も一生懸命。無事であることを祈っている」と話した。


御嶽山噴火なぜ被害拡大
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

Photo_23
山頂付近で救助活動を続ける救助隊 =29日午前10時10分、御嶽山(本社ヘリから、甘利慈撮影)(写真:産経新聞)

 御嶽山の噴火は心肺停止・死亡と確認された登山者が計36人と、噴火災害としては平成3年の長崎県の雲仙・普賢岳以来の惨事となった。その多くは山頂部で発見されたというが、被害はなぜ、ここまで拡大したのか。

 ◆紅葉シーズンの土曜

 轟音(ごうおん)とともに激しく立ち上った噴煙について、気象庁は火口上約7千メートルに達したと推定した。一見、大規模な噴火だが、日本火山学会元会長の宇井忠英・北海道大名誉教授(火山地質学)は「空高く上がったのは、風に流されて上昇したから。火口から直接噴き上げたのは数百メートルぐらいとみられ、小規模な水蒸気爆発だ」という。

 今回の噴火規模は、御嶽山が有史以来初めて噴火した昭和54年10月の水蒸気爆発と同程度とみられるが、当時の噴火での死者の記録はない。

 「火砕流も多くが観光客がいない南側の谷に流れ落ちていた」と宇井氏。にもかかわらず多数の人的被害を出した要因は、「紅葉シーズンの土曜日、午前11時52分という噴火のタイミングと場所だった」という。

 多くの登山客は絶景を眺めながら昼食をとろうと山頂付近に集結しており、噴火はそのそばで起きた。

 ◆火山灰で呼吸困難か

 山頂に近い山小屋「二ノ池本館」の支配人(34)は噴火後、「ガンガンガン」と噴石が次々に降り注いでくる音を聞いた。「このままでは危ない」。館内にいた登山客らにヘルメットを配ったという。

 地下水が地中のマグマに熱せられて高圧の水蒸気となり、地上に噴出する水蒸気爆発。岩肌は大きく破壊され、四方八方に噴石が飛び出す。「軽トラック大の石が飛んできた」。山頂付近にいた山岳ガイドの女性(43)は、そう証言した。

 気象庁によると、火口から噴き出す岩や石は時速約720キロに達することがある。上空から頭に飛んでくれば致命傷となる。

 さらに大量の火山灰が登山客らを苦しめた。国立病院機構災害医療センター(東京都立川市)の小井土雄一救命救急センター長は「火山灰を吸い込み、呼吸困難を起こした人は多いのではないか。噴石に当たって身動きが取れず、火山灰に埋もれ窒息した人もいるかもしれない」とみる。一部の救助者は、高温の灰でのどをやけどしていた。

 捜索活動を阻んでいる有毒性の火山ガスも、山頂に取り残された登山客らの足を止めた可能性が高いが、火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣(としつぐ)会長は「火口近くでガスの濃度が測定できず、実態は分からない」という。

                   ◇

 長野県警は犠牲者の死因について、「事件性がなく、噴火の影響で死亡したことが明らか」として解剖などを実施せず、「災害死」と認定している。


御嶽山噴火 “引き裂かれた”夫婦
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

Photo_22
結婚当時の増田直樹さん(左)と睦美さん =平成15年12月(写真:産経新聞)

 御嶽山噴火で、夫婦で安否不明となっていた静岡県御前崎市の増田直樹さん(41)の家族が29日、仮設の検視所と遺体安置所となった長野県木曽町の旧町立上田小学校跡地で悲しみの対面を果たした。

 身元確認をした兄の大川原法幸さん(46)によると、増田さんの死因は噴石が頭に直撃したことによる脳挫傷だったという。遺体には火山灰が所々残り、噴火のすさまじさを物語っていた。大川原さんは「灰で少し黒くなっていたけど、きれいな顔をしていた。見つかって本当によかった」と声を震わせた。

 増田さんは噴火直後の27日正午ごろ、母の大川原鈴子さん(73)に電話し、「噴火しちゃったんだ。石がごろごろ降ってくる。オレはもうだめだ。死ぬ!」と言って切れた後、安否不明だった。

 増田さんに続いて、妻の睦美さん(42)の関係者も呼ばれた。「何でこんなことに」。睦美さんと20年来の友人だという長野県松本市の男性(38)は思わず泣き崩れた。

 ところが、実際に確認したところ、遺体は睦美さんではないことが判明。男性によると、増田さんは発見時、女性をかばうような体勢で倒れていたため、県警が睦美さんと思い込んだ可能性があるという。

 睦美さんは現在も行方不明のままで、男性は「早く見つかってほしい」と話した。


御嶽山噴火 過酷な捜索現場 有毒ガス・火山灰・噴石…命の危機と背中合わせ
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

Photo_21
御嶽山の主な登山ルートと救助状況(写真:産経新聞)

 ■陸自・長野県警の指揮官語る

 いまだ噴煙が立ち上る山頂付近に取り残された登山者の捜索に当たる陸上自衛隊と長野県警の現場指揮官が29日、産経新聞などの取材に応じ、過酷な現場の様子を語った。有毒ガス、火山灰、噴石…。幾重もの障害に阻まれ、目前の登山者を収容できずに捜索中断を余儀なくされる。命の危機とも背中合わせの捜索現場の様子が明らかになった。

 標高約3千メートルの山頂付近。「誰かいらっしゃいますかー」。隊員は見渡す限り灰に覆われた急斜面で声を張り上げ、周囲を見回す。自分たちのかけ声以外には「ゴゴゴゴゴ…」と不気味にうなる火山の音だけしか聞こえない。登山者を発見すると声をかけ、反応がなければ、呼吸を確かめて脈を取る。収容困難な谷間近くで発見することもある。全身が灰に埋もれていれば、今の方法では見つけることは難しい。

 噴火翌日の28日、山頂付近で指揮を執った県警機動隊の金森勉副隊長(54)はこうした現場の様子を明かし、「今の捜索は(灰の上の)見える範囲に限られる」と語る。

 「活動中も小さな石が降ってくる」。陸上自衛隊第13普通科連隊の中村文彦中隊長(46)はこう話し、迷彩服に付いた噴石の破片をつまみ取った。小規模の噴火は続いており、石粒の雨が頭上に降り注ぐ。二次噴火に巻き込まれる可能性も少なくない。

 地面には火山灰が50センチも降り積もっている。救助隊は最大で30キロになる重装備で、麓から4時間ほどかけて現場にたどり着いたところで膝まで埋もれる灰の層に足を取られる。噴火翌日の28日は比較的乾燥した砂のような灰だったが朝晩の寒暖の差から結露が灰に吸収され、「今はぬかるみ、滑りやすい状態」という。地面の灰は日々増え、捜索環境は悪化している。

 最大の障壁は硫黄を含む有毒な硫化水素だ。28、29両日とも、捜索中に硫化水素濃度が高まり、救助活動は午後早くに中断を余儀なくされた。県警も自衛隊も装備に硫化水素を防ぐマスクがなく、やむなく防塵(ぼうじん)マスクを使う。ゴーグルをかけても「目が痛む」(金森副隊長)。風向きが変われば、周囲の視界はたちまち悪化し、硫化水素濃度の測定器が危険値を知らせる。

 心肺停止状態とみられる登山者を搬送中に収容を断念することもあった。金森副隊長は「非常に心苦しい。個人なら救助を続けたいが、隊員の命を預かる身ではそれは間違いとなる」と現場の苦しみを語った。


御嶽山噴火 「72時間の壁」隊員ジレンマ
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

 平成3年に雲仙・普賢岳(長崎)で救助活動に当たった陸上自衛隊OB、三浦秀明氏(63)の話「普賢岳でも二次災害の恐れは常にあり、危険地域では一度の活動時間を20分限定にするなど、時間は限られていた。生存率が急速に低下するとされる『72時間の壁』が近づくが、救助隊は有毒ガスや火山灰などの状況を見ながら現場に入る。72時間を超えると厳しくなると分かっているから、隊員にジレンマもあるだろう。われわれもそうだったが、救助隊は最後まであきらめない気持ちで活動にあたっているはずだ」


御嶽山噴火 皆、自然を愛していた 「笑顔もう見られない」
産経新聞 9月30日(火)7時55分配信

Photo_20
遺体安置所からひつぎを運び出す関係者ら=29日午後、長野県木曽町の旧町立上田小学校跡地 (山田哲司撮影)(写真:産経新聞)

 ■「根っからの山好き」

 自衛隊員や警察官らが懸命の捜索活動を続ける中、依然として火口から白い煙を噴き上げる御嶽山(おんたけさん)。噴火から3日目の29日は、新たに5人が心肺停止状態で見つかり、死亡が確認された被害者の身元も次々と判明した。木々が色づき、いつもなら観光客でにぎわう麓には悲しみが広がった。有毒性の火山ガスなどにより捜索活動が思うように進まず、安否が分からない登山客らの家族は、祈るような思いで山を見つめた。

 御嶽山噴火で犠牲となったのは山好きの会社員や登山者のガイドを務めるなど皆、自然を愛する人たちだった。

 ◆温厚で家族思い

 長野県塩尻市の会社員、林卓司さん(54)は、温厚で家族思いだったという。

 「今回の思いがけない出来事で大変心を痛めております」

 身元判明から一夜明けた29日朝、林さんの自宅玄関には妻の署名が入った張り紙がされていた。勤め先の同僚らが慌ただしく出入りしたが、遺族は精神的に動揺している状態だという。

 関係者によると、今回の登山は夫婦一緒に登る予定だった。だが妻の体調がすぐれなかったため、林さんは「1人で行ってくる」と午前7時ごろに家を出たという。それが家族が見た最後の姿となった。

 今春には地元で就職した一人娘のために、林さんは引っ越しを手伝いに行っていたという。今の会社に出向になる前に勤めていた地方銀行で同期入行だった男性(55)は「言葉にはあまり出さなかったが、家族を思う気持ちは人一倍強かったのでは」と声を詰まらせた。

 銀行員時代には御嶽山の麓の長野県木曽町の支店で支店長を務め、地元商店街にも頻繁に顔を出したという。書店経営の女性(37)は「ニコニコした笑顔が印象的。あの笑顔はもう見られないんですね」。

 ◆16人グループで

 愛知県知立市の県立高校3年、伊藤琴美さん(18)は同県豊田市の小学5年女児(11)や男性会社員(60)ら16人のグループとともに日帰り登山で御嶽山を訪れ、噴火に巻き込まれていた。

 関係者によると、伊藤さんらは27日早朝に愛知県を出発。午前8時ごろに大滝口の登山道から入り、頂上付近で昼食を取った後、午後1時ごろから下山予定だった。

 伊藤さんと女児、男性会社員の3人は予定よりも早く山頂に到着していたとみられる。噴火後、他のメンバーは近くの神社に避難したが、そのときには伊藤さんと女児の姿は見えなくなっていたという。

 また、長野県松本市の無職、横田和正さん(61)は山登りを楽しむ一方、景観保護にも力を入れてきた。

 近くに住む友人の金井保志さん(67)によると、口数は少ないが、大好きな山の話になると冗舌になった。「美ケ原高原パークボランティアの会」に所属し、登山者のガイドをする一方、景観保護のための清掃登山も行っていた。金井さんは「根っからの山好きだった人が犠牲となり残念。これも運命だったのだろうか」と肩を落とした。


噴火直前に山頂側が上昇
2014年9月30日(火)7時7分配信 共同通信

 多数の登山者を巻き込んだ長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火約11分前に火山性微動が発生し、その4分後に山頂側がわずかに上昇する傾斜変化を示していたことが30日、気象庁の観測データで分かった。傾斜変化は噴火とほぼ同時刻に下降に転じており、噴火につながる直前の動きを示していた可能性がある。

 噴火は27日午前11時52分ごろに発生。火山性微動はマグマや水など何らかの流体物の移動により、地中で起きる小さな振動で、同41分ごろから継続した。山頂側の上昇が始まったのは同45分ごろだった。


「色がない」極限の御嶽山頂を山小屋支配人が証言
スポーツ報知 9月30日(火)7時4分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、心肺停止状態の8人(男性5人、女性3人)を新たに運び、全員の死亡を確認した。28日には男性4人の死亡を確認しており、死者は計12人となった。山に残された心肺停止状態の人は24人。下山した負傷者は少なくとも69人に増えた。有毒ガスなどに阻まれ、救助・捜索活動は午後にいったん、打ち切られた。

 「色がない」―。噴火した御嶽山の山頂に近い山小屋「二ノ池本館」(標高2905メートル地点)支配人の小寺祐介さん(34)が29日、噴火直後の山の極限状況を振り返った。

 「わぁー」。数十人の登山者が小屋に駆け込んできたのは27日正午ごろ。小寺さんが外を見ると、すぐ近くで噴煙が空高く舞い上がっていた。

 登山者を小屋の食堂に誘導すると天井から激しい音が鳴り響いた。「ガンガンガン!」。降り注ぐ噴石だった。大きな石が直撃したトイレは屋根が崩れ落ちた。

 「このままでは危ない」。館内の全員を屋根が二重になった場所に集め、ヘルメットを配った。「ここなら屋根が頑丈だから大丈夫。安心して」

 窓から外を見ると噴煙で真っ暗だった。雷が突然鳴り、雨も降ってきた。自家発電機で照明をつけた。さらに逃げ込んできた登山者はズブ濡れの灰にまみれていた。

 1時間ほど過ぎただろうか。石が降り注ぐ音が止まり、雨もやんだ。小寺さんが「噴火口からできるだけ離れます」と声をかけた。

 外へ出ると、見たことのない風景が広がっていた。「色がない」。灰に埋もれたモノクロの世界に言葉を失った。たった数十分前まで、草紅葉のじゅうたんのように赤、黄、緑に彩られていた足元には、白い火山灰が10センチ近く積もっていた。

 細かい火山灰が降り注ぐ中、約50人の登山者を大声で励ましながら9合目の山小屋「石室避難小屋」に下りた。小屋にはさらに100人近い登山者がいた。「まだ誰か来るかもしれない」。登山者の下山を別のスタッフに委ね、夕方に下山するまで小屋に残った。

 「犠牲者が出てしまったのが残念でならない」。2002年の大学卒業以来、バックパッカーとして海外を歩きながら、夏は山小屋支配人として御嶽山の魅力を伝える生活を続けてきた。今年の営業を今月30日で終え、下山する直前に起きた悪夢となった。


搬送12人死亡確認 御嶽山頂では24人が心肺停止
スポーツ報知 9月30日(火)7時4分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん、3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、心肺停止状態の8人(男性5人、女性3人)を新たに運び、全員の死亡を確認した。28日には男性4人の死亡を確認しており、死者は計12人となった。山に残された心肺停止状態の人は24人。下山した負傷者は少なくとも69人に増えた。有毒ガスなどに阻まれ、救助・捜索活動は午後にいったん、打ち切られた。

 噴火から3日目となる29日の救助活動は午前5時40分から長野、岐阜県警と消防、陸上自衛隊の計550人態勢で始まった。陸自では、噴石を防げる「89式装甲戦闘車」なども投入した。

 この日は山頂付近の登山道などに残された心肺停止状態の登山者のうち、男性5人、女性3人の8人をヘリで麓に搬送した。警察関係者によると、心肺停止状態の人たちの多くは、山頂付近の御嶽神社から約500メートル南東にある王滝頂上山荘までの登山道周辺で集中して見つかった。噴煙が流れた方向で、火山灰に埋まったり、やけどを負ったりして倒れていた。捜索した消防隊員によると、一帯は、灰から動かない人の手足が突き出し、岩に挟まれた人は動かすことすら困難だという。

 長野県警は、搬送した8人全員の死亡を確認。前日の4人と合わせ、死者は12人となった。この日、新たに確認された5人を含め、山頂付近には心肺停止状態の人が、なおも24人残されている。

 山肌を覆う火山灰は、太陽に照らされ乾燥し、ひび割れ部も生じる荒れた状態に。火口からはいまだに噴煙が上がり、雨のように石が降り注ぐ。硫化水素など有毒な火山ガスも渦巻き、測定器でガス濃度を測りながら進む悪条件。結局、午後には救助・捜索活動はいったん打ち切られた。

 「非常に残念だ」。山頂の手前で引き返さざるを得なかった陸自松本駐屯地の中村文彦3等陸佐は、悔しさに唇をかんだ。顔にはゴーグル、噴石を防ぐための防弾チョッキも身に付けた重装備だが、思うように捜索を進められないもどかしさが漂う。

 遺体安置所となった長野県木曽町にある廃校の小学校には、霊きゅう車や関係者の車が相次いで到着した。家族とみられる人らは、手で顔を覆って足早に中へ。若い女性はハンカチで目元を押さえたままだった。


御嶽山噴火 捜索阻む有毒ガス…死者12人、心肺停止24人に
スポニチアネックス 9月30日(火)7時1分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火による死者は29日、計12人になった。山に残されていた心肺停止状態の人のうち、28日の4人に加え、新たに麓に運ばれた8人全員の死亡が確認された。心肺停止状態の人も5人増え、計24人に。現場では有毒な火山ガスが捜索を阻む悪条件の中で、救助隊の活動は一進一退が続いている。

 噴火が続く火口から雨のように石が降り注ぎ、有毒な火山ガスが風で渦巻く――。噴火から3日目もなお悪条件が続く中、捜索は早朝に再開された。救助隊は午前10時ごろ、雪のように火山灰に覆われた山頂付近で、神社や山小屋周辺を集中的に捜索。頂上付近では硫黄の臭いが立ちこめていたという。

 陸上自衛隊のヘリコプターは、心肺停止状態の8人を麓へ搬送。長野県警が全員の死亡を確認した。静岡県御前崎市の増田直樹さん(41)ら4人の身元が判明。残りの人の特定も急ぐ。

 警察庁などによると、山に残っている心肺停止状態の人は、救助・捜索活動の結果、新たに山頂付近の神社周辺で5人を確認した。別に負傷者も増え、少なくとも69人となった。

 長野、岐阜両県警と消防、陸上自衛隊の救助隊は後方支援も含めると約550人に。火山活動が続いており、捜索は有毒ガスのため29日午後、いったん打ち切られた。捜索現場は、硫化水素など有毒ガスの濃度が高く、流れ込む噴煙で視界が悪いという。


御嶽山の火山活動、救助阻む
2014年9月30日(火)6時57分配信 共同通信

Photo_19
 噴煙を上げる御嶽山=30日午前9時20分、共同通信社ヘリから

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警と消防、陸上自衛隊は30日早朝、心肺停止状態のまま山に取り残された24人の登山者らの救助・捜索活動を再開したが、火山性微動の振れ幅が大きい状態が続き危険なため午前8時前、一時中断した。県警などは噴火などによる二次災害を警戒して約850人を待機させ、再開のタイミングを慎重に検討している。

 長野県警は、29日に死亡を確認、身元が分かっていなかった1人を東京都中央区の会社員上方麻衣さん(31)と発表した。死者12人全員の身元が判明した。


<御嶽山噴火>死の頂 動かぬ6人 沈痛の緊急消防援助隊
毎日新聞 9月30日(火)4時0分配信

Photo_17
捜索のため、御嶽頂上山荘に入る救助隊員ら=御嶽山山頂付近で2014年9月29日午後0時35分、本社ヘリから山田尚弘撮影

 物陰に隠れるように倒れた人、灰に埋もれルートが分からない登山道--。緊急消防援助隊として愛知県から出動した部隊の男性消防士長(32)が29日、毎日新聞の取材に対し、御嶽山(おんたけさん)山頂付近で心肺停止の6人の登山客らを発見した際の様子などを語った。噴火直後から負傷者らの治療を担った災害派遣医療チーム(DMAT)も同日、「大噴火するかもしれないと思うと怖かった」などと話し、自らの死を意識しながらの作業だったことを明らかにした。

 援助隊は同日午前6時50分ごろ、長野県木曽町の黒沢登山口から入山。先頭の隊員が有毒ガスの検知器を携行し、進んだ。心肺停止とみられる6人の姿を見つけたのは山頂の剣ケ峰周辺だった。前日の28日に発見されながら搬送を断念したためか、6人のうち4人の体には毛布が掛けられていた。

 6人のうち3人は剣ケ峰山荘南の田の原側で倒れていた。消防士長は「(山荘に逃げ込もうとして)田の原側から登って逃げてきた人だったかもしれない」。現場は、どこが登山道なのか分からないほど灰に埋もれていたという。

 残りの3人は山荘のテラスで見つかった。1人はテラスの下の足場部分に、身を守るためなのか、隠れるようにして倒れていた。他の男女とみられる2人は壊れたテラスに並んであおむけになっていた。「カップルだったのかもしれないなと思った」。沈痛な表情を隠そうともしないで、消防士長はつぶやいた。山荘の屋根には灰が降り積もり、部分的に石などによって壊れていた。

 一部には毛布が掛けられていたが、搬送や治療の優先順位を決めるトリアージのタグは付けられていなかった。消防士長は6人全員に救命の見込みがないとされる黒のタグをそっとつけたという。

 隊長(49)によれば、同隊が火山災害の現場に行くのは初めて。担架など20キロ近い荷物を持って登る隊員もおり、疲労の色は濃いという。取材に対し「いつ噴火するか分からない危険な状況だった。(常に)全員を救えるわけではないから」と感情を抑えるように語った。【野口麗子】


<御嶽山噴火>損保ジャパンの1人身元判明
毎日新聞 9月30日(火)1時43分配信

 ◇富士通テンの2人も

 御嶽山の噴火で29日に死亡が確認された川崎市麻生区の高橋秀臣さん(41)は、損保ジャパン日本興亜(東京都新宿区)の社員。山登りが趣味で、27日から同社社員の仲間9人で御嶽山に登っていたという。

 同社によると、9人のうち3人は無事に下山した。残り5人の安否は不明という。同社は「全員の無事が確認できることを望んでいたので非常に残念。まだ安否がわからない社員の無事を祈っている」とコメントした。

 同社は28日から対策本部を設置し、現地に社員を派遣して情報収集を続けている。

 富士通グループの富士通テン(神戸市)によると、死亡が確認された岐阜県中津川市の関口泰弘さん(39)は同社中津川テクノセンターに勤務していた。兵庫県の山上貴史さん(45)も同社社員だった。同社は他に男性社員1人の安否が分かっていないという。

 横浜市港北区の会社員、本多達一さん(39)の自宅マンションは、電気が消えたままひっそりしていた。向かいの部屋に住む女性によると、本多さんは父親と2人暮らし。女性は「ニュースを見て驚いている。子どもの頃から両親に連れられてよく雪山にスキーに行っていたようなので、登山が好きになったのでは。会えばあいさつをする、とてもまじめな印象の人」と話していた。【川名壮志、石川貴教、大場弘行】


御嶽山噴火 死者12人、心肺停止24人に 噴煙流れた火口東で集中
産経新聞 9月30日(火)1時41分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)の噴火で、長野県警は29日、新たに心肺停止状態の8人を長野県側の麓に運び、全員の死亡を確認した。このうち愛知県の女子高校生ら男女7人の身元が確認された。28日には男性4人を搬送し、死亡を確認、噴火による死者は計12人となった。山に残っている心肺停止状態の人は5人増え、計24人となった。30日早朝から捜索を再開する予定。

 警察関係者によると、死者や心肺停止状態になった人は、山頂付近の御嶽神社から約500メートル南東にある王滝頂上山荘までの登山道周辺で集中して見つかったことも判明。山荘内の布団の中や火山灰の上に横たわっていたり、岩陰にもたれかかっていたりした。

 警察庁などによると、心肺停止状態の人は、29日早朝に長野県警などが再開した救助・捜索活動の結果、新たに山頂付近の神社周辺で5人を確認した。これらの人とは別に、負傷者は長野側で29人増え、40人から少なくとも69人になった。


御嶽山噴火 亡くなった本多さん、父親と2人暮らし 自宅の明かり消えたまま
産経新聞 9月30日(火)0時32分配信

 御嶽山噴火で亡くなり、新たに身元が確認された横浜市港北区大豆戸町の会社員、本多達一さん(39)の自宅マンションは29日夜、明かりが消えたままで、郵便受けにはこの日の夕刊が入れられたままだった。

 同じ棟に住む無職女性(67)によると、本多さんは一人っ子で現在は父親と2人暮らし。親子でスキーに行くなどアウトドア好きだったという。

 女性は「テレビで名前を見つけた。山に行ったことも知らなかったし、言葉が出ない。若いのに…」と声を絞り出した。


<御嶽山噴火>豊田の団体 60歳男性会社員らも不明
毎日新聞 9月29日(月)23時56分配信

 御嶽山噴火で安否が分からなくなった愛知県豊田市立小5年の女児(11)が所属している団体によると、一緒に登った女児ら17人のグループのうち、ほかに3人とも連絡が取れていないことが分かった。60歳と50歳の男性会社員らの安否が不明という。

 関係者によると、グループは団体に所属する豊田市を中心としたメンバーの私的な親睦会。17人は27日午前8時、7合目の王滝口駐車場に集合して登山を開始した。

 団体が下山したメンバーに様子を聞いたところ、男性(60)と女児が先頭グループを歩いて早めに山頂に到着し、噴火に巻き込まれたという。男性(50)は火口に近い王滝頂上山荘に避難したことを仲間が確認したが、その後、行方が分からなくなった。

 「腰まで灰に埋まったが、周囲の人に助けられた」「石が当たって倒れた人もいた」などと話したメンバーもおり、団体関係者は「命からがらだったようだ。4人の無事を願っている」と語った。【中島幸男、黒尾透】


<御嶽山噴火>愛知大男子学生が不明に 愛知県警巡査部長も
毎日新聞 9月29日(月)23時51分配信

 愛知大(本部・名古屋市東区)1年の男子学生(19)が、御嶽山に登ったまま行方不明になっていることが29日、分かった。大学は同日午前、緊急対策本部を設置したが、今のところ情報がないという。本部によると、男子学生は御嶽山登山は初めてだったという。

 愛知県刈谷市の男子学生の自宅では、女性がインターホン越しに「何も話せない」と話した。近所の40代女性は「子供の頃から元気で明るい性格。家族とも仲が良かった。無事に帰って来て」と願っていた。

 一方、同県警知多署の50代の男性巡査部長が噴火当日、日帰りの予定で御嶽山に登ったまま連絡が取れなくなっていることが29日、同署への取材で分かった。同僚の一人は「噴火に巻き込まれたのかどうかも分からず、無事に帰ってくるのを信じて待つ」と話していた。【井口慎太郎、安間教雄、駒木智一】


<御嶽山噴火>死者は12人に 心肺停止は24人
毎日新聞 9月29日(月)23時41分配信

 長野、岐阜県境にある御嶽山(3067メートル)の噴火で29日、長野県警や自衛隊などは山頂付近で救助活動を再開、心肺停止状態の男女8人をふもとに搬送し、全員の死亡が確認された。噴火に伴う死者は計12人になった。また新たに5人が心肺停止状態で見つかった。山頂付近に残されている心肺停止の登山者らは24人になった。

 29日朝から約540人態勢で救助作業を行った。長野県警によると、頂上の御嶽神社奥社の周辺で新たに5人が発見された。同日午後になり有毒ガスの濃度が増したため、この日の救助活動はいったん打ち切られた。30日朝から再開される見通し。

 岐阜県警は29日、同県高山市側の登山口「胡桃(くるみ)島口」「日和田(ひわだ)口」から御嶽山頂へ向かう2ルートを噴火後、初めて捜索した。取り残された登山者は発見されなかった。隣接する下呂市側の登山口「小坂口」からは27、28日に52人が自力で下山している。

 長野県は29日、負傷者の数について59人と修正した。重傷は27人。自分で病院で受診した人などを加えたためとみられる。負傷者は岐阜側の10人と合わせて計69人となった。【川辺和将、式守克史】

 ◇11人の身元判明

 犠牲者のうち身元が判明した方々は次の通り(29日まで。長野県警発表)

 名古屋市中村区亀島、会社員、浅井佑介さん(23)▽岐阜市次木(なめき)、同、三浦勇さん(45)▽長野県塩尻市峰原、同、林卓司さん(54)▽同県松本市中川、無職、横田和正さん(61)▽静岡県御前崎市白羽、会社員、増田直樹さん(41)▽岐阜県中津川市中津川、同、関口泰弘さん(39)▽東京都大田区下丸子、同、高田紗妃さん(29)▽川崎市麻生区上麻生、同、高橋秀臣さん(41)▽横浜市港北区大豆戸町、同、本多達一さん(39)▽兵庫県、山上貴史さん(45)▽愛知県知立市東長篠、高校3年、伊藤琴美さん(18)


ドキュメント御嶽山噴火(29日)
読売新聞 9月29日(月)23時22分配信

 6時10分 長野県警などの救助隊が、同県木曽町の開田口を出発

 6時50分 陸上自衛隊のヘリが救助活動を開始

 8時2分 長野県庁で政府の非常災害現地対策本部と県災害対策本部が初会合

 9時27分 首相官邸で山谷防災相から報告を受けた安倍首相は、救助活動に全力を尽くすことなどを指示

 10時49分 心肺停止状態の登山者3人を乗せた陸自ヘリが長野県王滝村内の公園に到着

 11時13分 心肺停止状態の3人を乗せた2機目のヘリが公園に到着

 11時52分 心肺停止状態の2人を乗せた3機目のヘリが公園に到着

 12時55分 火山ガスの濃度が高くなり、ヘリで登山者を救助・捜索していた県警などの救助隊が活動を中断

 12時56分 木曽町の施設に心肺停止状態の2人を乗せた車両が入り、収容されたのは計8人に。

 13時34分 登山口3か所から山頂に向かっていた救助隊が下山を決定。29日の救助・捜索活動は全て終了

 14時00分 臨時国会の衆院本会議開会。安倍首相は所信表明演説に先立ち、「尊い命を失われた方々に、深く哀悼の意を表する」と述べた

 14時55分 県警は山頂付近で心肺停止状態の5人を新たに発見したと発表

 16時30分 搬送された8人のうち、県警は6人の死亡を確認したと発表

 17時00分 政府の非常災害現地対策本部と県災害対策本部が県庁で2回目の会合

 17時30分 東京・霞が関で開かれた非常災害対策本部の第2回会議で、松本洋平・内閣府政務官がテレビ会議を通じて「火口付近は降灰が深く、危険性が高いことから救助活動が難航している」と報告

 19時15分 県警が8人のうち、残る2人の死亡を確認したと発表。死者は12人に上り、新たに1人の身元も明らかにした

 22時05分 県警が8人のうち、さらに男女4人の身元を発表した

 23時50分 県警が1人の身元を発表した

 30日0時20分 県警が、さらに1人の身元を発表


<御嶽山噴火>過酷な現場「不自然な岩石ごろごろ転がって」
毎日新聞 9月29日(月)23時5分配信

Photo_18
御嶽山山頂近くで飛行する陸上自衛隊のヘリコプター=2014年9月29日午前11時47分、本社ヘリから山田尚弘撮影

 ◇救出活動の警察官や自衛隊員が証言

 長野、岐阜県境にある御嶽山(3067メートル)の噴火で、山頂付近で登山者らの救出活動をした警察官や自衛隊員の証言から、過酷な現場の状況が徐々に分かってきた。

 長野県警機動隊副隊長の金森勉警部(54)は、噴火翌日の28日は王滝頂上山荘周辺で、29日は剣ケ峰山頂で救助に当たった。目の前に広がっていたのは、深く降り積もった白い火山灰と、「火山から噴出して飛んできたような不自然な岩石が、ごろごろ転がっている」という異様な光景だった。

 救出作業中、噴石は降ってこなかったものの、火山灰がどんどん降ってきた。積もった灰は膝ぐらいの高さまであった。心肺停止の人の大半が倒れていたとみられる剣ケ峰から王滝山荘につながる稜線(りょうせん)のあたりでは、自分の体がズブズブと腰まで灰の中に沈んだ。28日に死亡確認された男性4人のうちの1人が倒れていたのは、そんな場所だったという。

 「ゴゴゴゴという音がたまに聞こえるだけで、あとは静か。私たちの『誰かいらっしゃいますか』という声が響くぐらいだった」と金森副隊長は振り返る。

 28日にたどりついた王滝山荘には救助を待つ登山客がいた。噴石などで頭などを打っている人が多く、布団の中で心細そうにしていた。だが、自衛隊、消防の救助部隊と一緒に山荘に入ると、表情が和らいだという。

 29日は火口から噴き出す有毒ガスが救助隊の行く手を阻んだ。風向きでガスの危険性が変わる。検知器の数値は午前中に計3回1ppmを超えた。昼近くには人体に影響を及ぼす手前の2ppm超になり、この日の捜索打ち切りを決めた。「苦渋の決断だった」という金森副隊長は「2次災害には気をつけなければならないが、一人でも生存の可能性があれば救助する」と語った。

 陸上自衛隊の現場指揮をした松本駐屯地の中村文彦3等陸佐(46)は、こんもりと盛り上がった火山灰の山を忘れない。

 28、29両日、隊員95人を率いて王滝口から山頂を目指した。再度の噴火に備えて全員が防弾チョッキとゴーグル、防じんマスクを着け、縦列で登山道を進んだ。

 8合目を越えたあたりから灰が深くなり、山頂付近では約50センチに達した。直径1センチほどの噴石が絶え間なく降り注ぐ。強い硫黄の臭いを帯びた灰色の火山性ガスは視界を奪う。その中に見えた小さな灰の山は人が埋まっている目印だった。

 「山頂に残された人を一刻も早く救出したい」。5合目付近で中村陸佐が取材に応じる間にも灰は降り続いた。迷彩服がうっすらと白くなった。【黒川晋史、堀智行】


<御嶽山噴火>DMAT医師「噴石で骨折、やけど多く」
毎日新聞 9月29日(月)22時57分配信

 御嶽山の噴火で救出された負傷者らの応急処置などにあたった信州大医学部付属病院(長野県松本市)の災害派遣医療チーム(DMAT)のスタッフが29日、毎日新聞の取材に応じ、発生48時間の切迫した状況を振り返った。「自衛隊のヘリコプターで負傷者を救出できなければ犠牲者はもっと増えていたかもしれない」と語った。

 DMATは、大規模災害などが発生した現場で急性期に活動するために専門的な訓練を受けた医師、看護師、業務調整員で構成される医療チーム。同病院救急科の小林尊志医師(44)と秋田真代医師(30)は、噴火があった27日の午後5時半ごろにDMATの活動拠点となった長野県立木曽病院(木曽町)に入った。自力で下山した患者がぽつぽつと病院に入ってきた頃だった。

 呼吸の苦しさを訴えたりせき込んだりする症状が特徴的で、火山灰を含む熱風を吸い込んだことによる気道熱傷のほか、噴石による軽い打撲もみられた。「時間がたつにつれ重症者が増えると予想した」(小林医師)。

 28日午前5時半、自衛隊などの捜索活動で負傷者が見つかることに備え、5合目にある八海山神社付近で待機した。秋田医師は「目の前で噴煙の太さが変わっていく。大噴火するかもしれないと思うと怖かった」と漏らす。「死を覚悟した」という同僚もいた。

 昼前に木曽病院に戻ってからは様子が変わっていく。搬送や治療の優先順位を決めるトリアージで最優先を意味する「赤」と判定するケースが増えていた。搬送された患者の火山灰にまみれた服を脱がせて水のシャワーで除染する。「赤」の患者は噴石で骨折ややけどを負っていた。「生死を分けたのはちょっとした差だった。それは運だ」と小林医師は言う。

 一方、噴火による被害が山頂周辺に限定的だったことは活動する上では好材料だった。過去に出動した東日本大震災などの地震・津波災害との違いについて「拠点となった県立木曽病院の機能に被害がなかったためDMATとしてはうまく機能した」(小林医師)。DMATの参集拠点となった信州大病院で業務調整に当たった橋本麻衣子さん(32)も「携帯電話も含めたライフラインがしっかりしていたことも大きかった」と分析する。

 今回の噴火で長野県は県内の指定11病院全てにDMATの派遣を要請。新潟や埼玉など5県からも派遣され、延べ100人以上が長野側の現場に入ったという。活動の目安の一つとなる発生48時間が過ぎた29日午後から規模を大幅に縮小した。【八田浩輔】


<御嶽山噴火>いらだち募る家族 救出活動、ガスに阻まれ
毎日新聞 9月29日(月)22時22分配信

Photo_17
捜索のため、御嶽頂上山荘に入る救助隊員ら=御嶽山山頂付近で2014年9月29日午後0時35分、本社ヘリから山田尚弘撮影

 御嶽山の噴火から3日目の29日、山頂付近から新たに心肺停止状態の登山者8人が搬送され、いずれも死亡が確認された。身元が判明した人がいる一方、この日は火山性ガス発生のため救出活動などが打ち切られ、連絡を待つ家族らの間に緊張といらだちが広がっている。

 長野県木曽町内の旧小学校校舎には正午前から、救出された8人の登山者が次々に運び込まれた。敷地に警察の規制線が張られた校舎からは、家族らの激しいおえつが漏れた。

 新たに身元が確認された静岡県御前崎市の増田直樹さん(41)については、一緒にいた妻睦美さん(42)も発見されたとの情報が家族や友人にいったん伝えられた。だが校舎内で対面した母親らによる確認で、睦美さんではないと判明し、睦美さんを待ち続けることになった。

 直樹さんの兄、大川原法幸さん(46)らによると、直樹さんは29日午後1時ごろ、頂上付近で1人の女性を守るように覆いかぶさった姿で発見された。校舎で対面すると、頭には岩のようなものが当たったとみられる痕があり、全身を灰が覆っていたという。「それでも一目見て、直樹と分かった」。口を真一文字にし、目を赤くさせた。

 しかし、一緒にいた女性は別人で、睦美さんは見つからないままだ。夫妻は1998年の長野五輪で、静岡県内を走る聖火ランナーペアに選ばれていた。直樹さん夫婦と20年来の友人の男性(38)は「望みがあるわけではないことは分かっているが、せめて夫婦一緒に見つかってくれればと願っていたのに」と声を落とした。

 29日の救出作業は火山性ガス発生のため、午後2時に終了。町役場内の待機所で連絡を待っていた家族らは同日夕、町が用意した4カ所の待機所に向かった。

 長野県塩尻市の男性会社員(23)は、同県上田市に住む会社員の父親(54)との対面を待機所内で待ったが、この日もかなわなかった。父親と一緒に登っていた仲間に聞くと、噴火口のすぐ横で大きな石が頭に当たり、倒れたという。待機所内にいた男性会社員は「ここでは名前を呼ばれるのをただ待っているだけ。呼ばれないと何の情報も入ってこないし、たいした情報は入らない」と不満げに話した。【藤顕一郎、藤河匠、飯田和樹、遠藤孝康】


御嶽山の噴火、両陛下が心痛める
読売新聞 9月29日(月)21時55分配信

 宮内庁の山本信一郎次長は29日の定例記者会見で、御嶽山の噴火で死者やけが人が出ていることについて、天皇、皇后両陛下が大変心を痛められていることを明らかにした。

 両陛下は新聞やテレビを通じて、状況を見守られているという。


山中の不明者、総数つかめず…心肺停止24人
読売新聞 9月29日(月)21時45分配信

Photo_16
山頂の山小屋付近で続く救助活動(29日午前10時7分、読売ヘリから)=野本裕人撮影

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)(3067メートル)の噴火で、長野県警は29日、山頂の剣ヶ峰付近から心肺停止状態の8人を収容し、全員の死亡を確認、このうち7人の身元が判明した。

 死者は計12人となった。一方、同日午後、新たに5人が心肺停止状態で見つかった。頂上付近で火山ガスの濃度が高くなり、午後2時前に救助活動を中止。山中には少なくとも心肺停止状態の24人が残っている。

 新たに身元が判明したのは、東京都大田区、高田紗妃さん(29)、横浜市港北区、本多達一さん(39)、川崎市麻生区、高橋秀臣さん(41)、静岡県御前崎市、増田直樹さん(41)、愛知県知立市、伊藤琴美さん(18)、岐阜県中津川市、関口泰弘さん(39)、兵庫県、山上貴史さん(45)。

 長野、岐阜県警と陸上自衛隊、消防などの合同救助隊は早朝から救助を再開。長野県側からは824人が入った。28日に確認された31人のうち、8人をヘリで収容。新たに心肺停止状態と確認された5人は、山頂の剣ヶ峰付近にある御嶽神社奥社周辺で見つかった。同県警は「灰が積もった岩場で見つかった」としている。

 この日は、山頂付近の小規模噴火が断続的に発生し、二酸化硫黄など人体に有害な物質が含まれる火山ガスの濃度が高くなったため、午後2時までに捜索を中止。救助活動は30日も、ほぼ同じ人員で続けられる。

 同県と内閣府によると、午後4時半現在、長野、岐阜両県の重軽傷者は計69人になった。

 29日午前8時から長野県庁で開かれた非常災害現地対策本部会議後、陸自松本駐屯地の広報担当者は、「安否不明者は41人に上る」と明らかにした。連絡が取れない人や周辺の駐車場に放置された乗用車の所有者などを基に集計。山中に取り残されている人の数は正確につかめていない。

 気象庁によると、29日も噴火は続き、噴煙の高さは火口の縁から上空へ約500メートル伸びた。大量の火山ガスが放出され、救助隊が活動限界と定めるガス濃度「5~10ppm」を超えたという。

 政府と長野県のテレビ会議に参加した名古屋大学の山岡耕春教授は「1979年に匹敵する大きな水蒸気噴火」と指摘。そのうえで、「噴煙などを見ると、長期的には火山活動は終息に向かっているが、突然の噴火に気を付けてほしい」と呼びかけた。

          ◇

 ◆亡くなられた方々(28~30日判明分、数字は年齢、長野県警発表)

 【東京都】大田区 高田紗妃さん 29

 【神奈川県】横浜市港北区 本多達一さん 39▽川崎市麻生区 高橋秀臣さん 41

 【長野県】塩尻市 林卓司さん 54▽松本市 横田和正さん 61

 【静岡県】御前崎市 増田直樹さん 41

 【愛知県】名古屋市中村区 浅井佑介さん 23▽知立市 伊藤琴美さん 18

 【岐阜県】岐阜市 三浦勇さん 45▽中津川市 関口泰弘さん 39

 【兵庫県】山上貴史さん 45


<御嶽山噴火>24歳の愛媛大大学院生が不明か
毎日新聞 9月29日(月)20時58分配信

 御嶽山の噴火で、愛媛大大学院理工学研究科博士課程2年の森侑司さん(24)=愛媛県東温市=が行方不明になっている可能性が浮上。大学は30日に現地へ教員を派遣する。愛媛大によると、森さんは友人らに「御嶽山に登る」と伝えていたという。大学が携帯電話に連絡を入れているが、つながらない状態が続いている。【黒川優】


<御嶽山噴火>29日も続く 噴煙は高さ300メートルにも
毎日新聞 9月29日(月)20時56分配信

Photo_15
噴煙を上げ続ける御嶽山=長野県王滝村の御嶽山5合目で2014年9月29日午後4時半、丸山博撮影
 ◇火山性地震は1時間に0~6回の頻度で発生

 気象庁は29日、御嶽山では噴火が続き、噴煙は午後5時50分現在で、火口の縁から約300メートルの高さまで上がり、東に流れていると発表した。長野、岐阜両県の御嶽山周辺で降灰が予想される。

 また、最初の噴火直前の27日午前11時41分ごろから起きている火山性微動も続いている。火山性地震は午後5時まで、1時間に0~6回の頻度で発生している。【藤野基文】


御嶽山噴火 なぜ被害が拡大したのか? 小規模ながら場所とタイミング悪く
産経新聞 9月29日(月)20時49分配信

Photo_14
石室山荘の裏には巨大な岩が転がっていた=29日午前9時32分、長野・岐阜県境(本社ヘリから、甘利慈撮影)(写真:産経新聞)

 御嶽山の噴火は心肺停止・死亡と確認された登山者が計36人と、噴火災害としては平成3年の長崎県の雲仙・普賢岳以来の惨事となった。その多くは山頂部で発見されたというが、被害はなぜ、ここまで拡大したのか。

 轟音(ごうおん)とともに激しく立ち上った噴煙について、気象庁は火口上約7千メートルに達したと推定した。一見、大規模な噴火だが、日本火山学会元会長の宇井忠英・北海道大名誉教授(火山地質学)は「空高く上がったのは、風に流されて上昇したから。火口から直接噴き上げたのは数百メートルぐらいとみられ、小規模な水蒸気爆発だ」という。

 今回の噴火規模は、御嶽山が有史以来初めて噴火した昭和54年10月の水蒸気爆発と同程度とみられるが、当時の噴火での死者の記録はない。

 「火砕流も多くが観光客がいない南側の谷に流れ落ちていた」と宇井氏。にもかかわらず多数の人的被害をだした要因は、「紅葉シーズンの土曜日、午前11時52分という噴火のタイミングと場所だった」という。

 多くの登山客は絶景を眺めながら昼食をとろうと山頂付近に集結しており、噴火はそのそばで起きた。

 山頂に近い山小屋「二ノ池本館」の支配人(34)は噴火後、「ガンガンガン」と噴石が次々に降り注いでくる音を聞いた。「このままでは危ない」。館内にいた登山客らにヘルメットを配ったという。

 地下水が地中のマグマに熱せられて高圧の水蒸気となり、地上に噴出する水蒸気爆発。岩肌は大きく破壊され、四方八方に噴石が飛び出す。「軽トラック大の石が飛んできた」。山頂付近にいた山岳ガイドの女性(43)は、そう証言した。

 気象庁によると、火口から噴き出す岩や石は時速約720キロに達することがある。上空から頭に飛んでくれば致命傷となる。

 さらに大量の火山灰が登山客らを苦しめた。国立病院機構災害医療センター(東京都立川市)の小井土雄一救命救急センター長は「火山灰を吸い込み、呼吸困難を起こした人は多いのではないか。噴石に当たって身動きが取れず、火山灰に埋もれ窒息した人もいるかもしれない」とみる。一部の救助者は、高温の灰でのどをやけどしていた。

 捜索活動を阻んでいる有毒性の火山ガスも、山頂に取り残された登山客らの足を止めた可能性が高いが、火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣(としつぐ)会長は「火口近くでガスの濃度が測定できず、実態は分からない」という。

 長野県警は犠牲者の死因について、「事件性がなく、噴火の影響で死亡したことが明らか」として解剖などを実施せず、「災害死」と認定している。


御嶽山噴火 遺族、悲しみの対面 声振るわせ「見つかってよかった…」
産経新聞 9月29日(月)20時43分配信

Photo_13
夕暮れ時に噴煙を上げ続ける御嶽山=9月29日午後、長野県木曽町(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 御嶽山噴火で、夫婦で安否不明となっていた静岡県御前崎市の増田直樹さん(41)の家族が29日、仮設の検視所と遺体安置所となった長野県木曽町の旧町立上田小学校跡地で悲しみの対面を果たした。

 兄の大川原法幸さん(46)によると、死因は噴石が頭に直撃したことによる脳挫傷。「灰で少し黒くなっていたけど、きれいな顔をしていた。見つかって本当によかった」。大川原さんは声を震わせた。

 増田さんに続いて、妻の睦美さん(42)の関係者も上田小に呼ばれた。20年来の友人だという長野県松本市の男性(38)は思わず泣き崩れた。

 ところが、確認したところ、遺体は睦美さんではないことが判明。男性によると、増田さんは発見時、女性をかばうような体勢で倒れていたため、県警がその女性を睦美さんと思い込んだ可能性があるという。


御嶽山噴火 「妻と一緒に登るはずが…」悲嘆にくれる関係者
産経新聞 9月29日(月)20時42分配信

Photo_13
夕暮れ時に噴煙を上げ続ける御嶽山=9月29日午後、長野県木曽町(松本健吾撮影)(写真:産経新聞)

 自衛隊員や警察官らが懸命の捜索活動を続ける中、依然として火口から白い煙を噴き上げる御嶽山。噴火から3日目の29日は、新たに5人が心肺停止状態で見つかり、山から搬送された人々の死亡確認も次々と行われた。木々が色づき、いつもなら観光客でにぎわう麓に悲しみが広がる。安否が分からない登山客らの家族は、祈るような思いで山を見つめた。

 御嶽山噴火で犠牲となったのは山好きの会社員や登山者のガイドを務めるなど皆、自然を愛する人たちだった。

 長野県塩尻市の会社員、林卓司さん(54)は、温厚で家族思いだったという。

 「今回の思いがけない出来事で大変心を痛めております」

 身元判明から一夜明けた29日朝、林さんの自宅玄関には妻の署名が入った張り紙がされていた。勤め先の同僚らが慌ただしく出入りしたが、遺族は精神的に動揺している状態だという。

 関係者によると、今回の登山は夫婦一緒に登る予定だった。だが妻の体調がすぐれなかったため、林さんは「一人で行ってくる」と午前7時ごろに家を出たという。それが家族が見た最期の姿となった。

 今春には地元で就職した一人娘のために、林さんは引っ越しを手伝いに行っていたという。今の会社に出向になる前に勤めていた地方銀行で同期入行だった男性(55)は「言葉にはあまり出さなかったが、家族を思う気持ちは人一倍強かったのでは」と声を詰まらせた。

 銀行員時代には御嶽山の麓の長野県木曽町の支店で支店長を務め、地元商店街にも頻繁に顔を出したという。書店経営の女性(37)は「ニコニコした笑顔が印象的。支店に行くといつも一番奥から声をかけてくれた。あの笑顔はもう見られないんですね」。

 また、長野県松本市の無職、横田和正さん(61)は山登りを楽しむ一方、景観保護にも力を入れてきた。

 近くに住む友人の金井保志さん(67)によると、口数は少ないが、大好きな山の話になると冗舌になった。「美ケ原高原パークボランティアの会」に所属し、登山者のガイドをする一方、景観保護のための清掃登山も行っていた。金井さんは「根っからの山好きだった人が犠牲となり残念。これも運命だったのだろうか」と肩を落とした。

 岐阜市の会社員、三浦勇さん(45)は、同僚3人と一緒に御嶽山に出掛け、巻き込まれた。悲報を知った勤務先の上司は「ただ、ただびっくりした」とうちひしがれた様子だった。

 勤務先によると、三浦さんは今年2月に入社するまでは名古屋市内の別の会社に勤務していた。周囲には「山が好きだ」と話していた。同僚3人のうち1人は、29日になっても安否が分からないという。

 名古屋市中村区の会社員、浅井佑介さん(23)。同市中川区にある両親宅はひっそりと静まりかえり、チャイムを押しても返事はなかった。向かいに住む男性(70)は「29日朝に両親がわざわざ訪ねてきて佑介さんが亡くなったことを伝えてくれた。とても落ち込んでいるような様子だった」と話した。

 幼いころの浅井さんを知る女性(66)は「元気で活発なお子さんだった。2、3年前にスーツ姿で歩いているのを見掛けて、立派な社会人になったんだと思っていた。こんなことになるなんて…」と言葉を失っていた。

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・7 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1772,2014年9月30日 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60398786

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・8:

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、12人死亡・24人が心肺停止・7 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1772,2014年9月30日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30