« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、10人が重傷か・2 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1770,2014年9月28日 »

2014年9月28日 (日)

御嶽山噴火、登山者多数が負傷、31人が心肺停止・3

27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)が噴火した。気象庁によると、山の南側斜面を3キロ以上にわたって噴煙が流れ下るのが確認されたという。長野県によると午前9時半現在、噴火による重軽傷者は30人、家族らと連絡が取れない人が45人(速報値)いる。負傷者は、県内の医療機関を受診した人を集計したという。また、自衛隊ヘリが午前10時半までに山頂付近で7人を救助した。

長野県警によると、山頂付近で登山者ら31人が心肺停止になっているのを確認した。同県警などによると、山頂付近には噴火当時、登山者ら約250人がいたとみられる。

最初のニュース
2番目のニュース

リンク:御嶽山噴火、30人以上が心肺停止…長野県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>岐阜側で最後の2人を救出 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、4人が死亡 - 速報:@niftyニュース.
リンク:火山灰、東に5キロ=御嶽山周辺、ヘリで調査―国交省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:31人が心肺停止=火口付近、警察が確認―避難者は全員下山・御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山、火砕流は認められず - 速報:@niftyニュース.
リンク:<御嶽山噴火>意識不明者数人を確認、山頂付近 長野県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 岐阜県側登山客ら26人全員下山、「火山弾」直撃の男性も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>岐阜側で登山者全員の下山を確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:山頂付近で数人心肺停止=県警が確認、救助急ぐ―自力下山の登山者も・御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:火口から煙、火山灰噴出続く?…国交省緊急調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 新たに自衛隊ヘリで4人救助 安否不明情報が錯綜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>岐阜側下山の登山者「小屋の方のおかげです」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>岐阜側に避難の登山者36人全員が下山開始 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>岐阜側に登山者が続々下山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:富士山や桜島は大丈夫か 御嶽山「突然の爆発」で心配になる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自衛隊ヘリで救助の2人、自力で歩ける状態 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山、自衛隊ヘリが7人救助…重軽傷30人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:登山客には子供も…山小屋に避難の26人が下山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 京田辺の32人登山グループ「爆発音聞き下山、全員無事」の連絡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>骨折の女性を救助、病院搬送 岐阜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 自衛隊ヘリが2人救助 370人態勢で活動再開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:登山客、不意打ち…噴火前警戒レベル「平常」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>長野側で男女7人救助、安否確認中は45人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、救助活動を再開 - 速報:@niftyニュース.
リンク:御嶽山噴火 「地獄のようだった」「このまま死ぬのかな」 恐怖語る登山客 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 ヘリから見た色失った世界 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「ドカン」巨石の雨 軽トラ大…「もうダメだ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 マスクやゴーグル着用を - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 地震、直前に急増 降灰予報、山梨・静岡も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 地震活動…経験則なく「予知の限界」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:47火山を24時間監視 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 警戒レベル、噴火後引き上げ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 首相「全力で救助」 全閣僚で情報を共有 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

御嶽山噴火、30人以上が心肺停止…長野県警
読売新聞 9月28日(日)14時28分配信

 御嶽山の噴火で、長野県警は28日、山頂付近の登山道などで30人以上が心肺停止状態で倒れているのを発見したと発表した。


<御嶽山噴火>岐阜側で最後の2人を救出
毎日新聞 9月28日(日)14時26分配信

 岐阜県下呂市側の登山口では28日午前11時半ごろ、最後の登山者2人が姿を見せた。いずれも男性で、1人は添え木で手を固定していた。

 高山赤十字病院の医療チーム「DMAT」の浮田雅人隊長らの話によると、もう1人の男性は左半身に噴出した火山れきが当たって倒れたという。その後、県警山岳警備隊が救出した。左腕などにけがをしているという。

 2人は高山赤十字病院に搬送された。【岡大介、加藤沙波】


御嶽山噴火、4人が死亡
2014年9月28日(日)14時25分配信 共同通信

Photo_34
 御嶽山の山頂付近で救助活動する消防と自衛隊員=28日午後0時2分、共同通信社ヘリから

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近の登山道などで31人が心肺停止になっているのを発見し、うち麓に搬送した男性4人の死亡を確認した。27人が山頂付近に取り残されている。けが人は少なくとも40人に上るとみられる。

 1991年に43人が犠牲となった長崎県の雲仙・普賢岳噴火以来の惨事となった。

 長野、岐阜両県警や消防、陸上自衛隊などは朝から救助活動を再開。長野県によると、けが人など24人をヘリコプターで救助したが、有毒ガスが発生したため午後2時ごろに捜索活動を打ち切った。29日は状況を見極めて捜索を実施する。


火山灰、東に5キロ=御嶽山周辺、ヘリで調査―国交省
時事通信 9月28日(日)14時25分配信

 御嶽山の火口付近などを28日午前、上空から調査した国土交通省中部地方整備局などによると、火山灰は山頂から東に少なくとも5キロの範囲に広がっていた。ただ、麓の民家などに影響を与えるような土石流が発生する可能性は低いという。
 整備局などは同日午前6時~8時半にヘリコプターで上空を旋回。三つの噴火口から白色の煙が上がり、このうち、東側の火口からは火山灰が混じった黒っぽい煙を確認したという。


31人が心肺停止=火口付近、警察が確認―避難者は全員下山・御嶽山噴火
時事通信 9月28日(日)14時24分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近で31人が心肺停止になっているのを確認した。このうち4人を麓に運んだ。山小屋などに避難していた登山者らは救助されたか自力で下山しており、県警などは同日午後2時すぎ、二次災害の恐れがあるためこの日の活動を打ち切った。
 気象庁によると、28日午後も噴火を確認、火山活動が続いている。政府は同日、災害対策基本法に基づく対策本部を設置。首相官邸は官邸連絡室を対策室に格上げした。
 長野県などによると、下山者のうち30人が重軽傷。岐阜県側でも2人が重傷を負い、他にも負傷者がいるとみられる。
 両県警や自衛隊などは同日早朝から約550人態勢で捜索を開始。火口近くや登山道などで31人が心肺停止状態になっているのを見つけた。大半が屋外で倒れており、大きな岩と岩に体が挟まれた状態の人もいたという。下山した女性は「山頂付近で灰に埋もれ動かなくなった人を2人見た。亡くなっていたようだった」と話した。
 岐阜県警は重傷の女性1人をヘリで高山市内の病院に搬送した。陸上自衛隊も登山客の男女7人をヘリで救助、いずれも歩行可能という。
 約40人が山小屋などにとどまり一夜を明かしたが、早朝から下山を始めた。子どもを含む35人は隊員らに付き添われ、午後3時すぎまでに自力で岐阜側の登山口に下りた。バスで近くのスポーツセンターに運ばれ、県警の身元確認を受けた。


御嶽山、火砕流は認められず
2014年9月28日(日)13時32分配信 共同通信

 気象庁の宮下誠火山防災官は28日、名古屋市内で記者会見し、御嶽山の噴火直後に南側斜面で確認された噴煙について「上空から見た限り、樹木が燃えた痕跡がなく、火砕流が発生したとは認められない」と述べた。

 宮下火山防災官は28日午前、ヘリコプターを使って上空から御嶽山の状況を調査。山頂付近にできた三つの火口のうち、一つからは時折、黒っぽい噴煙が上がっているといい、「今後どのくらい噴火が続くか分からないが、風下になる南側では降灰への注意が必要だ」との見解を示した。


<御嶽山噴火>意識不明者数人を確認、山頂付近 長野県警
毎日新聞 9月28日(日)13時27分配信

 27日に発生した長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警によると、救助に向かっていたヘリコプターが28日、山頂付近で意識不明の登山者ら数人を確認した。【川辺和将】


御嶽山噴火 岐阜県側登山客ら26人全員下山、「火山弾」直撃の男性も
産経新聞 9月28日(日)13時20分配信

 御嶽山(おんたけさん)山頂から北2キロの山小屋「五の池小屋」(標高2798メートル)で不安な一夜を過ごした登山客ら26人が28日午前、地元の山岳救助隊員らとともに岐阜県側に下山した。重傷の女性(39)1人がヘリコプターで病院に搬送され、残り25人は自力で歩いて下山した。同県下呂市の災害対策本部によると、岐阜県側にいた登山客は全て下山した。

 26人のうち、3人が高山赤十字病院(岐阜県高山市)に搬送された。このうち女性1人は鎖骨を折る重傷で出血もあり、登山道から直接、岐阜県警のヘリコプターで搬送された。

 ほかに、左腕を骨折した男性と、28日朝に山頂近くの「二の池小屋」から合流した男性1人が火山弾の直撃を受けて左半身にやけどなどを負ったが、自力歩行ができるため、山岳救助隊らとともにゆっくり下山した。

 小学生の男児ら子供2人を含む23人に大きなけがはなく、午前6時20分ごろから約3時間かけて下山。リュックや衣服は火山灰で汚れ、疲労した様子だったが、しっかりとした足取りで登山口に到着すると安堵の表情を浮かべていた。

 23人は登山口からバスで「下呂市濁河(にごりご)温泉スポーツレクリエーションセンター」に移動し、休憩をとった。


<御嶽山噴火>岐阜側で登山者全員の下山を確認
毎日新聞 9月28日(日)13時14分配信

 岐阜県警下呂署によると、28日正午までに、岐阜側へ向かっていた登山者全員の下山を確認した。また、同県高山市の高山赤十字病院にヘリなどで搬送された静岡県の女性(40)は鎖骨骨折の重傷という。【梶原遊】


山頂付近で数人心肺停止=県警が確認、救助急ぐ―自力下山の登山者も・御嶽山噴火
時事通信 9月28日(日)13時11分配信

 長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、長野県警は28日、山頂付近で数人が心肺停止になっているのを確認した。このうち4人は同日中に麓に運ぶ方針。ほかにも取り残されている可能性があり、山中で一夜を明かした登山客の一部は自力で下山した。
 長野県によると、下山者のうち30人が重軽傷。岐阜県側でも2人が重傷を負い、他にも負傷者がいるとみられる。下山した女性は「山頂付近で灰に埋もれ動かなくなった人を2人見た。亡くなっていたようだった」と話した。
 国土交通省中部地方整備局によると、28日午前も噴火口で噴煙を確認、火山活動が続いている。
 両県警や自衛隊などは同日早朝から約550人態勢で捜索を開始。地元消防によると、重傷者1人をヘリで岐阜県高山市内の病院に搬送した。陸上自衛隊は山頂付近にいた登山客の男女6人をヘリで救助、いずれも歩行が可能という。
 約40人が山小屋などにとどまり一夜を明かしたが、五の池小屋に避難していた子どもを含む23人は午前9時すぎ、隊員らに付き添われ岐阜側の登山口まで下山した。いずれも大きなけがはなく、健康チェックを受けた後、マイクロバスで近くのスポーツセンターに運ばれ、県警などの身元確認を受けた。 


火口から煙、火山灰噴出続く?…国交省緊急調査
読売新聞 9月28日(日)12時45分配信

 長野、岐阜両県境の御嶽山の噴火を受け、28日午前、現地の緊急調査を行った国土交通省は、噴火した火口が山頂南から西にかけて3か所確認されたと明らかにした。

 うち1か所の火口からは黒っぽい煙が上がっており、火山灰の噴出が続いているとみられるという。

 調査は土砂災害防止法に基づくもので、ヘリコプターから火山灰の降灰範囲などを調べた。記者会見した国土技術政策総合研究所土砂災害研究室の国友優室長らによると、降灰範囲は、山頂から東側に5キロ程度、幅1・5キロ~2キロにわたり、量は多くはないという。国友室長は「今回の灰によってただちに民家などへ土石流が発生する可能性は低いと考えている」と説明した。

 また、同日、国交省中部地方整備局が長野県の開田高原や、御嶽山南東の八海山付近、岐阜県の3か所で地上調査を始めた。


御嶽山噴火 新たに自衛隊ヘリで4人救助 安否不明情報が錯綜
産経新聞 9月28日(日)12時32分配信

Photo_33
御嶽山噴火 噴煙の上がる頂上上空を飛ぶ陸上自衛隊のヘリコプター=9月28日午前、長野県木曽町(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火で、28日早朝から救助活動を行っている陸上自衛隊ヘリが新たに男性4人を発見、救助した。けがをしている様子はないという。自衛隊ヘリによる救出はこれで計6人となった。

 自衛隊によると、午前9時半過ぎ、9合目にある山小屋「覚明(かくめい)堂」付近で男性4人を発見。隊員がつり降ろしたケーブルで救助する「ホイスト」と呼ばれる方法でつり上げ、長野県松本市の陸上自衛隊松本駐屯地に移送した。

 山頂付近の剣ケ峰山荘で骨折や切り傷を負い、重傷となっている男性2人の容体は午前11時現在、変わっていないという。

 一方、王滝口と黒沢口の2つの登山道から山頂に向け捜索、救助活動を行っている長野県警や消防、自衛隊など約380人は午前11現在で、いずれも8合目付近まで到達した。火山性ガスを検知する装置を使いながら登っているため、普通の登山スピードより少し襲いペースだという。

 長野県や王滝村、木曽町などには、登山者の家族らから安否確認を求める情報が多数寄せられている。

 ただ、連絡が取れず、安否確認中の人について、午前9時現在、長野県が45人、王滝村が40人と発表するなど、情報が錯綜(さくそう)している。重複してカウントするなどしているためとみられ、同県と木曽町、王滝村は長野県木曽地方事務所で、情報のすり合わせ作業を急いでいる。


<御嶽山噴火>岐阜側下山の登山者「小屋の方のおかげです」
毎日新聞 9月28日(日)12時23分配信

Photo_32
医師らのトリアージを受ける下山者。その様子を不安げに見つめる少年の姿も(写真中央)=岐阜県下呂市の御嶽山岐阜側登山口で28日午前9時20分ごろ、加藤沙波撮影

 岐阜県下呂市側に下山した人たちは午前10時ごろ、近くの「濁河スポーツセンター」に到着。上着のフードや黄色のヘルメット、タオルなどを頭にかぶっていたが、灰にまみれていた。市消防本部の職員らが付き添い、うつむき気味に建物に入った。

 ある女性は「小屋の方のおかげで安心して過ごすことができました」と話したが、疲れ切った様子。また、父親に連れられた小さな男の子は、報道陣からの「大丈夫?」という問い掛けに、うなずいた。知人に迎えられ、涙を流しながら抱き合う男性もいた。

 岐阜県警は、センターに入った23人の中に、大きなけがをしていたり、体調不良を訴えたりしている人はいないとしている。このうち、2人はセンターからヘリで病院に搬送された。

 センターでは、登山者の健康状態をチェックし、警察や市が状況を聴いた。また、朝食も準備された。【山本佳孝、金寿英、飯田和樹】


<御嶽山噴火>岐阜側に避難の登山者36人全員が下山開始
毎日新聞 9月28日(日)12時15分配信

 岐阜県火山災害警戒本部は28日午前、同県側の「五の池小屋」に避難していた重傷の女性について、8合目付近で県警ヘリが救助し、高山市の病院に搬送したと発表した。現地で診察した医師らによると、女性は左肩を骨折しているが、意識はあり、命に別条はないという。また、同じく重傷の男性は徒歩で下山した。他に5人が軽傷で下山中。

 一方、27日から五の池小屋に避難していた登山者ら35人と、28日朝になって長野県側の「二ノ池小屋」から五の池小屋に避難してきた登山者1人の計36人は午前9時15分までに全員が下山を開始した。

 同県警によると、下呂署に登山者の安否を尋ねる電話が28日午前11時までに46件あった。

 県は当初、五の池小屋の避難者を計36人と発表していたが、35人だったと訂正した。【道永竜命】


<御嶽山噴火>岐阜側に登山者が続々下山
毎日新聞 9月28日(日)12時8分配信

Photo_31
岐阜県側に下山し、診断を受ける五の池小屋で一夜を明かした登山客=岐阜県下呂市小坂町濁河で2014年9月28日午前9時15分、宮田正和撮影

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火から一夜明けた28日朝、岐阜県下呂市小坂町の登山口では、ヘルメット姿の登山者が次々と姿を現した。ヘルメットや服が灰をかぶって真っ白になっている人も。疲れ切って下を向いたり、ほっとして笑みを見せたりしていた。中には小さな男の子もいたが、足取りはしっかりとしていた。

 登山者は、負傷度合いから治療の優先度を決めるトリアージを医師から受けた。その後、21人が市が用意したバスに、2人が乗用車に乗り込んだ。4人が頭の擦り傷や火傷などのけがをしているという。高山赤十字病院の医療チーム「DMAT」の浮田雅人隊長は(51)報道陣に「皆さんは疲労困憊(こんぱい)している。九死に一生を得た人もいる」と話した。

 安否を気遣い現場に駆けつけた人もいた。山小屋「二の池新館」の支配人、瀬戸エイコさん(63)はたまたま下山中に噴火が発生。アルバイトの男女3人の身を案じていたが、3人が無事に山を下りたのを確認すると、瀬戸さんは名前を呼んだり、抱き合ったりして喜んでいた。

 二の池新館も、噴石で屋根が壊れるなどの被害が出ているという。瀬戸さんは「電話がつながったのも一時だけで、不安で眠れなかった。ほっとした。きっと登山者の避難も手伝ってあげたのだろう」とねぎらった。【岡大介、加藤沙波】


富士山や桜島は大丈夫か 御嶽山「突然の爆発」で心配になる
J-CASTニュース 9月28日(日)11時44分配信

Photo_30
桜島の噴火警戒レベルは3(入山規制)に設定されている

 岐阜・長野県境の御嶽山で2014年9月27日に発生した噴火で、山頂付近の山小屋や避難所に取り残された登山者らを救出するため、28日朝から警察や自衛隊の活動が本格化した。

 紅葉シーズンでにぎわう「日本第2の高峰」を襲った惨劇――ほとんど前兆がなかっただけに、突然の異変に驚きの声が広がっている。富士山や桜島は大丈夫なのか。

■「恐怖の瞬間」の証言が次々と

  「生きて帰れたのが不思議」「一時は死を覚悟した」「泣きながら子供たちにメールで遺書を送った」

 噴火に巻き込まれながらもなんとか自力で下山することができた登山者たちは、朝日新聞などマスコミの取材に「恐怖の瞬間」を語った。

 突然、噴煙の雲が立ち上がり、地面を這いながら猛スピードで登山者に襲い掛かる。轟音と共にボウリングの球ほどもある墳石も降ってきた。晴れ渡っていた青空があっというまに真っ暗になり視界ゼロ、もう身動きができない。強烈な硫黄の臭い。岩陰に身をひそめるが、背中を熱風がとおりすぎ、やけどしそうだ。

 山小屋や避難所には、噴石の直撃を受けたのか、頭から血を流している人が何人も横たわっている。声を掛けても応答がない人もいる。噴火のたびに山荘がメキメキときしみ、小屋の中にも容赦なく熱風と灰が押し寄せてきて息をするのがやっとだった。

 1時間ほどでようやく明るくなってきたが、目の前には雪でも降ったかのように膝の高さまで火山灰が積もっている。雨と火山灰が混じり、ぬかるみになった登山道に足を取られながら必死に歩き続けた――。

 助かった登山者たちの貴重な証言や、手持ちのカメラやスマホなどで撮影され、ネットに公開された映像からは、今回の爆発の不意討ちぶりとその怖さがストレートに伝わってくる。

 二次災害の恐れがあることから見合わせていた救助活動は、28日朝からようやく本格化。10時30半頃には自衛隊ヘリが山頂付近の登山道で少なくとも3人を救助したほか、地上から派遣された部隊も山頂付近の山小屋に到達した。負傷者数や重傷者数、山頂付近で連絡が取れない人がどれくらいいるかなどは、情報が錯そうしており、長野県によると28日昼段階で45人と連絡が取れない状態。安否の確認を進めている。

水蒸気爆発は予知が難しい
 日本には110の活火山があり、47を常時監視している。しかし、そのうち08年3月から「噴火警戒レベル」を定めて手厚く監視しているのは 30。さらに、周辺自治体の避難計画が完備しているのは7つにすぎない。

 富士山も桜島も御嶽山も、比較的手厚く監視されている火山の一つで、噴火警戒レベルが運用されていた。しかしながら今回、御嶽山は、半月前からの地震活動が活発になっていることは把握していたものの、ほかに噴火の前兆はなく、噴火警戒レベルは「レベル1(平常)」にとどまっていた。爆発後に「レベル3(入山規制)」に引きあげられた。なぜもう少し踏み込んだ余知ができなかったのか。

 実は火山の爆発にはマグマ爆発と水蒸気爆発がある。マグマ爆発は地震や隆起の前兆があり、大きな動きなのでとらえやすい。半面、水蒸気爆発は、マグマの熱で付近の地下水が気化し、大量の水蒸気が発生して急激に圧力が高まって起きる。今回はその水蒸気爆発が起こったとみられ、爆発の威力としてはさほどではないが、余知は難しかったとみられる。

 そうなると、いかに監視していても水蒸気爆発への対応は難しいということなのか。常時監視の47火山には「日本百名山」に入り、登山者に人気の山が少なくない。今回の御嶽山のように途中までバスなどで行けるので、素人でも簡単に上れる山もある。

 御嶽山を含めても、現時点で警戒レベルが「レベル2(火口周辺規制)」以上なのは、活発な活動が続く桜島(レベル3)や、阿蘇山(レベル2)など8つのみ。活火山である限り、警戒レベルが低くても安心できず、今後も登山者が突然の噴火に巻き込まれるリスクは常にあるのかもしれない。


自衛隊ヘリで救助の2人、自力で歩ける状態
読売新聞 9月28日(日)11時25分配信

 御嶽山の噴火で、28日午前6時50分頃、陸上自衛隊のヘリコプターが、山頂南側約1キロの地点で男女2人を救助し、麓の病院まで搬送した。

 防衛省統合幕僚監部によると、意識はあり、自力で歩ける状態だという。


御嶽山、自衛隊ヘリが7人救助…重軽傷30人
読売新聞 9月28日(日)11時8分配信

Photo_29
噴煙をあげる御嶽山(28日午前7時56分、長野県王滝村で)=稲垣政則撮影

 長野、岐阜両県境の御嶽山(3067メートル)の噴火から一夜明けた28日、長野県警や自衛隊、地元消防などは早朝から、計528人態勢で山頂付近に取り残された登山者らの捜索を始めた。

 長野県によると午前9時半現在、噴火による重軽傷者は30人、家族らと連絡が取れない人が45人(速報値)いる。負傷者は、県内の医療機関を受診した人を集計したという。また、自衛隊ヘリが午前10時半までに山頂付近で7人を救助した。

 長野地方気象台によると、噴煙は28日午前5時50分現在、火口上空約800メートルに及んでいる。噴火直前の27日午前11時から28日午前0時までに計353回の火山性地震を観測。その後も1時間当たり10回前後観測し、「火山活動が活発な状態が続いている」としている。

 長野県は27日夜、新潟、山梨など5県に対し、災害派遣医療チーム(DMAT)の派遣を要請。28日午前8時現在、計27チームが登山口などで活動している。


登山客には子供も…山小屋に避難の26人が下山
読売新聞 9月28日(日)11時0分配信

 御嶽山の噴火で岐阜県下呂市の「五の池小屋」に避難していた登山客ら26人が28日午前、下山した。

 県警によると、鎖骨を骨折したとみられる女性(39)は担架で山腹まで運ばれ、県警ヘリで同県高山市内の病院に搬送された。腕を骨折しているとみられる男性は自力で下山し、同市内の病院へ向かった。

 県警は28日午前4時、下呂市小坂町の濁河(にごりご)温泉の登山口を出発し、五の池小屋に避難している登山客の救助に向かった。県警によると、避難していた25人の中には6歳と10歳の男の子もいた。また、下山途中で男性登山客1人が合流した。

 午前9時過ぎ、列をなして濁河温泉の登山口に降りた登山客らはヘルメットをかぶり、口をマスクやタオルで覆っていた。比較的元気な様子で、バスに乗り込むと、近くのスポーツ施設に移動した。消防の救急隊による健康状態のチェックを受ける予定。


御嶽山噴火 京田辺の32人登山グループ「爆発音聞き下山、全員無事」の連絡
産経新聞 9月28日(日)10時45分配信

 27日に噴火した長野、岐阜県境の御嶽山(おんたけさん 3067メートル)を登山中だった京都府京田辺市の市民ら32人のグループについて、登山の申し込み窓口になっていた男性(68)の妻(66)によると、噴火のあった27日午後2時半ごろに男性から電話があり「標高2500メートル付近で爆発音を聞いて下山し全員無事。今日は京都に戻れないので、宿で一泊する」と伝えてきたという。

 妻は、「全員無事と聞いてほっとしたが、残された方々も無事に下山されることをお祈りしております」と話した。 

 登山は、地元のNPO法人と市教委が主催した。


<御嶽山噴火>骨折の女性を救助、病院搬送 岐阜
毎日新聞 9月28日(日)10時22分配信

 岐阜県高山市災害対策本部によると、御嶽山の噴火で、山頂付近の五の池小屋で一夜を明かした負傷者の女性1人が山の中腹でヘリに乗せられ、28日午前9時50分ごろ、同市桐生町の緑地に到着。消防が同市天満町の高山赤十字病院へ運んだ。県によると骨折しているといい、重傷とみられる。【梶原遊】


御嶽山噴火 自衛隊ヘリが2人救助 370人態勢で活動再開
産経新聞 9月28日(日)9時48分配信

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火から一夜明けた28日早朝、救助活動が再開され、陸上自衛隊ヘリが下山できなかった男女2人を発見、救助した。

 自衛隊によると、山頂に近い王滝頂上付近の登山道で、手を挙げて救助を求めている男女を発見。午前6時17分ごろ、隊員がつり降ろしたケーブルで救助する「ホイスト」と呼ばれる方法で2人をつり上げ、近くの長野県木曽青峰高校に移送。その後、2人は県立木曽病院に搬送された。けがの有無などは不明だが、2人は自立歩行が可能だったという。

 また、岐阜県側の五の池小屋付近でも6人を発見したが、救助を必要としておらず、自力で下山していくのを確認したという。

 自衛隊ヘリは午前5時半、長野県松本市の陸上自衛隊松本駐屯地から2機出動し、捜索を続けている。

 王滝村役場によると、地上からは午前6時40分ごろから、警察、消防、自衛隊合わせ、王滝口から187人、黒沢口から180人の計367人態勢で、負傷者や下山できなかった人たちの救助活動を行っている。


登山客、不意打ち…噴火前警戒レベル「平常」
読売新聞 9月28日(日)9時48分配信

Photo_27
御嶽山噴火の火山灰をかぶった車(27日午後5時59分、長野県木曽町で)=竹田津敦史撮影

 噴火前の御嶽山の警戒レベルは「平常」で、予期せぬ熱風と火山灰に襲われた登山客ら。

 110もの活火山がある日本で、火山と向き合うことの難しさを改めて痛感させた。

 日本では御嶽山のように人気の観光地でも火山活動を続けている場所は多く、過去にも登山客らが被害に遭ってきた。

 世界最大級のカルデラを持つことで有名な熊本県の阿蘇山では、1979年9月の噴火で観光客3人が噴石の直撃を受けるなどして死亡した。

 74年7月に噴火した新潟県の焼山(やけやま)では、登山中の千葉大学の学生3人のパーティーが遺体で発見された。

 気象庁は2007年以降、火山活動に応じて周辺住民や登山客らに避難や注意などを呼びかける「噴火警報」を発表。鹿児島県の桜島、口永良部島(くちのえらぶじま)の2か所が、登山禁止などを呼びかける警戒レベル3に指定されていた。

 ただ、御嶽山は27日の噴火まで、「平常」とされる警戒レベル1。登山客らはほぼ無警戒の状態で噴火に見舞われた。


<御嶽山噴火>長野側で男女7人救助、安否確認中は45人
毎日新聞 9月28日(日)9時32分配信

Photo_26
御嶽山の山頂付近に自衛隊のヘリコプターが近づき、巻き上がる火山灰=長野県王滝村の5合目付近で2014年9月28日午前8時29分、兵藤公治撮影

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火から一夜明けた28日早朝、長野県側では県警や自衛隊、消防などが山頂付近に取り残された登山者らの救助を開始、午前10時半現在、男女計7人が救出された。

 同県によると、午前7時~7時半ごろ、計3人を自衛隊のヘリコプターが救助。午前10時~午前10時20分ごろにも4人が救助された。いずれも意識はあるという。

 長野県や木曽広域消防本部によると、同日午前9時半現在、同県側で確認されている負傷者は、骨折の重傷1人を含む計30人。連絡がつかない登山者は45人という。28日朝の時点で、12人が山頂付近の山小屋に取り残されているとの情報があった。

 この日午前6時20分ごろから、500人以上が救助のため長野県側の複数の登山口から順次入山した。有毒ガス発生の恐れがあり、自衛隊の化学防護隊も出動し、有毒ガスを検知しながら山頂を目指した。数機のヘリコプターで上空からも登山者らの救助を行っている。【福富智、野口麗子】


御嶽山噴火、救助活動を再開
2014年9月28日(日)8時2分配信 共同通信

Photo_25
 救助活動のため、長野県王滝村の八海山神社付近に到着した救急車。奥は噴煙を上げる御嶽山=28日午前6時30分ごろ

 長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)の噴火から一夜明けた28日、両県警と消防、陸上自衛隊などは負傷者や下山できなかった人たちの救助活動を再開した。

 警察庁によると、28日昼までに、御嶽山の山頂付近で意識がない数人の登山者らを発見した。長野県警などが順次搬送する。

 長野県によると、連絡が取れず、安否確認中の人は28日午前11時半時点で45人となった。

 岐阜県側の山小屋にとどまっていた登山者26人は全員が28日午前、下山した。このうち2人が重傷、6人が軽傷を負った。

 長野県側の山小屋にも登山者が残っており、自衛隊や警察などが救助を続けた。


御嶽山噴火 「地獄のようだった」「このまま死ぬのかな」 恐怖語る登山客
産経新聞 9月28日(日)8時0分配信

Photo_24
御嶽山噴火 激しく噴煙を上げる御嶽山=27日午後4時20分、長野・岐阜県境(本社へリ・甘利慈撮影(写真:産経新聞)

 紅葉が美しかった視界は一瞬で真っ暗になった。「地獄のようだった」。27日に噴火した御嶽山から下山した登山客は恐怖の瞬間を振り返った。

 名古屋市千種区の地方公務員、田中克史さん(38)と妻で地方公務員の智恵美さん(36)は、元職場の友人と5人で登山。年に2、3回登山をしており、御嶽山は去年9月に続き2回目だった。午前5時ごろ、名古屋市を出発。6合目からロープウエーで7合目に行き、午前8時ごろから登り始めた。山頂に着いたのは午前11時半。

 山頂についたときは晴天だったが、変な前兆を感じたという。霧がかかっていたのは山でもよくあることだが、晴天と霧が交互に続いて、硫黄のにおいがきつかった。周りの人も気になったようで「なんか、今日はよく臭うね。風向きのせいかな」と話していた。

 噴火が起きたのは降り始めて200メートルぐらいの地点。突然「パーン、パーン」と鉄砲を撃ったような乾いた音が響き渡った。田中さんが「誰か猟銃でも撃ったのか」と思って振り返ると、山頂からもくもくと灰色の煙が上に向かって伸びたかと思うと、横に広がっていった。「このときは、みんな写真を撮るなどのんびりしたものだったが、急に煙が向きを変え、自分たちのいる方向に雪崩のように迫ってきた」

 「まずい」と思い、灰が降りかかるのと同時に電気を消したかのように真っ暗になった。「自分の手も見えないくらい暗くて、滑落すると危険だからと、みんなでしゃがんだら、しめって500円玉ぐらいの大きさにくっついた噴石のかたまりが打ち付けるように降り始めた。風は強くて、灰が待ってるから目も開けられず、硫黄の臭いも充満していた。呼吸したら死んでしまうのかもと気が気じゃなかった」

 温風と冷風が交互に襲い、「このまま溶岩が流れてきて死ぬのかな」と思ったという。「『バーン、バーン、バーン』という音がして、雷が光っているのが暗闇でも見えた。本当に地獄のようだった。いつまでこんなことが続くんだろうと恐怖を感じながら20分ほどたったときに少し明るくなり、『今しかチャンスはない』と崖側に転落防止のために設置されたロープにつかまりながら、ゆっくり降り始めた」

 田中さんらは9合目の山小屋に何とか逃げ込んだ。だが「正直に言って、溶岩が流れ込んでくるんじゃないかと不安で仕方なかった。山頂に着くのがあと30分遅れていたらと思うとぞっとする」と話した。


御嶽山噴火 ヘリから見た色失った世界
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 週末の登山客でにぎわっていた御嶽山は大量の火山灰に覆われ、無残な姿をさらしていた。27日午後、ヘリコプターに搭乗して上空から見えたのは、あらゆる色を失った想像を絶する世界だった。(写真報道局 甘利慈)

                   ◇

 御嶽山の山頂上空に到着したのは午後4時10分ごろ。複数の場所から白い噴煙が空高く立ち上っているのが見えた。ドライアイスを湯の中に入れたときのように、煙がぼこぼことわき上がり、勢いが衰える様子はなかった。

 「火口まで2キロ。これ以上近づいたら危険だ。噴煙でエンジンがやられる」

 パイロットの表情がこわばった。ヘリが旋回していく。風向きが変わったのか、時折、硫黄のにおいが鼻を突いた。大量の噴煙が太陽を遮り、山頂は夜かと見まがうほどだった。

 紅葉スポットとして知られる御嶽山。この時期は大勢の登山客でにぎわっているはずだが、その姿は上空から確認できなかった。

 山頂周辺は灰が降り積もり、雪景色のように真っ白になっていた。登山客らは山小屋に避難しているのか、人影は全くなかった。噴煙以外に動くものは何もなかった。

 上空に高々と伸びる噴煙は、御嶽山から約120キロ離れた滋賀県米原市の上空からもはっきりと確認できた。しかし、山に近づいても、中腹から麓は厚い雲に覆われていたため、山容すらうかがえなかった。

 御嶽山上空をヘリで旋回していたのは15分ほど。機上からは下山する登山客も見えなかった。ただ、シャッターを切りながら、あまりに異様な光景に言葉を失った。


御嶽山噴火 「ドカン」巨石の雨 軽トラ大…「もうダメだ」
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

Photo_23
頂上付近から命からがら下山したという小川さゆりさん。ザックやジャケットなどは灰まみれに=27日午後、長野県木曽町 (早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 立ち上った噴煙は、大勢の登山客らをのみ込み、麓に至る山肌を真っ白な灰で染めた。27日昼前に突然噴火した長野、岐阜両県にまたがる御嶽山(おんたけさん)。紅葉狩りを楽しむ山頂付近の登山客らの頭上に巨大な石が降り注ぎ、楽しいはずの行程はパニックに変わった。「生きて帰れないと思った」。生還者は恐怖の一部始終を語った。山小屋には多くの登山客が避難し、一様に不安そうな表情を浮かべた。

 「本当に生きた心地がしなかった」。御嶽山が噴火した際に山頂付近にいた長野県飯島町の山岳ガイド、小川さゆりさん(43)は、興奮した様子で当時を振り返った。

 午前11時40分ごろ山頂に到達し、火口を回る「おはち巡り」をしていたところ、突然「ドカン」と大きな音がした。驚いて音がした方向を見ると、石を空中に飛ばしながら、一気に煙が噴き出していた。まもなく強い硫黄臭が漂い、嘔吐(おうと)する登山客もいた。

 火山灰とともに、周囲に直径1メートルぐらいの大きさの石が飛んできたため、急いで岩陰に隠れた。まもなく、もう一度「ドカン」という音が鳴り、今度は軽トラック大の石が飛んでくるようになった。巨大な石は地面にぶつかって割れ、破片が四方八方に飛び散った。黒い雨が降り始め、雷のような音も鳴ったという。灰はひざ上まで積もった。「もうダメだ」。そう思った。

 噴火当時、山頂には50人ぐらいの登山客がおり、女性4人組のグループの1人は、飛んできた石が左足に当たり、骨折してパニックになっていた。「救助してあげたかったが、どうにもできなかった」

 噴火の勢いが一時的に弱まったすきに、普段通らないルートをまっすぐ突っ切り、一目散に走って9合目にある石室山荘まで下りて助けを求めた。「もう、生きて帰れないと思ったけど、なんとか生還することができた」

 横浜市から来た会社員の男性(61)は妻(58)と9・5合目付近で昼食を終え、山頂を目指そうとした矢先に噴火が起きた。「ドーンという音がして入道雲のような煙が上がった。1分もたたないうちに周りが真っ暗になり、何も見えなくなった」

 噴煙で辺りが真っ暗になり軽石のようなものが降ってきた。初めは熱くなかったが、次第に熱く感じるようになった。山肌が破裂するような「パン、パン」という音も聞こえたという。

 「体を伏せろ」「口をふさげ」。そんな声が聞こえ、岩のそばに頭を抱え込むようにして身をかがめ、タオルを口にあてた。

 周辺にいた人が「焦らないでゆっくり下りて」と言ったのを機に、妻を先に下山させ、後から下りようと思ったが視界はわずか30センチほどしかない。小さなライトは持っていたが役に立たなかった。山道の道幅を示すロープを頼りに足場を確認しながらゆっくりと下り、たどり着いた9・5合目の山小屋で妻と再会できた。真っ暗な中を30分以上1人でさまよい「このままもう会えないかもしれないと覚悟した」と話した。

 ■「灰色の壁」 視界奪われ

 滋賀県長浜市から単独登山していた竹内裕一さん(30)は噴火時、山頂まで400メートルほどの地点にいた。登山道には登山者の列が連なっていたという。

 「パーン!」。突然、風船が割れたような乾いた音が響いた。山頂を見上げると、白煙が立ち上っていた。続けざまに、何度も爆音がとどろいた。「噴火だ!」。竹内さんがそう理解したときには急勾配を噴煙が猛烈な勢いで迫ってきた。「灰色の壁だった」。竹内さんは、無我夢中で斜面を駆け下りた。「巻き込まれたらどうなる」「倒れて骨折してもいい。命だけは…」。灰の壁はどんどん迫り、煙の壁にのみ込まれた。視界を奪われつつも山小屋に駆け込んだ。

 兆候はあったという。竹内さんは山小屋で、前日から宿泊している登山客に「急に硫黄の臭いが強くなった」という話を聞いていた。竹内さんは月2度は山に登っている。「こういう事態もあると覚悟はしていた。だがあのとき、恐怖しかなかった。しばらく登山は控えるつもりだ」と疲れ切った様子で話していた。


御嶽山噴火 マスクやゴーグル着用を
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 御嶽山噴火の対応について、防災・危機管理アドバイザーの山村武彦氏(71)は、「様子を見に行ったり、写真を撮りに行ったりする人もいるが、規制区域内には絶対に立ち入らないで」と訴える。

 今回の噴火では広範囲で火山灰が降ることが予想されている。火山灰は噴火で噴出した直径2ミリ以下の岩石の粒子。高い毒性はないが、降ったばかりの火山灰は粒の角がとがっていて目の角膜などを傷つける恐れがあり、注意が必要だ。

 山村氏は対策として、降灰が激しい場合には不要不急の外出を避け、降灰が落ち着いても外出する際には傘を差してマスクやゴーグル、帽子を着用することを勧める。

 このほか、車は降灰時にスリップしやすいためハザードランプをつけて徐行運転する▽火山灰が雨に流され泥流や土石流が発生する場合があるので、危険と判断したら直ちに避難する▽火山灰は水で流すと排水溝が詰まりやすいので、袋などに集めて廃棄する-などを求めている。


御嶽山噴火 地震、直前に急増 降灰予報、山梨・静岡も
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 「火山灰だけでなく小さな噴石も遠くまで飛散する可能性があり、注意してほしい」。御嶽山の噴火を受け、気象庁火山課の北川貞之課長は27日の記者会見で警戒を呼びかけた。

 気象庁によると、御嶽山では9月11日に火山性地震85回を観測。その後は収まって20回以下の日がほぼ続いていたが、噴火した27日は午前11時から午後8時までに358回を記録した。うち約240回が噴火前後の約2時間に集中し、以後は減少傾向にある。

 北川課長は今後の見通しについて「地殻変動はみられないので、大規模な噴火はないとみているが、同規模程度の噴火の可能性はある」と指摘した。

 火口から4キロ程度の範囲では大きな噴石の飛散に、風下側では火山灰や小さな噴石に注意を呼びかけた。さらに「爆発的噴火があれば、大きな空気振動によって窓ガラスが割れる恐れもある」と述べた。

 噴火の収束時期は「1週間とか短い期間ではない」と述べ、数カ月程度続く可能性にも言及した。

 気象庁の27日午後9時18分時点の降灰予報では、火山灰は東に流れ、御嶽山がある長野、岐阜両県の他、山梨、静岡両県内にも降るという。


御嶽山噴火 地震活動…経験則なく「予知の限界」
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 御嶽山では噴火の約2週間前に地震活動が活発化したが、気象庁は前兆現象と判断できず、予知できなかった。噴火の記録や観測データが乏しかったためで、過去の経験則に基づく噴火予知の難しさを示した。

 気象庁によると、御嶽山では9月10日ごろに山頂付近で火山性地震が増加。一時は1日80回を超えたが、その後は減少した。マグマ活動との関連が指摘される火山性微動は噴火の約10分前に観測されたが、地殻変動を示す衛星利用測位システム(GPS)や傾斜計のデータに異常はなく、マグマ上昇による山体膨張は観測されなかった。

 噴火は地震と比べて予知しやすいとされるが、過去のデータに頼る部分が大きい。火山噴火予知連絡会の藤井敏嗣会長は「今回の噴火は予知の限界」と話す。

 平成12年の有珠山(うすざん)(北海道)の噴火は地震増加を受け、予知による初の事前避難に成功した。有珠山では江戸時代以降、地震増加が噴火に直結することが分かっていたからだ。

 だが、このような明確な前兆が表れる火山は例外的だ。御嶽山は昭和54年に有史以来初の噴火が起きるまで、噴火の可能性すら認識されておらず、地震や火山性微動が増えても噴火しないケースもあった。近年は静穏な状態が続き、噴火過程の理解など予知の判断材料は不十分だったという。

 藤井会長は「観測点がもっとあれば分かったかもしれないが、噴火予知は多くの場合、難しいのが現状だ」と話している。


47火山を24時間監視
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 世界の7%に当たる110の活火山を有する火山大国、日本。そのうち、御嶽山を含む47の火山は「今後100年程度の中長期的な噴火の可能性」があるため、気象庁が地震計やカメラなどを設置して、24時間体制で監視している。

 気象庁によると、最近の噴火での災害には、平成23年1月、九州南部・霧島火山中央部に位置する新燃岳(しんもえだけ)が噴火、40人以上が負傷し、降灰で農作物にも被害が出た例がある。有珠山(うすざん)(北海道)や雄山(おやま)(三宅島)でも12年に噴火があり、住民が避難した。

 平成に入って特に被害が大きかったのは、3年6月の雲仙普賢岳(長崎県)の噴火。取材に当たっていた報道関係者や火山学者ら43人が火砕流に巻き込まれ、死亡・行方不明となった。

 気象庁の記録によると、18世紀以降、日本で10人以上の死者・行方不明者が出た火山災害は20事例ある。最大の災害は寛政4(1792)年、雲仙岳で地震や岩屑(がんせつ)なだれで約1万5千人が犠牲になったとされる。

 昭和以降では4事例あり、雲仙岳のほかに昭和15年の三宅島で11人、27年のベヨネース列岩(伊豆諸島)の海底噴火で31人、33年の阿蘇山(熊本県)の噴火で12人の死者が確認されている。


御嶽山噴火 警戒レベル、噴火後引き上げ
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

Photo_21
噴火警戒レベル(写真:産経新聞)

 気象庁は、火山活動の状況に応じ、警戒が必要な範囲や避難など住民らが取るべき行動を5段階の「噴火警戒レベル」で示しており、御嶽山は今回の噴火で、平常の1から入山規制の3に引き上げられた。

 噴火警戒レベルは平成19年に導入。全国には110の活火山があり、地元自治体の同意が得られたものから順次適用している。居住地域に影響があるレベル5(避難)とレベル4(避難準備)は、通常の警報より警戒度が高い「特別警報」に位置づけている。

 御嶽山は、火山噴火予知連絡会により、活火山の中でも特に監視・観測体制を充実させる必要があるとされた47火山の一つ。活動が活発な桜島(鹿児島県)などと同様、地震計や遠望カメラなどを整備、24時間体制の観測が行われている。

 噴火の危険性が高まったと判断されれば、噴火前にレベルが引き上げられることもあるが、今回は噴火後の引き上げだった。御嶽山では11日に火山性地震が多発していたが、気象庁火山課の北川貞之課長は「その後は減ったため、特段、危険性が高まっているとは考えていなかった」と説明。過去の噴火回数も少なく経験値が低いことに加えて、地殻変動など噴火の予兆を示すデータが他になかったことも理由に挙げ、「前もって予測することは難しかった」と釈明した。

 ただ、御嶽山では今月中旬に火山性地震が増加していたことから、気象庁は16日に「平成19年に小規模な噴火が発生した火口やその付近に影響する程度の火山灰は噴出する可能性がある」と情報を発表し、警戒を呼び掛けていた。


御嶽山噴火 首相「全力で救助」 全閣僚で情報を共有
産経新聞 9月28日(日)7時55分配信

 安倍晋三首相は27日、御嶽山の噴火を受け、自衛隊の現地派遣のほか、被災者の救助と登山者らの安全確保に全力で取り組むとともに、噴火の観測を強化し的確な情報を提供するよう関係省庁に指示した。

 その後、首相と全閣僚が官邸に集まり関係閣僚会議を開き、全閣僚で情報を共有することや、登山者の安全確保に万全を期すことなどの対応方針を確認した。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は閣僚会議後に記者会見し、「政府としては、まず救出・救助活動を最優先に警察、消防、自衛隊、関係機関一体となって全力で取り組む」と述べた。

 また、内閣府や国土交通省、警察庁、消防庁など関係省庁の災害対策会議も開催。山谷えり子防災担当相は「被災者の救助に総力を挙げて対応をお願いする」と指示し、現地で情報を収集するため内閣府参事官ら3人を長野県に派遣した。

 一方、自民党は谷垣禎一幹事長をトップとする「対策連携室」を設置。官邸や関係府省庁と協力しながら情報収集に当たる。

 民主党は長野、岐阜の両県連に災害対策本部を設置した。

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、10人が重傷か・2 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1770,2014年9月28日 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60390543

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、31人が心肺停止・3:

« 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、10人が重傷か・2 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1770,2014年9月28日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31