« 我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども | トップページ | 今日終戦記念日、全国戦没者追悼式 »

2013年8月15日 (木)

終戦記念日の今日15日、新藤総務相、古屋国家公安委員長、稲田行革相の3閣僚が靖国神社参拝

終戦記念日の15日、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長、稲田行政改革担当相の3閣僚が東京・九段北の靖国神社を参拝した。

また、自民党の小泉進次郎氏、野田聖子氏、日本維新の会の石原慎太郎氏ら、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の議員約90人も参拝した。

安倍首相は参拝を見送り、15日午前、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。

リンク:靖国神社 首相が堂々参れる日いつ…いまだ残る「熱狂と偏見」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国 鎮魂の夏 「首相も参拝して」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国神社 参拝議員の発言要旨 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国神社 閣僚参拝3人 超党派倍増102人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田氏、新藤氏、古屋氏 3閣僚が靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦記念日>国会議員の靖国参拝、倍増 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦記念日>3閣僚が靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田行革担当相が靖国参拝 閣僚3人目 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田行革相が靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:石原慎太郎氏、野田聖子氏も靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、私費で玉串料奉納…靖国参拝見送る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:超党派議員90人が靖国参拝…自民党の参加者増 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:閣僚参拝「私人の立場」=菅官房長官、言及避ける - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:超党派約90人が集団参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官、靖国参拝について「政府として立ち入らない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国参拝後に高市氏「どの国でも行われている行為」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相、玉串料奉納「感謝と尊崇の思い込めた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:英霊への感謝込めた=安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:稲田行革相、靖国参拝について「追悼は許されている」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相は玉串料奉納 参拝見送り「御霊におわび」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<終戦の日>2閣僚が靖国参拝 安倍首相は玉串料奉納 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相「不参拝のおわびを」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍首相が玉串料奉納 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:首相が玉串料「不参拝をおわび」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:靖国参拝で古屋氏「他国の干渉受けぬ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自民・小泉進次郎氏が靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:古屋国家公安委員長も靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:靖国参拝で新藤総務相「私的なもので外交に影響ない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「私人として」新藤総務相が靖国神社参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新藤総務相が靖国参拝 終戦の日、閣僚で初 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:古屋国家公安委員長が靖国参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:新藤、古屋氏が靖国参拝=稲田氏は午後に—首相は玉串料・安倍内閣 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「終戦の日」 安倍首相、私費で玉串料 3閣僚参拝へ - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

靖国神社 首相が堂々参れる日いつ…いまだ残る「熱狂と偏見」
産経新聞 8月16日(金)10時45分配信

Photo_9
終戦の日の15日、参拝客であふれる靖国神社の境内 (写真:産経新聞)

 68回目の「終戦の日」である15日の靖国神社は、民主党政権時代には目立った厳しい政権批判は影を潜めた。神社境内での集会や、付近で配られていたビラなどで安倍晋三首相の15日参拝を求める声は散見されたが、首相の参拝自体が期待できなかった民主党時代のとげとげしさはなかった。境内は正午の黙祷(もくとう)時は静寂に包まれ、落ち着いた「祈りの場」に立ち返っていた。

 「安倍首相も正々堂々、お参りになる日を切に願っている」

 境内で開かれた戦没者追悼中央国民集会で、日本会議の三好達会長(元最高裁長官)がこう述べると、会場からは拍手が起きた。

 ただ、昨年は「この国はまさに暗雲が漂っている」と焦燥感をあらわにした「英霊にこたえる会」の中條高徳会長は今回、「この国の行方が見えてきたのはうれしい」と安倍政権の今後に期待感を示した。

 ◆民主への怒りと不満

 振り返れば鳩山由紀夫元首相は平成21年10月の中国の温家宝首相(当時)との会談で、「靖国のことは頭から消し去ってほしい」と述べ、自身と閣僚の不参拝を約束した。靖国が「先の大戦では『靖国で会おう』を合言葉に多くの兵士が散っていった。ご遺族は父や主人に会えるかもしれないとの思いであの場所に行く」(4月10日の安倍首相の国会答弁)という「特別な場所」であることなど、眼中になかったのだ。

 菅直人政権時代の22年には、境内の一角に菅首相と仙谷由人官房長官、岡田克也外相を批判する写真が地面に貼られ、「TRAITOR(売国奴)」「ご自由にお踏みください」と記されていた。民主党政権への怒りと不満が鬱積していた。

 一方、今回の集会で衛藤晟一(せいいち)首相補佐官は環境整備の必要性を強調した。

 「他国からいろいろ言われることなく、ちゃんとお参りできる国をつくりたい。これができなければ戦後は終わらない」

 首相はこの日、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。代理奉納した同党の萩生田光一総裁特別補佐は記者団に、首相に託されたこんな伝言を明かした。

 「先の大戦で亡くなった先人の御霊(みたま)に、本日は参拝できないことをおわびしてほしい。靖国への思いは変わらないと伝えてほしい」

 ◆国内の一部が火に油

 首相は、中国、韓国のみならず同盟国の米国も巻き込んで外交問題化する15日の参拝は選ばなかったが、在任中に時機を考慮して参拝する意向は変わらない。

 とはいえ、靖国参拝が政治問題化するのは中韓だけが問題なのではない。「アジアの中で靖国参拝に反対しているのは中韓2国だけ」(外交評論家の石平氏)だとしても、日本国内の一部勢力が火に油を注いできたのも否めない。

 例えば中江要介元中国大使は12年4月に国会で、昭和60年12月に中国の胡耀邦総書記(当時)と靖国問題を協議した際のエピソードを証言している。同年8月15日に中曽根康弘首相(当時)が公式参拝したのをきっかけに、日中関係が冷え込んでいたころだった。

 胡氏「もう靖国神社の問題は両方とも言わないことにしよう。黙って85年でも100年でも騒がずに静かにして、自然消滅を待つのが一番いいじゃないか」

 中江氏「もし今黙っちゃったら、日本では『ああ、もうあれでよかったんだ』と思ってしまう人が出るかもしれない」

 冷静になろうと努める中国側を、むしろ日本側がたきつけているような構図だ。時の首相がいかに真摯(しんし)に戦没者の慰霊と追悼の意義や正当性を訴えようと、背中から矢を射る勢力が幅を利かせていては事態はなかなか改善できない。

 靖国神社境内には、東京裁判で被告全員無罪を主張したインドのパール判事の顕彰碑があり、パール判決文(意見書)を引用した次の碑文が刻まれている。

 《時が熱狂と偏見とをやわらげた暁には また理性が虚偽からその仮面を剥ぎとった暁には その時こそ正義の女神は その秤(はかり)を平衡に保ちながら 過去の賞罰の多くに そのところを変えることを要求するであろう》

 残念ながら、靖国をめぐる国内外の「熱狂と偏見」はまだやわらいではいないようだ。(阿比留瑠比)


靖国 鎮魂の夏 「首相も参拝して」
産経新聞 8月16日(金)7時55分配信

 終戦の日の15日、東京都千代田区の日本武道館で行われた政府主催の全国戦没者追悼式。遺族の高齢化が顕著となり世代交代が進む中、東日本大震災の被災地から訪れた約150人を含む4672人の遺族が故人の冥福を祈った。戦没者の英霊をまつる靖国神社では、多くの参拝客が手を合わせ、平和への誓いを新たにした。終戦から68年目の8月15日。厳しい暑さの中、失われた尊い命をしのぶ祈りは、各地に響いた。

                   ◇

 東京・九段北の靖国神社には午前6時の開門とともに全国各地から参拝客が続々と訪れ、手を合わせ戦没者の冥福を祈るとともに平和への誓いを新たにした。

 東京都心では最高気温34・9度を記録、境内では汗を拭いながら参拝に向かう高齢者の姿が目立った。兄3人が中国などで戦死したという東京都世田谷区の無職、佐々木キヨさん(83)は午前8時ごろ拝殿。「『お前だけは生きろよ』と言って戦地に行った兄たちに、安らかに眠ってほしい」と目を赤くした。

 「今年も無事に参拝できた」と安堵(あんど)の表情を見せたのは、シベリア抑留を経験した神奈川県茅ケ崎市の無職、岡田博さん(90)。「生き残った戦友の多くも亡くなってしまった。今日は多くの参拝客に恵まれてみんなも喜んでいるはず」と話し、稲田朋美行政改革担当相ら3閣僚の参拝を評価した上で、「首相や他の閣僚もきちんと参拝して、戦没者に敬意を示してほしい」と訴えた。

 長野県朝日村から来た会社員の三村修一さん(56)は、特攻隊だった叔父がフィリピン沖で戦死したという。「叔父の英霊とともに、戦死者の通知を遺族にしていたことを死ぬまで悔やんでいた母への気持ちも込め、『ありがとうございました』と伝えた」

 高齢者に交じり、若い世代の参拝客も見られた。東京都葛飾区の都立高3年、大川俊介さん(17)は「戦地で戦った人のおかげで、今の日本には誇れるものがたくさんある。感謝の気持ちを伝えたい」と述べ、友人とともに社殿に向かった。

 一方、神社を訪問して「安倍晋三政権の右傾化」を非難する声明を発表しようとした韓国の国会議員らが、約500メートル離れた路上で警察官に制止され、一時騒然となる一幕も。慰霊の場を乱す行為に参拝者からは反発の声が上がった。

 家族で訪れた埼玉県川口市の県立高3年、加藤絵理さん(17)は「韓国への当てつけで靖国神社に来ているわけじゃないし、干渉してほしくない」。江東区の会社員の男性(58)は「議員の行動は自国での支持率アップを狙ったパフォーマンスにすぎない」と切り捨てた。


靖国神社 参拝議員の発言要旨
産経新聞 8月16日(金)7時55分配信

 ◆新藤義孝総務相「個人の立場で私的な参拝を行った。愛する人たちを守るために活動した方に対し尊崇の念を持って参った。魂が眠る場所であり、静かにお守りすることがよい。いたずらに騒ぎが大きくなることは極めて不本意だ」

 ◆古屋圭司国家公安委員長「国務大臣だが、それ以前に日本人として犠牲になられた英霊に哀悼の誠をささげた。戦没者をどういう形で慰霊するかは純粋に国内問題だ。よその国から批判や干渉を受けるものではない」

 ◆稲田朋美行政改革担当相「私は、自分の国のために命をささげた方々に対して感謝と敬意、追悼の意を表することは、主権国家の国民であるならば許されていると考えている」(参拝前の記者会見で)

 ◆「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」の尾辻秀久会長「(中韓両国から)批判されることがまったく理解できない」

 ◆日本維新の会の石原慎太郎共同代表「(国会議員として参拝は)当たり前のことだ」

 ◆自民党の野田聖子総務会長「靖国神社は、日本に住む私たちにとって数少ない、決して戦争をしてはならないという思いをいただく所だ」


靖国神社 閣僚参拝3人 超党派倍増102人
産経新聞 8月16日(金)7時55分配信

 安倍晋三首相は終戦の日の15日、東京・九段北の靖国神社への参拝を見送り、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。閣僚では新藤義孝総務相、古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の3人、自民党幹部では野田聖子総務会長、高市早苗政調会長らがそれぞれ参拝した。

 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元参院副議長)で参拝した議員は高市氏を含め102人で、昨年の55人を大幅に上回った。内訳は自民党73人、日本維新の会20人、民主党6人、みんなの党3人。このほか維新の石原慎太郎共同代表と自民党の小泉進次郎青年局長が個別に参拝した。

 首相は官邸で記者団に対し、玉串料について「国のために戦い、尊い命を犠牲にされたご英霊に対する感謝の気持ちと尊崇の念の思いを込めた」と述べた。自身の参拝については「政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない考えだ」と答えた。

 首相は、中韓両国の反発と米国側の懸念を考慮して終戦の日の参拝は見送った。秋季例大祭(10月17〜20日)を含め、秋以降にタイミングを慎重に探るとみられる。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は記者会見で「首相の私人としての行動に関することで、政府としては見解を申し上げるべきではない」と指摘。閣僚の参拝については「個人の信教の自由に関する問題で、政府としては立ち入るべきではない」と強調した。


稲田氏、新藤氏、古屋氏 3閣僚が靖国参拝
スポーツ報知 8月16日(金)7時5分配信

 安倍内閣の18人の閣僚のうち、稲田朋美行政改革担当相(54)、新藤義孝総務相(55)、古屋圭司国家公安委員長(60)の3人が15日、東京・九段北の靖国神社を参拝した。古屋氏は「国務大臣 古屋圭司」と記帳し、私費で玉串料を奉納。参拝後「よその国から批判とか干渉を受けるものではない」と訴えた。安倍首相は参拝せず、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。

 また、超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、メンバーの議員102人が靖国神社を参拝したと発表。同会の尾辻秀久会長(72)=自民党参院議員=は参拝後の会見で、閣僚参拝への中国や韓国の批判について「全く理解できない」と指摘。安倍首相の玉串料奉納については「配慮に感謝したい」と述べた。

 議員の会以外では、自民党の小泉進次郎青年局長(32)、日本維新の会の石原慎太郎共同代表(80)らが参拝。近年、終戦記念日での議員の参加人数は50人前後だったが、約2倍に増えた。


<終戦記念日>国会議員の靖国参拝、倍増
毎日新聞 8月15日(木)23時4分配信

 保守系の超党派議員で作る「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元厚生労働相)で15日に東京・九段北の靖国神社を集団参拝した議員は計102人に上り、昨年の55人からほぼ倍増した。昨年12月の衆院選と今年7月の参院選で、保守系が多い自民党と日本維新の会が議席を大幅に増やしたことが大きな要因となっている。

 参拝者数の内訳は、自民が最も多い73人で、次いで維新20人▽民主6人▽みんな3人。昨年の衆院選前と比べ、自民の所属議員は410人とほぼ倍増し、維新は62人と4倍以上に増えている。保守色の強い両党の議席拡大が参拝者数の大幅増につながった格好だ。同会幹部は参拝者の大幅な増加の理由について「保守志向が強い安倍晋三首相の姿勢もあり、参拝への意識が高まった側面もある」と話した。

 自民党からは高市早苗政調会長らが参加。尾辻氏は参拝後の記者会見で「多くの方に参拝していただけたのはありがたい。しかし、参拝者は今春の方が多く、静かにお参りしただけだ」と語った。

 同会は春と秋の例大祭でも参拝しており、今春は過去最高の166人が参拝している。

 このほか議員の会とは別に、自民党の野田聖子総務会長や小泉進次郎青年局長、維新の石原慎太郎共同代表もそれぞれ参拝した。【飼手勇介、阿部亮介】


<終戦記念日>3閣僚が靖国参拝
毎日新聞 8月15日(木)20時55分配信

 第2次安倍内閣発足後、初めての終戦記念日となった15日、安倍晋三首相は東京・九段北の靖国神社への参拝を見送り、代理人を通じ自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。また、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長、稲田朋美行政改革担当相の3閣僚が靖国神社を参拝した。このほか、秋葉賢也副厚生労働相、梶山弘志副国土交通相や政務官3人も参拝した。

 一方、首相は同日、東京都千代田区の日本武道館であった政府主催の全国戦没者追悼式の式辞で、アジア諸国の戦争犠牲者に対する加害責任に直接、言及しなかった。首相周辺は「外したという意図はないが、追悼式は国のために命をささげた人の慰霊が目的だ」と解説した。【飼手勇介、村尾哲】


稲田行革担当相が靖国参拝 閣僚3人目
産経新聞 8月15日(木)17時1分配信

 稲田朋美行政改革担当相は15日午後、靖国神社を参拝した。この日の閣僚の参拝は3人目となる。


稲田行革相が靖国参拝
時事通信 8月15日(木)15時56分配信

 稲田朋美行政改革担当相は15日午後、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 


石原慎太郎氏、野田聖子氏も靖国参拝
産経新聞 8月15日(木)14時17分配信

 日本維新の会の石原慎太郎共同代表は終戦の日の15日昼、東京・九段北の靖国神社を参拝した。自民党の野田聖子総務会長も同日午後、参拝した。


安倍首相、私費で玉串料奉納…靖国参拝見送る
読売新聞 8月15日(木)14時8分配信

 安倍首相は終戦記念日の靖国神社参拝を見送り、15日午前、自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。

 同党の萩生田光一総裁特別補佐が代理人として靖国神社を訪れて納めた。

 首相は同日、首相官邸で記者団に「国のために戦い、尊い命を犠牲にされたご英霊に対する感謝の気持ちと尊崇の念の思いを込めて玉串を奉てんしてもらった」と語った。首相在任中に靖国神社に参拝するかどうかについては「それ自体が政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない」と述べた。


超党派議員90人が靖国参拝…自民党の参加者増
読売新聞 8月15日(木)13時58分配信

Photo
靖国神社を参拝した自民党の小泉進次郎・自民党青年局長(15日午前8時24分)=佐々木紀明撮影

 終戦記念日の15日午前、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長=尾辻秀久・元参院副議長)の議員約90人が、東京・九段北の靖国神社を参拝した。

 同会に所属する自民党の高市政調会長、佐藤正久・防衛政務官も参加した。昨年の終戦記念日に同会として参拝した議員は計55人だったが、昨年の衆院選、今年の参院選で勢力を伸ばした自民党からの参加者が増えた。

 このほか、自民党の野田総務会長、小泉進次郎青年局長、平将明・経済産業政務官、衛藤晟一首相補佐官が同日、靖国神社を参拝。日本維新の会の石原共同代表も同日昼、参拝に訪れた。


閣僚参拝「私人の立場」=菅官房長官、言及避ける
時事通信 8月15日(木)12時13分配信

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、新藤義孝総務相ら2閣僚が靖国神社を参拝したことについて、「私人の立場で参拝されたものと理解している」とした上で、「個人の信教の自由に関する問題であり、政府としては立ち入るべきではない」と述べ、具体的な言及を避けた。 


超党派約90人が集団参拝
時事通信 8月15日(木)12時11分配信

 超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」のメンバー約90人が15日午前、東京・九段北の靖国神社を集団参拝した。会長を務める尾辻秀久元参院副議長のほか、自民党の衛藤征士郎前衆院副議長、町村信孝元官房長官、民主党の羽田雄一郎前国土交通相らが参加した。
 同会として昨年夏に参拝した議員は55人だったが、自民党からの参加者が大幅に増えた。尾辻氏は参拝後の記者会見で「国のために散っていった方々に対する尊崇の念を込めてお参りした」と強調。中韓両国の反発に関しては「批判されることが理解できない」と語った。
 同会とは別に、日本維新の会の石原慎太郎共同代表も同日昼に参拝。石原氏は記者団に対し「国会議員として(参拝は)当たり前のことだ」と述べた。 


菅官房長官、靖国参拝について「政府として立ち入らない」
産経新聞 8月15日(木)11時52分配信

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長が東京・九段北の靖国神社を参拝したことについて「私人の立場で参拝したと理解している。個人の信教の自由に関する問題で、政府としては立ち入るべきはない」と述べた。

 安倍晋三首相が同日午前、自民党の萩生田光一総裁特別補佐を代理人として、靖国神社に玉串料を納めたことについては「政府として見解を言うべきではない。あくまで首相の判断だ」と語った。


靖国参拝後に高市氏「どの国でも行われている行為」
産経新聞 8月15日(木)11時51分配信

 自民党の高市早苗政調会長は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。参拝後、記者団に対し「国家、国民を守って公務死された方々の死を悼みながら感謝の気持ちをささげた。世界中どこの国でも国家のために命をささげられた方に尊崇の念をささげる行為は行われている」と述べた。


安倍首相、玉串料奉納「感謝と尊崇の思い込めた」
産経新聞 8月15日(木)11時46分配信

 安倍晋三首相は15日午前、自民党の萩生田光一総裁特別補佐を代理人として靖国神社に自民党総裁名で玉串料を奉納したことについて「国のために戦い、尊い命を犠牲にされた英霊に対する感謝の気持ちと尊崇の念の思いを込めた」と説明した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 10月の秋の例大祭後を含めた今後の参拝には「するかしないかついては、それ自体が政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない」と述べた。同時に「国のために戦った方々に対する感謝の気持ちと尊崇の念はこれからもずっと思い続けていきたい」と強調した。


英霊への感謝込めた=安倍首相
時事通信 8月15日(木)11時43分配信

 安倍晋三首相は15日午前、靖国神社参拝を見送り玉串料を納めたことについて「国のために戦い、尊い命を犠牲にされたご英霊に対する感謝の気持ちと尊崇の念を込めて、萩生田光一自民党総裁特別補佐に玉串を奉てんしてもらった」と説明した。今後の参拝の可能性については「政治問題、外交問題に発展していくという観点から申し上げない」と言及を避けた。首相官邸で記者団の質問に答えた。 


稲田行革相、靖国参拝について「追悼は許されている」
産経新聞 8月15日(木)11時33分配信

 稲田朋美行政改革担当相は15日午前の閣議後の記者会見で、「自分の国のために命をささげた方々に対し、感謝と敬意、追悼の意を表することは主権国家の国民であるならば許されていると考えている」と述べ、同日中に東京・九段北の靖国神社を参拝する意向を示した。


安倍首相は玉串料奉納 参拝見送り「御霊におわび」
産経新聞 8月15日(木)10時5分配信

 安倍晋三首相は15日午前、靖国神社に自民党総裁名で玉串料を奉納した。同党の萩生田光一総裁特別補佐が代理人として奉納した。首相自身は同日の参拝は見送った。

 萩生田氏は記者団に対し、首相から「先の大戦で亡くなった先人の御霊(みたま)に尊崇の念を持って哀悼の誠をささげてほしい。本日は参拝できないことをおわびしてほしい」と伝えられたことを明らかにした。

 同時に、萩生田氏による奉納に際し「靖国への思いは変わらないということを伝えてほしい」との伝言を託されたことも明らかにした。


<終戦の日>2閣僚が靖国参拝 安倍首相は玉串料奉納
毎日新聞 8月15日(木)9時50分配信

Photo_2
参拝のため靖国神社を訪れた新藤義孝総務相=東京都千代田区で2013年8月15日午前8時11分、木葉健二撮影

 安倍晋三首相は15日午前、東京・九段北の靖国神社に、代理人を通じ自民党総裁として私費で玉串料を奉納した。終戦記念日の参拝は見送る。また、新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長の2閣僚が同日午前、靖国神社を参拝した。首相の対応は、中国、韓国との一層の関係悪化を避けるとともに、保守層にも配慮した形だが、玉串料を奉納し今後の参拝の余地を残したことに両国が反発する可能性がある。

【安倍首相の考え】「靖国参拝は自由」閣僚の判断に任せる考え

 安倍首相は記者団に「国のために戦った方々に対する感謝の気持ちは持ち続けていきたい」と強調。今後の参拝については「いつ参拝するか、あるいは、するかしないかについて、申し上げない」と述べた。

 首相の代理人として玉串料を納めた自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員によると、首相からは事前に「本日は参拝できないことをおわびしてほしい」と伝えられたという。

 新藤氏は記者団に「個人の立場で私的な参拝を行った。私の祖父が眠る場所でもあり、遺族として祖先へのお参りとしてもさせていただいた」と語った。古屋氏は「戦没者をどういう形で慰霊するかは純粋に国内問題で、よその国から干渉を受けるものではない」と述べた。

 閣僚の参拝について、菅義偉官房長官は同日の記者会見で「私人の立場での参拝と理解している。個人の信教の自由に関する問題で政府が立ち入るべきではない」と指摘した。

 稲田朋美行政改革担当相も同日午後の参拝を検討している。

 一方、保守系の超党派議員で作る「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・尾辻秀久元厚生労働相)は15日午前、自民、民主、日本維新の会、みんなの4党の約90人が参拝した。

 同会とは別に、自民党の小泉進次郎青年局長、維新の石原慎太郎共同代表も15日午前、それぞれ参拝した。【飼手勇介、村尾哲】


安倍首相「不参拝のおわびを」
時事通信 8月15日(木)9時23分配信

 安倍晋三首相(自民党総裁)の代理人として靖国神社に玉串料を納めた萩生田光一衆院議員(総裁特別補佐)は15日午前、首相から「先人の御霊に哀悼の誠をささげてほしい。本日、参拝できなかったことをおわびしてほしい」と伝えられたことを記者団に明らかにした。 


安倍首相が玉串料奉納
時事通信 8月15日(木)9時12分配信

 安倍晋三首相は15日午前、代理人の萩生田光一自民党衆院議員を通じ、靖国神社に玉串料を納めた。 

首相が玉串料「不参拝をおわび」
2013年8月15日(木)9時0分配信 共同通信

Photo_12
 記者団の質問に答える安倍首相=15日午前、首相官邸

 安倍晋三首相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝せず、実際に参拝した自民党の萩生田光一・総裁特別補佐を通じ、党総裁として私費で玉串料を奉納した。首相は萩生田氏に「本日、参拝できないことをおわびしてほしい」と伝えた。新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長兼拉致問題担当相は個別に靖国神社を参拝した。首相は昼、東京都内の千鳥ケ淵戦没者墓苑を訪れ、献花する。


靖国参拝で古屋氏「他国の干渉受けぬ」
産経新聞 8月15日(木)8時53分配信

 古屋圭司国家公安委員長は15日午前、靖国神社を参拝した後、記者団に対し「戦没者をどのように祀るかは純粋に国内のことであり、他国から批判や干渉を受けるものではない」と語った。参拝時には「国務大臣」として記帳したという。


自民・小泉進次郎氏が靖国参拝
産経新聞 8月15日(木)8時51分配信

 自民党の小泉進次郎青年局長は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。小泉氏は衆院議員になってから毎年8月15日に靖国神社を参拝している。


古屋国家公安委員長も靖国参拝
産経新聞 8月15日(木)8時50分配信

 古屋圭司国家公安委員長は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。安倍晋三内閣の閣僚として終戦の日にあわせて参拝したのは、新藤義孝総務相に続いて2人目。


靖国参拝で新藤総務相「私的なもので外交に影響ない」
産経新聞 8月15日(木)8時48分配信

 新藤義孝総務相は15日午前、靖国神社を参拝後、記者団に対し「あくまで私的な参拝だ。このことが外交に影響を及ぼすことはない」と語った。


「私人として」新藤総務相が靖国神社参拝
読売新聞 8月15日(木)8時46分配信

 新藤総務相は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。

 モーニング姿の新藤氏は参拝後、記者団に対し「私人として参拝した」と述べた。


新藤総務相が靖国参拝 終戦の日、閣僚で初
産経新聞 8月15日(木)8時41分配信

 新藤義孝総務相は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。安倍晋三内閣の閣僚による終戦の日の同神社参拝は初めて。新藤氏は春季例大祭前の今年4月20日にも参拝している。


古屋国家公安委員長が靖国参拝
時事通信 8月15日(木)8時38分配信

 古屋圭司国家公安委員長は15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。 


新藤、古屋氏が靖国参拝=稲田氏は午後に—首相は玉串料・安倍内閣
時事通信 8月15日(木)8時14分配信

 新藤義孝総務相と古屋圭司国家公安委員長は終戦記念日の15日午前、東京・九段北の靖国神社を参拝した。午後には稲田朋美行政改革担当相が自民党有志議員による「伝統と創造の会」の会長として参拝する予定。安倍晋三首相は参拝しないが、A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国への閣僚の参拝に、中韓両国が反発するのは確実とみられる。
 新藤氏は「二礼二拍手一礼」の神道形式で参拝。この後、記者団に「私的な参拝だ」と説明、「外交に影響を及ぼすことはない」と強調した。古屋氏は「国務大臣古屋圭司として参拝した」と語った。両氏とも玉串料は私費で支払ったという。
 首相は15日の参拝を見送る一方、代理人を通じ、自民党総裁として私費で玉串料を納める。支持基盤の保守層を意識し、戦没者への尊崇の念に変わりのないことを示す狙いがある。首相は同日午前、東京・三番町の千鳥ケ淵戦没者墓苑で献花。この後、政府主催の全国戦没者追悼式に参列する。
 安倍内閣は「参拝は信教の自由と関わる心の問題」(菅義偉官房長官)として、閣僚の参拝を制約しない方針。ただ、菅氏や岸田文雄外相らは参拝しない意向で、終戦記念日の閣僚参拝は多くても新藤氏ら3氏にとどまる見通しだ。 


「終戦の日」 安倍首相、私費で玉串料 3閣僚参拝へ
産経新聞 8月15日(木)7時55分配信

 安倍晋三首相は終戦の日の15日に合わせて、靖国神社に私費で玉串料を奉納する。関係者が14日、明らかにした。首相は代理人を通じ、自民党総裁として玉串料を納める。15日の参拝を見送ることで、反発の強い中韓両国に一定の配慮を示すが、今秋以降、参拝のタイミングを慎重に見極めるものとみられる。

 安倍内閣の閣僚では、古屋圭司拉致問題担当相、稲田朋美行政改革担当相が15日の参拝を検討しているほか、新藤義孝総務相も参拝する意向を周囲に伝えている。

 首相は今月6日の記者会見で「国のために戦って尊い命を犠牲にした方々に手を合わせ、尊崇の念を表する気持ちは持ち続けたい。その気持ちに全く変わりはない」と強調し、首相在任中の参拝に意欲を示した。また閣僚の参拝も「心の問題で、自由だ」とし、制限しない考えも示している。

 首相はもともと外交問題化しやすい8月15日の参拝より、靖国神社として最も重要な祭事である春と秋の例大祭を重視している。今年4月の春季例大祭に合わせて「真榊(まさかき)」と呼ばれる供え物を奉納した。首相は周囲に「終戦の日にこだわり、焦って行くということではない」と語っている。

« 我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども | トップページ | 今日終戦記念日、全国戦没者追悼式 »

ニュース」カテゴリの記事

歴史・故事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/57995045

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日の今日15日、新藤総務相、古屋国家公安委員長、稲田行革相の3閣僚が靖国神社参拝:

« 我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども | トップページ | 今日終戦記念日、全国戦没者追悼式 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31