« 米NTSB、韓国アシアナ航空機サンフランシスコ事故の原因は操縦ミスと結論 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 »

2014年6月25日 (水)

宮城沖地震に関するニュース・1675,2014年6月25日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:遠隔操作で燃料取り出しへ - 速報:@niftyニュース.
リンク:3号機燃料取り出し、「遠隔操作」で初実施 福島第1原発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:深層地下水も汚染=トリチウム4700ベクレル―福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:青森市、脱原発提案に賛成 - 速報:@niftyニュース.
リンク:ガス工場、重大被害なし=大手3社、南海トラフ地震で―経産省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:審査の「値踏み」するな=電力会社の姿勢批判―規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:1人当たり県民所得、微増=福島は震災で大幅減―11年度 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:汚染水、地下水の層まで浸透か 東電福島第1原発 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

遠隔操作で燃料取り出しへ
2014年6月25日(水)21時22分配信 共同通信

 東京電力は25日、福島第1原発3号機の使用済み核燃料プールで2015年度前半に開始予定の燃料取り出しは、遠隔操作で行うと発表した。

 プールからの燃料取り出しがすでに始まっている4号機では、作業員が現場でクレーンなどを操作しているが、3号機は炉心溶融が起きたほか原子炉建屋が水素爆発で大破し、プールがある場所の放射線量が高い。作業員の被ばくを防ぐため、敷地内にある別の建物から遠隔操作し、燃料を取り出す。

 3号機のプールには使用済み燃料514体と未使用燃料52体の計566体が入っている。


3号機燃料取り出し、「遠隔操作」で初実施 福島第1原発
産経新聞 6月25日(水)21時20分配信

 東京電力は25日、平成27年4月以降に予定している福島第1原発3号機の燃料貯蔵プールからの燃料取り出し作業について、3号機周辺の放射線量が高いことから作業員の被曝(ひばく)を防ぐため、遠隔操作でクレーンを動かして行うと発表した。

 現在取り出し作業を進めている4号機では建屋内で作業員がクレーンを運転し、目視で燃料の位置を確認しながら実施しており、廃炉作業の新たな試みとなる。

 3号機原子炉建屋は水素爆発により上部が損壊。東電によると、散乱したがれきなどを撤去した上で、専用のカバーを設置し内部にクレーンなどを設置する。3号機原子炉建屋の上部では、これまで毎時約500ミリシーベルトと極めて高い放射線量が計測されている。

 3号機の燃料プールには使用済み燃料が514本、新燃料が52本貯蔵されており、東電は2年間かけて取り出すとしている。


深層地下水も汚染=トリチウム4700ベクレル―福島第1
時事通信 6月25日(水)21時8分配信

 東京電力福島第1原発で放射性物質に汚染された地下水が海へ流出している問題で、東電は25日までに、より深い層にある地下水も汚染されていたと発表した。東電は従来、汚染地下水の地中への浸透について否定的な見方を示していたが、地中深くに浸透している可能性が浮上した。
 東電によると、1、2号機タービン建屋の海側で、4日に採取した地下約25~30メートルの深さの地下水から、1リットル当たり4700ベクレルのトリチウムが検出された。この深さでのこれまでの最高値で、東電が地下水を海に放出する際の目標値として定めた同1500ベクレル未満を上回る。 


青森市、脱原発提案に賛成
2014年6月25日(水)20時59分配信 共同通信

 東北電力の株式1万株余りを持つ青森市は25日、同社が26日開く株主総会で、脱原発を求める株主の提案3件のうち2件に賛成すると明らかにした。鹿内博市長が記者団に「原発を続けるのはリスクが大きく、賛同できない」と述べた。

 市が脱原発の提案に同調するのは3年連続。既に郵送した議決権行使書で、「脱原発会社宣言」を行うことや、情報公開の徹底を求める議案に賛成し、取締役選任などの会社提案は白紙にした。

 青森市は、東北電東通原発(青森県)の事故時に避難住民を受け入れる立場。市長は避難の際に「国や事業者、自治体が何をすべきか定まっていない」ことも強調した。


ガス工場、重大被害なし=大手3社、南海トラフ地震で―経産省
時事通信 6月25日(水)20時41分配信

 経済産業省は25日、南海トラフ巨大地震の揺れで、東京、大阪、東邦の都市ガス大手3社の工場は重大な被害を受けないとする中間報告書をまとめた。3社の工場計9カ所が、最大で震度6強の地震に襲われると想定。液化天然ガス(LNG)タンクなどへの影響は限定的で、稼働を続けることができるとしている。 


審査の「値踏み」するな=電力会社の姿勢批判―規制委
時事通信 6月25日(水)18時48分配信

 原発などの安全審査で、電力会社などの申請不備が相次いで指摘されたことをめぐり、原子力規制委員会の田中俊一委員長は25日の定例会合で、「審査の『値踏み』をするような申請の仕方は避けてほしい」と事業者の姿勢に苦言を呈した。
 規制委が進める安全審査では19日、日本原燃が再処理工場(青森県)について提出した申請書に対し、重大事故時の具体的対応策が記載されていないなどとの指摘が続出。17日の東北電力東通原発(同)、日本原子力発電東海第2原発(茨城県)の審査でも、想定される被ばく量の具体値が決まっていなかったり、他の原発の審査で指摘された地震についての検討がなかったりなどの不備があった。 


1人当たり県民所得、微増=福島は震災で大幅減―11年度
時事通信 6月25日(水)17時47分配信

 内閣府が25日発表した2011年度の県民経済計算によると、47都道府県の1人当たり県民所得の全国平均は前年度比0.1%増の291万5000円となり、わずかながら2年連続で増加した。ただ、11年3月に発生した東日本大震災で落ち込んだ景気の持ち直しが緩やかだったことから、県民所得の合計は0.1%減。人口が0.2%減少したことが1人当たり所得の増加に影響した。
 都道府県別では、震災と原発事故で被災した福島が9.2%減の232万4000円と最も大きく落ち込み、順位も42位(前年度は29位)に後退した。宮城は0.8%増で32位(同35位)、岩手は1.9%増で39位(同42位)と、順位を上げたが、人口減の影響が大きい。 


汚染水、地下水の層まで浸透か 東電福島第1原発
2014年6月25日(水)13時15分配信 J-CASTニュース

東京電力は2014年6月24日、東電福島第1原発1~4号機の海側で、深さ25メートルの井戸から放射性物質のトリチウムが検出されたと発表した。地下水が流れる「下部透水層」と呼ばれる層にまで汚染水がしみこんでいる可能性が出てきた。

汚染水が海に流出しているかどうかは調査中だという。東電では護岸に遮水壁を建設する工事を急ぐとしている。

« 米NTSB、韓国アシアナ航空機サンフランシスコ事故の原因は操縦ミスと結論 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/59875202

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1675,2014年6月25日:

« 米NTSB、韓国アシアナ航空機サンフランシスコ事故の原因は操縦ミスと結論 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31