« ボーイング787の機体トラブルに関するニュース・37 | トップページ | 伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 »

2013年11月18日 (月)

最強の台風30号フィリピン横断、死者3900人以上 1万人以上との見方も・14

今年発生した台風のなかで最大規模の、中心気圧895ヘクトパスカルの猛烈な台風30号が8日午後、フィリピン中部ののレイテ島付近を横断した。

台風30号は中心付近の最大風速が55メートル、最大瞬間風速は75メートルで、フィリピン各地で大きな被害が発生した模様だが、通信回線の断線などにより被害状況の確認が難航している。

これまでの報道では、レイテ島タクロバンなどで死者数が約3900人となったが、依然として推定1万人以上との見方も伝えられている。

9番目のニュース
10番目のニュース
11番目のニュース
12番目のニュース
13番目のニュース

リンク:比台風、セブ島でボランティア活動本格化 主婦ら400人「子供のために」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日系人初の米太平洋艦隊司令官 日本の尖閣対応 高く評価 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:異常気象による経済損失、10年間で年2000億ドルに増加=世銀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:比、400万人が住居失う - 速報:@niftyニュース.
リンク:米太平洋艦隊司令官、日本の比支援を評価 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<フィリピン>救援の海自輸送艦など呉出港 現地到着22日 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自衛隊、被災地へ援助物資の空輸を開始…比台風 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<比台風>イスラエルがセブに診療所 700人を治療 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<比台風>教会崩落 司祭「復興信じる」 サマール島ギワン - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自衛隊の艦艇、台風被害のフィリピンに向け出港 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<米太平洋艦隊司令官>「アジア重視」堅持 就任会見で強調 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東京海上、台風被害のフィリピンに義援金1700万円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:豊田織機、フィリピン支援でフォークリフト2台寄贈 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:援助を求める少年 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:水を求める少年 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:タボゴンで治療を受ける子供 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:タボゴンの自衛隊医療チーム - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「日本支援に感謝」=自衛隊医療チームが診療—台風被害の比セブ島北部 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:デッキで雑魚寝…レイテ島被災者、輸送艦で移送 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スズキ、フィリピンの台風被災地へ総額700万円を支援 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本の比台風支援評価=米司令官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<岸田外相>米国務長官とフィリピン支援など電話協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:比台風、新たに5人の無事確認 - 速報:@niftyニュース.
リンク:日本の比台風支援評価=中国空母懸念ない—米司令官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安否未確認邦人26人に=比台風 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救援物資を降ろす米兵ら=比 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:救援物資積んだ米軍ヘリ=比 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:医療チーム2次隊を派遣へ=フィリピン台風 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フィリピンに500億円融資=台風被害からの復興支援—世銀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:父の話に11歳次女涙ぐむ…比台風避難所ルポ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:被害額1兆4500億円=フィリピン台風で米社試算 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:死者・不明5574人=支援で日本チームも活躍—比台風 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川崎汽船、フィリピン台風被災者を支援するため救援物資を無償で海上輸送 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:Googleがフィリピンの最新航空写真公開、ネット各社で募金受付も開始 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

比台風、セブ島でボランティア活動本格化 主婦ら400人「子供のために」
産経新聞 11月19日(火)7時55分配信

Photo_8
被災者向けにコメを仕分けするボランティア(写真:産経新聞)

 【セブ(フィリピン中部)=吉村英輝】台風30号が直撃したフィリピン中部レイテ島に隣接するセブ島ではボランティアによる救援活動が本格化している。政府による支援が遅れ、被災地への渡航も難しい中、「自分ができることをしたい」とボランティア希望者が連日詰めかけている。

 セブ市の国際コンベンション・センターでは18日、400人近いボランティアが寄付や政府から届いたコメの仕分けに汗を流した。1袋6キロずつに分けたコメは、魚や肉が入った缶詰10缶と一組にまとめられ、レイテ島へと送り出される。

 政府職員によると、14日から始まった作業は週末も休まず、24時間態勢で続けられている。18日朝の時点で仕分けた救援物資は8万個近くになった。

 「簡単な作業なら私も手伝える」。クレサ・イウェイさん(20)は専門学校の仲間と参加し、毎日3時間の作業にいそしむ。英国からセブに移り住んで7年になるレイチェル・ロバートソンさん(43)は3人の子供が学校に行っている時間を手伝いに充ててきた。「被災地の子供たちのために何かしたかった」からだ。同センターには、ラジオなどで支援活動を知った市民が連日訪れ、ボランティア登録数は1万1500人を超えた。

 食料支援が進む一方、台風で家を失った被災者への住宅支援は今後の課題だ。セブ島はレイテ島からの主要な「脱出先」になり、レイテ島からの避難者3千人以上がセブ島の体育施設に収容されているという。

 セブ州の社会福祉開発担当、エビリン・セナジョン氏(53)は、非政府組織(NGO)から提供されたテントなどを活用し、避難者へ仮設住居の設置を検討している。「避難者の生活支援でも市民の力を得られるはず」と、ボランティア活動に期待を込めた。

 一方、自衛隊の国際緊急援助隊のうち増援第1陣となる航空自衛隊のC130輸送機1機が18日、中部パナイ島ロハスに物資を届けるため、首都マニラの空軍基地を出発し、被災地での初任務に着手した。

 日本の外務省によると、レイテ島とサマール島に住む日本人26人と連絡がとれていない。フィリピン国家災害対策本部は18日、死者が3976人、行方不明者が1602人と発表した。


日系人初の米太平洋艦隊司令官 日本の尖閣対応 高く評価
産経新聞 11月19日(火)7時55分配信

 米太平洋艦隊のハリー・ハリス司令官(57)は18日、就任後初めて都内で記者会見し、中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)での領海侵犯への日本の対応について「海上保安庁と海上自衛隊が取っている抑制的な対応に感心している」と高く評価した。緊張緩和に向け、日本が政治や軍事レベルで中国との対話を模索し続けることが重要だとも強調した。

 台風30号で被害を受けたフィリピンでの米軍の救援活動については「仲間が困っているときに手を差し伸べるのが友人だ」と繰り返し指摘。支援は「大国の責任」と強調した。

 救援活動の協力で日米同盟を強めることの意義を強調する一方で、存在感が薄い中国を牽制(けんせい)したとみられる。


異常気象による経済損失、10年間で年2000億ドルに増加=世銀
ロイター 11月19日(火)2時9分配信

Photo_7
11月18日、世界銀行は、異常気象による年間の経済損失規模が過去10年間で約2000億ドルに膨らんだとする報告書を公表した。写真は台風で被災したタクロバンで同日撮影(2013年 ロイター/Damir Sagolj)

[ワルシャワ 18日 ロイター] -世界銀行は18日、異常気象による年間の経済損失規模が過去10年間で約2000億ドルに膨らんでおり、気候変動の深刻化に伴い今後も損失規模は拡大する見通しとする報告書を公表した。

世銀持続可能な開発総局(SDN)のレイチェル・カイト副総裁は「経済損失は1980年代の年500億ドルから、過去10年には年2000億ドル弱に拡大しており、このうち約4分の3は異常気象によるものだ」と指摘している。

ポーランド・ワルシャワでは、今月11日から22日までの日程で第19回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP19)が開催されているが、フィリピンを襲った台風30号で多数の犠牲者が出たことで、気候変動による影響に再び注目が集まっている。


比、400万人が住居失う
2013年11月18日(月)22時37分配信 共同通信

 【マニラ共同】フィリピンの国家災害対策本部は18日、同日午後6時(日本時間同7時)現在で、台風30号による被害で400万人以上が住居を失ったと明らかにした。死者数は3976人、行方不明者は1602人。被災者は1千万人を超える。

 対策本部によると、被害が大きかったレイテ島やサマール島の死者の大半は身元の確認ができておらず、死因も分かっていない。


米太平洋艦隊司令官、日本の比支援を評価
読売新聞 11月18日(月)22時12分配信

 ハリー・ハリス米海軍太平洋艦隊司令官は18日、10月の就任後初めて都内で記者会見し、フィリピンの台風被害について、「日米同盟に基づき日米両国が今後も協力して支援に携わることが重要だ」と述べた。

 ハリス氏は、米国として空母派遣などに続き、被災地に新たに水中調査船を投入することを表明。1000人以上の自衛隊員派遣を決めた日本の対応について、「日本は最大規模の人的支援をするなど重大な貢献をしている」と評価した。

 米国は2012年1月に発表した「国防戦略の見直し」で、アジア・太平洋地域を重視するリバランス(再均衡)戦略を打ち出している。就任後初めての同盟国訪問として来日したハリス氏は「リバランスは優先すべき事項。日米両国の協力関係は、地域の防衛や繁栄に重要」と強調した。


<フィリピン>救援の海自輸送艦など呉出港 現地到着22日
毎日新聞 11月18日(月)21時38分配信

Photo_6
フィリピンへ国際緊急援助のために出航する海上自衛隊の輸送艦「おおすみ」=広島県呉市で2013年11月18日午後2時3分、本社ヘリから後藤由耶撮影

 台風被害を受けたフィリピンに向け、自衛隊の国際緊急援助隊の増援部隊約700人が18日、海上自衛隊の護衛艦「いせ」と輸送艦「おおすみ」で呉基地(広島県)を出発した。到着は22日ごろ。救援活動は「サンカイ(現地語で友達の意)作戦」と名付けられ、過去最多の約1180人が送り込まれる計画。

【写真で見る】台風30号の傷痕が残るフィリピン

 防衛省によると、2隻には陸上自衛隊を主力とする医療・航空援助隊が乗り込み、CH47などヘリコプター8機やトラック30両も搭載。出発に先立ち、部隊の指揮官を務める海自第4護衛隊群司令の佐藤寿紀(ひさのり)海将補は「東日本大震災の被災地域の部隊も参加しており、恩返しができる。日本らしい高品質の援助を届けたい」と語った。

 2隻は被災地周辺の海域に到着後、空母などを派遣した米軍とも連携し、孤立地域に要員や物資を運ぶとともに、被災者の移送も想定している。また、派遣済みの約50人が始めている医療活動を増強し、新たに消毒活動なども行う。

 一方、18日は航空自衛隊のC130輸送機がマニラから、約400キロ離れたパナイ島へ救援物資の米9トンを初空輸した。【吉村周平、本多健】


自衛隊、被災地へ援助物資の空輸を開始…比台風
読売新聞 11月18日(月)21時13分配信

Photo_5
18日、フィリピン中部ロハスで、自衛隊のC130輸送機でマニラから空輸された食料を運び出すフィリピン軍の兵士ら(石崎伸生撮影)

 【ロハス(フィリピン中部)=石崎伸生】台風被害の支援活動でフィリピン入りしている自衛隊の国際緊急援助隊は18日、比政府の要請を受け、C130輸送機で被災地への援助物資の空輸を開始した。

 自衛隊のC130輸送機2機は17日、各国の支援用輸送機が集まるマニラのビリアモール空軍基地に到着。うち1機が18日午後、中部パナイ島のロハスに向かい、比政府が用意したコメや乾麺、缶詰などの食料約9トンを届けた。

 ロハスがあるカピス州では、約32万人が避難生活を送る。比社会福祉開発省・現地事務所のジョセフィン・デガラさん(52)は「援助物資は更に必要になる」と訴えた。輸送機の機長、坂本隆宏3等空佐は、「日本は東日本大震災を経験したので、災害時にできることは力いっぱいやっていきたい」と話した。

 比国家災害対策本部によると、18日時点の死者は3976人、行方不明者1598人。在マニラ日本大使館によると、同日時点でレイテ、サマル両島の在留邦人26人と連絡が取れず、安否確認を急いでいる。


<比台風>イスラエルがセブに診療所 700人を治療
毎日新聞 11月18日(月)21時10分配信

Photo_4
負傷した女児の治療をするイスラエル国家捜索救難部隊の医師=2013年11月16日撮影、イスラエル軍提供

 【エルサレム大治朋子】イスラエル国家捜索救難部隊がフィリピン中部セブ島北部のボゴ市で台風30号の負傷者らの治療にあたっている。その即応性は米軍並みで、オサー・メリン医師(予備役・中佐)は「患者が殺到している」と強調、さらなる支援の必要性を訴えた。

【写真で見る】台風30号の傷痕が残る現地の様子

 ボゴには約10万人が居住。建物の被害は約9割に拡大したが、大規模な救援作業は行われていない。部隊の医師ら125人は緊急診療所を開設し、すでに700人を治療した。

 メリン医師は17日、電話取材に答え「午前5時には50人が列をなしている。毎日300人を治療しているが、とても間に合わない」と語った。今後2週間程度、滞在する予定。


<比台風>教会崩落 司祭「復興信じる」 サマール島ギワン
毎日新聞 11月18日(月)21時3分配信

Photo_3
台風30号の暴風雨で無残な姿となったフィリピン最古の一つとされる受胎告知教会の前で当時の状況を話すアンディ・エガルゴ司祭=フィリピン・サマール島ギワン市で2013年11月18日、武市公孝撮影

 【ギワン(フィリピン中部)岩佐淳士】台風30号がフィリピンで最初に上陸したサマール島ギワン市に18日、入った。暴風で町は壊滅し、400年以上の歴史があるフィリピン最古級の教会も崩壊。未曽有の災害に打ちのめされながらも、人々は教会の前に集まり、黙々と祈りをささげていた。

【写真で見る】台風30号の傷痕が残る現地の様子

 ギワンは、16世紀に世界一周した探検家マゼランの艦隊がフィリピンで最初に上陸した地。そのため、カトリック教徒が特に多いとされる。中心部にある石造りの受胎告知教会は16世紀末に建てられた国指定の文化財。だが、天井は崩れおち、がれきに埋もれた入り口に、マリア像がそっと立てかけられていた。隣の司祭館では、司祭のアンディ・エガルゴさん(47)が厳しい表情で被災者に配る食料の数量を確認していた。

 「この教会は何度も台風に耐えてきました。しかし今回だけは違いました」。ギワンは台風の襲来地として知られ、住民は嫌というほど暴風雨を経験してきた。市は、上陸数日前から警戒を呼び掛け、約1万人の避難に成功したが、威力は予想を上回り、1万3500世帯のうち、8割が全壊。

 約100人が命を落とした。それでも、エガルゴさんは「台風を恨むことはできません。ただ祈り、復興を信じるだけです」。

 18日朝の礼拝で、司祭が聖書を読み上げるのを目をつぶり、じっと聞く女性がいた。

 教会近くに住む元教師、ジョセフィン・カブラオさん(61)は屋根が吹き飛んだ家で心細く暮らすが「祈りの最中は災害のことを忘れられます」と語った。

 台風通過から10日、市場では肉類が売られ、人々が家屋の修理を始めるなど、徐々に復興に向けた動きが出始めている。しかし、町の象徴、教会が失われ、礼拝堂のキリスト像は今もがれきの下にある。「教会の姿はとても悲しい。ただ、今は住民の食料を確保し、安全を守らなければならない。教会の復旧を考えるのはまだ先だ」。ロジェル・カブラオ副市長(62)が言った。


自衛隊の艦艇、台風被害のフィリピンに向け出港
AFP=時事 11月18日(月)21時1分配信

Photo_2
台風30号(アジア名:ハイエン、Haiyan)で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島のタクロバン郊外で、支援を求めるメッセージが書かれたプラカード(2013年11月18日撮影)。

【AFP=時事】台風30号(アジア名:ハイエン、Haiyan)で壊滅的被害を受けたフィリピンの支援に向け、海上自衛隊の艦艇2隻が18日、広島県の呉基地を出港した。フィリピン到着は22日となる見込みだという。

フィリピンの台風被災者、日曜礼拝で祈り

 防衛省によると2隻の艦艇には、隊員650人余りが乗船しているほか、ヘリコプター6機が積み込まれた。自衛隊の海外派遣としては過去最大規模となる。

 このほか、自衛隊はC-130輸送機7機、KC-767空中給油・輸送機2機、U-4多用途支援機1機をフィリピンに派遣する。

 隊員らは現地で、医療支援や援助物資輸送などの任務に従事する。

 前週には自衛隊員約50人が第1陣として被災地入りしており、最終的にフィリピンへ派遣される隊員数は1200人規模となる見通しだが、残りの隊員の今後の派遣スケジュールは未定。【翻訳編集】 AFPBB News


<米太平洋艦隊司令官>「アジア重視」堅持 就任会見で強調
毎日新聞 11月18日(月)20時54分配信

 太平洋、インド洋の米海軍を管轄する太平洋艦隊司令官に10月中旬、日系米国人として初めてハリー・ハリス大将が就任した。18日、就任後初めて日本を訪問したハリス氏は、東京都内で記者会見し、「太平洋において(アジア重視の)リバランスを続ける。(新型機導入など)物理的側面でも、財政や理念の面でも実質的なものになる」と強調した。

 ハリス氏は台風30号が直撃したフィリピンで米軍が迅速な救援活動に入ったことについて「日本のような同盟国が存在するからだ」と述べ、日米同盟の実行力を示せたと強調。日本が1000人規模の自衛隊派遣を決めたことも「重要な貢献」と高く評価した。

 ハリス氏は米国人の父親、日本人の母親を持ち、神奈川県横須賀市で生まれた。その後、米南部テネシー州などで育ったが、母親から「義務」という価値観を繰り返し教えられたことが、軍人としての道を歩むきっかけの一つとなったという。【米村耕一】


東京海上、台風被害のフィリピンに義援金1700万円
時事通信 11月18日(月)20時1分配信

 東京海上ホールディングス <8766> は18日、フィリピン中部を襲った台風30号の被災者支援などに役立ててもらうため、グループで総額17万ドル(約1700万円)の義援金を寄付することを決めた。被災者の救援活動を行うNGOなどを通じて寄付する。 


豊田織機、フィリピン支援でフォークリフト2台寄贈
時事通信 11月18日(月)20時1分配信

 豊田自動織機 <6201> は18日、台風に襲われたフィリピン支援のため、自社製の2.5トン積みフォークリフト2台を寄贈すると発表した。 


援助を求める少年
時事通信 11月18日(月)19時31分配信

Photo
18日午後、フィリピン・セブ島北部タボゴンの道路沿いで、水や食料の援助を求める少年。


水を求める少年
時事通信 11月18日(月)19時31分配信

Photo_35
18日午後、フィリピン・セブ島北部タボゴンで、水の配給を求めて坂道を上る少年。


タボゴンで治療を受ける子供
時事通信 11月18日(月)19時31分配信

Photo_34
フィリピン・セブ島北部タボゴンで18日、自衛隊医療チームの治療を受ける被災地の子供。日の丸が掲げられた臨時診療所では「日本の支援に感謝している」と安堵(あんど)の表情を見せる被災者の姿があった。


タボゴンの自衛隊医療チーム
時事通信 11月18日(月)19時31分配信

Photo_33
18日午後、フィリピン・セブ島北部タボゴンで、被災者を治療する自衛隊医療チームのメンバー(右)。


「日本支援に感謝」=自衛隊医療チームが診療—台風被害の比セブ島北部
時事通信 11月18日(月)19時25分配信

 【タボゴン(フィリピン中部セブ島)時事】フィリピンを直撃した台風30号は中部レイテ島やサマール島のほか、リゾート地として日本人にも人気が高いセブ島にも被害をもたらした。セブ島には自衛隊の国際緊急援助隊の医療チームが入って訪問診療を展開しており、日の丸が掲げられた臨時診療所では「日本の支援に感謝している」と安堵(あんど)の表情を見せる被災者の姿があった。
 自衛隊医療チームの医官や看護師ら8人は18日、拠点にしている中心都市セブから車で約3時間の北部の町タボゴンで、前日に続いて診療を行った。開始と同時に小さな子供や女性らが並び、2人の医官は頭痛や腹痛の病状がイラストで描かれたカードを被災者に示しながら、聴診器を当てたり、のどの様子を見たりして症状を確認。医官が「1日1回服用してくださいね」と薬を渡すと、こわばった被災者の表情が和らいだ。医官らは約2時間かけて66人の被災者を診察した。
 診察を受けた少女ニキ・ラギタオさん(17)は「薬をもらってせきが止まった」と笑顔。女性のエディルメラ・ラギタオさん(58)は「ここから病院までは遠く、こうした支援は本当にありがたい」と感謝した。
 東北方面衛生隊(仙台市)から派遣された医官の小林佑衣2等陸尉(26)は「いろいろな人にありがとうと言われ、頑張ろうという気持ちになる」と手応えを感じている様子だった。同隊からの医官、岩永浩二2等陸尉(29)は「肺炎の子供もいた。(被災生活の)ストレスで免疫力が低下していることも影響しているのではないか。疲れがたまっているのだろう」と語った。 


デッキで雑魚寝…レイテ島被災者、輸送艦で移送
読売新聞 11月18日(月)19時18分配信

Photo_32
フィリピン軍の輸送艦でレイテ島のタクロバンから避難してきた被災者たち(18日午前11時25分、フィリピン・セブ島で)=竹田津敦史撮影

 【セブ(フィリピン中部)=比嘉清太】フィリピン中部セブに18日、台風30号による甚大な被害を受けたレイテ島タクロバンの被災者約1250人が、比海軍の大型輸送艦(約4000トン)で丸1日かけて到着した。

 被災者によると、輸送艦ではデッキの上で雑魚寝し、スペースがないため膝を抱えて座ったまま寝入る人もいた。タクロバンの自宅を失った家電セールス業、ピーター・カガトさん(26)は「ようやくセブまで来られた。ここは安全だ」と喜んだが、「10人以上の友人の安否が不明だ」と疲れた表情で語った。

 輸送艦のジョナサン・ザタ艦長(44)によると、同国海軍で大規模な輸送に使える艦船は10隻以下といい、被災者の移送は思うように進んでいない。「大勢のタクロバン市民が脱出したいと思っている。もっと助けてあげたいのだが」と顔を曇らせた。


スズキ、フィリピンの台風被災地へ総額700万円を支援
レスポンス 11月18日(月)19時7分配信

スズキは、フィリピンの台風被害への支援を行うと発表した。

今回の被災地に対する支援として、スズキ・フィリピン社とその従業員より、物資と地元の災害基金への義援金あわせて200万円、スズキ本社より日本赤十字へ500万円、総額700万円の支援を行うことを決定した。

また、スズキ・フィリピン社では自社のトラック2台を救援物資運搬用に貸出を行う。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》


日本の比台風支援評価=米司令官
時事通信 11月18日(月)18時54分配信

Photo_31
記者会見するハリス米太平洋艦隊司令官。台風で甚大な被害を受けたフィリピンへの日本の支援を「大きな貢献」と高く評価した上で、日本と協力し被災者支援に当たりたいと述べた=18日、東京都内


<岸田外相>米国務長官とフィリピン支援など電話協議 
毎日新聞 11月18日(月)18時38分配信

 岸田文雄外相は18日、米国のケリー国務長官と電話で協議し、近くジュネーブで再開するイランの核問題協議に向けて連携することを確認した。また、フィリピンの台風被害の支援活動を巡っても意見交換した。


比台風、新たに5人の無事確認
2013年11月18日(月)17時50分配信 共同通信

 外務省は18日午後、台風30号で大きな被害が出たフィリピンのレイテ島とサマール島に住む日本人133人のうち、新たに5人と連絡が取れ、計107人の無事を確認したと明らかにした。残り26人の安否は分かっていない。


日本の比台風支援評価=中国空母懸念ない—米司令官
時事通信 11月18日(月)16時55分配信

 米太平洋艦隊のハリー・ハリス司令官(57)は18日、就任後初めて、都内のホテルで日本人記者団と会見し、台風で甚大な被害を受けたフィリピンへの日本の支援を「大きな貢献」と高く評価した上で、日本と協力し被災者支援に当たりたいと述べた。
 また、中国による空母開発について、中国海軍の規模などから考えて驚くことではないが、その能力は米空母とは比較にならず「懸念していない」と語った。 


安否未確認邦人26人に=比台風
時事通信 11月18日(月)16時39分配信

 政府関係者は18日、台風30号で被災したフィリピンのレイテ、サマール両島に居住する日本人133人のうち、新たに5人と連絡が取れ、無事が確認できたのは計107人となったことを明らかにした。安否未確認の日本人は26人となった。 


救援物資を降ろす米兵ら=比
時事通信 11月18日(月)16時4分配信

Photo_30
17日、フィリピン・サマール島ギワンで、台風被災者向けの救援物資を航空機から降ろす米兵士ら=米海軍提供


救援物資積んだ米軍ヘリ=比
時事通信 11月18日(月)16時2分配信

Photo_29
18日、フィリピン中部サマール島の町ヘルナニに救援物資を積んで着陸する米軍ヘリコプター。


医療チーム2次隊を派遣へ=フィリピン台風
時事通信 11月18日(月)15時52分配信

 外務省は18日、フィリピンを襲った台風被害で、国際緊急援助隊医療チームの2次隊を派遣すると発表した。2次隊は医師、看護師ら約30人で構成。既にレイテ島タクロバンで活動している1次隊と交代するため、20日に日本を出発する。 


フィリピンに500億円融資=台風被害からの復興支援—世銀
時事通信 11月18日(月)15時21分配信

 【ワシントン時事】世界銀行は17日、台風30号で大きな被害を受けたフィリピンに対し、5億ドル(約500億円)の緊急融資を実施すると発表した。災害復旧、復興を資金面で支援する。また、避難施設の供給やがれき撤去、貧困層の雇用確保を狙いとした追加支援も検討する。 


父の話に11歳次女涙ぐむ…比台風避難所ルポ
読売新聞 11月18日(月)14時53分配信

Photo_28
17日、フィリピン中部セブの避難所で、我が子をあやしながら、死亡した兄の状況を警察官に説明するラゴさん(左から2人目)=比嘉清太撮影

 【セブ(フィリピン中部)=比嘉清太】「台風で倒れた家の下敷きになった兄が死んだ。葬式を出すカネもない」——。台風30号で甚大な被害が出たフィリピン中部レイテ島からの脱出者が身を寄せるセブ島の避難所で、漁師のロデル・ラゴさん(42)が肩を落とした。息子2人も重体で、ラゴさんは「幸せだった日々には、もう戻れない」と悲しみに暮れた。

 避難所として使われているセブ中部の体育施設。17日夕、レイテ州の州都タクロバンなどからの脱出者約130人が集まっていた。「ニュースだと台風の記憶がよみがえり、泣き出す人がいるから」(地元当局者)との配慮で、テレビでは娯楽チャンネルの番組が流れていた。

 ラゴさんはテレビから最も離れた場所で、段ボールを敷物代わりに座っていた。「ここに水や食べ物はある。だが、あの時のことを思い出して夜はほとんど眠れない」と語り、痛々しく皮がむけた指や腕を見せた。

 タクロバンの海沿いにあった簡素な木造の自宅は、高波に襲われた。その直前、子ども7人のうち、妻とともに5人は屋上に避難させ、万が一に備えて家と結びつけていたロープのおかげで、さらわれずに済んだ。ラゴさんも激流の中、家の柱にしがみついて九死に一生を得た。だが、長男(17)と次男(13)は逃れきれずにおぼれたとみられ、セブの病院に運ばれたが重体という。

 近所に住んでいた漁師の兄、オリルさん(44)は、搬送先のセブの病院で亡くなった。「子どもの世話がある。まだ兄の死に顔を見ていない」という。親戚がいるマニラに行きたいと希望しているが、軍用機の数が足りず、民間機には「乗るカネもない」。

 台風の襲来前も生活は貧しかったが、魚やロブスターを捕まえて、それなりに食べていけた。「家も壊れ、船も流された。どうやって生活を再建できるのか」。ラゴさんの顔がゆがみ、生後3か月の妹にミルクを飲ませていた次女ジェルディさん(11)が涙ぐんだ。


被害額1兆4500億円=フィリピン台風で米社試算
時事通信 11月18日(月)14時42分配信

 【セブ(フィリピン中部)時事】フィリピン中部を襲った台風30号の経済的被害について、米災害リスク調査会社AIRワールドワイドは18日までに、総額が65億〜145億ドル(約6500億〜1兆4500億円)に上るとの試算を発表した。
 ただ、保険加入率が低いため、保険金支払額は3億〜7億ドルにとどまる見通しという。 


死者・不明5574人=支援で日本チームも活躍—比台風
時事通信 11月18日(月)14時42分配信

 【セブ(フィリピン中部)時事】フィリピン国家災害対策本部は18日、中部を襲った大規模な台風30号の被害について、死者3976人、行方不明者1598人になったと発表した。死者・不明者は合わせて5574人。
 比政府推定で避難生活を余儀なくされているのは400万人以上に達し、一部の地域では食料不足も続く。空母や水陸両用車などを投入した米国を中心に、各国は人道支援活動をさらに強化している。
 日本からは、民間主体の国際緊急援助隊医療チームが最大の被災地レイテ島タクロバンで仮設診療所を開設。AFP通信は、タブレット端末を使った無線式X線検査装置などの「ハイテク診察道具」を活用していると紹介した。同装置は、2011年の東日本大震災をきっかけに開発されたという。
 自衛隊もタクロバンなどで支援活動を展開中。政府は隊員派遣数を、国際緊急援助隊として過去最大となる1180人に増員する。
 日本の外務省によれば、日本人31人の安否が依然分かっていない。 


川崎汽船、フィリピン台風被災者を支援するため救援物資を無償で海上輸送
レスポンス 11月18日(月)14時30分配信

川崎汽船は、台風30号によって深刻な被害を受けたフィリピンの復旧を支援するため、日本船主協会と連携し、コンテナ船による日本からの救援物資を無償で海上輸送すると発表した。

出荷主・荷受人が、政府・自治体などの公的機関または、各国政府から認定を受けた支援団体などで、出荷主・荷受人の連絡先が明確なことが条件。

日本からフィリピン向けの無償救援物資の海上輸送では、ドライコンテナでの輸送で、積港コンテナヤードから揚港コンテナヤードまでとする。積込は、寄港地である東京、横浜、清水、四日市、名古屋、神戸で、マニラに揚港する。

期間は12月末までに積港コンテナヤードに搬入された物資。

《レスポンス 編集部》


Googleがフィリピンの最新航空写真公開、ネット各社で募金受付も開始
Impress Watch 11月18日(月)14時0分配信

 グーグル株式会社は15日、台風30号で被害を受けたフィリピンの最新航空写真を「Google 災害マップ」で公開したと発表した。11月10日以降に撮影されたセブ島やサマール島などの画像が公開されており、避難所などの位置も表示される。すでにGoogleでは、フィリピン台風を対象とした安否情報サービス「パーソンファインダー」も開設している。

【この記事を写真付きで見る】

 グーグル公式ブログでは、日本赤十字社やケア・インターナショナルジャパンなどの団体が募金を受け付けていることを紹介。また、GoogleでもCAREとフィリピン赤十字社に50万ドルの寄付を行ったことも明らかにした。

 国内のネット関連企業では、KDDI(au)、楽天、ヤフーなどがフィリピン台風で募金の受付を開始している。

【INTERNET Watch,永沢 茂】

« ボーイング787の機体トラブルに関するニュース・37 | トップページ | 伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 »

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

災害」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/58601583

この記事へのトラックバック一覧です: 最強の台風30号フィリピン横断、死者3900人以上 1万人以上との見方も・14:

« ボーイング787の機体トラブルに関するニュース・37 | トップページ | 伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31