« また支那産の汚染食品、今度はマクドナルドとファミマのチキンナゲットに期限切れ肉 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1703,2014年7月23日 »

2014年7月22日 (火)

298人乗りマレーシア航空機、ウクライナ東部のロシア国境近くで撃墜される・14

引き続きマレーシア航空アムステルダム発クアラルンプール行きMH17便が、現地時間17日午後4時20分(日本時間午後10時20分)ウクライナ東部ドネツク州のロシア国境近くでミサイルによって撃墜され、ドネツク州内に墜落したとなっているニュースを伝達します。

撃墜されたのは、同航空のボーイング777型機で、同機には、280人の乗客と15人の搭乗員が乗っていたが、ウクライナ内務省は乗客乗員は全員死亡したと伝えている。

マレーシア航空では、今年3月8日、クアラルンプール発北京行きMH370便・ボーイング777―200型が、南シナ海上空を飛行後、行方不明となる事故が起きている。

リンク:オランダ移送、25日完了目指す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米・オランダ首脳、親ロ派支援継続なら「ロシアは代償に直面」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ミサイル攻撃の損傷と分かる穴、軍事専門家指摘-マレーシア機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オランダ移送、25日完了目指す=遺体数は要確認―マレーシア機撃墜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア直接関与の証拠なし - 速報:@niftyニュース.
リンク:マレーシア機撃墜、「親ロ派が誤射」の可能性高まる=米当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:親ロ派が誤射か=マレーシア機撃墜―米当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:EU外相が対ロ資本取引規制導入を検討、来週にも首脳会議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:親ロ派の対応「まだ不十分」=EUの制裁準備を歓迎―米報道官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:EU、ロシアによる資本市場アクセスの制限を検討-当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア制裁の追加対象者、EUが24日に協議=外交筋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ブラックボックス、英で解析へ=マレーシア機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ブラックボックス、英国でデータ回収・分析へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対ロ追加制裁へ準備=撃墜事件解明へ協力迫る―EU外相理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシアに資本取引規制、EUが導入検討=外交筋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア航空再建計画、8月末までに発表も=関係筋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:EU、対露制裁を追加へ…軍事・金融でも検討 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ブラックボックス、調査団に…真相解明本格化へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:親ロシア派に影響力行使、国内問題への西側介入拒む=プーチン氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<マレーシア機撃墜>EU、露制裁準備 親露派の調査妨害で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ロシア軍参謀本部高官=マレーシア機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安全保障会議に出席したプーチン氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:プーチン氏、親ロ派に影響力行使=米大統領要求に応じる―マレーシア機撃墜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<マレーシア機撃墜>遺体、オランダ移送へ 親露派が渡す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:プーチン大統領:ロシアの安定を崩す外国の企てには屈しない - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア機撃墜 岸田外相、菅長官 ロシアに批判と注文 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<EU外相会議>追加制裁を協議 マレーシア機撃墜で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウクライナ東部に部分動員令=国境にロシア軍「4万人」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:軍事支援要請「排除しない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア機乗客280人の遺体、列車でハリコフに到着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺体、オランダ搬送へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<ウクライナ>政府軍、東部3都市を奪還 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:撃墜機のブラックボックス、国際調査団に引き渡しへ=マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺体、23日オランダに搬送=ウクライナ東部に到着―マレーシア機撃墜 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

オランダ移送、25日完了目指す
時事通信 7月23日(水)9時3分配信

Photo_17
22日、ウクライナ東部ハリコフで、記者会見するグロイスマン副首相。ハリコフに搬送されたマレーシア航空機撃墜事件の犠牲者のオランダへの移送を、25日までに終えたい意向を明らかにした。


米・オランダ首脳、親ロ派支援継続なら「ロシアは代償に直面」
ロイター 7月23日(水)8時59分配信

[シアトル 22日 ロイター] - オバマ米大統領とオランダのルッテ首相は22日、ウクライナ情勢について電話で会談し、ロシアがウクライナの親ロシア派勢力の支援を続ければ、さらなる代償に直面することになるとの認識で一致した。

ホワイトハウスは「大統領は、欧州連合(EU)外相理事会がきょう、今回の悲劇につながった行動を強く非難し、追加の制裁を準備していることを歓迎する」との声明を発表。

「大統領とルッテ首相は、ロシアが引き続き自国軍を集結させながら、今なお国境を越えて武器や戦闘員を送り込み、分離派を支援している形跡が増えていることに懸念を示した」と表明した。

ウクライナ東部のマレーシア機撃墜については、搭乗者の遺体が本国に移送された後は、墜落現場を国際調査団に公開し、完全な調査を進めることが優先課題となるとの認識で一致した。


ミサイル攻撃の損傷と分かる穴、軍事専門家指摘-マレーシア機
Bloomberg 7月23日(水)7時51分配信

  7月22日(ブルームバーグ):ウクライナ東部で墜落したマレーシア航空のボーイング777型機の残骸の写真には、ミサイル攻撃によるものとはっきり分かる穴が開いている様子がうかがえると軍事専門家が指摘した。

軍事情報会社IHSジェーンズのアナリストは、コックピットの一部とみられる大きな穴の開いた機体の破片の画像を見る限り、地上から発射された弾頭による損傷であることが示されていると語った。

IHSジェーンズのマネジャー、リード・フォスター氏は「写真で見て取れる穴は大きさが比較的そろっている。新旧の幾つかの地対空ミサイルシステムで用いられる破片効果タイプの弾頭と一致する可能性がある」と分析した。

原題:Wreckage From Flight MH17 Shows Telltale Signs of MissileStrike(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ロンドン Christopher Jasper ,cjasper@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:Benedikt Kammel ,bkammel@bloomberg.net


オランダ移送、25日完了目指す=遺体数は要確認―マレーシア機撃墜
時事通信 7月23日(水)7時21分配信

 【ハリコフ(ウクライナ東部)時事】ウクライナのグロイスマン副首相は22日、東部ハリコフに搬送されたマレーシア航空機撃墜事件の犠牲者のオランダへの移送を、25日までに終えたい意向を明らかにした。告別式典を23日にハリコフで開き、最初の約50遺体を輸送機でオランダに送る。ハリコフでの記者会見で語った。
 副首相は、犠牲者が最も多いオランダをはじめとする各国専門家が、遺体の移送準備に着手したと説明。遺体数に関しては「専門家が詳しく調べる」と語った。
 ウクライナ政府は、少なくとも282遺体を発見したと発表している。しかし、副首相は「さまざまな情報源に基づいた数字だ」と述べ、ハリコフに搬送された正確な遺体の数は確認が必要だと強調した。
 犠牲者の捜索は打ち切られたが、報道によると、墜落現場では未収容の遺体の一部が依然残っている。オランダ検視チームのヤン・タンダー代表は「全員が見つかるまでここにとどまる」と述べ、墜落現場での捜索を続けたい考えを強調した。 


ロシア直接関与の証拠なし
2014年7月23日(水)6時58分配信 共同通信

 【ワシントン共同】米情報当局は22日、米メディアなどに対し、ウクライナ東部のマレーシア航空機撃墜をめぐる分析を明らかにした。親ロシア派が発射したロシア製のブク地対空ミサイル(SA11)により撃ち落とされた可能性が高いとする一方、ロシア政府が直接関与した証拠は得られていないとした。AP通信などが伝えた。

 同時に、ロシアが親ロ派に武器を供与したことで撃墜に至る「環境をつくった」と述べ、ロシアの責任を指摘した。

 親ロ派による調査妨害や証拠隠滅の動きに対抗し、真相解明に向けた国際社会の結束を図る狙いがある。


マレーシア機撃墜、「親ロ派が誤射」の可能性高まる=米当局者
ロイター 7月23日(水)6時54分配信

Photo_16
 7月22日、米情報当局者は、ウクライナ東部で17日に墜落したマレーシア航空機17便について、同地域で活動する親ロシア派が「誤って」撃ち落したとの見解を示した。写真は墜落現場に残された機体の残がい(2014年 ロイター/Maxim Zmeyev)

[ワシントン 22日 ロイター] - ウクライナ東部で起きたマレーシア航空機撃墜事件で、米政府は、親ロシア派が民間機だと気付かず「誤って」撃ち落としたとの見方を強めていることが分かった。米情報当局者らが22日明らかにした。

当局者らは、親ロ派がMH17便にミサイルを発射した「最も説得力のある説明」は、彼らが違うタイプの航空機と誤認したというものだと指摘。米政府は、発射されたのはロシア製の地対空ミサイルSA11だとみている。

匿名を条件に捜査の進捗(しんちょく)状況を説明した当局者の1人は、「事件から5日が経過し、誤射との見方が強まった」とコメント。

当局者によると、これらの見解は傍受した親ロ派の会話から導き出された。その会話では、輸送機を撃墜したことを自慢するような内容から始まり、その後、誤射の可能性を認めるような内容だったという。

同便に搭乗していた乗客乗員298人は全員死亡。墜落現場では、ウクライナからの分離を主張する親ロシア派とウクライナ政府側との戦闘が続いている。


親ロ派が誤射か=マレーシア機撃墜―米当局
時事通信 7月23日(水)6時41分配信

 【ワシントン時事】米情報機関当局者は22日、ウクライナ東部で起きたマレーシア航空機撃墜事件について、必要な訓練を受けていない親ロシア派が誤って撃墜した可能性が高いとの見方を示した。AFP通信が報じた。
 同当局者は、これまでに収集した証拠から、親ロ派がマレーシア機に対しブク地対空ミサイル(SA11)を発射したとみられると説明。その上で、その意図に関して「最も妥当な説明は、必要な訓練を受けていない者による誤射だ」と指摘した。 


EU外相が対ロ資本取引規制導入を検討、来週にも首脳会議
ロイター 7月23日(水)6時21分配信

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)は22日、ブリュッセルで開いた外相理事会で、ウクライナ東部上空でマレーシア航空機が撃墜されたことを受け、ロシアに対する欧州の資本市場へのアクセスの制限などを含む追加的な制裁措置の導入の可能性を検討した。

EU外相は資本取引規制のほか、防衛、エネルギー産業を対象とした制裁措置の導入も検討。EUの執行機関である欧州委員会にこうした措置の素案を週内にまとめるよう要請した。

制裁措置は、乗員・乗客298人を乗せて17日に親ロシア派が実効支配するウクライナ東部に墜落したマレーシア航空17便をめぐる調査にロシアが協力しない場合、またロシアがウクライナへの武器の流入を止めない場合に導入される。

EU外相はまた、個人に対し導入している資産凍結や査証(ビザ)発給停止などの制裁措置の対象の拡大でも合意した。

一部外交筋の間では、経済措置を決定するためにEUは来週にも首脳会議を開くとの見方が出ている。


親ロ派の対応「まだ不十分」=EUの制裁準備を歓迎―米報道官
時事通信 7月23日(水)6時20分配信

 【ワシントン時事】アーネスト米大統領報道官は22日の記者会見で、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機の犠牲者の遺体やブラックボックスが関係国当局者に引き渡されたことについて「正しい方向への第一歩」と述べながらも、親ロシア派の国際調査団に対する協力は十分でないとの認識を示した。
 また、欧州連合(EU)外相理事会がロシアへの制裁強化の準備に入ることで合意したことに関して「(ロシアに対する)追加的な代償は正当化される」と強調した。ハーフ国務省副報道官はこれに関し、フランスが計画しているロシアへの強襲揚陸艦引き渡しは「全く不適当だ」と批判した。 


EU、ロシアによる資本市場アクセスの制限を検討-当局者
Bloomberg 7月23日(水)2時7分配信

  7月22日(ブルームバーグ):欧州連合(EU)はウクライナ東部上空でのマレーシア航空機撃墜について、ロシアのプーチン大統領が調査を迅速に進めない場合に、ロシアによる資本市場および高度技術へのアクセスを制限することを検討する。当局者3人が明らかにした。

ブリュッセルでのEU外相理事会で協議されている複数の案によれば、マレーシア機撃墜に関する国際的調査や撃墜現場への制限のない立ち入りを求めた国連安全保障理事会の決議に従うことをプーチン大統領が拒否した場合、EU各国の政府は追加制裁に動く。

協議がまだ進行中だとして匿名を条件に語った同当局者らは、追加制裁に動く場合の具体的な条件やタイムテーブル、また追加制裁の内容については明らかにしなかった。提案はEUに加盟する28カ国の外相全員による承認が必要で、22日中に見込まれる発表の前に修正される可能性もある。

原題:EU Considers Restricting Russian Access to Capital Markets(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:ブリュッセル James G. Neuger ;ブリュッセル Ian Wishart ,jneuger@bloomberg.net,iwishart@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:John Fraher Mangasarian, Patrick Henry ,jfraher@bloomberg.netLeon


ロシア制裁の追加対象者、EUが24日に協議=外交筋
ロイター 7月23日(水)1時13分配信

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)各国は、対ロシア制裁の追加対象者リストについて、24日に協議する。22日のEU外相理事会で決定を見合わせる。外交筋がロイターに明らかにした。

外相らはこの日、マレーシア航空機撃墜への対応や、ロシアへの追加制裁について話し合うため、ブリュッセルに集まった。

EU外交筋によると、欧州委員会が24日、制裁リストに追加する対象者の名前を提案するという。


ブラックボックス、英で解析へ=マレーシア機
時事通信 7月23日(水)1時4分配信

 【ロンドン時事】キャメロン英首相は22日、ツイッターを通じ、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機のブラックボックスについて、オランダ当局の要請に基づき英国内でデータ解析を行うと発表した。南部ファーンバラにある運輸省の航空事故調査部門(AAIB)が担当する。 


ブラックボックス、英国でデータ回収・分析へ
ロイター 7月23日(水)1時1分配信

Photo_15
 7月22日、マレーシア運輸次官は、撃墜機のブラックボックスを英国の研究所に送る方針を明らかにした。写真は親ロシア派が報道陣に見せたブラックボックス。ドネツクで22日撮影(2014年 ロイター/Maxim Zmeyev)

[クアラルンプール/ロンドン 22日 ロイター] - マレーシアのアジズ運輸次官は22日、ウクライナ東部で撃墜されたマレーシア航空機MH17便のブラックボックスを英国の研究所に送る方針を明らかにした。

運輸次官はロイターに対し「データの解析に向け、ブラックボックスを国際民間航空機関(ICAO)の認定を受けている最寄りの研究所に送る」と説明した。

ベルギー空軍が現在ウクライナ・キエフに向かっており、同日中にブラックボックスを回収する見通し。空軍報道官によると、ブラックボックスは同日夕に英国に到着する見通しという。

キャメロン英首相は同日、オランダの要請に応じ、英国でブラックボックスからデータを回収する方針を発表した。

首相はツィッターで「国際的な調査に向け、英国ファンボローの航空機事故調査官がMH17便のブラックボックスのデータ回収することで合意した」と述べた。


対ロ追加制裁へ準備=撃墜事件解明へ協力迫る―EU外相理
時事通信 7月23日(水)0時51分配信

 【ブリュッセル時事】欧州連合(EU)は22日、ブリュッセルで外相理事会を開き、ロシアがマレーシア航空機の撃墜事件解明に協力しなければ、ロシアに対する資本規制や武器などの輸出禁止に向けた準備を進めることで合意した。
 理事会後の総括文書は、ウクライナ東部で活動する親ロシア派武装勢力にロシアが影響力を行使し、墜落現場への立ち入りを全面的に認め、独立した調査に協力させるよう要求。さらにロシアに対し、武装勢力への武器の提供をやめ、ウクライナ国境付近で増強させているロシア軍を撤退させるよう求めた。 


ロシアに資本取引規制、EUが導入検討=外交筋
ロイター 7月23日(水)0時20分配信

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)は、ロシアがウクライナ東部上空で撃墜されたマレーシア航空機をめぐる調査に協力しない場合、同国に対する資本取引規制導入の可能性を検討している。外交筋が22日、明らかにした。

外交筋によると、この日にブリュッセルで開かれているEU外相理事会で、ロシアが調査に協力しない場合、資本取引規制をめぐる制裁措置案を策定することが検討されている。


マレーシア航空再建計画、8月末までに発表も=関係筋
ロイター 7月23日(水)0時10分配信

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシア航空<MASM.KL>の再建計画が早ければ8月末までに発表される可能性があることが22日、関係筋2人の話から明らかになった。

マレーシア航空は3年連続で赤字を計上していることに加え、3月に機体が行方不明となる事件が発生して以来、さらなる業績不振に陥っている。17日にはウクライナ東部上空で撃墜される事件も発生した。

関係筋によると、同社は8月半ばに予定している第2・四半期決算の発表後、再建計画を発表する見通し。

同社の69%を保有する政府系ファンド、カザナ・ナショナル[KHAZA.UL]は6月、再建計画を半年から1年以内に発表する考えを示していた。また、今月に入り、非公開化の計画があることも関係筋の話しから明らかになっていた。

カザナの広報担当は観測に基づく報道にはコメントしないとしたほか、マレーシア航空はコメントを差し控えた。


EU、対露制裁を追加へ…軍事・金融でも検討
読売新聞 7月23日(水)0時10分配信

 【ロンドン=柳沢亨之】マレーシア機撃墜事件を受け、欧州連合(EU)は22日、ブリュッセルで外相理事会を開き、ロシアに対する追加制裁に合意した。

 親露派武装集団への支援などを中止しなければ、軍事やエネルギー、金融など同国の経済中枢への包括的な制裁を検討する。ただ、具体的な時期などは明らかにしていない。資産凍結と渡航規制を柱とする既存の制裁については対象となる個人や企業を拡大する。

 外相理事会終了後の合意文書によると、欧州委員会が今後、包括的な制裁措置のあり方と制裁拡大の対象となる個人などの一覧表作成について検討し、24日の外相理事会に報告する。


ブラックボックス、調査団に…真相解明本格化へ
読売新聞 7月22日(火)23時56分配信

 【ハリコフ=三好益史、キエフ=工藤武人】マレーシア機の撃墜事件で犠牲となった乗客・乗員全員の遺体を乗せた列車が21日夜(日本時間22日未明)、ウクライナ東部ドネツク州の墜落現場近くの駅を出発し、同東部ハリコフに22日正午前、到着した。

 運ばれた遺体は、国際調査団による検視などを経て、犠牲者が最も多かったオランダに23日にも空路で移送される予定だ。遺族は事故から6日を経てようやく遺体と対面できる。

 搭乗していた乗客乗員298人のうち、282人の遺体と残る16人分の遺体の一部が、5両の保冷機能付きの貨車で、約16時間かけて約300キロ・メートル離れたウクライナ政府の戦車工場に移送された。

 墜落現場を支配する親露派武装集団は、国際調査団が到着するまで遺体引き渡しに応じない考えを示していたが、21日に現場入りしたオランダやマレーシアの調査団などと搬送に合意した。

 一方、ウクライナのポロシェンコ大統領が21日、墜落現場から半径40キロ・メートル以内での戦闘停止を同国軍に命じたが、域外のドネツク市などでは22日も親露派との衝突が続いた。


親ロシア派に影響力行使、国内問題への西側介入拒む=プーチン氏
ロイター 7月22日(火)23時46分配信

[モスクワ 22日 ロイター] - ロシアのプーチン大統領は22日、マレーシア航空機撃墜の完全調査が行われるよう、ウクライナ東部の親ロシア派への影響力を行使すると表明した。そのうえで、西側諸国もウクライナ政府に対し、敵対行為を止めるよう圧力を掛ける必要があると訴えた。

国防・安全保障部門幹部らとの会合冒頭で発言した。

プーチン氏は西側諸国に対し、ロシアの国内問題に介入しないよう呼び掛けた。北大西洋条約機構(NATO)の動きを受けて自国の軍事力を強化し、「外的脅威」から経済を保護する方策を講じる必要があるとした。

プーチン氏は「ウクライナ南東部の分離派に影響力を行使するよう求められている。当然、われわれの力が及ぶ限りなんでもするが、それだけでは到底不十分だ」と述べた。


<マレーシア機撃墜>EU、露制裁準備 親露派の調査妨害で
毎日新聞 7月22日(火)23時42分配信

 【ハリコフ(ウクライナ北東部)真野森作、坂口裕彦、ブリュッセル斎藤義彦、モスクワ田中洋之】マレーシア航空機撃墜事件(乗員・乗客298人死亡)で、欧州連合(EU)は22日、外相会議を開き、国連安保理決議が求める撃墜事件の国際的な調査を親露派武装勢力が妨害する場合、防衛、金融、ハイテクなどの分野でロシアへの制裁を準備することで合意した。ロシアや親露派に圧力をかける狙いがある。

 EU外相会議では、武器禁輸などの制裁発動では各国の利害がからんで意見が割れ、準備だけにとどめた。また「ウクライナの主権を侵害する活動を支援する」ロシアを含む企業・団体に対し、資産凍結・渡航禁止の制裁を拡大する16日の首脳会議の合意を確認。24日をめどに制裁リストをまとめる方向で合意した。

 一方、ロシアのプーチン大統領は22日に開いた安全保障会議で、欧米から要請されている親露派武装集団への影響力行使を約束。その一方で、停戦を実現するためにウクライナ政府にも対応を求めることを主張した。

 プーチン氏はウクライナ危機に伴う欧米の対露制裁について「係争問題は対話によって解決すべきだ」と反発。「だれもロシアの内政に干渉することはできない」と述べ、撃墜事件をめぐりロシアを不安定化させる動きに対抗する考えを示した。

 また、北大西洋条約機構(NATO)がロシア国境で戦力を増強していると指摘し、ウクライナから一方的に編入したクリミアを含め、対NATOの軍事力強化に取り組むと表明した。

 墜落現場から親露派が収容した遺体は、保冷装置付きの貨車に乗せられ21日夕に現場付近のトレス駅を出発し、22日昼に北東部ハリコフ駅に到着した。

 ウクライナのグロイスマン副首相によると、乗員・乗客298人のうち、282人の遺体が駅近くの軍需工場の建物に保管されている。23日から順次、空路でオランダに移送される。AFP通信によると、オランダのルッテ首相は、数カ月かけて慎重に身元確認を進める方針を明らかにした。

 ハリコフ州はウクライナ政府が掌握し、州都ハリコフに政府や国際専門家の調査本部が置かれる。


ロシア軍参謀本部高官=マレーシア機
時事通信 7月22日(火)23時17分配信

Photo_14
ロシア軍参謀本部高官は21日、ウクライナ東部ドネツク州でのマレーシア機撃墜事件に関して記者会見し、ロシア政府がブク地対空ミサイルを親ロシア派に供与したり事件後にロシア側に隠蔽したりした事実はないと主張


安全保障会議に出席したプーチン氏
時事通信 7月22日(火)23時3分配信

Photo_13
ロシアのプーチン大統領(写真)は22日、ウクライナ東部の親ロシア派がマレーシア航空機撃墜事件の調査を妨害しないよう、影響力を行使すると約束した。クレムリンで開かれた安全保障会議で発言した。


プーチン氏、親ロ派に影響力行使=米大統領要求に応じる―マレーシア機撃墜
時事通信 7月22日(火)21時57分配信

 【モスクワ時事】ロシアのプーチン大統領は22日、ウクライナ東部ドネツク州の親ロシア派武装勢力がマレーシア航空機撃墜事件の調査を妨害しないよう、影響力を行使すると約束した。安全保障会議で発言した。
 オバマ米大統領は21日の記者会見で、ロシアには親ロ派に影響力を行使して協力させる「直接的な責任」があると要求しており、これに応じた形。調査中の安全確保だけでなく、東部の緊張緩和の第一歩になる可能性もある。
 プーチン大統領はまた、ウクライナのポロシェンコ政権に対し、撃墜事件の調査期間中だけでも親ロ派に対する軍事作戦を停止するよう求めた。 


<マレーシア機撃墜>遺体、オランダ移送へ 親露派が渡す
毎日新聞 7月22日(火)21時48分配信

Photo_12
犠牲者の遺体を乗せて到着した貨車を警備する警察官ら=ウクライナ東部ハリコフで2014年7月22日、AP

 【ハリコフ(ウクライナ北東部)真野森作、ニューヨーク草野和彦、ワシントン和田浩明】マレーシア航空機撃墜事件(乗員・乗客298人死亡)で、ウクライナ東部を支配する親露派武装集団は21日、墜落現場から収容した約200人の遺体を当局側に引き渡す作業に入った。国連安全保障理事会は同日、親露派に対し、調査団の無制限の立ち入りを求める決議案を全会一致で採択した。

 親露派が遺体を収容していた保冷装置付きの貨車は21日夕、現場付近のトレス駅を出発し、22日昼に北東部ハリコフに到着。オランダ政府関係者によると、遺体は駅近くの軍需工場の建物で保管され、23日にオランダへ空輸される。AFP通信によると、オランダのルッテ首相は数カ月かけて、慎重に身元確認を進める方針を明らかにした。

 ハリコフ州はウクライナ政府が掌握し、州都ハリコフに政府や国際専門家の調査本部が置かれる。遺体搬送にはオランダ、マレーシア政府と全欧安保協力機構(OSCE)の代表が同行した。今後、国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)の監督下で調査が行われる見通し。

 親露派指導者のボロダイ氏は22日未明、墜落までの飛行記録を残すブラックボックスを東部ドネツクを訪問したマレーシアの調査団に引き渡した。

 国連安保理が採択した決議は、撃墜事件を「最も強い言葉」で非難。武装集団による調査の妨害行為に「深刻な懸念」を表明し、現場保全を損なう一切の行為をしないように明記している。現場周辺での「すべての軍事活動」の即時停止や、事件の調査と責任追及に向けて、すべての政府に「完全な協力」を求めた。

 オバマ米大統領は21日、声明を発表し、国際調査団が自由に行動できるよう、ロシアのプーチン大統領が親露派に影響力を行使することを強く求めた。これに対し、プーチン大統領は22日に開いた安全保障会議で、影響力行使を約束する一方、停戦のためには「それだけでは不十分だ」と述べ、欧米がウクライナ政府にも対応をとるよう要求すべきだとの考えを示した。


プーチン大統領:ロシアの安定を崩す外国の企てには屈しない
Bloomberg 7月22日(火)21時33分配信

  7月22日(ブルームバーグ):ロシアのプーチン大統領は同国の安定を崩すことを目指した米国と欧州連合(EU)の最後通告には屈しないと言明した。大統領府での安全保障会議で発言した。

米国と同盟諸国はマレーシア航空MH17便の撃墜事件を利用して、プーチン大統領にロシア系ウクライナ国民への支援をやめさせようとしていると同大統領は論じた。クリミア併合では米国に比べ弱い姿勢を取っていた欧州も、マレーシア機撃墜を受けて態度を硬化させた。

プーチン大統領は、「ロシアは事実上、最後通告を突きつけられている。ロシアに近い人々を破滅させないならば制裁を科すと告げられている」とし、「これは奇妙な論理であり、もちろん絶対に受け入れられない」と断言した。

ロシアが供与したミサイルを使って親ロシア派のウクライナ反政府武装組織がマレーシア機を撃墜したとの非難に、プーチン大統領は異論を唱え、徹底的な調査が確実に行われるためにロシアはできるだけのことをしていると説明。墜落は「たいへんな悲劇だ」と述べ、ウクライナの反政府勢力が協力するようロシアは影響力行使を試みると語った。

また、東欧で北大西洋条約機構(NATO)による「挑戦的な」兵力増強が見られるとして、ロシアの国境警備と防衛能力の強化を呼び掛けた。

原題:Putin Says Russia Will Resist Foreign Bid to DestabilizeNation(抜粋)

記事に関する記者への問い合わせ先:モスクワ Ilya Arkhipov ;モスクワ Henry Meyer ,iarkhipov@bloomberg.net,hmeyer4@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:John Fraher ;Hellmuth Tromm Clark ,jfraher@bloomberg.net,htromm@bloomberg.netTorrey


マレーシア機撃墜 岸田外相、菅長官 ロシアに批判と注文
産経新聞 7月22日(火)21時30分配信

 岸田文雄外相は22日の記者会見で、マレーシア航空機撃墜事件への関与が疑われているウクライナの親露派武装勢力について「外部からの支援が情勢の悪化をもたらす。即刻停止すべきだ」と指摘し、名指しこそ避けたものの、武装勢力に影響力を持つロシアを批判した。ロシアへの批判が強まっている国際世論を意識した発言とみられる。

 岸田氏はさらに、撃墜現場の国際調査の進展状況に関して「武装勢力の妨害で円滑に進んでいない」と指摘。撃墜を非難した国連安全保障理事会決議については「歓迎している。決議の順守を強く求めたい」と強調した。

 菅義偉官房長官も記者会見で「撃墜行為による可能性が高く、国際社会として強く非難すべきだ。関与した者は重大な責任を取らなければならない」とした上で、ロシアに対し「武装勢力が和平に向けた対話に応じ、国際的な調査に協力するよう影響力を行使することを求める」と注文をつけた。


<EU外相会議>追加制裁を協議 マレーシア機撃墜で
毎日新聞 7月22日(火)21時8分配信

 【ブリュッセル斎藤義彦】欧州連合(EU)は22日、外相会議を開き、マレーシア航空機撃墜事件への対応を協議した。新たな制裁を行うかどうかが焦点だが、難航している。EUは撃墜事件前に「ウクライナの主権を侵害する活動を支援している」ロシアを含む企業・団体に対し資産凍結・渡航禁止の制裁を拡大することを決定。外相会議は、少なくとも制裁対象の方向性を決める見通し。

 外相会議では、武器禁輸が制裁案として浮上しているが、計10億ユーロ(約1400億円)にのぼるミストラル級強襲揚陸艦2隻をロシアに売却しているフランスが抵抗している。ロシアは大半の武器を独自に生産しており、EUの禁輸は効果的でない面もある。

 一方、外相会議は、資産凍結・渡航禁止制裁の企業への拡大について、ロシアの基幹産業であるエネルギー企業や金融関係企業を対象にするかどうかを検討する。ただ事実上、対象企業のEUでの経済活動を禁止する内容になり、EUの経済への悪影響も予想されるため、期限の月末までに慎重に対象を絞る。

 本格的な経済制裁については、首脳会議でないと決定できないため、臨時の首脳会議を近く開く案も浮上。ロシアとの経済的な結びつきが強いドイツは、制裁に慎重な姿勢を見せており実現するかどうかは予断を許さない。


ウクライナ東部に部分動員令=国境にロシア軍「4万人」
時事通信 7月22日(火)20時50分配信

 【キエフ時事】ウクライナのポロシェンコ大統領は、東部を支配する親ロシア派への「対テロ軍事作戦」を強化するため部分動員令を出し、最高会議(議会)が22日、承認した。
 大統領府によると、部分動員令は(1)民間人・軍人の犠牲につながるテロ拡散(2)国境地帯へのロシア軍部隊集結―などが理由。親ロ派の地対空ミサイル発射が疑われるマレーシア機撃墜事件も踏まえた措置とみられる。
 地元通信社によると、国家安全保障・国防会議のパルビー書記は22日、国境地帯にロシア軍部隊4万人以上が集結していると明らかにした。 


軍事支援要請「排除しない」
時事通信 7月22日(火)20時44分配信

Photo_11
インタビューに応じるウクライナのハルチェンコ駐日大使。マレーシア機撃墜事件で緊張が続く東部の親ロシア派掃討に向け、軍事面で「国際的な支援を求めることを排除しない」と述べた=22日午後、東京都港区


マレーシア機乗客280人の遺体、列車でハリコフに到着
AFP=時事 7月22日(火)20時40分配信

Photo_10
ウクライナ・ハリコフに到着した、マレーシア航空MH17便に乗っていた犠牲者280人の遺体を乗せた列車(2014年7月22日撮影)。

【AFP=時事】墜落したマレーシア航空(Malaysia Airlines)MH17便に乗っていた280人の遺体を運ぶ列車が22日、ウクライナ東部のドネツク(Donetsk)からウクライナ政府の統治下にあるハリコフ(Kharkiv)に到着した。

マレーシア機墜落、遺体運ぶ列車が出発 遺族の悲しみは怒りに

 MH17便は親ロシア派の掌握する地域に墜落し、298人が死亡した。親ロシア派は、国際社会の強い圧力の中ようやく、犠牲者の大半の遺体の移送に同意した。

 遺体はこれから航空機でオランダに移送される。犠牲者のうち193人はオランダ国籍だった。【翻訳編集】 AFPBB News


遺体、オランダ搬送へ
時事通信 7月22日(火)20時39分配信

Photo_9
ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件で、収容された遺体を納めた列車(写真)は22日午後(日本時間同日夜)、東部ハリコフに到着した。全ての遺体を確認した後、軍輸送機でオランダに搬送する。


<ウクライナ>政府軍、東部3都市を奪還
毎日新聞 7月22日(火)20時37分配信

 【キエフ篠田航一】親露派との戦闘継続に備えウクライナ最高会議(国会)は22日、予備役兵士や50歳以下の男性の招集を求める大統領令を承認した。今後の正式な動員規模や時期は未定。一方、ウクライナ政府は21日、自軍が東部ドネツク州ジェルジンスクなど3都市を奪還したと発表した。17日のマレーシア航空機撃墜事件後、親露派が内部分裂しているとの情報もあり、政府軍による制圧作戦が一定の成果を上げているようだ。

 奪還した他の2都市はルガンスク州ルビジュネ、ドネツク州ソレダル。さらに、親露派の拠点の一つルガンスク州の州都ルガンスクに向かう町も制圧し、親露派への武器供給路を断つことにほぼ成功したという。

 だが、ウクライナ国家安全保障・国防会議報道官によると、ロシア軍は新たに「約100台の武装車両」をウクライナ国境に集結させ始めており、東部国境の緊張はさらに続きそうだ。


撃墜機のブラックボックス、国際調査団に引き渡しへ=マレーシア
ロイター 7月22日(火)20時0分配信

Photo_8
7月22日、マレーシアのナジブ首相は、ウクライナの分離独立派から回収した撃墜機のブラックボックスについて、国際チームが編成された後に引き渡すことを明らかにした。写真はマレーシア側への引き渡し前にブラックボックスを見せる親ロ派(2014年 ロイター//Maxim Zmeyev)

[クアラルンプール 22日 ロイター] - マレーシアのナジブ首相は、ウクライナの分離独立派から回収した撃墜機のブラックボックスについて、国際チームが編成された後に引き渡すことを明らかにした。

首相は声明で「マレーシアが保管しているブラックボックスは、状態は良好のようで、国際調査チームが編成されるまで厳重に管理する」と述べた。


遺体、23日オランダに搬送=ウクライナ東部に到着―マレーシア機撃墜
時事通信 7月22日(火)19時44分配信

 【ハリコフ(ウクライナ東部)時事】ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件で、収容された遺体を納めた列車は22日午後(日本時間同日夜)、東部ハリコフに到着した。検視の専門家らを派遣したオランダの当局者が明らかにした。オランダのルッテ首相は22日、ハーグで「最初の遺体が23日、南部アイントホーフェンに移送される」と語った。
 犠牲者の捜索は21日に終了。遺体を収容した保冷貨車は21日夜に墜落現場を離れた。搬送作業を主導しているオランダ当局によると、列車は親ロシア派の支配地域を離れ、予定通りハリコフに到着した。
 オランダやドイツ、マレーシアなどが派遣した検視の専門家は、ハリコフにあるウクライナ軍施設で遺体を確認した後、ひつぎに納めた上で、オランダ軍のC130輸送機で搬送する。オランダ当局者は23日午前に最初の貨物機が離陸する予定だと説明。「遺体搬送は一度では終わらない」と述べ、確認が済んだ遺体から順次、移送すると話している。 

« また支那産の汚染食品、今度はマクドナルドとファミマのチキンナゲットに期限切れ肉 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1703,2014年7月23日 »

ニュース」カテゴリの記事

侵略・支配・抑圧」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

船舶・鉄道・航空」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/60029055

この記事へのトラックバック一覧です: 298人乗りマレーシア航空機、ウクライナ東部のロシア国境近くで撃墜される・14:

« また支那産の汚染食品、今度はマクドナルドとファミマのチキンナゲットに期限切れ肉 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1703,2014年7月23日 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31