« 宮城沖地震に関するニュース・1768,2014年9月26日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1769,2014年9月27日 »

2014年9月27日 (土)

御嶽山噴火、登山者多数が負傷、10人が重傷か

27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)が噴火した。気象庁によると、山の南側斜面を3キロ以上にわたって噴煙が流れ下るのが確認されたという。長野県によれば、重傷を負った登山者らは午後10時現在で10人と発表した。他に負傷者が十数人いるもようだが、情報が交錯しており、県警などが確認を急いでいる。噴火は続いている可能性が高く、長野・岐阜両県警は夜間の救助活動は危険と判断。28日早朝から山岳救助隊員ら約50人態勢で登頂し、救助を始める予定。

警察庁によると、御嶽山の長野県側で7人が火山灰などに埋まり、うち1人が救助されたが意識がなく、これとは別の場所で4人の意識不明者がいるとの情報がある。倒れて動けない人は計11人に上るが、重複している可能性もあり、確認を進めている。長野県警などによると、山頂付近には噴火当時、登山者ら約250人がいたとみられる。

リンク:降灰範囲調査へ専門家派遣=国交省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽噴火でフリーダイヤル - 速報:@niftyニュース.
リンク:<御嶽山噴火>「噴煙で頂上が見えなく」観光センター職員 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>「自衛隊の派遣指示」官邸連絡室を設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>美しい紅葉も火山灰に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 陸上自衛隊員約70人を現地に派遣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>交通各社、降灰の量に応じ判断 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>4県で降灰の可能性 長野・山梨・岐阜・静岡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:噴火口3カ所確認=国交省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、自衛隊の現地派遣を指示…御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 ヘリから見えたのは「色を失った世界」…ボコボコとわき上がり続ける煙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「あっという間に暗闇」=無数の噴石、死を覚悟―避難のカメラマン・御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「同程度の噴火に警戒」=前兆なし、予想せず―御嶽山・気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山>07年に小規模噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 首相が自衛隊派遣指示 「被災者救助に全力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山噴火>7人が意識不明 4人重軽傷 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「やばいこれ」「間に合わん」 御嶽山噴火、登山者が緊迫の場面伝える - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 山谷防災相「万全の対応を」 政府の関係省庁災害警戒会議で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「詳細報告受ける」と首相 羽田到着後、官邸入り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府が自衛隊派遣=首相「救助に全力」―御嶽山噴火災害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ドン、ドン」と爆発音=山小屋「まさか噴火とは」―御嶽山 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 「予測は困難」と気象庁 火砕流の発生も不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火 山小屋の経営者「どん、どんという音がした」「暗くなって灰が…」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、救助と安全確保指示=御嶽山噴火で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火10人重傷=他にも負傷者、確認急ぐ-気象庁が警戒呼び掛け、長野・岐阜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山>噴火 山頂に150人以上取り残される 長野県警 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岐阜・長野・山梨に降灰の予想…御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:11人負傷、うち7人は意識不明…御嶽山噴火 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、政府が官邸に情報連絡室を設置 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山、7年ぶり噴火…山頂付近で複数けが人か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<御嶽山>噴火、3キロ以上の噴煙も 長野・岐阜県境 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:長野・岐阜県境の御嶽山が噴火 周辺では噴石や降灰に注意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山が噴火=複数負傷の情報も―気象庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:御嶽山噴火、意識不明16人 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

降灰範囲調査へ専門家派遣=国交省
時事通信 9月27日(土)20時52分配信

 国土交通省は27日、御嶽山噴火を受け、土砂災害の専門家3人を現地に派遣したと発表した。今後大雨が降った場合、積もった火山灰が流れ出して土砂災害が生じる恐れがある。このため、28日にヘリコプターで上空から降灰範囲を調査し、危険性のある地域を特定する。
 また、内閣府は27日、参事官ら職員3人を先遣隊として、長野県庁に派遣した。被害状況などの情報収集に当たり、県との連携を強化する。 


御嶽噴火でフリーダイヤル
2014年9月27日(土)20時51分配信 共同通信

 御嶽山の噴火を受け、長野県警は27日、連絡が取れない登山者の情報を求めるため、県警本部と木曽署にそれぞれフリーダイヤルを設置した。

 番号は、本部が0120(008)046、木曽署が0120(007)285。

 岐阜県警も情報・相談窓口を設置した。問い合わせは下呂署0576(52)0110。


<御嶽山噴火>「噴煙で頂上が見えなく」観光センター職員
毎日新聞 9月27日(土)20時46分配信

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が27日に噴火。山頂から約3キロ離れた「御嶽観光センター」の男性職員は「ボン、ボンという爆発音が上がり、噴煙で頂上が見えなくなった。小さな噴火は時々あったが、これほど大きな噴火は珍しい」と声を震わせた。

 7合目付近の「行場山荘」経営者の妻の田ノ上美佐子さんは「噴火の瞬間、『ドーン、ドーン』という大きな音が5、6回して、落雷かと思った。灰が屋根や地上に2~3センチ積もっている。頂上付近から下山してきた人たちが『疲れた』と言って小屋に入ってきた。これから荷物をまとめ、避難します」と話した。

 8合目付近で山荘「女人堂」を経営する男性は「山荘周辺の空は灰煙に巻かれていて、暗い。白い灰が地上に1センチ積もっている。泊まっていたお客さんは全員下山した。消防などとこれから連絡をとらなければならない」と対応に追われた。

 山頂から約1キロ離れた「二ノ池新館」の従業員によると、噴火後の午後3時前から登山客や従業員が避難のため下山を始めた。下山途中で肩を負傷し出血した登山客2人に会った。救助に来た警察官と合流し、避難したという。

 「御嶽頂上山荘」の経営者は、「山荘には当時従業員が2人いて、40人ほどの登山客が山荘の中に避難してきた。1人は足のけがで自力で動けず、救助を待った」と語った。【桐野耕一、一條優太、野倉恵】


<御嶽山噴火>「自衛隊の派遣指示」官邸連絡室を設置
毎日新聞 9月27日(土)20時33分配信

 御嶽山の噴火を受けて、政府は27日午後、首相官邸の危機管理センターに官邸連絡室を設置した。ニューヨークから帰国途中だった安倍晋三首相は政府専用機内で秘書官から報告を受け、(1)早急な被災状況の把握(2)被災者の救助に総力を挙げ、避難誘導など登山者や住民の安全確保に万全を期すこと(3)火山観測の強化と迅速、的確な情報提供--を指示した。首相は帰国後、そのまま首相官邸に入り、「自衛隊の派遣を指示した」と記者団に語った。

 政府は27日、全閣僚による会議を開き、各府省による情報共有と対応方針を確認。内閣府は現地に参事官ら職員3人を派遣した。菅義偉官房長官は記者会見で、被害の規模について「(情報が)錯綜(さくそう)しており、確認できしだい報告する」と述べた。【木下訓明】


<御嶽山噴火>美しい紅葉も火山灰に
毎日新聞 9月27日(土)20時31分配信

Photo_2
噴火し、上空高く噴煙を上げる御嶽山=2014年9月27日午後2時14分、本社機「希望」から
 美しい紅葉で知られる霊峰、御嶽山は灰色の火山灰に覆われていた--。

 愛知県営名古屋空港(同県豊山町)からヘリコプターで約80キロ先の御嶽山へ向かった。午後5時過ぎに山頂付近に到着すると、複数の噴火口から茶色い煙が途切れることなく噴き出していた。山頂の白い煙も全く収まる気配はない。火山灰は糸を引くように地平線のかなたまで続いていた。

 山頂近くの小屋は、煙の合間から途切れ途切れにしか確認できなかった。「日本百名山」にも選ばれている御嶽山。過ごしやすい秋の週末は紅葉の季節でもあり、多くの登山客が山頂を目指すが、上空からは人の姿を確認できない。

 旋回していると突如、山頂近くの北西の尾根でブルーのフラッシュライトが点滅しているのが見えた。一度消えてしまい、目を凝らしていると、再び、点滅した。遭難者からの緊急信号だろうか。ヘリで近づこうとしたが、白煙が視界を遮り、できなかった。【三上剛輝】


御嶽山噴火 陸上自衛隊員約70人を現地に派遣
産経新聞 9月27日(土)20時31分配信

Photo_10
御嶽山への登山口に向かう自衛隊の車列=27日午後、長野県王滝村(鴨川一也撮影)(写真:産経新聞)

 江渡聡徳防衛相は27日夜、御嶽山の噴火を受け、被災者救助や登山者の安全確保のため、陸上自衛隊員約70人や機動車両4両などを現地に派遣したことを明らかにした。


<御嶽山噴火>交通各社、降灰の量に応じ判断
毎日新聞 9月27日(土)20時29分配信

Photo_9
御嶽山が噴火し、火山灰で覆われた駐車場一帯=長野県木曽町で2014年9月27日午後3時56分、本社ヘリから梅田麻衣子撮影

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽(おんたけ)山(3067メートル)が27日に噴火。交通各社は、降灰の量に応じて今後の運行などを判断することにしている。

 JR各社によると、27日夕時点で、御嶽山周辺のJR中央線、高山線、飯田線や長野新幹線で区間運休などは予定されていない。JR東日本の担当者は「現状では運休などがどうなるかは分からない。線路にどのぐらいの灰が積もるか、現地で観測し、判断することになる」と話した。JR東海も「降灰量などに応じて、必要な対応をとる」とした。

 一方、国内航空各社は周辺上空の噴煙を避けて運航している。全日空の広報担当者によると、御嶽山周辺は通常、羽田空港と北陸地方、中部国際空港と北海道、東北地方を結ぶ便の飛行ルートになっているが、27日夕時点で「噴煙が見えるので、目視で避けながら飛行している。遅延や欠航など深刻な影響は出ていない」と説明。日本航空の運航担当者も「便ごとに対応しており、影響は出ていない」としている。【狩野智彦、佐藤賢二郎】


<御嶽山噴火>4県で降灰の可能性 長野・山梨・岐阜・静岡
毎日新聞 9月27日(土)20時25分配信

Photo_8
噴火した御嶽山から下山し自動車のフロントガラスに積もった火山灰を落とす登山客たち=長野県木曽町で2014年9月27日午後4時13分、宮間俊樹撮影

 気象庁は27日、御嶽山の噴火で長野、山梨、岐阜、静岡の4県の広範囲に灰が降る可能性があるとして、28日午前3時までに推測される降灰地域を発表した。過去の御嶽山の噴火では、降り積もった灰により農作物などに被害が出たこともあり、ふもとの自治体は農業や観光への影響を心配している。

 同庁は、火山灰を含む噴煙が高度6000メートル付近に既に大量に達していると仮定して、上空の風向などを基に降灰地域の予想を進めている。

 噴煙は火口付近ではいったん南に流れているものの、上空6000メートル付近で西風が吹いていることから、岐阜県は御嶽山周辺地域にとどまるものの、東側は長野県木曽地方から諏訪・伊那地方、山梨県西部、静岡県北部に28日未明までに降灰があると推測した。

 1979年10月の噴火では、長野県の旧開田(かいだ)村(現木曽町)で、収穫期の野沢菜、大根などが1~2ミリ前後の灰をかぶり、野菜だけで被害面積は約150ヘクタールに上った。ヤマメなどの養殖池も被害を受けた。

 木曽町の開田高原では現在、白菜を栽培。「御嶽はくさい」のブランド名で、関西や中京方面に高級漬物用として出荷している。町役場によると、畑に灰がうっすら積もっているといい、役場職員は「収穫への影響が出ないか不安だ」と話した。

 一方、御嶽山は、7合目までゴンドラやロープウエーが整備され、登り始めから頂上まで最短約3時間で登れる日帰りの山として人気が高い。頂上近辺では活火山らしい噴煙も見られ、富士山や立山などと並ぶ信仰の山としても知られている。

 しかし今年は7月に豪雨があり、8月も雨に見舞われることが多かった。9月になって天候が安定し、下旬から紅葉も始まって、ようやく登山客らでにぎわっていたところだった。同県王滝村の担当者は「10月ごろまで観光シーズンでこれからという時だったので、観光への打撃は大きい」と嘆く。

 岐阜県側でも降灰の報告はあるが、御嶽山6合目付近の濁河(にごりご)温泉で旅館を営む同県下呂市小坂町の男性(38)は「ほとんど降っていないので影響はないと思う」と話した。

 御嶽山周辺の木曽町と王滝村、岐阜県下呂、高山市によると27日夕現在、噴石などで窓ガラスが割れるなどの被害が出た民家は確認されていない。公共施設への被害もなかったという。【奥山智己、桐野耕一、狩野智彦】


噴火口3カ所確認=国交省
時事通信 9月27日(土)20時19分配信

 国土交通省は27日、御嶽山を上空から観察し、山頂の南西側に大きな噴火口が3カ所あるのを確認した。山頂付近には、火山灰が約50センチの厚さで積もっていたという。
 ヘリコプターで同日午後4時すぎに確認した。国交省は火山などの専門家3人を現地に派遣しており、28日に上空から再度確認し、活動状況を精査する予定。 


安倍首相、自衛隊の現地派遣を指示…御嶽山噴火
読売新聞 9月27日(土)20時3分配信

 安倍首相は27日、御嶽山の噴火に伴う救助活動や登山者の安全確保のため、現地への自衛隊の派遣を指示した。

 首相官邸で記者団に明らかにした。

 首相は米国から帰国後、羽田空港から首相官邸に直行し、危機管理センターで被害状況などの報告を受けた。その後、記者団に対し、「現時点で負傷者が確認されている。200人近くの方々が下山中であるということだが詳細は確認中だ。被害者の救助、登山者の安全確保に全力を尽くすよう指示した」と述べた。

 これに先立ち、首相は政府専用機から、救助に総力を挙げ、登山者や住民の安全確保に万全を期すことなどを関係省庁に指示した。

 政府は27日夕、首相官邸で関係閣僚会議を開き、今後の対応について確認。山谷防災相らが出席して関係省庁による会議も開き、内閣府職員3人を現地に派遣することを決めた。


御嶽山噴火 ヘリから見えたのは「色を失った世界」…ボコボコとわき上がり続ける煙
産経新聞 9月27日(土)19時43分配信

Photo_7
激しく噴煙を上げる御嶽山=27日午後4時19分、長野・岐阜県境(本社へり・甘利慈撮影)(写真:産経新聞)

 週末の登山客でにぎわっていた御嶽山(おんたけさん 長野、岐阜両県)は大量の火山灰に覆われ、無残な姿をさらしていた。ヘリコプターに搭乗して上空から見えたのは、あらゆる色を失った想像を絶する世界だった。

 御嶽山の山頂上空に到着したのは27日午後4時15分ごろ。複数の場所から白い噴煙が空高く立ち上っているのが見えた。ドライアイスを湯の中に入れたときのように、煙がぼこぼことわき上がり、勢いが衰える様子はなかった。

 「火口まで2キロ。これ以上近づいたら危険だ。噴煙でエンジンがやられる」

 パイロットの表情がこわばった。ヘリが旋回していく。風向きが変わったのか、時折、硫黄のにおいが鼻を突いた。火口付近は晴れ渡っていたが、大量の噴煙が太陽を遮り、山頂は夜かと見まがうほどだった。

 紅葉スポットとして知られる御嶽山。7合目までロープウエーで上がることができるため、この時期は大勢の登山客でにぎわっているはずが、その姿は確認できなかった。

 しかし、山頂周辺は灰が降り積もり、雪景色のように真っ白になっていた。登山客らは急いで下山したり、山小屋に避難しているのか、人影は全くなかった。噴煙以外に動くものは何もなかった。

 上空約1万2千メートルに達するとみられる噴煙は、御嶽山から約120キロ離れた滋賀県米原市の上空からもはっきりと確認できた。しかし、山に近づいても、中腹から麓は厚い雲に覆われていたため、山容すらうかがえなかった。

 御嶽山上空をヘリで旋回していたのは15分ほど。機上からは下山する登山客も見えなかった。ただ、シャッターを切りながら、あまりに異様な光景に言葉を失った。(写真報道局 甘利慈)


「あっという間に暗闇」=無数の噴石、死を覚悟―避難のカメラマン・御嶽山噴火
時事通信 9月27日(土)19時28分配信

 「空から無数の噴石が落ちてきた」。御嶽山の8合目付近で噴煙に巻き込まれ、自力で避難した地元のアマチュアカメラマン青木敬次さん(63)=長野県木曽町福島=は、「粉じんで真っ暗闇になり、息もできなくなった」と恐怖の体験を振り返った。
 青木さんは27日朝、紅葉を撮影するため、山頂東側の黒沢口から登山を開始。8合目から9合目の登山道付近で撮影していたところ、「パキパキ」という音とともに、小さな噴石が無数に降ってきた。
 「噴火だ! 」。背後にいた登山者が叫んだ。青木さんが急いで山頂方向にカメラを向けると、入道雲のような白い煙がもうもうと上がっていた。夢中でシャッターを切るうちに煙は黒く変わり、「あっという間に粉じんが立ちこめ、辺りは真っ暗闇になった」。ドカンと腹に響く爆発音が、何度も鳴り響いた。
 青木さんは近くにあったハイマツの枝の下に逃げ込んだが、視界は悪くなるばかり。火山灰は見る見るうちに5センチ以上積もり、大きな雷とともに雨が降りだした。「これはやばい」。命の危険を感じ、持っていたタオルで口の周りを覆うと、急いで下山を始めた。
 登山道は雨と火山灰が混ざって滑りやすく、青木さんは途中で転倒しながら8合目の山小屋に到着。そばにいた登山者らにも大きなパニックはなく、互いに声を掛け合いながら避難していた。青木さんはその後、山の中腹から木曽町役場が手配したマイクロバスに乗って無事下山した。
 1979年に起きた御嶽山の噴火も麓から目撃したという青木さん。「今回はより間近で見たので、ものすごい迫力だった。ハイマツの下で粉じんに襲われたときは『これで俺も終わりか』と覚悟した」と振り返り、「(噴火が)長引けば観光面でも大打撃だ。早く収まってほしい」と語った。 


「同程度の噴火に警戒」=前兆なし、予想せず―御嶽山・気象庁
時事通信 9月27日(土)18時15分配信

 御嶽山の噴火について気象庁の北川貞之火山課長が27日午後に記者会見し、「噴火の前兆らしい現象はなかった。現時点で大規模な噴火が起きるとはみていないが、今回と同程度の噴火は十分考えられる」と警戒を呼び掛けた。
 気象庁は、マグマが関与する本格的噴火か、熱せられた水蒸気による爆発かを調べるため、機動調査班6人を現地に派遣した。火山灰を採取して分析する。28日午後には火山噴火予知連絡会の臨時会合を開き、御嶽山の状況を検討する。
 27日正午ごろの時点では、山頂付近は雲に覆われていた。火口の南約8キロに設置された国土交通省中部地方整備局の監視カメラでは、噴煙が南側の斜面を3キロ以上流れ下る様子が見えた。
 噴煙が火口からどれくらいの高さまで上がったかは不明。火口の3キロ上空まで上がった場合は、長野、岐阜両県のほか山梨県でも火山灰が降る恐れがある。 


<御嶽山>07年に小規模噴火
毎日新聞 9月27日(土)17時58分配信

 27日噴火した御嶽山は、長野県と岐阜県の県境にある独立峰。気象庁が常時観測対象の火山に指定している。最高峰・剣ケ峰(3067メートル)を筆頭に、複数の山が南北に連なる。山頂部には過去の噴火口跡が池を形成する。古くから信仰の山として知られ、多くの登山客でにぎわう。

 気象庁によると、1979年10月28日早朝、剣ケ峰南斜面で中規模の噴火が発生。同日夜には収まったが、噴石や火山灰など噴出物の総量は約20万トン以上と推定され、群馬県などに降灰被害があった。

 1991年5月には、79年の噴火口で小規模な噴火が発生。2007年3月にもごく小規模な噴火が起きている。


御嶽山噴火 首相が自衛隊派遣指示 「被災者救助に全力」
産経新聞 9月27日(土)17時32分配信

 安倍晋三首相は27日夕、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火を受け、被災者救助や登山者の安全確保のため自衛隊の現地派遣を指示した。官邸で記者団に明らかにした。

 首相は、官邸の危機管理センターで状況報告を受けた後、「現時点で負傷者がいると確認されている。なお200人近くが下山中であるということだが、詳細はなお確認中だ」と記者団に述べた。また、「被災者の救助、登山者の安全確保に全力を尽くすよう指示した」と語った。さらに、午後5時からの臨時閣議後、関係閣僚会議を開くことも明らかにした。

 首相は、米ニューヨークでの国連総会出席を終え政府専用機で帰国後、羽田空港からそのまま官邸に直行した。


<御嶽山噴火>7人が意識不明 4人重軽傷
毎日新聞 9月27日(土)17時31分配信

Photo_6
噴煙が上がる御嶽山の噴火口。右上に山小屋が見える=2014年9月27日午後2時35分、本社機「希望」から

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽(おんたけ)山(3067メートル)の27日の噴火で、長野県は同日午後4時現在、7人が意識不明の重体と発表した。このほか、4人が重軽傷という。【巽賢司、福富智】

 ◇入山規制に引き上げ

 気象庁は27日、御嶽山の噴火に伴い、噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げた。同日午後に発表した御嶽山に関する噴火警報の概要は次の通り。

1.火山活動の状況及び予報警報事項

・本日(27日)午前11時53分ごろ、御嶽山で噴火が発生しました。

・山頂火口の状況は視界不良のため不明ですが、中部地方整備局が設置している滝越カメラにより南側斜面を噴煙が流れ下り、3キロメートルを超えるのを観測しました。

・今後も居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が発生すると予想されますので、山頂火口から4キロメートル程度の範囲では、噴火に伴う大きな噴石の飛散等に警戒してください。

2.対象市町村

長野県:王滝村、木曽町

岐阜県:高山市、下呂市

3.防災上の警戒事項

 火口から4キロメートル程度の範囲では大きな噴石の飛散等に警戒してください。

 風下側では火山灰だけでなく小さな噴石(火山れき)が遠方まで風に流されて降るおそれがあるため注意してください。

 爆発的噴火に伴う大きな空振によって窓ガラスが割れるなどのおそれがあるため注意してください。

(参考)噴火警戒レベルの説明

レベル5(避難):危険な居住地域からの避難等が必要

レベル4(避難準備):警戒が必要な居住地域での避難の準備、災害時要援護者の避難等が必要

レベル3(入山規制):登山禁止や入山規制等危険な地域への立ち入り規制等。状況に応じて災害時要援護者の避難準備等

レベル2(火口周辺規制):火口周辺への立ち入り規制等

レベル1(平常):状況に応じて火口内への立ち入り規制等


「やばいこれ」「間に合わん」 御嶽山噴火、登山者が緊迫の場面伝える
J-CASTニュース 9月27日(土)17時31分配信

Photo_5
YouTube上にアップされた動画も注目されている

 岐阜と長野の県境にまたがる御嶽山(おんたけさん)が2014年9月27日に噴火し、山頂付近には約250人が取り残されているという。

 インターネット上には登山者らの実況ツイートや撮影動画が投稿されていて、緊迫した状況が伝わってくる。

■1分で視界が真っ白に

 気象庁によると噴火は11時53分ごろ発生した。国土交通省中部地方整備局が設置したカメラで、噴煙が山頂の南側斜面を3キロ以上流れ下っているのが観測されたという。気象庁は5段階ある噴火警戒レベルを平常の「1」から入山を規制する「3」に引き上げた。山頂火口から4キロメートル程度の範囲では、大きな噴石が飛散する恐れがあるといい、周辺地域に注意を促している。

 各紙の報道をまとめると、けが人は少なくとも8人いて、複数の人が火山灰に埋まっているという情報がある。また、山頂には約150人以上、剣が峰付近に100人以上が取り残されているという。

 何人かの登山者はツイッターで投稿を続けていて、噴火時の様子をうかがい知ることができる。あるユーザーは11時56分以降、「まさかの御嶽山噴火!」「やばいなんだこれなんだこれ」「火山弾降ってきた」と様子を実況。噴火によってもうもうと白煙が上がる写真を掲載していた。

 別のユーザーは12時半ごろ「今は火山灰で体真っ白になって、外は真っ暗で明かりないとなにも見えない」と状況を説明し、13時ごろからは避難する様子を実況し始めた。ロープウエイが止まり歩いて下山した。

 YouTubeに動画を投稿した登山者もいる。動画をみるとわずか1分程度で白煙によって視界が悪くなる様子が分かる。周囲の人と「やばいなこれ」「避難小屋へ移動しましょう」「間に合わん」などと話しながら避難する、緊迫した場面が収められている。

噴火は7年半ぶり
 御嶽山は標高3067メートルの複合成層火山で、富士山に次いで2番目に標高が高い火山として知られている。登山客からも人気が高い。

 噴火は約7年半前の2007年3月にも発生したが、当時の噴火はごく小規模なものだった。今月10日ごろから体に感じない火山性地震が増加しており、気象庁は火山灰の噴出などに注意を呼びかけていた。


御嶽山噴火 山谷防災相「万全の対応を」 政府の関係省庁災害警戒会議で
産経新聞 9月27日(土)17時30分配信

 山谷えり子防災担当相は27日、御嶽山の噴火を受けて開催した関係省庁災害警戒会議で、「詳細な情報を収集するとともに、被災者の救助に総力を挙げて対応をお願いする」と指示した。また、内閣府参事官ら3人を長野県に派遣することを明らかにした。


御嶽山噴火 「詳細報告受ける」と首相 羽田到着後、官邸入り
産経新聞 9月27日(土)17時26分配信

 米ニューヨークから政府専用機で帰国した安倍晋三首相は27日夕、羽田空港に到着後、官邸に入り、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山の噴火について「機中で報告を受け、被災状況の把握、被災した登山者の救命・救助に全力を挙げるよう指示した。これから詳細の報告を受ける」と記者団に述べた。

 政府は、噴火を受けて官邸の危機管理センターに設置した官邸連絡室を中心に被害状況など情報収集を急いでいる。


政府が自衛隊派遣=首相「救助に全力」―御嶽山噴火災害
時事通信 9月27日(土)16時59分配信

 安倍晋三首相は27日午後、御嶽山の噴火災害に伴う救助活動のため、自衛隊の派遣を指示した。政府はこの後、首相と全閣僚が出席して首相官邸で対策会議を開き、警察、消防、自衛隊など関係機関が一体で救助に取り組む方針を確認した。
 首相は訪米からの帰国後、官邸危機管理センターに入り、菅義偉官房長官、西村泰彦内閣危機管理監らと対応を協議。この後、記者団に「被災者の救助、登山者の安全確保に全力を尽くすよう指示した」と述べた。
 菅長官は閣僚会議後に記者会見し、「登山者は順次、登山口まで到着しているが、まだ山頂付近にとどまっている人や負傷者がいるもようだ」と説明した。江渡聡徳防衛相は防衛省で記者団に、自衛隊の地上部隊やヘリコプターを現地に派遣したことを明らかにし、「噴火が激しく、地上から(の救出)になる。警察・消防と連携して救出に当たりたい」と述べた。
 政府は噴火後、官邸危機管理センターに情報連絡室を設置。その後、官邸連絡室に格上げして態勢を強化した。 


「ドン、ドン」と爆発音=山小屋「まさか噴火とは」―御嶽山
時事通信 9月27日(土)16時32分配信

 紅葉シーズンを迎え、登山客でにぎわう御嶽山で27日発生した噴火。「御嶽頂上山荘」のオーナー新井龍雄さんは、直後の電話取材に「頂上付近は火山灰と小石が降ってきて危険な状態だ。山小屋には40人くらいが避難していて、徐々に下に避難している」と緊迫した様子で話した。
 7合目にある「行場山荘」オーナーの田ノ上徳延さん(67)は「ドン、ドン、ドンと4、5回音がして、それから灰が降ってきた。1時間で2センチ前後積もった」と振り返る。休日で登山客は多かったというが、「だんだんと下山を始めており、冷静に行動している」と話した。
 5合目付近で山小屋を経営する男性(64)は「遠くでゴロゴロと音がした後、花火が上がったようなドーンという音が聞こえた。雷かと思ったら、まさか噴火とは」と驚いた様子。「(テレビの)放送を見て噴火と分かり、外に出てみたら雲がいつもと違って黒かった。1979年の大噴火以来(の規模)ではないか」と語った。
 麓にある長野県王滝村総務課の河口晃さんは「9月11日ごろ火山活動が活発になったと気象庁から連絡があったが、その後収まったので安心していた。突然の噴火でびっくりしている」と話した。 


御嶽山噴火 「予測は困難」と気象庁 火砕流の発生も不明
産経新聞 9月27日(土)16時29分配信

 御嶽山の噴火で、気象庁の北川貞之火山課長は、御嶽山では今月中旬に火山性地震が増加したが、その他の観測データに変化がなく「噴火の予測は難しかった」と述べた。また「火砕流が発生したかどうかは分からない」とした。

 気象庁は27日、現地調査のための機動観測班を同日中に派遣すると発表した。火山灰を採取して噴火メカニズムを分析するほか、降灰の範囲などを調べる。


御嶽山噴火 山小屋の経営者「どん、どんという音がした」「暗くなって灰が…」
産経新聞 9月27日(土)16時1分配信

 27日に噴火した御嶽山について、7合目にある山小屋「行場山荘」を経営する田ノ上徳延さん(67)は「どん、どんという音が4、5回した。すぐに暗くなって、灰が降ってきた」と噴火のときの様子を語った。降灰は1時間ぐらい続き、2、3センチ程度積もったという。

 標高1100メートル付近にある温泉宿の女性経営者は「噴火の音は聞こえなかったが、外に出たら薄い霧がかかっていると思ったら、灰が降っていた。道路も白くなっていた」と話した。

 御嶽山南側の長野県王滝村では、噴火後に対策本部を立ち上げ、被害状況などを確認している。村ではマイクロバス複数台を7合目にある登山口の田の原に向かわせ、登山者を下山させるという。

 噴火後に村役場に駆け付けた男性職員は「役場の方ではまだ降灰は確認していない。けが人はいるという情報はあるが、数などはまだ分からない」と話した。今後の対応については「まだ発表できる状態ではない」と動揺した様子だった。


安倍首相、救助と安全確保指示=御嶽山噴火で
時事通信 9月27日(土)15時35分配信

 安倍晋三首相は27日、長野・岐阜両県にまたがる御嶽山の噴火を受け、被災者の救助に総力を挙げるとともに、登山者や住民の安全確保に万全を期すことなどを指示した。政府は噴火後、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置。その後、官邸連絡室に格上げして態勢を強化した。 


御嶽山噴火10人重傷=他にも負傷者、確認急ぐ-気象庁が警戒呼び掛け、長野・岐阜
時事通信 9月27日(土)15時20分配信

 長野・岐阜両県にまたがる御嶽山(3067メートル)で27日正午前に起きた噴火で、長野県側の木曽広域消防本部は同日夜、重傷を負った登山者らは午後10時現在で10人と発表した。他に負傷者が十数人いるもようだが、情報が交錯しており、県警などが確認を急いでいる。噴火は続いている可能性が高く、長野・岐阜両県警は夜間の救助活動は危険と判断。28日早朝から山岳救助隊員ら約50人態勢で登頂し、救助を始める予定。
 気象庁の北川貞之火山課長は記者会見で、「今回と同程度の噴火は十分考えられる」と述べ、警戒を呼び掛けた。
 警察庁によると、御嶽山の長野県側で7人が火山灰などに埋まり、うち1人が救助されたが意識がなく、これとは別の場所で4人の意識不明者がいるとの情報がある。倒れて動けない人は計11人に上るが、重複している可能性もあり、確認を進めている。
 長野県警などによると、山頂付近には噴火当時、登山者ら約250人がいたとみられる。山荘や山小屋では27日夜、負傷者を含め約40人が下山せず滞在する予定。同日夜までに約230人の下山が確認された。
 長野県木曽町は、町の交流センターに登山者向けの避難所を開設。マイクロバス2台と車5台でロープウエー乗り場から登山者を輸送し、48人が宿泊する見込み。同県王滝村でも公民館1カ所を避難所にし、午後11時半現在で2人が身を寄せた。
 気象庁によると、噴火は27日午前11時53分ごろ発生。御嶽山の噴火は2007年3月以来で、同庁は噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げた。
 同庁は火口から4キロ程度の範囲で、大きな噴石に警戒するよう呼び掛けたほか、王滝村と木曽町、岐阜県高山市、下呂市に対し、火口周辺で入山規制などをするよう求めた。 


<御嶽山>噴火 山頂に150人以上取り残される 長野県警
毎日新聞 9月27日(土)15時5分配信

Photo_4
御嶽山から上がる噴煙。奥は富士山=岐阜県下呂市で2014年9月27日午後2時34分、本社機「希望」から

 ◇剣ケ峰付近には100人以上

 長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)の27日の噴火で、長野県警の災害警備本部は同日午後2時20分の時点で山頂に約150人以上、剣ケ峰付近に100人以上が取り残されていると発表した。4人が灰に埋まっているとの情報があるという。

 一方、木曽広域消防本部は、山頂付近の山小屋の経営者らの話として、同日午後2時現在、救援を待っている登山客のうち、1人は足の切断が必要とみられるほどの重傷としている。ほかに7人がけがをしているという。

 長野県警の災害警備本部によると、御嶽山上空は、約1キロまで噴煙が上がっている状況が確認された。【巽賢司、福富智】


岐阜・長野・山梨に降灰の予想…御嶽山噴火
読売新聞 9月27日(土)15時5分配信

 気象庁は27日午後1時35分、御嶽山の噴火で、火山灰が降る可能性がある範囲を示す降灰予報を発表した。

 それによると、噴煙の高さが火口の縁から上空3000メートルに達すると仮定した場合、同日午後6時頃にかけて、岐阜、長野、山梨の各県に降灰が予想されるという。


11人負傷、うち7人は意識不明…御嶽山噴火
読売新聞 9月27日(土)14時42分配信

 長野県によると、御嶽山の噴火で、これまでにけが人は11人に上り、うち7人が意識不明、1人が重傷を負っているという。


御嶽山噴火、政府が官邸に情報連絡室を設置
読売新聞 9月27日(土)14時32分配信

 御嶽山が噴火したことを受け、政府は27日、首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。


御嶽山、7年ぶり噴火…山頂付近で複数けが人か
読売新聞 9月27日(土)13時45分配信

Photo_3
激しく噴煙を上げる御嶽山(27日午後2時11分、読売ヘリから)=川口敏彦撮影

 気象庁は27日、岐阜、長野県境にある御嶽山(3067メートル)が同日午前11時53分頃に噴火したと発表した。

 噴火警戒レベルを平常の「1」から、入山を規制する「3」へと引き上げ、周辺地域に警戒を呼びかけている。御嶽山の噴火は2007年以来、7年ぶり。長野県によると、御嶽山は紅葉シーズンを迎え少なくとも150人の登山客がいたといい、地元消防本部によると、山頂付近で複数のけが人がいるとの情報もある。

 長野地方気象台によると、国土交通省中部地方整備局が設置している滝越カメラから、南側斜面を噴煙が流れ降りている様子が確認された。御嶽山南側の同県王滝村には、正午前に気象庁から噴火の一報が入り、同村は対策本部を設置した。村の入り口や登山道の駐車場などで道路規制を行う一方、噴火状況について情報収集を始めた。

 同村の栗空敏之総務課長によると、御嶽山頂から約12キロ離れた村役場では、噴煙や爆発音、震動などは確認できていない。ただ、山小屋の屋根に噴火の影響で穴が開いたとの情報もあり、確認を急いでいるという。

 気象庁によると、山頂の火口から4キロ・メートル程度の範囲では大きな噴石が降る恐れがあるという。また噴火に伴う震動で窓ガラスが割れる恐れもあるとして、注意を促している。

 同庁は今月11日、体に感じない火山性地震が増えているとして、火山活動がやや活発な状態になっていると発表していた。


<御嶽山>噴火、3キロ以上の噴煙も 長野・岐阜県境
毎日新聞 9月27日(土)13時6分配信

Photo_2
噴火し、上空高く噴煙を上げる御嶽山=岐阜県下呂市で2014年9月27日午後2時14分、本社機から

 ◇噴石でけが人情報も、警戒レベルを「レベル3」に引き上げ

 27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山が噴火した。気象庁によると、山の南側斜面を3キロ以上にわたって噴煙が流れ下るのが確認されたという。同庁は5段階の警戒レベルを火口内への立ち入りを規制する「レベル1」(平常)から登山禁止や危険地域への立ち入りを規制する「レベル3」(入山規制)に引き上げた。

 長野県木曽町や王滝村によると、登山道を歩いていた人に噴石が当たり負傷したなどという情報があり、確認を急いでいる。木曽消防署には複数の負傷者がいるとの情報が入っているという。

 気象庁によると、火口から約4キロの範囲で噴火に伴い大きな噴石が飛散する可能性があり、木曽町、王滝村、岐阜県高山市、下呂市で警戒が必要としている。御嶽山が噴火したのは2007年以来。

 飛騨頂上付近の山小屋の女性スタッフは「雷のような音と共に噴火した。火山灰が降ってきて登山者も小屋に避難してきている」と慌てた様子で話した。


長野・岐阜県境の御嶽山が噴火 周辺では噴石や降灰に注意
レスキューナウニュース 9月27日(土)13時0分配信

気象庁の観測によると、27日11:53頃、長野・岐阜県境の御嶽山で噴火が発生しました。
御嶽山では今後も居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が発生すると予想されることから、27日12:36、気象庁地震火山部は、御嶽山に火口周辺警報(噴火警戒レベル3、入山規制)を発表し、火口周辺(火口から約4kmの範囲)では大きな噴石、風下側では降灰や小さい噴石に注意するよう呼びかけています。


御嶽山が噴火=複数負傷の情報も―気象庁
時事通信 9月27日(土)12時58分配信

 気象庁は27日、長野・岐阜県境にある御嶽山(3067メートル)で午前11時53分ごろ、噴火が起きたと発表した。御嶽山の噴火は2007年3月の小規模な水蒸気噴火以来。同庁は噴火警戒レベルを1(平常)から3(入山規制)に引き上げた。地元消防によると、負傷者が複数いるとの情報がある。
 国土交通省中部地方整備局が設置したカメラで、御嶽山の南側斜面を噴煙が3キロ以上にわたって流れ下りているのが確認された。
 同庁は火口から4キロ程度の範囲で、噴火に伴う大きな噴石の飛散などに警戒するよう呼び掛けた。また長野県王滝村、木曽町、岐阜県高山市、下呂市に対し、火口周辺で入山規制などをするよう求めた。 


御嶽山噴火、意識不明16人
2014年9月27日(土)12時51分配信 共同通信

Photo
 噴火した御嶽山から上がる噴煙=27日午後2時14分、共同通信社機から

 27日午前11時53分ごろ、長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(3067メートル)が噴火した。長野県によると、少なくとも16人の登山者が意識不明となった。重傷者は32人で、死亡者がいるとの情報もあり、県警が確認を急いでいる。

 登山道の各山小屋には視界不良などで下山できなかった44人がとどまったが、このうち1カ所では岐阜県警の警察官3人を含む36人の無事を確認。二次災害の恐れから警察などの救助は難航しており、28日朝にあらためて対応を判断する。

 気象庁によると、噴煙は上空10キロ以上まで達した可能性がある。噴火活動は続いており、警戒を呼び掛けている。

« 宮城沖地震に関するニュース・1768,2014年9月26日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1769,2014年9月27日 »

ニュース」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60389149

この記事へのトラックバック一覧です: 御嶽山噴火、登山者多数が負傷、10人が重傷か:

« 宮城沖地震に関するニュース・1768,2014年9月26日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1769,2014年9月27日 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30