« 宮城沖地震に関するニュース・1669,2014年6月19日 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 »

2014年6月20日 (金)

宮城沖地震に関するニュース・1670,2014年6月20日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<福島原発汚染水>濃度過小評価 173件の修正値が確定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原氏の不信任・問責否決…国会が事実上閉会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<名取・仮設住宅>立ち退き要請を撤回、存続 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<石原環境相>不信任決議案、衆院本会議で否決 金目発言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原子力委、原発事故受け機能縮小 - 速報:@niftyニュース.
リンク:石原氏、長男の不信任案採決「所用のため」欠席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金目」発言、改めておわび=不信任、問責案否決で石原環境相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金目」発言の石原環境相、問責決議案も否決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相問責案を否決=参院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被ばく牛連れ、国に抗議 - 速報:@niftyニュース.
リンク:不信任採決、石原慎太郎氏は欠席 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相不信任、問責を否決 - 速報:@niftyニュース.
リンク:石原環境相不信任案、否決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:津波死亡「日和幼稚園」控訴審結審…和解協議も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相への不信任決議案、反対多数で否決 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相の不信任・問責案否決=「金目」発言、与党も反省促す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金目発言の石原氏、不信任・問責決議案は否決へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東大、原発観測衛星打ち上げ - 速報:@niftyニュース.
リンク:野党、石原環境相不信任案を提出 - 速報:@niftyニュース.
リンク:野党、衆院に石原環境相不信任決議案を提出 「金目」発言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:野党、石原環境相不信任案も提出=通常国会、今夜「閉幕」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<石原環境相>野党7党が不信任決議案 「金目」発言で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相不信任案を提出=野党 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:浮上式津波防波堤、南海トラフでは機能せず? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金目発言「極めて無神経」…石原氏に問責決議案 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<核燃料再処理工場>申請書不備など判明 10月完成困難に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原環境相「金目」発言を撤回 野党が問責決議案 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<福島原発汚染水>濃度過小評価 173件の修正値が確定
毎日新聞 6月20日(金)23時37分配信

 東京電力福島第1原発の汚染水測定の際、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質の濃度を過小評価していた問題で、東電は20日、計173件の修正値が確定したと発表した。昨年8月にタンクから約300トンが漏えいし、当時1リットル当たり8000万ベクレルと発表した汚染水の濃度は同2億8000万ベクレルに、元のタンクから直接採取した汚染水も同3億2000万ベクレルから同4億1000万ベクレルにそれぞれ上方修正した。

 東電によると、昨年1~10月に採取した試料のうち、測定値の信頼性が低いと判断した173件を再評価した。うち67件は分析する試料がすでにないため、理論式で補正した。高濃度汚染水を測定する際はいったん薄めないと正確に測れないが、誤って薄めずに測定したことが過小評価につながったという。【須田桃子】


石原氏の不信任・問責否決…国会が事実上閉会
読売新聞 6月20日(金)22時45分配信

 第186通常国会は20日、150日間の会期末にあたる22日を前に、事実上閉会した。

 民主党など野党7党は20日午前、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う汚染土の中間貯蔵施設建設を巡る石原環境相の発言を問題視し、衆院に石原氏の不信任決議案を提出したが、同日午後の本会議で与党の多数で否決された。参院に前日提出された石原氏の問責決議案も、与党の多数で20日夜の本会議で否決された。

 20日の参院本会議では、国立大学改革を学長主導で進めるための改正学校教育法・国立大学法人法などの採決が行われ、与党などの多数で成立した。

 与党は、集団的自衛権行使に関する憲法解釈見直しを政府が閣議決定した場合、予算委員会の閉会中審査を開いて対応する方針だ。


<名取・仮設住宅>立ち退き要請を撤回、存続
毎日新聞 6月20日(金)21時29分配信

 東日本大震災で被災した宮城県名取市の愛島(めでしま)東部仮設住宅(182戸)で、入居者の半数以上が立ち退きを求められた問題で、市は20日、立ち退き要請を撤回し、民有地である敷地を買い上げて仮設を存続させる方針を明らかにした。住民要望を受けた措置で、約2.5ヘクタールの敷地全体を10億円前後で購入。入居者の住宅再建ができるまで、仮設住宅のコミュニティーは維持される見通しとなった。

 愛島東部仮設の土地は地元の土地区画整理組合が所有し、今年6月末を期限に県が借りていた。組合から土地返還を求められた市は5月、住民が使用する162戸(144世帯)のうち要介護者などに配慮して敷地の一部のみ買い上げ、90戸は市内6カ所の仮設に分散して転居するよう要請。住民側は「3年かけて築いたコミュニティーが壊れる」と反発していた。

 市は、移転先の一つに提案していた大規模な仮設住宅に、まとまった空室が出るまで1年以上かかることなどを考慮し、退去要請を撤回して敷地を一括購入することを決めた。遠藤一雄自治会長(67)は「みんな一緒に住み続けられることになって安心した。市もよく決断してくれた」と喜んだ。

 宮城、岩手、福島の被災3県で自治体が仮設用地を買い上げるのは初めて。今後、民有地に建つ仮設が相次ぎ貸与期限切れとなる可能性があるが、仮設は本来、公共用地に建設することになっており、市の担当者は「購入費について国の財政支援は要請できない」と明かす。市は県からの借り入れで対応する方針だが、財政負担は重く、こうした自治体による買い取りが期限切れ対策として広がるかは不透明だ。【金森崇之】


<石原環境相>不信任決議案、衆院本会議で否決 金目発言
毎日新聞 6月20日(金)20時41分配信

 ◇問責決議案も参院本会議で否決

 石原伸晃環境相が東京電力福島第1原発事故の除染に伴う中間貯蔵施設建設を巡る被災地との交渉について「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した問題で、民主党など野党7党が20日提出した石原氏の不信任決議案は、衆院本会議で自民、公明両党などの反対多数で否決された。野党8党が19日に提出した石原氏への問責決議案も20日の参院本会議で、与党の反対多数で否決された。

 石原氏は問責決議案否決後、記者団に「私の発言で不快な思いをされた多くの方々には心からおわびしたい。不惜身命(ふしゃくしんみょう)、全力で、謙虚な気持ちで仕事にまい進したい」と語った。

 野党はこのほか、石原氏の発言に絡み、伊藤信太郎衆院環境委員長(自民党)の解任決議案を提出したが、衆院本会議で否決された。【光田宗義、阿部周一】


原子力委、原発事故受け機能縮小
2014年6月20日(金)19時57分配信 共同通信

 国の原子力委員会の委員を5人から3人に削減するなど機能を縮小する改正原子力委員会設置法が20日、参院本会議で可決、成立した。

 原子力委は東京電力福島第1原発事故後、原発を推進する組織としての位置付けや不透明な委員会運営が批判され、組織改革が求められていた。

 改正後は、原子力政策の基本方針となる「原子力政策大綱」は策定せず、内容を簡素化した「基本的考え方」を示すにとどめる。役割もプルトニウムの管理など原子力の平和利用や放射性廃棄物の処分問題に限定する。

 ただ、原発維持のための組織として業務が拡大する可能性もある。


石原氏、長男の不信任案採決「所用のため」欠席
読売新聞 6月20日(金)19時47分配信

 野党7党が20日、衆院に提出した石原環境相に対する不信任決議案は、参院に提出された問責決議案とともに否決された。

 野党からは欠席者が相次いだ。

 日本維新の会の石原共同代表は、長男である環境相への不信任決議案を採決した衆院本会議を欠席した。石原氏は維新の会事務局に「所用のため」と届け出た。また、維新の会衆院議員2人と、みんなの党の渡辺喜美前代表も欠席した。維新の会の今村洋史衆院議員は、反対に回った。

 民主党の海江田代表は20日の党代議士会で、不信任決議案について「野党全党が一致だ。野党をまとめ上げることができたことは成果だ」と述べ、与野党対決で野党第1党の責任を果たしたとアピールした。しかし、実際には野党の足並みが乱れたうえ、内閣不信任決議案の提出は日本維新の会やみんなの党などの反対で見送られた。民主党以外の野党からは「民主党が本気で野党共闘を進めようとしているとは、思えない」と冷ややかな声も上がった。


「金目」発言、改めておわび=不信任、問責案否決で石原環境相
時事通信 6月20日(金)19時42分配信

 石原伸晃環境相は20日、東京電力福島第1原発事故の除染で出た汚染土の中間貯蔵施設建設に関し「最後は金目でしょ」と発言した問題をめぐり、自身に対する不信任、問責両決議案が衆参両院の本会議で否決されたことを受け、「私の発言で不快な思いをした多くの方々に、改めて心からおわびする」と重ねて陳謝した。国会内で記者団に語った。 


「金目」発言の石原環境相、問責決議案も否決
読売新聞 6月20日(金)19時17分配信

 参院は20日の本会議で、野党8党が共同で提出した石原環境相に対する問責決議案を、自民、公明両党の反対多数で否決した。


石原環境相問責案を否決=参院
時事通信 6月20日(金)19時10分配信

 参院は20日夜の本会議で、野党7会派が提出した石原伸晃環境相に対する問責決議案を、与党の反対多数で否決した。 


被ばく牛連れ、国に抗議
2014年6月20日(金)18時14分配信 共同通信

Yos
 福島第1原発事故で被ばくした牛をトラックから下ろそうとして、警察官に制止される吉沢正巳さん(右から2人目)=20日午後、東京・霞が関の農水省前

 東京電力福島第1原発から半径20キロ圏の旧警戒区域内で被ばくした牛を飼育している福島県浪江町の畜産農家吉沢正巳さん(60)が20日、牛を連れて東京・霞が関に現れ、殺処分を指示した国に抗議した。

 吉沢さんは午後1時半ごろ、支援者らも集まった農水省前に、牛1頭を載せたトラックとともに到着。拡声器を使って「40年間、福島県は東京のために電気を送ったのに、おれたちは今捨てられるんだ」と怒りをぶつけた。

 この後、農水省担当者に牛の調査やえさの確保を求めて要請書を手渡したほか、石原伸晃環境相が「最後は金目でしょ」と発言した問題で、環境省前でも抗議の声を上げた。


不信任採決、石原慎太郎氏は欠席
時事通信 6月20日(金)17時36分配信

 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は20日、長男の石原伸晃環境相に対する不信任決議案を否決した衆院本会議を欠席した。維新事務局には欠席理由を「所用のため」と届け出た。原発事故に伴う中間貯蔵施設建設に絡み「最後は金目」と発言した石原環境相に対しては、維新も不信任案の共同提出に加わっていた。 


石原環境相不信任、問責を否決
2014年6月20日(金)16時23分配信 共同通信

Nis
 参院本会議で問責決議案が否決され、議場を後にする石原環境相=20日夜

 衆参両院は20日の本会議で、野党が提出した石原伸晃環境相の不信任決議案と問責決議案を与党の反対多数により、それぞれ否決した。中間貯蔵施設建設をめぐり石原氏が「最後は金目」と発言した問題を受け、野党各党が「閣僚としての資質を欠く」と批判し共同提出していた。

 政府、与党は両決議案の否決によって20日に事実上閉幕の通常国会を乗り切り、事態の沈静化を図る。だが野党は閉会中審査を求めるなどして引き続き追及する構えだ。

 石原氏は20日、「私の発言で不快な思いをした多くの方にあらためておわびしたい。厳しい環境の中でも引き続き仕事をするチャンスをもらった」と述べた。


石原環境相不信任案、否決
産経新聞 6月20日(金)15時14分配信

 東京電力福島第1原発事故に伴う中間貯蔵施設建設をめぐり「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対する不信任決議案は、20日午後の衆院本会議で自民、公明両党の反対多数で否決された。


津波死亡「日和幼稚園」控訴審結審…和解協議も
読売新聞 6月20日(金)15時12分配信

 東日本大震災の津波で死亡した私立「日和(ひより)幼稚園」(宮城県石巻市)の園児4人の遺族が園側を相手取り、損害賠償を求めた訴訟の控訴審は20日、仙台高裁(水野邦夫裁判長)で結審した。

 控訴審では、口頭弁論と並行して和解協議が3月に始まった。この日の結審後も協議が行われたが、まとまらず、協議を続けることになった。高裁は、和解が不可能と判断した場合、判決を言い渡す。

 園側は控訴審で、昨年9月の1審・仙台地裁判決が「津波は容易に予見できた」とした点について、「震災後の停電で津波に関する情報を収集できなかった。仮にできても、園児が犠牲になると予測できなかった」などと改めて否定。安全配慮義務違反はなかったとして1審判決の破棄を求めてきた。

 遺族側は、市内の他の私立幼稚園では、近くの中学校に園児を避難させるなどして犠牲者が出なかったと指摘し、「同様の対応を取れば園児は無事だった」と主張、控訴棄却を訴えていた。


石原環境相への不信任決議案、反対多数で否決
読売新聞 6月20日(金)14時55分配信

衆院は20日の本会議で、野党7党が共同で提出した石原環境相に対する不信任決議案を、反対多数で否決した。


石原環境相の不信任・問責案否決=「金目」発言、与党も反省促す
時事通信 6月20日(金)14時48分配信

 衆院は20日午後の本会議で、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土などの中間貯蔵施設建設に絡み、「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対する野党7党提出の不信任決議案を、与党の反対多数で否決した。参院も同日夜の本会議で、野党7会派が提出した環境相問責決議案を与党の反対多数で否決した。
 衆院本会議で不信任案の提案理由を説明した民主党の辻元清美氏は、「石原氏の発言は被災者の心を傷つけた。石原氏の罷免なくして復興なしだ」と安倍晋三首相に罷免を要求。日本維新の会、みんな、結い、共産、生活各党も賛成討論で石原氏の早期交代を求めた。
 これに対し、与党側は石原氏の続投を擁護したが、反対討論に立った自民党の田中和徳氏は「配慮が足りなかった。大いに反省を促したい」と苦言を呈し、公明党の竹内譲氏も「被災者の気持ちをないがしろにする発言だ。猛省を促す」と強調した。 


金目発言の石原氏、不信任・問責決議案は否決へ
読売新聞 6月20日(金)12時59分配信

 第186通常国会は20日夜、22日の会期末を前に事実上閉幕する。

 これに先立ち、民主党や日本維新の会など野党7党は20日午前、石原環境相に対する不信任決議案を衆院に提出した。野党8党が参院に19日提出した石原氏の問責決議案とともに、20日午後の衆参両院の本会議で、与党の反対多数で否決される。

 石原氏に関しては、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う汚染土などを保管する中間貯蔵施設の建設を巡り、「最後は金目でしょ」と発言したことを全野党が問題視している。

 民主党の松原仁国会対策委員長は20日午前、野党7党の国対委員長会談後に記者会見し、石原氏の発言について、「到底許容できない。野党各党で信任に値しないとの考えで一致した」と語った。


東大、原発観測衛星打ち上げ
2014年6月20日(金)12時31分配信 共同通信

 【モスクワ共同】東京電力福島第1原発の周辺地域の環境変化と、ウクライナ・チェルノブイリ原発事故現場周辺を同時に観測する東大の超小型人工衛星2基が19日深夜(日本時間20日未明)、ロシア・ウラル地方のヤースヌイ基地から打ち上げられた。衛星は間もなく軌道に乗った。

 両原発周辺の観測は早ければ9月ごろ始まる。光学カメラで原発周辺を定期的に撮影したり、地上の観測機器から情報を受信したりしながら、植生分布など環境の経年変化を調査する。

 衛星開発費は1基当たり2億8千万円程度と低額で、開発期間は2年未満。従来かかっていた費用や時間を大幅に減らすことに成功した。


野党、石原環境相不信任案を提出
2014年6月20日(金)12時8分配信 共同通信

 野党7党は20日、東京電力福島第1原発事故に伴う中間貯蔵施設建設をめぐり「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対し、閣僚としての資質に欠けるとして不信任決議案を衆院に共同提出した。民主党などは、衆院環境委員会で予定された石原氏出席の質疑を行わなかったとして、伊藤信太郎委員長(自民党)の解任決議案も提出したが、午後の衆院本会議で自民、公明両党の反対多数により否決された。石原氏の不信任決議案と19日に参院に提出された問責決議案も午後の衆参両院本会議で否決される。

 第186通常国会は22日の会期末を前に事実上の閉幕日を迎え、与野党の攻防が激化した。


野党、衆院に石原環境相不信任決議案を提出 「金目」発言
産経新聞 6月20日(金)11時49分配信

 野党各党は20日午前、東京電力福島第1原発事故に伴う中間貯蔵施設建設に絡んで「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対する不信任決議案を衆院に共同で提出した。参院では19日に石原氏への問責決議案を提出済みで、いずれも午後の衆参両院本会議で与党の反対多数で否決される見通しだ。

 野党7党の国対委員長は20日午前、国会内で会談し、「石原氏は閣僚として不適格」との認識で一致し、不信任決議案提出に踏み切った。同日午前に予定されていた衆院環境委員会での石原氏への質疑は、石原氏に参院問責決議案が提出されたことに与党が反発し、取りやめとなった。このため野党は伊藤信太郎環境委員長(自民)への解任決議案も提出した。

 参院議院運営委員会では、特定秘密保護法の運用を監視する「情報監視審査会」を衆参各院に常設する国会法改正案の質疑が行われた。20日中に参院本会議で成立する見通し。

 通常国会は22日が閉会日だが、週末にさしかかるため、20日で事実上閉幕する。


野党、石原環境相不信任案も提出=通常国会、今夜「閉幕」
時事通信 6月20日(金)11時42分配信

 第186通常国会は20日、衆参両院本会議で最終的な法案の処理や閉会中審査の手続きなどを取り、22日の会期末を前に事実上閉幕する。野党7党は20日午前、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土の中間貯蔵施設建設に絡み「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対する不信任決議案を衆院に提出した。
 石原氏の不信任案と、野党7会派が参院に19日提出した同氏の問責決議案は、20日午後の衆参両院本会議で、それぞれ与党の反対多数で否決される。不信任案は「『金目』発言は被災地住民の尊厳を踏みにじる許し難い暴言で、大臣の資質と資格を欠く」と非難している。
 与党側は不信任・問責案提出に反発し、20日午前に衆院環境委員会で予定された石原氏への質疑を中止。これに対し、共産党を除く野党6党は、伊藤信太郎衆院環境委員長の議事運営に抗議し解任決議案を提出したが、午後の衆院本会議で否決された。 


<石原環境相>野党7党が不信任決議案 「金目」発言で
毎日新聞 6月20日(金)11時9分配信

Nobute
閣議に臨む石原伸晃環境・原子力防災相=首相官邸で2013年6月20日午前8時11分、藤井太郎撮影

 石原伸晃環境相が東京電力福島第1原発事故の除染に伴う中間貯蔵施設建設を巡る被災地との交渉について「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した問題で、野党7党は20日午前、石原氏の不信任決議案を衆院に提出した。

 不信任決議案を提出したのは、新党改革を除く民主党、日本維新の会など7党。これに先立ち、国会内で開いた野党国対委員長会談で「石原氏は環境相として、到底信任できない」と批判が相次いだ。

 野党は19日に参院に問責決議案を提出しているが、20日午後の採決で両決議案は否決される見通しだ。

 野党はまた、衆院環境委員会で石原氏への質疑を求めていたが、与党が応じないため、伊藤信太郎・衆院環境委員長(自民)の解任決議案も合わせて衆院に提出した。【光田宗義】


石原環境相不信任案を提出=野党
時事通信 6月20日(金)10時56分配信

 民主党など野党7党は20日午前、東京電力福島第1原発事故に伴う除染土の中間貯蔵施設建設に絡み「最後は金目」と発言した石原伸晃環境相に対する不信任決議案を衆院に提出した。
 また、共産党を除く野党6党は、同日に予定された石原氏への質疑を認めなかったとして、伊藤信太郎衆院環境委員長の解任決議案も提出した。 


浮上式津波防波堤、南海トラフでは機能せず?
読売新聞 6月20日(金)10時45分配信

 国土交通省近畿地方整備局が2019年度末の完成を目指して和歌山県海南市に建設中の世界初の浮上式津波防波堤が、南海トラフ巨大地震の際に正常に機能しない恐れがあることがわかった。

 同局の専門家委員会が基礎部分の強度不足などを指摘した。大幅な設計変更が必要で、事業費が膨らみ、完成時期がずれ込む可能性が高い。

 浮上式防波堤は、和歌山下津港の海底(水深13・5メートル)に、二重構造の鋼管約80本を垂直に一列に並べる構造。普段は船の往来を妨げないよう海底に納めているが、津波の襲来時は、内側の鋼管(直径2・8メートル)を海面から7・5メートルの高さに浮上させ、長さ約240メートルの壁をつくる。

 同局が09年度に事業着手し、13年3月には海底に埋めた鋼管3本を実際に浮上させる実証実験を行った。総事業費は約250億円を見込み、うち3分の1を県が負担する。

 一方、国は12年8月、南海トラフ巨大地震の想定を公表。海南市の津波高は従来の6・7メートルから8メートルに、震度も6弱から7に引き上げた。同局はこれを受け、土木工学の専門家らの委員会を設け、構造の妥当性を再検証した。

 その結果、▽設計時の試算を上回る揺れで海底の鋼管が傾き、浮上しない▽浮上しても津波の圧力に耐えきれない――などの可能性があると判明。鋼管基礎の周囲の地盤を強化する必要性が出てきたという。


金目発言「極めて無神経」…石原氏に問責決議案
読売新聞 6月20日(金)9時30分配信

 民主党や日本維新の会など野党8党は19日、石原環境相に対する問責決議案を参院に共同で提出した。

 野党は衆院でも20日に石原氏に対する不信任決議案を提出する方向で調整している。だが、与党が過半数を占めているため、問責決議案は20日の参院本会議で自民、公明両党の反対多数で否決される見通しだ。

 決議案は、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴う汚染土などを保管する中間貯蔵施設建設を巡り、石原氏が「最後は金目でしょ」と発言したことについて、「極めて無神経で許し難い発言であり、看過することはできない」とした上で、「(石原氏は)その職を続ける資格はない」と厳しく批判している。石原氏は19日の参院環境委員会で自らの発言について、「品位を欠き、誤解を招いた」と謝罪し、撤回した。また、石原氏は今国会閉会後に福島県を訪れ、県民らに謝罪する意向も表明した。これに対し、野党は同委員会後、参院国会対策委員長会談を開き、石原氏に対する問責決議案の共同提出で一致した。


<核燃料再処理工場>申請書不備など判明 10月完成困難に
毎日新聞 6月20日(金)9時0分配信

 原子力規制委員会は19日、使用済み核燃料再処理工場(青森県六ケ所村)の安全審査で、日本原燃に対し、申請書の不備や説明不足を指摘し「審査会合で確認する段階にない」と厳しく批判した。原燃は当初、審査期間を半年程度と見込んでいたが、今年1月の審査開始から約5カ月が経過した段階になって抜本的な見直しを求められる事態となり、目標とする工場の今年10月完成は困難な情勢になった。

 原燃は1月7日、新規制基準に基づく安全審査を申請。6月ごろに審査を終え、規制委の検査を経て、工場完成を10月と見込んでいた。ところが、規制委から重大事故対策の基本方針や安全上重要な施設の見直しを指示され、5月末に補正申請書を提出した。

 この日の審査会合でも、施設の安全対策についての説明が足りないとの指摘が出たほか、原燃が説明の追加・修正を繰り返す状況に「すべて検討を終えてから申請すべきなのに、最初の申請書が不十分だ」などの批判が上がった。更田(ふけた)豊志委員は「申請書に書いていないことを、『こう考えています』と説明を受けても審査はできない」と突き放した。

 審査会合後、原燃の越智英治理事は「我々なりにやってきたつもりだが、意見を真摯(しんし)に受け止めたい」と話した。【鳥井真平】


石原環境相「金目」発言を撤回 野党が問責決議案
産経新聞 6月20日(金)7時55分配信

 野党各党は19日、除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設をめぐる福島県側との交渉について「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した石原伸晃環境相に対し、参院に問責決議案を共同提出した。問責決議案は20日の参院本会議で採決される。野党は衆院でも20日に石原氏への不信任案を提出する方針だが、衆参両院とも与党が多数を占めており、いずれも否決されるのは確実だ。

 石原氏は19日、参院環境委員会に出席し、発言について「用地補償など最後は予算措置の規模を示すことが重要だとの趣旨だった。お金ですべて解決する意図では全くない」と釈明。その上で「品位を欠き、誤解を招く表現で心からおわびしたい」と謝罪した。

 石原氏はまた「国会閉会後、速やかに福島を訪れ、直接謝罪したい。発言が意図せざる理解をされた。撤回したい」と述べた。

 野党側は自発的な辞任を求めたが、石原氏が「十分反省している。職務を全うしたい」と拒否したため、野党全党が賛同の上に問責決議案提出に踏み切った。

 野党はこれまで安倍晋三政権との距離感の違いなどで一体感を欠いていたが、事実上の国会閉会日となる20日を目前にして「敵失」で結束した形だ。

 ただ、社民党が安倍内閣への不信任決議案提出も求めていたのに対し、民主党は「野党の足並みがそろわない」などの理由で難色を示し、最終的に断念した。通常国会での野党の内閣不信任案提出見送りは昨年に続き2年連続となった。

« 宮城沖地震に関するニュース・1669,2014年6月19日 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/59848316

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1670,2014年6月20日:

« 宮城沖地震に関するニュース・1669,2014年6月19日 | トップページ | いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31