« 最強の台風30号フィリピン横断、死者3900人以上 1万人以上との見方も・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1453,2013年11月19日 »

2013年11月18日 (月)

伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国

韓国の朴槿恵政権が、我が国の初代首相・伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する石碑を殺害現場の満洲・ハルビン駅に建立する計画を、凶悪独裁国家である中共支那との間で進めていることが報じられた。

目的や意図はともかく、安重根という人物は、狙撃という暴力手段を用いて他国の首相を暗殺した、れっきとしたテロリストであり、その目的をどんなに美化・正当化したところで、暴力による殺人者であることは言うまでもない。
したがって、我が国政府を代表する菅義偉官房長官が「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えてきた。このような動きは日韓関係のためにはならないのではないか」との懸念を表明したのは当然のことである。
この菅官房長官が「わが国は、安重根は犯罪者であると(認識している)」というのは極めて慎重かつ正確な言葉遣いであり、それを(日韓間には無関係の)中共支那を巻き込んで韓国以外の土地に建立するという行為は、我が国に対する明白な挑発行為であり、「このような動きは日韓関係のためにはならない」という提起も極めて当を得たものである。

ところが、これに対して韓国の政府関係者とマスコミとがこぞって「日本の帝国主義、軍国主義時代に伊藤博文がどのような人物だったのか、日本が当時、周辺国にどんなことをしたのかを振り返れば、官房長官発言はあり得ない」、「安重根義士はわが国の独立と東洋の平和のために命をささげた方」などと反発して来た。
菅官房長官はこれについて「ずいぶんと過剰反応だ」と述べ、「わが国の従来の立場を淡々と申し上げただけだ」と突き放した。

それにしてもテロリスト・安重根が「義士」だの「(韓国の)独立と東洋の平和のために命をささげた」だのという韓国人の言い分は、ずいぶん頓珍漢というか、歴史の真実にほど遠いというか、こんな見当違いの浅薄な知識と自己陶酔で他国の歴史的行為を非難されてはかなわない。

だいたい当時の韓国は、長年清国の属国の地位に甘んじて来た李王朝末期が最も腐敗した亡国寸前の有様であって、王朝内部では暗愚な国王の父である大院君と、その国王の嫁である閔妃とが、それぞれ交互に清国とロシアの勢力を国内に引き入れ、味方に付けながら血で血を洗う醜悪な権力闘争に没頭していたという、主権国家としての責任感のカケラもない売国奴の巣窟だった。
清国もロシアも、明治の新政府発足から間もない我が国に対して露骨な侵略の食指を伸ばして来る状況で、この李氏朝鮮の無責任で無節操な態度(要するに現代と同じだ)は、我が国にとって安全保障上の深刻な脅威だった。
我が日本は、日清・日露の両戦争を戦いつつ、朝鮮に対しては外交などの国家主権の行使にあたって、責任と一貫性のある姿勢を堅持するよう何度も求めたにもかかわらず、宮廷内部の権力闘争に勝ち抜くために常に外国勢力を競わせる無責任な「告げ口外交」(これも現代と同じ)から脱却せず、国家の信用を失い国力を衰弱させ、極東アジアの不安定要因となり続けた。
我が国はそのような韓国の姿勢に対して安全保障上の危惧を抱き、韓国に対して強硬手段に訴えるべきとの世論が台頭したが、首相・伊藤博文は「あんな信頼のおけない反復常なきウソつきどもに手を出すことは我が国の重荷になる」としてこれに一貫して反対した。

その伊藤博文を安重根は射殺したのだ。これによって、日本国内には一挙に強硬論が台頭して、朝鮮の国家主権を我が国に併合する結果となり、安重根の主観的意図は知らず、歴史的な結果として朝鮮は滅亡した。
何のことはない、安重根は「救国の英雄」どころか「亡国のきっかけを作った」張本人ではないか。
他国を非難するにしても、韓国人はもう少し正確な「歴史認識」を持ってからにしたらどうか。

また、歴史上の人物の功罪の評価は相対的なものである。世界のそれぞれの国には、それぞれの利害・立場の相違・歴史的経緯がある。当然、ある国にとっては「偉大な指導者」であっても、それと利害の対立した他の国にとっては「凶悪犯罪者」に過ぎないという事実は歴史の必然として無数に存在する。
フランス人がビスマルクを批判するのは自由だしヒトラーを非難するのは当然だろう。またドイツ人がルーズベルトを罵るのも自由だし、ポーランド人がスターリンを非難するのもまた当然だ。日本人が広島・長崎に原爆を投下したトルーマンを非難するのも当然だし、日本海軍によって戦艦プリンス・オブ・ウェールズを沈められたイギリス人が提督・山本五十六を非難するのも自由だろう。
その意味では、明治・戦前の韓国・朝鮮にかかわった日本の政治家、例えば井上馨や伊藤博文、寺内正毅らを韓国人がいくら口汚く罵ってもそれ自体はかまわない。日韓併合を経験した韓国人にはそうする自由も権利もあるだろう。

また、テロリスト・安重根が韓国々内で「義士」と呼ばれようが「救国の英雄」と持ち上げられようが、それ自体は本ブログとして知ったことではないし、非難するつもりもない。そんなことは韓国人の勝手だからだ。
しかし、我が国にとっては、安重根は初代内閣総理大臣・伊藤博文を射殺・暗殺したテロリストであり凶悪な犯罪者であることはまぎれもない。「殺した側」と「殺された側」の評価は180度反対であっても、それは当然のことだ。

それを「殺した側」の人間がその「殺した」テロリストについて、「殺された側」に向かって「殺した側」と同じ立場に立って評価しろなどというのは、ナンセンスであるのを通り越して滑稽ですらある。そんなことを相手国に強要出来ると本気で考えているのなら、それはこの地球上に韓国以外の価値観を持つ国家の存在を許さないという主張と同義であって、文明と知性が支配する世界にあってはそんなことはあり得ないということぐらい、ヒトから指摘されなくても理解出来なくてはいけない。「滑稽」というのはそういう意味だ。
例えば、我が国が韓国人に向かって、睦奥宗光や岡本柳之助などを偉人・英雄として賛美しろなどと強要したことがあるか? そんな基本的なことも理解出来ないというのなら、韓国は文明国・近代国家を標榜する資格はない。

ここで「文明」ということについて一言つけ加えれば、お互いに交わした「約束は守る」ということと、相手方がもしそれを破った場合は、それに対し公正な手続きを経て制裁を科すことが出来る「裁判」という制度が完備していることが「文明国」と呼ばれる最低条件だろう。

韓国は我が国との国交開始後、何度も条約という国家間の「約束」を交わしながら、それを守ったことはなかった。というより、清国・ロシアの干渉によって破らされたというべきか。先にも述べたとおり、我が国はそのような韓国の姿勢に対して安全保障上の危惧を抱いて、韓国に対して強硬手段に訴えるべきとの世論が台頭した。それに対し首相・伊藤博文は「あんな信頼のおけない陰日なたのあるウソつきどもに手を出すことは我が国にとって重荷になる」と判断して一貫して反対したのだ。
安重根というテロリストは、何を血迷ったか、あるいは誰にそそのかされたか、その伊藤博文を満洲・ハルビンの駅頭で射殺した。これによって我が国の世論は沸騰し、また「日韓併合」などという愚劣な政策に反対し続けていた伊藤博文というストッパーを失ったことにより、一挙にこの日本にとって何らの利益もない「日韓併合」強行に傾くことになり、愚劣な韓国人は国を失う結果になった。
−−もっとも、このことで韓国人は中世の亡霊のような残虐・凶悪な李王朝の軛からやっと脱することが出来、近代文明社会の恩恵というものを体験出来たのだが。

そして、そのテロリスト・安重根に対して,日本は公正な裁判と言う手続きによって刑罰を下した。この意味と意義が理解出来ないなら、韓国人は永遠に未開人・野蛮人の地位に甘んじざるを得ないだろう。

そもそも、人類の歴史は絶えざる相克の歴史である。過去には互いに争い合い、殺し合った経験を持たない関係など絶無に等しいだろう。しかし、だからと言って、それを50年・100年言い立てて今後の国家間秩序と信頼関係の構築に何の役に立つだろう。
フランス人とドイツ人はナチスの存在をめぐって現在も争っているか? ドイツ人はベルリン・ドレスデンなどの都市無差別破壊爆撃について、いまだにイギリス・アメリカを罵っているか? イギリス人はいまだに日本に向かってプリンス・オブ・ウェールズを沈められた恨み言を言い立てているか? ポーランド人はカチンの森の虐殺について現在もロシア人と争っているか? そんなことを言い続けていれば、人類は永久に殺し合いを続けて行くほかには未来はないだろう。
韓国人は自分が他国(例えばベトナム)に対して加えた危害・残虐行為には一切の謝罪も反省もしないくせに、他国への憎しみ・恨み言ばかりを並べて罵っている状態から一歩も出てこようとはしない。そんなことばかりやっているから、いつまでたっても品格のカケラもない三流の野蛮国の状態から脱却出来ないのだ。これを「滑稽」といわずにいったい何と呼べばいいのか。まさに笑うべきなりである。

韓国は、テロという凶暴な手段で他国の首相を倒した行為を美化・正当化する、凶悪・野蛮・前近代的なテロ賛美国家である。そしてその凶悪な姿勢が国際スポーツなどさまざまな分野で諸外国と深刻な軋轢を生じる原因にもなっている。当の韓国人だけがその自覚がなく、「何でも世界一」というあり得ない強迫観念に囚われているくせに「文明国・大国」を気取っている。これもまたあまりに「滑稽」で笑うべきなりである。

リンク:安重根の子孫は米国人 「愛国英雄」興味深い家族史 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根石碑、日韓は対話を=米 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米、日韓に対話促す - 速報:@niftyニュース.
リンク:安重根石碑で摩擦=韓国、「犯罪者」発言に猛反発—中国も設置前向き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「安重根は犯罪者」 韓国外相「容認できない」 世耕副長官すかさず反論 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「義士」なのか「犯罪者」なのか 安重根の評価巡り対立深まる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「容認できない」=安重根犯罪者発言—韓国外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根めぐり日韓応酬 菅氏「犯罪者」、韓国反発 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根石碑建立計画 中国でも著名 推進否定せず 外務報道官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<安重根>「英雄視」韓国と「反発」日本が応酬 深まる溝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:テロリストを英雄に仕立てる韓国の幼児的ナショナリズム - 雑誌記事:@niftyニュース.
リンク:安重根碑、中韓協力で進行…菅長官「犯罪者だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根は「抗日の義士」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:韓国の反発「過剰」=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国、「安重根は犯罪者」に反発 - 速報:@niftyニュース.
リンク:菅官房長官「過剰反応」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:韓国、「犯罪者」に反発=安重根めぐる菅官房長官発言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:朴槿恵大統領、安重根記念碑は「順調」 菅官房長官「犯罪者」と不快感 - 速報:@niftyニュース.
リンク:菅氏、韓国の安重根石碑を批判 - 速報:@niftyニュース.
リンク:官房長官「安重根は犯罪者」 石碑建立計画を批判 韓国反発には「過剰反応だ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根石碑、日韓関係に悪影響=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「安重根の記念碑建立進んでる」韓国・朴大統領、中国に謝意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安重根の石碑は「うまく進行中」 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

安重根の子孫は米国人 「愛国英雄」興味深い家族史
産経新聞 11月23日(土)17時1分配信

 1909(明治42)年、旧満州のハルビン駅で伊藤博文を狙撃し暗殺した安重根について、日本政府が彼を犯罪者といったことに韓国政府が「犯罪者ではない」と反発している。

 彼が韓国で英雄視されているからといっても、日本からすれば明治の元勲で初代首相を闇討ちして殺害したテロリストで犯罪者だ。米国でワシントンは独立・建国の英雄だが英国では反逆者というのと同じだ。こんなことで米英は争わない。歴史認識が違って当然だからだ。

 これを機に韓国政府やマスコミも世界を広くながめ、国家間の歴史認識の違いは当たり前と気付いたらどうかな。

 ところで安重根は死刑判決を受け刑死したが、安俊生という息子がいて後に伊藤博文の息子と京城(現ソウル)に建立された「博文寺」で和解の握手をしたというエピソードがある。そのため戦後、彼は韓国でひっそり暮らし、その子つまり孫の安雄浩は米国に移民し中国系女性と結婚。ひ孫にあたるその息子が今年、暗殺事件104周年記念で韓国を訪れた。「トニー・アン・ジュニア」といい50歳。韓国語もしゃべれない米国人だった。カトリック信者だった安重根は洗礼名が「トマス」でロシアや中国を渡り歩き、その子孫は米国人。愛国英雄の興味深い家族史だ。(黒田勝弘)


安重根石碑、日韓は対話を=米
時事通信 11月23日(土)10時30分配信

 【ワシントン時事】米国務省のサキ報道官は22日、伊藤博文初代韓国統監を暗殺した独立運動家、安重根の石碑を中国のハルビン駅に設置する動きが進んでいることについて、「歴史をめぐる懸案を対話を通じ友好的に解決するため、協力するよう日韓に促す」と述べた。
 報道官は、北東アジア各国が建設的関係を築くことは米国の利益にかなうと強調し、「状況を注視している」と語った。ただ、米国の役割については、協力が可能な分野に関心を向けるよう各国の背中を押す以外、特にないと述べた。 


米、日韓に対話促す
2013年11月23日(土)7時39分配信 共同通信

 【ワシントン共同】初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根の石碑建立計画をめぐって日本と韓国が対立を深めていることについて、米国務省のサキ報道官は22日「歴史問題に関する懸念を対話によって友好的に解決するよう日韓両国に促す」と語った。

 記者会見で報道官は、北東アジア各国の「強固で建設的な関係」が地域の平和と安定につながり、米国の国益にもなると強調。米国が積極的に仲介に乗り出す考えはないとしながらも「状況を注視している」と述べた。


安重根石碑で摩擦=韓国、「犯罪者」発言に猛反発—中国も設置前向き
時事通信 11月22日(金)14時59分配信

 【ソウル時事】初代韓国統監の伊藤博文元首相を中国のハルビン駅で暗殺した独立運動家・安重根の石碑を同駅に設置する動きが中韓の間で進んでいる。慎重だった中国も前向きな姿勢に転じており、「中韓共闘」で日本に圧力をかけている形だ。「犯罪者」との日本政府の評価に韓国では猛反発も起きている。
 石碑設置は韓国が中国に協力を求めていたが、6月に朴槿恵大統領が習近平国家主席に改めて要請。大統領は今月18日の楊潔※(※=竹カンムリに褫のツクリ)中国国務委員との会談で、計画が順調に進んでいることに謝意を示した。
 中国は2006年にハルビン市内に建てられた安重根の銅像を撤去するなど、崇拝の動きに神経をとがらせてきた。韓国紙・朝鮮日報は「中国は日本との関係を勘案し、安義士の記念事業に消極的だったが、歴史や尖閣諸島で日本と対立し、韓国と共同戦線を張っている」と伝えた。
 韓国の動きに菅義偉官房長官は「安重根は犯罪者だと韓国政府にこれまでも伝えている。日韓関係のためにならないのではないか」と不快感を表明。世耕弘成官房副長官も「死刑判決を受けた人物だ。それに尽きる」と述べた。 


「安重根は犯罪者」 韓国外相「容認できない」 世耕副長官すかさず反論
産経新聞 11月21日(木)7時55分配信

 【ソウル=加藤達也】韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は20日の国会答弁で、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根を「犯罪者だ」と述べたことについて「日本政府の立場を代弁する高官の、歴史を無視した発言」との認識を示し「韓国政府としても、国民としても容認できない」と反発した。

 尹氏は「日本の指導者が歴史を無視した言動を続けながら、国際社会の平和と安定に寄与しようというのは矛盾だ」と主張。「日本の責任ある政治家は、日本帝国主義の侵略の歴史を徹底的に反省し、被害を受けた国家に心から謝罪する姿勢を持たなければならない」とも強調した。

 これに対し、世耕弘成官房副長官は20日、安重根について「伊藤博文を殺害して死刑判決を受けた人物と認識している。それに尽きる」と述べ、尹氏の批判に反論した。

 菅氏は19日、韓国が暗殺現場の中国・ハルビン駅に安重根の顕彰碑建立を計画していることに関し、「安重根は犯罪者だと韓国政府に伝えている」と不快感を表明していた。


「義士」なのか「犯罪者」なのか 安重根の評価巡り対立深まる
J-CASTニュース 11月20日(水)19時56分配信

Photo_17
「犯罪者」か、それとも「義士」か。安重根の評価は真っ二つに割れている

 東洋平和のために、韓国と日本、そして中国は手を携えるべきだ——伊藤博文を暗殺したことで知られる安重根(1879〜1910)は、処刑直前の遺著にこう書き残した。

 没後100年、その安重根の評価をめぐり日本・韓国・中国が対立を深めている。

 きっかけは韓国の朴槿恵大統領が2013年6月、伊藤暗殺現場である中国・ハルビンに、安の記念碑を建てる計画を中国・習近平国家主席にもちかけたことだ。

■日本の国会でも「名誉回復」が提起されたことも

 さらに朴大統領はダメを押すように11月18日、訪韓した中国高官に対しわざわざこの話を持ち出し、建造計画が順調に進んでいることに感謝の意を述べた。菅義偉官房長官もさすがにカチンときたのか、

  「我が国はこの安重根については『犯罪者である』(との立場を)、韓国政府に対してこれまでも伝えてきております」

と、不快感を露骨ににじませた。この「犯罪者」発言が韓国に伝わると、即座に「我が国の独立と東洋平和のために命をかけた人物だ。『犯罪者』と表現することは極めて残念」(韓国外務省)とかみつかれた。中国もこれに参戦、「安重根は歴史上有名な『抗日義士』であり、中国でも尊敬を受けている」との声明を発表する。菅官房長官も同日、

  「まあずいぶんと過剰反応だな、という風に思いますよ」

と冷ややかに切り返し、さらに議論が過熱することになる。

 韓国では「義士」「英雄」、日本では「犯罪者」——こうした安の「評価」については、日本の国会でも過去に何度か問題提起されたことがある。1984年には社会党の新村勝雄衆院議員が、安を含む韓国統治時代の「政治犯」の名誉回復を提起したが、安倍晋三首相の父・安倍晋太郎外相(当時)は明確な回答を避けた。87年にも「安重根はテロリストに当たるか」が議論に上っている。

潜水艦「安重根」、中には遺影も飾られる
 安は1879年、現在の北朝鮮にある海州市に生まれた。実家は裕福で、カトリックの洗礼も受けている。20代半ばから民族運動に身を投じ、愛国的教育活動、そしてのちに武装闘争に身を投じ、最終的に1909年に伊藤暗殺を決行、翌年処刑される。30歳だった。

 韓国では最新鋭の潜水艦に「安重根」の名が付けられるなど、まさに国民的な英雄となっている。同艦の艦内では、その遺影や遺墨が掲げられているという。サッカー日韓戦の応援に安の肖像を描いた垂れ幕が持ち出されることも有名だ。

 ただし当時の韓国皇室では、日本への配慮から、

  「伊藤氏が我が国の人間の『凶手』にかかった」(当時の皇太子による電報、「純宗実録」所載)

と安をテロリスト扱いにしている。首都での歌舞音曲を禁止するなど、日本への徹底した配慮を見せており、韓国にとっては「気まずい」(朝鮮日報の記事より)事実だ。

 同じく半ば「なかったこと」になっているのが、安の遺児・安俊生の存在だ。実業家となった俊生は1939年、満州で伊藤の位牌に手を合わせ、伊藤の息子に「謝罪」した。韓国独立の英雄・金九はこれに激怒し、俊生殺害まで図っている。俊生は戦後間もなく、不遇のうちに死去した。安の孫たちは追悼式典などのためにしばしばメディアに登場するが、俊生の存在は無視されがちだ。

 また安は獄中での遺著で、韓国と日本、中国が共同して西欧列強に対抗すべきとの持論を展開している。ほかの人物なら「親日派」扱いされかねない主張だが、韓国内では「現在の観点でも先駆的な思想」(中央日報)として賛美を惜しまない。

 「犯罪者」か「義士」か、日中韓の緊張が高まる中、誰もが納得する答えは容易には出そうにない。


「容認できない」=安重根犯罪者発言—韓国外相
時事通信 11月20日(水)12時43分配信

 【ソウル時事】韓国の尹炳世外相は20日の国会答弁で、菅義偉官房長官が初代韓国統監の伊藤博文元首相を暗殺した独立運動家、安重根について「犯罪者だ」と述べたことに関し、「日本政府の立場を代弁する高官の歴史を無視した発言は、韓国政府、国民として容認できない」と批判した。 


安重根めぐり日韓応酬 菅氏「犯罪者」、韓国反発
産経新聞 11月20日(水)7時55分配信

 初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺した安重根の石碑建立計画をめぐり、日韓両国の対立が深まっている。石碑は暗殺現場の中国・ハルビン駅に建設される計画で、対立は中国を巻き込んだ形で今後も尾を引くことになりそうだ。

 石碑建立計画は韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が6月、中国の習近平国家主席らに協力を要請した。朴氏は18日、ソウルで中国の楊潔●(よう・けつち)国務委員(外交担当)と会談、計画について「(中韓)双方の協力の下、うまく進んでいる」と謝意を表した。

 これを受け、菅義偉(すが・よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えてきた。そうした中でこのような動きがあるのは日韓関係のためにはならないのではないか」と述べた。

 一方、韓国外務省報道官は同日の定例記者会見で、「甚だしく遺憾だ」と反発。「(安重根は)わが国の独立と東洋の平和のために命をささげた方だ」と主張し、「日本の帝国主義、軍国主義時代に伊藤博文がどのような(役割をなした)人物だったか、日本が周辺国に何をしたかをかえりみれば、発言はあり得ない」と強く批判した。

 菅氏は午後の記者会見で韓国側の反発をふまえ、「随分と過剰反応だなというふうに思う。私は従来のわが国の立場を淡々と述べただけだ」と述べた。

 日韓関係の冷え込みについては最近、韓国の有力紙などで朴政権に改善を促す論調も目立つ。一方で、日本側の不快感を承知で建立計画を持ち出したのは、朴氏に「歴史」で日本を挑発する姿勢を改める意思がないということの表れといえる。

 朴氏は最近も第三国の首脳らに対し、日本の歴史認識を問題視する発言を繰り返しているが、米国のヘーゲル国防長官が韓国の過剰な対日批判をたしなめるなど、国際社会は冷淡な姿勢を示しつつある。一方、日本の外交筋は、「石碑建立計画が具体的に進んでいるという情報には接していない」としている。(山本雄史、ソウル 加藤達也)

●=簾の广を厂に、兼を虎に


安重根石碑建立計画 中国でも著名 推進否定せず 外務報道官
産経新聞 11月20日(水)7時55分配信

 【北京=川越一】中国外務省の洪磊報道官は19日の定例記者会見で、安重根を「中国でも尊重されている、歴史上著名な抗日義士」と位置づけた。その上で、韓国が働きかけた石碑建立について、「中国側は外交上の記念施設に関する規定に基づき検討していく」と述べ、計画推進を否定しなかった。


<安重根>「英雄視」韓国と「反発」日本が応酬 深まる溝
毎日新聞 11月19日(火)20時13分配信

 初代韓国統監を務めた伊藤博文を1909年に暗殺した安重根(アン・ジュングン)の評価が日韓両国の新たな火種となっている。安重根を英雄視する韓国は、暗殺現場のハルビン駅(現・中国黒竜江省)に記念碑を作るよう中国に働きかけているが、日本政府はこれに反発。日韓両政府は19日、この問題をめぐって応酬を繰り広げた。

 きっかけは韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が18日、ソウルで会談した中国の楊潔�(よう・けつち)国務委員に、記念碑設置が「両国の協力でうまく進んでいる」と謝意を示したことだった。朴氏は6月の訪中時、習近平国家主席に、記念碑の設置を要請していた。

 これについて、菅義偉官房長官は19日の記者会見で「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えている」と語り、容認できないとの考えを強調。「このような動きは日韓関係のためにならないのではないか」と述べ、韓国をけん制した。

 これを受け、韓国外務省の報道官は記者会見で「(安重根は)わが国の独立と東洋の平和に命をかけた方だ。犯罪者という表現は大変遺憾だ」と菅氏の発言を批判し、歴史問題で「謙虚な反省」を要求。さすがに菅氏はその後の会見で「過剰反応かと思う」と、やんわり反論するにとどめたが、日韓両政府の溝は一層深まった。

 中国外務省の洪磊副報道局長は同日の記者会見で、安重根の石碑を建てる計画について「安重根は歴史上有名な抗日の義士で、中国でも尊重されている」と述べた。【ソウル大貫智子、鈴木美穂】


テロリストを英雄に仕立てる韓国の幼児的ナショナリズム
(ニューズウィーク日本版 2013年11月19日配信掲載) 2013年11月19日(火)配信

 安重根という名前を知っている日本人はほとんどいないと思うが、韓国では「抗日闘争の英雄」である。といっても彼は建設的な事業をしたわけではなく、1909年に日本の初代韓国統監だった伊藤博文を暗殺したテロリストである。

 ところが韓国の朴槿恵大統領は、彼が伊藤を暗殺した中国のハルビン駅に記念碑を建設することを中国側に提案し、それが「順調に進んでいる」と表明した。テロリストを英雄として賞賛することも先進国では考えられないが、暗殺事件から100年以上たって記念碑を建てようと他国に提案する大統領も普通ではない。

 この一つの原因は、韓国があおっている反日感情の歴史的根拠がないことにある。韓国は1910年の日韓併合から終戦までの時期を「日帝36年」として批判しているが、その時期に日本の朝鮮総督府が韓国人を虐待した記録はほとんどない。一時は「強制連行」や「従軍慰安婦」などを持ち出したが、それも事実と異なると判明したころから、日韓併合前の事件を持ち出すようになった。

 確かにこの時期には抗日運動があり、当時の大韓帝国が日本の支配に抵抗したことも事実だ。しかしもともとは、李氏朝鮮の改革派が近代化の先輩だった日本の支援を求めたのが始まりだ。これが日清戦争の原因となり、勝った日本は朝鮮半島に介入せざるをえなくなった。

 それは近代化を始めたばかりの日本にとっても重荷であり、伊藤は韓国併合には反対した。
しかし国内の強硬派や軍は朝鮮を満州侵略への足がかりにしようとしたので、彼はみずから統監となった。文官が軍を統括するのは異例で、軍は天皇の統帥権を理由にして反対したが、彼は軍を抑えるため、みずから現地の司令官を指揮したのだ。

 伊藤は直接支配には消極的で、「韓国八道より各十人の議員を選出し衆議院を組織すること」など、日本をモデルにした自治政府を考えていたが、日露戦争に勝った国内では対外的な膨張主義が強まり、最終的には彼も併合を了承した。しかし伊藤が暗殺されたため強硬派と慎重派のバランスが崩れ、抗日運動を弾圧して日韓併合が行なわれた。

 韓国の側からみると、中国との関係で格下と考えていた日本に支配され、民族としての誇りは傷ついただろう。しかし客観的に見て、今の北朝鮮に近い状態で多数の餓死者が出ていた韓国が独立することは、財政的に不可能だった。日本が支配しなければ、ロシアが支配しただろう。

 日韓併合のとき1300万人だった朝鮮の人口は、占領末期の1942年には2550万人に倍増し、工業生産は6倍以上になった。この時期の朝鮮の資本蓄積の90%は日本の資本によるものと推定されている。逆にいうと、日本の朝鮮統治は大幅な赤字だった。それは植民地支配という西洋的な概念とは違い、「東亜の盟主になる」という思い上がりで日本が朝鮮を「同化」しようとしたものだが、結果的には大失敗だった。

 戦争が終わると、韓国人は日本のインフラ投資に感謝しないで、反日感情を刺激してナショナリズムをあおり始めた。
これは終戦直後にスターリンの指令で北朝鮮が始めたものだが、歴代の軍事政権は政治的危機に直面すると「民主化運動は日本の謀略だ」という宣伝を繰り返した。

 これに朝日新聞が「従軍慰安婦」の誤報で火に油を注ぎ、日韓関係は決定的に悪化した。親日的な言動を禁止する多くの法律が制定され、植民地時代の親日的な行動に刑事罰を課す親日反民族特別法が成立し、戦時中に遡及して親日派を摘発することになった。

 韓国政府は「朝鮮総督府は40%の土地を接収し、生産されたコメの半分を収奪した」などと国定教科書に書かせているが、総督府は基本的に朝鮮人の土地所有権を確認し、国有地は全国の土地の3%程度だった。コメの半分が日本に輸出されたのは日本の米価が朝鮮より30%ぐらい高かったからで、代金は朝鮮人の所得になったのだ。

 このような歴史を歪曲する教育は、事実と照合すればすぐ嘘とわかる幼稚な政治的宣伝である。朴大統領は「日韓共同で歴史教科書をつくろう」と呼びかけているが、そのためには今までの反日教育を清算することが条件だ。その気もないのに日本を攻撃する舞台を設定しようという政治的意図で言っているなら、日本は拒否すべきだ。安重根をめぐる彼女の言動をみても、反省する兆しはまったく見えないからだ。


安重根碑、中韓協力で進行…菅長官「犯罪者だ」
読売新聞 11月19日(火)20時6分配信

  【ソウル=中川孝之】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は18日、訪韓した中国の楊潔チ(ヤンジエチー)(よう・けつち)国務委員と大統領府で会談し、朝鮮独立運動家・安重根(アンジュングン)の記念碑を黒竜江省のハルビン駅に建立する計画について、「(中韓の)双方の協力でうまく進行している」と述べ、謝意を表した。

 安重根は1909年に同駅で伊藤博文・初代韓国統監を暗殺した人物で、記念碑建立は、6月の中韓首脳会談で朴氏が習近平(シージンピン)国家主席に要請していた。

 菅官房長官は19日午前の記者会見で、韓国側の動きに対し、「我が国は『安重根は犯罪者だ』と韓国政府に伝えてきており、このような動きは日韓関係のためにはならない」と不快感を示した。

 菅氏の発言を受け、韓国外交省報道官は19日、「あり得ない発言だ。犯罪者という表現を使うのは極めて遺憾だ」と反発。これに対し、菅氏は19日夕の記者会見で「随分と過剰反応だ。私は我が国の従来の立場を淡々と申し上げているだけだ」と述べ、抑制的な対応を韓国側に求めた。


安重根は「抗日の義士」
2013年11月19日(火)19時5分配信 共同通信

 【北京共同】中国外務省の洪磊副報道局長は19日の記者会見で、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根をたたえる石碑を建てる計画に関連し「安重根は歴史上有名な抗日の義士で、中国でも尊重されている」と述べた。

 中国黒竜江省の伊藤博文暗殺現場に石碑を建てるとする計画は、韓国の朴槿恵大統領が打ち出し、中国側も協力姿勢を示している。

 朴氏が提案した歴史問題解決のための「北東アジア共同の歴史教科書」編さんに関しては「日本がこうした呼び掛けに耳を傾け、誠意ある態度を示すよう希望する」と語った。


韓国の反発「過剰」=菅官房長官
時事通信 11月19日(火)18時23分配信

 菅義偉官房長官は19日午後の記者会見で、初代韓国統監の伊藤博文元首相を暗殺した独立運動家の安重根を「犯罪者」とした自らの発言に韓国政府が反発していることについて、「ずいぶんと過剰反応だ」と述べた。その上で、「わが国の従来の立場を淡々と申し上げただけだ」と説明、韓国側の抑制的な対応を求めた。 


韓国、「安重根は犯罪者」に反発
2013年11月19日(火)17時33分配信 共同通信

 【ソウル共同】初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根をたたえる石碑を建てる計画に関連し、菅義偉官房長官が「安重根は犯罪者」と述べたことについて、韓国外務省報道官は19日の記者会見で「極めて遺憾だ」と反発した。

 報道官は「安重根義士はわが国の独立と東洋の平和のために命をささげた方だ」と指摘。「日本の軍国主義時代に伊藤博文がどのような人物だったか、日本が当時、周辺国に何をしたかを振り返れば、官房長官のような発言はありえない」と批判した。


菅官房長官「過剰反応」
2013年11月19日(火)17時29分配信 共同通信

 菅義偉官房長官は19日午後の記者会見で、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根を「犯罪者」とした自らの発言を韓国外務省が批判したことに関し「ずいぶんと過剰反応だ。従来のわが国の立場を淡々と申し上げただけだ」と反論した。

 安重根の石碑建立が日韓関係のためにならないとの日本政府の考えを外交ルートで韓国側に伝えるかどうかについては「わが国の立場は伝えてきている」と述べ、既に説明済みとの立場を示した。

 一方で、日韓首脳会談の再開など関係改善を目指す日本政府の姿勢は変わっていないと強調した。


韓国、「犯罪者」に反発=安重根めぐる菅官房長官発言
時事通信 11月19日(火)15時55分配信

 【ソウル時事】韓国外務省報道官は19日の定例記者会見で、菅義偉官房長官が初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した独立運動家、安重根について「犯罪者だ」と述べたことに対し、「はなはだ遺憾だ」と批判した。
 報道官は「日本の帝国主義、軍国主義時代に伊藤博文がどのような人物だったのか、日本が当時、周辺国にどんなことをしたのかを振り返れば、官房長官発言はあり得ない」と主張。「安重根義士はわが国の独立と東洋の平和のために命をささげた方だ」と反論した。 


朴槿恵大統領、安重根記念碑は「順調」 菅官房長官「犯罪者」と不快感
2013年11月19日(火)15時35分配信 J-CASTニュース

伊藤博文を暗殺した安重根(1879~1910)の記念碑建造計画をめぐり、韓国の朴槿恵大統領は2013年11月18日、訪韓した中国の楊潔チ国務委員に対し、計画が順調に進んでいることへの謝意を表明、歴史問題に対する中韓の緊密をアピールした。記念碑は6月に北京で習近平国家主席と首脳会談した際に朴大統領が提案したもので、暗殺現場となった中国・ハルビンに建造予定。安重根は韓国では「義士」と称されている。

一方、菅義偉官房長官は19日の会見で、安重根は「犯罪者」との立場を韓国政府に伝えてきているとし、建造計画は「日韓関係のためにならない」と不快感をにじませた。


菅氏、韓国の安重根石碑を批判
2013年11月19日(火)11時46分配信 共同通信

 菅義偉官房長官は19日の記者会見で、韓国の朴槿恵大統領が、初代韓国統監の伊藤博文を暗殺した安重根をたたえる石碑計画を進めていることを批判した。「安重根は犯罪者だと韓国政府にこれまでも伝えてきている。このような動きは日韓関係のためにはならない」と述べた。

 韓国政府への対応については「しっかりとわが国の主張を韓国に伝えていきたい」と強調した。


官房長官「安重根は犯罪者」 石碑建立計画を批判 韓国反発には「過剰反応だ」
産経新聞 11月19日(火)11時20分配信

 菅(すが)義偉(よしひで)官房長官は19日午前の記者会見で、初代韓国統監を務めた伊藤博文元首相を中国・ハルビンで暗殺した安重根をたたえる石碑の建立計画が韓国と中国の間で進められていることについて「わが国は、安重根は犯罪者であると韓国政府にこれまでも伝えてきた。このような動きは日韓関係のためにはならないのではないか」と述べ、韓国政府を批判した。

 韓国外務省が「犯罪者」との菅氏の指摘に反発したことには、19日午後の記者会見で「随分と過剰反応だなと思う。私は従来のわが国の立場を淡々と述べただけだ」と一蹴した。

 日本政府の立場を外交ルートで韓国側に伝えるかどうかについては「わが国の立場は伝えてきている」と述べ、説明済みとの立場を示した。同時に「韓国は大事な隣国だ」とも述べ、関係改善を目指す姿勢は変わっていないと強調した。


安重根石碑、日韓関係に悪影響=菅官房長官
時事通信 11月19日(火)10時51分配信

 菅義偉官房長官は19日午前の記者会見で、韓国が中国に対し、初代韓国統監の伊藤博文元首相を暗殺した独立運動家、安重根に関する石碑を設置するよう求めていることについて「わが国は安重根については犯罪者だと韓国政府にこれまでも伝えている。このような動きは、日韓関係のためにならないのではないか」と不快感を示した。
 安重根の石碑をめぐっては、6月に韓国の朴槿恵大統領が中国の習近平国家主席と会談した際、中国ハルビン駅の元首相暗殺現場への設置を要請している。 


「安重根の記念碑建立進んでる」韓国・朴大統領、中国に謝意
産経新聞 11月19日(火)7時55分配信

 【ソウル=加藤達也】韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は18日、韓国を訪問している中国の楊潔チ国務委員(外交担当)とソウルで会談し、初代韓国統監を務めた伊藤博文を殺害した安重根をたたえる石碑を殺害現場の中国・ハルビン駅に建立する計画について、中韓間で「うまく進んでいる」として謝意を示した。

 石碑の建立をめぐっては、国内にウイグルなど少数民族の独立問題を抱える中国にとって「テロリストによる破壊活動を称賛することになる」(日本外交筋)として、推進は疑問とする見方もある。半面、実際に建立されれば、提案した朴大統領の強固な反日姿勢が一層明確になり、日本側からの反発が強まることは必至とみられる。

 朴氏は6月に訪中した際、習近平国家主席に安重根の石碑を建てたいとして協力を要請した。

 その直後には1940年代に日本統治に抵抗した朝鮮人らの拠点があった西安を訪問し、地元の共産党幹部に対して記念碑建立の許可を出すよう要請している。


安重根の石碑は「うまく進行中」
2013年11月18日(月)20時33分配信 共同通信

 【ソウル共同】韓国の朴槿恵大統領は18日、中国の楊潔チ国務委員(外交担当)とのソウルでの会談で、初代韓国統監を務めた伊藤博文を暗殺し死刑になった安重根をたたえ中国黒竜江省の暗殺現場に石碑を建てる計画などが「(中韓)双方の協力の下、うまく進行している」として謝意を表した。

 韓国大統領府が発表した。楊氏も「円滑な推進に満足の意を表明した」と大統領府は説明している。

 朴氏には、日本への抵抗運動を中韓が協力して顕彰することで、歴史問題で足並みをそろえて日本に圧力をかける思惑があるとみられる。

« 最強の台風30号フィリピン横断、死者3900人以上 1万人以上との見方も・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1453,2013年11月19日 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/58632291

この記事へのトラックバック一覧です: 伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国:

« 最強の台風30号フィリピン横断、死者3900人以上 1万人以上との見方も・14 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1453,2013年11月19日 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31