« 「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 | トップページ | 中共支那に侵略された新疆ウルムチで報復の爆弾テロか・2 »

2014年5月 2日 (金)

宮城沖地震に関するニュース・1621,2014年5月2日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<汚染水誤移送>スイッチ誤操作が原因…東電「故意」否定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ポンプの電源、誤り入れる=ミス防止に不備、汚染水誤移送―東電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:汚染水誤送、スイッチ間違えたか - 速報:@niftyニュース.
リンク:「美味しんぼ」の福島“鼻血描写”問題 次号で特集記事掲載へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:やらせ報道の「ガレキとラジオ」、上映再開へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:<長崎大>福島の支援組織発足 被ばく医療や教育強化 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<美味しんぼ>特集記事掲載へ 福島原発の描写問題で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:1日で放射能濃度33倍に=誤移送建屋の周辺井戸で―東電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川内原発補正書に記載漏れ=再提出必要、8日に指摘へ―規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東京ガールズコレクションの出演者訪問=福島県郡山市〔地域〕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:観光客も素早く避難 神戸市が津波高表示スマホサイト公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:進む人口減…被災地「コンパクトシティー構想」担うのは誰なのか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発再稼働、進める方針を明言 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<汚染水誤移送>スイッチ誤操作が原因…東電「故意」否定
毎日新聞 5月2日(金)21時10分配信

Photo_6
東京電力福島第1原発=福島県大熊町で、本社機「希望」から徳野仁子撮影

 東京電力福島第1原発で先月、非常時以外は汚染水を貯蔵できない建屋に大量の高濃度汚染水が移送された問題で、東電は2日、作業員が移送ポンプのスイッチを誤操作した可能性が高いと発表した。東電は「故意ではなかった」と説明している。

 東電は、作業に携わった社員ら94人に聞き取り調査を実施。3月20日に空調設備のスイッチを操作した作業員1人が見つかり、この時、併設されたポンプ4台のスイッチを誤って入れた可能性が高いと結論づけた。東電が誤移送を発見したのは4月13日と遅れた。これについて東電は「建屋の水位計を毎日監視しておらず、誤移送に気づくのに時間がかかった」と説明した。【斎藤有香、下桐実雅子】


<福島第1原発>遮水壁、着工遅れも…東電に安全対策注文
毎日新聞 5月2日(金)21時3分配信

 原子力規制委員会は2日、東京電力福島第1原発で地下水が原子炉建屋に流入し汚染水となるのを防ぐ「凍土遮水壁」について、計画の再検討を東電に指示した。安全に管理できる根拠を示すデータが不十分と判断した。東電は6月にも着工する予定だが、遅れる可能性が出てきた。汚染水は敷地内に46万トン(4月現在)あり、毎月1万トン以上増えている。汚染水対策の「柱」とされる遮水壁の建設の遅れは廃炉作業にも影響しそうだ。

 遮水壁は、事故を起こした1~4号機の周りを囲むように地中約1.5キロを凍らせて壁を造り、地下水の流入を防いで汚染水を減らす目的で、政府が昨年9月に建設を決定した。

 東電は今年3月、設置計画を規制委に申請。これに対し規制委は、原子炉の管理に悪影響がないか▽安全に管理できるか▽遮水効果があるか--について約30項目の質問を政府と東電に送り回答を求めていた。

 この日開かれた規制委の作業部会では、委員から水位の管理について質問が集中した。遮水壁を設置しても、原子炉建屋内の汚染水の水位を周囲の地下水より低く保てなければ、汚染水が外部に漏れる恐れがあるためだ。東電はこれまでの解析結果を示し「安全に管理できる」と説明したが、委員は「設置した場合の悪影響について評価が足りない」などと批判。水位計の管理方法や詳細な地盤の解析データを次回会合までに再提出するよう求めた。遮水壁建設は前例がない大規模な工事とされ、約320億円の国費の投入を予定し、2015年度の完成を目指している。規制委の更田(ふけた)豊志委員は「設置して悪影響が出るならば撤退も考える必要がある。国費を投入する観点からきちんとした説明をしてもらう」と述べた。【鳥井真平、斎藤有香】


ポンプの電源、誤り入れる=ミス防止に不備、汚染水誤移送―東電
時事通信 5月2日(金)20時28分配信

 東京電力福島第1原発で、高濃度汚染水が移送する予定のない建屋に流れ込んだ問題で、東電は2日、3月20日の作業中、社員が普段使わないポンプの電源を誤って入れたため起きた可能性が高いと発表した。
 本来は、同じ配電盤にある空調設備の電源を入れるはずだった。配電盤には、どのスイッチが何の電源なのか表示されていなかった。東電は「当社として管理できていなかった」と話し、作業員のミスを防ぐ仕組みに不備があったと認めた。 


汚染水誤送、スイッチ間違えたか
2014年5月2日(金)19時11分配信 共同通信

 東京電力福島第1原発で使う予定のないポンプが動き、移送先ではない建屋に高濃度汚染水が流入した問題で東電は2日、建屋で作業していた社員が空調設備を動かそうとした際、誤ってポンプのスイッチを入れた可能性が高いとの調査結果をまとめ、原子力規制委員会に報告した。

 この問題では、「プロセス主建屋」と「焼却工作建屋」の二つの建屋にあるポンプ4台が動き、本来の移送先ではない焼却工作建屋に汚染水が流入した。

 東電は、プロセス主建屋の水位が3月20日以降急上昇しているため、同日、ポンプ電源が入ったと推定。社員への聞き取りで、空調設備の電源を入れた社員がいたことを確認した。


「美味しんぼ」の福島“鼻血描写”問題 次号で特集記事掲載へ
産経新聞 5月2日(金)16時32分配信

Photo_5
「福島の真実」に描かれた原因不明の鼻血のシーン(写真:産経新聞)

 小学館の漫画誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」の人気漫画「美味しんぼ」で、東京電力福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面が描かれ、風評被害を助長するのではないか-との批判が集まっている問題で、5月19日発売の同誌で、寄せられた意見をまとめた特集記事が掲載される予定になっていることが分かった。

 同誌編集部が公式ツイッターで明らかにした。

 同社広報担当によると、発売後から電話やメールなどで、批判を含む意見が相次いでいることから、記事の掲載を決めたという。ツイッターで編集部は「多数のご批判とご意見をいただいた。すべてを真(しん)摯(し)に受け止め、今後の誌面作りに活(い)かしてまいります」と説明している。「識者のご見解やご批判を含むご意見を集約した特集記事を掲載する予定」としている。

 批判を集めているのは5月12、19日合併号(4月28日発売)に掲載された内容。福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出したりする描写の後、井戸川克隆・前福島県双葉町長が、「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と明かす設定。

 同編集部はこれまで、公式サイトで「鼻血や疲労感は綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載した。取材先や作者の実体験について、医師に見解を問う展開となっている」としている。


やらせ報道の「ガレキとラジオ」、上映再開へ
2014年5月2日(金)16時3分配信 J-CASTニュース

「やらせ」があったと報じられ、上映中止となっていた震災ドキュメンタリー映画「ガレキとラジオ」の山国秀幸エグゼクティブプロデューサーが、2014年5月1日、上映再開に向けて準備を進めていることを文書で明らかにした。「誰からも応援して頂ける映画になることを前提として、再上映の可能性とその新しい内容について慎重に検討に入りたい」として、理解を求めた。

映画は東日本大震災後の宮城・南三陸町で開局した災害ラジオ局「FMみなさん」と町民の姿を描いた作品で、13年4月に公開された。14年3月になり、被災者の女性がラジオを聞いて励まされているという場面について、実際は電波が届かず、撮影班が用意した録音CDを聞いていたことが一部報道により判明。製作陣は「演出」があったことを認めて謝罪し、上映会の中止を申し入れた。

その後、山国氏が「やらせ」報道のきっかけとなった女性に直接会いに行くと、女性は「やらせでは絶対ない」と記事を否定した。記事内容が真意とは違ったこと、再上映を望んでいることなども分かったという。また、映画に出演したラジオ局の元スタッフたちも4月中旬に上映再開を求める声明を発表していた。

報道直後に上映中止を求めていた、ナレーションの役所広司氏にも説明を行い、「東北支援の原点に戻り、新たな映画『ガレキとラジオ』に生まれ変われるよう頑張りましょう」との言葉をもらったという。

山国氏は、現時点で再上映の予定はないとしながらも、「それが果たせるならば、『映画で東北を知る支援』の活動を地道に積み重ね、微力ながら東北、南三陸町に還元していきたいと考えております」と綴った。進展があれば、改めて報告するという。


<長崎大>福島の支援組織発足 被ばく医療や教育強化
毎日新聞 5月2日(金)16時0分配信

 長崎大は1日、東日本大震災と原発事故に見舞われた福島県の復興を支援する新組織「福島未来創造支援研究センター」を発足させた。同大は「被ばく医療や教育などの分野で、これまでの支援を強化する」としている。

 同大は原発事故の直後から、被ばく医療の専門家らを福島県に派遣。原発事故の影響で一時は全村避難を強いられた同県川内村に「復興推進拠点」を設け、住民の帰還などを支援している。センター設置で、従来よりも予算や人材の確保が見込まれるという。

 センターは▽業務支援▽復興支援▽教育支援--の3部門で構成。復興では、川内村以外の自治体の帰還支援にも取り組む。センター長に就任した山下俊一副学長は「大学の組織として、長期に復興を支援をするという意思表示になる」と語った。【小畑英介】


<美味しんぼ>特集記事掲載へ 福島原発の描写問題で
毎日新聞 5月2日(金)12時43分配信

 小学館の週刊誌「ビッグコミックスピリッツ」(4月28日発売号)の人気漫画「美味(おい)しんぼ」で、福島第1原発を訪れた主人公らが鼻血を出す場面が描かれ、読者からの問い合わせが相次いだことについて、同誌の19日発売号に批判意見や識者の見解をまとめた特集記事が掲載されることが分かった。

 スピリッツ編集部は1日にツイッター上で「多数のご批判とご意見を頂戴致しました」と書き込んだ上で、識者の見解や、批判意見などをまとめた特集記事の掲載を予告。19日には同誌の公式ホームページにも掲載する。

 漫画の内容は、主人公の新聞記者らが福島第1原発を取材後に疲労感を訴え、鼻血を出す表現がある一方、記者が診察を受けた医師が「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と答える場面もある。【竹内良和】


1日で放射能濃度33倍に=誤移送建屋の周辺井戸で―東電
時事通信 5月2日(金)11時53分配信

 東京電力福島第1原発で、高濃度の放射能汚染水が予定されていない建屋に誤って移送された問題で、東電は2日、この建屋付近のくみ上げ用井戸で1日に採取された水から、ストロンチウム90などベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり430ベクレル検出されたと発表した。
 前回採取した4月30日の値は同13ベクレルで、約33倍に上昇。東電は降雨の影響で地中の放射性物質が井戸に流れ込んだとみている。 


川内原発補正書に記載漏れ=再提出必要、8日に指摘へ―規制委
時事通信 5月2日(金)11時41分配信

 原発再稼働の前提となる安全審査で、優先審査対象となっている九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)について、原子力規制委員会は2日の定例会合で、九電が提出した補正申請書に記載漏れがあったと明らかにした。
 これまでの審査の指摘事項を反映した補正申請書は、事実上の合格通知となる審査書案の作成に不可欠。規制委は8日、九電に再提出を求める。早ければ6月末とみられていた審査合格の時期がずれこむ可能性もある。 


東京ガールズコレクションの出演者訪問=福島県郡山市〔地域〕
時事通信 5月2日(金)9時54分配信

 福島県郡山市で4月29日に開催された「東京ガールズコレクションin福島2014」に出演したタレントでモデルの水沢アリーさんら3人が前日の28日、市立富田中学校を訪れた。全校集会で小熊博治校長(54)が紹介すると、突然のサプライズに生徒たちは大歓声を上げた。
 訪問したのは、水沢さんのほか、MC役の広海さんと深海さん。約20分間、生徒たちと腕相撲をしたり質問を受けたりして交流を楽しんだ。水沢さんは「きょう、みんなに会って感動したし、逆にパワーをもらった。何か1個目標や夢をもって、それに向かって頑張ってほしい」と全校生徒582人にエールを送った。
 同校には、東日本大震災や東京電力福島第1原発事故の影響で双葉郡の自治体から避難中の生徒が15人いるが、小熊校長は「いずれの生徒も喜んでいたし、大変良い機会となった」と話していた。 


観光客も素早く避難 神戸市が津波高表示スマホサイト公開
産経新聞 5月2日(金)9時12分配信

Photo_4
津波による浸水が想定される旧居留地周辺の津波高を示すウェブサイト「ココクル?」の画面=神戸市中央区(写真:産経新聞)

 南海トラフ巨大地震に伴う津波に備え、都心部に多い観光客らに素早い避難行動につなげてもらおうと、神戸市は1日、現在地の津波高の想定が表示されるスマートフォン用防災ウェブサイト「ココクル?」の公開を始めた。利用は無料。

 県が2月に公表した津波浸水想定によると、神戸市内の観光地では、旧居留地(中央区)で3メートル未満、神戸ハーバーランド(同)で2メートル未満の浸水が見込まれている。

 ウェブサイト「ココクル?」では、インターネット上の地図サービス「グーグルマップ」に県の津波浸水想定を反映させてハザードマップを作成。スマートフォンの衛星利用測位システム(GPS)機能を使い、同市内でこのサイトに接続すると、現在地が一目で分かるほか、今いる地点で想定される最大の津波高を5段階で表示できる。

 また、東日本大震災時、安否確認や連絡の手段としてインターネットが活躍した教訓を踏まえ、現在地の住所やメッセージをツイッターやメールなどで家族や友人向けに発信できる機能も備えた。


進む人口減…被災地「コンパクトシティー構想」担うのは誰なのか
産経新聞 5月2日(金)8時8分配信

Photo_3
被災し取り壊された山下駅に立つ橋元伸一さん。後方に見える商店を営んできた=宮城県山元町(写真:産経新聞)

 東日本大震災で被災した宮城県で昨年4月、最も早く入居が始まった山元町の災害公営住宅(復興住宅)。元公務員の岩佐磐石(ばんじゃく)さん(78)は居間でくつろぎ、「快適です。疲れたときはワンタッチで沸く風呂がありがたい」と話す。

 公営住宅は、町が「コンパクトシティー」と呼ぶ新市街地にある。沿岸の被災集落を内陸の3つの新市街地へ集約する復興計画。岩佐さんが暮らす「新山下駅周辺地区」には、公営住宅351戸、集団移転による戸建て住宅213戸が建てられ、商店街ができる。

 現在、亘理(わたり)町の浜吉田駅までしか復旧していないJR常磐線も、新市街地の立地に合わせて内陸へ移設される。不通区間にある山下、坂元両駅も移転し、3年後にも「新山下駅」「新坂元駅」として再開する。

 岩佐さんの妻、のり子さん(79)は「年を取るとやっぱり、交通の便がよい場所がいい。今は夫が車を運転してくれるけど、先々を考えたら、病院や銀行が歩いて行ける距離にあったほうがいい」と話す。

 ◆機能維持だけでは

 被災地は震災前から人口減少が進み、震災で10年過疎化が早まったといわれる。国交省東北地方整備局の吉田良勝課長補佐(52)は「被災自治体の多くは復興計画の中で、山元町ほどではないが、『コンパクトなまちづくり』を掲げている。そうせざるを得ない現実がある」と話す。

 青森市などコンパクトシティーの先進事例を調査したまちづくりコンサルタント、水津(すいづ)陽子さん(53)は「集約により都市機能は維持できても、それだけでまちは成り立たない。魅力あるまちはつくれない」と指摘し、こう述べた。

 「全国で地域ブランド力のあるまちは、その力が歴史や文化と結びついている。人の土地への強い思いが、まちをつくっていく」

 ◆駅前で店続ける

 常磐線の移設に伴い、取り壊された山下駅。その目の前で「橋元商店」は店を開けていた。簡易郵便局を併設する店舗は、店主の橋元伸一さん(53)の祖父が昭和25年、その前年の山下駅開業を機に始めた。

 「当時辺りには家が2軒しかなかった。だから店をつくった。簡易郵便局も、誰も引き受けてくれなくてうちのじいさんがやった」

 やがて地区は、仙台まで電車で40分の便利さと温暖な気候から、仙台のベッドタウンとして発展した。

 大津波。橋元さんは店で、77歳だった父、義次さんと一緒に流された。深さ2メートル半の水の中で、父親は自分の腕の中で力尽きた。

 「この店は、死ぬまでここで続ける。自分が生まれ育った場所であり、祖父と父がゼロからつくった店であり、まちだから」。橋元さんは、こう問いかけた。

 「まちをつくれば人が集まると思いますか。人がいるから、まちができるのだと思う。行政も一生懸命やっている。だが、コンパクトシティーは復興という言葉を利用した、『まちのためのまち』になっている」

 行政主導で進み、被災地のあちこちに出現しつつあるコンパクトな「街の風景」。担うのは誰なのか。

【用語解説】人口減少とコンパクトシティー

 国土交通省が3月末に公表した試算によると、日本の人口は36年後の2050年、9700万人まで減り、63%の地域で人口が半分以下となる。そのうち19%は人の住まない「無住の地」となる。国交省は、どこの国も未経験の「高齢化率4割の国」になるとも指摘。対応策として、都市機能を集約するコンパクトシティー構想を推進している。


原発再稼働、進める方針を明言
2014年5月2日(金)7時5分配信 共同通信

 【ロンドン共同】安倍晋三首相は1日夜(日本時間2日早朝)、ロンドンの金融街シティーで講演し、経済成長の実現に向けて原発再稼働を進める方針を明言した。日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)に関し、2015年中の交渉妥結に意欲を示した。

 経済成長のためには安定的で安いエネルギー供給の実現が不可欠とし「世界のどこにも劣らないレベルの厳しい安全基準を満たした原発を、慎重な手順を踏んで再稼働させる」と表明。英国と原子力技術の開発に取り組む考えを明らかにした。

« 「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 | トップページ | 中共支那に侵略された新疆ウルムチで報復の爆弾テロか・2 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/59569730

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1621,2014年5月2日:

» ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/03 08:47) [ケノーベル エージェント]
青森市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

« 「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 | トップページ | 中共支那に侵略された新疆ウルムチで報復の爆弾テロか・2 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31