« 宮城沖地震に関するニュース・693,2011年12月19日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・694,2011年12月20日 »

2011年12月19日 (月)

暗黒国家・北朝鮮の独裁者・金正日が死去

暗黒国家・北朝鮮の独裁者・金正日が死去した。

リンク:不測の事態も…海保は原発・海域の警戒強化 - 速報:@niftyニュース.
リンク:日本海や原発警戒強化=海保 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮の看板アナ健在!訃報伝えて最後の「偉大な役目」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:「全員の救出を」=帰国の拉致被害者がコメント - 速報:@niftyニュース.
リンク:野田トンチンカン「韓国の金正日総書記」…不測事態に不安 - 速報:@niftyニュース.
リンク:“将軍様”と列車…過去には暗殺未遂も - 速報:@niftyニュース.
リンク:“将軍様”死去で北朝鮮“暴走”か…クーデター、韓国挑発の可能性 - 速報:@niftyニュース.
リンク:姿消した“北の女子アナ”死去伝える!喪服に身を包み - 速報:@niftyニュース.
リンク:横田めぐみさん父「膠着打開のチャンス」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:重村智計氏「最悪の場合、軍内部で衝突」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:金正日総書記が死去…17日に列車内で心筋梗塞 - 速報:@niftyニュース.
リンク:防衛相「北朝鮮軍の動きない」、海保は警戒強化 - 速報:@niftyニュース.
リンク:原発警備、状況に応じ強化=北朝鮮情勢で深野保安院長 - 速報:@niftyニュース.
リンク:拉致被害者家族会「正恩氏は話が通じるのか」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮の金総書記が死去 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮情報の収集に全力…政府が安保会議 - 速報:@niftyニュース.
リンク:金正日死去で号外「北朝鮮国内の混乱も予想される」 - 速報:@niftyニュース.
リンク:情報収集レベル、1段階上げる=総書記死去で幹部ら緊急招集―防衛省 - 速報:@niftyニュース.
リンク:めぐみさん母「事態動いて」=拉致家族ら、進展に期待―北朝鮮総書記死去 - 速報:@niftyニュース.
リンク:金正日総書記が死亡、「列車内で死亡か」=韓国メディア - 速報:@niftyニュース.
リンク:対策本部設置し情報収集=国内重要施設の警戒強化―警察庁 - 速報:@niftyニュース.
リンク:中国・新華社、北朝鮮の金正日総書記死去を速報 - 速報:@niftyニュース.
リンク:朝鮮中央通信の報道 - 速報:@niftyニュース.
リンク:「逃げるな!」野田首相の街頭演説中止で新橋駅前は騒然 - 速報:@niftyニュース.
リンク:後継は金正恩氏 葬儀委員会序列1位 - 速報:@niftyニュース.
リンク:金正日総書記が死去 朝鮮中央テレビ - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮の金正日総書記が死去 - 速報:@niftyニュース.
リンク:金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去 - 速報:@niftyニュース.
リンク:北朝鮮が特別放送予告 - 速報:@niftyニュース.

以下、参考のために同記事を引用

不測の事態も…海保は原発・海域の警戒強化
2011年12月19日(月)20時30分配信 読売新聞

 日本海側の六つの海上保安本部は19日、周辺海域や原子力発電所など沿岸重要施設の監視、警戒を強化した。

 海上保安庁幹部は、「北朝鮮情勢が不安定になれば、脱北者の増加や不測の事態も考えられる」と話した。


日本海や原発警戒強化=海保
2011年12月19日(月)20時24分配信 時事通信

 海上保安庁は19日、鈴木久泰長官をトップとする対策本部を設置した。情報収集に努めるほか、巡視船や航空機による日本海の監視、原発施設への警戒をそれぞれ強化する。
 海保幹部は「日本海の哨戒は以前から重点実施している。国土交通相の指示も『引き続き万全を期す』で、現状維持が実情。ただ、現場では休暇中の職員の外出範囲を狭めるなどする」と話した。その上で、「北朝鮮の船は小さいものが多く、冬場の脱北はリスクが高い。北朝鮮側の警戒も厳しく、脱北者がすぐに増えるようなことはないのでは」と述べた。 


北朝鮮の看板アナ健在!訃報伝えて最後の「偉大な役目」
2011年12月19日(月)17時46分配信 J-CASTニュース

このところ画面に出てこなくなり、安否が心配されるなど話題になっていた北朝鮮の国営・朝鮮中央テレビの看板女性アナウンサー、リ・チュンヒさんが2011年12月19日、2か月ぶりにテレビに登場した。

リさんは北朝鮮が内外に向けて重大ニュースを発表するとき必ず登場することで知られ、とくに金正日(キム・ジョンイル)総書記の動静を力強く語るときのメリハリのある口調は国際的にも有名だった。この日、金総書記が亡くなったのを伝えたのもそのリさんだった。

いつもの「チマ・チョゴリ」姿ではなく…

「偉大なる領導者(指導者)金正日同志が17日に逝去した」――。12月19日正午。真っ赤な画面が切り替わると、朝鮮中央テレビの「特別放送」でリさんは喪服のような黒い衣装に身を包んで現れ、用意された原稿を沈痛な面持ちで読み上げ始めた。

ふだんは華やかな民族衣装のチマ・チョゴリで、力強い口調でニュースを読み上げることで知られるリさんだが、「悲痛な気持ちでお知らせしなければならない」と悲しみに涙声になりながらも、「革命に一生涯を捧げた」などと金総書記の偉業をしっかりと称え、伝えていた。

リさんは1943年生まれの68歳。金総書記(69歳)の一つ下だ。アナウンサーとしては最高の地位を表す「人民放送員」や「労働英雄」の称号をもち、北朝鮮で最も重要なニュースとされる金総書記の動静を主に伝えていた。

一部メディアの報道によると、リさんは映画演劇大学の出身で、そもそも放送作家の志望だったが、アナウンサーとして配置されて成功した。国からVIP待遇を受けているともいわれる。

ふだんは物静かな口調だが、金総書記の動静については「重要なニュースだから、格調高く伝えるよう心がけている」と語っていたという。

「病気か」それとも「粛清か」と話題に

そんな圧倒的な存在感をもつリ・チュンヒさんが、2011年10月19日夜のニュースで、ロシアのタス通信の書面インタビューに対する金総書記の回答を読み上げたのを最後に出演が途絶えていた。

50日以上の長期にわたって姿を見せないのは「異例なこと」と、ラヂオプレス(RP)が12月12日に伝えたことで、インターネットなどでは「引退?」「病気か」、それとも「粛清か」などと話題になっていた。

金総書記の訃報を伝えたTBSは番組の冒頭で、朝鮮中央テレビの特別放送の画面に切り替えながら、リさんが50日以上も登場しなかったことにふれ、金総書記が亡くなったことが「関係あるのではないか」とも推測していた。

いずれにしても、今回は無事な姿をテレビに見せたが、金総書記が亡くなったことで、その動静を伝えるリさんの「偉大な役目」も終わったことになる。


「全員の救出を」=帰国の拉致被害者がコメント
2011年12月19日(月)17時24分配信 時事通信

 北朝鮮の金正日総書記の死去について、2002年に帰国した拉致被害者は19日、地元自治体を通じてそれぞれコメントを出した。
 曽我ひとみさん(52)は新潟県佐渡市を通じ、「新しい体制に代わるこのチャンスを生かし、拉致された被害者全員の救出に尽力してくれることを望みます」とコメント。蓮池薫さん(54)も同県柏崎市を通じて「北朝鮮国内の情勢変化が予想される。政府が慎重に分析、判断して、まずは残されている拉致被害者の安全が保障されるよう最善を尽くしてほしい」と求めた。
 また地村保志さん(56)、富貴恵さん(56)夫妻は福井県小浜市を通じ「正直、驚きを感じている。全員の未帰国拉致被害者が無事帰国できるよう全力で取り組んでもらうよう強く希望します」などと訴えている。 


野田トンチンカン「韓国の金正日総書記」…不測事態に不安
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 永田町や霞が関は、北朝鮮の金正日総書記が死亡したことを受け、情報収集や関係各国との連絡に追われた。

 野田佳彦首相は19日昼、東京・JR新橋駅前で予定していた街頭演説を中止した。官邸に急きょ引き返した野田首相は「今、そういう報道があったので、事実確認をするように指示をしている」と記者団に語った。野田首相はその後、(1)情報収集態勢の強化(2)米中韓などとの緊密な情報共有(3)不測の事態に備えた万全の態勢整備-の3点を政府内に指示した。

 衝撃の一報直後に、首相官邸の危機管理センターには対策室が設置され、午後1時から、政府の安全保障会議が開催。その後、藤村修官房長官が記者会見した。

 一川保夫防衛相は、防衛省・自衛隊に対して、核爆弾やミサイルを保有する約100万人の北朝鮮人民軍の動きや朝鮮労働党の動向などの情報収集に全力を挙げるよう、警戒監視に万全を期すよう指示した。

 外務省では、佐々江賢一郎事務次官が、杉山晋輔アジア大洋州局長ら関係部局の幹部を自室に集めて対応を協議。幹部の1人は「2012年に想定していた金正恩氏への権力継承が早まったことで、朝鮮半島の不安定さが強まる。韓国内の在留邦人保護など非常時に備えた対応が必要だ」と指摘した。

 拉致担当相を務めた民主党の中井洽衆院予算委員長は記者団に対し、「彼の生きている間に拉致されたすべての日本人の帰国を(実現したいと)思い頑張ってきたが、突然亡くなり驚いている」と述べ、「今後の体制がどうなるのか心配だ」と述べた。

 一方、拉致問題に取り組んできた自民党の平沢勝栄衆院議員は「17日の死亡から2日間、伏せていた。金正恩氏への権力移譲が済んでいないなか、誰の権限で発表されたかが不明だ。権力闘争が起きている可能性もある。拉致問題は金正日総書記による犯罪行為なので、北朝鮮は進めにくかったが、反金正日派が台頭してくれば、解決にプラスになるかもしれない」と話している。

 ところで、野田首相が演説する予定だったJR新橋駅前では、サラリーマンらの「解散しろ!」という怒号がうずまくなか、首相側近である近藤洋介衆院議員が、聴衆に演説中止を伝える際、「韓国の金正日総書記が…」と言い間違えて、「韓国じゃねぇ、バカ」とヤジられる一幕もあった。


“将軍様”と列車…過去には暗殺未遂も
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 金総書記の死因について朝鮮中央通信の第一報は、「過労のため心筋梗塞などで列車の中で死亡」としたが、過去には列車内での暗殺未遂報道もあった。

 内部告発サイト「ウィキリークス」では、2004年4月に北朝鮮の竜川駅で起きた列車爆発について、携帯電話を起爆装置に利用した暗殺未遂事件の可能性がある-と暴露していた。

 これは、韓国・現代グループの玄貞恩会長が09年にスティーブンス駐韓米大使に語った米外交公電による情報で、玄会長はこれ以前の05年や07年に訪朝し、金総書記と会談している。

 公電によると、玄会長は、爆発は中国訪問を終えた金総書記の特別列車が当初、同駅を通過する予定だった時刻の約30分前に発生した、と主張。「金総書記の最大の心配はクーデターや暗殺」の危険であり、列車爆発後に朝鮮人民軍に最大限の信頼を寄せるようになったと説明していた。

 病状悪化などの報道が一切なく、突然の列車での死去-。金総書記の身にいったい何があったのか。


“将軍様”死去で北朝鮮“暴走”か…クーデター、韓国挑発の可能性
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 北朝鮮の金正日総書記の死は、三男・正恩(ジョンウン)氏の後継体制が固まらないうちにやってきた。後継者としてデビューして、まだ1年3カ月足らず。軍をバックに権力を掌握した父の正日氏に対し、正恩氏は朝鮮労働党の力を背景に足場を固めようとしてきたが、その指導力は未知数だ。存在感を示したい軍部の“暴発”はあるのか。

 正恩氏は1983年1月8日生まれ。現在、朝鮮労働党中央軍事委員会副委員長の職にある。母は2004年に死去したとされる高英姫夫人。1998年から00年までスイス・ベルンの公立中学に在籍、英語とドイツ語に堪能とされる。

 留学から帰国後の詳細な経歴は不明だが、10年9月27日に朝鮮人民軍大将の称号を与えられ、同28日の朝鮮労働党代表者会で党中央委員と党中央軍事委員会副委員長に就任、金総書記の後継者となった。当初は「青年大将」と呼ばれたが、最近は「尊敬する大将同志」との表現が定着している。

 今年9月28日、後継者として公式にデビューしてちょうど1年が経過した。ラヂオプレス(RP)によると、北朝鮮の公式メディアで伝えられた正恩氏の動静は9月26日夕までに99件。今年に限っても62件に上った。故・金日成(イルソン)主席の生存当時に正日氏が取り上げられた最多件数は92年の43件だっただけに、正恩氏の露出頻度は突出していた。

 同時に、正恩氏の偶像化も進められた。北朝鮮のテレビは、80歳を超す高齢の党幹部らが正恩氏にかしずくような姿を放送。正恩氏が特別な存在であることを視覚的に印象づけた。また、北メディアは正恩氏にも敬語を用い始め、朝鮮中央テレビは「大将に恵まれる福」を意味する「大将福」という掲示物を放映。それだけ、「正恩氏への権力継承を急いでいた証拠と読み取れる。急速に進めなければならないほど、正日氏の病状は切迫した状態にあった」(北ウォッチャー)とみられる。

 軍事評論家の神浦元彰氏は「父の正日氏が軍の力を背景に権力を継承したのに対し、正恩氏は党の力をバックに体制を固めていた。軍が存在感をアピールする行動に出る可能性がある」と分析する。

 「考えられる軍の行動は2つあり、クーデターか、あるいは韓国への軍事的な挑発か。このうち、韓国に対する挑発行為は党が黙認する可能性があり、発生する確率は高いだろう。最前線に配置された韓国軍への攻撃、あるいは韓国艦船への魚雷攻撃などが考えられる。20年に一度、発生するかどうかの危機が朝鮮半島に迫っている」

 暴走は避けられないのか。


姿消した“北の女子アナ”死去伝える!喪服に身を包み
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 朝鮮中央放送で、金総書記の訃報を伝えたのは、あのベテラン女性アナウンサー、リ・チュンヒ氏(68)だった。

 リ氏は民族衣装の喪服に身を包み、いつも以上に厳粛かつ感情的な抑揚をつけながら、「すべての同胞の大きな傘だった。思いがけない死は、革命に大きな損失だ」など総書記を称える最大級の形容詞を重ねながら、ニュースを読み上げた。

 ときに体を震わせ、嗚咽(おえつ)まじりで悲しみを全身で表現。スタジオの背景には、北朝鮮が“金総書記の出生地”と主張する白頭山とみられる雄大な山岳が掲げられていた。

 リ氏は、これまで金総書記の動静など重要報道を担当。「人民放送員」や「労働英雄」の称号を持つ看板アナウンサーとして知られている。

 10月19日夜の定時ニュースで、ロシアのタス通信の書面インタビューに対する金総書記の回答を読み上げたのを最後に50日以上出演が途絶えていた。このため“失踪”や“粛清”“闘病”など諸説が飛び交っていた。

 金総書記の活動はこれ以降もニュースとして報じられていたが、リ氏と交代で担当してきた男性アナウンサーらが読み上げていた。


横田めぐみさん父「膠着打開のチャンス」
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 北朝鮮による拉致被害者をめぐる政府間交渉が一向に進まない中で飛び込んできた金総書記の死去。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の父、横田滋さん(79)は、「拉致問題の解決についてプラスになるかマイナスになるかは分からない。ただ、日本政府は膠着(こうちゃく)状態を打開するチャンスと考えて動いてほしい」と話した。

 続けて、「(金総書記の)死去は前から言われていたことだが、北朝鮮国内に混乱が生じて、拉致まで手が回らなくなることが一番怖い。そうなると、解決が難しくなる可能性がある。事態がよい方に動いてほしい。引き続いて、改めて交渉を続けてほしい。政府は死亡でも関係なく、うまく利用するくらいのやり方で解決につなげてほしい」と交渉のゆくえに懸念を示した。


重村智計氏「最悪の場合、軍内部で衝突」
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 ■北朝鮮問題に詳しい重村智計・早大教授の話

 北朝鮮は表面的には大きな混乱もなく、金正恩氏への後継が淡々と進むだろう。対外的に大きな変化が起こることも考えにくい。

 しかし、正恩のカリスマ性は誰一人として認めていないのが実情で、国家の実権は軍部が掌握する。これにより、政府中枢では世代交代の抵抗勢力だった李英鎬・朝鮮人民軍総参謀長や総書記の義弟である張成沢・国防委員会副委員長を中心とした親・正日派と、親・正恩派のポスト争いが過熱することになる。

 最悪の場合、1-2年後に軍内部の衝突が起きても不思議ではない。ただ、北朝鮮人民を巻き込んだ国家の革命に至るようなことはないだろう。一般市民の大半はいまだに、正恩の存在すら知らされていないからだ。正日の死去を機に、一部で反体制運動が起こる恐れはあるが、一斉蜂起するほどの情報力や体力はない。結局、軍部の統治が強化されることで、より厳しい管理体制が敷かれることになるだろう。


金正日総書記が死去…17日に列車内で心筋梗塞
2011年12月19日(月)17時0分配信 夕刊フジ

 朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日総書記(69)=朝鮮人民軍最高司令官=が17日、現地指導の途中で死去したと報じた。列車の中で急性心筋梗塞を起こしたという。建国からほぼ半世紀、金総書記は同国を率いた父親の故金日成主席から権力を継承し、親子2代にわたり統治した。同通信は、後継者を三男、正恩氏(28)と伝えたが、独裁体制を築いてきた支柱を失ったことで、今後、統治体制確立や核・ミサイル問題の行方が焦点となる。さらに、米韓、日本など周辺国を含めた東アジア情勢が重大な岐路に立たされるのは必至だ。

 朝鮮中央テレビによると、金総書記は17日午前8時30分(日本時間同)、現地指導の際、過労のため列車の中で死去したという。

 同テレビは19日午前10時、正午からの特別放送を予告していた。その際、アナウンサーが悲しい表情をしていたうえ、背景音楽が「将軍」をたたえる主旨の曲調だったことから死亡したとの見方が有力だった。

 朝鮮中央通信によると、19日に平壌で葬儀、29日に中央追悼大会が開催されるという。

 韓国政府は19日、不測の事態に備え、軍を非常警戒態勢にした。中国も難民の大量流入などの事態を懸念し、北朝鮮との国境付近の軍の配置を強めるのは確実で緊張感が広がっている。

 北朝鮮では2010年9月、朝鮮労働党代表者会を44年ぶりに開催し、正恩氏を後継者に選出。健康に不安を抱える金総書記の死後の“金王朝”の安泰をアピールし、国内の安定を図ってきた。

 北朝鮮は核開発に力を入れ、06年10月と09年5月に核実験を実施。すでに数発の核爆弾を保有しているとみられている。

 また、10年には米国の核専門家に対してウラン濃縮施設を公開するなど、核を恫喝外交の手段としてきた。

 金総書記は08年8月に脳卒中で倒れたとされ、9月の建国60年の閲兵式を欠席し、これまでもたびたび健康不安説が取りざたされていた。

 故金日成主席の生誕100年に当たり、自身も70歳を迎える12年を「強盛大国の大門を開く年」と位置付け、軍事強国を目指し、正恩氏の後継体制確立を推進してきた。

 だが、北朝鮮を長く支配してきたカリスマ指導者の急死は、北内部の波乱を含め、国際情勢に大きな緊張をもたらすのは必至だ。


防衛相「北朝鮮軍の動きない」、海保は警戒強化
2011年12月19日(月)16時58分配信 読売新聞

 北朝鮮の金正日総書記の死去報道を受け、防衛省など関係各省は19日、情報収集に追われた。

 防衛省では19日昼過ぎから、中江公人次官や折木良一統合幕僚長ら幹部が集まり、北朝鮮軍の動向に変化がないかなどの情報収集を進めた。

 一川防衛相は記者団に対し、北朝鮮軍の動向について「特段変わった情報は何も得ていない」と説明した。自衛隊の警戒レベルを上げるかどうかに関しては「まだそこまではいっていないが、これからいろんな正確な情報に基づいてしっかりと対処したい」と述べた。

 前田国土交通相は19日昼、首相官邸で記者団に、難民流出などの事態に備え、海上保安庁に警戒態勢を強化するよう指示したことを明らかにした。


原発警備、状況に応じ強化=北朝鮮情勢で深野保安院長
2011年12月19日(月)16時22分配信 時事通信

 経済産業省原子力安全・保安院の深野弘行院長は19日午後の記者会見で、北朝鮮の金正日総書記死去を受け、今後の状況によっては全国の原発など原子力施設の警備体制を強化する必要があるとの考えを示した。
 深野院長は、2001年9月の米同時多発テロ以降、原子力施設のテロ対策を強化していると述べた上で、「国際的に緊迫するようなことがあれば、十分注意していきたい」と話した。 


拉致被害者家族会「正恩氏は話が通じるのか」
2011年12月19日(月)15時44分配信 読売新聞

 拉致問題や朝鮮半島情勢はどうなるのか――。

 19日昼、北朝鮮の金正日キムジョンイル総書記が死亡したというニュースが突然飛び込んできた。北朝鮮の政治、経済、軍事の全てを支配し、国際政治にも大きな影響を及ぼしてきた絶対的な権力者の死。日朝間の最大の懸案の拉致問題は未解決のままで、世界から孤立を続ける同国は今後、どこへ向かうのか、驚きと不安が広がった。 

 日本国内の拉致被害者や、その家族らの間では、拉致問題進展への期待と、混乱の広がりへの不安が交錯した。

 「最近は重病説もなく、元気との情報が流れていただけに、驚いている」

 34年前に、当時中学生だった娘の横田めぐみさんを拉致された滋さん(79)は19日昼、川崎市の自宅でニュースを知った。「次の政権がどのような体制になるか予想がつかないが、こう着状態が続く拉致問題で一日も早く交渉が再開され、解決に結びつけてほしい」と祈るように話した。

 1983年、当時23歳だった娘の有本恵子さんを拉致された神戸市の嘉代子さん(85)も、「拉致にかかわった重要な人物の死亡で、日本と北朝鮮の話し合いが進むのでは。拉致問題の早期解決につながってほしい」と期待を込めた。

 ただ、独裁者の死が真相解明を遠のかせるのではないかとの懸念もある。

 「今後、北朝鮮の誰が拉致問題の解決にあたるのかが心配だ」と懸念するのは、拉致被害者の田口八重子さんの兄で拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表(73)。金総書記の後継者とされる三男、金正恩氏の実態はベールに包まれており、飯塚さんは「正恩氏は話が通じるのか、それともこちらから積極的に動いていかなければならないのか……」と話した。


北朝鮮の金総書記が死去
2011年12月19日(月)15時20分配信 リアルライブ

 北朝鮮の朝鮮中央テレビは19日、金正日総書記が死亡したことを発表した。正午からの特別放送で公式に伝えられたもの。金総書記は17日に急病で倒れ死亡したという。69歳、死因などは現在発表されていない。


北朝鮮情報の収集に全力…政府が安保会議
2011年12月19日(月)14時35分配信 読売新聞

 北朝鮮の金正日総書記の死去報道を受け、政府は19日午後1時、首相官邸で野田首相と関係閣僚が出席して安全保障会議(議長・首相)を約10分間開いた。

 政府は情報収集に全力をあげるとともに、北朝鮮の後継体制の行方や核開発を含めた軍部の動きなどについて、米国や韓国などと連携を取りながら注視していく方針だ。

 首相は19日昼、報道を受けて〈1〉北朝鮮の今後の動向について情報収集態勢を強化する〈2〉米国、韓国、中国など関係国と緊密に情報共有する〈3〉不測の事態に備え、万全の体制を取る――の3点を各省庁に指示した。首相官邸危機管理センターには官邸対策室を設置した。


金正日死去で号外「北朝鮮国内の混乱も予想される」
2011年12月19日(月)14時28分配信 ニコニコニュース

 金正日総書記の死去が報じられたことで読売新聞は2011年12月19日、号外を出した。東京・新橋駅前では、金総書記の死因について「17日、過労で」と伝えるこの号外が配られると、すぐさま人だかりができた。記事を読んだ人々のなかには、「へぇー」と驚く会社員や「何日か前に亡くなってたんだねぇ」としみじみ語る老人の姿があった。

 読売新聞の号外では、金総書記の後継者となる三男・金正恩氏について、

「経験不足は否めず、北朝鮮国内の混乱も予想される」
と記事を結んでいる。

(土井大輔)


情報収集レベル、1段階上げる=総書記死去で幹部ら緊急招集―防衛省
2011年12月19日(月)14時13分配信 時事通信

 北朝鮮の金正日労働党総書記(69)の死亡を受け、防衛省・自衛隊は19日、一川保夫防衛相の執務室に幹部らを緊急招集し対応に追われた。
 折木良一統合幕僚長は記者団に「北朝鮮軍に特異な動きはないが、情報収集のレベルを1段階上げた」と説明。警戒態勢レベルも動向を見極めた上で、引き上げを検討する考えを明らかにした。
 同省幹部によると、自衛隊の警戒レベルは上げていないという。ただ、後継者の金正恩氏に権力が承継される過程で、示威行動に打って出る可能性もあり、監視が必要だとの見方を示した。 


めぐみさん母「事態動いて」=拉致家族ら、進展に期待―北朝鮮総書記死去
2011年12月19日(月)13時46分配信 時事通信

 「事態が動いてほしい」「解決へのチャンスに」―。北朝鮮の金正日総書記死去を受け、拉致被害者の家族や支援団体は驚きつつ、こう着状態が続く拉致問題の解決に期待を寄せた。
 拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=の母早紀江さん(75)は取材に対し、「そうなんですか。何と言っていいか分からない。事態が動くことを願っています」と衝撃を受けた様子で話した。
 田口八重子さん=同(22)=の兄で、家族会の飯塚繁雄代表(73)は「北の体制が混乱して取り付く島がなくなるのか、きちっとした社会になって拉致が動くのか、様子を見るしかない」とした上で、「何かのきっかけになることは確かだ」と声を震わせた。
 家族会の増元照明事務局長(56)は、姉るみ子さん=同(24)=を拉致された。「北朝鮮内部で混乱が起き、拉致被害者が危ないことも考えられる。これを救出するチャンスに変えてほしい」と力を込めた。
 「来るべきものが来た」。支援団体「救う会」の西岡力会長は興奮を隠せない様子で、「安定的に継承されるか不透明。後継者と改革開放勢力が衝突して大混乱になる可能性もある」などと指摘。混乱に備え、全員救出に向けた米韓両国との緊密な連携を政府に求めた。
 特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は「現地指導の途中で亡くなったのが本当であれば、暗殺の可能性もある」との見方を示した上で、「しばらく様子を見ないと分からないが、北朝鮮の構造が変わることは間違いない。解決へのチャンスがつかめる可能性がある」と期待した。
 2002年に帰国した拉致被害者の蓮池薫さん(54)は「北朝鮮国内の情勢変化が予想される。政府が慎重に分析、判断して、まずは残されている拉致被害者の安全が保障されるよう最善を尽くしてほしい」とのコメントを発表した。 


金正日総書記が死亡、「列車内で死亡か」=韓国メディア
2011年12月19日(月)13時18分配信 サーチナ

 北朝鮮の朝鮮中央通信は19日正午、特別放送を行い、金正日(キム・ジョンイル)総書記が17日午前8時30分、死去したと伝えた。複数の韓国メディアが報じた。

 朝鮮中央通信は「金委員長が2011年12月17日8時30分、現地指導に向う途中、積み重なった精神的、肉体的疲労により列車で亡くなられた」と発表した。

 韓国メディアによると、韓国の大統領府は国家安全保障会議を招集し、軍当局は全軍に非常警備体制をとるよう命じた。

 朝鮮中央テレビ、朝鮮中央放送、平壌放送など北朝鮮の主要メディアは19日午前、「今日12時にテレビとラジオで特別放送がある」と予告していた。(編集担当:新川悠)


対策本部設置し情報収集=国内重要施設の警戒強化―警察庁
2011年12月19日(月)13時12分配信 時事通信

 北朝鮮の金正日総書記の死去について、警察庁は19日、警備局長をトップとする警備対策本部を設置した。同庁は、海外の情報機関などとも連携し、死去報道の真偽確認も含めた情報収集を急ぐとともに、首相官邸など国内重要施設の警備も強化する。
 同庁幹部は、死去報道に「唐突な印象も受けた」とした上で、北朝鮮の情勢変化を踏まえ、国内治安の確保に万全を期す方針を示した。拉致問題などへの影響は「直ちに判断できない」とした。 


中国・新華社、北朝鮮の金正日総書記死去を速報
2011年12月19日(月)13時12分配信 読売新聞

 【北京=関泰晴】中国国営新華社通信は19日午前、北朝鮮の朝鮮中央通信を引用し、金正日総書記が17日に死亡したと速報で伝えた。

 北京の北朝鮮大使館では19日、金総書記の死去を受けて半旗が掲げられた。

 大使館の正門前では、外国メディアの記者が訪れて外部の様子を撮影するなどしており、警察当局の車両が警戒に当たっている。


朝鮮中央通信の報道
2011年12月19日(月)12時54分配信 共同通信

 【平壌共同】朝鮮中央通信は19日正午すぎに速報で伝えた金正日総書記の死亡の知らせは次の通り。朝鮮労働党総書記で朝鮮民主主義人民共和国国防委員会委員長、朝鮮人民軍最高司令官である偉大な領導者、金正日同志におかれては、2011年12月17日8時30分、現地指導の道を行くさなか、積み重なる精神、肉体的過労により列車で逝去された。


「逃げるな!」野田首相の街頭演説中止で新橋駅前は騒然
2011年12月19日(月)12時37分配信 ニコニコニュース

 野田佳彦首相は2011年12月19日、東京・新橋駅前で就任後初めて街頭演説を行う予定だったが、北朝鮮の金正日総書記の死去により「外交上の重要な事案が発生した」として急きょ取りやめた。

 取りやめが発表されると、新橋駅前に集まっていた会社員らから「逃げるな」などといった怒声が飛び交ったほか、福島第1原発の冷温停止宣言を疑問視するグループらがシュプレヒコールをあげるなどし、現場は一時騒然となった。

 野田首相はこの日、正午過ぎから新橋駅前で演説を行う予定で、新橋駅前には多数の報道陣と会社員らが集まっていた。首相は民主党・蓮舫議員の演説のあと壇上に立つ予定で、蓮舫議員が話し終わった直後から、駅前に集まった会社員らから「解散しろ」コールが起こっていた。そのさなかに演説取りやめが発表されると、さらに「逃げるな」といった声があちこちから飛んだ。


後継は金正恩氏 葬儀委員会序列1位
2011年12月19日(月)12時33分配信 J-CASTニュース

朝鮮中央テレビでは2011年12月19日12時20分ごろから、金正日総書記の国家葬儀委員会の名簿を読み上げた。最初に読み上げられたのは3男金正恩氏で、2番目が金永南(キム・ヨンナム)・朝鮮最高人民会議常任委員会委員長だった。正恩氏をめぐっては、後継者としての権力基盤の脆弱さが指摘されていたが、北朝鮮政権内での「序列1位」が確認され、後継者として確認された。


金正日総書記が死去 朝鮮中央テレビ
2011年12月19日(月)12時10分配信 J-CASTニュース

北朝鮮の朝鮮中央テレビは2011年12月19日正午の特別放送で、金正日総書記が過労で12月17日午前8時半に列車内で死去したと報じた。69歳。現時点では、女性アナウンサーが喪服姿で声明を読み上げている。


北朝鮮の金正日総書記が死去
2011年12月19日(月)12時6分配信 共同通信

 【北京共同】朝鮮中央通信は19日、北朝鮮の最高指導者で国防委員会委員長の金正日総書記が17日、現地指導に向かう列車の中で死去したと報じた。急性心筋梗塞を起こしたとしている。建国からほぼ半世紀、同国を率いた父親の故金日成主席から権力を継承し、親子2代にわたり統治。北朝鮮は独自の社会主義体制の支柱を失い、後継者の三男、金正恩氏を中心とした統治体制確立などが焦点。東アジア情勢が重大な岐路に立たされる。


金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去
2011年12月19日(月)12時4分配信 ニコニコニュース

 北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記が死去したことを2011年12月19日正午、朝鮮中央テレビが発表したと各種メディアが報じた。NHKニュースによると、急病により一昨日死亡とされる。69歳だった。

◇関連サイト
・キム・ジョンイル総書記死亡 - NHKニュース(2011年12月19日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111219/j1112191206351.html

(丹羽一臣、西川真帆)


北朝鮮が特別放送予告
2011年12月19日(月)11時40分配信 共同通信

 【北京共同】北朝鮮国営の朝鮮中央テレビと朝鮮中央放送、平壌放送は19日午前10時(日本時間同)、一斉に「正午に特別放送がある」と伝えた。内容は不明。ラヂオプレス(RP)が報じた。北朝鮮では1994年7月の金日成主席の死去時などに「特別放送」が行われており、重大な内容が報道される可能性がある。RPによると、朝鮮中央テレビは19日、通常は午後5時に始まる放送を、午前9時から開始している。

« 宮城沖地震に関するニュース・693,2011年12月19日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・694,2011年12月20日 »

ニュース」カテゴリの記事

国家・元首・国事」カテゴリの記事

国防・軍事・安全保障」カテゴリの記事

破廉恥」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/566606/53520245

この記事へのトラックバック一覧です: 暗黒国家・北朝鮮の独裁者・金正日が死去:

« 宮城沖地震に関するニュース・693,2011年12月19日 | トップページ | 宮城沖地震に関するニュース・694,2011年12月20日 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31