« 宮城沖地震に関するニュース・1524,2014年1月29日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1525,2014年1月30日 »

2014年1月30日 (木)

特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱

常に他国の領土・領海を侵略している凶悪な野蛮国・中共支那と、邪悪な地獄の独裁国家・北朝鮮に加えて、竹島を不法占拠反日の讒言を振りまく卑しい妄想国家・韓国とが、国連安全保障理事会の会合で、安倍晋三首相の靖国神社参拝を口を極めて非難した。

曰く「反ファシズム戦争の勝利と戦後の国際秩序に対する挑戦」、曰く「日本の指導者は隣国の信頼を勝ち取るため、侵略の歴史を認め、誤りを正すべき」、曰く「日本指導部がゆがんだ認識を持っている」、曰く「時代錯誤の犯罪」、曰く「中国は国際的な正義を確保するため、平和を愛する国々と手を携えていく」、曰く「日本は近隣国とトラブルばかり起こしている。近隣国を挑発することは慎むべきだ」・・
よくもまあ、厚顔無恥にもこれだけの罵詈雑言を並べることが出来たものだ。まったく感心してしまう。
ファシズムとは、中共支那のような独裁党が国家を支配している体制を言うのだ。その野蛮国が「反ファシズム戦争の勝利」だって? 笑わせるな。
一方的で凶暴な侵略行為で隣国の信頼を損ない続けているのは中共支那だろう。よく言うぜ。
「ゆがんだ認識を持って」根拠もなく他国の誹謗中傷を続けているのはお前たちだろう。馬鹿か?
「時代錯誤の犯罪」とは、中共支那や北朝鮮のような野蛮な古代中世の亡霊が今日もなおこの地球上に存在している状態を言うのだ。
「国際的な正義を破壊し、平和の脅威」となっているのは中共支那の存在だ。
「近隣国とトラブルばかり起こし、挑発を続けている」のはお前たちのほうだ。

これらのいわゆる特定アジア野蛮国3国は、いまや人類の普遍的価値である「自由と民主主義」を共有しない、時代遅れ・知恵遅の凶暴な野蛮国であることが世界中に知悉されつつある。
これらの野蛮国が口先でどんな美辞麗句を並べ立てようと、世界が注視しているのはその美辞麗句ではなく、その実際の行動だ。

これら特定アジア3国は、国連安保理という世界の舞台で、その凶悪で不道徳・嘘つきで攻撃的な本性をさらけ出した。
これら3国の存在が21世紀の今もなお、どれほど地球と人類の桎梏であり重荷となっているか、世界はその認識を新たにするだろう。

リンク:菅長官「極めて遺憾」 国連安保理での中韓の非難に反論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<加藤官房副長官>安保理の中韓批判「極めて遺憾」と不快感 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中韓国連大使の日本批判 加藤副長官「特定の国を批判する場ではない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国批判は遺憾=加藤官房副長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中韓北3か国、靖国参拝を非難…国連安保理で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<安保理>中韓が首相靖国参拝などで日本批判 公開討論会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中韓国連大使が安保理会合で日本批判 「靖国」「日本」連呼…「慰安婦」も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国が安保理で靖国参拝を批判 - 速報:@niftyニュース.
リンク:中韓が日本批判=靖国・歴史認識、慰安婦問題―国連安保理 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中韓両国、安保理会合で対日批判 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

菅長官「極めて遺憾」 国連安保理での中韓の非難に反論
産経新聞 1月30日(木)18時26分配信

 菅義偉官房長官は30日の記者会見で、中国と韓国の国連大使が、国連安全保障理事会の公開討論会で安倍晋三首相の靖国神社参拝を非難したことについて「この討論会は、恒久平和のために共有される歴史認識に基づく和解をどう達成するかという趣旨で開催された。特定の国を批判する場ではなく、わが国の歴史認識を批判する発言が行われたことは極めて遺憾だ」と述べた。


<加藤官房副長官>安保理の中韓批判「極めて遺憾」と不快感
毎日新聞 1月30日(木)13時21分配信

 加藤勝信官房副長官は30日午前の記者会見で、中国、韓国が国連安保理の公開討論会で日本の歴史認識を批判したことについて「特定の国を批判する場ではなかった。極めて遺憾だ」と不快感を示した。【朝日弘行】


中韓国連大使の日本批判 加藤副長官「特定の国を批判する場ではない」
産経新聞 1月30日(木)12時26分配信

 加藤勝信官房副長官は30日午前の記者会見で、中国と韓国の国連大使が、国連安全保障理事会の会合で安倍晋三首相の靖国神社参拝を非難したことについて「特定の国を批判する場ではなかったと理解している。政府としては極めて遺憾だ。わが国代表から直ちに強い抗議の意を表明し、反論が行われたと聞いている」と述べた。


靖国批判は遺憾=加藤官房副長官
時事通信 1月30日(木)12時4分配信

 加藤勝信官房副長官は30日午前の記者会見で、中国、韓国、北朝鮮の国連大使が国連安全保障理事会の公開討論で安倍晋三首相による靖国神社参拝を一斉に非難したことについて、「特定の国を批判する場ではなかった。日本政府としては極めて遺憾だ」と述べた。
 加藤副長官は「公開討論の場で、わが国代表より直ちに強い不快感、抗議の意を表明するとともに、日本側の立場をしっかり説明し、一つ一つ反論が行われた」と説明した。 


中韓北3か国、靖国参拝を非難…国連安保理で
読売新聞 1月30日(木)11時24分配信

 【ニューヨーク=加藤賢治】中国、韓国、北朝鮮の3か国は29日、国連安全保障理事会が開催した公開討論の場で、安倍首相の靖国神社参拝を非難した。

 昨年12月26日の参拝後、3か国が安保理で歴史問題に関する批判を行ったのは初めて。

 中国の劉結一国連大使は靖国参拝を「国連憲章に基づく戦後の国際秩序への挑戦にほかならない」と批判し、「安倍(首相)は戦争に対する評決を覆し、戦犯を擁護することを試みている」と主張した。韓国の呉俊国連大使も靖国参拝を批判した上で、いわゆる従軍慰安婦問題について、「韓日間で未解決の問題で、普遍的な女性の権利の問題でもある」と述べた。

 北朝鮮代表も靖国参拝を「全く時代錯誤的な罪だ」と非難した。

 安保理で歴史問題への言及は異例だ。

 日本の梅本和義・国連次席大使は、靖国参拝は不戦の誓いのためで、A級戦犯を敬うものではないと反論、慰安婦問題は政治問題化すべきではないと主張した。


<安保理>中韓が首相靖国参拝などで日本批判 公開討論会
毎日新聞 1月30日(木)10時46分配信

 【ニューヨーク草野和彦】国連安全保障理事会で29日、戦争の教訓をテーマにした公開討論会が開かれ、中国と韓国の代表がそれぞれ、安倍晋三首相の靖国神社参拝などを取り上げ、歴史認識を批判した。昨年12月の靖国参拝後、中韓は国連を舞台に日本非難を展開しているが、安保理の会合でこの問題を取り上げ日本を批判したのは初めて。

 中国の劉結一国連大使は、靖国参拝を「侵略戦争に対する評決を覆す試み」と指摘。「日本の指導者は、近隣諸国を含む国際社会の信頼を得るため、行動によって誤りをただすべきだ」と求めた。

 韓国の呉俊(オ・ジュン)国連大使は、日本の指導者の歴史認識によって「北東アジアの緊張がこれまでになく高まっている」と主張。靖国参拝や慰安婦問題での日本の対応に加え、島根県・竹島(韓国名・独島)を「我が国の固有の領土」と明記した学習指導要領解説書の改訂も批判した。

 これに対し、梅本和義国連次席大使は、首相の靖国参拝は不戦を改めて誓ったものであり、中韓とは「未来志向で協調的な関係を築きたい」という日本政府の姿勢を説明した。

 中韓は、女性の地位向上を目指す国連機関「UNウィメン」の今月20日の執行理事会でも、靖国参拝や慰安問題を取り上げた。


中韓国連大使が安保理会合で日本批判 「靖国」「日本」連呼…「慰安婦」も
産経新聞 1月30日(木)10時20分配信

 【ニューヨーク=黒沢潤】中国の劉結一国連大使は29日、第一次世界大戦勃発100年に合わせて開かれた国連安全保障理事会の会合で、安倍晋三首相の靖国神社参拝を非難した。慰安婦問題にも言及した韓国の呉俊国連大使は演説中、「日本」の国名を17回挙げて、「帝国主義時代に起こったことの見方をねじ曲げている」などと批判した。

 中韓両国は昨年末以降、国連の委員会会合や世界各地で日本非難のキャンペーンを展開しているが、国連の事実上の最高意思決定機関である安保理で批判したのは初めて。

 中国の劉大使は演説で、靖国神社を「日本の侵略のシンボル」と形容。「(安倍首相が)ファシストの戦争犯罪人たちを訪れたことは、国連憲章が作り上げた戦後秩序への挑戦だ」と強調した。

 安倍首相については「戦争に対する評価を覆そうとしている」人物と評し、「日本の指導者たちは近隣国家から信頼を得るため過去を見つめるべきだ」と訴えた。また、「中国は国際的な正義を確保するため、平和を愛する国々と手を携えていく」と述べた。

 一方、韓国の呉大使はドイツが戦後、欧州の周辺国との和解に取り組んでいる事例を挙げつつ、「日本は軍国主義者だった過去に適切に対処せず、切り離そうとしている」と指摘した。

 靖国神社参拝では、「戦後、日本が再合流した国際社会の礎への挑戦だ」とし、「日本は近隣国とトラブルばかり起こしている。歴史を否定することで近隣国を挑発することは慎むべきだ」と訴えた。

 呉氏は慰安婦問題で、生存する元慰安婦は55人になったと述べ、「日本は慰安婦問題に関する責任を政府として取っていない」と主張。日本が正しい教育を通じて若い世代に「平和と和解の精神」を与えるべきだと語った。


中国が安保理で靖国参拝を批判
2014年1月30日(木)1時45分配信 共同通信

 【ニューヨーク共同】中国の劉結一国連大使は29日午前(日本時間30日未明)、国連安全保障理事会の会合で安倍晋三首相の靖国神社参拝を取り上げ「国際社会と近隣諸国の強い反対を無視して参拝を行った」と批判した。

 劉大使は靖国神社にはA級戦犯らがまつられているとし、安倍首相の参拝は「ファシズムとの戦争での勝利と、戦後の国際社会の秩序に対する挑戦」だと語った。

 劉大使は8日にも、安保理の会合後に記者からの質問に答える形で安倍首相の参拝を取り上げ、「彼は自分の国をどこに向かわせようとしているのか」と批判している。


中韓が日本批判=靖国・歴史認識、慰安婦問題―国連安保理
時事通信 1月30日(木)1時25分配信

 【ニューヨーク時事】中国と韓国、北朝鮮の国連大使は29日、第1次世界大戦勃発100年に合わせて開かれた国連安全保障理事会の公開討論で、安倍晋三首相による靖国神社参拝を批判し、周辺国を侵略したことを否定するような歴史認識を正すよう日本政府に要求した。
 中韓は2013年12月の安倍首相の靖国参拝後、国連会合をはじめ、各地で日本非難のキャンペーンを強化しているが、国連の事実上の最高意思決定機関である安保理の会合で批判を行ったのは初めて。
 中国の劉結一国連大使は、安倍首相を呼び捨てにした上で、参拝を「反ファシズム戦争の勝利と、(第2次大戦の)戦後の国際秩序に対する挑戦だ」と非難。「日本の指導者は隣国を含む国際社会の信頼を勝ち取るため、侵略の歴史を認め、誤りを行動によって正すべきだ」と強調した。
 韓国の呉俊大使は北東アジアの緊張がかつてなく高まっているとし、「日本指導部が帝国主義時代に何が起きたかについて、ゆがんだ認識を持っていることが主な原因だ」と批判。政治指導者の靖国参拝や、「侵略の定義は確立していない」との安倍首相の発言などを非難した。慰安婦問題について、「日本政府はいまだに責任を取っていない」と述べた。
 一方、北朝鮮のリ・ドンイル次席大使は靖国参拝を「時代錯誤の犯罪」と表現。「安倍は靖国ではなくドイツを訪問すべきだ。過去の罪を清算する優れた方法を学ぶことができる」と語った。 


中韓両国、安保理会合で対日批判
2014年1月30日(木)1時0分配信 共同通信

 【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の討論会合が29日、ニューヨークの国連本部で開かれ、中国と韓国が安倍晋三首相の靖国神社参拝を取り上げ、日本を名指しで批判した。国際社会の重要課題を取り扱うことが多い安保理でも中韓による外交攻勢が強まっている。

 討論会合は「国際社会の平和と安定維持」をテーマに、紛争やその教訓について議論するのが目的。安保理メンバー国を含む数十カ国の大使らが演説した。

 非常任理事国、韓国の呉俊国連大使は、日本の指導者の植民地支配に関する「誤った認識」が北東アジア地域での緊張をこれまでになく高めていると批判した。

« 宮城沖地震に関するニュース・1524,2014年1月29日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1525,2014年1月30日 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/59041042

この記事へのトラックバック一覧です: 特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱:

« 宮城沖地震に関するニュース・1524,2014年1月29日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1525,2014年1月30日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31