« 宮城沖地震に関するニュース・1692,2014年7月12日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1693,2014年7月13日 »

2014年7月13日 (日)

北朝鮮がまたまた日本海に向けて弾道ミサイル発射

政府は13日、北朝鮮が同日午前1時20分~30分ごろ、同国の南西部の開城付近から2発の弾道ミサイルを日本海に向けて発射したと発表した。

北朝鮮は6月29日7月9日にも複数の弾道ミサイルを日本海に向けて発射したばかりで、それ以前にも今年3月に2回、複数の弾道ミサイルを発射している。

政府はこの北の行為に対し、国連安全保障理事会決議などに違反するとして、今回もまた北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。また安倍晋三首相も今回もまた、関係諸国と連携を図り情報収集、航空機、船舶などの安全確認を徹底、国民に迅速・的確な情報提供の3点を指示した。

さらに安倍首相は記者団に対し、「拉致問題の解決に向けたわれわれの取り組みに、ミサイル発射が影響を及ぼすことはない」と述べた。

リンク:「日本の安全保障に直接影響なし」 北朝鮮の多連装砲発射で菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロケット弾、日本に影響なし=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、北ミサイルに抗議 拉致再調査の協議は継続 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<安倍首相>北朝鮮2発発射に「安保理決議違反で抗議した」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北ミサイル「韓国への威圧」 小野寺防衛相が見解 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ミサイル発射で北に抗議…「拉致は拉致」と首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「韓国威圧」が狙い=北朝鮮ミサイルで小野寺防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮ミサイル発射 首相「国連安保理決議違反だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「拉致問題に影響せず」=北朝鮮ミサイルで安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、北朝鮮に抗議=安倍首相「拉致問題へ影響せず」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、北朝鮮に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮が弾道ミサイル2発発射か…9日に続き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮がミサイル2発発射=南西部から日本海に―防衛省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮から複数のミサイル - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「日本の安全保障に直接影響なし」 北朝鮮の多連装砲発射で菅官房長官
産経新聞 7月14日(月)21時59分配信

 菅(すが)義(よし)偉(ひで)官房長官は14日の記者会見で、北朝鮮が日本海に向け多連装砲を発射したことについて「わが国に飛来するロケット砲などは確認されておらず、わが国の安全保障に直接の影響を及ぼす事態が発生しているとは認識していない」と述べた。

 菅氏は「具体的な情報、内容については、情報収集能力が明らかになりかねないので、コメントは控えたい」とも語った。


ロケット弾、日本に影響なし=菅官房長官
時事通信 7月14日(月)16時55分配信

 菅義偉官房長官は14日午後の記者会見で、北朝鮮が日本海に向けて多連装ロケット弾約100発の砲撃訓練を行ったことについて、「わが国に飛来するロケット砲は確認されていない。現時点でわが国の安全保障に直接影響を及ぼす事態が発生しているとは認識していない」と述べた。北朝鮮の意図については「分析しているが、発言を控える」と語った。 


政府、北ミサイルに抗議 拉致再調査の協議は継続
産経新聞 7月14日(月)7時55分配信

 安倍晋三首相は13日、ミサイルを発射した北朝鮮に対し、北京の大使館ルートを通じて厳重に抗議したことを明らかにした。同時に拉致被害者らの再調査をめぐる日朝政府間協議は継続する考えを示した。

 首相は公邸前で記者団に「ミサイル発射は国連安全保障理事会決議違反だ」と批判した上で「拉致問題の解決に向けての取り組みに影響を及ぼすことはない。拉致問題は拉致問題としてしっかり取り組んでいきたい」と述べた。菅義偉(すが・よしひで)官房長官も首相官邸で「北朝鮮の特別調査委員会が立ち上がったので、調査を慎重に見極めたい」と語った。

 一方で、岸田文雄外相が「(発射を繰り返さないよう)北朝鮮に促していかなければならない」と強調したように、再三の抗議にもかかわらず北朝鮮がミサイル発射を続けることに、いらだちを募らせている。


<安倍首相>北朝鮮2発発射に「安保理決議違反で抗議した」
毎日新聞 7月13日(日)20時14分配信

 北朝鮮が弾道ミサイル2発を発射したことを受け、安倍晋三首相は13日午前、首相公邸で記者団に「私から万全の態勢で対応を取るよう指示した。弾道ミサイル発射は国連安全保障理事会決議違反であり、抗議した」と述べ、中国・北京の外交ルートを通じて抗議したことを明らかにした。

 一方、日本人拉致被害者らの再調査に関する日朝協議への影響については「拉致問題の解決に向けての取り組みに対して、このミサイルの発射が影響を及ぼすことはない」と強調。「拉致問題は拉致問題として、しっかりと解決に向けて取り組んでいきたい」と述べ、日朝協議を今後も継続していく考えを示した。

 訪米中の小野寺五典防衛相に代わって臨時代理を務める菅義偉官房長官は関係省庁に対し、引き続き情報収集を進め、日米韓3国で連携して警戒監視に万全を期すよう指示した。航空機や船舶への被害は確認されていないという。

 北朝鮮は6月29日と今月9日にも弾道ミサイルを発射しており、今回で今年に入り5回目。6月29日以降の3回は、いずれも発射場所を変えており、政府関係者は「移動式の発射台を使用する短距離弾道ミサイルの運用能力向上のための訓練を常態化させる意図があるのではないか」と分析している。【飼手勇介、小田中大】


北ミサイル「韓国への威圧」 小野寺防衛相が見解
産経新聞 7月13日(日)18時44分配信

 小野寺五典(いつのり)防衛相は13日夕、北朝鮮が同日未明に弾道ミサイルを発射したことについて「実戦配備が進むなかで、能力向上の訓練が進められている。韓国に対しての威圧的な発射ではないか」との見方を示した。訪米からの帰国後、防衛省で記者団に語った。

 今年に入りミサイル発射が相次いでいることについては「発射場所も移動し、時間帯もさまざまだ。総合すると、かなり実践的な訓練を行っている」と指摘した。

 小野寺氏は今回のミサイル発射を把握した時間帯について「日本に到着した直後だ」と明かした。その上で「臨時代理の菅義偉(よしひで)官房長官が対応した。私がいないことで問題が起きていることはない」と強調した。


ミサイル発射で北に抗議…「拉致は拉致」と首相
読売新聞 7月13日(日)18時35分配信

 日本政府は13日、北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことを受け、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。

 安倍首相は首相公邸前で記者団に「国連の安全保障理事会決議違反であり、厳重に北朝鮮に対して抗議した」と強調した。

 北朝鮮による日本人拉致被害者らの再調査を含む日朝協議については「先般の合意に従って、しっかりと北朝鮮に調査を進めていくよう求めていきたい。ミサイル発射が影響を及ぼすことはない」と説明。「拉致問題は拉致問題として、しっかり解決に向けて取り組んでいきたい」と述べた。

 これに先立ち、首相は東京都内の私邸で、谷内正太郎国家安全保障局長と西村泰彦内閣危機管理監から報告を受けた。

 外遊中の小野寺防衛相の代理を務めていた菅官房長官は、防衛省に対し、情報収集と警戒監視に万全の態勢で臨むよう指示した。米国から帰国した小野寺防衛相は13日、「すでに(弾道ミサイルの)実戦配備が進む中、さらに能力を向上させるための訓練が進められている」との見方を示した。省内で記者団に語った。


「韓国威圧」が狙い=北朝鮮ミサイルで小野寺防衛相
時事通信 7月13日(日)18時27分配信

 小野寺五典防衛相は13日午後、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したことについて、「韓国国境に近い場所からの発射であり、韓国に対する威圧的な発射ではないか」と指摘、16日から始まる米韓合同軍事演習をけん制する意図があったとの見方を示した。防衛省で記者団の質問に答えた。 


北朝鮮ミサイル発射 首相「国連安保理決議違反だ」
産経新聞 7月13日(日)11時27分配信

 安倍晋三首相は13日午前、北朝鮮のミサイル発射について「国連安全保障理事会決議違反だ」と述べ、北朝鮮に対して厳重に抗議したと強調した。首相公邸前で記者団の質問に応じた。

 拉致被害者らの再調査をめぐる日朝政府間協議に関しては「ミサイル発射が拉致問題の解決に向けての取り組みに影響を及ぼすことはない。拉致問題は拉致問題として、しっかり取り組んでいきたい」と語った。


「拉致問題に影響せず」=北朝鮮ミサイルで安倍首相
時事通信 7月13日(日)11時7分配信

 安倍晋三首相は13日、北朝鮮によるミサイル発射について、「万全の態勢で対応を取るよう指示した」と強調するとともに、拉致問題に関して「問題解決に向けたわれわれの取り組みにミサイル発射が影響を及ぼすことはない」と述べた。首相公邸前で記者団に語った。 


政府、北朝鮮に抗議=安倍首相「拉致問題へ影響せず」
時事通信 7月13日(日)10時10分配信

 政府は13日午前、北朝鮮が短距離弾道ミサイルを発射したことを受け、国連安全保障理事会決議などに違反するとして、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。安倍晋三首相は関係省庁に対し、(1)米韓両国など関係国と連携し、情報収集と分析に努める(2)航空機や船舶の安全確認を徹底する(3)国民に迅速・的確に情報提供する―の3点を指示した。
 ミサイル発射について、首相は同日午前、首相公邸前で記者団に対し、「万全の態勢で対応を取るよう指示した」と強調。拉致問題に関しては、「先般の合意に従って、北朝鮮に調査を進めていくよう求めていきたい。問題解決に向けたわれわれの取り組みに、ミサイル発射が影響を及ぼすことはない」と述べた。
 これに先立って首相は、東京都内の私邸に谷内正太郎国家安全保障局長、西村泰彦内閣危機管理監を呼び、報告を受けた。谷内、西村両氏は首相官邸で菅義偉官房長官にも情勢を報告。菅長官は防衛省に対し、情報収集と警戒監視に万全を期すよう指示した。 


政府、北朝鮮に抗議
時事通信 7月13日(日)8時44分配信

 政府は13日午前、弾道ミサイルとみられる発射体2発が北朝鮮から撃たれたのを受け、累次の国連安全保障理事会決議などに違反するとして、外交ルートを通じて北朝鮮側に抗議した。


北朝鮮が弾道ミサイル2発発射か…9日に続き
読売新聞 7月13日(日)7時7分配信

 防衛省は13日朝、北朝鮮が同日午前1時20分ごろから30分ごろ、北朝鮮南西部の開城(ケソン)付近から北東に向けて2発の弾道ミサイルを発射し、約500キロ・メートル先の日本海に落下した模様だと発表した。

 北朝鮮は9日にも複数の弾道ミサイルを発射したばかり。同省はミサイルの情報収集や分析、警戒監視を進めている。


北朝鮮がミサイル2発発射=南西部から日本海に―防衛省
時事通信 7月13日(日)6時18分配信

 防衛省は13日、同日午前1時20分~30分ごろ、北朝鮮南西部の開城付近から、弾道ミサイル2発が日本海に向けて発射されたもようだと発表した。
 同省によると、いずれも北東方向に約500キロ飛び、日本海に落下したとみられる。被害の情報は入っていないといい、警戒監視を強化している。 


北朝鮮から複数のミサイル
2014年7月13日(日)5時24分配信 共同通信

 【ソウル共同】韓国の消息筋によると、北朝鮮南西部から13日午前1時20分ごろ(日本時間同)、弾道ミサイルとみられる物体2発が北東方向に向け発射された。

 物体は日本海に落ちたとみられ、数百キロ飛んだとみられる。日米韓当局が情報収集に当たっている。

 北朝鮮は9日早朝にも短距離弾道ミサイル「スカッド」とみられるミサイルを平壌の南方約100キロから北東方向に向け発射し、最大で約500キロ飛び日本海に落下した。

« 宮城沖地震に関するニュース・1692,2014年7月12日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1693,2014年7月13日 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/59976124

この記事へのトラックバック一覧です: 北朝鮮がまたまた日本海に向けて弾道ミサイル発射:

« 宮城沖地震に関するニュース・1692,2014年7月12日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1693,2014年7月13日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31