« 日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 | トップページ | 韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 »

2013年12月29日 (日)

宮城沖地震に関するニュース・1493,2013年12月29日

引き続き、2011年3月11日に発生した、東北関東大震災に関するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<東日本大震災>「帰宅」待つ身元不明者の所持品 宮城 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震災前と同じ充足感得られる環境こそが真の復興 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<名取・閖上地区>正月控え、朝市にぎわう - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:八丈島で震度3 - 速報:@niftyニュース.
リンク:宮城県で震度3 - 速報:@niftyニュース.
リンク:<広域避難場所>政令市などの数 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<広域避難場所>数に格差 指針運用で違い - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島の汚染廃棄物どう処理 中間貯蔵施設、復興の切り札 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:宮城で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:八丈島で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災>メッセージ入りのハート形かまぼこ、人気 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島の医師不足、震災で加速 10年末比195人減 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<東日本大震災>「帰宅」待つ身元不明者の所持品 宮城
毎日新聞 12月29日(日)22時27分配信

Photo_3
石巻市の霊園に置かれたコンテナには、同市内で見つかった身元不明者の遺骨が保存されている。冷たい風が吹く高台には、西日があたっていた=宮城県石巻市で2013年12月4日、小川昌宏撮影

 さびついて時を止めた時計、色あせボロボロになった衣服--。東日本大震災で亡くなり、いまだ身元が判明しない犠牲者が身につけていた遺品だ。沿岸各自治体や警察の保管場所で、生前を知る人の目に留まるのを静かに待っている。

【写真で見る】帰宅を待つ所持品の数々

 宮城県警は震災で亡くなった9500人以上の遺体をこれまでに収容。発生1カ月後の時点で約1200人の身元が分からなかった。DNA鑑定や歯型の照合、似顔絵作成……。事件捜査の手法も活用し、考えられる手段を尽くして家族の元へ帰そうと努めている。昨秋には身元不明者は100人を切った。

 しかし今春以降、身元判明のペースは鈍り、28日現在も33人が“帰宅”を待つ。県警身元不明・行方不明者捜査班は「手がかりになれば」と今年6月、遺体発見時の所持品も、似顔絵とセットにして公開し始めた。

 「あれ、お母さんが着てた服かも」。9月に県警が開いた説明会。石巻市門脇町で被災した行方不明の母、榊ひとみさん(当時51歳)の手がかりを求めて参加した長女美紗子さん(24)は、似顔絵に添えられた黄色いトレーナーの写真に気づき、身元確認につながった。

 4人家族全員が流され、祖母美代子さん(当時79歳)は遺体で発見、父健之さん(56)は今も行方不明。美紗子さんは「今は独りぼっちだけど、お母さんはちゃんと帰ってきてくれた」とつぶやき、遺骨の入った箱を抱きしめた。

 問い合わせ番号の付いた物言わぬ不明者。傷つき、色あせた遺品が、震災に奪われた名前を取り戻そうと訴えかける。同捜査班の金田徹検視官は「身元を確認することで、あの日まで確かに生きていた個人に戻ってもらえる」と話す。<写真・小川昌宏/文・竹田直人>


震災前と同じ充足感得られる環境こそが真の復興
産経新聞 12月29日(日)21時30分配信

 「避難していいこともあった」

 東京電力福島第1原発事故後、全村避難が続いている福島県飯舘村で、避難生活の中、3回目の正月が訪れようとしている。

 今年飯舘村の人々を取材をする中で、冒頭のような言葉を聞くことが多くあった。もちろんいいことよりも悪いことの方が多いのは当たり前だ。家や仕事を奪われ、家族もバラバラになった。先祖代々守ってきた土地を手放し、慣れない土地で辛い避難生活を強いられている。

 震災と原発事故に伴う避難生活の長期化による「震災関連死」について、福島県内の市町村が認定した死者数は1600人にも上り、地震や津波による県内の直接死者数を超えた。避難生活が過酷なことを物語っている。

 飯舘村で唯一、帰還困難区域となっている長泥地区の鴫原良友さん(62)は原発事故後から区長として区をまとめている。

 鴫原さんは兼業農家だった。働きながら畑を耕し米を作っていた。牛も飼っていたためほとんど家を空けることはできなかった。原発事故後、マスコミの取材を受けたり、大学などの依頼を受けて事故後の様子や避難生活の状況を話すために初めて東京などに行き、新幹線にも初めて乗ったという。

 区長は任意で任されているため、何かをやらなくてはいけないということはない。しかし、鴫原さんは区をまとめ、マスコミ対応なども自主的に続けている。避難で散り散りになった住民同士の再開のために避難後から毎年、福島市内で懇親会を開いている。

 「人に頼られて恩を返していける」

 鴫原さんはそう話し、避難という辛い状況の中でも前を向こうと日々を過ごしている。

 鴫原さんと同じように飯舘村の菅野典雄村長も「悪いことだけではなかった」と話している。

 菅野村長は講演などで、今年2月に飯舘村から避難してきた住民が暮らす福島市の仮設住宅に韓国の人気女優、チェ・ジウさんが訪問し、韓国料理を振る舞ったエピソードなどを話している。

 チェ・ジウさんは日本でもヒットしたドラマ「冬のソナタ」に出演しており、仮設住宅で暮らす人々も知っている人は多く、喜んでいる人はたくさんいた。

 飯舘村の菅野典雄村長はそうした人と人とのつながりが広がっていくことや村にいる中では知ることができなかった新たな価値観を得ることができたのは非常に大きいと話している。

 クリスマス前、飯舘村の草野・飯樋幼稚園の仮設幼稚園(福島市飯野町)に長野県木曽町のゆるキャラ「木曽馬ちゃん」が訪問し、子供たちにアイスケーキをプレゼントするイベントがあった。ケーキをプレゼントしたのは、飯舘村と同様に「日本で最も美しい村」に選ばれている木曽町にある乳製品製造会社「エイチ・アイ・エフ」だ。

 震災後から毎年、飯舘村の子供たちにクリスマスケーキをプレゼントしており、年長組(5~6歳)の園児らは「(自分たちが)3歳のころからずっと来てくれてありがとう」と喜んでいた。

 副園長は「震災や原発事故が忘れ去られていく中で、こうやって今でも支援を続けてくれるのは本当にありがたい。こうした人と人とのつながりに本当に感謝したいです」と話していた。はるばる長野から車で訪問してくれたエイチ・アイ・エフの担当者も幼稚園に行った後に飯舘村に立ち寄って除染の様子などを見学し、今後も支援を続けたいと言ってくれた。

 先日、新潟県中越地震の被害に遭った新潟県長岡市山古志地区で、震災を機に新たな地域のブランドを作り、結果として町おこしにつながったとして、携わった人々が「震災があってよかったと今なら思える」と言っているという話を聞いた。

 飯舘村でも避難先で仕事を始めたり新たな趣味を見つけたりして生き生きと過ごしている人もいる。

 賛否はあるが村内では除染が進められ、減容化施設の建設も決まった。帰る人、帰らない人、人それぞれの思いはあれど、村の復興に向けて少しずつ少しずつだが動き出している。

 だからといって被災した人それぞれの復興や歩き出すタイミングは決して同じではない。避難している人や被害に遭った人全員が震災前と同じような幸せや充足感を得られる環境こそが真の復興なんだと思う。

 「いいこともあった」と思わなくてはならないのではなく、本心からそう思える人が毎年少しずつ増えていってほしい。(大渡美咲)


<名取・閖上地区>正月控え、朝市にぎわう
毎日新聞 12月29日(日)21時14分配信

Photo_2
朝日の差し込む朝市で、正月用の魚介類などを求める買い物客ら=宮城県名取市で2013年12月29日、小川昌宏撮影

 東日本大震災で壊滅的な被害を受けた宮城県名取市・閖上地区の「ゆりあげ港朝市」で29日、「年末大売り出し」が始まり、正月用の買い出しをする大勢の人でにぎわった。

 朝市は、約30年前から日曜・祝日の早朝に開催されていたが、震災で店舗や事務所が流失した。今年5月、震災前と同じ場所で再開。今月1日に全施設が完成し、本格営業を開始した。

 この日は47店舗が正月用の食品などを並べ、日の出前から威勢の良いかけ声が響いた。カニやタイを買った仙台市宮城野区の会社員、田沼正雄さん(69)は「震災後、初めて来たが、きれいで人も多くて驚いた」と話していた。【小川昌宏】


八丈島で震度3
2013年12月29日(日)11時50分配信 共同通信

 29日午前10時17分ごろ、東京都・八丈島で震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は八丈島近海で、震源の深さは約10キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・7と推定される。この地震による津波の心配はない。


宮城県で震度3
2013年12月29日(日)11時49分配信 共同通信

 29日午前10時22分ごろ、宮城県石巻市で震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は宮城県沖で、震源の深さは約50キロ。地震の規模はマグニチュード(M)4・5と推定される。津波の心配はない。各地の震度は次の通り。

 震度3=石巻桃生、女川(宮城)▽震度2=大船渡、一関花泉(岩手)仙台青葉作並、仙台宮城野、仙台泉、石巻、塩釜、名取、角田、岩沼、東松島、大崎、蔵王、松島、七ケ浜、南三陸志津川(宮城)相馬、田村大越、南相馬鹿島、伊達梁川、伊達霊山、桑折、川俣、新地、飯舘(福島)など


<広域避難場所>政令市などの数
毎日新聞 12月29日(日)11時32分配信

 大規模火災などから住民を守るため定められた「広域避難場所」について、毎日新聞が全国20政令市と東京23区の計21都市の実態を調査した。

政令市名(人口)  避難場所数 主な基準

札  幌(193万)  49 20ヘクタール以上

仙  台(106万)   8 10ヘクタール以上

さいたま(124万)   1 10ヘクタール以上

千  葉( 96万)  38 2キロ四方に1カ所

横  浜(370万) 120 10ヘクタール以上

川  崎(144万)  20 一定規模

相模原( 72万)   32 1ヘクタール以上

新  潟( 81万)  11 4ヘクタール以上

静  岡( 70万)  29 10ヘクタール以上

浜  松( 79万)  14 一定規模

名古屋(227万)   79 1ヘクタール以上

京  都(147万)  69 1ヘクタール以上

大  阪(268万)  33 10ヘクタール以上

 堺  ( 84万)  16 10ヘクタール以上

神  戸(154万)  33 10ヘクタール以上

岡  山( 71万)   9 1ヘクタール以上

広  島(118万)  40 1ヘクタール以上

北九州( 96万)   25 10ヘクタール以上

福  岡(150万)  24 10ヘクタール以上

熊  本( 73万)  18 一定規模

東京23区(906万) 197 5ヘクタール以上

※人口は1万人未満を切り捨てた各都市による推計値。指定基準は原則で、周辺環境などに応じて複数の基準を定める自治体もある。


<広域避難場所>数に格差 指針運用で違い
毎日新聞 12月29日(日)11時29分配信

 関東大震災の大火などを教訓に、大規模火災などから住民を守るため定められた「広域避難場所」について、毎日新聞が全国20政令市と東京23区の計21都市の実態を調査したところ、23区や横浜市では100カ所以上が指定されている一方、さいたま市は1カ所にとどまり、自治体間の格差が著しいことが分かった。防災の専門家は「不測の事態に備え、避難場所の確保は必要だ」と指摘している。

 広域避難場所は各自治体が地域防災計画に基づき、市街地の密集度合いや周辺の土地利用、火災の延焼リスクなどを考慮して指定。国は「防災公園計画・設計ガイドライン」(1999年)で面積の基準を「原則おおむね10ヘクタール以上」としている。だが国土交通省の担当者によると「ガイドラインは技術的助言であって10ヘクタール以上は法令で定めた基準ではない。これを目安に、都市の実情に応じて避難場所は配置される」という。

 調査は11~12月に行った。主な基準を10ヘクタール以上としているのは大阪、福岡など9都市。このうち、さいたま市の指定場所は1カ所で21都市中最も少ない。

 専門家によると、同市はJR高崎線を軸に住宅密集地が線状に延び、23区や横浜市ほど延焼リスクは高くないという。だが、国が今月公表したマグニチュード(M)7級の首都直下地震(都心南部直下地震)の被害想定では、さいたま市も震度6強~6弱の強い揺れが予想された。

 市の担当者は「これまで『10ヘクタール以上の公用地』の視点で(指定の可否を)検討しがちだった。用地がなく苦慮しているのが実態だ」と原則にこだわり過ぎたことを認める。今後は必要に応じ、指定基準の見直しも検討するという。

 一方、政令市最多の120カ所を指定する横浜市は、10ヘクタール以上を原則としつつも、延焼の危険がある地域から約300メートル以上離れ、火災の放射熱などから身を守れれば10ヘクタールに満たなくても適宜指定している。また独自の基準を設けているのは12都市あり、うち相模原、広島など5市は1ヘクタール以上とハードルが低い。23区の避難場所を決める東京都の場合は5ヘクタール以上を主な基準に、周辺環境の変化などを加味して約5年に1度、指定を見直している。

 災害に対する市街地の脆弱(ぜいじゃく)性評価などが専門の東京大生産技術研究所、加藤孝明准教授(地域安全システム学)は「都市によって構造が違うため、広域避難場所の数だけを捉えて行政を批判しても仕方ない」と断りつつ、「どこも東京都と同じレベルで指定する必要はないが、火災リスクを正当に評価した上で、人口規模や都市構造に応じて(防災用の)空間を増やしていくべきだ」と話している。【狩野智彦】


福島の汚染廃棄物どう処理 中間貯蔵施設、復興の切り札
産経新聞 12月29日(日)10時45分配信

 東京電力福島第1原発事故後の除染で出た汚染土や廃棄物を保管する中間貯蔵施設。政府は今月14日、福島県と地元3町へ建設受け入れを要請した。平成27年1月の運用開始を目指して建設を急ぎ、帰還の大前提である除染の加速化を図る考えだが、東京ドーム406個分の広さという巨大施設は、どんな施設なのか。一連の汚染廃棄物はどのように処理されているのか。

 ■最終処分まで保管

 受け入れを要請された3つの町の1つ、楢葉町。国道6号沿いの広大な農地に、汚染土を入れた「フレコンバッグ」と呼ばれる黒い袋が整然と並ぶ。中間貯蔵施設は、こうした福島県内に仮置きされる大量の汚染土や廃棄物を県外で最終処分できるようになるまでの最長30年間、保管する。

 施設は、放射性セシウムの濃度に応じて3種類を建設。放射性物質が1キロ当たり8千ベクレル以下と低濃度の汚染土は、単純な構造の施設で保管する。8千ベクレル超~10万ベクレル以下の汚染土は、地下水を汚染しないよう、水をさえぎるシートや水を通しにくい土壌を敷き詰めた施設で保管。いずれも地下に埋設し、上部を土で覆う。

 10万ベクレル超と高濃度の焼却灰や下水汚泥は、鉄筋コンクリート構造の建屋で専用ドラム缶などに入れる。

 ■汚染濃度で3区分

 福島県内では、原発事故により降り注いだ放射性物質が付着したごみの焼却灰や、下水汚泥などが大量に発生。このうち8千ベクレルを超えるものを「指定廃棄物」とし、第1原発に近い避難指示区域内の廃棄物とともに国が責任をもって処理すると法律で定められた。

 一方、除染作業ではぎ取った汚染土や集めた草木、枝葉なども膨大な量となる。国はこれら一連の廃棄物の処理法を決める目安として8千ベクレル以下、8千ベクレル超~10万ベクレル以下、10万ベクレル超という3区分を打ち出した。

 8千ベクレルとは、作業員が汚染廃棄物の近くで作業しても年間の追加被(ひ)曝(ばく)線量が1ミリシーベルトを超えない値。これは原発事故前の平常時と同じ値であり、8千ベクレル以下の廃棄物は一般のごみと同様に埋め立て処分ができる。

 また、10万ベクレルとは、空気中の線量に換算すると年間の追加被曝線量が40ミリシーベルトに相当すると試算され、国際基準でも、一般人には原発事故などの緊急時にのみ許容されている放射線量だ。

 政府は今回、福島県内で出た8千ベクレル超の指定廃棄物のうち10万ベクレル超は中間貯蔵施設で保管し、10万ベクレル以下は富岡町にある既存の管理型処分場で最終処分する計画。一方、除染で出た汚染土や廃棄物は8千ベクレル以下の安全値であっても、全て中間貯蔵施設で保管する。

 環境省は「安全と考えられていても、仮置き場でなくどこかできちんと保管しなければ、福島の復興の妨げになる」と説明する。

 ■東京ドーム23杯分

 保管する汚染土や廃棄物は推計2200万立方メートル。政府は今後増える可能性があるとして、推計より600万立方メートル多い2800万立方メートルで施設を計画している。容積で東京ドーム23杯分という膨大な量だ。

 10トンダンプを使って仮置き場から3年間で運び終えようとすると、毎日2千台以上が必要となる。現場では大型トラックが連日往来し、渋滞や交通事故、騒音被害が予想される。

 輸送の方法に関する環境省の専門家検討会委員で、岩手県立大学の元田良孝教授(62)=交通工学=は「岩手や宮城など津波被災地で今、困っているのがトラックと運転手不足だ。中間貯蔵施設の大規模輸送が動き出せば、ますます深刻化する。さらに東京五輪の工事が重なれば、被災地と東京で運転手と車の取り合いになることが懸念される」と指摘する。

 ■「指定廃棄物」地元との調整続く

 「指定廃棄物」は福島県をはじめ、8月末時点で東北・関東地方の11都県で計13万2738トンが発生。宮城、茨城、栃木、群馬、千葉の5県では既存の最終処分場では足りず、環境省が新設を計画するが、地元との調整が続いている。

 環境省は昨年9月、栃木、茨城両県で候補地を提示したが、事前説明が不十分と地元が猛反発し撤回。候補地選びの手順を見直し先月、地元自治体の首長らとの協議を始めた。宮城県は先月中旬、最終処分場の県内候補地として3~4カ所を国が示すことで一致。今月24日には栃木県も選定手順の受け入れを決めた。だが、茨城県では今月25日の協議で意見がまとまらず先送りに。環境省が建設地を県内1カ所とする従来の方針を強調したところ、支持する意見の一方、住民による反対運動への懸念などから、分散保管を続けるよう求める声が相次いだ。


宮城で震度3
時事通信 12月29日(日)10時43分配信

 29日10時22分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があり、同県石巻市などで震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約50キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.5と推定される。主な各地の震度は次の通り。
 震度3=宮城県石巻市、女川町。 


八丈島で震度3
時事通信 12月29日(日)10時32分配信

 29日10時17分ごろ、八丈島近海を震源とする地震があり、東京都八丈町で震度3の揺れを観測した。気象庁によると、震源の深さは約10キロ、地震の規模(マグニチュード)は4.7と推定される。 


<東日本大震災>メッセージ入りのハート形かまぼこ、人気
毎日新聞 12月29日(日)9時41分配信

Photo
次々と「ありがとう」などの文字が書かれるハート形のかまぼこ=宮城県気仙沼市で、小川昌宏撮影

 東日本大震災で被災した宮城県気仙沼市のかまぼこ店で、メッセージ入りのハート形かまぼこが、正月の贈答用に人気だ。年の瀬も連日、製造作業が続けられている。

 創業85年のかまぼこ製造業「いちまる」は、震災の津波で、店舗は2階天井まで浸水して全壊したが、2011年8月に営業を再開。ハート形は約10年前に、バレンタイン用として生産を始めたもの。震災後、客から「『絆』と書いてほしい」と注文を受け、復興支援への感謝のメッセージなども入れるようになった。12月だけで約3000枚作るという。

 今年は「気仙沼」と書いたかまぼこもよく売れている。考案した尾形啓一社長(48)は「被災地を忘れないでほしいという思いを込めた」。1枚578円。年内の予約は終了したが、問い合わせは同社(0226・22・0590)。【小川昌宏】


福島の医師不足、震災で加速 10年末比195人減
河北新報 12月29日(日)6時10分配信

 福島県の2012年末時点の医師数が東日本大震災前の10年末に比べ195人(5%)減少したことが、厚生労働省がまとめた医師数調査で分かった。震災と福島第1原発事故を経て、医師の県外流出が急速に進んだことが要因。人口10万人当たりの医師数は47都道府県の中で4番目に少ない。東北の他の5県も全国平均を下回った。
 医師数調査は厚労省が2年に1回実施する。福島県の医師数は12年末、震災前の10年末の3880人から3685人となった。震災後に県外へ転出した医師は400人に上り、県内への転入(234人)を大幅に上回った。
 2次医療圏別では、原発が立地する相双地方の減少率が最も大きく、この2年間で92人(36.8%)の著しい減少となった。相双を含む県内七つの全医療圏で前回を下回り、減少幅は県中40人(3.8%)、県北36人(2.7%)、いわき15人(2.6%)など。
 県は「県内の病院勤務医の減少傾向は12年8月に底を打ち、持ち直しているが、もともと医師不足だった震災前の水準まで戻っていない」(地域医療課)と説明し、医師の確保を急ぐ。
 被災3県のうち岩手県は2603人で、前回に比べ27人(1.0%)増えた。宮城県は123人(2.3%)増の5358人で、大学教員が増えたことが背景にある。津波被害を受けた両県沿岸部の五つの2次医療圏(宮古、釜石、気仙、気仙沼、石巻)は震災前より計24人少なかった。
 6県の医療機関に従事する人口10万人当たりの医師数は図の通り。宮城県が218.3人で最も多く、山形県が210.0人で続いた。6県全てで全国平均の226.5人を下回った。福島県は都道府県順位を2年前の41位から44位に落とした。
 震災後、被災3県には全国から応援医師が入ったが、今後は引き揚げが進むとみられる。被災した岩手県立3病院は医師確保が困難なため、再建時に病床を縮小する方針。
 気仙沼市は市立2病院で勤務を志望する医学生を対象に奨学金制度を設けたが、12年度の応募はゼロだった。市立病院は「本年度は応募があった。医師が働きやすい環境を整え、地域定着につなげたい」と話す。

« 日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 | トップページ | 韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 »

ニュース」カテゴリの記事

社会・事件」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/58839809

この記事へのトラックバック一覧です: 宮城沖地震に関するニュース・1493,2013年12月29日:

« 日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 | トップページ | 韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31