« 宮城沖地震に関するニュース・1368,2013年8月26日 | トップページ | 三笠宮百合子妃殿下が、左大腿骨頸部骨折のためご入院 »

2013年8月26日 (月)

韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難

韓国出身の国連事務総長・潘基文が26日、国際間の中立を守るべき国連事務総長の職にありながら、それを踏みにじって、出身国・韓国の主張をそのまま代弁して「日本の政治指導者は極めて深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」と、我が国の立場を真っ向から非難する発言を行なった。

由来、前近代的野蛮国家の韓国人は、夜郎自大の肥大した自国中心主義に深く毒されたままで、現代の国際社会のルールを遵守することができないという致命的欠陥を持つが、こういう恥知らずな野蛮国出身の人物を国連の事務総長職に置くことは極めて不適切である。

そもそも、シリア情勢が緊迫の度を加えている中で、ノコノコ韓国に「里帰り」して、日本政府非難の怪気炎を挙げていること自体、国連事務総長の職責をまったく自覚しない、極め付きの不見識な言動というべきだろう。−−もっとも、韓国人なんかに「見識」なんぞ求めても、どだい無理な話と言うものだが。
−−いったいダレだ? こんな馬鹿を国連事務総長なんかに任命したのは?

潘基文のような国連と国際社会のルールを理解出来ない野蛮人は、国連事務総長から即刻追放すべきだ。

リンク:事務総長発言 菅長官「非常に疑問」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:潘国連事務総長 資質問われる偏向「介入」発言 - 速報:@niftyニュース.
リンク:潘国連総長「ルール違反」の日本批判 放置なら国際的立場失いかねない - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:潘国連事務総長の発言、真意正す考え…官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:潘事務総長が国連憲章違反の疑い 中立守るべき立場で日本批判 室谷氏「ふざけるな」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国連事務総長の発言に官房長官、不快感示す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中韓寄り潘氏発言に菅長官「非常に疑問」「真意確認し日本の立場説明」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<菅官房長官>潘事務総長発言に強い不快感 歴史認識めぐり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国連総長発言「非常に疑問」=菅官房長官が不快感 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:潘事務総長「日本反省を」 歴史認識、中立性欠く非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:潘事務総長発言 「国連憲章違反も」政府が調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、国連総長の真意確認へ - 速報:@niftyニュース.
リンク:潘基文国連事務総長、異例の発言…安倍政権批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:国連事務総長、日本に異例の注文 - 速報:@niftyニュース.
リンク:「指導者は広い視野を」=日中韓の対立「遺憾」—国連総長 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

事務総長発言 菅長官「非常に疑問」
産経新聞 8月28日(水)7時55分配信

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は27日の記者会見で、国連の潘基文(パンギムン)事務総長が日本政府の歴史認識を批判したことに対して「非常に疑問を感じている」と述べた。他の閣僚や自民党からも政治的中立を保つべき潘氏への批判が続出、外務省は国連側に真意を確認する方針だ。

 潘氏は26日、韓国外務省で記者会見し「日本の政治指導者は極めて深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」と語った。

 潘氏の発言に菅氏は「安倍晋三首相は中国や韓国に対し、地域の平和と安定のため懸案のある中でも対話を行うべきだ、とずっと呼びかけている」と指摘。国連の場で日本の姿勢を説明する意向を改めて示した。

 新藤義孝総務相も記者会見で「中立的であるべき国連事務総長が、恣意(しい)的に、みずからの立場をどこかに偏るような形での発言はいかがか」と批判した。

 外務省は27日の自民党外交部会で、潘氏の発言を詳細に分析していることを説明。「国際的職員の地位を損じる」行動を慎むよう定めた国連憲章100条に違反する可能性もあることから、米ニューヨークの国連代表部などを通じ、発言の真意を確認するとした。


潘国連事務総長 資質問われる偏向「介入」発言
2013年8月28日(水)2時13分配信 読売新聞

 耳を疑うような国連事務総長の発言である。

 潘基文事務総長が、韓国外交省で記者会見し、「歴史をどう認識すれば未来志向的に善隣友好関係を維持できるのか、日本の政府、政治指導者には、深い省察と国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」と述べた。

 韓国人記者から、歴史認識や領土問題を巡る日中韓の対立と日本の憲法改正の動きについて、国連および事務総長としての見解を質問されて、答えた内容だ。

 潘氏は、韓国の盧武鉉政権時代に外相を務めたベテラン外交官だ。だが、今は国連事務総長として、特定の国にくみしない中立性、公平性が求められている。

 潘氏は韓国や中国の政治家には触れなかった。日本の政治指導者だけへの言及は、あたかも北東アジア地域のあつれきの原因が日本にあるかのように、世界中で受け取られかねない。一方的で、問題ある発言と言わざるを得ない。

 事務総長の会見は、国連公用語の英語かフランス語で行われるのが通例だが、今回は異例にも大半が韓国語で行われた。

 潘氏は、「歴史に正しい認識を持ってこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けるのではないか」と、暗に日本に注文も付けた。

 「正しい歴史認識を持て」と、日本に戦前の歴史に向き合うよう執拗しつように求める韓国と同じ言い方である。韓国の肩を持つ発言だ。本来、様々な紛争や対立を調停する立場の事務総長が、対立をあからさまにあおってどうするのか。

 歴史は、「正しい認識」でひとくくりにできないものだ。

 菅官房長官は、「地域の平和と安定のためには首脳同士が意見交換することが必要だ」との安倍首相の発言を引いて、「こうした日本の立場を認識した上での発言なのか、非常に疑問を感じている」と述べた。当然の反発である。

 政府は、潘氏に発言の真意をただし、日本の立場が世界で誤解されぬよう、国連などの場で、積極的な発信に努める必要がある。

 戦後70年近く、日本は一貫して平和と繁栄のために努力してきた。これまでの日本の戦後の歴史を、潘氏はどう評価するのか。

 1965年の日韓基本条約は、戦後の日本と韓国の関係を規定する国際協定として確立している。請求権問題は解決ずみなのに、韓国は、元徴用工への賠償や元慰安婦問題を蒸し返してやまない。

 国際機関に籍を置くなら、潘氏は、韓国の常識は世界の非常識であると韓国に伝えるべきだ。


潘国連総長「ルール違反」の日本批判 放置なら国際的立場失いかねない
J-CASTニュース 8月27日(火)19時41分配信

  「日本のリーダーには(歴史問題に関して)深い省察と、未来へのビジョンが必要だ」

 一見、お決まりの「韓国による痛烈な日本批判」だが、その発言の主が「国連のトップ」潘基文事務総長とあっては、さすがに話が違う。首相を始め、安倍政権から一斉に反発の声が上がったのも当然だ。

  「歴史の問題については専門家の議論に任せていくというのが安倍政権の基本的な方針だ」(安倍晋三首相)
  「我が国の立場を認識した上で行われたのかどうか、非常に疑問。真意を確認し、日本の立場を国連等で説明していきたい」(菅義偉官房長官)
  「世界各国の中で最も中立的である方が国連事務総長だ。自らの立場をどこかに偏るような発言はいかがなものか」(新藤義孝総務相)

■帰省中で「本音」飛び出した?

 問題の発言は2013年8月26日、潘事務総長が「帰省」していた韓国での記者会見で飛び出した。

 潘事務総長は記者から北東アジア地域の緊張状態についての見解を求められ、「歴史認識問題や政治的問題、また軍事的要因によって緊張状態が続いていることは国連事務総長として遺憾」とした上で、特に「歴史認識」の部分に力点を置いてこう熱弁した。

  「正しい歴史認識を持ってこそ、他国からの信用と尊敬を得ることができる」

 この発言は日本を名指ししておらず、潘事務総長も直後に「事務総長として二国間の問題に直接介入することは望ましくない。これは私がいつも各国のリーダーに強調していることだ」と「弁明」している。とはいえ文脈からは、「右傾化」を中韓から指摘される安倍首相へのあてこすりなのは明白だ。

 事実、直後に記者からは日本の憲法改正について質問が飛ぶと、潘事務総長も歴史認識の重要性を繰り返した上で日本を名指しし、冒頭に引いた安倍政権への直接的な「注文」に言及した。

 この発言は日本国内はもちろん、「人民日報」を始め中国メディアも大きく報じた。一方で韓国では、日本の反発を受けてようやく注目が高まった格好だ。

事務総長は「中立」守る必要がある
 本人が述べているとおり、国家間の問題に対し事務総長が一方に肩入れするような発言を行うことは異例だ。国連憲章でも、

  「事務総長及び職員は、この機構に対してのみ責任を負う国際的職員としての地位を損ずる虞のあるいかなる行動も慎まなければならない」(第100条)

とその中立性が求められている。任期満了後の「大統領選出馬説」がささやかれているだけに潘事務総長としては国内向けのちょっとした「サービス」だったのかも知れないが、安倍政権としてはたまったものではない。

 朝鮮半島地域研究などを専門とする木村幹・神戸大学教授はツイッターで以下のように発言している。

  「事務総長が特定の国家を批判する発言は時にある(例えばシリアとか)ので、放置すると歴史認識問題で日本を批判する事は許容範囲になる。国連が『連合国』の延長線上にある事も重要。政府レベルできちんと批判しないと、同様の発言が続く事も」
  「何れにせよ『フェアであるべき国連事務総長が日本の歴史認識を批判した』というのは重い。これが『通ってしまう』と、『日本の歴史認識を批判するのはフェアネスに反しない』事になる。日本側が歴史認識問題で自らの主張を通そうとするのであれば、ここは腕の見せ所」


潘国連事務総長の発言、真意正す考え…官房長官
読売新聞 8月27日(火)18時24分配信

 韓国出身の潘基文(パンギムン)国連事務総長が憲法改正論議などをめぐり安倍政権批判と受け取られる発言をしたことについて、菅官房長官は27日の記者会見で潘氏の真意を正す考えを明らかにした。

 菅氏は「日本も政治指導者には、深い省察と、国際的な未来を見通す展望が必要」などとした潘氏の発言に対し、「わが国の立場を認識した上で行われているかどうか、非常に疑問」と述べ、不快感を表明した。

 日本政府は潘氏が訪問先の韓国から米ニューヨークに帰国するのを待ち、外交ルートを通じて発言の意図などを問い合わせる方針だ。国連事務総長は高い中立性が求められるだけに、今回の発言に対しては、外務省内からも「出身国にかかわりの深い問題を軽々に取り上げた」と疑問視する声が出ている。


潘事務総長が国連憲章違反の疑い 中立守るべき立場で日本批判 室谷氏「ふざけるな」
夕刊フジ 8月27日(火)16時56分配信

 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長に、国連憲章違反の疑いが浮上している。国連トップとして中立を守るべき立場ながら、母国・韓国で常識外れの日本批判を展開したのだ。潘氏はこれまでも問題言動を繰り返してきた。日本政府は事実関係を調査したうえで、国連に発言の意図を問い合わせる方針。9月の国連総会などで、日本の立場も説明する意向だ。

 「日本の政治指導者は極めて深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」

 潘氏は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、安倍晋三政権の歴史認識や憲法改正の動きについて、こう語った。

 これに対し、菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、「わが国の立場を認識した上でなされたのかどうか非常に疑問を感じている。国連を通じて真意を確認し、日本の立場を説明したい」と批判した。

 国連憲章100条では、事務総長および職員に対し、国際的職員としての中立性を求めているが、潘氏の発言は「対日批判を強める韓国、中国の立場を代弁しているように聞こえる」(政府関係者)。このため、外務省は在ソウル日本大使館などを通じ、事実関係の調査に乗り出した。

 潘氏は1944年生まれ。70年にソウル大学を卒業後、韓国外交部に入部した。米州局長、外交通商部長官(外相)を経て、2007年から国連事務総長を務めている。

 潘氏をめぐっては、問題発言がこれまでも指摘されてきた。ニューズウィーク日本語版のHPには、「世界で最も危険な韓国人、潘基文」(2009年6月23日)と記事があり、「歴史的にレベルの低い国連事務総長のなかでも際立って無能」という記述まである。

 夕刊フジで「新悪韓論」(毎週水曜)を連載するジャーナリストの室谷克実氏は「ニュースを聞いて『ふざけるな!』と思った。国連の事務総長という立場になっても『韓国が正しい。日本の話など聞かない』という意識なのだろう。どっぷり韓国人なのだとあきれた」といい、こう続けた。

 「潘氏は就任以来、事務総長としてまともな活動はしていない。この時期にシリアではなく、韓国にいること自体が問題だ。国連で(韓国人などの)優遇人事ばかりしている。欧州のジャーナリズムは潘氏に落第点を付けている。日本政府としては、官房長官会見などで『事務総長不信任』をにおわすぐらい強い不快感を示した方がいい」と語っている。


国連事務総長の発言に官房長官、不快感示す
読売新聞 8月27日(火)13時9分配信

 菅官房長官は27日午前の記者会見で、韓国出身の潘基文(パンギムン)国連事務総長が日本の憲法改正論議などをめぐり安倍政権批判と受け取られる発言をしたことについて、「我が国の立場を認識したうえで行われているかどうか、非常に疑問を感じている」と述べ、不快感を示した。

 菅氏は「我が国は戦後一貫して、平和と繁栄のため、今日に至るまで貢献してきた自負心がある。(潘事務総長の)真意を確認する必要がある」と語った。

 潘事務総長は26日、訪問先のソウルで記者会見し、「日本の政治指導者は深い省察が必要だ」と述べるなど、中立の立場を取らずに韓国政府に同調する、国連事務総長としては異例の発言を行っていた。


中韓寄り潘氏発言に菅長官「非常に疑問」「真意確認し日本の立場説明」 
産経新聞 8月27日(火)11時56分配信

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、国連の潘基文事務総長が日本の歴史認識を批判する発言を行ったことについて、「非常に疑問を感じている」と述べた。

 そのうえで「潘氏の真意を確認し、引き続き日本の立場を国連で説明していきたい」と語り、政府として国連代表部を通じて発言の真意を確認することを明らかにした。


<菅官房長官>潘事務総長発言に強い不快感 歴史認識めぐり
毎日新聞 8月27日(火)11時48分配信

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、国連の潘基文(バン・キムン)事務総長が歴史認識の問題をめぐり日本政府に注文を付けたことについて「非常に疑問を感じている」と述べ、強い不快感を示した。そのうえで「国連を通じて真意を確認し、日本の立場を説明したい」と語った。

 潘氏は26日、ソウルで記者会見し、歴史認識をめぐる日本と中韓との対立に絡んで「日本政府と政治指導者は非常に深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」と指摘していた。【朝日弘行】


国連総長発言「非常に疑問」=菅官房長官が不快感
時事通信 8月27日(火)11時12分配信

 菅義偉官房長官は27日午前の記者会見で、国連の潘基文事務総長が安倍晋三首相を念頭に「正しい歴史認識が必要だ」と発言したことに関し、「わが国の立場を認識した上で(発言が)行われているのかどうか、非常に疑問を感じている」と不快感を示した。
 その上で菅長官は「事務総長(発言)の真意を確認し、引き続き、日本の立場を国連などで説明していきたい」と述べた。
 菅長官は、安倍政権の外交姿勢について「首相は地域の平和と安定のため、首脳同士が意見交換する必要があるとして、韓国や中国に対し、懸案がある中でも対話を行っていくべきだと(言っている)」と説明。「わが国は戦後、今日に至るまで、まさに平和と繁栄のために努力をした国家だ」とも強調した。 


潘事務総長「日本反省を」 歴史認識、中立性欠く非難
産経新聞 8月27日(火)7時55分配信

 【ソウル支局】韓国を訪れた国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、安倍政権の歴史認識や憲法改正の動きに関連して「日本の政治指導者は極めて深く自らを省みて、国際的な未来を見通すビジョンが必要だ」と述べ、日本政府を非難した。

 人道問題を除いて国家間で対立している問題について、国連事務総長が一方に否定的な見解を示すのは異例だ。韓国人の潘氏が韓国の立場に立ったことは、国連事務総長の中立性を欠く行為として波紋を呼ぶことも予想される。

 潘氏の発言は、「北東アジアの国々が憂慮している日本政府の平和憲法改正の動きに対する国連の立場」を尋ねた記者に答える際に述べたもの。

 これに先立ち、歴史認識や領土問題に関連した質問に対しても、潘氏は安倍政権を念頭に「正しい歴史認識を持ってこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けられるのではないか」と批判した。

 潘氏は、日中韓の間で歴史問題や政治的な理由により緊張関係が続いていることについて、「国連事務総長として深く遺憾に思う」とした。


潘事務総長発言 「国連憲章違反も」政府が調査
産経新聞 8月27日(火)7時55分配信

 国連の潘基文事務総長が歴史認識で日本に反省を求めた問題を受け、日本政府は「中立を守るべき立場の事務総長の発言として適切か確認したい」(外務省幹部)として、在ソウル日本大使館などを通じ、事実関係の調査に乗り出した。

 国連憲章100条には、「事務総長および職員は、この機構(国連)に対してのみ責任を負う国際的職員としての地位を損ずるいかなる行動も慎まなければならない」と規定している。

 外務省は潘氏の記者会見の発言録を取り寄せて精査。政府筋は「強い口調で日本の非のみに言及しており、明らかに中韓寄りの発言だ。中立性を求めた100条に違反する恐れもある」と不快感を示している。

 政府は国連に対し、潘氏の発言の意図を問い合わせる方針だ。「国際社会に誤解を与えかねない」(外務省幹部)として、9月の国連総会などの場で、日本の立場も説明する意向だ。


政府、国連総長の真意確認へ
2013年8月26日(月)20時4分配信 共同通信

 政府は26日、歴史認識問題で日本に反省を求めた潘基文国連事務総長の発言について「中立の立場を守るべき国連事務総長の発言として適切かどうか、真意を確認する必要がある」(外務省筋)として、事実関係の把握に乗り出した。政府筋によると、在韓国大使館を通じて潘氏の記者会見発言を精査した上で、潘氏の意図を国連サイドに問い合わせる方向だ。


潘基文国連事務総長、異例の発言…安倍政権批判
読売新聞 8月26日(月)19時30分配信

 【ソウル=中川孝之】韓国出身の潘基文(パンギムン)国連事務総長は26日、ソウルの外交省で記者会見し、日本の憲法改正論議を巡り、「正しい歴史(認識)が、良き国家関係を維持する。日本の政治指導者には深い省察と、国際的な未来を見通す展望が必要だ」と述べた。

 韓国政府の立場に同調した安倍政権批判と言え、国連事務総長の発言としては異例だ。

 発言は、「日本の平和憲法修正の動きに関する国連の立場」について答えたもの。潘事務総長はまた、日本が中韓と歴史や領土を巡り対立している現状に関し、「歴史について正しい認識を持つことが必要だ。そうしてこそ、他の国々から尊敬と信頼を受けるのではないか」と語った。韓国メディアは一連の発言を、「日本の右傾化の兆しを遠回しに批判した」(聯合ニュース)と大きく伝えている。


国連事務総長、日本に異例の注文
2013年8月26日(月)12時57分配信 共同通信

 【ソウル共同】韓国を訪問中の国連の潘基文事務総長は26日、ソウルの韓国外務省で記者会見し、歴史認識問題をめぐり日本と中韓との対立が深刻化していることについて「日本政府と政治指導者は自らを深く顧みて、国際的な未来を見通すビジョンを持つことが必要だ」と述べ、日本政府に注文を付けた。具体的な点には言及しなかったが「侵略の定義は定まっていない」とした安倍晋三首相の発言などを念頭に置いているとみられる。


「指導者は広い視野を」=日中韓の対立「遺憾」—国連総長
時事通信 8月26日(月)11時48分配信

 【ソウル時事】潘基文国連事務総長は26日、訪問先のソウルで記者会見し、最近の日本と中韓の歴史認識や領土をめぐる摩擦に対し、「遺憾に思う」と述べた。また、日本の憲法改正論議について、「日本政府の指導者は深い省察と国際的な未来へのビジョンが必要だ」と述べた。
 潘氏は、「北東アジアの指導者は、未来を展望し、自国の発展だけでなく、アジアや全世界的な発展のために何ができるか、もう少し広い視野を持つことが必要だ」との考えを示した。
 その上で、「(北東アジアの)指導者の決断と正しい歴史認識が必要だ。そうしてこそ他国からも尊敬と信頼を受けられると考える」と語った。 

« 宮城沖地震に関するニュース・1368,2013年8月26日 | トップページ | 三笠宮百合子妃殿下が、左大腿骨頸部骨折のためご入院 »

ニュース」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

領土・外交」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/58074935

この記事へのトラックバック一覧です: 韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難:

« 宮城沖地震に関するニュース・1368,2013年8月26日 | トップページ | 三笠宮百合子妃殿下が、左大腿骨頸部骨折のためご入院 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31