« 宮城沖地震に関するニュース・1288,2013年6月6日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1289,2013年6月7日 »

2013年6月 6日 (木)

三笠宮寛仁親王殿下ご薨去一周年

今日6日、三笠宮家のご長男で天皇陛下の従兄弟にあたられた寛仁親王殿下がご薨去(こうきょ)されて一周年を迎え、同日午前「権舎(ごんしゃ)一周年祭の儀」が東京都港区の寛仁親王殿下邸で、午後には文京区の豊島岡墓地で「墓所一周年祭の儀」がそれぞれ営まれ、長女の彬子女王殿下、次女の瑶子女王殿下と皇太子殿下ご夫妻をはじめ各皇族方が参列された。

信子親王妃殿下は参列されなかったが、これに先立ち、5日に宮内記者会に書簡を郵送で寄せられた。
信子妃殿下はこの書簡の中で、「宮様をお偲び申し上げております」と綴られ、また「これからは、療養の経験を人生の糧と感謝し両陛下の御意向のもと、微力ながら(東日本大震災被災地の)復興支援などに尽力させていただきたく存じます」とお書きになれた。

また、宮内庁関係者によると、今後、寛仁親王殿下のご一家である信子妃殿下・彬子女王殿下・瑶子女王殿下を独立した宮家とせず、三笠宮家に統合される方向とされる。

三笠宮寛仁親王殿下ご薨去一周年にあたり、改めて謹んで哀悼の意を表し、ご冥福をお祈り申し上げます。

リンク:寛仁親王家、三笠宮家入り 関係の皇族方合意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王家、三笠宮家入り 宮内庁発表 関係の皇族方が合意 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>寛仁親王の家族が三笠宮家に合流 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁さまご一家、三笠宮家に合流…宮内庁発表・宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王家廃止、5宮家に=前年にさかのぼり=ご一家、三笠宮家でお世話・宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王家廃止、5宮家に=ご一家、三笠宮家でお世話—宮内庁 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、三笠宮家・寛仁さまの墓所を参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、寛仁さまのお墓をご参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下、寛仁さまの墓参に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>天皇陛下が寛仁親王殿下の墓所を参拝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<皇室>寛仁さまを皇霊殿に祭る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王殿下の霊代、皇霊殿に移される - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王殿下 墓所一周年祭の儀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<寛仁さま逝去1年>「墓所一周年祭の儀」営まれる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墓所に向かわれる皇太子ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墓所に向かわれる三笠宮ご夫妻 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:墓所に向かわれる彬子さまと瑶子さま - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁さま逝去から1年、墓所1周年祭の儀 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王殿下薨去から1年「墓所一周年祭の儀」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁さましのび1周年祭=三笠宮ご夫妻、彬子さまら参列 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:妻信子さまが手紙寄せる=「療養経験を人生の糧に」—寛仁さまご逝去から1年 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:妻信子さまが手紙寄せる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王殿下薨去から1年「権舎一周年祭の儀」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<寛仁さま>逝去1年 彬子さま、父の思い引き継ぐ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁さまご一家3人、三笠宮家に合流へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁さま逝去1年、信子さま手紙寄せる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:信子さま「お偲び申し上げて…」 寛仁親王殿下の薨去1年で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:寛仁親王妃が書簡 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

寛仁親王家、三笠宮家入り 関係の皇族方合意
SankeiBiz 6月11日(火)8時15分配信

 宮内庁は10日、昨年6月に薨去(こうきょ)した三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が当主を務められていた寛仁親王家を存続させないことが、関係する皇族方の合意で決まったと発表した。寛仁親王家の寛仁親王妃信子さま、長女の彬子(あきこ)さま、次女の瑶子(ようこ)さまは薨去(こうきょ)時点にさかのぼって、三笠宮さまを当主とする三笠宮家に入られた。

 戦後の宮家では妃殿下が当主を引き継いできたが、寛仁親王家では、信子さまがご療養中で、当主不在の状態が続いていた。

 宮内庁の山本信一郎次長は「新しいご当主を立てて存続という選択肢もあったが、妃殿下のご療養もあるので現実的ではないという判断」と説明した。

 これで天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻以外で独立して生計を立てられているのは秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家、桂宮家、高円宮家の5宮家となった。


寛仁親王家、三笠宮家入り 宮内庁発表 関係の皇族方が合意
産経新聞 6月11日(火)7時55分配信

 宮内庁は10日、昨年6月に薨去(こうきょ)した三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が当主を務められていた寛仁親王家を存続させないことが、関係する皇族方の合意で決まったと発表した。寛仁親王家の寛仁親王妃信子さま、長女の彬子(あきこ)さま、次女の瑶子(ようこ)さまは薨去時点にさかのぼって、三笠宮さまを当主とする三笠宮家に入られた。

 戦後の宮家では妃殿下が当主を引き継いできたが、寛仁親王家では、信子さまがストレス性ぜんそくなどでご療養中で、当主不在の状態が続いていた。宮内庁の山本信一郎次長は「新しいご当主を立てて存続という選択肢もあったが、妃殿下のご療養もあるので現実的ではないという判断」と説明した。

 それぞれのお住まいや国から支出される生活経費「皇族費」の額に変更はないという。これで天皇、皇后両陛下、皇太子ご夫妻以外で独立して生計を立てられているのは、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家、桂宮家、高円宮家の5宮家となった。

 寛仁親王殿下はご結婚で独立した生計を立てられていたが、将来、三笠宮家を継ぐために「宮号」はお受けになっていなかった。


<皇室>寛仁親王の家族が三笠宮家に合流
毎日新聞 6月10日(月)20時41分配信

 ◇妃の信子さま、長女の彬子さま、次女の瑶子さま

 宮内庁は10日、寛仁(ともひと)親王妃信子さま(58)と長女彬子(あきこ)さま(31)、次女瑶子(ようこ)さま(29)の3人が、寛仁さまの両親の三笠宮家の一員になると発表した。

 寛仁さまは、長男として三笠宮家を将来継承するため宮号を受けず、「寛仁親王家」として独立して生計を立てていたが、昨年6月6日に逝去。信子さまが療養していることもあって当主が決まらない状況が続いていたが、逝去1年をめどに関係皇族方の考えをまとめて決めた。3人のお住まいや職員の数などは変わらない。今回の決定は昨年6月にさかのぼっての措置で、3人は今後、三笠宮家の一員として活動する。山本信一郎宮内庁次長は「宮家の成り立ちを考えた結果」としている。

 皇族が成人するなどして独立した生計を営む際は、首相や衆参議長らによる皇室経済会議で決定するが、今回は既にある宮家に入る形で、同会議は開かれなかった。【真鍋光之】


寛仁さまご一家、三笠宮家に合流…宮内庁発表
読売新聞 6月10日(月)19時52分配信

 宮内庁は10日、昨年6月に亡くなられた三笠宮ご夫妻の長男、寛仁(ともひと)さまのご一家が、三笠宮家に合流されると正式に発表した。

 寛仁さまの宮家(寛仁親王家)はなくなり、宮家は五つとなる。

 宮家の当主の男性皇族が亡くなった場合、妻が当主になるのが通例。だが、同庁によると、寛仁さまのご一家は、妃殿下の信子さま(58)がストレス性ぜんそくのため療養中で、長女彬子(あきこ)さま(31)、次女瑶子さま(29)との間で当主が決まらない状態が1年にわたって続いていた。

 このため、信子さま、彬子さま、瑶子さまは、寛仁さまの父、三笠宮さま(97)が当主の三笠宮家の皇族として活動されることになった。お住まいや職員の態勢は現状のままとする。山本信一郎次長は「ご家族の話し合いがなかなか実現しなかった」と説明した。


寛仁親王家廃止、5宮家に=前年にさかのぼり=ご一家、三笠宮家でお世話・宮内庁
時事通信 6月10日(月)15時1分配信

 宮内庁は10日、三笠宮家の寛仁(ともひと)さまが当主だった寛仁親王家について、亡くなられた昨年6月6日にさかのぼり廃止したと発表した。同妃信子さま(58)、長女彬子(あきこ)さま(31)、次女瑶子さま(29)のご一家を独立した宮家とはせずに、三笠宮さま(97)を当主とする三笠宮家の一員としてお世話をするという。
 同庁の山本信一郎次長が定例会見で発表した。天皇、皇后両陛下、皇太子ご一家以外で、独立して一家をなす皇族家である宮家の数は、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家、桂宮家、高円宮家の5宮家となった。
 寛仁さまが亡くなってから1年がたったが、ご一家の間で当主が決まらない状態が続いていた。療養中の信子さまは千代田区の宮内庁分庁舎で、彬子さま、瑶子さまとは別居生活を送っている。こうした現状や、お世話をする職員、支給される皇族費は変わらないという。
 寛仁さまは、父の三笠宮さまが創設した三笠宮家の長男として、将来同家を継ぐ考えから、1980年11月の結婚に伴う独立の際、新たに宮号を受けず、寛仁親王家として独立した生計を営んできた。 


寛仁親王家廃止、5宮家に=ご一家、三笠宮家でお世話—宮内庁
時事通信 6月10日(月)14時16分配信

 三笠宮家の寛仁(ともひと)さまが昨年亡くなられたことを受け、宮内庁は10日、寛仁親王家を廃止とする方針を決めた。近く発表する。同妃信子さま(58)、長女彬子(あきこ)さま(31)、次女瑶子さま(29)のご一家を独立した宮家とはせずに、三笠宮さま(97)を当主とする三笠宮家の一員としてお世話をするという。
 これにより、天皇、皇后両陛下、皇太子ご一家以外で、独立して一家をなす皇族家である宮家の数は、秋篠宮家、常陸宮家、三笠宮家、桂宮家、高円宮家の5宮家となる。
 寛仁さまは三笠宮家の長男として、将来同家を継ぐ考えから、新たに宮号を受けず、寛仁親王家として独立した生計を営んできた。寛仁さまが亡くなってから1年がたったが、ご一家の間で当主が決まらない状態が続いていた。 


天皇陛下、三笠宮家・寛仁さまの墓所を参拝
読売新聞 6月10日(月)12時5分配信

 天皇陛下は10日午前、東京都文京区の豊島岡墓地を訪れ、昨年6月6日に亡くなられた三笠宮家の寛仁(ともひと)さまの墓所を参拝された。

 6日に「墓所一周年祭の儀」が行われたことを受けての参拝で、陛下は墓前で深く頭を下げ、玉串をささげられた。


天皇陛下、寛仁さまのお墓をご参拝
産経新聞 6月10日(月)11時58分配信

 天皇陛下は10日午前、東京都文京区の豊島岡墓地を訪れ、「ヒゲの殿下」として親しまれた三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)親王殿下の墓を参拝された。

 寛仁さまの墓所では、薨去(こうきょ)されて1年となる今月6日に一周年祭の儀が営まれたが、陛下と皇后さまはしきたりで参列されていなかった。

 陛下は寛仁さまの長女、彬子(あきこ)さまと次女、瑶子(ようこ)さまのお出迎えを受け、墓前で玉串をささげて拝礼された。


天皇陛下、寛仁さまの墓参に
時事通信 6月10日(月)11時23分配信

 天皇陛下は10日午前、東京都文京区の豊島岡墓地を訪れ、昨年亡くなった三笠宮家の寛仁(ともひと)さまの墓にお参りされた。皇后さまは体調不良のため欠席した。両陛下は慣例で、6日に行われた「墓所1周年祭の儀」には参列していなかった。
 これに先立ち9日には皇居で「寛仁親王の霊代を皇霊殿に遷(うつ)すの儀」が営まれ、喪主の長女彬子(あきこ)さまらが参列。箱に納められた寛仁さまの霊代が、歴代天皇や皇族の霊を祭る宮中三殿の皇霊殿に合祀(ごうし)された。 


<皇室>天皇陛下が寛仁親王殿下の墓所を参拝
毎日新聞 6月10日(月)11時18分配信

Photo
故寛仁親王殿下の墓所を参拝した天皇陛下=東京都文京区の豊島岡墓地で2013年6月10日午前11時4分、矢頭智剛撮影

 天皇陛下は10日、東京都文京区の豊島岡墓地を訪れ、昨年6月に亡くなった寛仁(ともひと)親王殿下の墓所を参拝した。

【写真でしのぶ】寛仁さま

 逝去1年の6日に「墓所一周年祭の儀」が行われたが、陛下は慣例により出席せず、この日の参拝となった。また、寛仁さまを皇居・皇霊殿(こうれいでん)にまつる儀式も9日営まれた。【真鍋光之】


<皇室>寛仁さまを皇霊殿に祭る
毎日新聞 6月9日(日)16時36分配信

 昨年6月に逝去した寛仁(ともひと)親王殿下を皇居・皇霊殿(こうれいでん)に祭る「霊代を皇霊殿に遷すの儀」が9日、営まれた。皇霊殿は歴代天皇や皇族の霊を祭っている。

 東京都港区元赤坂の寛仁親王邸に設けられた「権舎」での儀式の後、霊代を納めた木箱が車で皇居へ移動された。寛仁さまの両親の三笠宮ご夫妻、長女彬子さま、次女瑶子さまらが見守る中、皇霊殿へ移された。【真鍋光之】


寛仁親王殿下の霊代、皇霊殿に移される
産経新聞 6月9日(日)14時4分配信

 「ヒゲの殿下」として親しまれた三笠宮ご夫妻の長男、寛仁(ともひと)親王殿下の霊をまつる霊代を東京都港区の寛仁親王邸から皇居内の皇霊殿に移す「寛仁親王の霊代を皇霊殿に遷すの儀」が9日、営まれた。

 長女の彬子(あきこ)さまをはじめ皇族方が参列するなどされた。皇霊殿は歴代の天皇や皇族がまつられる。


寛仁親王殿下 墓所一周年祭の儀
産経新聞 6月7日(金)7時55分配信

 「ヒゲの殿下」として親しまれた三笠宮家の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で薨去(こうきょ)されてから1年にあたる6日、「墓所一周年祭の儀」が東京都文京区の豊島岡墓地で営まれ、喪主の長女、彬子(あきこ)さまと次女、瑶子(ようこ)さま、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方が参列された。

 5月に完成した円丘の墓前で、寛仁親王妃信子さまの義兄に当たる相馬家33代当主、相馬和胤(かずたね)司祭長が祭詞を読み上げ、しきたりに従って参列されない天皇、皇后両陛下のお使いが玉串をささげ、拝礼した。その後、彬子さまと瑶子さまがご拝礼。皇族方が続かれた。

 昨年7月に心臓手術を受けた97歳の三笠宮さまと、今年5月30日〜6月1日に心臓の検査入院をした90歳の三笠宮妃百合子(ゆりこ)さまは車椅子で参列したが、墓前では立ち上がって深々と拝礼された。療養中の信子さまはお出ましにならなかった。5日には信子さまが「お偲(しの)び申し上げております」などとつづられたお手紙が、宮内記者会に郵送されている。

 また、墓所の儀に先立ち、6日午前には、港区の寛仁親王邸で「権舎(ごんしゃ)一周年祭の儀」が営まれた。


<寛仁さま逝去1年>「墓所一周年祭の儀」営まれる
毎日新聞 6月6日(木)19時52分配信

Photo_15
寛仁さまの「墓所一周年祭の儀」で玉串を受け取る長女、彬子さま=東京都文京区の豊島岡墓地で2013年6月6日午後2時26分、代表撮影

 寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で亡くなられてから1年となる6日、東京都文京区の豊島岡墓地で「墓所一周年祭の儀」が営まれた。両親の三笠宮ご夫妻や皇太子ご夫妻ら皇族方、宮内庁幹部らが参列。天皇、皇后両陛下のお使いに続き、喪主で寛仁さまの長女彬子(あきこ)さまと次女瑶子(ようこ)さまが拝礼した。

 寛仁さまの墓は直径3メートルの円丘で、玉垣で囲まれた敷地は約570平方メートル。約8800万円かけて先月完成した。墓所一周年祭の儀に先立ち、港区の赤坂御用地の宮邸でも追悼の式が行われた。【真鍋光之】


墓所に向かわれる皇太子ご夫妻
時事通信 6月6日(木)19時26分配信

Photo_14
「墓所1周年祭の儀」のため寛仁(ともひと)さまの墓所に向かわれる皇太子ご夫妻=6日午後、東京都文京区の豊島岡墓地(代表撮影)
(時事通信社)


墓所に向かわれる三笠宮ご夫妻
時事通信 6月6日(木)19時26分配信

2_2
「墓所1周年祭の儀」のため寛仁(ともひと)さまの墓所に向かわれる三笠宮ご夫妻=6日午後、東京都文京区の豊島岡墓地(代表撮影)
(時事通信社)


墓所に向かわれる彬子さまと瑶子さま
時事通信 6月6日(木)19時26分配信

Photo_13
「墓所1周年祭の儀」のため寛仁(ともひと)さまの墓所に向かわれる長女彬子(あきこ)さまと次女瑶子さま=6日午後、東京都文京区の豊島岡墓地(代表撮影)
(時事通信社)


寛仁さま逝去から1年、墓所1周年祭の儀
読売新聞 6月6日(木)18時54分配信

Photo_12
「墓所一周年祭の儀」のため寛仁親王墓に向かわれる三笠宮ご夫妻(6日、東京都文京区の豊島岡墓地で)=代表撮影

 三笠宮家の寛仁さまが亡くなられて1年となる6日、東京都文京区の豊島岡墓地で、墓所1周年祭の儀が行われた。

 喪主の長女彬子さま(31)と次女瑶子さま(29)、両親の三笠宮さま(97)、百合子さま(90)のご夫妻、皇太子ご夫妻ら皇族方はじめ約60人が参列した。完成したばかりのお墓の前で、司祭長が祭詞を読み上げた後、彬子さまが玉串を奉納。続いて皇族方が拝礼された。


寛仁親王殿下薨去から1年「墓所一周年祭の儀」
産経新聞 6月6日(木)16時28分配信

 三笠宮ご夫妻の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で薨去(こうきょ)してから1年にあたる6日、「墓所一周年祭の儀」が東京都文京区の豊島岡墓地で営まれ、喪主の長女、彬子(あきこ)さまと次女、瑶子(ようこ)さま、皇太子ご夫妻をはじめとする皇族方が参列された。

 5月に完成した円丘の墓前で、寛仁親王妃信子さまの義兄に当たる相馬家33代当主、相馬和(かず)胤(たね)司祭長が祭詞を読み上げ、しきたりに従って参列しない天皇、皇后両陛下のお使いが玉串を捧げ、拝礼した。その後、彬子さまと瑶子さまがご拝礼。皇族方が続かれた。

 昨年7月に心臓手術を受けた97歳の三笠宮さまと、今年5月30〜6月1日に心臓の検査入院をした90歳の三笠宮妃百合子(ゆりこ)さまは車椅子で参列したが、墓前では立ち上がって深々と拝礼された。

 療養中の信子さまはお出ましにならなかった。5日には信子さまが「お偲(しの)び申し上げております」などとつづられたお手紙が、宮内庁内の記者クラブに郵送されている。

 また、墓所の儀に先立ち、6日午前には、港区の寛仁親王邸で「権舎(ごんしゃ)一周年祭の儀」が営まれた。


寛仁さましのび1周年祭=三笠宮ご夫妻、彬子さまら参列
時事通信 6月6日(木)16時1分配信

 三笠宮家の寛仁(ともひと)さまが亡くなって1年となる6日午後、東京都文京区の豊島岡墓地で「墓所1周年祭の儀」が営まれ、喪主の長女彬子(あきこ)さま、次女瑶子さま、両親の三笠宮ご夫妻、皇太子ご夫妻はじめ皇族方らが参列された。
 弟の高円宮さまの墓所近くに造られた寛仁さまの墓所は直径3メートルの石造りの円丘で、全体の面積は約570平方メートル。費用は約8800万円で、約1年かけて建設された。
 午後2時から始まった儀式では雅楽の演奏後、相馬和胤司祭長が祭詞を読み、慣例で出席しない天皇、皇后両陛下の使者が拝礼。続いて参列者が次々と墓所の前に進んで頭を下げ、故人をしのんだ。
 9日には、寛仁さまの御霊(みたま)を、歴代天皇や皇族を祭る皇居内の皇霊殿(こうれいでん)に合祀(ごうし)する儀式が行われる。
 寛仁親王家では寛仁さまが亡くなった後、当主不在の状態が続いている。 


妻信子さまが手紙寄せる=「療養経験を人生の糧に」—寛仁さまご逝去から1年
時事通信 6月6日(木)14時48分配信

 三笠宮家の寛仁(ともひと)さまが亡くなってから1年を迎えるのを機に、同妃信子さま(58)が宮内記者会に対し、手紙でお気持ちを寄せられた。
 手紙では、長年連れ添った寛仁さまを「お偲(しの)び申し上げております」とし、「これからは、療養の経験を人生の糧と感謝し両陛下の御意向のもと、微力ながら復興支援などに尽力させていただきたく存じます」とつづった。
 手紙は5日付。信子さまは麻生太郎財務相の実妹。千代田区の宮内庁分庁舎で2009年10月から、寛仁さまや2人のお子さま方とは別居生活を送っており、昨年の葬儀も参列しなかった。


妻信子さまが手紙寄せる
時事通信 6月6日(木)14時37分配信

Photo_7
三笠宮家の寛仁さまが亡くなってから1年を迎えるのを機に、同妃信子さまが宮内記者会に対し手紙(写真)でお気持ちを寄せられた。手紙では、長年連れ添った寛仁さまを「お偲び申し上げております」などとつづった。
(時事通信社)


寛仁親王殿下薨去から1年「権舎一周年祭の儀」
産経新聞 6月6日(木)11時42分配信

 三笠宮ご夫妻の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で薨去(こうきょ)してから1年にあたる6日午前、「権舎(ごんしゃ)一周年祭の儀」が東京都港区の寛仁親王邸で営まれ、長女の彬子さま、次女の瑶子さまと皇太子さまをはじめとする皇族方が参列された。

 宮内庁によると、療養中の寛仁親王妃信子さま、皇太子妃雅子さまは参列されなかったという。午後には文京区の豊島岡墓地で「墓所一周年祭の儀」が行われる。


<寛仁さま>逝去1年 彬子さま、父の思い引き継ぐ
毎日新聞 6月6日(木)11時4分配信

Photo_6
毎日新聞社のインタビューに応じる寛仁さま=赤坂御用地の寛仁親王邸で2005年12月18日、佐藤賢二郎撮影

 「ヒゲの殿下」として親しまれた寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で亡くなられてから6日で1年。長女彬子(あきこ)さま(31)は、寛仁さまが続けてきた社会活動を次女瑶子(ようこ)さま(29)と引き継ぐと共に、自らが設立した日本文化を子供たちに伝える文化団体の活動をライフワークとして本格化させている。【長谷川豊】

 「苦い?」。2日、彬子さまは大阪市の大阪天満宮で、煎茶の本来の飲み方を体験する子供たちの顔をのぞき込んだ。彬子さまが総裁を務める社団法人「心游舎(しんゆうしゃ)」(京都府八幡市)が開いたワークショップでの一コマだ。悪戦苦闘しながら煎茶を味わう様子を見て、彬子さまは「今はよく分からなくても、子供たちの心には残るはず」と話した。

 心游舎の活動は、昨年4月に始めた。同年6月に寛仁さまが亡くなる不幸も乗り越え、寺社などでお菓子や焼き物といった日本文化を専門家と共に子供たちに伝えてきた。

 美術研究員として籍を置く銀閣寺がある京都と東京の往復生活を続けながら、宮家の活動を切り盛りする。寛仁さまが「現場」にこだわって支援を続けた活動は、国際交流やスポーツ分野を彬子さまが引き継ぎ、社会福祉関係を瑶子さまが受け持つ。地方を訪れることも多い。彬子さまは「父の知らなかった側面を知る機会もあり、皆さんが父を慕ってくれた思いを引き継ぎたい」と話す。今月21日からは寛仁さまが交流に尽くしたトルコを訪れ、追悼コンサートに出席する。

 一時は動き始めた女性宮家論議は、安倍政権の誕生で事実上ストップした。それでも彬子さまは「私のやるべきことは変わらない。父から引き継いだ公務と共に、心游舎の活動を10年で47都道府県でやるのが目標です」と前を向いている。

   ◇

 寛仁さまが眠る豊島岡墓地(東京都文京区)では6日午後、「墓所1周年祭の儀」が行われ、皇族方も参列する。


寛仁さまご一家3人、三笠宮家に合流へ
読売新聞 6月6日(木)8時48分配信

 寛仁さまご一家の信子さま、長女彬子さま(31)、次女瑶子さま(29)の3人が、三笠宮家に合流される方向となった。

 宮内庁が近く発表する。寛仁さまの逝去から1年たつが、ご一家の当主が決まらない状況だった。

 寛仁さまは三笠宮を継承するため宮号を受けずに独立した生計を立ててきた。通例であれば信子さまが当主となるが療養中で、寛仁さまの葬儀では彬子さまが喪主を務められていた。

 宮内庁関係者によると、今後、寛仁さまご一家を独立した宮家とせず、三笠宮家としてお世話するという。ただ、それぞれのお住まいや職員などは現状のままとする。当主を巡っては、同庁の風岡典之長官が5月23日の記者会見で、「皇族の身分に関することが長期にわたって曖昧な形なのは望ましくない」と述べていた。


寛仁さま逝去1年、信子さま手紙寄せる
読売新聞 6月6日(木)8時48分配信

 「ヒゲの殿下」の愛称で親しまれた三笠宮家の寛仁さまの逝去から6日で1年を迎えるのにあたり、妃殿下の信子さま(58)が宮内記者会に手紙を寄せられた。

 ストレス性ぜんそくで療養中の信子さまは、昨年の寛仁さまの葬儀に参列しておらず、思いを示されるのは初めて。

 手紙では、32年間連れ添った寛仁さまについて「お偲(しの)び申し上げております」としたうえで、「療養の経験を人生の糧と感謝し、両陛下の御意向のもと、微力ながら復興支援などに尽力させていただきたく存じます」とされた。

 信子さまは麻生副総理・財務相の妹。東京都千代田区の宮内庁分庁舎で療養を続けられている。


信子さま「お偲び申し上げて…」 寛仁親王殿下の薨去1年で
産経新聞 6月6日(木)7時55分配信

 昨年6月6日に三笠宮ご夫妻の長男、寛仁(ともひと)親王殿下が66歳で薨去(こうきょ)してから1年になるのにあたり、療養中の寛仁親王妃信子さまが「お偲(しの)び申し上げております」とつづったお手紙が5日、宮内庁内の記者クラブに郵送で届いた。

 「療養の経験を人生の糧と感謝し両陛下の御意向のもと、微力ながら復興支援などに尽力させていただきたく存じます」とつづられている。


寛仁親王妃が書簡
2013年6月5日(水)21時4分配信 共同通信

Photo_4
 宮内記者会に寄せられた寛仁親王妃信子さまの書簡

 昨年6月6日に三笠宮家の長男寛仁さまが亡くなってから1年を迎えるのを前に、妻信子さま(58)が5日、宮内記者会に書簡を郵送で寄せられた。皇族が宮内庁を通さず、記者会に直接文書を発表するのは異例。書簡は逝去1年に当たり「宮様をお偲び申し上げております」とした上で「これからは、療養の経験を人生の糧と感謝し両陛下の御意向のもと、微力ながら(東日本大震災被災地の)復興支援などに尽力させていただきたく存じます」と記している。

« 宮城沖地震に関するニュース・1288,2013年6月6日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1289,2013年6月7日 »

ニュース」カテゴリの記事

人物・伝記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/57534956

この記事へのトラックバック一覧です: 三笠宮寛仁親王殿下ご薨去一周年:

« 宮城沖地震に関するニュース・1288,2013年6月6日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・1289,2013年6月7日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31