2017年2月20日 (月)

天皇陛下、「生前退位」のご意向と報道・19

天皇陛下が、天皇の位を生前に皇太子殿下に譲る「生前退位」の意向を宮内庁関係者に伝えられていることが13日、報じられた。
報道によれば、陛下は数年内に退位されるお考えで、宮内庁は、天皇陛下ご自身が国民に向けて考えを伝えられる方向で調整を進めているとされるが、同庁の山本信一郎次長は「報道されたような事実は一切ない」とNH報道を否定している。

天皇陛下は83歳になられた。ご健康面では、平成23年に気管支肺炎のため入院し、翌24年には心臓のバイパス手術を受けられている。

伝達するニュースの数が多くなりましたので分割します。
13番目の記事はこちら
14番目の記事はこちら
15番目の記事はこちら
16番目の記事はこちら
17番目の記事はこちら
18番目の記事はこちら

リンク:天皇退位の法整備、妥協点探る考え…下村博文氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<退位>自民は柔軟姿勢 与野党協議 首相、付則案を容認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<退位>議長、典範付則案に言及 一致点探る 各党聴取 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「退位」めぐり与野党にヒアリング - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(8)日本のこころ要旨「終身制の即座の改正、慎重に対応を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(5)日本維新の会要旨「一代限りの譲位、皇室典範に根拠を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(3)公明党要旨「一代限りの『特例法』適切」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(2)民進党要旨「典範改正し、皇室会議の議決で譲位を可能に」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(1)自民党要旨「一代に限った対応望ましい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自公「退位1代限りの特例法で」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:自公維は特例法、4野党は典範改正=退位で各党会派聴取―衆参議長、週内に協議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「退位」特例法案、7割が賛成 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

天皇退位の法整備、妥協点探る考え…下村博文氏
読売新聞 2/21(火) 0:14配信

 自民党の下村博文幹事長代行、民進党の長浜博行副代表、日本維新の会の馬場幹事長が20日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、天皇陛下の退位を巡る法整備について議論した。

 下村氏は自民党と民進党で主張する法形式に違いがあることについて、「議長の下での取りまとめには協力する。自民党が出した意見もかなり含みのある内容だ」と述べ、妥協点を探る考えを示した。長浜氏も「皆さんの努力で何とかまとめたい」と応じ、馬場氏も「まとめられるかではなく、必ずまとめることが必要だ」と語った。


<退位>自民は柔軟姿勢 与野党協議 首相、付則案を容認
毎日新聞 2/20(月) 22:32配信

 天皇陛下の退位を巡る衆参正副議長のもとでの与野党協議は、一代限りの特別立法を主張する自民党と皇室典範改正を求める民進党との合意点が焦点だ。議長側と政府・与党は、典範の付則に特別立法の根拠規定を置く案で接点を探るが、民進党が応じるかはまだ見えない。

 付則案は自民党内で検討されてきた。安倍晋三首相は17日に高村正彦副総裁と会談した際に「内閣法制局は不要と言っているが、疑義があるなら(特別立法と典範をつなげる)『つなぎ』があっていい」と述べた。

 民進党は「皇位継承は典範によると定めている憲法2条との整合性から特別立法に疑義がある」と主張している。首相は、典範の付則に「つなぎ」として根拠規定を置けば民進党を説得できる可能性があるとして、付則案を採用しても良いとの考えを示した。

 首相や議長、与党側が付則案に言及するのは、民進党を協議に引き込むためだ。数の上では多数を占める与党だが、退位問題で国会審議が混乱すれば批判を受ける。「譲れるところは譲って多数派意見を形成した方がいい」(自民党幹部)のが本音だ。

 公明党の北側一雄副代表は、意見聴取で大島理森衆院議長から、付則案について問われ「検討の余地がある」と述べ、歩調を合わせた。公明党が党見解で「女性宮家の創設など、安定した天皇、皇室制度のあり方については今後の検討課題とする」と記したのも、民進党の主張に沿ったものだ。

 大島氏は会見で、「立法府の総意を探し求める。そういう作業が実質的にスタートした」と述べ、意見集約に意欲を示した。

 ただ、民進党の野田佳彦幹事長は記者団に「我々は付則で書けという論を立てているわけではない」と述べ、あくまで恒久制度化を求める姿勢を強調した。野党として存在感を示し、国民にアピールする狙いがある。各党参加による全体会議を求めたのもそのためだ。

 とはいえ「静かな議論」を目指す議長らと最後まで対立することは避けたいのも本音だ。野田氏は「今国会中に退位を巡る問題についてきちんと法整備まで持っていくことが大事だ」とも強調した。今後は世論の動向を見ながら落としどころを探る。

 恒久制度化を求める共産党も見解では典範改正を「筋」との表現にとどめた。徹底抗戦を避け早期決着を望む本音も見え隠れしている。【大久保渉、葛西大博】

 ◇退位の法整備を巡る今後の日程

3月上中旬 衆参正副議長が与野党の意見をとりまとめ

3月15日 有識者会議会合

4月    有識者会議の最終提言

4月下旬? 法案の閣議決定

4月末?  法案の国会提出

夏ごろ?  法案成立?


<退位>議長、典範付則案に言及 一致点探る 各党聴取
毎日新聞 2/20(月) 21:55配信

 衆参両院の正副議長は20日、天皇陛下の退位について与野党8党と参院2会派から聴取した。大島理森衆院議長らは、一代限りで退位を認める特別立法の根拠規定を皇室典範に置く案に言及し、与野党の一致点を探る考えを示した。

 大島氏と伊達忠一参院議長、川端達夫衆院副議長と郡司彰参院副議長が衆院議長公邸で行った。

 大島氏らは公明党からの聴取の際、北側一雄副代表に「特別立法の根拠規定を典範の付則に置くことをどう考えるか」と質問した。根拠規定を置けば先例の意味が強くなる。民進党の求める恒久制度化に配慮することで、付則案が与野党の合意点となりうることを示唆した。

 意見聴取で自民党は、一代限りの特別立法を主張。典範に根拠規定を置くことについては「憲法、典範と今回の立法措置の関係を明確にする必要がある」として、否定しなかった。

 民進党は、典範を改正すべきだと主張。女性宮家創設など皇位継承問題について議論することも要請した。全党による全体会議開催も求め、大島氏らは前向きな姿勢を示した。

 公明、日本維新の会、日本のこころの各党は一代限りの特別立法を主張。維新とこころは典範に根拠規定を置くよう求めた。共産、自由、社民の各党と参院会派の無所属クラブと沖縄の風は典範改正を主張した。【飼手勇介、加藤明子】


「退位」めぐり与野党にヒアリング
ホウドウキョク 2/20(月) 20:47配信

天皇陛下の退位をめぐり、与野党へのヒアリングが行われた。
自民党の高村副総裁は「自由民主党としては、1代限りの特例法を作ると」と述べた。
民進党の野田幹事長は「典範改正でしか対応できないのではないかなと」と述べた。
衆参両院の正副議長は、8つの党と参議院の2会派を対象にヒアリングを行い、このうち、自民党、公明党、日本維新の会、日本のこころは、今の陛下1代に限って退位を可能とする特例法による対応が望ましいと伝えた。
一方、民進党、共産党、社民党、自由党と、2つの会派は、皇室典範を改正して、恒久的制度にすべきだとの意見を伝えた。
正副議長は、今週中をめどに、今後の議論の進め方を協議するための会合を開く方針。


天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(8)日本のこころ要旨「終身制の即座の改正、慎重に対応を」
産経新聞 2/20(月) 18:53配信

408
会見する日本のこころの中山恭子代表=20日午後、東京・永田町(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)

 日本のこころ 譲位の制度は、現在も種々の懸念が解消されていない。現行の終身制を即座に改正することには慎重な対応をすべきだ。

 ただ、例外的に譲位を実現することもあってよい。皇室典範の付則に根拠規定を置き、特別措置法を制定してはいかがか。


天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(5)日本維新の会要旨「一代限りの譲位、皇室典範に根拠を」
産経新聞 2/20(月) 18:49配信

 日本維新の会 皇室典範に根拠を設け、一代限りの譲位を可能とする特例法を制定する。

 今後のあらゆる状況を予想した恒久的な譲位要件を定めることは困難で、その時々の状況を反映できる法形式が望ましい。皇室典範に根拠を置くことで憲法違反の疑いのない制度とすべきだ。

 皇室に係るその他の諸課題について議論する場が必要不可欠で、国会に特別委員会などを早急に設置する。


天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(3)公明党要旨「一代限りの『特例法』適切」
産経新聞 2/20(月) 18:43配信

 公明党 天皇陛下のお言葉を受け、多くの国民は退位をやむを得ないものと受け止めており、退位は認められるべきだ。

 すべての天皇を対象にすると皇室典範改正が必要だが、退位の要件を一般的に規定することは極めて困難。天皇陛下一代限りの「皇位継承に関する特例法」とするのが適切だ。

 ただし重要な先例となるため、天皇陛下の退位を認める事情などを法文上明らかにする必要がある。


天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(2)民進党要旨「典範改正し、皇室会議の議決で譲位を可能に」
産経新聞 2/20(月) 18:41配信

 民進党 天皇陛下のお言葉を「公務を軽減しよう」と受け止める人もいるだろうが、象徴天皇制の本質を国民に問われたと受け止めて検討を重ねてきた。皇室典範の改正によって、正面からこの問題と向き合わなければならない。

 特に4条改正は基本であり皇室会議の議決により譲位を可能とするなどの規定を設けるべきだ。皇室会議には皇族方もおられるし、国民の総意を担保できる機関ではないか。天皇の即位や退位に関わることで、憲法違反の疑いを指摘されることはあってはならない。

 法整備をめぐる議論は議事録に残る形で行うのが基本だ。国民の理解を得るためにも歴史的検証に耐えられるようにするためにも、公開の場で行うべきだ。


天皇陛下譲位 衆参議長が見解聴取(1)自民党要旨「一代に限った対応望ましい」
産経新聞 2/20(月) 18:40配信

407
会見する高村正彦・自民党副総裁=20日午前、東京・永田町(古厩正樹撮影)(写真:産経新聞)

 自民党 天皇陛下がご高齢になられ、これまでのようにご活動を行うことに困難を感じ、国民がご負担を軽減できないかと考えている現状を踏まえれば、退位(譲位)について対応する必要がある。

 退位について将来すべての天皇を対象とする場合、要件を設定することが必要だが、現時点で適切な要件の設定は極めて困難。天皇陛下一代限りとする場合でも、安定的な皇位継承や恣意(しい)的な運用といった課題があるが、その時点の状況を的確に踏まえた慎重な判断と立法手続きにより、恣意的運用は回避可能だ。

 現時点では天皇陛下一代に限った対応が望ましい。また、憲法および皇室典範と今回の立法措置の関係を明確にする必要がある。


自公「退位1代限りの特例法で」
ホウドウキョク 2/20(月) 17:54配信

与党は、1代限りの特例法による対応を求めた。
自民党の高村副総裁は、「自由民主党としては、1代限りの特例法を作ると」と述べた。
公明党の北側副代表は、「その時の国民、また、国民を代表する国会が、適切に、慎重に判断していくのがいいという考え方だ」と述べた。
自民党と公明党は20日、天皇陛下の退位をめぐる衆参両院の正副議長のヒアリングで、今の陛下1代に限って退位を可能とする、特例法による対応が望ましいと伝えた。
また、公明党へのヒアリングの中では、大島衆議院議長から、1代限りの特例法の根拠規定を皇室典範に設ける案について質問があり、公明党は、「検討の余地がある」と答えた。


自公維は特例法、4野党は典範改正=退位で各党会派聴取―衆参議長、週内に協議
時事通信 2/20(月) 16:11配信

 衆参両院の正副議長は20日、天皇陛下の退位を可能にする法整備をめぐり、与野党の代表者を個別に衆院議長公邸に招き、見解を聴取した。

 自民、公明、日本維新の会などは、今の陛下に限った特例法の制定を主張。民進、共産、自由、社民の各党などは皇室典範改正による退位の恒久制度化を求めた。来月中旬までの取りまとめに向け、衆参の正副議長は週内をめどに、今後の進め方を協議する。

 衆院の大島理森議長は聴取後の記者会見で、「各党の主張を分析しながら、立法府の総意を探し求める」と語った。退位を認める立法形式をめぐり与野党間には隔たりがあり、自民、民進両党が接点を見いだすことができるかが焦点だ。


「退位」特例法案、7割が賛成
ホウドウキョク 2/20(月) 15:40配信

547
(写真:ホウドウキョク)

今の天皇陛下に限って退位を認める特例法案について、「賛成する」と答えた人が7割近くに達した。
FNNの最新世論調査で、天皇陛下の退位について、望ましいあり方を質問したところ、「今の天皇陛下に限って退位できるようにすべきだ」と答えた人は、全体のおよそ2割なのに対し(24.2%)、「全ての天皇を対象に恒久的な制度に変えるべきだ」と答えた人は、7割近く(67.1%)に達している。
一方で、政府が検討している、今の陛下に限って退位できるようにする特例法案については、7割近く(67.5%)の人が賛成と答えるなど、将来的な課題とは分けて判断する傾向もみられる。

無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・30

「日韓請求権協定」を踏みにじる異常判決、ゆすりたかり、大統領とか称する朴槿恵(パククネ)というキチガイ女による執拗な対日非難・罵倒、日本国内に紛れ込んだ韓国人による凶悪犯罪の多発等、異様な偏執狂国家・韓国による常軌を逸した「反日」敵対言動はますますエスカレートし、すでに国家の崩壊・滅亡にいたる事態までもが現実味を帯びて来た。

卑しく愚劣な韓国が崩壊しようが滅亡しようが、それは愚劣な韓国人が自ら招来する自業自得であり、本ブログとして関知したことではないが、この愚劣で凶悪な国家が我が国に及ぼす数々の害悪については決して許容出来ない。

今日もまた繰り広げられる、この精神異常国家による数々の「反日」行為に対しては、もはやその個々の事例についていちいちコメントするのもいささかめんどうになって来た。“馬鹿がいかに馬鹿であるかを証明する”などというくだらないことのために、貴重な時間と労力を浪費したくない。そこで、それらに関するニュースが報じられるたびにそれを拾い集めて収録し、新たなニュースを収録するごとに掲載時刻を更新することにしよう。

それにしても、この世界でも有数のレイプ大国・売春婦輸出大国として女性の性と尊厳を残酷に踏みにじる「本場」である卑しくおぞましい悪徳国家・韓国の、例えば多数のベトナム人女性に対して行なったおぞましい蛮行の数々のように,自国の恥ずべき歴史を直視せずしたがって反省もせず、自らの凶悪な行為には都合よく口を拭って、他者を執拗かつ凶暴に非難する異常さ・邪悪さ凶悪さは、まさしく精神異常者のそれというほかはない。

一方、例えばアメリカ国内でも、この凶悪な韓国人どもに媚びを売って自己の選挙活動を有利にしようと言う日系アメリカ人政治家、マイケル・ホンダ(民主党)下院議員のように、韓国人同様に精神の歪んだ卑しいクズのような人間もいる。

無知で卑劣・愚劣な精神異常の韓国人に未来はない。さっさと滅亡するがいい。一刻も早く滅亡してくださいな。
愚劣な恥知らずの韓国人(朝鮮人)の未来に災いあれ! くたばれ韓国!

この前の記事
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・2
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・3
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・4
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・5
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・6
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・7
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・8
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・9
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・10
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・11
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・12
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・13
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・15
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・16
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・18
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・19
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・20
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・21
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・22
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・24
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・25
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・26
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・27
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・28
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・29

これまでの本ブログでの、キチガイ韓国に関連する記事

靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 16.2.11
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・3 15.12.15
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・2 15.12.10
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕 15.12.9
靖国神社爆破 韓国人テロリストが韓国に逃亡 15.12.3
靖国神社トイレで爆発音、電池やパイプ散乱 警視庁がテロ容疑で捜査 15.11.23
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態・2 15.3.6
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態 15.3.5
「竹島の日」式典開催に、不法占拠の韓国が狂気の非難 15.2.22
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 14.6.25
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・2 14.6.20
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 14.6.20
「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 14.5.1
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言・2 14.2.28
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言 14.2.20
老いぼれ売国奴・村山富市、安倍首相を「売国奴」呼ばわり 14.1.30
特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱 14.1.30
日本維新の会、「河野談話」撤廃と河野洋平・朝日新聞社長の証人喚問要求の署名を展開 14.1.29
安倍首相は「竹島の日」式典に出席を 14.1.12
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」が日韓の合作と暴く 14.1.1
韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 13.12.29
日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 13.12.28
伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 13.11.18
いわゆる「慰安婦」問題で、国賊・河野洋平に公開質問状 13.11.6
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の基礎調査のずさんさを暴く 13.10.16
「反日」が生き甲斐のバカ国家・韓国、今度は「旭日旗禁止法」だとよ 13.9.26
韓国の破廉恥漢、靖国神社に放火の目的で侵入 13.9.23
「慰安婦の真実」国民運動、「河野談話」の撤廃を求める署名を国に提出、河野洋平個人の提訴も 13.9.16
『夕刊フジ』がキチガイ国家・韓国を厳しく批判 13.9.13
韓国人潘基文、詭弁を弄して日本非難の言い逃れ 13.8.29
韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難 13.8.26
ヤクザのタカリ国家韓国の「裁判」に名を借りた恐喝に屈するな 13.8.18
我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども 13.8.15
閣僚の靖国参拝に、公明党と韓国が殉国の英霊と日本人を卑しめる難癖 13.4.21
精神障害国家・韓国最大手紙『朝鮮日報』社説で「日本人には『加虐本能』が遺伝子の中に流れている」侮辱的暴論 12.9.26
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(3) 12.9.16
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(2) 12.8.23
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート 12.8.21
竹島の不法占拠、国際司法裁判所に提訴へ 12.8.16
劣等野蛮国家・韓国のキチガイ頭目・李明博、天皇陛下を罵倒 12.8.14
侵略国家韓国の頭目・李明博、不法占拠を続ける竹島に強行上陸 12.8.10


リンク:慰安婦像、韓国対応を注視=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦像の撤去 あらためて要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦像 岸田外相、撤去を要求 韓国外相「設置、適切でない」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

慰安婦像、韓国対応を注視=菅官房長官
時事通信 2/20(月) 12:02配信

 菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、韓国の尹炳世外相が慰安婦を象徴する少女像の撤去に最大限努力するとの姿勢を示したことに関し、「韓国側の対応を注視したい。粘り強くあらゆる機会を捉えて、日韓合意の着実な実施を強く求めていきたい」と述べた。

 日本政府が対抗措置として一時帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任については「未定だ。諸般の状況を総合的に考えていきたい」と従来の説明を繰り返した。


慰安婦像の撤去 あらためて要求
ホウドウキョク 2/18(土) 9:21配信

岸田外相は17日、訪問先のドイツで、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談し、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像の撤去をあらためて求めた。
この中で岸田外相は、釜山総領事館前に設置された慰安婦像について、「極めて遺憾だ」と述べ、像の撤去をあらためて強く求めた。
これに対し、尹外相は「外交儀礼上、適切ではない」と応じ、撤去に向けて、最大限の努力を行う考えを示した。
岸田外相は、撤去につながる道筋が示されないかぎり、長嶺韓国大使を帰任させない意向を表明した。
岸田外相は「韓国側として、可能なかぎり努力しているとして、今とっている措置について説明があった。いずれにせよ、結果が大事だと思っています」と述べた。
さらに岸田外相は、中国の王毅外相とも会談し、東シナ海の情勢などについて、意見を交わした。
双方が、沖縄の尖閣諸島の領有権を主張したものとみられる。
このほか、日ロ外相会談も開かれ、両外相は日本とロシアの外交・防衛問題を話し合う閣僚級協議を、3月20日に東京で開催することで一致した。


慰安婦像 岸田外相、撤去を要求 韓国外相「設置、適切でない」
産経新聞 2/18(土) 7:55配信

 【ボン=宮下日出男】岸田文雄外相は17日、ドイツ西部ボンで韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と会談し、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦像について「極めて遺憾だ」と述べ、撤去を強く求めた。尹氏は慰安婦像設置は不適切だとした上で、「可能な限り、最大限の努力を引き続き行っていく」と説明した。

 両外相は20カ国・地域(G20)外相会合出席のため訪独した。両外相が会談するのは昨年9月以来で、昨年末に釜山の慰安婦像が設置されて以来初めて。

 日本側は像設置が大使館や総領事館の威厳の侵害を禁止したウィーン条約に抵触するとしている。尹氏はこの日の会談で「外国公館前に造形物などを設置するのは国際的なプロトコル(外交儀礼)にかんがみ適切ではない」と表明した。韓国がソウルの日本大使館前の像撤去に向けた努力を約束した一昨年の日韓合意に関しても「着実に実施していく」と述べた。

 ただ、尹氏はこれまでもウィーン条約や日韓合意を順守する意向を示している。日本側は像撤去に向けた韓国政府の具体的な動きがない限り、長嶺安政駐韓大使の一時帰国など一連の対抗措置を解除しない方針。岸田氏は会談後、記者団に「結果が大事だ。韓国の対応を注視していく」と語った。

 韓国の聯合ニュースによると、韓国側は「両国関係が困難な時ほど外交当局間の意思疎通が重要で、日本大使の早期の帰任が必要だ」と長嶺氏らの早期帰任を要請したという。

 岸田氏はまた、竹島(島根県隠岐の島町)での慰安婦像設置計画や、2018年平昌五輪組織委員会の公式ホームページ(HP)の地図で竹島が韓国名の「Dokdo」(独島)と記載されている問題も取り上げ、「受け入れられない」と抗議した。

2017年2月19日 (日)

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2198

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:<熊本地震>阿蘇で地層が1.5メートル横ずれ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島・県民健康調査>甲状腺がん確定、10月~12月なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:浜岡1号機で水漏れ=環境影響なし―中部電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:甲状腺がん44人で変わらず=事故時18歳以下検査2巡目―福島県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:高レベル廃液固化、再び停止=クレーン不具合か―東海再処理施設 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:数十秒で死亡…福島第1原発、毎時500シーベルト超えの衝撃 東電が火消しに躍起の「放射線量上昇」誤報 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<被災者支援団体>医療費免除打ち切りで仙台市長に質問状 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:方針策定、難航確実=2号機、追加調査も―溶融燃料取り出し・福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本大震災6年 福島産のモモ輸出、原発事故前上回る 地道な発信結実 県産品の信頼回復に… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:千葉・茨城で震度4、都内でも震度3…M5・4 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:茨城と千葉で震度4 津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<地震>千葉と茨城で震度4 津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:茨城、千葉で震度4 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

<熊本地震>阿蘇で地層が1.5メートル横ずれ
毎日新聞 2/20(月) 21:59配信

158
熊本地震の揺れで地層が水平に移動したことで生じた亀裂=熊本県阿蘇市で2016年5月8日、辻准教授提供

 ◇九大などの研究チーム発表

 熊本地震の後、熊本県阿蘇市の内牧(うちのまき)温泉で一時的に湯が出なくなったのは、地下約50メートルから上の地表部分の地層が水平方向に約1.5メートル移動したことが原因だったと、九州大などの研究チームが20日、英科学誌「サイエンティフィック・リポーツ」(電子版)に発表した。移動した地層は表面積で数平方キロに及んだ。傾斜地でもない場所で大規模に地層がずれる現象が確認されたのは初めてという。

 九大カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所の辻健准教授(地球物理学)を中心とした研究チームは熊本地震後、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星データを解析し、地震の揺れによる地表変動を調べた。その結果、内牧温泉周辺の地表が、北西の阿蘇外輪山方向に移動していたことが分かった。

 移動方向の北西側の端では、水田脇のコンクリートブロックが持ち上がるなど地層が圧縮された形跡が見られ、逆に南東側の端には最大で幅1メートル以上の大きな亀裂が多数できていた。研究チームはこの亀裂について、熊本地震を引き起こした布田川(ふたがわ)断層の横ずれではなく、地層が移動して引っ張られたことによるものと結論付けた。北西側の端から南東側の端まで約2キロあり、全体で数平方キロが移動したことになる。

 研究チームがさらに、温泉の井戸内部を小型カメラで調査したところ、五つの井戸の深さ約50メートル付近で、湯をくみ上げる管が破損したり、曲がったりしていた。

 内牧温泉付近では、地下約50メートルに温泉脈から上がってきた湯がたまる「温泉貯留層」があり、その上は水を通しにくい泥の層になる。温泉貯留層は小石などで構成されているため、地震の揺れで石の隙間(すきま)が狭まって水圧が高まったことにより液状化を起こし、この層が「滑り面」となって上の地層が移動した可能性が高いと見ている。

 調査では、地表部分の地層は移動したものの、地下50メートルより下にある温泉脈に変化はなく、掘削し直せば湯が出ることも分かった。

 辻准教授は、この現象が水分を多く含む温泉地特有の可能性が高いとした上で「浅い場所で動けば、建物の基礎にダメージを与える可能性もあるので、どこでこういう現象が起きるのかを調べることが重要だ」と話した。今後、温泉貯留層を構成する石を採掘するなどし、滑り面の特徴を調べる方針だ。

 阿蘇温泉観光旅館協同組合によると、内牧温泉の15軒で昨年4月16日の本震後に湯が出なくなったり、出にくくなったりするなどしたが、現在はほぼ復旧した。組合の松永辰博事務局長(53)は「メカニズムが分かれば、お客さんにも説明しやすいし、防災対策にもつながる」と語った。【山下俊輔】


<福島・県民健康調査>甲状腺がん確定、10月~12月なし
毎日新聞 2/20(月) 20:55配信

 東京電力福島第1原発事故の影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会は20日、2014年4月から実施中の2巡目の甲状腺検査で、昨年10月から12月末までに新たにがんと診断された人はいなかったことを明らかにした。

 2巡目でがんと確定しているのは44人、1巡目を含めると計145人。検討会では、近くまとまる2巡目の結果を専門家が分析する「甲状腺検査評価部会」を早ければ5月にも開くことを確認。甲状腺がんについて科学的な知見を集める第三者的組織の設置に向けて、県が協議を始めたことも明らかにした。

 甲状腺検査は事故時に18歳以下だった約37万人を対象に1巡目を開始。16年からは3巡目の検査が始まっている。【曽根田和久】


浜岡1号機で水漏れ=環境影響なし―中部電
時事通信 2/20(月) 19:02配信

 中部電力は20日、廃炉作業中の浜岡原発1号機(静岡県御前崎市)の施設で水漏れがあったと発表した。

 推定放射線量は最大で約1万9000ベクレル(国への報告基準の約200分の1)で、環境への影響はないという。

 中部電によると、19日午後4時50分ごろ、復水ろ過脱塩装置建屋の地下2階で警報が点灯。社員が確認したところ、付属設備のポンプの水が圧力調整弁の排気孔から漏れ、6リットルと139リットルの水たまりがあった。他にも最大で約2600リットル漏れた可能性があるという。施設外への漏えいはない。


甲状腺がん44人で変わらず=事故時18歳以下検査2巡目―福島県
時事通信 2/20(月) 16:27配信

 福島県は20日、東京電力福島第1原発事故の影響を検討する有識者会議で、事故当時18歳以下(胎児を含む)だった県民を対象にした2巡目の甲状腺がん検査の結果を報告した。

 がんと診断されたのは昨年12月末時点で44人と、同9月末の数字と変わらなかった。

 一方、「悪性または悪性の疑い」と診断されたのは、同9月末から1人増えて69人となった。

 2巡目検査は38万1282人を対象に2014~15年度に実施し、70.9%の27万489人が受診した。受診者のほぼ全員の結果が判明したため、県は原発事故に伴う放射線の影響を調べる評価部会の議論を5月にも開始する方針だ。


高レベル廃液固化、再び停止=クレーン不具合か―東海再処理施設
時事通信 2/20(月) 16:24配信

 日本原子力研究開発機構は20日、原子力規制委員会の専門会合で、東海再処理施設(茨城県東海村)で1月末から再開していた高レベル放射性廃液とガラスを混ぜる固化作業が設備の不具合で中断したと明らかにした。

 固化作業は昨年4月にも設備のトラブルで停止していた。

 高レベル放射性廃液は原発から出た使用済み核燃料の再処理によって発生。極めて高い放射線量を出す危険な物質で、液体状態では漏出や拡散の危険性が大きいため、規制委は固化作業を早期に進めるよう求めていた。

 原子力機構は、2月14日に廃液とガラスを混ぜた固化体の搬送に使うクレーンを動かしている最中に電流値が急上昇したと説明。異音も確認されたため、クレーンの部品の一部が作動不良を起こしたとみて、16日に作業を停止した。

 部品を交換する必要が生じた場合、数週間かかる可能性があり、5月中旬までを目指していた50体のガラス固化体の作製は難しくなる。

 専門会合で、規制委事務局の原子力規制庁からは「あまりにもトラブルが多すぎ」「かなりいいかげんなんじゃないか」などと批判が相次いだ。原子力機構の田口康副理事長は「われわれとしては最善を尽くしたつもり。いいかげんとは思っていない」と述べた。


数十秒で死亡…福島第1原発、毎時500シーベルト超えの衝撃 東電が火消しに躍起の「放射線量上昇」誤報
産経新聞 2/20(月) 10:00配信

157
報道公開された東京電力福島第1原発2号機=13日、福島県大熊町(桐山弘太撮影)(写真:産経新聞)

 東京電力福島第1原発(略称1F=いちエフ)2号機で16日まで行われた格納容器内調査では、毎時500シーベルトを超える高い放射線量が推計される場所が相次いで見つかった。人が近づけば数十秒で死亡するという極めて高い値で、ニュースは海外にも配信されたが、一部メディアが誤った形で伝えるなど、衝撃的な数値が独り歩きし始めており、東電などは火消しに追われている。

 「改めて申し上げますが、もともと燃料が持っている線量は数万シーベルトある。いまはそれを閉じ込めている状況で、530シーベルトや650シーベルトというのは、格納容器の中で確認したもの。新たに発生したわけではなく、外部に影響があるわけでもない」

 東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は9日の定例会見でこう訴えた。誤解に基づく情報が拡散しているためで、その後の会見でも東電は同様の説明を繰り返している。

 きっかけは東電が2日と9日に発表した放射線量だ。格納容器内調査で撮影した画像のノイズを東電が解析したところ、毎時530シーベルトと毎時650シーベルトが推計されたのだ。これまで福島第1原発で確認されている最大値が毎時73シーベルトだったことを考えると、桁違いの値で、記者会見でも驚きの声が上がった。

 これまでも個人が過剰反応してネット上に憶測や誤った情報を書き込むケースは見受けられたが、東電が今回、特に困惑しているのはメディアが誤った情報を流している点だ。個人の書き込みレベルではなく、メディアが流しているため、こうした情報が“真実”と誤解され、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを通じて次々と拡散しているのだという。

 東電によると、すでに削除されたものもあるが、例えば米国のニュースサイト「ギズモード」は、「事故のあった福島原発で放射線量が上昇」といった見出しの記事を掲載している。

 明らかな事実誤認の記事で、高い放射線量は格納容器の中を調査した結果、初めて推計された値だ。決して上昇しているわけではない。福島第1原発では90カ所以上で放射線量を測定しているが、上昇した形跡はないという。

 こうした状況に、米原子力学会も「多くのメディアが発電所の放射線量が上昇したと伝えているが、明らかな間違いだ」とする意見をホームページに掲載している。

 国内メディアでも中国情報サイト「レコードチャイナ」が「福島原発内で高い放射線量、中国外交部が日本への渡航に注意喚起」との記事を掲載した。

 記事では6日に行われた中国外交部の定例記者会見の中で、「日本への渡航に注意するよう呼びかけた」としているが、日本の外務省に確認すると、「新たに注意を呼びかけてはいない」という。

 外務省の担当者によると、定例会見では確かに「中国国民に適切な旅行計画を立てるよう提案する」と述べているが、福島県内に避難指示地域が残っていることから従来の発言を繰り返したもので、今回の高い放射線量が見つかったことを受けたものではないのだという。

 東電は16日の会見でも、元米国原子力規制委員会上級幹部のチャールズ・カスト博士の「新たなトラブルや周囲への放射線影響は発生していない」などとするコメントを公表した。東電の担当者は「説明不足で誤解を招いているとすれば申し訳ない。こうした情報は風評被害にもつながりかねないため、繰り返し説明し、誤解を正していきたい」としている。


<被災者支援団体>医療費免除打ち切りで仙台市長に質問状 
毎日新聞 2/20(月) 9:11配信

 仙台市が昨年3月末で打ち切った東日本大震災被災者向けの医療費負担の一部免除制度を巡り、同市内の被災者支援団体などがこのほど、奥山恵美子市長に免除を再開できない理由などを問う公開質問状を提出した。

 免除制度は、国民健康保険(国保)加入者のうち、住民税が非課税で震災で自宅が大規模半壊以上になったか、家族の主な稼ぎ手が死亡か行方不明になった世帯が対象。医療費窓口負担の8割を国が支出し、市町村負担の2割は国の追加財政支援で補ってきた。同市は16年度から国の追加支援廃止で年2億4000万円の負担が生じるとして、制度の打ち切りを決定。一方、16年度も免除を継続している県内9市町のうち、石巻市や気仙沼市は17年度も継続する方針を表明している。

 質問状では、震災後に医療費が増加した自治体への国からの交付金として、市は16年度も約26億円を受け取る予定だとして、使途を明らかにするよう要望。市の国保財政は毎年10億円超の黒字が出ており、「医療費免除を継続することで、財政悪化を招くとは到底思えない」と指摘している。市民団体「東日本大震災復旧・復興支援みやぎ県民センター」の綱島不二雄代表世話人は「被災者は医療費が払えず受診をやめてしまうほどギリギリの状態だ。十分な財源があるのに免除できない理由を明確に答えてほしい」と訴えた。

 市保険年金課は「交付金は国保財政全体の健全化が目的だという点も含めて回答したい」としている。回答期限は今月20日。【鈴木一也】


方針策定、難航確実=2号機、追加調査も―溶融燃料取り出し・福島第1
時事通信 2/20(月) 7:07配信

 東京電力はロボットによる福島第1原発2号機の内部調査で、目標としていた圧力容器下の作業用足場に到達できなかった。

 原子炉の中心にある圧力容器の損傷と、そこから溶け落ちた核燃料(デブリ)の状況は確認できず、今夏に予定するデブリ取り出し方針の策定作業は難航が確実になった。

 30~40年かかるとされる廃炉作業で、デブリの取り出しは最大の課題。東電は大まかな方針を策定した後、詳細な方法を決める前に追加調査を行うことも視野に入れる。

 当初の計画では、サソリ型の調査ロボットが格納容器の貫通部分から内部に入り、長さ7.2メートルのレールを走行して圧力容器下の足場に到達、格子状の足場を通して格納容器底部に落ちたとみられるデブリを撮影するはずだった。

 しかし1月下旬の調査でレールなどに堆積物が確認され、足場には大きな穴が複数見つかった。16日に調査ロボを投入したが、堆積物が足回りに挟まって2~3メートルしか進めず、足場の入り口から底部をのぞき込むこともできなかった。

 一方で成果もあった。上下に向けられるカメラでレール周辺の撮影に成功。映像には放射線の影響でちらつきがあるが、鮮明化すれば内部の様子が明らかになる可能性がある。

 東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は16日の記者会見で「(デブリ取り出しの)方向性を決め、必要であればさらに調査も可能」と言及。より走破性能の高いロボットの投入や、曲がる棒の先にカメラを付けて圧力容器の下に潜り込ませる方法などが考えられるが、いずれも開発に時間がかかる。

 レール上で毎時210シーベルトを記録した強い放射線への対策も必要になる。調査ロボより先に投入され、進路を確保するはずだった掃除ロボは放射線の影響でカメラが故障、作業中断に追い込まれた。

 東電は調査ロボが撮影した映像や温度、放射線量のデータを分析し、追加調査の可能性を探る。


東日本大震災6年 福島産のモモ輸出、原発事故前上回る 地道な発信結実 県産品の信頼回復に…
産経新聞 2/19(日) 18:47配信

156
モモの木の枝を剪定する金子清高さん。「これからも品質の良いものをつくっていきたい」と力を込めた=2月13日、福島市(写真:産経新聞)

 福島県を代表する農産物の一つ、桃の昨年の輸出量が、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故前の水準を上回ったことが、県などの調べで分かった。震災からまもなく6年。県内産の農林水産物への風評が根強く残る中、海外で桃の品質が認められたことで、県産品の信頼回復に一筋の光が差した。

 ■事故後、輸出ゼロに

 福島県産の桃は原発事故後、一度は輸出量がゼロになったが、平成24年のタイ向けを皮切りに、28年までにマレーシアやインドネシア、シンガポールなど東南アジア各国に輸出。総量は震災前(22年)の23・9トンを大きく上回り、28年は30・6トンまで伸びた。この間、関係者は原発事故で失った信頼を取り戻そうと、安全性と品質の良さを丁寧に粘り強く発信。地道な取り組みが実を結び、飛躍的な回復につながった。

 県などは輸出量の拡大に向け、内堀雅雄知事によるトップセールスのほか、現地小売店の店頭で試食販売なども展開。放射性物質の濃度検査の様子を紹介するパネルなどを用意し、安全性をアピールした。

 また、交通費や宿泊費を県が負担し、各国の輸入業者や小売店の青果担当者らを福島に招待。実際に検査の様子を見せて安全性を確認してもらったり、試食してもらったりして、売買契約につなげた。

 さらに、鮮度を長く保つため、輸送方法も工夫。日数を要する船舶輸送でも、新鮮さを維持できる特殊なコンテナを採用した。航空便よりも輸送コストが下がり、これまで1個数千円していた桃の価格が値下がり。消費者に手にとってもらいやすくなった。

 県の担当者は「福島の桃の魅力が理解された。安全性と品質をさらにPRして販路を広げたい」(県産品振興戦略課)としている。

 ■「これを自信に…」

 「福島の桃の品質が世界で認められたことは、素直にうれしい。これを自信にして頑張りたい」

 福島市飯坂町で桃などの果樹を栽培する農家、金子清高さん(44)はほっとしたような笑みを浮かべた。果樹農家の2代目で、21歳のときに家業の後継ぎとなった。現在は両親と妻の4人で、桃のほか、サクランボやリンゴ、柿を生産・出荷している。

 原発事故で福島の農業を取り巻く環境は一変した。県産の桃を代表するブランド「あかつき」の価格が、震災前の5キロ2千円から7分の1近い300円まで下落したこともあった。

 原発事故後は、桃の木の表面に付着した放射性物質を1本当たり10分ほどかけて丁寧に洗い流した。一時は仕事のやりがいを失い、「まるで夢の中にいるような感じでした」という。

 だが、復活を信じて上を向こうと、すぐに気持ちを切り替えた。「これ以上ひどくなることはない。後は上がるだけだ」。地道な努力が実り、事故の翌年からは放射性物質がほとんど検出されなくなった。

 それでも、安全性には特に気を使った。放射性物質が果物に付かないようにするため、収穫の際、カゴの下にビニールシートを敷いた。木の根元に放射性物質に有効とされる肥料をまいたこともある。

 放射性物質の濃度検査は今も続けられている。「消費者に安全だと思ってもらえるのなら、続けた方がいい」。手間はかかるが、仕方がないと受け入れる。大手百貨店から「福島産がほしい」と声を掛けてもらえるようになった。

 だが、震災前からの輸出先だった香港と台湾は現在も県産の桃の輸入規制を続けており、風評の払拭(ふっしょく)には時間がかかると感じる。

 「農家は愛情を込めて、質の良いものを作るのが仕事。そうすれば少しずつでも受け入れてもらえるし、信頼回復にもつながる。自分のできることをしっかりやるだけです」

 今は枝の剪定(せんてい)作業の真っ最中。「今年もおいしい桃ができますように…」。ハサミを握る手に力がこもった。(福島支局 野田佑介、写真も)


千葉・茨城で震度4、都内でも震度3…M5・4
読売新聞 2/19(日) 18:34配信

 19日午後6時19分頃、千葉県東方沖を震源とする地震があり、茨城県潮来市や千葉県成田市などで震度4、東京都墨田区、埼玉県春日部市などで震度3を観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5・4と推定される。


茨城と千葉で震度4 津波の心配なし
産経新聞 2/19(日) 18:32配信

 19日午後6時19分ごろ、茨城県などで震度4の地震があった。震源地は千葉県東方沖(北緯35・7度、東経140・8度)で、震源の深さは約60キロ、地震の規模(マグニチュード、M)は5・4と推定される。この地震による津波の心配はない。

 震度3以上の地域は以下の通り。

 震度4=茨城県潮来市、神栖市、千葉県東金市、旭市、多古町、九十九里町、芝山町、匝瑳市、香取市、横芝光町、山武市、成田市

 震度3=茨城県笠間市、ひたちなか市、小美玉市、土浦市、石岡市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、鹿嶋市、美浦村、阿見町、河内町、守谷市、利根町、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市

 栃木県高根沢町

 埼玉県春日部市、宮代町

 千葉県銚子市、神崎町、東庄町、一宮町、白子町、長南町、大網白里市、千葉市中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、美浜区、船橋市、野田市、佐倉市、柏市、市原市、八千代市、四街道市、八街市、印西市、酒々井町、白井市、栄町、富里市

 東京都墨田区、荒川区


<地震>千葉と茨城で震度4 津波の心配なし
毎日新聞 2/19(日) 18:26配信

 19日午後6時19分ごろ、千葉県東方沖を震源とする地震があり、同県北部や茨城県南部で震度4を観測した。気象庁によると、震源の深さは約60キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.4と推定される。この地震による津波の心配はない。

 各地の主な震度は次の通り。

 震度4 茨城県潮来市、神栖市、千葉県東金市、旭市、匝瑳市、香取市、山武市、成田市、多古町、九十九里町、芝山町、横芝光町、

 震度3 茨城県笠間市、ひたちなか市、小美玉市、土浦市、石岡市、龍ケ崎市、下妻市、取手市、牛久市、つくば市、鹿嶋市、守谷市、稲敷市、筑西市、かすみがうら市、神栖市、行方市、桜川市、鉾田市、常総市、つくばみらい市、美浦村、阿見町、河内町、利根町、千葉県銚子市、大網白里市、千葉市、船橋市、野田市、佐倉市、柏市、市原市、八千代市、四街道市、八街市、印西市、酒々井町、白井市、富里市、神崎町、東庄町、一宮町、白子町、長南町、栃木県高根沢町、埼玉県春日部市、宮代町、東京都墨田区、荒川区


茨城、千葉で震度4
時事通信 2/19(日) 18:26配信

 19日午後6時19分ごろ、千葉県東方沖を震源とする地震があり、茨城県と千葉県で震度4の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約60キロ。地震の規模(マグニチュード)は5.4と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度4=茨城県潮来市、神栖市、千葉県東金市、成田市
 震度3=茨城県土浦市、千葉市中央区、栃木県高根沢町、埼玉県春日部市、東京都墨田区
 震度2=福島県白河市、前橋市、横浜市鶴見区、新潟県南魚沼市、山梨県忍野村、長野県南牧村、静岡県東伊豆町。

糸魚川市で大規模火災、150棟延焼 744人に避難勧告・6

12月22日午前10時30分頃、新潟県糸魚川市大町の中華料理店から出火した。

火は火は強い南風にあおられて燃え広がり、少なくとも約150棟に延焼し、計約4万平方メートルを焼失した。同市消防本部によると、住民や消防団員ら5人が煙を吸うなどして軽傷を負った。市は現場周辺の363世帯・744人に避難勧告を出し、避難所を開設、23日午前7時半現在、なお住民48人が避難している。県は自衛隊に災害派遣を要請し、近隣県などの消防も応援に入った。しかし、火の勢いは夜まで続き、出火から10時間以上たった22日午後8時50分になってやっとほぼ鎮火した。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事

リンク:8月に復興計画策定=近く検討委設置へ―糸魚川大火・新潟 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

8月に復興計画策定=近く検討委設置へ―糸魚川大火・新潟
時事通信 2/19(日) 15:29配信

 昨年12月に計147棟を焼く大規模火災があった新潟県糸魚川市で、市は19日、住民説明会を開き、8月をめどに復興計画をまとめる方針を示した。

 有識者に住民代表らを交えた検討委員会を今月末にも設置して議論を始める。

 説明会には139人が出席。米田徹市長は冒頭、「災害に強く、今までよりにぎわいのある街づくり計画を策定したい」とあいさつした。市は今後、主に住宅地だった地域や飲食店が多かった地域など、被災地を特性に応じて3エリアに分け、住民との意見交換会を開く。

 説明会で市は、被災者の60%が同一地区で再建を望んでいるとする調査結果や、家屋の密集状態を解消するため、原則として幅6メートルの道路を整備する方針などを提示。被災区域内で、新築や改築を当面、見合わせるよう要請もした。

北朝鮮、今度は弾道ミサイル発射・26

去る1月6日に核実験を行なった残虐な中世の亡霊・暗黒独裁国家・北朝鮮が、今度は長距離弾道ミサイル発射実験の準備を進めていたが、ついに7日9時31分に発射した。

政府は7日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、首相官邸で国家安全保障会議(NSC)を開き、国民の安全確保に万全を期すとともに、米韓などと緊密に連携し、北朝鮮に厳しく対応していく方針を確認した。
NSCで首相は、「米国や韓国など関係国と連携し、必要な対応を適時適切に行う」よう求めた。また、首相は関係省庁に対し、(1)落下物などによる被害がないかの確認(2)情報収集・分析の徹底(3)関係国との連携―を指示した。

安倍晋三首相は7日午前、首相官邸で記者団に対し、北朝鮮が長距離弾道ミサイルを発射したことについて「断じて容認できない。明白な国連安全保障理事会決議違反だ。国際社会と連携し、毅然として対応する。国民の安全と安心を確保することに万全を期する考えだ」と述べた。

20番目の記事
21番目の記事
22番目の記事
23番目の記事
24番目の記事
25番目の記事

リンク:中国、北朝鮮からの石炭輸入を年内停止 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:萩生田氏、「北」への圧力の必要性を共有 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国の対北石炭輸入禁止「緊張感のレベル上がった」 萩生田光一官房副長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:輸入停止の中国を評価=萩生田氏 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

中国、北朝鮮からの石炭輸入を年内停止
ホウドウキョク 2/19(日) 21:06配信

北朝鮮にとって、大きな痛手となる。
中国政府は18日、北朝鮮からの石炭の輸入を、19日から2017年いっぱい、停止すると発表した。
北朝鮮からの石炭輸入をめぐっては、2016年9月の核実験実施を受けて、国連の安全保障理事会が輸入量を制限する制裁決議を採択している。
中国政府は、今回の措置はこの決議を受けた対応だとしていて、2016年の段階でも、2016年末までの輸入停止を発表していた。
石炭は北朝鮮の収入源となっているため、主要な輸出先である中国が本格的に輸入制限に乗り出すと、大きな痛手となる。


萩生田氏、「北」への圧力の必要性を共有
ホウドウキョク 2/19(日) 15:59配信

北朝鮮に対する圧力の必要性を共有できたと強調した。
萩生田官房副長官は「融和策をとっていた(オバマ政権の)8年間に比べればですね、やはり圧力は必要だという認識は(日米で)共有できたのではないかと思います」と述べた。
萩生田官房副長官は19日、フジテレビの「新報道2001」に出演し、北朝鮮に対するアメリカ・トランプ政権の対応について、「あらゆる選択肢を否定しない姿勢で臨むのではないか」と指摘したうえで、先の日米首脳会談でも、北朝鮮への圧力を強化する必要性を共有できたとの認識を示した。
一方で、萩生田氏は「対話の窓口を残しながら、きちんとしたメッセージを送り続けていく」とも述べ、対話も引き続き行っていきたいという考えを強調した。


中国の対北石炭輸入禁止「緊張感のレベル上がった」 萩生田光一官房副長官
産経新聞 2/19(日) 14:12配信

 萩生田光一官房副長官らが19日、フジテレビ系「新報道2001」に出演し、先の日米首脳会談や北朝鮮情勢に関し議論した。

 --トランプ米大統領の北朝鮮政策をどう感じるか

 「どちらかというと融和策だったオバマ政権の8年間に比べれば、圧力は必要だという認識は(日本と)共有できたのではないか」

 --北朝鮮の新型弾道ミサイル発射は、トランプ氏に過剰反応した結果では

 「韓国に北朝鮮におおらかな大統領が誕生するかもしれないという事情の中で、あえてこういう行動を取ることは必ずしも北にとって得策ではない。しかし我慢できなかった。何らかのアピールを国内外にしたかったのではないか」

 --日本はどういう対応をすればいいか

 「中国が北朝鮮からの石炭輸入禁止を明言した。一連の動きをみての判断だ。中国と北朝鮮の緊張感も一つレベルが上がった。また、北朝鮮のミサイル開発は大陸間弾道ミサイル(ICBM)も含めかなりレベルが上がり、開発の最終局面にきている。すごくかじ取りが難しくなっている」

 「北朝鮮には『対話と圧力』で臨んできたが、『圧力』を増して、『愚かな行為は国際社会からの孤立を招く』と知らしめなければならない。そういう意味で中国の決断は歓迎すべきことだ。対話の窓口を残しながら、北朝鮮にメッセージを送り続けていく」


輸入停止の中国を評価=萩生田氏
時事通信 2/19(日) 12:20配信

 萩生田光一官房副長官は19日午前のフジテレビの番組で、中国が北朝鮮からの石炭輸入を年末まで停止すると発表したことに関し、「本当はとっくにやるべきことだったが、一連の動きを見ての判断だと思う。中国の決断は歓迎すべきことだ」と評価した。

 北朝鮮のミサイル開発については「大陸間弾道ミサイル(ICBM)を含めてかなりレベルが上がり、開発の最終局面に来ているのは否めない現実だ」と語った。

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・8

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事
7番目の記事

リンク:逮捕の男、マレーシア発行の労働者身分証を所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:偵察総局拠点のマレーシア…逮捕の男、工作員か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、北の石炭輸入停止 制裁履行をアピール - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 北朝鮮籍の男逮捕 3カ月前から実行犯勧誘か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

逮捕の男、マレーシア発行の労働者身分証を所持
読売新聞 2/19(日) 10:11配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、殺害に関与した疑いで北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)を逮捕したと発表した。

 北朝鮮国籍の逮捕者は初めてで、韓国政府は北朝鮮軍の対外工作機関・偵察総局による犯行との見方を強めている。マレーシア警察は19日午後、事件後初の記者会見を開く予定。死因、毒物の特定、遺体引き渡しの方針に言及するかどうか注目される。

 発表などによるとリ容疑者は17日午後9時50分頃、クアラルンプール郊外の自宅とみられるマンションで、警察当局に身柄を拘束された。リ容疑者はマレーシア政府が移民労働者に対して発行する身分証を所持していた。ただ、韓国の聯合ニュースは18日「労働者の身分で情報収集などのスパイ活動をしていたのではないか」との見方を報じた。


偵察総局拠点のマレーシア…逮捕の男、工作員か
読売新聞 2/19(日) 9:15配信

 【クアラルンプール=池田慶太、ソウル=宮崎健雄】クアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件で、マレーシア警察が17日に逮捕した北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)について韓国政府関係者は18日、「北朝鮮軍の対外工作機関・偵察総局に所属している可能性が高い」との見方を本紙に語った。

 マレーシアが偵察総局の重要活動拠点となっているためだ。

 リ容疑者が住んでいたとされる高層マンションはクアラルンプールから約10キロ・メートル南の庶民的な飲食店街が広がる一角にあった。

 18日、「大勢の警察官が押しかけ、マンションを取り囲んだ」と住民のリム・フイレオンさん(66)は語った。現地紙・東方日報(電子版)は、リ容疑者は妻と息子、娘の4人で暮らしていたと伝えた。


中国、北の石炭輸入停止 制裁履行をアピール
産経新聞 2/19(日) 7:55配信

 【北京=西見由章】中国商務省は18日、北朝鮮産の石炭の輸入を19日から年末まで、一時的に停止すると発表した。

 昨年9月の北朝鮮による核実験を受けて国連安全保障理事会が採択した制裁決議を履行するための措置としている。

 核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、トランプ米政権がより強硬な措置を取るとの見方が強まる中、中国としては制裁決議を着実に実行する姿勢をアピールし、米側に対話路線への復帰を求める狙いがありそうだ。

 北朝鮮の金正男氏殺害事件が中国の判断に影響した可能性もある。

 中国外務省によると、王毅外相は17日、ミュンヘン安全保障会議で、安保理決議を厳格に履行する意思を強調する一方、6カ国協議再開に向け、「最も直接的な当事国」である米朝の政治決断を求めた。同日のティラーソン米国務長官との初会談でも、北朝鮮問題について「深い意見交換」(中国外務省)を行っており、今回の措置につながったもようだ。

 北朝鮮の石炭輸出に上限を設けた制裁決議を受け、中国は昨年12月末まで輸入を一時停止した。制裁は今年以降、石炭輸出に年約4億ドル、年750万トンの上限を設けている。


正男氏暗殺 北朝鮮籍の男逮捕 3カ月前から実行犯勧誘か
産経新聞 2/19(日) 7:55配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、殺害に関与した容疑で北朝鮮国籍の男、リ・ジョンチョル容疑者(46)を17日夜に逮捕したと発表した。マレーシア政府が発行する外国人労働者向けの身分証から身元を特定した。

 マレーシア紙「中国報」(電子版)は、リ容疑者は「特別な身分」にあり、マレーシアにある特定の大使館と連絡を取っていたと報じた。さらに、殺害現場にいた男4人のうちの1人だが、「主犯格ではない」との見方も示した。他の男3人はすでに国外に逃亡している可能性があるとした。

 また、同紙などによると、犯行グループは事件の3カ月前から実行犯を勧誘。リ容疑者は実行犯の女2人のうちの1人とされるシティ・アイシャ容疑者(25)の出身国インドネシアに何度も入国していたという。

 北朝鮮の康哲(カンチョル)駐マレーシア大使は17日夜、正男氏の遺体が安置されている病院施設前で声明を発表、「一方的に行われた解剖結果は断固として受け入れない」などと非難し、速やかな遺体の引き渡しを求めた。事件をめぐる北朝鮮当局者の公式発言は初めて。声明で死亡したのは外交旅券を持つ北朝鮮国民だとしたものの、正男氏とは認めなかった。マレーシア警察は正男氏の家族からDNAサンプルを得られない限り遺体は引き渡せないと主張。両国関係が悪化しつつある。

2017年2月18日 (土)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・7

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事
6番目の記事

リンク:北朝鮮籍の男逮捕 指揮・役割の解明どこまで - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<正男氏殺害>逮捕の女、見方割れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、毒物特定に約2週間 マレーシア保健相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<正男氏殺害>「日本の番組」偽装か…逮捕の女、家族に話す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ネット上でひろがる「まさお」ロス 金正男氏暗殺に悲しみの声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 中国紙「人類の基本的正義感を望む」と非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体は? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:リ容疑者は平壌市民? =名簿に同一人物、否定の見方も―韓国報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>3カ月前から準備…北朝鮮籍の男逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マカオ当局、金正男氏の家族を保護下に…香港紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「嫌いだ。除去しろ」 知られざる『偵察総局』の手口と北朝鮮事情 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北、事件幕引き図る…遺体渡さぬマレーシア非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:組織が女2人利用か=北朝鮮籍男、クアラ居住―実行犯「指示に従った」・正男氏暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮籍の男、首謀か…警察が逮捕発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮、遺体返還を要求…司法解剖に抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:大きなぬいぐるみを抱えた女、ホテル転々と 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:母に「心配しないで」=容疑者の女、逮捕後電話―正男氏暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏家族、マカオ警察が保護=香港紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女性容疑者、「いたずら番組」と思い攻撃 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮籍の男を逮捕、金正男氏殺害に関与の疑い-マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害事件、逮捕の女2人にダミー説 オウム事件凶器、猛毒VXガス使用か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「北」パスポート所持の男逮捕か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で男を逮捕、初の北朝鮮国籍 逮捕者計4人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺の謎:「白頭の血統」の視点から - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア当局、親族のDNA提供なければ遺体引き渡さず 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>「暗殺首謀のスパイか」逮捕の北朝鮮籍の男 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:容疑者の女は「だまされた被害者」=インドネシア副大統領が主張―金正男氏暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>北朝鮮大使館がマレーシア政府を強く非難 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮籍の46歳男を逮捕、現地紙「主犯格か」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>マカオの遺族か北朝鮮か 遺体めぐり綱引き - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:暴走するワイドショー 金正男氏暗殺関連で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 北朝鮮旅券の男逮捕 4人を指名手配 北大使は突然声明「マレーシアが一方的に解剖」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏暗殺>異母弟に追われた兄の悲しい最期 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:体制への「脅威」排除=金正恩氏の危機感反映-正男氏の暗殺・北朝鮮〔深層探訪〕 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

北朝鮮籍の男逮捕 指揮・役割の解明どこまで
産経新聞 2/19(日) 7:55配信

 ■リ容疑者は1970年生まれ、平壌に同名人物

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の殺害事件でマレーシア警察当局が北朝鮮国籍の男を逮捕し、同国が事件に関与した可能性が改めて浮かび上がった。実行犯とされる女2人のうち1人が事件前後、頻繁に宿泊先を変えていたことも判明。指示系統や役割分担がどこまで解明できるかが焦点だ。(クアラルンプール 吉村英輝)

                   ◇

 「北朝鮮の工作員がこんなところにいたなんて…」

 北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル容疑者が拘束されたマレーシア・クアラルンプールの高層マンションの住民がつぶやいた。17日午後10時ごろ、警察車両が敷地内に入ってきて、大勢の警官が4階に向かったのを目撃した。「怒鳴り声などは聞こえなかった」と話したが、まったく違う目撃証言もある。

 別の住民らによると、駆けつけた警官は数十人で、周囲の住民は室内にとどまるよう指示されたほか、女性の悲鳴が聞こえるなど、物々しい様子だった。

 リ容疑者は平日もラフな服装で、挨拶にも応えず、英語が分からないと思われていたとの証言もある。1年ほど前に家族と引っ越してきたという情報もあるが、実態は不明だ。

 マンションの周囲は中国系労働者が多く、再開発で高層マンションが林立する。リ容疑者がいた建物は築約10年で中流階級が多く住んでいるという。

 住民の約8割は中国系だが、最近は韓国人なども増えてきたという。近くのスーパーでは、入り口近くにハングル表記のコメや酒、即席めんなどが山積みにされていた。北朝鮮の関係者にとり、生活がしやすく、溶け込みやすい環境といえる。

 警察はリ容疑者の身柄をすでに逮捕した女らがいる空港近くの警察署に移送し、調べているという。地元メディアによると、北朝鮮大使館の代表が18日、同署を訪れた。

 警察発表では、リ容疑者は1970年5月6日生まれ。韓国のテレビ朝鮮はこの発表を受け、韓国当局が持っている平壌市民の名簿に、同じ名前と生年月日の人物の情報があると伝えた。名簿の人物の住所は平壌市船橋区域で、「国家科学院軽工業科学分院」の事務員だという。


<正男氏殺害>逮捕の女、見方割れ
毎日新聞 2/19(日) 7:40配信

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)は「悪ふざけの映像を撮影するためだった」と警察に供述している。実行犯の女らに明確な殺害の意図があったのか、それとも北朝鮮側にだまされて利用されたのかが、今後、捜査の焦点となりそうだ。

 ◇5秒で犯行=工作員?/目立つ服=利用された?

 17日未明、事件が起きたクアラルンプール国際空港3階の出発ロビーで、シティ容疑者とベトナム旅券を持つドアン・ティ・フオン容疑者(28)の2容疑者を立ち会わせた警察による実況見分が行われた。地元紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」によると、犯行は5秒間。自動チェックインカウンターの前に並んでいた金正男氏の前に女の1人が立ちふさがって注意をそらせた後、背後から別の1人が首を絞めるような動作をした。その間に毒物を与えたとみられ、2人は立ち去ってタクシーなどで逃げた。

 短時間に鮮やかな手口で犯行を終えていることから、当初は「訓練された工作員による犯行」との見方が出ていた。北朝鮮は「裏切り者」暗殺のため、自国で訓練したスパイを派遣してきた歴史があるからだ。

 一方、犯行の稚拙さを指摘する声も根強い。現場の空港は多数の防犯カメラが設置され、警備員も多い。容疑者の特定の決め手になったのは防犯カメラの映像で、ドアン容疑者は英語の俗語で「大爆笑」を意味する「LOL」と書かれた目立つTシャツを着ていた。また、ドアン容疑者は空港に戻ったところを逮捕された。

 シティ容疑者は事件前から家族に「さまざまな場所で撮影を繰り返している」と説明していた上、同空港で「リハーサル」をしていたとの情報もある。実行役とみられる女2人が「悪ふざけ」と思い込んでいたなら、手口の鮮やかさも、稚拙さも同時に説明できる。

 韓国紙・中央日報は、偵察に関する仕事に従事していた脱北者の話として「金正男氏が女性に関心が高く、女性に親切な点を利用した」と伝えた。警察は他に女2人のサポート役や監視役として男4人が関与したとみており、女2人は金正男氏を油断させるために選ばれた可能性が高い。


金正男氏殺害、毒物特定に約2週間 マレーシア保健相
AFP=時事 2/19(日) 7:34配信

【AFP=時事】マレーシアのS.スブラマニアム(S. Subramaniam)保健相は18日、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で使われた毒物の特定に約2週間かかると述べた。

 スブラマニアム保健相はAFPに対し「通常、死因の特定には2週間ほどかかる。ある程度確定的なことが分かるまでは報告書を公表することはできない」と述べた。

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏は13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur international Airport)で、何らかの液体を顔にかけられた後に死亡した。韓国政府は、正男氏が北朝鮮政府の命令を受けた女性工作員に暗殺されたとしている。

 マレーシアではこれまで、事件に関与したとみられる北朝鮮国籍の男(46)を含む4人が逮捕された。逮捕された北朝鮮国籍の男は、マレーシア政府が外国人労働者に発行する書類を所持しており、氏名は「リ・ジョンチョル(Ri Jong Chol)」だという。

 北朝鮮とマレーシアの外交関係は、駐マレーシア北朝鮮大使がマレーシア政府を「敵対勢力と共謀して」正男氏の遺体引渡しを拒否していると非難したことから急速に冷え込んでいる。【翻訳編集】 AFPBB News


<正男氏殺害>「日本の番組」偽装か…逮捕の女、家族に話す
毎日新聞 2/19(日) 7:30配信

945
金正男氏殺害容疑で逮捕されたシティ・アイシャ容疑者の母親ベナさん。家族の記念写真を手に、「娘は無実だと確信している」と話した=インドネシア・ジャワ島西部バンテン州で2017年2月18日午前11時35分、ジャカルタ支局助手エドナ・タリガン撮影

 【クアラルンプール平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア国籍の衣料品店店員、シティ・アイシャ容疑者(25)が事件の前後、家族に「日本のテレビ局に雇われ、マレーシアでいたずらをする番組の制作に携わっている」と話していたことが分かった。容疑者の義理の姉が毎日新聞のインタビューに応じた。北朝鮮側が日本のテレビ番組の制作を装って、容疑者を殺害の実行犯として利用していた疑いが浮上した。

 インドネシア・ジャワ島西部バンテン州で暮らすシティ容疑者の義理の姉、マラさん(25)によると、容疑者はシンガポール対岸にあるインドネシア領のバタム島で、女性用下着店の店員として勤務していた。先月下旬に実家に帰省した際、「1カ月ほど前から副業として、いたずら番組の制作に携わっている。バタム島からフェリーで度々、マレーシアに渡っている」と話した。いたずらの内容として「自分の手に唐辛子を塗って、相手のほおを押さえたりする」と説明したが、「番組が放送されるのは日本国内だけで、プロデューサーがビデオもくれない」と映像を見せなかったという。

 マレーシアの華字紙「中国報」によると、逮捕後、シティ容疑者は「悪ふざけの映像を撮影するために100米ドルで雇われた」と警察に供述をしている。

 事件の実行犯として逮捕されたのはシティ容疑者とベトナム旅券を保持する女の2人。

 AP通信によると、インドネシアのティト国家警察長官はマレーシア当局からの情報として、シティ容疑者は「外国の工作員による暗殺だとは知らなかった」と述べた。シティ容疑者とベトナム旅券を持つ女は「いたずら」を3、4回やったことがあり、その度に報酬を受け取っていたという。

 一方、家族は事件発生翌日の14日夜、シティ容疑者とスマートフォンでビデオ通話をしたが特に変わった様子はなかったという。シティ容疑者は16日未明に、クアラルンプールのホテルで逮捕された。


ネット上でひろがる「まさお」ロス 金正男氏暗殺に悲しみの声
スポニチアネックス 2/19(日) 7:02配信

 殺害された金正男氏について、日本のインターネット上では悲しみの声が続々と上がり“まさおロス”と呼ばれている。

 日本語読みして「まさお」、「マサオ」と呼び、死亡が報じられた14日以降、「俺たちのまさおが…」「まさおおおおおお!」などと名前を連呼したり、死亡のニュースを信じたくないとの思いから「殺されたのは影武者で、今マサオはディズニーランドにいる」などと書き込む人も。

 正男氏の存在が日本で広く知られるようになったのは2001年。偽造パスポートを使って来日。「東京ディズニーランドに行きたかった」と理由を話したことや、愛嬌(あいきょう)ある風貌に驚いた人が多かったようだ。

 テロ事件も起こし、日本では拉致事件を繰り返した北朝鮮。その独裁国家の後継者になるべき長男だったが、日本のテレビ局の取材で「日本語は分かるか?」と聞かれ「ワカリマセン」と日本語でユーモアたっぷりに答えたり、「三代世襲には反対だ」「弟(正恩氏)を嫌いになれるはずがない」など考えを語っていた。

 人懐こい笑顔が「100万ウォン(約10万円)の笑顔」とも呼ばれた正男氏だが、どこから生活資金を得ていたのかは謎が残るとされ、IT事業や武器の取引などを手掛けていたなどと、さまざまな情報があり、裏の顔は分かっていない。だが、後継者に選ばれず、堂々と体制を批判したこともネット上で勝手に応援される要因になったとみられる。「北朝鮮を変えられるのはマサオしかいない」などと期待する声も上がった。

 テレビ局関係者は「独裁国家のトップになればどうなったか分かりませんが、テレビカメラに映っていた通り、取材にも笑顔で丁寧に応じる人でした」と振り返った。


金正男氏暗殺 中国紙「人類の基本的正義感を望む」と非難
NEWS ポストセブン 2/19(日) 7:00配信

 金正男氏の暗殺事件について、中国ではほとんどのメディアが沈黙を守っているなか、中国共産党機関紙「人民日報」系の国際問題専門紙「環球時報」だけは外電を引用するなどして事件を詳細に報道している。

 同紙は北朝鮮専門家の話として「金正男は長年“局外人”であったことから、この事件だけでは朝鮮半島情勢が揺れ動くというはないだろう」と報じたうえで、これらの事件が米国や韓国の対北朝鮮政策に影響を与えることもありうるとの見方を明らかにした。

 一方、同紙独自の見解として、「今後、事件の背後の存在として、これまで注目されていない人物や勢力に光が当たる可能性もある」として、北朝鮮政権上層部の存在を示唆している。

 金正男氏の暗殺事件について、中国では外務省スポークスマンが定例の記者会見で、記者の質問に答えるという形で、「中国側はメディアの関連報道に留意しており、現在、同事件の動向に注意を払っている」と述べて、事件について注視していることを明らかにした。

 さらに、スポークスマンは「事件はマレーシアで発生しており、マレーシア側も同事件に関して現在調査を進めている」と述べて、中国政府としてはマレーシア側と連絡を取って、捜査情報などを提供してもらうことも考えていることを示唆している。いずれにしても、中国政府はこの事件に重大な関心を持っているようだ。

 また、同紙は事実関係以外にも、北朝鮮問題の専門家である徐宝康氏に取材し、事件が今後の国際情勢に与える影響について言及。この事件の2日前に、北朝鮮が事実上のミサイル発射実験を行ったことで、「トランプ米政権の北朝鮮政策に大きな変化を与える契機になった」としたうえで、さらに今回の金正男暗殺事件によって、「トランプ政権の対北政策がかなり強硬になる可能性を秘めている」と分析している。

 同紙は「この(暗殺)事件は中国が望んでいる切実な利益とは程遠いものだ。我々が望むのは人類の基本的な正義感から出るものだ」との表現で、暗殺という卑劣な手段に訴えた当事者を強く批判しており、暗に金正恩指導部に不快感を表明しているようだ。


金正男の暗殺事件で北朝鮮の男を逮捕 謎の男の正体は?
ニューズウィーク日本版 2/19(日) 0:06配信

マレーシア警察が逮捕、暗殺事件4人目の容疑者
<マレーシアで殺害された金正男の暗殺事件の容疑者として、北朝鮮国籍の男が拘束された。派遣労働者の身分証を持ちながら外交官以上の待遇で暮らしていたこの男は、一体何者なのか?>

マレーシア警察当局は、17日夜11時(現地時間)に金正男の暗殺事件に関わる容疑者として、北朝鮮国籍のリ・ジョンチョル(47)を逮捕した。

韓国メディアのハンギョレ新聞などによると、リ・ジョンチョルはクアラルンプール空港から1時間ほどの距離の住宅街にある自宅アパート「ダイナスティガーデンコンドミニアム」に妻と娘といるところを10名以上の警察官がきて、抵抗もせず連行されていったという。

近隣の住人によれば、リ・ジョンチョルはここに1年ほど前から妻と息子1人、娘1人の4人で住んでいたという。同じ4階に住む住人男性は、「彼と直接話したことはない。昨年3,4回会ったが、彼の妻と10代後半から20代前半と見れる娘は先週も見かけた。ごく普通の家族とばかり思っていた」と話し、リ・ジョンチョルについては「40代後半から50代前半くらいの平凡なおじさんだった。昨日の夜は何があったのか知らなかったが、朝ニュースを見て(事件の容疑者だと知り)とても驚いた」と語った。

944
リ・ジョンチョルのプロフィール写真

逮捕されたリ・ジョンチョルとは?
18日現地の消息筋によれば、マレーシア警察当局は、この男について「17日午後9時50分セランゴール地域で北朝鮮国籍の男を逮捕した。この男は、13日に死亡した北朝鮮の男性と関係している。男の名前はリ・ジョンチョルで、北朝鮮国籍。生年月日は1970年5月6日だ」と明らかにした。

韓国メディアnews1によれば、リ・ジョンチョルとされる男のfacebookページには、2000年金日成総合大学を卒業し、2010年にアメリカのマサチューセッツにあるIACSという学校を卒業したことになっている。20人ほどの「友達」とつながっているが、facebookは2011年4月から7月の3カ月間更新されただけで、その後は放置されているようだ。

このfacebookページには、リ・ジョンチョルのプロフィール写真も掲載されていて、化学実験をしているような姿が見られる。インドと関連した動画がシェアされていることからリ・ジョンチョルはしばらくの間、インドに滞在していたものと推定される。フェイスブックには、「私は今、ポスドクとしてこのインドのコルカタに8月まで住んでいる」と書かれている。

北朝鮮からの派遣労働者、だが待遇は外交官以上
一方、聯合ニュースが現地の東方日報を引用して伝えるところでは、リ・ジョンチョルは常に中国語などではなく北朝鮮の言葉を話していたという。また、マレーシア政府が外国人労働者に発行する身分証明書「i-Kad」を所持していたというが、これは本人の個人情報のほか、働く会社名が記載されるもので、1年ごとに労働許可を更新するという。つまりリ・ジョンチョルは北朝鮮からマレーシアに外貨稼ぎのために来た派遣労働者と推測される。

だが、北朝鮮は自国民の亡命を防ぐため、海外に送る派遣労働者はもちろん外交官であっても、特別なことがない限り単独で渡航させて、家族は北朝鮮国内に残させる。また、外交官であっても大使館か一定の公館で集団生活を送るのが一般的である。ところが、リ・ジョンチョルは派遣労働者なのにマレーシアの中流家庭と同じアパートに家族と一緒に暮らす「贅沢」をしていた。これは何を意味するのだろう?

平壌の国家科学院の男と一致
一方、韓国メディアTV朝鮮は、韓国の情報当局が平壌市民のリストを入手、照合したところ、 平壌市船橋(ソンギョ)区域に住む国家科学院の軽工業科学分院包装研究所の事務員と名前と生年月日が一致したと伝えている。同い年の妻も同じ職場で働いており、マレーシアの現地メディアがリ・ジョンチョルが40代の妻と10代の息子と娘と暮らしていたという報道と合致する。もし、この平壌市民のリストにある国家科学院の男と、マレーシア警察当局が逮捕したリ・ジョンチョルが同一人物であれば、金正日男の暗殺事件に北朝鮮が関わっていたという有力な証拠になると見られる。


リ容疑者は平壌市民? =名簿に同一人物、否定の見方も―韓国報道
時事通信 2/18(土) 23:33配信

 【ソウル時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、逮捕された北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)について、韓国のテレビ朝鮮は18日、韓国情報当局が持つ平壌市民の名簿にリ容疑者の名前と生年月日が一致する人物が見つかったと伝えた。

 ただ、聯合ニュースは政府関係者の話として報道内容を否定、情報は錯綜(さくそう)している。

 報道では、名簿に掲載されたリ容疑者と同名の人物は、北朝鮮の国家科学院の研究所に事務員として勤務しているという。

 リ容疑者は妻や息子、娘と住んでいたとマレーシア紙に報じられているが、同名の人物も同じ家族構成で、平壌市内の船橋地区に居住。テレビ朝鮮は「同一人物なら、暗殺の背後には北朝鮮があるという決定的な証拠だ」と強調した。


<金正男氏殺害>3カ月前から準備…北朝鮮籍の男逮捕
毎日新聞 2/18(土) 23:13配信

 【クアラルンプール西脇真一】北朝鮮の金正男氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、クアラルンプール近郊で北朝鮮国籍の男、リ・ジョンチョル容疑者(46)を17日夜に逮捕したと発表した。北朝鮮関係者の関与が明らかになったのは初めて。

 マレーシア華字紙「中国報」によると、マレーシア警察は「リ容疑者が金正男氏暗殺を首謀したスパイの可能性がある」として、確認を急いでいる。リ容疑者の旅券には、マレーシアやインドネシアに複数回入国した記録があったという。また、3カ月前から実行役の勧誘が進められていたといい、周到な準備をしていたとみられる。

 リ容疑者は殺害現場の空港から逃走した男4人女2人のうちの1人である可能性が高い。マレーシア政府が外国人労働者に発行する身分証明書を持っており、正規の労働許可を得て生活していたとみられる。


マカオ当局、金正男氏の家族を保護下に…香港紙
読売新聞 2/18(土) 21:40配信

 香港紙・サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)は18日、マカオの治安当局の高官が、金正男(キムジョンナム)氏(45)の家族を保護下に置いていることを認めたと伝えた。

 この高官は「マカオ当局は安全と権利を守るため最善を尽くしていく」とコメントした。マカオは正男氏の滞在先の一つで、複数の香港紙によると、内縁の妻とその女性との間に生まれた1男1女、さらに別の内縁の妻が住んでいる。

 韓国の情報機関・国家情報院によると正男氏の息子の金ハンソル氏はフランス留学を終え、現在はマカオに戻っている。正男氏が殺害され、次はハンソル氏が「最も危険だ」(聯合ニュース)とみなされ、韓国では亡命説が出ている。


「嫌いだ。除去しろ」 知られざる『偵察総局』の手口と北朝鮮事情
ホウドウキョク 2/18(土) 21:34配信

情報が錯綜し、謎が謎を呼ぶ金正男氏殺害事件。捜査当局は18日、新たに北朝鮮籍の男を逮捕し、事件への関与を追及している。

今回の事件では、北朝鮮の特殊工作機関、朝鮮人民軍偵察総局の名前が浮き沈みする。過去の工作活動には偵察総局が実行部隊として暗躍してきた。その手口とは?

943
地元紙が作成したイラスト(ホウドウキョク)

北朝鮮の工作活動……爆破から毒殺まで手段選ばず
工作活動――敵の情報を集めたり、かく乱したりすることです。他国や国連組織に入り込んだ情報収集、脱北者を装ったスパイ行為……。また、任務の中には凶悪犯罪も含まれています。

ボールペン型注射器・銃、懐中電灯を偽装した銃などで毒を放って人を殺す。航空機などを爆破するような凶悪なテロ――などもあります。

多くは、実行部隊が偵察総局、計画は秘密警察の国家安全保衛省です。

人手・時間・手間を相当かけて作戦を練る。現地に協力者などの人脈を構築していきます。犯行後も証拠隠滅を徹底させ、容疑者が自殺する例もあります。

痕跡が残った場合も、北朝鮮が関与を認めることはありません。したがって、過去には表に出ていない工作活動は山ほどあるでしょう。

周到な準備か……第3者巻き込み情報かく乱
さて、今回の事件。

これまでの捜査結果からみれば、周到に準備された犯行のようです。グループは金正男氏の行動を24時間確認し、警戒が緩むタイミングを割り出していたのでしょう。

実行犯には、お金に困っているような現地の人をスカウトしている可能性もあります。

事情を知らせず「これだけをしてくれれば多額の謝礼を払う」と説き伏せたとも考えられます。

また、北朝鮮との関係が特定されないよう、協力者を使って下請け、孫請けを繰り返しているかもしれません。実行犯に自覚がないまま、形の上で「請負殺人」になっている、とも想像できます。

北朝鮮に何が?……恐怖政治で忠誠競争が激化
北朝鮮の関与は現時点でははっきりしません。
ただ、金正男氏暗殺という点を考えると、そこには金正恩氏の指示があったと考えざるを得ません。

では、なぜ金正恩氏は金正男氏排除を考えたのか。

北朝鮮では、親族であっても自分の権力継承の妨げになる人物を「枝葉」として排除してきた歴史があります。

金正恩氏の父・金正日総書記もかつて異母弟の金平日氏を海外に追いやりました。金正恩氏にとっての「枝葉」、危険分子は長男の金正男氏でした。

「嫌いだ。除去しろ」

金正恩氏がこう命令したと韓国の情報機関・国家情報院は伝えました。

命令を受けた偵察総局は4~5年がかりで命令を忠実に実行した、と考えるのが自然ではないでしょうか。

北朝鮮では金正恩氏の一人独裁体制が強まっています。幹部の粛清を主導してきた国家安全保衛省のトップでさえ解任されています。恐怖政治が徹底され、いつ誰が粛清されてもおかしくない状況です。

忠誠心を示すためにはどんなに過激な犯罪も、やり遂げなければならない。この状況が、今回の金正男氏暗殺の背景にあった、という見方が有力になりつつあります。


北、事件幕引き図る…遺体渡さぬマレーシア非難
読売新聞 2/18(土) 19:52配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】クアラルンプール国際空港で13日、北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使は17日、声明を出し、遺体の早期引き渡しに応じないマレーシア側の対応を強く非難した。

 大使のいらだちぶりは、事件の早期幕引きを図り、捜査の進展に神経をとがらせる金正恩(キムジョンウン)政権の内情を反映しているといえそうだ。

 カン大使は同日深夜、正男氏の遺体が安置されているクアラルンプールの病院に黒塗りの公用車で乗り付け、集まった報道陣に「遺体を引き取りに来た」と切り出した。「遺体を引き渡すよう何度も頼んだが、彼らが拒否した」と不満をぶちまけた。マレーシア警察高官と面会し、早期引き渡しを強く求めた際、死因の解明とは関係のない問題で拒否されたと主張した。


組織が女2人利用か=北朝鮮籍男、クアラ居住―実行犯「指示に従った」・正男氏暗殺
時事通信 2/18(土) 19:46配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件は、現地警察当局が17日夜、北朝鮮籍の男を逮捕したことで、実行犯として拘束された女2人は暗殺を企てた組織に利用されただけである可能性が強まった。

 当局は18日、男の取り調べを本格化させるとともに、事件に関与したとみられる別の男3人の身柄確保を急ぎ、事件の全容解明を進める。

 マレーシア紙・中国報(電子版)によると、北朝鮮籍の男は主犯格ではなく、残る3人は国外に逃亡したとみられる。

 正男氏の遺体の司法解剖について、S・スブラマニアム保健相は18日、AFP通信に「通常、死因判明まで約2週間かかる。決定的なものが出るまで公表できないだろう」と語った。

 マレーシア紙・東方日報(電子版)などによると、新たに逮捕されたリ・ジョンチョル容疑者(46)は北朝鮮旅券を持ち、首都クアラルンプール市内のコンドミニアムに妻と息子、娘の4人で住んでいた。容疑者を知る住民は「暗殺に関与した工作員とは想像できない」と驚きを隠さず、「彼らは通常、母国語で話しているが、北朝鮮人なのか韓国人なのか分からなかった」と話した。

 北朝鮮大使館関係者2人は18日午後、リ容疑者が拘束されている警察署を訪問。容疑者との領事面会を要求したもようだが、実現しなかったとみられる。


<金正男氏殺害>北朝鮮籍の男、首謀か…警察が逮捕発表
毎日新聞 2/18(土) 19:41配信

 【クアラルンプール西脇真一】北朝鮮の金正男氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、クアラルンプール近郊で北朝鮮国籍の男、リ・ジョンチョル容疑者(46)を17日夜に逮捕したと発表した。北朝鮮関係者の関与が明らかになったのは初めて。

 マレーシア華字紙「中国報」によると、マレーシア警察は「リ容疑者が金正男氏暗殺を首謀したスパイの可能性がある」として、確認を急いでいる。リ容疑者の旅券には、マレーシアやインドネシアに複数回入国した記録があったという。また、3カ月前から実行役の勧誘が進められていたと伝えており、周到な準備をしていたとみられる。

 リ容疑者は殺害現場の空港から逃走した男4人女2人のうちの1人とみられる。マレーシア英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」によると、男4人のうち1人は金正男氏の行動を約1年間監視していた。


<金正男氏殺害>北朝鮮、遺体返還を要求…司法解剖に抗議
毎日新聞 2/18(土) 19:36配信

 【クアラルンプール西脇真一】北朝鮮の金正男氏(45)が殺害された事件で、在マレーシアの北朝鮮大使が17日、正男氏の遺体をマレーシア政府が司法解剖したことに抗議し、遺体の即時返還を求める声明を発表した。マレーシア政府関係者によると、マカオにいる正男氏の家族も在マレーシア中国大使館を通じて遺体の引き取りを求めており、遺体返還を巡る対立が浮き彫りになった。

 今回の事件で、北朝鮮が公式の反応を示したのは初めて。北朝鮮大使は声明で「マレーシア側が我々の許可や立ち会いもなく司法解剖を強行した」と主張。「人権侵害の極みだ」として、解剖結果の受け入れを拒否すると強調している。毒殺など自国が不利になりそうな解剖結果が出ることを警戒しているとみられる。

 マレーシア警察は最終的な身元確認のために正男氏の家族からDNA試料が提出されるまで、遺体はいずれにも引き渡さないとしている。これに対し、北朝鮮大使はマレーシア側を「反北朝鮮の勢力と結託している」と強い言葉で非難しており、事件をめぐって友好国のマレーシアとの間に亀裂が走っている。

 北朝鮮側は正男氏の死亡が確認されると、すぐに火葬を要求。マレーシア政府は拒否し、15日に司法解剖を実施した。地元紙によると、18日に2回目の司法解剖が行われる。


大きなぬいぐるみを抱えた女、ホテル転々と 金正男氏殺害
産経新聞 2/18(土) 19:19配信

942
金正男氏=2007年3月18日、中国・マカオ(写真:産経新聞)

 マレーシアで起きた金正男氏殺害事件で逮捕され、「ドアン・ティ・フオン」名義のベトナム旅券を所持していた女は事件前後、現場となった空港近くのホテルを転々としていた。警察が指名手配した男らの指示を受け、行動していたとみられる。

 犯行現場のクアラルンプール国際空港第2ターミナルから車で約15分。オフィスや工場が集まる商業地区にあるホテルの職員は産経新聞の取材に、女は犯行の2日前の11日午後5時、1人でチェックインしたと証言した。登録名は警察発表と同じで、タクシーで訪れていたと後から警察に知らされたという。

 翌12日は満室だったため、1泊して午後にチェックアウトした。代金は100リンギット(約2500円)。現金で支払ったが、多くの現金を所持していたという。

 ロイター通信によると、女は大きなぬいぐるみを抱えて近くにある2軒目のホテルに移動。フロントではさみを借り、部屋で髪の毛を切った痕跡があった。事件当日の13日は早朝に出発し、しばらくしてホテルに戻った。「緊張した様子はなかった」という。

 女は13日夕、ホテルのWi-Fi(ワイファイ)接続故障を理由に、同じ地区にある3軒目のホテルに移動。現地メディアは、指示を受けていたとされる男らと連絡が取れなくなり、15日に空港へ男らを探しにでかけ、検挙されたと報じている。(クアラルンプール 吉村英輝)


母に「心配しないで」=容疑者の女、逮捕後電話―正男氏暗殺
時事通信 2/18(土) 19:00配信

 【ジャカルタ時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、実行犯の一人とされるインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)は逮捕後、母親に誤った嫌疑を掛けられていると訴え、「心配しないで」と伝えていた。

 インドネシアのインターネットメディア「ドゥティックコム」が17日報じた。

 ドゥティックによると、シティ容疑者と年齢が近く、親しくしていたおいは、逮捕後に容疑者がインドネシア・バンテン州セランの実家にいる母親に電話していたと明かした。事件翌日の14日夜には容疑者からおいにも連絡があり、「調子が良くない。セランに24日に戻る予定だ」と語ったという。

 また、容疑者は1月下旬に実家を訪れた際、マレーシアで制作されている「いたずら動画」に参加しているとおいに話していた。動画1回当たり200万~300万ルピア(約1万7000~2万5000円)の報酬が容疑者に支払われ、家計の足しにするため一部を実家に送金していた。


正男氏家族、マカオ警察が保護=香港紙
時事通信 2/18(土) 17:46配信

 【香港時事】北朝鮮の金正男氏暗殺事件で、18日付の香港紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、消息筋の話として、マカオ在住の正男氏の家族が地元警察に保護されていると伝えた。

 家族は事件後、身の安全を憂慮しているという。

 同紙によると、マカオには正男氏の2番目の妻と子供2人が暮らしている。警察当局は「住民らの安全を守るため、最善の取り組みを続けている」としながらも、家族の詳細な状況は明らかにしていない。


女性容疑者、「いたずら番組」と思い攻撃 金正男氏殺害
CNN.co.jp 2/18(土) 17:15配信

ジャカルタ(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏の毒殺容疑事件で逮捕されたインドネシア人の女性容疑者がテレビのお笑い物番組の一場面と思い込み、正男氏の顔面に液体を浴びせたと供述していることが17日わかった。

インドネシア国家警察のティト・カルナビアン長官が同国アチェ州での会見で明かした。シティ・アイシャ容疑者は外国の工作員が絡むとされる暗殺事件とは気付いていなかったと述べた。報酬は数ドルだったことも自供したとしている。

また、以前にも同様の方法で他人に液体を吹きかけたことが3~4度あるとも白状したという。同長官は今回は液体が危険な物質だった疑いがあると述べた。「彼女は利用されていた。液体を浴びせる目的は知らなかった」とも語った。

同容疑者に液体を渡した人物は特定されていない。

マレーシアの警察は事件に関連し、同国スランゴール州で17日、北朝鮮国籍の容疑者を新たに逮捕したことを明らかにしていた。この容疑者の事件での役目も不明となっている。

これで逮捕者はアイシャ容疑者の他、ベトナム旅券を保持していた女とマレーシア国籍の男を加え計4人となった。


北朝鮮籍の男を逮捕、金正男氏殺害に関与の疑い-マレーシア警察
Bloomberg 2/18(土) 17:10配信

マレーシア警察当局は、金正恩北朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がクアラルンプールの国際空港で殺害された事件に絡み北朝鮮国籍の男1人を逮捕した。警察当局が声明で明らかにした。

所持していた身分証明書によると、逮捕されたのはリ・ジョンチョル容疑者(46)。同事件をめぐっては、2人の女性と男1人がこれまでに逮捕されている。

韓国の聯合ニュースはマレーシア当局がさらなる証拠収集などを目的に再び正男氏の検視を行うと報じていたが、国際空港のあるセランゴール州の警察首脳はこれを否定した。北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使は、検視は北朝鮮当局者の立ち会いなしに行われたことから、これを認めないと主張していた。

原題:North Korean Arrested by Malaysia Police Over Kim Murder (1)(抜粋)


正男氏殺害事件、逮捕の女2人にダミー説 オウム事件凶器、猛毒VXガス使用か
夕刊フジ 2/18(土) 16:56配信

 金正男氏の殺害事件の実行犯とみられる女2人について、ダミー説が浮上した。北朝鮮の工作員にしては不自然な行動を取り、簡単に逮捕されているからだ。真の実行犯の存在すら、ささやかれ始めている。

 マレーシア警察は15日にベトナム旅券を持つ28歳の「ドアン・ティ・フォン」という女を逮捕、16日にはインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者(25)逮捕した。

 地元メディアによると、アイシャ容疑者は調べに対し、「見知らぬ男に100ドル(約1万1400円)で持ちかけられた」と供述し、殺意を否認している。さらに、「いたずらビデオ」の撮影と説明され、前日に何度もリハーサルをしたと話しているという。

 ベトナム旅券の女の行動も不可解だ。白昼の空港で「LOL」と書かれたロゴのTシャツにミニスカートという目立つ服装をし、犯行後は空港に戻って逮捕された。自殺も覚悟し、工作活動に臨む北朝鮮工作員の行動として疑問が残る。

 正男氏が女2人による襲撃後も元気で、その後トイレに立ち寄って容体が悪化し、案内カウンターに駆け込んだとの情報がある。このため、真犯人は別にいるのではないかという見方すらある。

 一方、正男氏の殺害に使われた毒物として、韓国メディアは外交消息筋の話として、致死性の高いVXガスが使われた可能性があると報じた。

 VXガスといえば、オウム真理教による事件が思い出される。毒物事件に詳しい神奈川大の常石敬一名誉教授(化学史)は「かつてオウム真理教が使用し、1人が犠牲になっている。VXガスによって人が殺害された史上唯一の例だったが、正男氏がこれに続いたことになる」と語る。

 その恐ろしさについて、常石氏は「致死量はミリグラム単位で、猛毒サリンの10分の1程度と考えられる。短時間で効果がなくなるサリンと異なり、付着すると1週間程度は毒性が持続する」と説明し、続けた。

 「北朝鮮は化学兵器禁止条約に署名していないため、VXガスを製造していてもおかしくない」

 北朝鮮が危険な毒兵器を持っている可能性もあるのだ。恐ろしすぎる。


「北」パスポート所持の男逮捕か
ホウドウキョク 2/18(土) 15:41配信

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮のパスポートを持った男が新たに逮捕されたと、現地メディアが伝えた。
一方、現地の北朝鮮大使が17日夜、遺体の引き渡しが行われていないことについて、マレーシア当局を批判した。
現地メディアによると、マレーシアの警察は17日夜、4人目の容疑者として、北朝鮮のパスポートを持った47歳の男を逮捕した。
この男は、マレーシアを頻繁に出入りしていたとみられ、警察がくわしい身元の確認を進めているという。
一方、17日夜遅く、正男氏の遺体が安置されている病院を、カン・チョル駐マレーシア北朝鮮大使が突然訪れ、入館を断られると、車を降りてFNNなどの取材に応じた。
カン・チョル駐マレーシア大使は「マレーシア側に遺体を即、無条件で引き渡すことを強く要求する」と述べ、「マレーシア当局は、われわれに何かを隠そうとしていると推認できる」と、対応を強く批判した。
また当初、マレーシア当局から「心臓発作で死亡した」と説明を受けたことを明かしたほか、北朝鮮が拒否した検視を「強行した」として、検視結果を受け入れないと表明した。


金正男氏殺害で男を逮捕、初の北朝鮮国籍 逮捕者計4人に
AFP=時事 2/18(土) 13:34配信

941
中国の特別行政区マカオで、韓国メディアとのインタビューに臨む金正男氏(2010年6月4日撮影)。【翻訳編集】 AFPBB News

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、北朝鮮国籍の男を17日夜に逮捕したと発表した。

 逮捕された男はマレーシア政府が外国人労働者に発行した書類を持っており、これによると氏名は「リ・ジョンチョル(Ri Jong Chol)」で年齢は46歳だという。

 正男氏殺害に関連して逮捕された容疑者は計4人となった。北朝鮮国籍の容疑者の逮捕は初めて。【翻訳編集】 AFPBB News


金正男氏暗殺の謎:「白頭の血統」の視点から
新潮社 フォーサイト 2/18(土) 12:54配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日午前、マレーシアのクアラルプール空港で毒殺された。

■「金正男死亡の情報」

 実は、筆者は2月14日の午後の早い段階で、金正男氏が死亡したという情報に接した。韓国の情報機関・国家情報院が確認に動いているようだった。しかし、筆者は、この情報に敏感に反応できなかった。それには筆者なりの理由があった。年齢も若い金正男氏が死亡したとなると、考えられるのは「暗殺」だった。金正男氏を暗殺するとなると、それは常識的には北朝鮮しかない。

■「白頭の血統」

 北朝鮮では過去、凄まじい粛清が繰り返されてきた。幹部が粛清されたり、銃殺されたりすることはよくあることだ。しかし、これには例外があった。故金日成(キム・イルソン)主席の血筋を引く「白頭の血統」の者が殺されたことはない。金ファミリーでも、金正恩党委員長の叔父である張成沢(チャン・ソンテク)党行政部長が粛清・処刑され、金正男氏の叔母にあたる成蕙琅(ソン・ヘラン)の息子・李韓永(リ・ハンヨン)氏が亡命先のソウルで北朝鮮工作員とみられる者に銃殺されることはあった。しかし、張成沢氏も李韓永氏も金ファミリーであり、金日成主席の姻戚ではあるが、金日成主席の血は引いていない。

 北朝鮮では金日成主席の血統は「白頭の血統」と呼ばれ、「白頭の血統」への忠誠は北朝鮮を支えている核心的なイデオロギーだ。北朝鮮では「白頭の血統」は神聖不可侵の存在だ。このイデオロギーがあるから、北朝鮮の最高指導者は金日成主席の血統からしか出ず、ここから出す必要がある。

 金正日(キム・ジョンイル)総書記は金日成主席の後継をめぐり、金日成主席の弟である金英柱(キム・ヨンジュ)氏や異母弟である金平日(キム・ピョンイル)氏(現駐チェコ大使)との権力闘争を繰り広げた。金正日氏は後継者の座を獲得するために、叔父の金英柱氏や継母・金聖愛(キム・ソンエ)氏、金平日氏らにつながる人脈への徹底的な弾圧を加えた。これは「横枝(キョッカジ)叩き」といわれた。白頭の血統の中で幹が大きく育つためには「横枝」は刈らねばならないという論理だった。

 金正日氏がこの権力闘争に勝利して後継者の座を獲得するが、金英柱氏、金平日氏の命を奪うことはなかった。それは「白頭の血統」につながる人々であったからだ。金英柱氏は1993年に国家副主席として復権し、金平日氏は東欧の大使へ転出した。

 金正恩氏が最高権力者の座に座れたのは、彼の実力というよりは、彼が金日成主席の孫であり、金正日総書記の息子であるからだ。

■金正男氏を殺す必要があるのか? 

 金正日総書記は一時、金正男氏を要職に就けたことがある。後継も視野に、彼の実力を養わせ、その能力を見ようとしたとみられる。当然、周辺では後継者という目で彼を見て、彼の周辺に人が集まっただろう。しかし、結果的には金正男氏は父親の期待に応えられず、要職を解任されたようだ。

 それに加えて2001年5月に息子や2人の女性と日本のディズニーランドを見物に行こうとして成田空港で偽造旅券が発覚、強制追放された。これ以降は、1度の帰国を除いて、基本的に北朝鮮に帰らず、中国やマカオ、東南アジアを転々とする生活を続けていた。

 一時は海外のメディアのインタビューに答えたりしていたが、金正恩政権がスタートして以降は、本人自身がメディアとの接触を嫌い、自分の意見を語ることも避けていた。北朝鮮本国には彼を支える勢力はなくなり、金正恩氏にとっては、その地位を脅かすような存在ではなくなっていた。金正恩氏が現時点で、金正男氏を殺す必要性はないとみられた。

■殺害は「白頭の血統」の否定

 さらにこの時点で3日後の2月16日は金正日総書記誕生75周年の日だ。北朝鮮では金正日総書記の業績が強調され、金日成主席、金正日総書記、金正恩党委員長という「白頭の血統」の偉大性が称えられる。その直前に「白頭の血統」の直系である金正男氏を殺害するだろうか? 

 筆者は「金正恩党委員長が金正男氏を殺せば、それは金日成主席の孫、金正日総書記の息子を殺すことになる。それは自ら『白頭の血統』を否定することになる。そんなことをするだろうか。それは『白頭の血統』への忠誠という自分自身を支えているイデオロギーを自分自身で否定することになるのでは」と考えた。「『金正男暗殺』はよくある誤報騒ぎではないか」と考えた。

■金正男氏の死亡確認

 韓国の聯合ニュースは2月14日午後8時13分「北韓の金正恩の異母兄、金正男、マレーシアで殺される」と緊急報道を行った。韓国ではその前に朝鮮日報系のケーブルテレビ「テレビ朝鮮」が同午後7時40分に「金正男氏マレーシアで殺される」と報じていた。

 この時点での各種情報を総合してみると、金正男氏がマレーシアのクアラルンプール空港で何者かに毒殺されたことは事実とみられた。

 筆者はその時点でも、金正恩政権が金正男氏を殺害してプラスになることよりも、マイナスの方が大きいという考えからは解放されなかった。合理的に考えれば、金正恩政権が金正男氏を殺さなければならない重大な理由は見つからない。しかし、犯行は北朝鮮以外に考えにくいという疑問に陥った。

 マレーシアのザヒド副首相は16日、記者会見で、殺害されたのは正男氏だと正式発表した。死亡した男性は北朝鮮旅券を所持し、その名前は「キム・チョル」となっており、「1970年6月10日 平壌生まれ」となっていた。金正男氏は1971年5月10日生まれとされている。彼がしばしば「キム・チョル」という偽名を使っていたという情報もあった。マレーシア当局は韓国政府が提供した指紋やDNAと照合し、金正男氏と確認したとみられる。

■不可思議な暗殺手法

  マレーシアの警察当局は2月17日午前の段階でベトナム旅券を保持した女性とインドネシア旅券を保持した女性の2人の身柄を拘束し、2人に犯行を指示したと見られている4人の男性の行方を追っている。

 しかし、ベトナム旅券を持った女性はこうした犯行を行うにしては極めて目立つ「LOL」と大きなロゴが書かれたシャツを着て、犯行後も空港近くのホテルにいるなどテロ犯とは思えない行動を取っている。一方では、ホテルで髪の毛を大量に切って、イメージを変えようとした形跡があるなど不審な点もある。

 マレーシア紙・東方日報は、女は男4人から「悪ふざけをしよう」と持ち掛けられ、別の女と2人で正男氏を襲ったと供述していると報じた。女らはスプレーを吹きかけ、ハンカチで顔を10秒近く押さえたという。

 韓国メディアは北朝鮮の女性工作員が第三国の偽造旅券を使って行った犯行の可能性を繰り返し報じたが、インドネシア政府はインドネシア女性の所有していた旅券は偽造ではなく本物であるとした。

■「外部発注」の可能性? 

 こうなってくると考えられるのは、北朝鮮が金正男氏の殺害を第三者に依頼したということだ。

 しかし、北朝鮮がこうしたテロ行為を「外部発注」するケースは極めてまれだ。第三者に犯行を依頼し、最後の段階で裏切られれば、自分たちの犯行がばれてしまう。北朝鮮のテロの多くは、長年の訓練を積んだ工作員の犯行だ。

 過去のテロ事件で唯一の例外といえるのは、1986年のソウル・アジア大会開催を前にした金浦空港爆破テロ事件だ。この事件は爆破に使われた爆弾が過去に北朝鮮が使った爆弾と似ているとみられたことなどから、韓国政府は北朝鮮の犯行とした。しかし、北朝鮮の犯行を裏付ける明確な証拠はなかった。

 朝鮮日報系の月刊誌「月刊朝鮮」は2009年3月号で、この事件は旧西ドイツの赤軍派要員が英国人に偽装し、金浦空港のゴミ箱に爆発物を置いて香港に出国した事件だったことが旧東ドイツ情報機関の資料にあったと報じた。同誌は、この事件はアブニダルの組織が北朝鮮の依頼で行ったものだとした。

 しかし、この場合も第三国とはいえ、専門の工作員の犯行である。今回の犯行の手口をみていると、結果的に殺害には成功したが、プロの犯行のようには見えない。16日に逮捕されたインドネシア人の女性容疑者は、見知らぬ男に「いたずらビデオ」の撮影を持ち掛けられたと供述している。

■北朝鮮は沈黙、崔龍海氏が姿見せず

 この事件に北朝鮮側は2月17日現在、沈黙を守っている。北朝鮮では2月15日に平壌で「わが党と人民の偉大な首領である偉大な領導者、金正日同志誕生75周年慶祝中央報告大会」が開かれた。金正恩氏も出席したが、極めて堅くて暗い表情だった。

 さらに、金正恩党委員長は16日午前零時(日本時間同零時半)には金日成主席や金正日総書記の遺体が安置された錦繍山太陽宮殿を、幹部を引き連れて訪問した。

 中央報告大会と錦繍山太陽宮殿訪問で関心を引いたのは崔龍海(チェ・リョンヘ)党中央委員会副委員長と、国家安全保衛相を解任されたとされる金元弘(キム・ウォンホ)氏の姿がなかったことである。金元弘氏の姿が見えなかったのは革命化教育を受けているためとみられるが、2月1日の行事には姿を見せていた崔龍海氏の姿がないことが関心を呼んでいる。

 韓国統一部は「身辺異常説まで考えるにはまだ無理がある」としている。一部では訪中説も出ているが、これも確認されていない。

 北朝鮮が今回の金正男氏の暗殺に直接的に言及する可能性は低いとみられる。

 問題はマレーシア当局の捜査がどう進展するかだ。身柄を拘束している2人に犯行を指示したとみられる4人の男がどういう人物たちなのか、北朝鮮の関与が出てくるのかだ。場合によっては、事件の真相は不明のままになる可能性もある。

■韓国当局は「5年前の暗殺指令が生きている」

 韓国の情報機関・国家情報院が2月15日に国会の情報委員会へ報告したところでは、北朝鮮は金正恩政権スタート直後の「2012年から金正恩氏の暗殺を図っていた」とした。さらに、李炳浩(イ・ビョンホ)国家情報院長は「金正男暗殺は金正恩政権執権以後、『スタンディング オーダー』(取り消されるまで有効な命令)だった」とし「2012年に本格的な試みがあり、その後の2012年4月に金正男氏が『私と私の家族を助けてくれ』と書信を送った」と述べた。

 しかし金正男氏は、以前は行動の拠点を北京などの中国に置いていたが、中国の監視を嫌い、マカオや東南アジアに拠点を移した。自分や家族の身の危険を感じていたのなら中国を離れただろうか。また、日本のメディアをはじめ、実は密かに金正男氏と交流をしていた人たちは多い。そうした「アマチュア」でもコンタクトが可能だったし、映像で紹介されているように金正男氏は1人で自由に活動してきた。5年前の暗殺指令がずっと有効ならもっと早くにいつでも殺害できたのではないか。

■張成沢事件の余波

 筆者は今回の事件にそうした疑問を持ちながら、しかし、もし、北朝鮮が行った暗殺であるなら、それは金正恩党委員長の個人的な感情のためではないかと思うようになった。あくまでも、北朝鮮の犯行が立証されればという前提での推論だ。

 まず考えられるのは、張成沢党行政部長粛清の余波だ。張成沢氏に連なった勢力はほぼ根絶やしにしたが、金正恩党委員長はその後も張成沢氏の業績となるようなものをすべて否定し、その痕跡を残さないようにしている。それは偏執的なものだ。金正男氏は幼いときから金慶喜(キム・ギョンヒ)・張成沢夫妻の世話になってきた。金正男氏が2001年に日本から国外追放されて以降も、金慶喜・張成沢夫妻と連絡を取ってきたようだ。張成沢氏が海外に秘密資金を置いていて、金正男氏がそれと関連していた可能性は高い。

 そして、金正恩氏が張成沢氏の粛清活動を続けている中で、再び金正男氏の存在が浮上した可能性はある。今回の事件を張成沢氏粛清事件の延長とみる見方だ。

 さらに本質的な動機はやはり「白頭の血統」だ。「白頭の血統」を考えると、この血統の嫡流は金日成主席から長男の金正日総書記、それから長男の金正男氏になる。金正恩氏は金正日総書記の3男である。金正恩氏が自身を「白頭の血統」の傍流であると考えれば、嫡流の金正男氏の存在は許せないだろう。

 さらに、金日成主席は、最初は金正男氏の存在を知らなかった。金正日総書記には金英淑(キム・ヨンスク)氏という本妻がおり、金正男氏の母・成蕙琳(ソン・ヘリム)氏との同棲は、金日成主席には秘密であった。しかし、後にこれが金日成主席の知るところになった。この時に取りなしたのも金慶喜・張成沢夫妻である。しかし、金日成主席は、金正男氏の存在を知ると初孫として溺愛する。

 韓国の朴振(パク・ジン)元議員は聯合ニュースとのインタビューで、カーター元大統領が1994年に訪朝して金日成主席と会った時の話を、その直後に会った金泳三(キム・ヨンサム)大統領に語ったエピソードとして紹介した。朴元議員は当時、金泳三大統領の通訳だった。

 カーター元大統領が金日成主席に「趣味は何か」と尋ねると「われわれ夫婦は釣りと狩りが好きだ」と語った。そして「息子(金正日総書記)は党と軍の仕事のために狩りをする時間はなく、孫(金正男氏)と釣りを楽しむ具合です」「私が一番大切にする孫」と語り、金正男氏への愛情を語った。

 金正恩氏は現在、偶像化作業を行っているが、まだ金日成主席と一緒に写した写真は公表されていない。金正恩党委員長は1984年生まれとみられるが、1994年に亡くなった金日成主席が金正恩党委員長の存在を知っていたかどうかは不明だ。これは今後の金正恩党委員長の偶像化作業にとっては大きな弱点だ。

 さらに、金正男氏の母、成蕙琳氏も、金正恩党委員長の母・高英姫(コ・ヨンヒ)氏も正妻ではない。さらに、高英姫氏は在日出身というハンディを抱えている。

 こうした状況を考えると、金正恩氏は「白頭の血統」の視点からある種のコンプレックスを持っているとも考えられる。自分より優れた血筋に当たる金正男氏の存在を容認できないという心理に陥る危険性だ。金正恩氏の偏狭な考えが金正男氏の暗殺につながった可能性はある。

■横枝叩きと制止者の不在

 激しい権力闘争と粛清が繰り返された北朝鮮においてなぜ「白頭の血統」に犠牲者が出なかったのかを考える時に、金日成主席の存在を考えざるを得ない。金正日総書記が、自らが後継者になるために、金日成主席の弟の金英柱氏や妻の金聖愛氏、息子の金平日氏への圧迫を強めても、金日成主席は殺すことは許さなかったはずだ。金正日総書記は金日成主席の下で自らの権力を構築してきただけに手が出せなかったといえる。

 金正日総書記が「横枝叩き」として、金英柱氏や金聖愛氏、金平日氏を圧迫したように、金正恩氏は自らにとって「最大の横枝」である金正男氏を除去したのかもしれない。金正恩氏はこの「横枝」は放置すれば「幹」の成長を妨げると考えたのだろう。

 金正日時代には金日成主席という強大な抑止者がいた。しかし、現在は、金日成主席のような存在はいない。金正恩氏と金正男氏の父の金正日総書記もいない。「白頭の血統」に危害を加えることを止める強力な抑止者が不在だ。本来ならば、これは金日成主席の娘であり、金正日総書記の妹である金慶喜氏が果たすべき役割である。しかし、金慶喜氏は夫の張成沢氏の粛清以降、もはや金正恩氏に影響力を行使できるほどの存在ではない。

 しかし、もし、金正恩党委員長が金正男氏の暗殺を指示したのであれば、それは北朝鮮という国がこれまでつくり上げてきた「白頭の血統」というイデオロギーを否定するものだ。金正男氏の暗殺はすぐには北朝鮮内に広がらなくても、韓国側の政治宣伝などにより、次第に住民の間に広まるだろう。「白頭の血統」というイデオロギーが、単なる権力闘争のレベルに引きずり落ちる危険性がある。それは金正恩氏が目指している、自身の偶像化作業に難関をつくることになりはしないだろうか。


マレーシア当局、親族のDNA提供なければ遺体引き渡さず 金正男氏殺害
CNN.co.jp 2/18(土) 11:45配信

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件で、同国セランゴール州の警察トップは18日までに、正男氏の近親者からDNAサンプルの提出がない限り遺体を北朝鮮側に引き渡さず、検視報告書も公表しない方針を明らかにした。

北朝鮮側は遺体の引き渡しを求めているが、マレーシア当局は捜査が完了するまで引き渡さないとの姿勢を示している。北朝鮮の駐マレーシア大使は、北朝鮮は同国当局者の立ち会っていない「強制的な」検視結果を受け入れず、遺体の即時引き渡しを求めるとする声明を発表した。

声明ではまた、マレーシア側が当初、正男氏は病院への搬送中に心臓発作で死亡したと大使館当局者に説明していたと指摘。北朝鮮政府に敵対的な勢力と「共謀」しているとして、マレーシアを批判した。

正男氏は13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港で襲撃された後に死亡した。正男氏の殺害に関連してこれまでに、インドネシア人の女、マレーシア人の男、ベトナムの身分証明書を持った女の3人が逮捕された。男はインドネシア人の女の交際相手。

正男氏の死をめぐっては、韓国国会情報委員会の李轍雨(イチョルウ)委員長が15日、公式に殺害事件と発表。「アジア人女性2人」により毒殺されたとの見解を示した。韓国がこうした情報を入手した経緯や、殺害の際に使われた毒物の種類は明かさなかった。

検視により事態解明が進む可能性もあったが、検視は15日に終わったにもかかわらず、結果は公表されていない。マレーシアのザヒド副首相によれば、これまでのところ遺体の引き取りを申し出てきた近親者はいないという。


<金正男氏殺害>「暗殺首謀のスパイか」逮捕の北朝鮮籍の男
毎日新聞 2/18(土) 11:38配信

940
金正男氏殺害を巡る関係者

 ◇華字紙「中国報」報道 マレーシアへの複数回の入国記録

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシアで襲撃・殺害された事件で、マレーシアの警察は18日、首都クアラルンプール近郊で17日に北朝鮮籍の男、リ・ジョンチョル容疑者(46)を金正男氏の死亡に関与した容疑で逮捕したと発表した。華字紙「中国報」(電子版)によると、襲撃現場の空港から逃走した男4人女2人のうちの1人とみられる。警察は実行役としてインドネシア国籍とベトナム国籍の女2人を既に逮捕している。

 マレーシアの英字紙「ニュー・ストレーツ・タイムズ」は18日、容疑者の男らのうち1人が金正男氏の移動を約1年間監視していたと報じた。中国報は16日、3カ月前から実行役の勧誘が進められたと伝えた。

 中国報や華字紙「東方日報」(電子版)によると、17日に逮捕された男の旅券にはマレーシアやインドネシアへの複数回の入国記録があった。中国報はこの男が「金正男氏暗殺を首謀したスパイの可能性がある」と見てマレーシアの警察が確認中だと伝えた。

 また、別の華字紙「星洲日報」(同)によると、地元警察当局は容疑者の男ら4人の顔写真を国内各州の警察に配布し、逃走中の3人を全国手配した。今回捕まった北朝鮮籍の男は事件当時、現場の空港で実行犯の女らの犯行を見届けた手配中の男らと話していたという。


容疑者の女は「だまされた被害者」=インドネシア副大統領が主張―金正男氏暗殺
時事通信 2/18(土) 11:26配信

 【ジャカルタ時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、インドネシアのカラ副大統領は17日、記者団に対し、逮捕されたインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)について「彼女はだまされた被害者だ」と主張し、北朝鮮工作員ではないとの見解を示した。

 一方、インドネシア外務省幹部は同日、在マレーシア大使館に対し、シティ・アイシャ容疑者との領事面会を求めるよう指示したと明らかにした。通訳や弁護士の選定など法的支援を行うチームを派遣したという。

 また、外務省幹部は同容疑者について、旅券の履歴によれば、ビザなしでマレーシアとの間を何回も行き来していたが、「就労ビザではなく、移民労働者ではない」と語った。

 地元メディアによると、同容疑者には子どもが1人いる。容疑者の知人は取材に対し、「彼女はいい女性だ。誰にでも親切で、よくお祈りをしていた」と話した。北朝鮮工作員説については「そうは思わない。英語すら話せない。誰かを殺すなんて考えられない」と強調した。


<金正男氏殺害>北朝鮮大使館がマレーシア政府を強く非難
毎日新聞 2/18(土) 11:24配信

 ◇公式の初反応 「遺体の検視結果も受け入れない」と主張

 【クアラルンプール平野光芳】金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件に関連し、在マレーシア北朝鮮大使館は17日、金氏の遺体返還を認めていないマレーシア政府を「反北朝鮮の勢力と結託している」と強く非難する声明を発表した。遺体の検視結果も受け入れないと主張している。

 マレーシア警察は金氏の家族が身元確認のためにDNAのサンプルを提供するまでは遺体の保管を続ける方針で、両政府間の対立があらわになっている。事件を巡り北朝鮮から公式の反応が出たのは初めて。

 声明で北朝鮮は、マレーシア政府が当初、「心臓発作で死亡した」と説明していたと主張。北朝鮮は外交官パスポート保持者の遺体であったため司法解剖を拒んだが、マレーシア側が無断で立ち会いもなく実施したとしている。また17日にはマレーシア警察高官に面会し即時引き渡しを求めたが、拒否されたという。


北朝鮮籍の46歳男を逮捕、現地紙「主犯格か」
読売新聞 2/18(土) 11:15配信

 【クアラルンプール=吉田健一、児玉浩太郎】マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察は18日、事件に関与した疑いで、北朝鮮籍のリ・ジョンチョル容疑者(46)を逮捕したと発表した。

 逮捕は17日夜。発表によると、リ容疑者はマレーシア在住で、同国が発行する身分証を持っていた。

 マレーシアの中国語各紙(電子版)は17日夜、警察当局が、正男氏殺害に関わったとみられる北朝鮮旅券を持つ男1人を逮捕したと一斉に伝えていた。男が正男氏殺害グループのリーダー格の可能性もあるとみていると報じている。

 現地紙・東方日報によると、男は、実行犯の一人とされるインドネシア旅券を持つシティ・アイシャー容疑者(25)に最初に犯行を持ちかけた人物。マレーシアやインドネシアに複数回入国していたという。


<金正男氏殺害>マカオの遺族か北朝鮮か 遺体めぐり綱引き
毎日新聞 2/18(土) 11:12配信

 【クアラルンプール西脇真一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マカオにいる正男氏の家族が在マレーシア中国大使館を通じ遺体の引き取りを求めていることが17日、マレーシア政府関係者の話で分かった。北朝鮮大使館も早期引き渡しを求めており、双方の要求がぶつかる可能性がある。

 マレーシア政府は既に遺体が金正男氏だと認めたが、遺族にDNA試料の提供を要求。「サンプルが提供されない限り、遺体は搬出しない」としている。

 政府関係者によると、既に家族関係者がクアラルンプールを訪ね、中国大使館に協力を要請したという。

 一方、北朝鮮大使館は13日に正男氏の死亡が確認されると、すぐに火葬するよう要求。司法解剖を避け身元を隠す目的とみられるが、マレーシア政府は重大事件のため拒否し、2日後の15日に司法解剖が実施された。

 15日は複数の北朝鮮大使館員が病院の遺体安置施設に詰めかけ、午後には大使も姿を見せ長時間滞在した。その後も遺体の早期引き渡しを求めている。地元紙によると、18日に2度目の司法解剖が行われる。

 「正男氏とみられる男性が殺害された」との報道は14日にあったが、マレーシアのザヒド副首相が正男氏であることを確認したのは16日になってから。この際、ザヒド氏は遺体に関する警察や医療的な手続きが終わり次第、北朝鮮大使館を通じ遺族に引き渡されると語った。ただ、引き取りを強く要求している北朝鮮大使館が、遺族に遺体をそのまま渡すのかは不明だ。


暴走するワイドショー 金正男氏暗殺関連で
Japan In-depth 2/18(土) 10:35配信

思わず耳を疑ったのは2月16日(金)TBS系列の朝の情報番組「白熱ライブ ビビット」を見ていた時だ。
連日どの局も「金正男暗殺事件」を取り上げているのはわかる。日本で身柄拘束されたこともある故金日成の長男金正男(キム・ジョンナム)氏の暗殺のニュースがこれだけの耳目を集めるのは当然のことだろう。つい最近、12日に北朝鮮は弾道ミサイルを発射したばかりでもある。

その中で同番組は、金正男氏の長男、金漢率(キム・ハンソル)氏が「次の(暗殺の)ターゲット」だと大々的に報じたのだ。金漢率氏については2012年に海外テレビ局のインタビューを受けたこともあり映像もある。現在の金正恩(キム・ジョンウン)体制に対する批判ともとれる発言もあったことから以前から金漢率氏が注目されていたのは事実だが、今その父が暗殺された直後に「次のターゲット」として煽るのはいかにも不謹慎な気がする。しかも、スタジオでは金漢率氏が次に暗殺される、されないとコメンテーター陣が予測するという内容だった。倫理的にどうなのだろうか、と首を傾げざるを得ない。そもそも北朝鮮関連の情報はほとんどがウラの取れない二次情報だ。従ってスタジオで専門家として解説している人も憶測を語っているに過ぎないケースが多い。一方的な情報を流して視聴者をミスリードすることがあってはならないのだ。

金漢率氏関連報道について、制作側は「視聴者の知る権利に答えただけだ」とか、「国際テロの脅威を知らせる為に必要な情報だ」とか、いくらでも言えるだろうが、番組で取り上げるべきは、ミサイル開発を押し進め、我が国や米国に軍事的脅威を与え続けている北朝鮮をどう封じ込めるか、ということに尽きる。金正男氏暗殺の犯人がまだわかってない時点で「次のターゲット」は誰か予測することでは決してないだろう。

おりしも国会では、「組織犯罪処罰法改正案」が審議中だ。その中で「テロ等準備罪」を巡り、与野党激しい論戦を展開している。2020年のオリンピック・パラリンピックを控える日本にはテロを未然に防止する法律がない。マレーシアで起きたようなテロが日本で起きない保証はない。テロリストはソフト・ターゲットを狙うものだ。何の準備もない日本がターゲットになる可能性は高い。既に日本はISの標的国となっているが、トランプ米大統領がIS殲滅を掲げる中、その最大の同盟国である日本への攻撃は強まることはあれ、弱まることはないだろう。特に核施設への攻撃やサイバーテロなどに対しては、最大級の警戒が必要なはずだ。

ワイドショーには野次馬的議論に時間を費やすのではなく、テロに対する日本の脆弱性をどうしたら変えていけるのか、といった本質的な議論を展開すべきだ。一般大衆への影響力が甚大なだけに、ワイドショー制作者には猛省を促したい


金正男氏殺害 北朝鮮旅券の男逮捕 4人を指名手配 北大使は突然声明「マレーシアが一方的に解剖」
産経新聞 2/18(土) 10:21配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアで北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、マレーシア紙、星洲日報(電子版)は18日、マレーシア警察当局が17日に北朝鮮の旅券を持つ男1人を逮捕したと報じた。

 同紙によると、警察は、実行犯とみられる女2人に犯行を持ちかけた容疑で男4人を指名手配した。逮捕されたのは、4人のうちの1人とみられる。警察は指名手配者らの写真を全国の警察署に配布し、行方を追っているという。

 一方、在マレーシアの北朝鮮大使は17日夜、正男氏の遺体が安置されている病院の前で声明を出し、マレーシア側が遺体を早期に引き渡すよう求めた。

 大使は病院前に集まっていた記者団に向かって、マレーシア当局が遺体を速やかに引き渡さないのは「何かを隠し、欺こうとしているからだ。我々に敵対的な勢力と結託している」と述べて、強く非難。司法解剖は北朝鮮の許可なく行われたもので、「結果はとうてい受け入れられない」と主張した。

 大使はこれと前後して、文書による声明も発表。マレーシア側が当初、病院に搬送中に男性が「心臓発作」で死亡したため、北朝鮮国民かどうかを確認してほしいと要請してきたと明かした上で、マレーシア側が解剖を「一方的に実施した」ことへの不満を表明した。北朝鮮に不利な解剖結果を出すのを防ぐため、マレーシア側に圧力をかける狙いとみられる。


<金正男氏暗殺>異母弟に追われた兄の悲しい最期
毎日新聞 2/18(土) 9:30配信

 北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男・金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が2月13日、マレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺されました。なぜ今殺されなければならなかったのか。元毎日新聞ソウル支局長で、朝鮮半島情勢に詳しい大澤文護・千葉科学大学教授のリポートです。

 ◇みせしめのための暗殺?

 金正男氏暗殺が世界に与えた衝撃は、いまだ収まっていない。韓国の情報機関、国家情報院は2月15日、「毒物によって殺害された」との見方を示した。韓国メディアは北朝鮮の複数の女性工作員による暗殺と報じ、暗殺の背景をめぐる記事が飛び交っている。

 韓国の北朝鮮専門家は、正男氏暗殺の理由について、高額な海外滞在費を北朝鮮当局に要求し続け、拒否されると欧米への亡命をちらつかせたため、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長が見せしめのために暗殺許可を下したと分析している。

 権力中枢を離れて長い時間がたった正男氏の死亡によって、北朝鮮の権力構造に変化が起きることはない。だが、北朝鮮工作員による暗殺だった証拠が明らかにされれば、米政府と議会は2008年に解除した北朝鮮の「テロ支援国家」指定を再検討するなどして、金正恩体制の国際的孤立は一層強まるとみられる。

 ◇複雑な家庭事情の下に生まれる

 金正男氏が後継者になれなかった背景には、金一家の複雑な「家庭事情」があると言われる。

 韓国の研究によると、正男氏の生母、成恵琳(ソン・ヘリム、1937~2002年)は金正日総書記と出会った時は既婚者だったため、まだ健在だった建国者の金日成(キム・イルソン)主席は結婚に猛反対した。だが、「金総書記が強制的に離婚させ、同居生活を始めて生まれたのが正男」(世宗研究所、鄭成長首席研究委員の話)であったため、金総書記の次の妻となった女性が金正恩委員長らを産んだ後は、正男氏は権力中枢から遠ざけられた。

 正男氏はスイス・ジュネーブの国際学校、モスクワのフランス語学校などで学び、英語、フランス語、ロシア語を駆使できたため、北朝鮮当局から提供を受けた生活費で外国での生活を続けた。

 1996年に伯母の成恵琅(ソン・ヘラン)氏が米国に亡命すると、北朝鮮指導部から「危険視」され始め、2001年、ドミニカ共和国の偽造旅券で日本に密入国しようとして摘発されたことで北朝鮮権力中枢部から完全に除外された。

 ◇張成沢氏粛清後は対外的な接触避ける

 2011年末、父・金正日総書記が死去した直後からは、米国や欧州への亡命をたびたび希望した。だが正男氏の受け入れを表明する欧米の国はなかった。長く北朝鮮を離れて暮らした正男氏は、北朝鮮中枢部の情報を持っておらず、各国が金正恩政権への刺激を避けたためとみられている。

 その後、正男氏は外国の報道関係者らと接触して、「権力世襲」に否定的な見解を主張するなどしている。

 だが、正男氏を担いで権力を握ろうと企図した張成沢(チャン・ソンテク)氏(金正日総書記の実妹の夫)が2013年に粛清された後は、親族といえども厳しく処断する金正恩委員長の態度に正男氏は恐れをなし、対外的な接触を避け、北朝鮮当局に生活費を要求し続けながらアジアと欧州を行き来する暮らしを続けるしかなかった。


体制への「脅威」排除=金正恩氏の危機感反映-正男氏の暗殺・北朝鮮〔深層探訪〕
時事通信 2/18(土) 8:29配信

 北朝鮮の金正男氏暗殺には最高指導者である金正恩朝鮮労働党委員長の「指示があった」(韓国の情報機関・国家情報院)との見方が有力だ。独裁体制を強化する金委員長にとって、故金正日総書記を同じ父とする異母兄の正男氏は、自らの権力の正統性を揺るがしかねない「脅威」と映る。ただ、長年本国を離れ、影響力の薄い正男氏の排除には、権力継承後5年たっても「偶像化」が進まない正恩氏の危機感がうかがえる。

〔写真特集〕北朝鮮の女性兵士

 ◇「血筋」が正統性
 金総書記と成恵琳氏の間に生まれた正男氏は、金総書記が新たな夫人に高英姫氏を迎えると疎遠となり、高氏が産んだ金正哲氏、正恩氏とは確執があった。金総書記も権力掌握過程で異母弟の金平一チェコ大使を「キョッカジ(脇の枝)」と呼び、権力中枢から遠ざけた経緯があり、正恩氏は父の手法を暗殺という暴力的な手法で踏襲した形だ。

 十分な権力基盤を持たないまま最高指導者にまつりあげられた正恩氏には、建国の父とされる金日成主席からつながる3代目としての「血筋」しか権力継承の正統性がない。韓国の北朝鮮専門家は「核実験やミサイル発射などで指導力をアピールしているが、祖父や父のような『偶像化』には程遠い。同じ血筋を持つ正男氏が権力掌握の障害になりかねないと判断したのだろう」と指摘する。

 ◇体制引き締め狙う
 金委員長は権力を継承してから、2013年に1回、16年には2回の核実験を実施し、米国に対抗する強い指導力を誇示した。しかし、国際的に孤立し、制裁により経済の本格的な立て直しは難航している。今年の新年の辞では「能力が至らないもどかしさと自責の念で昨年1年を送った」と無謬(むびゅう)であるはずの最高指導者が言及した異例の反省に注目が集まった。

 昨夏に韓国へ亡命した北朝鮮のテ・ヨンホ元駐英公使は「北朝鮮の社会では金正恩政権への反感が強まっている」と指摘する。正恩氏は1月に、最側近の1人で秘密警察トップに当たる金元弘国家保衛相を解任したほか、今月12日にはトランプ米政権の発足後初めて弾道ミサイルを発射。指導層が動揺する中、対外的な緊張を高め、体制の引き締めを図る狙いがあるとみられる。

 ◇「カード」失った中国
 正男氏は金総書記の生前から本国には帰らず、マカオなどに滞在し、中国と良好な関係を築いてきた。13年に処刑された中朝の「パイプ役」張成沢氏も正男氏を支援していたとされる。国家情報院によれば、北京とマカオに正男氏の家族が居住しており、中国当局の保護を受けているという。

 中韓筋は「中国は北朝鮮に対処する上で、金正恩氏に対抗する『交渉カード』として、正男氏を厚遇してきた」と指摘。張氏の処刑後と同様に、正男氏の暗殺で中朝関係がさらに冷え込むことも予想されるが、正男氏は金総書記の生前と異なり、対中関係での役割は限定的だったとされる。

 中国外務省の耿爽・副報道局長は正男氏暗殺について「マレーシアが現在調査中だ」と具体的な論評を避け、北朝鮮への配慮をにじませた。同筋は「正男氏が暗殺され、カードがなくなってしまった以上、中国は大きな問題にしないだろう」との見方を示した。(ソウル、北京時事)

売国民進党のウソつき蓮舫、天皇陛下退位問題を政争の具にする姿勢

自らの二重国籍問題に端を発する経歴詐称の疑惑で国民・有権者を愚弄し続ける売国民進党のウソつき蓮舫が、検討が進む天皇陛下の退位・譲位問題について、政府の有識者会議を「一つの特定の方向を見いだすかのような議論になっているのが引っかかる」と批判し、「恒久制度化」を主張する共産党などと連動して、これを自身と売国民進党の存在感を示すための政争の具にする姿勢を仄めかしている。

天皇陛下の退位・譲位問題を国政政党の政務を妨害する道具に利用しようとする、民進党共産党などの凶悪な動機を決して容認してはならない。

そもそも蓮舫は、そのような日本国の核心問題にくちばしをいれる前に、まず自分の二重国籍問題に関する経歴詐称疑惑を国民に説明したらどうなのか。あくまでそれをしないというのなら、このような邪悪な議員・政党はこの社会から追放するしかあるまい。

リンク:民進「譲位の恒久化を」 方針決定 与野党協議難航か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下の譲位 民進・細野豪志代表代行 旧宮家復帰「到底国民に受け入れられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:衆院予算委 譲位議論で細野氏・安倍首相応酬 皇族の「人権」まで論点 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下の譲位 民進・野田佳彦幹事長「一つの方向に傾斜しすぎている」 有識者会議の論点整理を批判 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位議論 野田氏、政府へ「宣戦布告」 代表質問で挑発的姿勢 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:天皇陛下譲位、民進・蓮舫代表が政府の有識者会議を批判 「一つの方向を見いだす議論」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:譲位めぐる法整備 民・共など「恒久制度化」で足並み - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

民進「譲位の恒久化を」 方針決定 与野党協議難航か
産経新聞 2/18(土) 7:55配信

 民進党は17日、天皇陛下の譲位に関する全議員懇談会を開き、「皇室典範を改正し、譲位を恒久制度化する」との考えを党の見解としてまとめ、20日に衆参両院の正副議長に伝える方針を決めた。与党は陛下一代限りの特例法が望ましいとの見解で足並みをそろえているが、民進党内には妥協を拒む声が多く、与野党協議は難航しそうだ。

 全議員懇では、政府の有識者会議が1月にまとめた論点整理について議論。政府側の説明に対し、出席者から「最初から『一代限り』で結論ありきだったのではないか」といった意見が出た。衆参の憲法審査会で譲位について議論を求める声も上がった。

 これに関連し、細野豪志代表代行は17日の記者会見で「中途半端な妥協で決める筋の問題ではない。わが党の立場は揺るぎない」と述べ、皇室典範の改正にこだわる姿勢を示した。

 一方、安倍晋三首相は17日、自民党の高村正彦副総裁と官邸で会談し、一代限りの特例法が望ましいとする党見解を了承した。

 譲位の法整備をめぐっては高村氏、民進党の野田佳彦幹事長、大島理森衆院議長が同日、会談する予定だったが、各党の意見表明前の調整は避けるべきだとの声にも配慮し、見送った。


天皇陛下の譲位 民進・細野豪志代表代行 旧宮家復帰「到底国民に受け入れられない」
産経新聞 1/27(金) 18:38配信

 民進党の細野豪志代表代行は27日の記者会見で、安定的な皇位継承を図るため、安倍晋三首相が首相就任前に旧宮家の復帰などを提唱したことに関連し「この時代にあって、国民の知らない方が突然皇籍復帰し『この人が(天皇)陛下です』といっても到底受け入れられるとは思わない」と述べ、改めて批判した。

 細野氏は、「陛下が存在するだけに意味があるのではなく、存在していただいた上で行動して、国民が本当にありがたいことだと思うのが伝統の継承であり、統合の象徴だ」と指摘。

 さらに首相が26日の衆院予算委員会で、旧宮家の復帰などを「首相就任前に、一つの選択肢としてあり得るのでないかと考えていた」と述べたことについて「首相もそういう考え方を持っていることが昨日分かった。本来、天皇制を何より重要視している保守派の方々がこうした議論をするが、到底国民は受け入れられず、皇位継承自体を危うくする」と強調した。

 そのうえで、女性皇族が結婚後も皇族の身分にとどまる女性宮家の創設について「早急につくっておかないと、場合によっては手遅れになりかねない」と述べ、導入に向けた議論を加速するよう求めた。

 細野氏は、天皇陛下の譲位に関する法整備について「閣法(政府提出法案)にこだわる必要は全くなく、議員立法で各党派が合意できるのが非常に望ましい」とも言及。衆参両院議長らが与野党の意見の取りまとめを進めているのを踏まえ、「国権の最高機関である国会で、われわれの目指す結論に至るように努力していく」と述べた。


衆院予算委 譲位議論で細野氏・安倍首相応酬 皇族の「人権」まで論点
産経新聞 1/27(金) 7:55配信

 ■質疑時間7割振り当て

 ■早くも「政争の具」様相

 天皇陛下の譲位をめぐる議論が今国会の主要テーマとして熱を帯びてきた。26日の衆院予算委員会では、民進党の細野豪志代表代行と山尾志桜里前政調会長が譲位問題を取り上げ、安倍晋三首相にただした。野党の質問には、政府が描く「一代限りの特例法」を封じようという意図もちらつき、議論は早くも「政争の具」の様相を見せ始めている。(松本学)

                   ◇

 「まず、国家の基本にかかわるご譲位の問題についておうかがいしたい」

 細野氏はこう質問を切り出し、割り当てられた50分の質疑時間のうち、約7割を譲位問題に費やした。

 細野氏は、政府の有識者会議が23日に示した論点整理で、法整備のあり方について「一代限りの特例法」を重点的に評価したことを踏まえ「有識者会議で方向性を出すのならば、憲法のあり方にも大きく反する」と強調。首相は「論点整理はまさに『参考』だ」と答え、立法府での議論を尊重する考えを示した。

 さらに細野氏は、「唐突な質問に思うかもしれないが」と断った上で、首相の皇室観を徹底的にあぶり出そうと努めた。

 細野氏「天皇陛下を含めた皇室の皆さんの人権をどう考えるのか」

 首相「一般の国民とは異なる一定の制約があるものと理解をしている」

 細野氏「天皇陛下は『国民』ではないということか」

 首相「例えば、天皇陛下はパスポートを持っておられない。一般の国民とは異なる一定の制約があるご存在ということだ」

 応酬の末、細野氏は「『陛下の人権をできる限り尊重していく』という言葉は残念ながら出なかった」と嘆いてみせた。

 議論の背景に垣間見えるのは、「官邸と皇室の溝」を際立たせようという思惑だ。細野氏は首相に「ご譲位に国民の9割が賛成をしているが(有識者会議の)ヒアリング対象者14人のうち6人が反対意見を述べている。バランスが悪くないか」とも指摘し、世論との乖離(かいり)を強調してみせた。

 民進党の蓮舫代表は26日の記者会見で、譲位に関する法整備に関し「閣法(政府提出法案)がいいのか、違う形の立法形態がいいのかも含め見極めていかなければならない」と述べ、各党の合意を原則とする議員立法に含みを持たせた。社民党は同日の「検討委員会」で議員立法による法整備を求めることを決めた。

 議員立法を重視する姿勢には、政府が「皇室典範改正」を掲げる両党など主要野党の意見を切り捨てないよう牽制(けんせい)する狙いもある。

 質疑では、首相が「お互い静かに、思慮深く議論していくべきだ」と呼びかける場面も目立った。政府と野党の溝が深まる中、論戦は「静かな環境」から遠ざかりつつある。


天皇陛下の譲位 民進・野田佳彦幹事長「一つの方向に傾斜しすぎている」 有識者会議の論点整理を批判
産経新聞 1/24(火) 16:33配信

 民進党の野田佳彦幹事長は24日、政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」がまとめた論点整理について「かなり一つの方向に傾斜しすぎている気はする」と述べた。衆参両院の正副議長らと天皇陛下の譲位をめぐり国会内で会合後、記者団に答えた。


譲位議論 野田氏、政府へ「宣戦布告」 代表質問で挑発的姿勢
産経新聞 1/24(火) 7:55配信

 ■にじむ政局、遠い「静かな環境」

 「これから議論しようというときに、どちらの方向を向いているのか」

 自民党最高幹部の一人は民進党の野田佳彦幹事長の23日の代表質問を聞き、こうつぶやいた。天皇陛下の譲位をめぐり、国会としての意見集約に向けて自民党は25日にも党内の意見集約を始めるだけに、不安が口をついた形だ。

 野田氏は23日、安倍晋三首相の施政方針演説に対する代表質問で、約32分間の質問時間のうち約7分間を譲位の問題に割いた。野田氏の次に質問した自民党の二階俊博幹事長が約1分にとどめたのとは対照的だ。「静かな環境」を破るかのような集中砲火は、政府への“宣戦布告”に等しい。

 ◆“戦線”拡大化狙う

 野田氏は、産経新聞などが「新元号は平成31年元日から」などと報じたことを取り上げ、政府側が情報を流したと示唆しつつ、「新元号の話だけが先走って流れる今の政府の姿勢には疑問を覚える」と指摘。「政府とりわけ首相官邸側と皇室・宮内庁側とは、しっかりと意思疎通ができているのか」と正面から疑問を投げかけた。

 安倍首相は「政府は報道内容を全く関知しておらず、これをもとにさまざまな臆測がなされていることは誠に遺憾だ」と答弁したが、野田氏は本会議後の記者会見で「ガセネタのわけがない。政府筋が流しているのでないか。一部の政府の先走り感は拭えない」と批判を重ねた。

 野田氏は、譲位をめぐる政府の対応を舌鋒(ぜっぽう)鋭く批判するだけでなく、女性宮家の創設と女性・女系天皇の容認にまで、“戦線”の拡大化を狙う。

 24年の野田内閣で議論したことなどから、皇室への思い入れが人一倍強い。野田内閣で外務事務次官を務めた河相周夫氏が現在、宮内庁で陛下に近い侍従長を務めていることもあって、民進党幹部は「譲位の議論は皇居の意向も十分配慮していると自負できる」と語る。世論の支持が譲位の恒久制度化に多いことも野田氏を勢いづかせているようだ。

 ◆有識者会議も批判

 野田氏はこの日、政府の「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」にも批判の矛先を向けた。

 代表質問で「議論の方向性は民意から離れているのでないかと危惧する」と強調。有識者会議の御厨貴座長代理が論点整理をまとめる前から「一代限りの特例法」を重視する考えを示したことにも触れ、「会議が結論ありきの政府のアリバイ作りの場だと座長代理自ら認めて進めてきたのではないか」と断じた。

 天皇陛下が意向を示された譲位について政府が「静かな環境」整備に腐心していることは首相経験者なら察して当然のはず。しかも衆参両院の正副議長が与野党各会派と意見調整を続けているのは譲位問題をいたずらに政局化しないための方策のはずだ。

 野田氏はこれまで譲位の問題について「政争にしない」と繰り返し述べてきたが、代表質問では「『政争の具にしない』ということは『議論しない』ということと同義でない」と述べ、今後、政府と国会審議などでさらに対決する意向もにじませた。

 「あれが前首相の振る舞いだろうか…」

 ある政府関係者は野田氏が有識者会議にまでかみついたことに困惑の表情を浮かべた。民進党からも譲位の問題を利用した政局化を不安視する声があがった。

 「本当は静かに官邸との接点を見つけなければならない。けんか腰な今の姿勢は前のめり過ぎる」

 党重鎮は危機感を募らせる。 (水内茂幸)


天皇陛下譲位、民進・蓮舫代表が政府の有識者会議を批判 「一つの方向を見いだす議論」
産経新聞 1/20(金) 10:57配信

 民進党の蓮舫代表は20日午前の党参院議員総会で、天皇陛下の譲位をめぐる法整備に関する論点整理を23日に公表する政府の有識者会議を批判した。「一つの特定の方向を見いだすかのような議論になっているのが引っかかる」と語った。

 その上で、譲位を恒久的な制度とするために皇室典範改正で対処すべきだと明記した民進党の「論点整理」を念頭に、「(衆参の)正副両院議長のもとの会議体で、提案を主張しながら臨みたい」と強調した。


譲位めぐる法整備 民・共など「恒久制度化」で足並み
産経新聞 1/20(金) 7:55配信

 ■「政争の具」化見え隠れ 「一代限りの特例法」政府と深い溝

 天皇陛下の譲位をめぐる法整備のあり方について、民進、共産、社民など主要野党の足並みが「皇室典範改正による恒久制度化」でそろいつつある。19日には衆参両院正副議長と各会派の協議が始まったが、「一代限りの特例法」が念頭にある政府との溝は深い。野党幹部は一様に「政争の具にしない」と語るが、年内の衆院選もささやかれる。与野党対決を際立たせるために譲位問題を利用する恐れもある。(松本学)

 「(野党が)一緒になったのはいいことだ。通常国会で共闘できる」

 社民党の吉田忠智党首は協議に先立つ、19日の記者会見でこう語った。譲位に関する一致点が連携強化を後押しすると言わんばかりだ。

 もっとも、各野党は示し合わせて見解を一致させたのではないようだ。

 民進党の野田佳彦幹事長は協議後、記者団に「野党共闘や野党連携というテーマではない」と指摘。共産党の小池晃書記局長も「自然に一致点ができてくるということでないか。野党間の選挙協力や政策協議とは性格が違う」と語った。

 野田氏はこれまで「静かに議論できる環境を整えるべきだ」として、政府案への対案提出などは行わない方針も示している。

 しかし、今後、譲位の問題が「政争の具」となる懸念は大いにある。吉田氏は会見で「共謀罪」の構成要件を変更して「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案に絡め、政府をこう牽制(けんせい)した。

 「天皇の生前退位の問題を『静かな環境』の中でまとめたいと思うなら、国論を二分するような法案を出すのはいかがなものか」

 法案に問題があると思うなら堂々と論陣を張ればいい。しかし、譲位をめぐる問題を“人質”に取るような言いぶりには疑問を感じる。これを「政争の具」と言わずして何と呼べばいいのか。

 民進党が「論点整理」をまとめたのが、政府の有識者会議による論点整理公表(1月23日)より1カ月以上早かったことも気になる。旧民主党時代から「結論先送り」「決められない政治」がお約束の政党にしては、異例のスムーズさではないか。「一代限りの特例法」に傾く政府との対立軸を打ちだそうという思惑が透ける。

 「民進党の昨年末の動きを見ると、静かな(環境での議論)ということを理解しているのかどうか。『政争の具』という兆しが見える」

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は19日の会見でこう警鐘を鳴らした。

 民進、共産、自由、社民の4野党は、次期衆院選に向けて「できる限りの協力」を行うことで合意し、選挙区の候補者調整などの実務者協議を始めている。ただ、政策面で4野党間は原子力発電所の再稼働問題など国の根幹といえる分野でなお隔たりがあり、次期衆院選が近づけば、野党が譲位を共闘の材料として位置付ける可能性も否定できない。

2017年2月17日 (金)

無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・29

「日韓請求権協定」を踏みにじる異常判決、ゆすりたかり、大統領とか称する朴槿恵(パククネ)というキチガイ女による執拗な対日非難・罵倒、日本国内に紛れ込んだ韓国人による凶悪犯罪の多発等、異様な偏執狂国家・韓国による常軌を逸した「反日」敵対言動はますますエスカレートし、すでに国家の崩壊・滅亡にいたる事態までもが現実味を帯びて来た。

卑しく愚劣な韓国が崩壊しようが滅亡しようが、それは愚劣な韓国人が自ら招来する自業自得であり、本ブログとして関知したことではないが、この愚劣で凶悪な国家が我が国に及ぼす数々の害悪については決して許容出来ない。

今日もまた繰り広げられる、この精神異常国家による数々の「反日」行為に対しては、もはやその個々の事例についていちいちコメントするのもいささかめんどうになって来た。“馬鹿がいかに馬鹿であるかを証明する”などというくだらないことのために、貴重な時間と労力を浪費したくない。そこで、それらに関するニュースが報じられるたびにそれを拾い集めて収録し、新たなニュースを収録するごとに掲載時刻を更新することにしよう。

それにしても、この世界でも有数のレイプ大国・売春婦輸出大国として女性の性と尊厳を残酷に踏みにじる「本場」である卑しくおぞましい悪徳国家・韓国の、例えば多数のベトナム人女性に対して行なったおぞましい蛮行の数々のように,自国の恥ずべき歴史を直視せずしたがって反省もせず、自らの凶悪な行為には都合よく口を拭って、他者を執拗かつ凶暴に非難する異常さ・邪悪さ凶悪さは、まさしく精神異常者のそれというほかはない。

一方、例えばアメリカ国内でも、この凶悪な韓国人どもに媚びを売って自己の選挙活動を有利にしようと言う日系アメリカ人政治家、マイケル・ホンダ(民主党)下院議員のように、韓国人同様に精神の歪んだ卑しいクズのような人間もいる。

無知で卑劣・愚劣な精神異常の韓国人に未来はない。さっさと滅亡するがいい。一刻も早く滅亡してくださいな。
愚劣な恥知らずの韓国人(朝鮮人)の未来に災いあれ! くたばれ韓国!

この前の記事
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・2
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・3
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・4
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・5
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・6
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・7
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・8
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・9
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・10
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・11
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・12
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・13
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・14
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・15
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・16
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・17
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・18
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・19
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・20
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・21
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・22
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・23
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・24
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・25
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・26
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・27
無法なキチガイ国家・韓国のエスカレートする「反日」、すでに末期症状・28

これまでの本ブログでの、キチガイ韓国に関連する記事

靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・4 16.2.11
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・3 15.12.15
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕・2 15.12.10
靖国神社爆破テロ事件 韓国人容疑者を逮捕 15.12.9
靖国神社爆破 韓国人テロリストが韓国に逃亡 15.12.3
靖国神社トイレで爆発音、電池やパイプ散乱 警視庁がテロ容疑で捜査 15.11.23
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態・2 15.3.6
韓国で駐韓米大使にテロ行為 テロリストを野放しにする凶悪なテロ支援国家・韓国の実態 15.3.5
「竹島の日」式典開催に、不法占拠の韓国が狂気の非難 15.2.22
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・3 14.6.25
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表・2 14.6.20
いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の検証結果を公表 14.6.20
「テキサス親父」トニー・マラーノ氏、キチガイ国家・韓国を徹底批判 14.5.1
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言・2 14.2.28
「河野談話」作成に携わった石原元官房副長官、いわゆる「従軍慰安婦」聞き取りの裏付けなしと証言 14.2.20
老いぼれ売国奴・村山富市、安倍首相を「売国奴」呼ばわり 14.1.30
特定アジアの野蛮国3国、国連安保理で日本非難の大合唱 14.1.30
日本維新の会、「河野談話」撤廃と河野洋平・朝日新聞社長の証人喚問要求の署名を展開 14.1.29
安倍首相は「竹島の日」式典に出席を 14.1.12
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」が日韓の合作と暴く 14.1.1
韓国に創価学会会員100万人! 公明党が安倍政権の足を引っ張る理由 13.12.29
日本維新の会、「河野談話」の撤廃と河野洋平国会招致を求める署名を展開 13.12.28
伊藤博文を暗殺したテロリスト・安重根を賛美する凶悪野蛮国・韓国 13.11.18
いわゆる「慰安婦」問題で、国賊・河野洋平に公開質問状 13.11.6
産経新聞、いわゆる「従軍慰安婦」強制を認めた「河野談話」の基礎調査のずさんさを暴く 13.10.16
「反日」が生き甲斐のバカ国家・韓国、今度は「旭日旗禁止法」だとよ 13.9.26
韓国の破廉恥漢、靖国神社に放火の目的で侵入 13.9.23
「慰安婦の真実」国民運動、「河野談話」の撤廃を求める署名を国に提出、河野洋平個人の提訴も 13.9.16
『夕刊フジ』がキチガイ国家・韓国を厳しく批判 13.9.13
韓国人潘基文、詭弁を弄して日本非難の言い逃れ 13.8.29
韓国人潘基文、国連事務総長の中立義務を放擲し日本を非難 13.8.26
ヤクザのタカリ国家韓国の「裁判」に名を借りた恐喝に屈するな 13.8.18
我が国の英霊を侮辱・冒涜する、恥知らずの野蛮国・韓国のキチガイ国会議員ども 13.8.15
閣僚の靖国参拝に、公明党と韓国が殉国の英霊と日本人を卑しめる難癖 13.4.21
精神障害国家・韓国最大手紙『朝鮮日報』社説で「日本人には『加虐本能』が遺伝子の中に流れている」侮辱的暴論 12.9.26
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(3) 12.9.16
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート(2) 12.8.23
野蛮国・韓国のキチガイぶり、ますますエスカレート 12.8.21
竹島の不法占拠、国際司法裁判所に提訴へ 12.8.16
劣等野蛮国家・韓国のキチガイ頭目・李明博、天皇陛下を罵倒 12.8.14
侵略国家韓国の頭目・李明博、不法占拠を続ける竹島に強行上陸 12.8.10


リンク:少女像「適切でない、解決へ努力」…韓国外相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:岸田氏、釜山の少女像撤去要求=韓国外相「最大限努力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国は少女像撤去を=中東和平、2国家共存で―安倍首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦問題、北新型ミサイル、金正男氏暗殺… 難題続く韓国外交 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:学習指導要領改定案 竹島・尖閣を初明記 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島「固有」明記で韓国政府が抗議 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島・尖閣「日本の領土」=小中社会、指導要領で徹底―学習指導要領改定案 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:丸川珠代五輪相が「独島」表記を批判 平昌冬季五輪の公式ホームページ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦像問題について、安倍総理が韓国に冷ややかな理由 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐韓大使、帰任させず=菅官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島の啓発でポスター=内閣官房と島根県など〔地域〕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:駐韓大使帰国から1カ月 菅長官、韓国に戻す状況ではないとの認識 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:CNN「慰安婦最大20万人」報道 菅官房長官「全く具体的裏付けない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像撤去、打開策なし…大使ら一時帰国1か月 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官「20万人性奴隷は全く裏付けのない数字」 CNN報道に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:在日韓国人の団体、釜山の日本総領事館前の慰安婦像移転を要望 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像問題、こう着脱せず=大使帰国、間もなく1カ月―日韓 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:釜山・慰安婦像設置 政府「慰安婦像」に呼称統一で各社の報道は? 朝日、読売は従来通り 毎日、日経、東京は報じず 「少女像」なお散見 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:菅官房長官、「慰安婦像というのがわかりやすい」との考え示す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:少女像は「慰安婦像」に呼称統一…政府方針 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:政府、「慰安婦像」に呼称統一 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:×「少女像」、○「慰安婦像」 政府が用語統一、菅義偉官房長官「そのものずばり」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日韓議連の額賀福志郎会長「韓国政府は責任持って撤去を」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「国と国との約束履行を」韓国側に働きかけへ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国大嘘教科書に「慰安婦の集団虐殺」 野上副長官駐韓大使「無期限待機」認める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:慰安婦合意の履行促す=日韓議連会長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対馬仏像訴訟、確定まで引き渡さず 韓国地裁決定、対日関係配慮か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:対馬で盗まれた仏像、判決確定まで引き渡し認めない決定 韓国 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「慰安婦像」に呼称統一へ=外務省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:釜山・慰安婦像設置 官房副長官「帰任日は未定」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「韓国信頼できぬ」77% 本社・FNN合同世論調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<少女像>駐韓大使帰国3週間、異例の長期化 不満募る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:隠岐の島町長ら、政府に竹島の領有権確立を要請 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:竹島版「対策本部」新設を=隠岐の島町長が松本領土担当相に - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

少女像「適切でない、解決へ努力」…韓国外相
読売新聞 2/17(金) 22:16配信

 【ボン(ドイツ西部)=森藤千恵】岸田外相は17日午前(日本時間17日夜)、ドイツ・ボンで、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相と会談した。

 岸田氏は韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像について、「極めて遺憾」と改めて撤去を求めた。尹氏は「外国公館前の設置は外交儀礼に鑑(かんが)み適切ではない。可能な限り最大限の努力を行う」と述べたが、撤去の確約はとれなかった。

 日韓外相の個別会談は、昨年12月に釜山の日本総領事館前に少女像が設置されて以降初めて。両氏は、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的」な解決を確認した2015年末の日韓合意を着実に履行することの重要性を確認。岸田氏は島根県・竹島への少女像設置の動きに関して、「受け入れられない」との考えを示した。

 岸田氏は会談後、「(撤去に向けた)韓国側の対応を注視する。結果が大事だ」と記者団に語った。一時帰国中の長嶺安政・駐韓大使らの帰任については、「全く決まっていない。諸般の事情を総合的に勘案し判断する」と述べた。


岸田氏、釜山の少女像撤去要求=韓国外相「最大限努力」
時事通信 2/17(金) 21:36配信

 【ボン時事】岸田文雄外相は17日午前(日本時間同日夜)、韓国の尹炳世外相とドイツ・ボンで会談した。

 岸田氏は、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像について「極めて遺憾だ」として改めて撤去を要求。尹氏は、外国公館前の設置は適切ではないとの認識を示し、「可能な限り最大限の努力を引き続き行っていく」と伝えた。

 両外相は、少女像の撤去を含む日韓合意を着実に履行することの重要性を確認。岸田氏は、島根県・竹島への少女像設置の動きについて「受け入れられない」と述べ、韓国政府に善処を求めた。2018年の平昌冬季五輪・パラリンピックの組織委員会ホームページ(HP)に竹島が「独島」と記載されていることにも触れ、削除を促した。

 会談後、岸田氏は記者団に「韓国側の対応を注視していく。結果が大事だ」と強調した。日本政府関係者は「少女像について韓国側が今後、どのような対応を取るか説明があった」と語ったが、具体的な内容については明らかにしなかった。


韓国は少女像撤去を=中東和平、2国家共存で―安倍首相
時事通信 2/17(金) 17:14配信

 安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、慰安婦を象徴する少女像が韓国・釜山の日本総領事館前に設置された問題について、「われわれは慰安婦問題の日韓合意の責任を(10億円拠出により)果たしている。韓国側の善処を求めるのは当然だ」と述べ、韓国政府が少女像撤去に向け具体的行動を取るべきだとの考えを強調した。

 民進党の玉木雄一郎氏への答弁。

 少女像への対抗措置として1月に帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任時期について、首相は「総合的に判断したい」と説明。北朝鮮ミサイルへの対処での日韓協力に関しては「緊密に連携しており、問題は生じていない」と主張した。また、北朝鮮の金正男氏殺害を受け、「韓国をはじめ関係国と連携しながら情報収集・分析を行っている」と述べた。

 首相は、イスラエルと将来の独立したパレスチナ国家の共存による中東和平案について、「日本含め世界各国は支持している。その考えに変わりはない」と明言した。トランプ米大統領が2国家解決にこだわらない方針を示したことに関しては、「関心を持って注視していく。米国が和平実現に尽力することが望ましい」と語った。同党の辻元清美氏への答弁。


慰安婦問題、北新型ミサイル、金正男氏暗殺… 難題続く韓国外交
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 【ソウル=名村隆寛】日中との関係悪化など外交問題を抱える韓国に、北朝鮮の新型弾道ミサイル発射と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の暗殺といった北朝鮮問題が立て続けにのしかかっている。

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に反発を続ける中国。釜山(プサン)の日本総領事館前に違法に設置された慰安婦像の問題で駐韓日本大使が帰国して1カ月以上たち、対日関係も改善していない。

 1月に発足したトランプ米政権とは、今月初旬に訪韓したマティス国防長官と同盟強化を確認するなどし、どうにか関係を維持している。ただ、メディアの論調には“出遅れ”への懸念が目立ち、韓国政府は尻をたたかれている格好だ。

 ここに来て弾道ミサイル発射、金正男氏暗殺といった北朝鮮をめぐる不安要素が重なった。

 韓国の外交懸案は「許容範囲を超えている」(ソウルの外交筋)との見方さえある。朴槿恵(パク・クネ)大統領の権限停止で国政が停滞していることが、韓国外交にさらに足かせとなっている状態だ。

 こうした中、韓国では16日からの独ボンでの20カ国・地域(G20)外相会合に早くから期待が寄せられていた。尹炳世(ユン・ビョンセ)外相は同日の日米韓外相会談で北朝鮮問題への対応を協議し、ティラーソン国務長官と初会談し、米韓同盟の強化について協議する。

 特に韓国が期待するのは、17日で調整される日韓外相会談だ。韓国外務省の16日の定例会見では、韓国メディアから「米国仲裁の下で韓日関係の葛藤を解く議論がなされるのか」といった希望を込めた質問が出た。韓国ではそれほど、日本との関係悪化を懸念する声が高まっている。

 韓国政府は、「日本は中国などに比べはるかに関係改善が容易と認識している」(外交筋)という。ただ、慰安婦問題をめぐる日韓合意の趣旨に反し、ソウルと釜山の日本公館前の慰安婦像は撤去の気配さえない。韓国側が望む対日関係改善を通した外交の逼迫(ひっぱく)状況突破は、韓国の行動次第であることに変わりはない。


学習指導要領改定案 竹島・尖閣を初明記
産経新聞 2/15(水) 7:55配信

 次期学習指導要領の改定案では、小中学校の社会で竹島(島根県隠岐の島町)、尖閣諸島(沖縄県石垣市)が「固有の領土」と初めて明記された。現行指導要領は一部に北方領土の記載はあるが、竹島と尖閣諸島には触れていなかった。

 松野博一文部科学相は14日に記者会見し、「日本の将来を担う子供たちが自国の領土について正しく理解することは主権国家における公教育としては当然」と述べた。法的拘束力のある指導要領に書き込むことで、教育現場での領土教育の充実につなげたい考えだ。

 今回の改定案では、小学校は日本の領土を扱う5年で、3つとも「固有の領土」と明記。中学の地理的分野でも同様に「固有の領土」とし、特に尖閣諸島については「領土問題は存在しないことも扱う」とも記述した。

 歴史的分野では明治期の領土画定を扱う際、北方領土に触れ、竹島と尖閣諸島の編入についても伝えると言及。公民的分野は日本が竹島や北方領土の問題の平和的解決に向けて努力していることや、尖閣諸島には領有権の問題がないことを取り上げるとした。

 文科省は平成26年1月改定の教科書作成の指針となる指導要領解説書で、竹島、尖閣諸島ともに「固有の領土」と明記しており、既に小中学校の社会の全教科書が記載している。

 関係自治体も全国的な領土意識の高まりに期待している。島根県竹島対策室の担当者は「今後は他の都道府県にも竹島への関心が広がってほしい」。沖縄県石垣市教委の担当者は「周辺海域では今でも地元漁師と外国船との間でもめ事もあり、厳しい現実に目を向けてほしい」としている。

 東海大の山田吉彦教授は「領土領海に関する学習は今まで不十分だったため、周辺国とのトラブルや混乱を招いた。しっかり対応するためにも世論の後押しは必要。領土領海教育を今からでも充実させるべきだ」と話している。


竹島「固有」明記で韓国政府が抗議
ホウドウキョク 2/14(火) 23:29配信

946
(写真:ホウドウキョク)

竹島を「固有の領土」と明記したことに、韓国政府が抗議。
文部科学省が14日に公表した、小・中学校の学習指導要領の改定案で、島根県の竹島を「日本固有の領土」と明記したことについて、韓国外務省のチョン・ビョンウォン東北アジア局長は、在韓国日本大使館の鈴木秀生総括公使を呼び、「日本の未来世代に誤った領土概念を注入し、日韓関係発展に否定的影響を招く」と、学習指導要領に含まないよう、即刻撤回を申し入れた。
これに対し、鈴木公使は「竹島が、日本固有の領土であることは明白」だとして、抗議を受けつけなかった。


竹島・尖閣「日本の領土」=小中社会、指導要領で徹底―学習指導要領改定案
時事通信 2/14(火) 17:07配信

 学習指導要領改定案では、小中学校社会で竹島(島根県)と尖閣諸島(沖縄県)を「わが国固有の領土」と明記した。

 法的拘束力のある指導要領への記載により、学校現場での領土教育を徹底する方針だ。

 現在も竹島と尖閣諸島に関して、中学の社会で指導要領を補足する解説書に「わが国固有の領土」として扱うよう明記。小中学校社会の全教科書が日本の領土と記述している。ただ、現行指導要領では、中学地理で北方領土を「わが国固有の領土」と記載しているだけだった。

 改定案では、小学5年の社会で北方領土と竹島、尖閣諸島について「わが国の固有の領土であることに触れる」と明記した。

 中学の地理では北方領土に加え、竹島と尖閣諸島も日本固有の領土とし、尖閣については領土問題が存在しないことも扱うよう規定。公民では北方領土と竹島に関し、政府が平和的解決に向けて努力していることに触れ、歴史でも日本領編入について学ぶとした。

 文科省は、授業で他国の主張を扱うことは「想定していない」と説明。「発達段階に応じ、平和的解決に向けて考察したり批判的に検討したりすることはあり得るが、単純に並列して扱うことは不適切」としている。

 改定案ではこのほか、災害対応への自衛隊の関わりを小学校の社会で学ぶよう定めた。中学の保健体育の武道は、現行の柔道、剣道、相撲、なぎなたに加え、空手道、弓道、合気道、少林寺拳法も履修可能な例として示した。

 併せて公表した幼稚園教育要領改定案では、「わが国の国歌に親しむ」を新たに加え、与党側が求めるなどしていた内容も多く盛り込まれた。


丸川珠代五輪相が「独島」表記を批判 平昌冬季五輪の公式ホームページ
産経新聞 2/14(火) 15:18配信

924
丸川珠代五輪担当相 (写真:産経新聞)

 丸川珠代五輪相は14日の記者会見で、2018年平昌冬季五輪の公式ホームページ上で、竹島(島根県隠岐の島町)が韓国での呼称である「独島」と表記されている問題について、韓国側の対応を批判した。丸川氏は「五輪は平和の祭典。それを政治的に利用しないというのは、参加する全ての国、地域が共有すべきものだ」と述べた。

 日本オリンピック委員会(JOC)は、韓国のオリンピック委員会を兼ねる大韓体育会に表記の修正を求めていたが、8日付で修正には応じないとの回答があった。


慰安婦像問題について、安倍総理が韓国に冷ややかな理由
文春オンライン 2/10(金) 7:00配信

Kusochoninbai
ソウルの日本大使館前少女像。2016年9月。©共同通信社

「安倍晋三は生まれついての戦略家である」

 イギリスのチャーチル元首相を引き合いに出しながら、米戦略国際問題研究所の上級研究員エドワード・ルトワックにこう言わしめた安倍総理は、2015年末、どのような思惑で日韓合意に臨んでいたのか。

『総理の誕生』(文藝春秋刊)の執筆者で、産経新聞政治部記者の阿比留瑠比氏が、昨年末から続く韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の問題について、安倍総理の考え方や今後の行方を分析する。

慰安婦像設置に「安倍政権は甘い」との声 
 2016年末、韓国・釜山の日本総領事館前に、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を約束した日韓合意にも、公館の威厳を定めた国際法(ウィーン条約)にも違反する新たな慰安婦像が、民間団体の手で設置された。韓国政府はおろおろするばかりで、この暴挙を事実上、黙認した。

 これに対する日本政府の動きは迅速だった。官房長官の菅義偉は1月6日、駐韓国大使と駐釜山総領事を帰国させ、金融危機時にドルを融通し合う通貨交換(スワップ)協定の再開に向けた協議は中断された。経済協力を次官級で話し合う日韓ハイレベル協議も延期となった。

 2015年末の日韓合意に反発していた国内の保守派からは、予想通りこんな安倍政権批判が沸き起こった。

「韓国に対し、あんな合意で慰安婦問題が解決できると考えた安倍政権は甘い」

「(政府が拠出した)10億円を韓国にただ取りされてしまった」

 それでは、安倍政権は日本政府が過去ずっとそうしてきたように、またもや韓国を甘やかし、韓国を信じて日韓合意を結んだのだろうか。私は全く違うと思う。

 安倍晋三は2015年末の日韓合意締結時、周囲に「これで最終決着の確証はあるのか」と問われ、こう語っていた。

「それは最後のところは分からないが、ここまでやった上で違約したら、韓国は国際社会の一員として終わる。今まで(河野談話やアジア女性基金)と違って、国際社会が注目していることだから」

国際社会が違反を見ている
 実際、日韓合意に当たって日本政府は、米国をはじめとする国際社会に、合意をただちに支持するよう働きかけていた。根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話や、元慰安婦に償い金を支給したアジア女性基金設置の際とは異なり、米国を間にかませ、証人とした。

 テレビに映った場面で韓国外相に「最終的かつ不可逆的な解決」と言わせたほか、新たな基金も韓国政府の責任で韓国内に設ける形をとった。アジア女性基金は日本に設置したため、運営や成果について日本側が責任を負うことになったが、今回は成否はあくまで韓国側の責任になるという仕掛けである。

 安倍はこのとき、こうも語った。

「今後、私からは慰安婦の『い』も言わない。この問題については一切言わない。次の日韓首脳会談でももう触れない。これは昨日(12月28日)の(朴槿恵大統領との)電話会談でも言っておいた」

 安倍政権は、それから1年後の、日韓合意破りの釜山総領事館前の慰安婦像設置を明確に予想していたわけでも、また当然ながら望んでいたわけでもないだろう。

「やっぱり韓国はダメな国」と安倍総理 
 ただ、韓国政府が慰安婦像の問題を制御できず、現在のような事態に陥る可能性も織り込み済みで、日韓合意をまとめたのである。さらに言うと、日韓合意があったからこそ、今回の対抗措置について国内の左派メディアも強く批判できず、国際社会も日本の対応に理解を示すことになったと言える。

 対抗措置発表後、安倍は周囲にこう振り返っている。

「やはり、10億円をさっさと払っておいてよかった。合意は韓国相手じゃなくて、国際社会との対話だから。韓国の野党などは10億円を返すだとか言っているが、絶対に受け取らない」

「世界に向かって、国際社会と米国を証人にして日韓合意を結んだから、今回やっぱり韓国はダメな国だ、ひどい国だとなった。さすがの米国も、日本に(韓国に譲歩しろなどと)がんがん言わなくなった」

 そして、1月20日のトランプ米大統領就任に際してはこう指摘した。

「米国人は、韓国がデタラメな国だということをほとんど知らないが、日韓合意とその成り行きである程度分かったんじゃないか。合意がなければ、今回の対抗措置や日韓関係についてトランプ新政権に、(オバマ前政権を時間をかけて納得させたように)また一から説明しなければならなかった」

従来の日韓関係は終わった
 韓国を突き放し、距離を置くためにも一定の手続きが必要だったということだ。経済的苦境にある韓国が反省を示し、慰安婦像を撤去すればよし。撤去しなくても、国際社会が韓国側に立たなければ、韓国が条約も国際的な約束も守れない非法治国家だと恥をさらし続けるのを見守ればいい。

 慰安婦問題をはじめとする歴史問題で、韓国が居丈高に要求を突きつけ、日本がそれにどう応じようかと困惑するという従来の日韓関係はもう終わったのである。安倍政権は韓国に対してとことん冷ややかである。

 某政府高官は2月1日、前国連事務総長、潘基文の大統領選不出馬について記者団に感想を聞かれ、こう吐き捨てた。

「私は韓国情勢に全く関心がないから」

 安倍の基本スタンスは「放置」であり、韓国側が慰安婦像について具体的な対応をとらない限り、放っておくだけということだ。


駐韓大使、帰任させず=菅官房長官
時事通信 2/9(木) 17:29配信

 菅義偉官房長官は9日の記者会見で、慰安婦を象徴する少女像設置への対抗措置として一時帰国させた長嶺安政駐韓大使の帰任時期について「未定だ。今後、諸般の状況の中で判断していきたい」と述べ、韓国側が撤去に向けた動きを見せるまで戻さない姿勢を維持した。

 同日は長嶺氏の帰国から1カ月目に当たる。


竹島の啓発でポスター=内閣官房と島根県など〔地域〕
時事通信 2/9(木) 10:33配信

Takeshima
内閣官房領土・主権対策企画調整室と島根県、同県隠岐の島町は、竹島についての啓発ポスターを作成した。県が2月22日と定めている「竹島の日」を前に全国に配布して関心を高めたい考え=同県総務部竹島対策室提供

 内閣官房領土・主権対策企画調整室と島根県、同県隠岐の島町は、竹島についての啓発ポスターを作成した。県が2月22日と定めている「竹島の日」を前に、全国に配布して竹島問題への関心を高めたい考え。三者が共同でポスターを作ったのは初めてという。

 竹島をめぐっては今年に入り、領有権を主張する韓国・慶尚北道の金寛容知事が上陸。同国内では慰安婦を象徴する少女像を島に設置する動きも出た。

 ポスターには竹島の全体写真と日本との位置関係を掲載。「2月22日は竹島の日」「日本の固有の領土であることは明らか」「この問題の平和的解決を目指す」などの文言も盛り込んだ。

 県竹島対策室によると、ポスターは約5000部製作。費用は内閣官房と県が負担した。全国の都道府県と市町村、教育委員会に配布しており、竹島の日に合わせて各地の庁舎など公共施設で掲示してもらう。


駐韓大使帰国から1カ月 菅長官、韓国に戻す状況ではないとの認識
ホウドウキョク 2/9(木) 9:05配信

政府が韓国駐在大使を帰国させてから、9日で1カ月になるが菅官房長官は、韓国に戻す状況ではないとの認識を示した。
菅官房長官は「(駐韓大使の)帰国日については未定であって、そして諸般の状況を総合的に検討して判断したいという気持ちは全く変わっておりません」と述べた。
韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に新たな慰安婦像が設置された対抗措置として、政府が韓国駐在の長嶺安政大使を帰国させてから、9日で1カ月がたつ。
菅長官は8日、韓国側が前向きに対応していないとの認識を示し、「韓国側に粘り強くあらゆる機会をとらえて、慰安婦問題を含め、合意の着実な実施を求めていく」と述べた。


CNN「慰安婦最大20万人」報道 菅官房長官「全く具体的裏付けない」
J-CASTニュース 2/8(水) 19:24配信

Kusochoninbai
韓国・釜山の日本総領事館前の慰安婦像。CNNは「なぜ少女像は外交問題を起こしたのか」と題して背景を報じた

 韓国・釜山の日本総領事館前の路上に市民団体が従軍慰安婦をモチーフにした少女像(慰安婦像)を設置した問題で、一時帰国している長嶺安政駐韓大使、森本康敬釜山総領事の帰任はメドが立たない状況だ。

 こういった状況を解説する米CNNのリポートで、慰安婦の数が「最大20万人」だと紹介され、日本側は「全く具体的裏付けのない数字」だとして反発している。

■韓国メディアが大きく取り上げる

 CNNのリポートは2017年2月6日付で、「なぜ少女像は外交問題を起こしたのか」と題して掲載された。慰安婦の数については

  「学者たちは最大20万人の女性や少女が、第二次大戦中に韓国、中国、台湾、インドネシアで、日本軍によって性奴隷にさせられたと推定している」

と「20万人」の説を採用し、「南京大虐殺」については「1週間にわたる大量殺人、強姦、略奪で、30万人が殺されたと推定される」としながら「日本は事件の大きさと、中国側の死者数について争っている」とした。

 同時に公開された現地リポートの動画でも、慰安婦の数を「20万人もいると推定されている」とし、インタビューに応じた元慰安婦の女性は14歳の時に

  「一人が私の足、ひとりが腕をつかんでトラックの中に投げ込まれた」

などとして強制連行の末に慰安婦にされたと主張し、

  「天皇がここに来て我々の前にひざまずき、何をしたかを反省し、何が起きたかを説明してほしい。彼らはおばあさんが全員死ぬのを待っている」

とした。このCNNの報道を韓国メディアは

  「米CNN、慰安婦少女像に集中照明」(中央日報の日本語サイト)

などと大きく伝えている。

菅氏「慰安婦総数を確定することは困難」
 この「20万人」という数字をめぐっては、16年2月に開かれた国連女性差別撤廃委員会の対日審査で、外務省の杉山晋輔外務審議官が、

  「20万人との数字のもとになったのは、通常の戦時労働に動員された女子挺身(ていしん)隊と、ここでいう慰安婦を誤って混同したことにあると(朝日新聞が)自ら認めている」

と指摘。この発言に対して朝日新聞社は

  「女子挺身隊と慰安婦の混同がもとになったとは報じておりません」

と反論している。

 CNNをめぐっては、産経新聞の記者が2月7日午後の菅義偉官房長官の会見で

  「韓国メディアは大々的にこの問題と取り上げて宣伝している」

と問題視。菅氏は、

  「従来から国会の場で政府が答弁してきているように、これまでに政府が発見した資料の中には、軍や官憲による、いわゆる強制連行を直接示すような記述は見つからなかった。そういうことと同時に、慰安婦総数を確定することは困難であり、20万人というのは全く具体的裏付けのない数字」

と応じ、改めて日韓合意の履行を求めた。

  「政府としては、一昨年日韓合意が成り立ったわけですから、その総意に基づいて両国政府が誠実に実行していく、このことがきわめて大事だと思う」


少女像撤去、打開策なし…大使ら一時帰国1か月
読売新聞 2/8(水) 8:24配信

 韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題を受け、日本政府が長嶺安政・駐韓大使らを一時帰国させてから9日で1か月となる。

 安倍首相は、韓国側に撤去に向けた前向きな言動がない限り、長嶺氏らを帰任させない構えを崩していない。韓国政府は朴槿恵(パククネ)大統領の職務停止で当事者能力を失っており、事態打開の糸口は全く見えていない。

 岸田外相は7日の記者会見で、長嶺氏らの帰任時期について「諸般の状況を総合的に検討し、判断する」と述べ、未定であることを強調した。さらに「韓国政府に粘り強く、日韓合意の実施を訴えていく」と述べ、韓国側に少女像撤去に向けた対応を促した。

 釜山の少女像は昨年12月30日、韓国の団体が設置。日本政府は長嶺氏らを1月9日に一時帰国させた。2012年、韓国の李明博(イミョンバク)大統領の竹島上陸に抗議した武藤正敏・駐韓大使の一時帰国は13日間で、長嶺氏らの1か月は異例の長さだ。


菅官房長官「20万人性奴隷は全く裏付けのない数字」 CNN報道に
産経新聞 2/7(火) 18:55配信

Kusochoninbai
ソウルの日本大使館前の慰安婦像(鴨川一也撮影)(写真:産経新聞)

 菅義偉官房長官は7日の記者会見で、米CNNテレビ(ネット版)が6日付で「戦時中、旧日本軍によって20万人の女性が性奴隷にされた」などと報じたことについて「これまで政府が発見した資料の中には軍や官憲による、いわゆる『強制連行』を直接示す記述は見当たらなかった。20万人というのは全く具体的裏付けのない数字だ」と述べた。

 CNNの報道を受け、韓国メディアは「CNNホームページのメイン画面で『トップストーリー』として紹介された」などと大々的に報じた。

 CNNに抗議する考えがあるかを問われた菅氏は、一昨年の慰安婦問題に関する日韓合意に言及し、「合意を誠実に実施していくことが極めて大事だ」と述べるにとどめた。

 CNNの記事は「少女像がなぜ外交問題に発展しているのか」との見出しで、第2次世界大戦中、旧日本軍が韓国や中国、インドネシアなどの国で「20万人の女性を強制的に性奴隷にした」などと記述し、慰安婦像を制作した彫刻家のキム・ウンソン氏へのインタビューも掲載している。


在日韓国人の団体、釜山の日本総領事館前の慰安婦像移転を要望
ホウドウキョク 2/6(月) 22:52配信

慰安婦像は「移転すべき」と、在日韓国人の団体が直談判した。
在日本大韓民国民団中央本部の呉公太(オ・ゴンテ)団長は「(慰安婦像を移転すべきか?)そのようにしてくれたらいい」と話した。
在日韓国人らで組織する在日本大韓民国民団中央本部の呉公太団長は、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と面会し、釜山(プサン)の日本総領事館前の慰安婦像の移転を求める要望書を渡した。
呉団長は「慰安婦像の設置以降、日本国内で韓国に対する世論が急速に悪化して、在日韓国人の苦労が多い」と説明し、日韓合意の忠実な履行と、慰安婦像の移転を求めたという。
これに対し、尹外相は「韓国政府は、日韓関係の安定的発展のために、今後も努力していく」と話している。


少女像問題、こう着脱せず=大使帰国、間もなく1カ月―日韓
時事通信 2/5(日) 14:04配信

 韓国・釜山の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題で、政府が対抗措置として長嶺安政駐韓大使を一時帰国させてから9日で1カ月を迎える。

 首相官邸は、韓国側が撤去に向けた動きを見せるまで大使を戻さない構えを崩さないが、事態打開の糸口は見えない。朴槿恵大統領の職務停止に伴う韓国内の混乱もあり、こう着状態が続いている。

 岸田文雄外相は3日の記者会見で、「慰安婦問題に関する日韓合意を誠実に履行することは、両国政府の大きな責任だ」と訴えた。

 少女像は昨年末、韓国の市民団体が釜山市東区に設置。これを受け、日本政府は大使の一時帰国を含む4項目の対抗措置を打ち出し、韓国側に抗議の意思を示した。

 野田政権は2012年に李明博大統領(当時)の竹島上陸に抗議し、武藤正敏大使(同)を一時帰国させ、12日後に帰任させた。一方、安倍晋三首相は「像が撤去されるまで戻さない」との意向とされ、現状では長嶺大使の帰任のめどはまったく立っていない。

 首相には、問題解決に向けた韓国側の対応が見えないにもかかわらず、一方的に日本から動けば、保守層を中心に世論の批判を浴びかねないとの懸念があるとみられる。

 実際、自民党の先月27日の部会では「国際司法裁判所(ICJ)に提訴すべきだ」「韓国側に一定の前進がない限り、大使を戻さないでほしい」といった激しい突き上げが相次いだ。官邸もむやみに動けない状況だ。

 これに対し、韓国内では、事態が改善に向かうどころかむしろ悪化している。釜山市東区と市民団体は、保存に向けた協議会設置で合意した。地方議員が中心となり、島根県・竹島への像設置に向けた募金活動も始まった。

 年内に予定される韓国大統領選の有力候補は、ほとんどが慰安婦問題をめぐる日韓合意に批判的で、選挙結果によっては合意が見直されたり、白紙化したりすることも考えられる。

 少女像問題の長期化が核・ミサイル開発を繰り返す北朝鮮への対応で、日韓の連携に影響を及ぼす可能性も指摘されている。


釜山・慰安婦像設置 政府「慰安婦像」に呼称統一で各社の報道は? 朝日、読売は従来通り 毎日、日経、東京は報じず 「少女像」なお散見
産経新聞 2/4(土) 12:26配信

 ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像の呼称をめぐり、日本政府が3日に「慰安婦像」に統一する方針を示したが、新聞各社の報道ぶりに、少なくとも初日に変化はみられなかった。

 朝日新聞は、4日付朝刊4面で政府方針を報じた上で「慰安婦問題を象徴する少女像」と従来の呼称を使用した。読売新聞も同日付朝刊4面の2段記事で、朝日新聞より大きく報じたものの、像の呼称は従来通り「慰安婦を象徴する少女像」とした。

 毎日、日経、東京の3紙は、呼称統一について4日付朝刊の紙面では報じなかった。過去の報道では、毎日が「慰安婦を象徴する少女像」、日経は「従軍慰安婦問題を象徴する少女像」、東京は「旧日本軍の慰安婦を象徴する少女像」などと報じている。

 慰安婦像の呼称をめぐって、政府はこれまで「慰安婦の少女像」や「慰安婦像」などを混在して使っていた。韓国側には慰安婦像を「少女像」とすることで、旧日本軍の残虐性を強調する狙いがある。このため、自民党内から政府が「慰安婦の少女像」と呼ぶことは不適切との指摘が出ていた。


菅官房長官、「慰安婦像というのがわかりやすい」との考え示す
ホウドウキョク 2/4(土) 9:36配信

「慰安婦像というのがわかりやすい」との考えを示した。
菅官房長官は「今まで慰安婦少女像としていたが、そこはやはり慰安婦像の方がわかりやすいのかなという思いはします」と述べた。
菅官房長官は3日、韓国・ソウルの日本大使館前や、釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された像の呼称について、「慰安婦を象徴する少女像」ではなく、今後は「慰安婦像」とする考えを示した。
慰安婦像の呼称については、2016年末、釜山に新たに像が設置されて以来、自民党内から「慰安婦像」に統一すべきだとの意見が出ており、外務省は検討を続けていた。


少女像は「慰安婦像」に呼称統一…政府方針
読売新聞 2/4(土) 8:04配信

 政府は、ソウルの日本大使館前や釜山(プサン)の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の呼称について、「慰安婦像」に統一する方針を決めた。

 これまでの国会答弁や記者会見で使用してきた政府の呼称は、「慰安婦の少女像」「少女像」「慰安婦像」など複数あった。だが、自民党内で「『少女像』だと、慰安婦が未成年の少女ばかりだったとの誤解を与える」との批判が出たため、外務省で呼称を検討していた。菅官房長官は3日の記者会見で「(少女像より)慰安婦像の方が分かりやすい」と語った。


政府、「慰安婦像」に呼称統一
時事通信 2/3(金) 18:28配信

 政府は、ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の呼称について、「慰安婦像」に統一することを決めた。

 菅義偉官房長官が3日の記者会見で明らかにした。菅氏は「政府が問題にしているのは慰安婦像だ。『慰安婦像』の方が分かりやすい」と説明した。

 自民党から「『少女像』では少女が慰安婦として犠牲になったと思われる」などと見直しを求める意見が相次いだことを踏まえた対応。慰安婦問題に関する2015年12月の日韓両政府の合意では「少女像」としており、菅長官や岸田文雄外相も「慰安婦の少女像」と呼ぶケースがあった。


×「少女像」、○「慰安婦像」 政府が用語統一、菅義偉官房長官「そのものずばり」
産経新聞 2/3(金) 17:48配信

Kusochoninbai
韓国・釜山の日本総領事館前の道路に設置された慰安婦像=韓国・釜山(名村隆寛撮影)(写真:産経新聞)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は3日の記者会見で、日本政府がソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像を「慰安婦の少女像」と呼んでいることについて「政府が問題視しているのは慰安婦だ。そういう意味で、慰安婦像というほうが非常に分かりやすい」と述べ、今後は呼称を「慰安婦像」に統一する考えを示した。

 菅氏はこれまで記者会見で「慰安婦の少女像」と「慰安婦像」を混在して使っていた。「慰安婦像」に統一する理由については、「そのものずばりだからではないか」と述べた。

 韓国側には慰安婦像を「少女像」とすることで、旧日本軍の残虐性を強調する狙いがある。このため、自民党内から政府が「慰安婦の少女像」と呼ぶことは不適切との指摘が出ており、外務省は呼称の見直しを検討する考えを示していた。


日韓議連の額賀福志郎会長「韓国政府は責任持って撤去を」
産経新聞 2/2(木) 21:16配信

 超党派の日韓議員連盟会長の額賀福志郎元財務相(自民党)は2日、国会内で開いた総会で、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像について「韓国政府は責任を持って撤去できるような判断をしてもらいたい」と述べた。

 額賀氏は慰安婦問題をめぐる日韓合意を踏まえ「国と国との約束を守っていくよう議員団としても韓国側と率直に意見交換し、前に進めていかなければならない」とも訴えた。

 政府は対抗措置として長嶺安政駐韓大使を一時帰国させている。額賀氏は1月12日の在日本大韓民国民団(民団)の新年会では、一時帰国について「国と国との約束を守っていくため、初心に帰ってがんばろうというメッセージだ」と述べるにとどめていた。

 外務省幹部が出席した自民党の領土に関する特命委員会(新藤義孝委員長)の2日の会合でも、慰安婦像について「違法状態、不法占拠だ。政府としても法律違反であることを踏まえ、撤去に向けた働きかけをすべきだ」と求める意見が相次いだ。竹島(島根県隠岐の島町)に慰安婦像を設置しようとする韓国側の動きについて「何が何でも阻止すべきだ」との声も出た。


「国と国との約束履行を」韓国側に働きかけへ
読売新聞 2/2(木) 18:26配信

 日韓議員連盟会長の額賀福志郎・元財務相は2日、国会内で開いた同連盟の総会で、韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が設置された問題について、「大変ショッキングだ。韓国政府が責任を持って撤去するよう判断してほしい」と述べた。

 その上で、慰安婦問題をめぐる2015年12月の日韓合意に関し、「国と国との約束をしっかりと守るよう韓国の議員団と意見交換する」と語った。関係者によると、韓日議員連盟のメンバーの一部が近く来日を予定している。


韓国大嘘教科書に「慰安婦の集団虐殺」 野上副長官駐韓大使「無期限待機」認める
夕刊フジ 2/2(木) 16:56配信

910
無期限待機の長嶺大使(写真:夕刊フジ)

 韓国・釜山の日本総領事館前に日韓合意やウィーン条約に反する慰安婦像が設置されたことを受け、一時帰国させていた駐韓大使の帰任時期について、日本政府高官は、夕刊フジの報道通り「無期限待機」を認めた。一方、韓国は「反日」色を強め、中学・高校で導入予定の国定歴史教科書に「慰安婦の集団虐殺」というあり得ない記述を書き込むという。隣国は正気を失って暴走している。

 「帰任日は未定。今後、諸般の状況を総合的に判断して検討していきたい」「引き続き韓国側に対し、粘り強くあらゆる機会をとらえて、慰安婦像の(撤去)問題も含めて合意の着実な実施を求めていきたい」

 野上浩太郎官房副長官は1月31日の記者会見で、長嶺安政駐韓大使の帰任時期と今後の対応について、こう語った。

 ジャーナリストの山口敬之氏は、夕刊フジの連載「ドキュメント永田町」(1月24日発行号)で、駐韓大使の「無期限待機」をスクープした。安倍晋三首相が「こちらから動くことはない」「1年でも半年でも(構わない)」姿勢という内容で、政府高官がこれを認めたことになる。

 こうしたなか、韓国の暴走は止まらない。

 韓国教育省は1月31日、2018年度から中学や高校で導入予定の国定歴史教科書の最終版内容を発表した。この中に、慰安婦が「集団虐殺」されたとする記述が盛り込まれているのだ。

 慰安婦問題の「真実」を徹底追及してきた、拓殖大学の藤岡信勝客員教授は「『集団虐殺』は、慰安婦をテーマにした韓国映画の一場面に過ぎない。証拠もなく、まったくの事実無根だ。ウソの強制連行という日本発のネタに妄想を加え、『歴史だ』と称して教科書に書き込むという行為で許し難い。日本国民の中には『韓国との国交断絶やむなし』という声はいっぱいある。断交するかどうかは韓国側が決めることで、日本側はこれ以上譲歩してはいけない」と語っている。


慰安婦合意の履行促す=日韓議連会長
時事通信 2/2(木) 12:12配信

 超党派の国会議員でつくる日韓議員連盟の額賀福志郎会長は2日の総会で、慰安婦問題に関する2015年末の日韓合意について「国と国の約束である以上、しっかり守っていくよう韓国の議員団と意見交換する」と述べ、韓国側に着実な履行を働き掛けていく意向を示した。


対馬仏像訴訟、確定まで引き渡さず 韓国地裁決定、対日関係配慮か
西日本新聞 2/2(木) 10:51配信

 長崎県対馬市の観音寺から2012年に盗まれ、韓国に持ち込まれた県指定有形文化財「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつざぞう)」について、韓国・大田地裁が一審判決で所有権が認められた韓国中部の浮石寺に、判決が確定するまで坐像の引き渡しを認めないことを決めた。聯合ニュースが1日、伝えた。

対馬仏像「窃盗は許されない。良心に基づき、日本に返すべきだ」韓国の政治団体幹部が会見

 韓国政府に代わって大田高等検察が、浮石寺側への坐像引き渡しを止めるための強制執行停止を申し入れ、大田地裁が1月31日付で認めた。地裁が所有権を認めた1月26日の一審判決とは別の裁判官が判断した。従軍慰安婦問題を巡って悪化する日韓関係に配慮した可能性もある。

 検察側は「破損の恐れがあるほか、今後判決が覆った場合(寺側が)仏像を隠すなどすれば回収が困難になる」と主張。「韓国国民による盗品を韓国のものであるといえるかどうか、曖昧だ」とも指摘した。2月初めにも坐像を引き取る予定だった浮石寺側は「同じ裁判所で異なる判断が示され、困惑している」としている。

 坐像は現在、大田の国立文化財研究所が保管。大田地裁は、坐像は数百年前、日本の海賊集団「倭寇(わこう)」に略奪されたとして所有権を主張する浮石寺側の訴えを認め、寺に引き渡すよう命じる判決を出した。韓国政府側は即日控訴した。

=2017/02/02付 西日本新聞朝刊=


対馬で盗まれた仏像、判決確定まで引き渡し認めない決定 韓国
ホウドウキョク 2/2(木) 7:48配信

判決が確定するまでは、仏像の引き渡しを認めない決定をした。
2012年に長崎・対馬市の寺から盗まれた「観世音菩薩坐像(かんぜおんぼさつぞう)」をめぐっては、韓国の裁判所が1月、所有権を主張していた韓国の寺に仏像を引き渡す判決を出し、被告で、現在、仏像を保管している韓国政府側が、「判決が覆った場合、仏像を回収するのが難しい」として、寺への引き渡しを停止するよう求めていた。
これを受けて、裁判所の別の裁判官は1日、韓国政府側の申し立てを認める決定を出した。
日本では、1審の判断に対する批判の声が強まっていた。


「慰安婦像」に呼称統一へ=外務省
時事通信 2/1(水) 21:42配信

 外務省幹部は1日、ソウルの日本大使館前や釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦を象徴する少女像の呼称について、「慰安婦像」に統一する方向で調整していることを明らかにした。

 自民党から「少女が慰安婦として犠牲になったと思われる」などとして、少女像との呼び方を避けるよう求める意見が出ていたことを踏まえた。

 慰安婦問題に関する2015年12月の日韓両政府の合意では「少女像」の呼称を使用。岸田文雄外相ら政府要人もこれまで、記者会見などで「慰安婦の少女像」と言及している。


釜山・慰安婦像設置 官房副長官「帰任日は未定」
産経新聞 1/31(火) 17:38配信

909
長嶺安政駐韓大使(斎藤良雄撮影)(写真:産経新聞)

 野上浩太郎官房副長官は31日の記者会見で、韓国・釜山の日本総領事館前に設置された慰安婦像への対抗措置として一時帰国させている長嶺安政駐韓大使の帰任時期について「帰任日は未定。今後、諸般の状況を総合的に判断して検討していきたい」と述べた。

 また、「引き続き韓国側に対して、粘り強くあらゆる機会をとらえて、慰安婦像の問題も含めて合意の着実な実施を求めていきたい」とも語った。


「韓国信頼できぬ」77% 本社・FNN合同世論調査
産経新聞 1/31(火) 7:55配信

 産経新聞社とFNNの合同世論調査では、「韓国を外交や経済活動の相手国として信頼できない」との回答が77・9%に達し、対韓不信が国民に広がっていることが浮き彫りとなった。「信頼できる」は17・0%にとどまった。

 韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領が弾劾されて政治的空白に陥っていることに加え、釜山の日本総領事館前の慰安婦像設置や、地方自治体首長の竹島(島根県隠岐の島町)上陸などが重なったためとみられる。

 慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決」とした一昨年の日韓合意についても、86・4%が「韓国が守らないのではないかと懸念している」と回答。「懸念していない」は9・3%と1割に満たなかった。

 慰安婦像設置をめぐっては、日本政府は対抗措置として長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させ、像撤去など韓国政府の動きがなければ帰任させない方針だ。そうした厳しい日本政府の対応にも、国内世論の8割超が理解を示している。

 支持政党別にみても、自民党86・8%▽民進党79・0%▽公明党81・0%▽共産党69・8%▽日本維新の会83・3%-と、各党支持層で「政府の対応を支持する」との回答が圧倒的に多かった。


<少女像>駐韓大使帰国3週間、異例の長期化 不満募る
毎日新聞 1/30(月) 21:24配信

990
一時帰国した長嶺安政駐韓大使=羽田空港で1月9日、西本勝撮影

 韓国・釜山(プサン)の日本総領事館前に慰安婦を象徴する少女像が再設置されてから30日で1カ月が経過した。日本政府が長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させた対抗措置は3週間と異例の長期化となった。島根県・竹島(韓国名・独島)の問題にも飛び火し、日本政府はいらだちを募らせている。

 安倍晋三首相は30日の参院予算委員会で、慰安婦問題に関する日韓合意について「『これが最終解決でもう後ろに戻らない』とお互い国の信用をかけて約束した」と強調。少女像の撤去に向け「韓国側に合意を誠実に履行するよう粘り強く求める」と述べた。

 少女像は韓国の市民団体が昨年12月30日、釜山の総領事館前に再設置し、地元自治体も最終的に容認した。日本政府は9日に長嶺大使と森本康敬・釜山総領事を一時帰国させ、日韓通貨交換(スワップ)協定の協議中断などの対抗措置を取った。

 日韓間では、2005年の島根県による「竹島の日」制定を巡る両国関係悪化時や12年の李明博(イ・ミョンバク)大統領(当時)の竹島上陸時にも駐韓大使が一時帰国したが、日本滞在はいずれも13日間。日本政府関係者は「当初は最大でも前例と同程度と見込んでいた」と話す。

 しかし、16日に新たに韓国の地方議員団体が竹島への少女像設置を目指す募金活動を開始するなど状況は悪化。19日に大使らの帰任の先送りを決めた。首相は少女像の撤去に向けて状況が改善されるかどうかを重視している。

 日韓がともに同盟を結ぶ米国で、政権が交代したことも長期化の背景にある。オバマ政権ではバイデン副大統領(当時)らが日韓双方に歴史認識問題の解決と連携強化を働きかけ、日韓合意の「陰の立役者」となったが、トランプ政権ではアジア政策は不透明なままだ。日韓関係に対する米国の影響力が働かない「空白期間」(政府関係者)が続いている。

 日本の韓国政府への不満も高まる。少女像設置を容認した地元自治体を中央政府が阻止できなかったことへの疑問に加え、韓国で竹島を管轄する慶尚北道の知事が25日に竹島に上陸。政府関係者は「韓国政府は『地方のやることだ』と言い訳している」と語った。【小田中大】


隠岐の島町長ら、政府に竹島の領有権確立を要請
産経新聞 1/30(月) 17:07配信

 松本純海洋政策・領土問題担当相は30日、島根県隠岐の島町の池田高世偉町長ら「竹島領土権確立隠岐期成同盟会」の代表者と内閣府で面会し、韓国が不法占拠する竹島(島根県隠岐の島町)の領有権の早期確立を求める要望書を受け取った。

 要望書では、竹島を所管する国の組織の新設▽竹島漁労歴史記念館の設置▽国境離島の海上警備体制の強化▽竹島に関する学校教育の強化▽暫定水域での漁業秩序の確立-の5項目を求めた。

 池田氏は「島民の思いである竹島領有権の早期確立などにお力添えをお願いしたい」と要請。松本氏は「領土・主権は国の基本だ。引き続き内外発信や啓発に努めていきたい」と応じた。


竹島版「対策本部」新設を=隠岐の島町長が松本領土担当相に
時事通信 1/30(月) 16:05配信

 松本純領土問題担当相は30日、「竹島領土権確立隠岐期成同盟会」の池田高世偉会長(島根県隠岐の島町長)と内閣府で会い、韓国が実効支配を続ける竹島問題の解決に向け、所管組織の新設を求める要望書を受け取った。

 松本氏は「領土主権は基本で、国内外への発信、啓発に努めたい」と応じた。

 北方領土返還運動をめぐっては、啓発活動や運動を支援するため、内閣府に「北方対策本部」が設置されているが、竹島問題で同様の組織はない。要望書では、教育現場で竹島に関する学習を強化することなども求めた。

 竹島をめぐっては最近、韓国・慶尚北道の知事が上陸したほか、慰安婦を象徴する少女像を設置する動きもあり、日本政府が抗議した。

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・6

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事
5番目の記事

リンク:拉致被害者奪還へ「北に揺さぶりを」 都内で緊急セミナー - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮旅券の男逮捕=正男氏暗殺、主犯格の可能性―数カ月前から準備・マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害、女はだまされ犯行関与か 知人ら「信じられない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮、正男氏の検視結果「拒否」 遺体要求もマレーシアは応じず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:遺体の即時引き渡し要求=金正男氏の検視結果拒否―死因「心臓まひ」―北朝鮮大使 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男暗殺 謎の貿易商浮上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:殺害を予行演習か=犯行前日に実行犯ら―毒薬瓶押収・マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>逮捕の2容疑者 接点は・背後は…深まる謎 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:背中に竜の入れ墨、金正男氏 「弟に殺される」「いつ人生が終わるか」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「痛い、液体ふきかけられた」正男氏最期の言葉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>金賢姫元死刑囚「工作員とは思えない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 テロ・暗殺の“主演”に仕立てられた女性たち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏情報、貿易商が「北」に提供の報道 韓国統一省「確かめねばならない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:当局の「沈黙」を異例の批判=金正男氏殺害の対応で論評―中国国営紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 フェイスブック投稿で居場所把握も 犯人は行動パターン熟知か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 防犯カメラに予行演習 男4人は国外逃亡か 女2人は「雇われた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏“暗殺”報道をめぐる中国の苦悩と今後 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏「中国の保護は煩わしい」発言 東京新聞・五味編集委員明かす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 遺体引き渡し長期化か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北の女暗殺者は性工作員!特殊訓練と秘密工作…日本にも大物が潜入 韓国紙「サイバー空間でもハニートラップ利用」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金正男=愛されキャラ」への違和感 --- 梶井 彩子 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男単独インタ五味氏が会見「真摯な関心を持っていたのは僕だけ」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金正男暗殺」と中国工作員の関与説 --- 長谷川 良 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯ら、事件前日に現場下見か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 女2人立ち会わせ実況見分 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍偵察局、東南アジアで活動=密輸中継地にも利用か―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、容疑者の女の服に(笑)の文字 マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害を受けて東京新聞・五味氏会見(全文1)出版、微妙な時期だった - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「日本に来たことで世襲外れたと思わない」金正男氏の言葉を五味氏が紹介 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女性工作員は北朝鮮が「好んで使う武器」、脱北した元軍人が指摘 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「非常に知的で、礼儀正しく、ユーモアもあった」金正男氏「告白本」の著者が振り返る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の遺体引き渡し「家族のDNA提供が条件」マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害、青酸カリよりも強い毒物か…地元紙 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

拉致被害者奪還へ「北に揺さぶりを」 都内で緊急セミナー
産経新聞 2/18(土) 7:55配信

 北朝鮮の金正男氏が殺害された事件を受け「特定失踪者問題調査会」が17日、東京都内で緊急セミナーを開き、混迷する情勢の中、日本人拉致被害者を即時奪還する方策を議論した。

 荒木和博代表は暗殺や弾道ミサイル発射について、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が「自らの正統性を証明できず恐怖にかられた結果」と分析。日本が先頭に立ち、混乱する北朝鮮に揺さぶりをかけるべきだとした。

 元防衛政務次官の西村真悟氏は日本へ不法入国した正男氏が平成13年に拘束された事件に触れ「拉致被害者全員と交換する交渉もせず国外に出し痛恨の極みだった。自衛隊による被害者救出など今こそ具体策を検討すべきだ」と主張した。

 拉致被害者や特定失踪者の家族も登壇。増元るみ子さん(63)=拉致当時(24)=の弟、照明さん(61)は「日本政府には被害者救出へ『あらゆる方策』を実行する真剣さが必要だ」と訴えた。


北朝鮮旅券の男逮捕=正男氏暗殺、主犯格の可能性―数カ月前から準備・マレーシア紙
時事通信 2/18(土) 5:44配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、マレーシア警察当局は17日夜、北朝鮮の旅券を持つ男(47)をクアラルンプール市内で新たに逮捕した。

 警察は男の身元などを特定するとともに、暗殺を主導した主犯格の可能性があるとみて捜査を進めている。マレーシアの中国語紙が一斉に伝えた。

 警察は、実行犯として逮捕した女2人と、4人の男が事件に関与したとみて行方を追ってきており、残る3人の身柄確保を急ぐ。暗殺事件で逮捕者は4人目。

 中国報(電子版)によると、男は以前からマレーシアにたびたび入国していた。星洲日報(同)によれば、警察当局は17日朝、事件に関与したとみられる4人の男を特定、全国の警察に指名手配し、写真を配布していた。同紙は4人の写真を掲載した。

 一方、中国報は、工作員とみられる「謎の男」が、勧誘活動を約3カ月前から行い、暗殺の準備を進めていたと報じた。

 ベトナム旅券を持った女、ドアン・ティ・フォン容疑者(28)は約3カ月前、マレーシアでこの男と知り合った。男は女の信頼を得ようと、彼女の故郷であるベトナムや韓国に一緒に出掛けた。その後、男4人と女を引き合わせた。男とインドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)は1カ月ほど前に知り合った。

 容疑者同士が知り合いになったのは最近で、男が「いたずら動画」の撮影に参加してほしいと依頼した時だという。アイシャ容疑者は参加費として100ドル(約1万1200円)をもらったとされる。

 女2人は13日、クアラルンプール国際空港にいた金正男氏を急襲、死に至らせた。ただ中国報によれば、2人は特務工作員ではなく、金正男氏の暗殺を画策した組織に雇われ、「殺人に利用された」とみられる。


正男氏殺害、女はだまされ犯行関与か 知人ら「信じられない」
AFP=時事 2/18(土) 5:43配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで暗殺された事件をめぐり逮捕されたインドネシア人の女について、インドネシア当局は17日、人々にいたずらを仕掛けるテレビ番組に出演中であると思い込まされて犯行に及んだとの見方を示した。


 正男氏は13日、マレーシアの空港で殺害された。マレーシア警察によると、マカオ(Macau)行き航空機に搭乗しようとしていた正男氏は、女2人に襲われ、口の中に何らかの液体を噴射された。韓国政府は、実行犯は北朝鮮政府の女性工作員だったとの見解を示している。

 だがインドネシアのティト・カルナビアン(Tito Karnavian)国家警察長官は、事件に関連し逮捕された容疑者3人のうちの一人であるインドネシア人のシティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者(25)について、隠しカメラでいたずらの様子を撮影する「ドッキリ番組」に出演していたと思い込まされていたと述べた。

 カルナビアン長官は同国メディアに対し、アイシャ容疑者は過去にも3、4回にわたり、金銭と引き換えに人の目に向けて液体を噴射するいたずらを別の女性と共に仕掛けた経験があったと説明。正男氏を標的とした依頼では、「有害な物質」が使われたと述べた。

 また、インドネシアのユスフ・カラ(Jusuf Kalla)副大統領も、アイシャ容疑者は「だまされ、ゲームに参加していると思い込んでいた」と言明。「もし彼女が工作員なら、見つかることはなかっただろう」と述べた。

 アイシャ容疑者は、交際相手のマレーシア人の男(26)と、ベトナムのパスポートを所持していた女(28)に続いて逮捕された。インドネシアの首都ジャカルタ(Jakarta)に住む同容疑者の家族や元隣人は17日、同容疑者が事件に関与していたとは信じ難いと証言している。

 アイシャ容疑者の元夫の父親(56)は、ニュースを聞き「ショックを受けた」といい、「あれほど人柄の良い人が、こんなことをするわけがない」と語った。また元隣人の女性(25)もAFPに対し、「彼女はいたって普通の人だったので、とてもショックを受けた。全く信じられなかった」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


北朝鮮、正男氏の検視結果「拒否」 遺体要求もマレーシアは応じず
AFP=時事 2/18(土) 4:31配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで殺害された事件で、北朝鮮政府は17日、マレーシア当局による遺体検視結果の内容を拒否すると表明し、遺体の引き渡しを要求した。マレーシアの警察当局はこれに対し、正男氏の家族がDNAサンプルを提供するまで遺体の引き渡しには応じないと表明した。

 駐マレーシア北朝鮮大使は同日夜、正男氏の遺体がある病院の前に集まった記者らに対し、マレーシア当局による検視は北朝鮮の許可や立ち合いがなく行われたものであり、結果は受け入れないと表明。マレーシア警察は韓国などの敵対勢力から圧力を受けていると主張した。同事件に関する北朝鮮政府の声明はこれが初めて。

 正男氏は13日、クアラルンプール(Kuala Lumpur)の空港で搭乗を待っていた際に殺害された。韓国政府は北朝鮮の女性工作員による犯行だったとの見解を示している。マレーシア当局は17日、正男氏の顔に噴射されたとみられる毒物を特定する検査を開始した。

 地元警察幹部はAFPに対し、「今のところ、身元確認や遺体の引き取りのために訪れた親類はいない。遺体との照合のため、家族のDNAサンプルが必要だ」と説明。北朝鮮から遺体引き取りの要望を受けたものの、身元確認がとれるまで引き渡しはできないと述べた。【翻訳編集】 AFPBB News


遺体の即時引き渡し要求=金正男氏の検視結果拒否―死因「心臓まひ」―北朝鮮大使
時事通信 2/18(土) 1:35配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮のカン・チョル駐マレーシア大使は17日深夜(日本時間18日未明)、声明を発表し、クアラルンプール国際空港で13日殺害された北朝鮮の金正男氏について、マレーシア政府に遺体の即時引き渡しを要求した。

 さらに、マレーシア側が「われわれの許可や立ち会いもなく、一方的に検視を行った」と強く非難し、遺体の検視結果の受け入れを拒否すると強調した。

 金正男氏の殺害後、北朝鮮政府や国営メディアは事件に一切言及していない。声明は金正男氏の名前に触れていないが、事件をめぐって北朝鮮から公式な反応が出たのは初めて。

 大使は、金正男氏の死因を「心臓まひ」とマレーシア側から伝えられていたと主張。マレーシア警察高官と17日に面会して遅滞なく引き渡すよう求めたものの、「死因特定とは関係のない問題で拒否された」と語った。

 AFP通信によると、マレーシアの法医学当局は17日、殺害に使われた毒物や死因の特定のため、遺体から採取した検体の詳細な分析を始めた。当局は、遺体の引き渡しには金氏親族のDNA提供が必要としているが、これまでに引き取りを申し出た親族はいないという。

 声明はまた、マレーシアの対応を「(北朝鮮に)危害を加えようとする敵対勢力と結託していることを示唆する」と痛烈に批判。殺害事件を使って北朝鮮のイメージ悪化を狙っていると韓国を名指しで非難しつつ、「問題を国際法廷に提起する」と反発した。

 大使は、金正男氏の遺体が安置されているクアラルンプールの病院前で声明を配布した。


金正男暗殺 謎の貿易商浮上
Japan In-depth 2/17(金) 22:32配信

【まとめ】 ・金正男暗殺は北朝鮮工作機関の犯行 ・亡命政権樹立説、亡命説には無理がある ・在マレーシア北朝鮮人貿易商が金正男氏を売った疑い浮上
■何故、今だったのか? 

2月13日午前9時ごろ6日にマレーシア入りしていた金正男氏(金正恩朝鮮労働党委員長の兄)がクアラルンプール国際空港で毒殺された。2名の女が、空港の自動チェックインカウンターにいた金正男氏を、背後から毒液を染み込ませた布で顔を覆ったとも前から毒液をスプレーで吹き付けたとも言われている。この二人の女のほか4名の男が犯行に加わったとみられているが、現在マレーシア捜査当局が追跡を続けている。

問題はこの犯行が誰の指示によってなされたかである。逮捕された女二人はベトナムとインドネシアのパスポートを持つとされているが、犯人が金正男氏と全く関係のない人物であることから様々な情報が錯そうしている。

事件の全容が解明されていない時点での断定は性急ではないのかとの指摘もあると思われるが、暗殺されたのが2012年から一貫して金正恩委員長に命を狙われてきた金正男氏であることから、北朝鮮工作機関の犯行であることは間違いない。それは兄である金正男氏が暗殺されたにも関わらず金正恩が何らの反応も示さないことからも明らかだ。

この暗殺がなぜこの時期に決行されたことについては、いま様々な憶測がなされている。主なものとしては、韓国中央日報が流した「亡命政権を樹立しようとしていたからだ」との情報だ。だが、この情報や説が事実なら、金正男氏が金正恩政権に真っ向から対決を挑もうとしたことになる。しかし金正男氏が2012年4月、弟の正恩氏に「自分と家族を助けてほしい」などと訴える書簡を送っていたことを考えるとこうした情報は違和感がある。

また「金正男氏が亡命を計画していたからだ」との説もある。亡命説については、過去に金正男氏に対する暗殺未遂があった2012年ごろ、金正男氏からではなく韓国側から「韓国に来た方が安全なのではないか」と打診され、それに対して金正男氏はそのまま外(海外)に滞在することを望むと回答したという。韓国中央日報の報道では、金正男氏が打診したこととなっているが、これは全く逆であるようだ。

こうした点を考慮するなら、今回の暗殺の根拠を、最近金正男氏が亡命、特には亡命政権樹立に向かっていたからだとするのは少々無理があると思われる。亡命政権を樹立するなら自身の保護壁であった叔母の金慶喜(キム・ギョンヒ)氏やその夫の張成沢(チャン・ソンテク)氏が健在であった時期に行動を起こしていただろう。彼には金正恩政権と対決する意思はなかったと思われる。

こうして見ると、この時期に暗殺が実行されたのは、金正男氏が亡命政権樹立や亡命に向かっていたからではなく、北朝鮮が一貫して進めていた暗殺計画の諸条件がこの時点でそろったためと見るのが妥当と思われる。暗殺の諸条件がマレーシアという地域で整い、そこで動線が確実に補足でき、正男氏が気を許し最も接近しやすい空港という場所が確定できたからこそ暗殺が実行されたのだろう。

ただ衆目が集まる空港での犯行については、金正恩が金正男暗殺を急いでいたためとの見方もあり、金正恩に反対すればこのように暗殺するぞという“見せしめ的意味”だとの見方もある。

■なぜマレーシアなのか?

しかしここで疑問が残るのは、なぜ彼がボディガードも付けず一人でマレーシアに向かったのかということである。一貫して彼を保護していた中国が今回警護していた気配が全く感じられないことにも疑問が残る。

誰かがビジネスを持ちかけて一人でクアラルンプールに来るように仕向けたのか?もしくは金正恩氏に張り付いていた誰かが、たまたま一人で行動することを事前にキャッチして暗殺団に通報したのか?この点について朝鮮日報韓国版は、2月17日付けで次のような興味深い情報を報道した。

【北の外貨稼ぎ総責任者ハン・フンイル 金正男暗殺のキーマン】

わが国(韓国)の情報当局が 「ハン・フンイル」という名前のマレーシア駐在北朝鮮貿易商が金正男暗殺事件と密接な連関があるとして関連内容を追跡中であることが16日に明らかになった。

金正男氏は、ハン・フンイルが管理してきた秘密資金を整理するためにマレーシアへ行き、その過程でハン氏を通じて金正男氏の動線情報が北朝鮮側に漏れた可能性があるというのだ。

マレーシア内の北朝鮮事情に詳しい消息筋は 「ハン・フンイルは年が70代中盤で30年以上マレーシアに居住しながら北朝鮮の東南アジア地域外貨稼ぎ事業を統括していた」と語り、 「マレーシアにビジネスのため出入りしていた金正男とはその(ビジネス)拠点を管理し資金を支援しながらずいぶんと前から関係をもっていた」と伝えた。しかし金正恩執権以後、金正男との関係が問題になり、そのために昨年北朝鮮に呼ばれて北朝鮮入りし調査を受けたという。

北朝鮮消息筋は 「金正恩が後継者として登場した2011年以降、中国で金正男氏に便宜を提供した駐在員たちを処刑するなど 「金正男ラインは皆除去されている」とし「しかしハン・フンイルは金日成・金正日誕生日毎に数万ドルずつ忠誠資金を納めて来たし、マレーシア高位層とも親交を深めていた古くからの大物だったために調査だけを受けてマレーシアに復帰した」と語った。ハン・フンイルの妻が金日成の副官を勤めたパルチザン出身のキム・ミョンジュンの娘である点も関係したという。

しかしそうだとしても、叔父、兄まで容赦なくとり除く金正恩が、ハン・フンイルを生かしておいたのには他に理由があるはずだという観測もある。

他の情報消息筋は「ハン・フンイルが生き残る対価として金正男との関係を整理し、さらに北朝鮮が金正男を暗殺する過程でも情報提供するなどの役割を果たした可能性がある」と話した。

消息筋によればハン・フンイルは軍事諜報要員を養成する鴨緑江大学出身で1980年代にアフリカのジンバブエに軍事教官として派遣された人物だが、退役した後マレーシアに派遣され30年以上外貨稼ぎを行い、金融事業、人力輸出、建設事業受注、武器販売、不動産事業、ゴム収入、原油収入などを通じて北朝鮮に資金を調逹してきたと知られている(朝鮮日報韓国語版2017・2・17)。

この情報が確かであれば、今回金正男の動線は北朝鮮側に完全に把握されていたことになる。マレーシアで暗殺が可能となった事情が十分に理解できる。


殺害を予行演習か=犯行前日に実行犯ら―毒薬瓶押収・マレーシア警察
時事通信 2/17(金) 22:30配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、実行犯として逮捕された女2人らが犯行前日、殺害現場となったクアラルンプール国際空港で予行演習とみられる行動を取っていたことが17日明らかになった。

 警察当局は17日、2人を空港に連れて行き、2度目の実況見分を行った。事件に関与したとみられる4人の男の所在は不明のままで、警察が行方を追っている。

 マレーシアの中国語紙・星洲日報などによると、犯行前日の12日、逮捕されたベトナム旅券を持ったドアン・ティ・フォン容疑者とインドネシア人のシティ・アイシャ容疑者、事件に関与したとみられる男4人がスプレーを使ってゲームをしているような映像が空港の監視カメラに映っていた。

 空港があるスランゴール州の警察当局者は「容疑者たちは犯行現場でリハーサルをしたとみている。計画された暗殺だ」と述べた。

 ただ、別の警察幹部は「外国の特務機関が金氏を殺害したと結論付けるのは時期尚早だ。捜査は続いており、この事件は複雑だ」と語った。

 また、消息筋によると、警察当局はドアン・ティ・フォン容疑者のバッグの中から毒薬の入った瓶を発見、押収した。瓶に入った薬物が金氏殺害に使われた可能性も排除できないとみている。検視結果はまだ明らかではないが、初期捜査では金氏殺害に使われたのは毒薬のリシンかフグ毒とされる。


<金正男氏殺害>逮捕の2容疑者 接点は・背後は…深まる謎
毎日新聞 2/17(金) 21:55配信

 マレーシア・クアラルンプール国際空港で13日に起きた北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件では、2人の女が関与した容疑で逮捕された。それぞれインドネシアとベトナムの旅券を所持していたが、いずれも暗殺を実行する「工作員」のイメージからほど遠い。女2人の接点はどこか。そして、背後に誰がいるのか。謎が深まっている。

 逮捕された女のインドネシア旅券はシティ・アイシャ(25)という名義になっていた。毎日新聞助手は17日、同じ名前の女が以前住んでいたジャカルタ西部の貧民街に入った。「報道で警察に連行される女の姿を見たが、シティに似ていた」。取材に応じた女の元夫の父(55)は驚きを隠せない様子だった。

 女は2007年に元義父が経営する縫製工場で勤め始め、翌年に結婚した。「礼儀正しく、実の親のように接してくれた」。12年ごろに離婚してからは長男(7)を元夫側に預けてジャカルタを出て、「バタム(インドネシアの島)で衣料品店の店員として働いている」と説明していた。インドネシア外務省によると、女は頻繁にマレーシアを訪れ、短期滞在を繰り返していた。また先月28日、旧正月を祝うために長男らの元を訪れて1泊し、子供に30万ルピア(約2500円)の「お年玉」をあげていた。

 女が以前暮らした家は3階建ての縫製工場の2階の一角。一家は衣類が散乱して雑然とした中に住んでいた。自治会長の男性(48)は「外務省職員が昨日来て、資料の提出を求められた」と話した。

 一方、ベトナム旅券はドアン・ティ・フオン(28)という名義。この女は事件前後、クアラルンプール空港から約10キロ離れた地域でホテルを1泊ごとに変えていた。ぬいぐるみを抱えて歩く様子は「とても工作員とは思えなかった」とホテル関係者は口をそろえる。「容姿が整っていた」との声も。また、コンタクトレンズの色を頻繁に変えるなど、不可解な行動を取っていたという。

 マレーシア警察関係者によると、この女の泊まったホテルの部屋にあったかばんの中から毒物が見つかったという。【クアラルンプール平野光芳、西脇真一】


背中に竜の入れ墨、金正男氏 「弟に殺される」「いつ人生が終わるか」
産経新聞 2/17(金) 21:01配信

 【北京=西見由章】北朝鮮の金正男氏が殺害されたとみられる事件で、正男氏の最近の暮らしぶりをマカオの友人らが現地メディアなどに相次いで証言した。身の危険を鋭敏に感じ取っていた一方で、身辺警護には無頓着だった様子が浮かび上がる。

 「いつ人生が終わるか分からない」。マカオ在住の友人が香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストに語ったところでは、正男氏は異母弟の金正恩氏が自らの命を狙っていると打ち明けたが、護衛はつけていなかった。「明らかに彼は中国から守られていると感じていた。マカオは彼に安全と娯楽を提供していた」 

 友人らに「ジョン」と呼ばれていた正男氏。北朝鮮の政治体制や正恩氏についてジョークを言うことはあったものの、多くは語らなかった。ただ、いつか祖国で何らかの政治的な役割を果たしたいと望んでいるようだったという。

 別の知人男性は、正男氏が友人に「弟は私を殺そうとしている」と何度か漏らしたことをマカオのテレビ局に証言した。男性によると、正男氏は近年、ほとんど単独で行動。欧州で不動産や古美術品、ワイン関連の事業を行っていた。

 ロイター通信によると、正男氏はジーンズにサンダルなどのラフな格好で「ルイ・ヴィトン」のかばんを所持。スポーツジムの友人によると、背中には目立つ竜の入れ墨があった。

 マカオでは「金日本料理」という名のレストランも経営していたが、昨年閉店した。店のドア付近には昨年3月、料金未払いのため電気を停止する通知が張られていたという。


「痛い、液体ふきかけられた」正男氏最期の言葉
読売新聞 2/17(金) 20:35配信

 【クアラルンプール=吉田健一、児玉浩太郎】クアラルンプール国際空港で13日、北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、犯行グループとみられる女2人と男4人が殺害現場となった第2ターミナルで事件前日に液体をふきかけたりするような動作をしている姿が監視カメラに映っていたと地元紙スターが17日報じた。

 正男氏殺害の「予行演習」だった可能性がある。

 事件ではこれまで、実行犯の女2人組として、ベトナム旅券を持つドアン・ティ・フオン(28)、インドネシア旅券を持つシティ・アイシャー(25)の両容疑者が逮捕されたが、ほかに男4人も関与したとみて調べている。

 現地メディアは17日、正男氏は最期の言葉として「とても痛い。とても痛い。液体をふきかけられた」と英語で話したと報じた。


<金正男氏殺害>金賢姫元死刑囚「工作員とは思えない」
毎日新聞 2/17(金) 20:20配信

939
金賢姫元死刑囚

 ◇毎日新聞の書面インタビューに応え 「請負殺人」の見方

 【クアラルンプール西脇真一】金正男氏がマレーシアで殺害された事件について、1987年の大韓航空機爆破事件の実行役、金賢姫元死刑囚(55)が毎日新聞の書面インタビューに応じた。金さんは自身の経験から、女2人がすぐに逮捕されたことについて「厳しい訓練を受けた工作員とはとても思えない」と「東南アジア女性を雇った請負殺人」との見方を示した。

 金さんは北朝鮮の情報機関「対外情報調査部」(当時)に所属し、工作員の訓練を受けた。

 ベトナム旅券を所持した女が現場の空港に戻って逮捕されたことについて「いぶかしく思った。(2人は)北朝鮮で厳しい精神や肉体の教育、訓練を受けたのではないようだ」と指摘した。また、2人が「いたずらだと思った」と供述していることについては「もしそうなら現場から離脱しなかったはずだ」と推測。女性を使ったのは「相手が警戒心を持ちにくいという心理を利用するため」で、自身も日本人女性に偽装したが「接触した人から疑いを持たれなかった」という。

 また、金さんは今回の事件が起きた13日という日付に着目。1997年2月15日、北朝鮮を脱出してソウル近郊に住んでいた故金正日(キム・ジョンイル)総書記のおい、李韓永(イ・ハンヨン)氏が銃撃され、後に死亡した。捜査当局は北朝鮮工作員による事件とみているが、未解決だ。金さんは「偶然かもしれないが」としつつ、両事件が16日の金総書記の誕生日「光明星節」の直前に起きたことを指摘し、北朝鮮との関連性を強調した。


金正男氏殺害 テロ・暗殺の“主演”に仕立てられた女性たち
産経新聞 2/17(金) 20:16配信

938
金賢姫元工作員=2010年12月17日、韓国・ソウル市内(加藤達也撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害された事件で、マレーシア警察に逮捕された女らの供述からは、北朝鮮の関与が浮かんでいない。だが、関与を隠し通そうとするのが北朝鮮工作機関のテロ・暗殺の歴史といえ、今回、女性が実行犯を演じたことにも北朝鮮の“意図”がありそうだ。

 「100ドル(約1万1千円)で持ち掛けられた」「殺人とは知らなかった」。逮捕されたインドネシアやベトナム旅券を持つ女らはこう供述、プロの集団に雇われた一般人との見方が上がっている。

 韓国では、素人を装っている可能性も指摘されている。1987年の大韓航空機爆破テロの実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員も逮捕当初、「私は日本人だ」とかたくなに北朝鮮との関わりを否定した経緯もあるからだ。

 「女性に甘い」という正男氏の性格が突かれたともいわれる。いずれにせよ、警戒心を抱かれにくい女性ということで、暗殺を恐れていたはずの正男氏に近づけたのは確かなようだ。

 北朝鮮の軍出身の専門家は「北朝鮮は最近、海外工作員を若くきれいな女性にしている」と韓国紙に説明した。2008年に韓国で摘発された元正花(ウォン・ジョンファ)元工作員は、女性を武器に韓国軍の大尉と内縁関係を結び、軍事機密を入手していた。

 マレーシアを拠点の一つとする北朝鮮工作機関、偵察総局には20代の女性で構成する「牡丹花小隊」があるという。朝鮮日報によると、工作員を養成する金正日(ジョンイル)政治軍事大学などで、担当する国の社会に溶け込む教育がたたき込まれる。選抜では出身や容姿、歌などの才能も問われるという。

 金委員長が「万能の宝刀」だとして偵察総局などに力を入れさせているのがサイバーテロだ。犯行が露呈しにくいからだ。サイバー部隊でも女性が積極登用されているという。

 ただ、大韓航空機爆破や韓国哨戒艦撃沈など北朝鮮の犯行が明白な事件に対しても北朝鮮は一切、関与を否定。金、元両元工作員ら摘発された女性らを使い捨てにしてきた。ここに、北朝鮮の非道さがにじむ。


金正男氏情報、貿易商が「北」に提供の報道 韓国統一省「確かめねばならない」
J-CASTニュース 2/17(金) 19:25配信

935
実行犯に犯行を指示したのは誰だ(写真は地元メディアより)

 金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された事件で、逮捕された実行犯が「いたずら目的だった」などと供述する中、新たな「キーマン」とも言える手引き役の存在も浮かび上がってきた。

 元々は正男氏と親しくしていた貿易商が、自分の身を守るために正男氏の居場所に関する情報を北朝鮮側に伝えた可能性がある、というのだ。この「手引き役」の存在を指摘する報道に、韓国当局は「今後、確認しなければならない」としており、今後、「手引き役」の存在がクルーズアップされる可能性もある。

■犯行女性「100ドルでいたずらしないか」持ちかけられる

 現地警察は2017年2月15日から16日にかけて、ベトナムのパスポートを持つドアン・ティ・フォン(29)、インドネシアのパスポートを持つシティ・アイシャ(25)の両容疑者を逮捕した。現地報道によると、両容疑者は「『いたずら』をするように頼まれた」などと供述しており、フォン容疑者は「私はネットアイドル」などと話しているという。インドネシアのニュースサイトによると、アイシャ容疑者はクアラルンプールのナイトクラブで、見知らぬ男から「100ドル(約1万1000円)でいたずらをしないか」と持ちかけられ、現金を必要としていたため話を受け入れたという。アイシャ容疑者は、フォン容疑者のことも正男氏のことも知らなかったと供述しているという。

 マレーシア国営のベルナマ通信は2月17日、

  「外国工作員の犯行だと結論づけるのは時期尚早」
  「捜査は進行中で、事案は複雑だ」

とする現地警察幹部の声を伝えている。

 警察はさらに4人の男の行方を追っており、この4人と北朝鮮当局との関連が注目される。

中国で正男氏に便宜を図った駐在員は粛清
 これと並行する形で浮上しているのが「手引き役」の存在だ。

 朝鮮日報は2月17日、「ハン・フンイル」と名乗るマレーシア在住の北朝鮮人貿易商が事件に関与していた疑いがあるとして、韓国の情報当局が調べていると報じた。

 朝鮮日報が消息筋の話として伝えたところによると、ハン氏は年齢70代半ばで、30年以上マレーシアに居住。北朝鮮が東南アジアで行っている外貨稼ぎの事業を統括する立場にあるという。ハン氏は、正男氏がビジネスでマレーシアに出入りする際にも便宜を図るなどして親しくしてきた。

 だが、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が政権を引き継いでからは、中国で正男氏に便宜を図ってきた駐在員が処刑されるなど、「正男ライン」に対する圧力が強まった。ハン氏も16年に北朝鮮本国に呼び戻されて調査を受けたが、(1)金日成主席や金正日総書記の誕生日ごとに数万ドル(数百万円)を「上納」してきた(2)マレーシアのエリート層とも太い人脈がある、といった点を考慮され、マレーシアに戻ることが許されたという。

 こういった背景から、別の消息筋は、

  「ハン氏が生き残ることと引き換えに、正男氏との関係を整理することにした。今回、北朝鮮が金正男氏を暗殺する過程でも情報を提供するなどの役割をした可能性がある」

と解説したという。

 聯合ニュースによると、韓国統一省の鄭俊熙(チョン・ジュンヒ)報道官は2月17日の定例会見で、この報道について

  「今後、確認しなければならない」

と述べた。


当局の「沈黙」を異例の批判=金正男氏殺害の対応で論評―中国国営紙
時事通信 2/17(金) 19:14配信

 【北京時事】中国共産党機関紙・人民日報系の環球時報は17日、北朝鮮の金正男氏殺害に関連し、中国当局のメディア対応を批判する論評を掲載した。

 韓国の報道の論調が国際的な影響力を持つ中で、中国当局は「敏感な問題」に適切な説明をせず、「事なかれ主義」的だと指弾している。国営紙が当局の報道対応を非難するのは異例だ。

 論評は正男氏殺害をめぐり、韓国メディアの報道が国際世論の「価値判断」を主導しているのに対し、中国側は「何の情報も発信せず、沈黙する傍観者」になっていると強調。沈黙を保つことで当局者は「責任を負うリスクを下げている」と批判した。

 さらに、中国メディアが報道を控えている一方、ネット上では国外メディアを引用した情報が伝わっていると指摘。こうした状況は「中国の利益を損なう」と述べ、メディア対応を改善すべきだと当局に訴えた。


金正男氏殺害 フェイスブック投稿で居場所把握も 犯人は行動パターン熟知か
産経新聞 2/17(金) 18:39配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正男氏殺害事件では、正男氏の軽率な行動が浮かび上がっている。犯行の舞台となったマレーシアでは、決まった飲食店などに出入りを繰り返していたとされ、犯人は正男氏の行動パターンを熟知していた可能性がある。

 正男氏が常連だったという韓国料理店は、首都クアラルンプール中心地の高級ショッピングモール地下にある。メニューには、430リンギット(約1万1000円)の最高級和牛や、100リンギットのキムチ鍋などが並ぶ。

 同店を経営する韓国人男性は地元紙スター(電子版)に、正男氏が暗殺を警戒する一方で高級ホテルに滞在し、シンガポールの女友達なども連れてきていたと証言。今回の訪問について「資金を受け取るのが目的だったかもしれない」とした。金正日氏の死後、北朝鮮大使館などからの資金提供は止まり、他に支援者がいたとの見方も示した。

 北朝鮮専門ニュースサイト「NKニュース」によると、正男氏は、仮名で使っていた「キム・チョル」という名前でフェイスブックに登録していた。ホテルやカジノのそばに立つ自らの写真などを投稿しており、北朝鮮の工作機関が居場所のモニターに活用していた可能性がある。

 最初の投稿は2008年10月16日付で、韓国情報当局の元高官は、フェースブックなどを使うおおっぴらな行動について、「不注意が今回の殺害を招いたかもしれない」と指摘する。


金正男氏殺害 防犯カメラに予行演習 男4人は国外逃亡か 女2人は「雇われた」
産経新聞 2/17(金) 18:35配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアで北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、容疑者の男4人は国外に逃亡したとの見方が出ている。逮捕された2人の女は工作員ではなく、男たちに雇われたと証言しているとされ、捜査の難航も予想される。

 マレーシアの中国語紙、中国報によると、逮捕されたベトナム旅券所持の女の隣で、親密に話す黒い服の男が空港の防犯カメラに写っていた。

 また、逮捕されたインドネシア旅券所持の女は「100ドル(約1万1300円)でいたずらビデオへの出演を持ちかけられた」と供述、殺意を否認した。この女は顔を覆う役で、ベトナム旅券の女がスプレーをまく役となり、撮影のためだとしてリハーサルをしたという。別の中国語メディアは犯行前日の12日、現場で4人の男と練習する2人の映像が防犯カメラに残っていたと伝えた。

 2人は、それぞれ1カ月前と3カ月前に、別々に接客して男らと知り合いになったという。同紙は、ベトナム旅券の女は犯行後、男と連絡がつかなくなったため、15日に空港に舞い戻り、警察に拘束されたとしている。


金正男氏“暗殺”報道をめぐる中国の苦悩と今後
ホウドウキョク 2/17(金) 18:30配信

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアで暗殺された事件で、韓国の朝鮮日報は16日、政府当局者の話として、「口から泡を吹いており、典型的な毒殺」と判断したと伝えた。
中国政府はこの事件をどう受け止めているのか。フジテレビ外信部・鴨下 ひろみ東アジア担当部長が解説。

(中国の最新情報は?)

中国も連日、金正男氏殺害のニュースを伝えているが、中国の国営放送、中国中央テレビのニュースの中では、「金正男」という名前をあえて言わずに、「北朝鮮籍の男性」と伝えている。
北朝鮮の金正男氏が、中国にいるということは、中国にとっても、非常に敏感な問題の1つ。
なので、北朝鮮に対して、中国は、当然配慮しなければならないと同時に、今回の殺害が北朝鮮の犯行だとわかった時に、騒ぎが大きくなって、中国がこれに巻き込まれるかもしれないということを、非常に懸念しているのではないかと思われる。

(正男氏は、ずっと中国の保護下にいたという話があるが、本当なのか?)

いわゆる、護衛をがっちりつけて、いかにも保護しているというような形の保護ではなく、つかず離れず、背後から遠巻きに、何をしているのかを常に見ている、いわば、監視しているような形の保護だったとみられる。

金正男氏を1つの“政治的なカード”として監視
監視の理由は?)

お父さんの金正日(キム・ジョンイル)総書記が生きている時は、「一種の人質」と言ったら言葉は悪いが、人質にもなり得る存在ということで、何か大事があったらいけないわけだし、何かあったらすぐ影響も及ぼせるような形で、実情を把握しておきたい。
そして、金正恩氏になってからは、口には出さないにしても、一種のけん制のような形で、「金正男氏という人が北京にいるんだ」ということを誇示しておきたい、そういう狙いがあった。
つまり、中国としては、金正男氏を使って、政権交代を自分がやろうというところまでは考えていなかったと思われるが、1つの政治的なカード、「いつか、もしかしたら何かの形で利用できるかもしれない」、そういうカードとして、金正男氏を自分の影響下に置いておきたいという思惑があったと考えられる。

北朝鮮の暴走を最小限に抑えたいが、思うように影響力を発揮できない
金正男氏の殺害については、北朝鮮の犯行であるということが明らかにならない限りは静観し、弾道ミサイル発射などをめぐる、国連の制裁には同調する見通し。
中国は北朝鮮の崩壊には反対で、北朝鮮の暴走を最小限に抑えたいのが本音だが、張成沢(チャン・ソンテク)氏ら、中国とのパイプが粛清され、思うように影響力を発揮できていない。
北朝鮮には振り回され、国際社会からは中国が影響力を行使していないと批判される、そんなジレンマが続くとみられる。


金正男氏「中国の保護は煩わしい」発言 東京新聞・五味編集委員明かす
J-CASTニュース 2/17(金) 18:08配信

 マレーシア・クアラルンプールで暗殺された金正男氏(45)に長時間インタビューをした唯一の記者として知られる東京新聞の五味洋治編集委員が2017年2月17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見し、「個人的にも非常にショックを受けている」と沈痛な面持ちで語った。

 北朝鮮の世襲に批判的な発言を繰り返していた正男氏は中国当局の保護を受けていたが、五味氏によると、正男氏は友人に対して「そういう保護が煩わしい」などと話していたという。正男氏は、こういった事情を背景に東南アジアに頻繁に出かけ、結果として中国の手が届きにくいマレーシアで殺害された。五味氏は、今回の事件で中国は戸惑っており、中朝関係は悪化するとの見方も示した。

■「彼なりの決心で、現在の北朝鮮の体制を批判」

 五味氏は2004年に北京空港で偶然に正男氏に会い、2010年からメールのやり取りが始まった。11年1月にマカオ、同5月に北京で長時間のインタビューを行った。五味氏は12年にインタビュー7時間、メール150通をまとめた著書「父・金正日と私 金正男独占告白」(文藝春秋社)を12年に出版したが、正恩氏は出版に反発。メールのやり取りは12年1月を最後に途絶えた。

 五味氏によると、正男氏は北朝鮮の体制に批判的で、

  「権力の世襲は社会主義体制と合わず、指導者は民主的な方法で選ばれるべきだ」
  「北朝鮮は中国式の改革開放しか生きる道はない」

などと話していたという。

 五味氏は今回の記者会見の冒頭で、正男氏の意に沿わない形で著書が出版されたことへの批判を念頭に置いて、

  「この発言を報道したり、本にしたことで彼が暗殺されたと皆様がお考えなら、むしろ、こういう発言で一人の人間を抹殺するという、そちらの方法の焦点が当てられるべき」

と語り、正男氏に対する取材を

  「私もかなりのリスクを冒して彼と会ったが、今、私が称賛したいのは、彼の勇気だ。彼がその後、たとえ命乞いの手紙を出したとしても、彼は彼なりの決心で、現在の北朝鮮の体制に関する批判をしたのだと思う」

と振り返った。

 誰が正男氏の殺害を指示したかについては「私が確実に言える証拠がない」としたものの、正男氏が中国の保護下にあったことを説明。最近は、正男氏が中国と距離を置いていたことも明らかにした。

「中国との関係は、必ずしも順調ではなかったのかも」
 五味氏は、さらに

  「彼は中国に家があり、中国にいる間は中国の公安当局のボディーガードがついていると認めていた。私が会ったときには、中国人ドライバーの車で出迎えを受けていた。本人も『中国から保護を受けている』と言っていたが、ここ数年は、そういう保護が煩わしいと言っていたと、彼の友人から聞いた。ここ数年、彼が東南アジアを行き来していたというのは私も確認している。そのため、中国と金正男氏との関係は、必ずしも順調ではなかったのかもしれない、と私は見ている」

と語った。

 中国外務省の耿爽副報道局長は2月16日の定例会見で、今回の暗殺事件が中朝関係に与える影響について質問され、

  「ご指摘の事件に関する報道は承知している。事態の進展を見守っている。中朝関係について言えば、両国は友好的伝統がある親密な隣国だ」

と述べるにとどめている。五味氏は、こういった反応が「戸惑いの証拠」だとして、

  「この事件でますます(中朝が)遠ざかる、関係が悪くなるのではないかという感じもしている」

と話した。


金正男氏殺害 遺体引き渡し長期化か
ホウドウキョク 2/17(金) 17:45配信

遺体の引き渡しには、しばらく時間がかかる見通し。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、検視の結果、遺体には、外傷がなかったことがわかった。
針で刺されたような痕もなく、警察は引き続き、毒物の鑑定を急いでいる。
マレーシアの副首相は、必要な検査を行ったあとに、北朝鮮大使館を通じて、親族に遺体を引き渡す意向を示しているが、捜査当局者は、地元紙に対し、鑑定など、必要な全ての手続きを終えてからになるとして、遺体の引き渡しは、しばらく時間がかかるとの見通しを示している。


北の女暗殺者は性工作員!特殊訓練と秘密工作…日本にも大物が潜入 韓国紙「サイバー空間でもハニートラップ利用」
夕刊フジ 2/17(金) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が毒殺された事件で、マレーシア警察は16日、北朝鮮工作員とみられる2人目の女を逮捕した。過去にも暗殺やテロなどの凶行に及んだ北の女工作員たちは、過酷な訓練を受け、命じられるまま、殺しやハニートラップなどの工作を仕掛けるという。

 韓国紙の東亜日報は、逮捕された2人目の女は韓国の旅券を所持し、事情聴取に英語で答えていると報じた。

 一方、15日に逮捕された女は犯行当日、「LOL」というロゴの入ったTシャツにミニスカートをはいた姿がクアラルンプール国際空港の監視カメラに写っており、「ドアン・ティ・フオン」名義のベトナム旅券を所持していた。

 共同通信によると、女が滞在していたホテルの従業員の話では、長かった髪は事件直後の13日には肩くらいまでに短くなっていたという。警察の捜査を撹乱(かくらん)しようとした狙いがあるとみられ、受付の男性は「今思えば変装のためだったのではないか」と話したという。

 警察はほかに4人の男が犯行を手助けしたとみられ、行方を追っている。2人の女は一時、「死亡した可能性がある」という情報も流れていた。

 北朝鮮の女工作員といえば、30年前に起きた大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元工作員(55)が有名だ。大韓機を爆破した後、アンプルの入ったタバコをかみ、服毒自殺を図ったが、一命を取り留めた。

 韓国に移送された金元工作員は死刑判決を受けたが、特別赦免された。その後、記した著書『いま、女として』(文芸春秋)には、工作員になるために受けた訓練の様子が詳細に描かれている。

 射撃や、男性を制圧することを目的にした撃術訓練、10キロの背嚢(はいのう)を背負った山岳行軍、地図で指定場所を探し、穴を掘ってその中に3日間隠れる訓練もあったという。

 同書では、工作員養成組織の担当課長の言葉も記されている。「スパイ戦に女を使う理由を知っているか? (中略)必要なときには身体もあたえるのだ。そんな覚悟なしには工作員などつとまらない」。つまり、ハニートラップを強要しているわけだ。

 金元工作員は1980年代に活動していたが、それ以前の女工作員もすさまじい。『金正日秘録』(李相哲著、産経新聞出版)では、北朝鮮工作員の中で「英雄」として知られる女工作員が、金正日(キム・ジョンイル)総書記に抜擢(ばってき)されたことを取り上げている。そこでは「韓国潜入時に、老女に見せかけるため、自分の歯を全部抜いてしまった」というエピソードが紹介されている。

 日本に潜入していた大物工作員の女もいる。2000年に死去したとされる李善実(リ・ソンシル)政治局員候補だ。韓国で野党政治家や学生運動家らに接触して地下組織づくりを進めたことで知られ、朝鮮労働党の序列19位で最高人民会議代議員も務めた。

 最新のテクノロジーを利用した工作も行われているようだ。韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は15日、「北朝鮮はこのところ、サイバー空間でも『ハニートラップ』を利用している」と報じた。

 韓国の情報機関、国家情報院が明らかにしたとし、「架空組織に勤める美しい女性職員を装ってフェイスブックにアカウントを開設した後、そこを利用して韓国国内の各種情報を探るという方法を用いている」と紹介している。

 「まさか…」とは思いたいが、北朝鮮のことだ。いまも日本にあの手この手で工作を行っているかもしれない。


米軍、金正恩氏「7日で排除」 3月にも世界最強の軍事力行使か、韓国紙は日本配備のステルス戦闘機に言及
夕刊フジ 2/17(金) 16:56配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件は、国際社会が注目している。「毒劇物による暗殺」の可能性が高まるなか、ドイツ・ボンで16日に開催の日米韓外相会談でも、事件や北朝鮮の核・ミサイル問題は議題となった。ドナルド・トランプ米大統領は、北朝鮮への対抗姿勢を強めており、3月にも世界最強の軍事力を行使する可能性がある。北朝鮮は16日、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の生誕記念日「光明星節」を迎えたが、専門家は正恩氏排除までの期間を「早ければ7日」と断言した。

 日米韓外相会談は、ボンでのG20(20カ国・地域)外相会合に合わせて行われた。岸田文雄外相と、レックス・ティラーソン米国務長官、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相が出席した。

 会談では、日米韓が連携して、アジアの平和と安定を壊しかねない北朝鮮への制裁措置の実効性確保を図るとともに、中国に対して北朝鮮への圧力を強めるよう働きかける方針を確認した。当然、正男氏の暗殺事件についても意見交換したとみられる。

 注目の事件だが、マレーシアの国営ベルナマ通信は16日、同国の警察が2人目の女を逮捕したと報じた。地元メディアは、女2人のほかに、男4人が犯行を手助けした疑いがあり、警察が行方を追っていると報じた。

 韓国・朝鮮日報は16日、「(正男氏の遺体の)口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象だ」という政府当局者の証言を伝えた。

 事件への関与が注目される正恩氏は75周年の「光明星節」という16日、父の正日氏と、祖父の故金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問した。

 今後、犯行が「北朝鮮の仕業」「正恩氏の指示」と断定されれば、日米首脳会談に合わせた11日の弾道ミサイル発射を受けて「非常に強い態度で対応する」と怒りをあらわにしたトランプ氏を、激高させそうだ。

 トランプ氏の本音について、13日に帰国した安倍晋三首相はNHKのニュースに出演し、「オバマ政権は軍事力の行使には非常に慎重だった。今のトランプ政権では、もう一度見直し、あらゆる選択肢をテーブルの上にのせながら、外交的に解決していきたいと考えていると思う」と語った。

 「あらゆる選択肢」とは、当然、世界最強の軍事力を指す。

 福井県立大の島田洋一教授は「トランプ氏は『ここで北朝鮮になめられたら、他の国になめられる』という感覚から、目に見える格好で強い姿勢を示すだろう。過去にも、相手がなめてかかってきたら『10倍返し』でやるという趣旨の発言をしている」といい、今後の行動をこう予測する。

 「まず考えられるのは、北朝鮮と取引する中国企業が使用する金融機関に対する金融制裁のグレードアップだ。さらに米韓軍事演習の強化や、米国防情報局(DIA)を通じた工作も強化してくるのではないか」

 米韓軍事演習については、拡充する見通しを韓国紙が伝えている。

 朝鮮日報(日本語版)は11日、米原子力空母「カール・ビンソン」が前日にグアムに到着したことや、ステルス戦闘機「F22ラプター」の日本配備に触れ、米軍の戦略部隊が朝鮮半島周辺に集結していることを報じた。記事では、軍関係者の話として「3月の米韓軍事演習『キー・リゾルブ』と『フォールイーグル』に参加する可能性が高い」と伝えている。

 カール・ビンソンは「動く軍事拠点」とも呼ばれるニミッツ級の原子力空母で、同紙は「西太平洋を担当する第7艦隊には、すでに原子力空母『ロナルド・レーガン』が配備されている。米国が西太平洋で2つの空母機動部隊を運用するのは異例」と指摘した。

 かつてない規模で行われる3月の米韓軍事演習だが、過去には正恩氏を急襲し、確保・排除する「斬首作戦」に沿った演習が行われてきた。

 軍事ジャーナリストの世良光弘氏は「本物の『斬首作戦』に変更してもいいような軍事演習となるだろう」といい、北朝鮮攻撃のシナリオを次のように語る。

 「陸からは、韓国軍と米軍の特殊部隊で平壌まで行く。空からは、B2爆撃機が平壌(ピョンヤン)上空まで行き、地下の約50メートルまでコンクリートをぶち抜ける爆弾『バンカーバスター』を使って、地下壕にいる正恩氏の居場所を徹底的に攻撃するだろう。海からは、恐らくトマホークを打ち込む。海上にはイージス艦もいるので、北朝鮮が弾道ミサイルで反撃してきた場合は、海上配備型迎撃ミサイルSM3で全部打ち落とすだろう」

 トランプ氏が、暴走する正恩氏を排除する決断を下すきっかけは何か、作戦終了までにかかる時間はどの程度か。

 世良氏は「北朝鮮が米国に到達する能力を持つICBM(大陸弾道間ミサイル)を発射したとき、またはトランプ氏が何らかの情報に基づきゴーサインを出したときが考えられる。早ければ1週間程度で、正恩氏を排除できるのではないか」と語っている。


「金正男=愛されキャラ」への違和感 --- 梶井 彩子
アゴラ 2/17(金) 16:50配信

「おちゃめな一面もあった」?
金正男が死亡したとのニュースは日本国内でも大きな話題になっている。事件にはもちろん驚いたが、さらに驚くのは、その中に「残念」「好きだったのに」「彼なら北朝鮮を変えてくれたかもしれないのに」といった親しみと期待のこもった嘆息が目立つことだ。ある種のネタとして言っているのかなと思ったが、どうやらそうでもなさそうだ。

特に問題なのはプロまでが彼との距離感を狂わされていたのではないかという疑いだ。

まずは朝日新聞。〈絵文字のメッセージ、酒席で日本の思い出 金正男氏を10年取材、記者が振り返る〉(http://digital.asahi.com/articles/DA3S12797730.html)と題する峯村健司記者の署名記事。

“「正男氏は、かわいらしい絵文字やスタンプも交えながら、私の健康や家族のことをいつも気遣ってくれた」

「話に夢中になって杯が空になると、先に日本酒をつぎ足してくれるのは、正男氏の方だった。接客する女性店員にも冗談を言ってからかう、おちゃめな一面もあった」”

この記者は友人になるつもりで金正男に接触していたのだろうか。そんなわけはあるまい。親しくなって情報を得るという手法もあるのだろうし、ここまでの関係を構築できるのは記者として優秀なのだろう。だからこそどうしてそうなるの、と思うのだが、この文章は取材者と取材対象者という距離感をまったく感じさせない。リンク先で全文をお読みいただきたいが、文の結びは正直、「この人、何言ってんの?」というものだ(大事な情報源を失った、という感じではない)。

カネや女で取り込まれる例は古今東西、尽きないが、「酒を酌み交わし、絵文字のやり取りをする」だけで、こうまで相手に親近感を持ってしまうものなのか。これではもはや「運命に引き裂かれ、永遠に会えなくなった友への追悼文」だ。今後、各国の情報工作員は峯村記者に可愛いラインスタンプ付のメッセージを送るといいだろう。

「ディズニー好きの太っちょ兄さん」の虚像
もう一つは〈金正男は、自由を愛する人間だった〉(http://bunshun.jp/articles/-/1429)と題する記事だ。『父・金正日と私 金正男独占告白』(文春文庫)の著者で東京新聞記者の五味洋治氏が本のまえがきに書いたものが文春オンラインに掲載された(単行本は刊行されてすぐ読んだが、文庫版は読んでいなかった)。

“「ギャンブルはやっていないと私には言っていたが、どうやらたしなんでいるようだ。いや、かなりのめり込んでいるらしい。そんな、人の良さというか、弱さが隠せない。かなり自分に甘い人なのだ。人ごとながら、これでよく家庭を維持しているな、と思うほどだ。そんな彼の実像は、多くの人に親近感を与えた」

「北朝鮮といえば拉致問題をはじめ、ミサイル、核実験、強制収容所とネガティブな単語が次々に思い浮かぶ。暗い閉鎖社会というイメージが定着している。しかし、そこにも人が住み、明るい笑いがある。正男氏の存在は、そんな当たり前のことを想起させてくれたのではないだろうか」”

彼が閉鎖社会の出身でありながら、海外に出かけ、ギャンブルに興じ、「あの国のプリンスでありながら開明的でディズニーランドにも行っちゃう」というギャップ萌えまで漂わせることができるのは、他でもない金一族体制あってのことだ。

彼が人好きのする温和な表情で朗らかに笑っていられるのは、多くの北朝鮮人民から吸い上げた財産あればこそで(張成沢が処刑されるまでは彼が正男に援助していたとされている)、人民のほとんどは彼のように明るく笑ってはいられない。

二人はプロの記者だから、金正男が世界中で何をしていたのかについて、取材によって把握していたのだろうか。こうは書いていても取材対象との一線は隔していたはずだ(と信じたい)。だが、文章を読む限りでは、「あの」北朝鮮の将軍の嫡男でありながら、自由社会を愛する俺たちと対等に国際社会について忌憚なく話ができるんだぜ、本来は話の通じる相手じゃないはずなのに――、というギャップが判断を鈍らせているようにも思える。

新橋のおでんより拉致問題を語れ
万が一、プロですら「俺たち分かり合えるかも」と思い込んだとしたら、一般世論が「正男かわいそう」になっても無理はない。ある種、強烈なプロパガンダ力を持っていたと言えるだろう(ゆえに殺害されたのかもしれないが)。

これらは「親近感」がいかに人の認識に作用しているかを物語る。

恐ろしく、許しがたい事実だが、同じ日本人といえど、接したことのない、動いている映像も見たことのない現在の拉致被害者に対する親近感は、多くの人にとって金正男に対するものより低いのかもしれない。「正男かわいそう。拉致被害者のことは知らない」、というわけだ。

「金正男か、金正恩か」という二択も、金正男に対する評価に下駄をはかせている。「彼だったら、(弟と違って)北朝鮮はずっとましな国になっていたのではないか」――。しかしそれは仮定であり、「こうなったらいいな」の願望に過ぎない。いいドラ息子と悪いドラ息子を比べているような感じだが、ドラ息子にかわりはない。

こんな場面すら想像する。男二人が結託して、一人が強引な不良として女性に近づき、もう一方がヒーローとしてこれを助ける。すると女性はヒーロー役の男に簡単についていく……。よもや金兄弟が結託しているわけはないが、人間はこういったケースに弱く、心理的に揺さぶられやすい。

特に金正男の場合、血縁や運命に翻弄されてきた(ように見える)ことが、人生に「悲劇性」を纏わせている。そこに諸行無常的感覚を覚え、つい哀れんでしまうのは日本人の常ではある。

筆者にも覚えがある。朴槿恵大統領が袋叩きにあっているのを見て「両親が殺される悲劇の人生を歩んできて、それでも政治家になろうと頑張ってきたのに、なんだかかわいそうですね」と述べると、それを聞いた韓国出身の女性はこういった。

「日本人は甘いですね。彼女はそれだけのことをしたのです」

確かにそうなのだ。金正男の最期は確かに悲劇だが、そのことで彼が本当は何をやってきたのか、ミサイル・核開発や日本の安全保障(つまり我々の生活)に影響を及ぼしてはいなかったのか、中国との密な関係の実体はどうだったのか、などが覆い隠されてはならない。正男が新橋のおでんが好きだという情報もいいが、拉致問題やミサイル開発について何を知っていたのかを知りたい。

相手の金正男が日本人記者をどう思っていたかはもはや永遠に不明だが、友と錯覚するほどの信頼関係を構築した結果、記者二人はどんな情報を金正男から引き出したのか。「取材もしないクセに偉そうに言うな」との反論には「偉そうですみません」と言うしかないが、取材した結果、得たものが「金正男は結構いいヤツ」という錯覚ではまずいだろう。金正男の立場を重んじて公にせずに来た重要情報が今後明らかになることを期待している。

いずれにしろ各国の情報担当者は「簡単に世論操作できる。日本人はチョロいな」と笑っているに違いない。


金正男単独インタ五味氏が会見「真摯な関心を持っていたのは僕だけ」
スポーツ報知 2/17(金) 16:30配信

 マレーシアで13日に暗殺された北朝鮮・金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)の単独インタビューやメール対話をまとめた「父・金正日と私 金正男独占手記」(文芸春秋)を2012年に出版した東京新聞編集委員の五味洋治氏(58)が17日、東京・有楽町の日本外国特派員協会で会見した。

▽以下、五味氏が話した要旨
 今回の金正男さんの毒殺については個人的にも非常にショックを受けています。(一緒に会ったことがある)私の妻もショックを受けていて、昨日の夜も何回も泣いていました。本の出版を一番反対したのは私の妻です。それは2011年1月、(マカオで)金正男さんと会った時に妻が同行してくれたからです。当時私は子どもがいませんでしたので、正男さんを取材しトラブルになったとき、行方不明になるとまずいので一緒に行ってくれ、と頼みました。同意して私が取材しているところを写真に撮ってくれました。

 会社(東京新聞)には取材のことは言わず、机の中に手紙を入れて置きました。万が一いなくなったらこのホテルに泊まり、この便に乗り、ここに行く予定だったと書いておきました。正男さんが来ない可能性もあるので来ない場合は観光旅行をしようと思った。私がなぜリスクを負ってまでなぜマカオに行ったのでしょうか。それには私が長年携わっていた北朝鮮報道に対する考え方があります。日本ともっとも敵対している国です。しかし、うわさ話、政府当局者の話が先行し、実名で語ってくれる人がいません。そのため、彼に実名で写真をとってビデオを撮っていいかと確認して、原稿を見せて東京新聞の記事(11年1月28日付)にしました。

■北朝鮮の体制のあり方に批判的
 その後、彼から「本国から警告があった。政治に関する話はしないが、あなたとの交流は続けましょう」というメールが来ました。

 その年の5月、北京で再会し、その後もメールで交流しました。そして12月に正日氏が亡くなり、北朝鮮に対する懸念、不安が高まりました。

 積み重ねた取材を本にしていいか、ということは正男さんから許可を得ています。「ただしタイミングが悪い。今は待ってくれ」と言われたのは事実です。私はタイミング的に微妙な時期だったが、彼の人間性を伝えることこそ、北朝鮮に対する理解が進み、他の国との関係も改善されるという信念のもとに本を出版しました。彼の主張を要約すれば北朝鮮の体制のあり方に批判的だったということです。最初には権力の世襲は社会主義と合わず、指導者は民主的な方法で選ばれるべきだと言っていました。中国式の経済の改革開放しか生きる道はないと言っていました。皆さんがこの発言で暗殺されたとお考えなら、この発言で暗殺されるということに(問題があると)焦点を当てるべきでしょう。

■金正男氏の勇気を賞賛
 この3日間、英語、中国語圏、韓国語圏から数百件の電話を頂きました。私は皆様方にお勧めします。ご自分で直接ソースに当たって取材してみてください。それが北朝鮮を変える力になります。もともと金正男さんに関心を持ったのは、2004年9月に北京国際空港で偶然出くわしたからです。遊び人で、女性関係も複雑、ギャンブル好きと言われていましたが、実際にはインテレクチャルで礼儀正しく、ユーモアもある(イメージとの)落差を感じました。(彼なら)率直に話してくれるのではないか、と7年間、彼と接触して私なりの努力をしました。私もかなりのリスクを冒して彼と会いましたが、今、称賛したいのは彼の勇気です。彼がたとえその後、命ごいの手紙を出したとしても、命懸けで現体制の批判をしたのだと思います。

 一番記憶に残っている言葉を一つ紹介します。彼は少なくとも5回日本に来ています。東京の高級な飲食店でお酒を飲むのが好きだと言っていました。韓国や北朝鮮の人、一緒に歌を歌い、酒を飲んで楽しんでいた。いつか(社会全体が)このように壁がなくなればいい。私は外交関係の記事を書きますが、時々彼の言葉を思い出しながら記事を書いています。できれば彼の言葉をより多くの人に聞いてもらい、現在の北朝鮮を変えていく力になればと思っています。

 最後に今回の事件についての見方の質問をたくさん受けます。正直に言うと私がコメントする十分な材料がありません。推測で話すことは私が最も避けたいことです。昨日妻とも話し、彼を悼み、妻とその思いを共有し、世界中の彼の友達とも共有したいということです。心が非常に混乱しております。

▽以下質疑応答
 ―正男氏が東京ディズニーランドに来たことが世襲から外れる原因となったと考えるか。

 「本人に聞いたことがあります。日本に来たことが直接世襲から外れた原因になったとは思わないと言っていました。本にも書きましたが、偽造パスポートで入国したことを非常に恥ずかしいことだと言っていました。これ以降、北朝鮮はシステムを変えて偽造であっても北朝鮮パスポートを使うことになったと言っていました。(暗殺された時に)彼が使っていたパスポートは偽名でしたが、彼が言っていたことは守られていたということです」

 ―(母が)正妻ではなかったということから後継者になる可能性はなかったという見方もあるが。

 「私の聞いた範囲でお答えします。彼は9歳でジュネーブに留学し、20歳になる前に帰国しました。そのときにお父さんの正日さんと全国を歩き、経済の状態を視察したそうです。ヨーロッパで見てきた世界と北朝鮮の世界があまりにも違うことから仲たがいし、生活は荒れ、最終的に北朝鮮を去ることになったと聞いています。その話からして私は、(当初)お父さんからは後継者と見られていたと判断しています」

 ―最後に連絡を取ったのは。

 「2012年1月3日のことです。その時には身辺に危険が高まっているとは聞いていませんでした。その後も彼が目撃された場所に取材に行きましたが、強く警戒している感じはなかったと周りの人は言っていました」

 ―正男氏はどこから収入を得ていたのか。

 「どんな仕事をして生きているのかと聞きました。その度に彼ははっきり答えませんでした。投資の仕事をしているというだけでした。それ以上の手掛かりはありません」

 ―正男氏のことは北朝鮮でどう思われているのか。また、正日氏との視察はいつ頃か。

 「正男さんの存在は忘れられています。ただ携帯電話の普及で、彼の発言を知る人は増えているそうです。日本で会ったある脱北者がこう言っていました。うわさ話で長男が北朝鮮の批判している。なにか変わるきっかけがあるかもしれない。それが反体制運動につながったかは分かりません。たぶんなかったでしょう。それほど重要な地位にあるなら一人で空港に出掛けたり、海外であちこちいく行動はしないと思います。視察の時期はたぶん1990年代前半だと思います」

 ―最初に正男氏と会ったのはいつか。

 「最初の出会いは2004年。北京の空港で偶然見掛けたことです。2010年10月に再びメールをしました。その後、マカオなどで会い、最後の連絡は2012年1月。計7時間話を聞き、150通のメールのやりとりをしました。フランス語、英語、ロシア語を話し、日本語は日常生活程度、中国語は得意でないようでした」

■中国は正式な反応を示していない
 ―暗殺命令は誰が出したのか。正男氏と中国との関係は?

 「暗殺命令について私が言える確実な証拠がありません。中国と彼との関係についてお話します。中国の公安当局がついていると認めていました。私が会ったときには中国人ドライバーの出迎えを受けていました。ここ数年は『保護が煩わしいと言っていた』と彼の友人から聞きました。ここ数年東南アジアを行き来していたのは私も確認しています。中国と彼との順調ではなかったと私は見ています。中国はまだ正式な反応を見せていない。それは戸惑いの証拠だと思います。もともと北朝鮮と中国は朝鮮戦争では同盟関係にありましたが、ますます関係が悪くなるのではないかという感じはしています」

 ―正日氏の死去について正男氏は何と言っていたのか。

 「正日氏が亡くなった直後にも慰労の言葉を送ったが、何日も返事がありませんでした。これで連絡を終わりにすると来て以降。父が亡くなった悲しみを感じることはできませんでした」

 ―なぜ正男氏は五味さんを取材を受ける相手に選ばれたのだと思いますか。

 「それは簡単なことなんです。正男さんが2001年に不法入国されて摘発されてから後継者レースから外れた。追いかけても意味がないとほとんどの人が感じました。2004年に偶然彼と会ってから魅力というか力というか、話をしてくれる人で。自分の時間とお金を使ってマカオ、北京、シンガポールに取材に行きました。平壌で翻訳して彼も記事を読んだらしい。彼に対して真摯な関心を持っているのは僕だけだったのではないでしょうか。それを彼も感じてくれたのだと思います。自分の危険を感じながらも。2011年1月にマカオでインタビュー受けるときにも全身に汗をかいて苦しそうに受けていました。彼も自分なりにこの発言が(北朝鮮に)どうとられるかと感じていたかと思うと心が痛みます」

 ―正男氏は正恩氏と会ったことがあるのか?

 「正男氏は正恩氏と会ったことがないと言っていました。2番目の息子の正哲氏とは会ったことがあると言っていた。会ったことがないので正恩氏の性格についてはコメントできないと言っていた。多くの脱北者も(2人は)会っていないのではないかと言っていた。正男さんは(留学中の)スイスではいろんな国籍の人と付き合って楽しかった。ヨーロッパでは自分の見聞を広めたと言っていました」


「金正男暗殺」と中国工作員の関与説 --- 長谷川 良
アゴラ 2/17(金) 16:22配信

韓国「聯合ニュース」が14日、金正男氏の暗殺を報じ、韓国統一省報道官が15日、クアランプール国際空港で13日に殺害された人物が北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄の正男氏(45)であることをほぼ確認したと発表した。正男氏は空港内で2人の身元不明の女性2人(北朝鮮工作員の可能性が高い)に毒針か毒布で殺害された可能性が高いという。

正男氏は2001年5月、息子と2人の女性と共に偽造パスポートを所持し、日本に密入国しようとし、成田空港で摘発され、追放された事件で父親の怒りを買い、後継者争いから外れたといわれてきた。父親金正日総書記が死去した後、政権を世襲した異母弟、金正恩労働党委員長から疎外され、中国やマレーシアを転々としていたことが確認されている。同氏への暗殺計画も久しく報じられてきた。正男氏は金総書記と成恵琳夫人との間、正恩氏は金総書記の3番目の夫人・高英姫氏との間に生まれた異母兄弟関係だ。正恩氏は海外メディアで北朝鮮を批判する正男氏を苦々しく感じてきた。正男氏暗殺計画はこれまで何度もメディアで報じられてきた経緯がある。

金正恩氏は2013年12月、中国の支持を受けて政権転覆を図っていたとして叔父・張成沢元国防副委員長を処刑し、今度は異母兄の正男氏を海外で暗殺したとなれば、政権維持のために親族も粛清する残虐な独裁者ということになる。ちなみに、金ファミリー関係者の最初の暗殺事件は1982年、北の特殊工作員がソウルで亡命(1982年)中の李韓永氏(故金正日総書記の元妻・成恵琳の実姉の息子)を暗殺した事件だ。

金正男氏の暗殺計画は過去にも何件か報じられたことがある。最初に報道されたのは2004年11月だ。「後継者問題に絡んで反正男グループが正男氏をウィーンで殺害しようとしたが、その情報をキャッチしたオーストリア内務省は直ぐに駐オーストリアの北朝鮮大使に連絡し、暗殺計画の中止を要請。そのため、正男氏暗殺計画は阻止された」という内容だった。

2009年6月には、「北朝鮮の金正日労働党総書記の長男・金正男氏がマカオで後継者に決定した総書記の3男・金正恩派によって暗殺されかけたが、計画を事前にキャッチした中国側が正男氏を保護した」というものだ。

この2件のニュースはのちほど、いずれも偽情報だったことが明らかになったが、暗殺情報がたびたび治安関係者や報道関係者の間を回っていた事例である。

最近では、聯合ニュース(2012年10月9日)が、「脱北者を装って韓国に潜入し、活動していた北朝鮮国家安全保衛部所属の工作員が逮捕された。同工作員は故金正日総書記の長男、正男氏に対するテロ指令を受け、その準備活動をしていた疑いがもたれている」と報じた。

金正恩氏が今回、異母兄暗殺にゴー指令を出したとすれば、考えられるシナリオは正男氏の「韓国亡命説」。駐ロンドンの北大使館のテ・ヨンホ公使夫妻が昨年韓国に亡命し、平壌を震撼させたばかりだ。北当局は神経質になっている。それか「中国工作員の関与説」だ。

後のシナリオが正しいとすれば、金正恩氏の訪中計画が近日中に浮かび上がってくるだろう。正恩氏にとって、正男氏の暗殺で中国との関係改善の大きな障害がなくなったことを意味するからだ。中国側がこれまで保護してきた正男氏を切り捨てた可能性がある。

また、看過できないことは、金正男氏が暗殺されたことから、海外に住む金ファミリーに大きな動揺が起きる可能性が考えられる。駐チェコの金平一大使(故金日成主席と金聖愛夫人との間の長男)や駐オーストリアの金光燮大使(故金日成主席の娘婿)はいずれも金正恩氏の義理の叔父に当たる。彼らの今後の動向から目を離せられない。

編集部より:この記事は長谷川良氏のブログ「ウィーン発『コンフィデンシャル』」2017年2月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はウィーン発『コンフィデンシャル』(http://blog.livedoor.jp/wien2006/)をご覧ください。


実行犯ら、事件前日に現場下見か
ホウドウキョク 2/17(金) 16:15配信

実行犯らが、事件前日に現場を下見していた可能性が浮上している。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害された事件で、現地メディアによると、事件の前の日に、殺害現場となったマレーシアのクアラルンプール国際空港周辺を、男女6人がふざけあって、液体のスプレーをかけあいながら歩いていた様子が、防犯カメラに映っていた。
地元当局は、事件に関与した6人が、事前に下見をしていた可能性があるとみて調べている。
一方、16日に逮捕されたインドネシア国籍の女は、「ナイトクラブで、見知らぬ男から100ドルでいたずらビデオの出演を持ちかけられた」と供述している。
また、「わなだとは思いもしなかった」として、殺意を否認している。


金正男氏殺害 女2人立ち会わせ実況見分
ホウドウキョク 2/17(金) 16:13配信

容疑者の女2人を立ち会わせて、実況見分が行われた。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の兄・金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアで殺害された事件で、現地警察は17日未明、クアラルンプール国際空港で、容疑者の女2人を立ち会わせ、1時間半以上にわたって、事件当時の状況を確認した。
この事件では、ベトナムのパスポートを所持していたドアン・ティ・フオン容疑者と、インドネシア国籍のシティ・アイシャ容疑者が、空港で正男氏の顔に毒を吹きかけた疑いが持たれている。
このほか、マレーシア人の男1人が逮捕されているが、男3人が現在も逃走していて、警察が行方を追っている。


北朝鮮軍偵察局、東南アジアで活動=密輸中継地にも利用か―マレーシア紙
時事通信 2/17(金) 15:54配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、関与の有無に関心が集まっている北朝鮮の対外情報・工作機関、朝鮮人民軍偵察総局に関し、17日付のマレーシア紙「スター」は、過去20年にわたってマレーシア、シンガポール、インドネシアの東南アジア3カ国で活動してきたと報じた。

 情報機関筋によると、偵察総局による海外活動で、3カ国は最も大きいネットワークの一つとみられる。マレーシアとシンガポールでは、工作員は身分を隠すため、朝鮮レストランを経営したり、建設産業のコンサルタントになったりしているという。

 同筋は「彼らは朝鮮レストランを前線拠点とし、マレーシアやシンガポールを訪問、または両国を拠点にしている日本や韓国の政治家、外交官、企業幹部らの情報を収集、監視している」と語った。

 同筋はまた、偵察総局が資金調達のために「麻薬の密輸にも関わってきたとみられる」と指摘。2003年にオーストラリア沖で豪当局に拿捕(だほ)された北朝鮮の貨物船から大量のヘロインが押収されたが、豪警察の捜査でマレーシアのポートクランを中継地に使っていたことが分かったと話した。


金正男氏殺害、容疑者の女の服に(笑)の文字 マレーシア
CNN.co.jp 2/17(金) 13:30配信

(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が死亡した事件に関連して、マレーシア警察は16日、新たに容疑者の男1人を逮捕したことを明らかにした。

この事件ではこれまでに女2人が逮捕されている。このうちの1人は、「LOL」の文字が入ったシャツ姿でクアラルンプール国際空港の防犯カメラに映っていた。この写真はマレーシアのメディアが入手。マレーシア警察はこれについて、正男氏が同空港で襲われたとされる日に撮影された容疑者の女の写真であることを確認した。

LOLは「Laugh out loud」の頭文字で、ソーシャルメディアやスマートフォンでは(笑)の意味でよく使われる。

逮捕された2人の女はそれぞれインドネシアとベトナムのパスポートを持っていた。3人目の容疑者は26歳のマレーシア人の男で、警察によると、容疑者の女の交際相手と思われる。

正男氏の死因について、韓国の国会情報委員会は同氏が空港で毒殺されたと断じたが、マレーシア当局はまだ検視の結果を発表していない。

マレーシアのザヒド副首相はクアラルンプールで行った記者会見で、正男氏の死に北朝鮮が関与したと伝えられていることについて、「臆測にすぎない」と一蹴した。


金正男氏殺害を受けて東京新聞・五味氏会見(全文1)出版、微妙な時期だった
THE PAGE 2/17(金) 13:20配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件を受け、東京新聞編集委員の五味洋治氏が17日午前10時半から、東京の外国特派員協会で記者会見する。

金正男氏の毒殺に非常にショックを受けている
五味:ご紹介いただきました、五味といいます。今日は日本語でお話しさせていただきます。今回の金正男さんの毒殺については、個人的にも非常にショックを受けております。私だけではなくて、私の妻も非常にショックを受けていて、きのうも夜、何回も泣いておりました。

 先ほどより本の話がありましたが、本の出版を一番反対したのは私の妻です。それは、2011年1月に金正男さんと会ったときに、妻が同行してくれたからです。当時、私は子供がいませんでしたので、もし金正男さんと取材してトラブルに巻き込まれたときに、私だけ行方不明になるのはまずいと思って、妻に率直に話をして一緒に行ってくれと頼みました。彼女は同意し、私が取材しているところを写真に撮ってくれました。

 会社の机の中には、会社には取材のことは言わず、机の中に手紙を置いていきました。万が一、私の行方が分からなくなったら、ここのホテルに泊まる予定だったと。この飛行機の便に乗る予定で、ここに行く予定だと、いろいろな日程を書いておきました。金正男氏が来ない可能性もあったので、来ない場合は2人で観光旅行をしようと思っていました。

タイミング的に非常に微妙な時期だったが出版を決意
 私が、なぜそんなリスクを冒してまでマカオに行って彼に会ったんでしょうか。それは、私が長年携わっていた北朝鮮報道に対する考え方からです。ご存じのとおり、北朝鮮と日本は最も敵対している関係の国です。しかし、うわさ話や政府当局者の話が先行し、直接実名で語ってくれる人がほとんどおりません。そのため、私は彼に実名で写真を撮って、ビデオも撮っていいかときちんと確認した上で取材をし、それを本人にも見せて、事前に原稿を見せて記事にしました。東京新聞で。

 そのあと金正男氏はいろいろなところから勇気のある発言をして、うれしかったと。特に韓国からそういう連絡を受けたと言っていました。そのあとも、その記事が出たあと、皆さんご関心があると思いますが、金正男氏からEメールが来て、北朝鮮本国から警告があったとメールがありました。ですから、これからは政治に関することはしばらく話しませんと。でも、あなたとの交流は続けましょうと言っていました。

 その年の5月に北京で再会し、その前後も継続してEメールのやりとりをしました。その年の12月に金正日総書記が亡くなり、北朝鮮の将来に対する懸念、不安が高まりました。金正男氏には、私がこれまで積み重ねてきた取材、Eメールについて本にしてもいいかということについては許可を受けています。ただし、タイミングが今は悪い、ちょっと待ってほしいと言われたのは事実です。

 私は、タイミング的に非常に微妙な時期ではありましたが、彼の思想や北朝鮮に関する考え方、人間性を伝えることこそ北朝鮮に対する関心を高め、理解が進み、日本だけでなくほかの国との、北朝鮮とほかの国との関係が改善されるという信念の下に本を出版いたしました。彼の主張を簡単に要約すれば、北朝鮮の体制の在り方に批判的だったということです。最初には、権力の世襲は社会主義体制と合わず、指導者は民主的な方法で選ばれるべきだと言っていました。北朝鮮は経済の改革、開放、中国式の改革、開放しか生きる道はないとも言っていました。この発言を報道したり本にしたことで彼が暗殺されたと皆さまがお考えなら、むしろこういう発言で1人の人間を抹殺するという、そちらの方法に焦点が当てられるべきでしょう。

「こういうふうに世界に壁がなくなればいい」と語っていた金正男氏
 この3日間、英語圏、〓中国語圏 00:16:34〓、韓国語圏、数百件の電話をいただきました。私は皆さま方にお勧めします。私に質問して全ての答えを得ようとせず、ご自分で直接ソースに当たって取材をしてみてください。それが北朝鮮を変える力になります。もともと私は金正男氏に関心を持ったのは2001年、北京の空港で取材の途中、偶然に出くわしたことからです。遊び人で、女性関係も複雑で、ギャンブル狂でといった、いろんなうわさがありましたが、私が会った印象では、非常にインテレクチュアルというか、知的な方で、礼儀も正しく、ユーモアもあって、非常に落差を感じました。

 彼は金ファミリーの一員です。ですから、現在の北朝鮮の情勢について率直に話してくれるのではないかと期待し、それから7年間、私なりの努力を続けて、彼と接触しようとしてきました。私もかなりのリスクを冒して彼と会いましたが、今、私が称賛したいのは彼の勇気です。彼がたとえそのあと命乞いの手紙を出したとしても、彼は彼なりの決心で現在の北朝鮮の体制に関する批判をしたんだと思います。

 批判ばかりではなくて、私が彼と会って一番記憶に残っている言葉を1つ紹介します。彼は日本に少なくとも5回来ています。東京の高級な飲食店で、お酒を飲むのが好きだと言っていました。そこには韓国系、北朝鮮系、一般の日本人もいて一緒に歌を歌い、酒を飲んで楽しんでいた。ですから、こういうふうに世界に壁がなくなればいいと思ったものですと話しました。私は今、日本の外交関係の記事を書くことがありますが、時々、彼の言葉を思い出しながら記事を書いています。できれば彼の言葉を、より多くの人に知ってもらい、現在の北朝鮮を変えていく力につながればいいなと希望しております。

 最後に、今回の事件についての見方に関する質問をたくさん受けます。正直に言うと、私がコメントする十分な材料がありません。推測でいろんな可能性を話すことは、私が最も避けたいことです。きのう、妻とも話しましたが、私が今やることは彼の死を深く悼み、彼の思い出を妻と共有し、さらに世界あちこちにいる彼の友達と共有したいなということです。

 たくさんの取材の申し込みをいただきましたが、私の思いは今の言葉で尽きております。昔から関係のある、いくつかのメディアの方には、これからもお話ししますが、取材は基本的にはお受けすることはしません。ご了解いただきたいと思います。個人的な時間もありませんし、まだ私は心が非常に混乱していまして、まとまったお話ができません。じゃあ、そろそろ時間になりましたので、このぐらいにしていただいて、質問を受けさせていただきます。


「日本に来たことで世襲外れたと思わない」金正男氏の言葉を五味氏が紹介
THE PAGE 2/17(金) 12:55配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害された事件を受け、東京新聞編集委員の五味洋治氏が17日、東京の外国特派員協会で記者会見した。

 五味氏は、2004年に北京国際空港で偶然、正男氏と会ったことをきっかけに交流を持ち、7時間のインタビューと150通のメールをもとにまとめた「父・金正日と私 金正男独占告白」という著作を出している。

 正男氏は故金正日総書記の長男でありながら後継者候補から外れ、いまは3男の正恩氏が指導者の地位に就いている。正男氏は日本に少なくとも5回訪れていたといい、2001年に不法入国を図って成田空港で拘束されたこともある。この拘束以降、正男氏が後継レースから外れたと見る向きもある。ただ、正男氏は「日本に来たことが世襲から外れた原因になったとは思わない」と語っていたと、五味氏はいう。むしろ偽造パスポート入国したことを「恥ずかしいことだ」と話していたと説明する。

 五味氏によると、正男氏は9歳からスイス・ジュネーブに留学し、20歳前後でいったん帰国。その折、父の正日氏とともに北朝鮮国内の経済開発の状況を視察した。こうしたことから、五味氏は「一時的にせよ、正男氏は父から後継者としてみられていた」と見立てを語る。ただその父との視察で、正男氏は北朝鮮の状況がヨーロッパで自分が見てきた社会のあり方とあまりにも違うことを知り、仲違いしたのだという。その後の正男氏の生活は荒れ、最終的に北朝鮮を離れることになった。

 五味氏がリスクを犯してまで正男氏と接触を図ったのは「彼はきっと話してくれる人で、現在の北朝鮮に影響を与えると予感があった」からだという。正男氏の主張は一言でいうと、北朝鮮の体制に批判的だった。「権力の世襲は社会主義体制と合わず、指導者は民主的な方法で選ばれるべき」と考え、「北朝鮮は中国式の経済の改革開放しか生きる道はない」とも言及していたという。

 「遊び人」「ギャンブル好き」「複雑な女性関係」などのうわさがあったが、実際に会った正男氏は「インテリでユーモアもあり、落差を感じた」。今回の事件については「私がコメントする十分な材料がない。推測で可能性を話すことは最も避けたいこと。彼の死を深く悼み、思い出を共有したい」と沈みがちに語った。


女性工作員は北朝鮮が「好んで使う武器」、脱北した元軍人が指摘
AFP=時事 2/17(金) 12:46配信

【AFP=時事】毒物で武装した美貌の女性暗殺者は今や北朝鮮が「好んで使う武器」だ──金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシアで殺害された事件を受けて、韓国に亡命した脱北者で著名な北朝鮮専門家の安燦一(アン・チャンイル、An Chan-Il)氏が16日、AFPに語った。

「私たちは、近付いてくる若い女性を常に警戒している」と安氏は言う。北朝鮮政府が「復讐のために送って来た暗殺者かもしれないからだ」

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が13日にマレーシアのクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur International Airport)でスパイ小説のような手口で暗殺された事件について、韓国政府は北朝鮮の工作員による犯行とみている。マレーシア警察はこれまでに、女2人と男1人を逮捕している。

 北朝鮮の元軍人で1979年に韓国に亡命した安氏は現在、北朝鮮の独裁体制を厳しく批判する専門家として知られる。同氏は韓国政府から厳重な警護を受けていた脱北者8人のうちの1人だ。正男氏の殺害後、厳重警護の対象となる脱北者の数は20人に増えたと同氏は言う。

 安氏によれば、北朝鮮では近年、男性工作員が情報収集や情報提供者との関係構築の任務に就けられるケースが目立ち、「女性工作員らが毒殺の訓練を受けている」と言う。

 女性なら「プラスチック製の小さな毒物注入器を口紅などの化粧品の中、または服の中に隠しやすい」と安氏は指摘し、そのようなプラスチック製の注入器は空港のセキュリティーチェックでも見つからないと語った。

 女性工作員の候補生らは、知力と体力、出自や家族のことまで入念に調べられる。加えて、「美しい容姿が不可欠だ」と安氏は言う。

 正男氏の殺害事件を捜査中のマレーシア警察は、それぞれインドネシアとベトナムのパスポートを所持する女2人を容疑者として逮捕した。2人は事件の2日後に殺害現場の空港に再び姿を現していた。

 安氏はこの行動について、北朝鮮の工作員にしては「おかしい」と指摘し、「北朝鮮の工作員なら(殺害後に)姿を消すか、逮捕されそうになった段階で自殺を図っているはずだ」「スパイとしては考えられない行動だ」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News


「非常に知的で、礼儀正しく、ユーモアもあった」金正男氏「告白本」の著者が振り返る
弁護士ドットコム 2/17(金) 12:43配信

マレーシアで殺害された金正男(キム・ジョンナム)氏とかつて交流があり、『父・金正日と私 金正男独占告白』の著者である東京新聞編集委員の五味洋治氏が2月17日、東京・有楽町の外国特派員協会で記者会見を開いた。正男氏の殺害について、五味氏は「非常にショックを受けている」と打ち明けた。

五味氏は2004年、北京の空港で偶然目撃したことがきっかけで、正男氏に関心を持ちはじめ、2010年10月から正男氏と交流するようになった。その後、マカオや北京で計約7時間の直接インタビューや、約150通のメールのやりとりをまとめて、2012年1月に著書を出版した。最後のメールも、発売直前の2012年1月だったという。

五味氏によると、当時、正男氏から出版の許可を受けてたものの、「タイミングが悪いので、今はちょっと待ってほしい」といわれていたという。五味氏は「微妙な時期だったが、彼の思想、人間性を伝えることで、北朝鮮の関心が高まり、理解がすすみ、ほかの国との関係性が改善されると考えた」と出版の意義を強調した。

●正男氏の人間性は?

正男氏の思想や人間性はどういうものだったのか。五味氏は会見で次のように振り返った。

「遊び人で、女性関係も複雑で、ギャンブル狂という噂があったが、(実際に会ってみると)非常に知的で、礼儀も正しく、ユーモアもあった。非常に落差を感じた」

「彼は、北朝鮮の体制に批判的だった。権力の世襲は時代にあわず、民主的な方法で権力者を選ぶべきで、改革・開放しか北朝鮮が生き残る方法はないと考えていた」

「彼は少なくとも5回来日している。『東京の高級な飲食店でお酒を飲むのが好きだ』と言っていた。そこでは、韓国系、北朝鮮系、一般の日本人もいて、酒を飲んで楽しんでいた。『いつか、こんなふうに世界に壁がなくなればいい』と話していた」

●後継者争いから外れた理由は?

正男氏は2001年5月、偽造パスポートで日本に入国しようとしたところ、成田空港で拘束されて、強制退去処分となる事件があった。当時の報道によると、正男氏は「東京ディズニーランドに行きたかった」などと話していた。

この事件がきっかけで、正男氏は、父・金正日(キム・ジョンイル)氏の後継者争いから外れたとみる向きもあるが、五味氏がこの点についてたずねたところ、正男氏は「日本に来たことが直接、世襲から外れる原因になったとは思わない」と答えたという。

五味氏は「彼は9歳からジュネーブに留学し、20歳になる前にいったん帰国した。そのときに正日氏と全国を歩いて、経済的な開発の様子を視察したらしい。しかし、ヨーロッパでみてきた社会のありかたと、北朝鮮の社会のあり方が違っており、正日氏と意見対立して、最終的に北朝鮮を去ることになった」と説明していた。


金正男氏の遺体引き渡し「家族のDNA提供が条件」マレーシア警察
AFP=時事 2/17(金) 12:41配信

【AFP=時事】(更新)マレーシアの警察当局は17日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄で、クアラルンプール(Kuala Lumpur)で殺害された金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏の遺体の引き渡しについて、正男氏の家族か親族からのDNAサンプル提供が条件だとの見方を示した。

 マレーシア・スランゴール(Selangor)州警察トップのアブドル・サマー・マット(Abdul Samah Mat)氏は「これまでのところ、遺体の身元確認や引き渡しを求めてきた家族や近親者はいない。遺体の身元確認のため、家族のDNAサンプルが必要だ」と説明。「北朝鮮は遺体の引き渡しを正式に要請してきたが、引き渡しの前に、身元確認をしなくてはならない」と述べた。

これに先立ち、アフマド・ザヒド・ハミディ(Ahmad Zahid Hamidi)副首相は16日、北朝鮮側が正男氏の遺体引き渡しを要求してきた場合は、調査が完了し次第応じると表明していた。

 一方、マレーシア政府当局の法医学チームは17日にも、正男氏の遺体の検視で採取されたサンプルの分析を行う見通しだ。科学技術省に所属する化学者は国営ベルナマ(Bernama)通信に対し、16日夜にサンプルが研究室に届いたことを明らかにし、「できるだけ早く分析する」と語った。

 北朝鮮は事件について沈黙を守っているが、捜査に近いマレーシア政府高官筋によると、北朝鮮の外交官らが正男氏の遺体の司法解剖に異議を唱えたという。【翻訳編集】 AFPBB News


正男氏殺害、青酸カリよりも強い毒物か…地元紙
読売新聞 2/17(金) 11:46配信

 【クアラルンプール=吉田健一】クアラルンプール国際空港で起きた北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシア警察が、殺害に用いられた液体の毒物は、猛毒のリシンか、フグ毒として知られるテトロドトキシンが使われたとみているとマレーシア紙・星洲日報(電子版)が16日夜に報じた。

 同紙によれば、15日に逮捕されたベトナム旅券を持つドアン・ティ・フオン容疑者(28)のバッグの中から、毒物入りの瓶が見つかった。正男氏殺害に使用された可能性もある。遺体の解剖は15日夜に終了したが、死因は明らかにされていない。

 正男氏殺害には青酸カリよりも強い毒物が使われたとみられている。リシンはトウゴマの種子に含まれる猛毒物質。1978年に英国で、ブルガリア人の反体制作家の暗殺でも使用された。テトロドトキシンは青酸カリの約1000倍の毒性があるとされる。

2017年2月16日 (木)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・5

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事
4番目の記事

リンク:「北朝鮮亡命政府」に担ぎ出されて暗殺された金正男 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>逮捕女の情報錯綜「悪ふざけ」「暗殺団」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:容疑者の女、正男氏に物投げ付ける=逮捕の3人、以前からつながりか―暗殺事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「殺されたのは私の影武者だ…一文無しだ」 中国で“ニセ金正男詐欺”横行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:オウムも使い1人殺害 サリン上回る/VXガスとは - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 VXガスは解剖で特定不能/識者語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:環球時報編集長の論評も削除!? 中国政府系メディアは金正男暗殺事件についてほとんど報じず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 亡命政権構想引き金か 脱北者らの擁立を警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 VXガス使用の可能性 別の女逮捕、殺意を否認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺 海外に火種の直系 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「いつまで生きていられるか…」正男氏、友人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:フェイスブックが命取りか=工作員が利用の可能性―正男氏暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏は「気さくな人」=長期滞在先のマカオ知人―現地報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏5秒でやられた?容疑者の女2人は美女暗殺部隊の可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:毒物で暗殺、過去にも=ロシア元スパイなど標的 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:KLで金正男暗殺、背後に北朝鮮の脱中国政策 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の遺体、北朝鮮側に引き渡しへ 逮捕者は3人に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女2人、数秒の犯行…1人が気をそらし背後から - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>関与疑い、逮捕3人に 遺体引き渡しへ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:警察当局、正男氏の死因発表せず…毒物を分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<日米韓>対北朝鮮で連携、確認へ…外相会談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 事件対応に苦慮するマレーシア政府 北朝鮮と歴史的なつながり - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 2人目の女を逮捕 交際相手のマレーシア人も 事件に女2人のほか、男4人が関与か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>要職から襲撃対象に「悲運の王子」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア警察、金正男氏事件で3人目の容疑者を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>マレーシアは工作拠点 正男氏も事業 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 真の実行犯が別に? 女「殺人とは知らなかった」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で2人目の女拘束 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:インドネシア人逮捕を確認=正男氏事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺事件でマレーシアと協力=越 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮軍偵察局の男、関与か=「女装工作員犯行」報道も―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男暗殺、カギはシンガポール人女性か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:暗殺実行犯の「女2人死亡情報」を垂れ流した 大手メディアの「検証力」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国当局、金正男氏暗殺は「典型的な毒殺」 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「北朝鮮亡命政府」に担ぎ出されて暗殺された金正男
Wedge 2/17(金) 11:10配信

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が2月13日(火)午前、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された。韓国・国家情報院長は事件について、「金正恩政権発足後、継続的な暗殺指示があった。5年前から暗殺を試みていた」と報告し、北朝鮮の犯行であることを指摘した。

暗殺チームを送り出した「偵察総局」
 犯行時の状況や実行犯については様々な情報が飛び交っており、現時点で全容は明らかになってないが、一つ確実に言えることは、犯行には北朝鮮の工作機関「偵察総局」が関与しているということだ。

 偵察総局とは、2009年に朝鮮人民軍と朝鮮労働党の工作機関や特殊部隊を統合した北朝鮮最大の工作機関で、海外での情報収集や破壊工作、サイバー攻撃を任務とする。そして、偵察総局には要人暗殺を専門とする「暗殺組」という組織も存在する。「暗殺組」の実態は不明だが、数十人の暗殺専門工作員が所属するといわれる。

 この「暗殺組」は、黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元朝鮮労働党書記を暗殺するため、脱北者に偽装して韓国に入国した工作員が2010年に逮捕されたことで、存在が明るみに出た。逮捕された二人の工作員は、金英哲(キム・ヨンチョル)偵察総局長から「黄長ヨプを殺害しろ」と指示を受けて、黄元書記の所在地や行動を調査していたという。

 「暗殺組は、偵察総局の中から射撃や撃術(徒手格闘)を得意とし、胆力がある者が選ばれる。素手でも銃でも暗殺できるが、主な手段は神経毒を仕込んだペン型の暗殺器だ。ターゲットに接近し、通り過ぎざまに毒針を突き刺す、あるいは毒ガスを浴びせる。ターゲットは一瞬で死に至るが、毒性を制御することで数秒から数分で死亡するように調整することもできる」(韓国・国家情報院関係者)

 金正男氏殺害現場を録画した監視カメラには、背後から近づいた女性が同氏の顔面をハンカチのようなもので覆った姿が映っているという。正男氏はヨダレを垂らしながら空港職員に助けを求めたが、これは神経毒特有の唾液多寡症状が現れたものだ。その後、彼は救急車到着を待たずに心停止した。

脱北エリートが目論む「北朝鮮亡命政府」構想
 韓国・国家情報院による「金正男暗殺指令」の情報や偵察総局「暗殺組」の存在、そして金正男氏殺害時の状況から、事件は北朝鮮偵察総局が直接あるいは間接的に起こしたことは間違いないだろう。だが、北朝鮮がなぜこの時期に、しかも公衆の面前で金正男氏を殺害しなければならなかったのか、という疑問は残る。

 金正恩政権は、対外的には核・ミサイル開発で国際的な制裁を受け、国内的には父・金正日時代から仕えた党や軍の高官を次々に粛清しながらも、盤石の安定をみせている。海外で事実上の亡命生活を送り、国内に支持基盤がなく、金正恩を政治的に脅かす存在でない異母兄を殺害する合理的な理由は見当たらないようにもみえるがーー。

 ある脱北者団体のリーダーは昨年夏、2017年上半期までに米国ワシントンに「北朝鮮亡命政府」を樹立する構想を披露した。金正恩体制に反発して脱北したエリートを中心とする亡命政府を作り、政治的には自由民主主義体制を、経済的には中国式の改革・開放政策を目指す国家を樹立するという内容だ。

 そして公にはされていないが、「北朝鮮亡命政府」の首班に金正男氏を推戴することも計画されていたという。金正男氏自身は政治に関心がなく、投資顧問として悠々自適な生活を送っており、過去には「世襲」反対を明言している。正男氏が自由な生活と身の安全を犠牲にしてまで、亡命政府首班への推戴を受け入れたとは考えづらい。

「暗殺組」の極秘オペレーション
 しかし、金正恩はそうは見なかった。偵察総局「暗殺組」には、金正恩からの親筆命令が与えられ、亡命政府樹立までに金正男氏を殺害することが至上命題となった。

 金正男氏は家族と暮らすマカオを拠点として、東南アジアを飛び回って金融や不動産取引を行なっている。だが、同氏の身辺警護を行う中国機関の目が届く、マカオや香港で殺害することはできない。同氏が頻繁に渡航し、かつ、北朝鮮国籍者がビザなし渡航できるマレーシアでなら、チャンスはある。クアラルンプールには東南アジア最大規模の北朝鮮大使館があり、偵察総局が活動拠点とする北朝鮮レストランや合営企業も存在するため、作戦支援を受けることも可能だーー。

 「暗殺組」のリーダーは、このような思考で暗殺計画を練ったのではないか。そして、2月13日に決行した、というのが極秘オペレーションの全容だろう。公衆の面前で暗殺したのは、亡命政府樹立を目指す脱北者たちに恐怖のメッセージを送ったのだと考えることもできる。

 金正恩は、「光明星節」と名付けられた金正日の誕生日に祖父と父の遺体が安置されている錦繍山太陽宮殿を参拝する。血で血を洗う政治闘争を繰り広げてきた祖父と父でさえ行わなかった“兄弟殺し”をした息子に対して、草葉の陰から何を思うのであろうか。


<金正男氏殺害>逮捕女の情報錯綜「悪ふざけ」「暗殺団」
毎日新聞 2/17(金) 11:07配信

937
金正男氏殺害に関与したとされるインドネシアの旅券を持っていた女の写真=AP

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシアの華字紙「中国日報」は16日、事件に関与したとして同日逮捕されたインドネシア旅券を所持する女が「悪ふざけの映像を撮影するため100米ドルで雇われた」と供述したと伝えた。既に逮捕されたベトナム旅券を所持する女も男4人から「いたずら」の話を持ちかけられたと話している。これらの供述などを基に、地元メディアは男女6人のグループが殺人を請け負った「暗殺団」だったとの見方を報道している。一方、わずか5秒ほどという素早い殺害の手口などから「外国工作員」関与説も根強く、情報は錯綜(さくそう)している。

 報道によると、インドネシア旅券を所持していた女は、映像撮影のために雇われ、他の男女の正体も知らないと話しているという。

 ただ、ある程度の期間、行動を共にしていたとみられ、マレーシアの華字紙「東方日報」は、逮捕された女2人と逃走中の男4人は殺人の依頼を請け負って実行する「暗殺団」であり、特定の国や情報機関の所属ではないと、警察がみていると報じた。

 これに対し、マレーシアの英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズは、監視カメラの映像から、空港ターミナルでの毒物による襲撃は、5秒にも満たないほどだったと指摘。警察幹部が「海外の工作員による仕業と信じる理由がある。2人の女から離れた所には別の人物がいる」と、連携して襲撃が実行されたとの見方を示したという。

 さらに同紙は、北朝鮮の工作機関「偵察総局」に所属する男(40)が現場周辺にいた可能性を伝えた。この場合は、組織が女2人をだまして実行させたことになるようだ。


容疑者の女、正男氏に物投げ付ける=逮捕の3人、以前からつながりか―暗殺事件
時事通信 2/17(金) 10:54配信

 【ジャカルタ時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで暗殺された事件で、実行犯として逮捕されたインドネシア人の女(25)が事件で正男氏に何らかの物を投げ付けていたことが分かった。

 インドネシア政府当局者が17日、時事通信の取材に明らかにした。

 当局者によると、女は就労目的で事件の11日前に当たる2日、シンガポールとの国境に近いバタムから船でマレーシアに入国した。マレーシア当局から入手した空港の監視カメラ映像で、女が正男氏に何らかの物を投げ付けていたことが確認されたという。

 また、インドネシアのインターネットメディア「クンパラン」は政府当局者の話として、この女が同じく実行犯として逮捕されたベトナム旅券を持つ女と以前から知り合いで、マレーシアに入国する前にも連絡を取っていたと報じた。

 インドネシア人の女は逮捕されたマレーシア国籍の男と交際していたとみられ、逮捕された3人は事件前からつながりがある可能性が高くなった。


「殺されたのは私の影武者だ…一文無しだ」 中国で“ニセ金正男詐欺”横行
産経新聞 2/17(金) 10:17配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が滞在先のクアラルンプールで殺害された事件に便乗した“詐欺”が、中国で横行していることが17日までに、明らかになった。

 中国のネットメディアによると、中国の短文投稿サイト「微博(ウェイボ)などに、「私は金正男だ。殺されたのは私の影武者だ。今は長安(陝西省西安市)で身を隠しているが、一文無しだ」と訴える「ニセ金正男」が出現。生活を支援するために、2000元(約3万3000円)を指定の口座に振り込むよう急かしている。

 この「ニセ金正男」は、トランプ米大統領が自分の後ろ盾になっていると主張。「間もなくトランプ氏が武力で解決する。約1カ月で私は北朝鮮に帰り、即位する」などとうそぶき、即位した際には今回の支援のお返しをする、などと約束している。

 中国では大災害などが起きたときも、困窮を装いカネを無心する同種の詐欺が続発する。今回も複数のニセ金正男氏が現れているが、中には読み方が同じ「男」と「南」を混同し、「金正南」と名乗るうっかり者も。実際、カネを振り込んだ被害者が出ているかどうかは不明。

 中国では事件後、クアラルンプール国際空港の監視カメラに映っていた女が着ていた胸元に「LOL(爆笑)」とプリントされたシャツがすぐに作られ、「北朝鮮の女スパイが着ていたのと同じTシャツ」として通販サイトで約10万円で売り出されたばかり。悲報でひと儲けをもくろむ浅ましさには批判も寄せられている。(WEB編集チーム)


オウムも使い1人殺害 サリン上回る/VXガスとは
日刊スポーツ 2/17(金) 10:11配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、韓国政府関係者がVXガスが使用された可能性があると見ていることが16日、明らかになった。VXガスはオウム真理教も使用した猛毒の神経ガスで、北朝鮮は大量保有しているとされる。

 ◆VXガスとは サリンと同じ有機リン酸系の猛毒ガス。サリンよりはるかに強力で、化学兵器の中で毒性は最も強い。呼吸器からだけでなく皮膚からも吸収され、数ミリグラム皮膚に付いただけで死亡する。「最強の神経剤」と呼ばれ、オウム真理教による1990年代の一連の事件で使われた。教団関係者の裁判では、注射器に入れたVX溶液を人体にかけるという手口で、1人を殺害、2人にけがを負わせたと認定された。

 松本智津夫死刑囚(61=教祖名・麻原彰晃)の確定判決によると、同死刑囚は理系の高等教育を受けていた幹部にVXの製造を指示。幹部は94年9月ごろに製造に成功。「神通」「神通力」という隠語で呼ばれた。北朝鮮は化学兵器の開発、使用を禁じた化学兵器禁止条約に批准していない6カ国のうちの1つで大量保有しているとみられている。


金正男氏殺害 VXガスは解剖で特定不能/識者語る
日刊スポーツ 2/17(金) 10:11配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、韓国政府関係者がVXガスが使用された可能性があると見ていることが16日、明らかになった。VXガスはオウム真理教も使用した猛毒の神経ガスで、北朝鮮は大量保有しているとされる。

 ▼常石敬一神奈川大名誉教授(科学史、生物化学兵器軍縮)の話 VXガスはサリンよりはるかに毒性が強く、ガスマスクをしていたとしても皮膚に付着しただけで死亡する。伝えられているように1人がスプレーを吹きかけ、もう1人が吐き出さないようハンカチで顔を10秒近く押さえたとしたら、2人の女も意識障害を起こすだろうし、空港にいた周囲の人も瞳孔が縮小するなどの症状が出る。すごい被害が出ていたはずだ。

 考えられるとすれば、針で刺す方法だが、司法解剖しても血液から有機リン酸化合物が検出されるだけで、VXガスとは特定できない。VXガスが使われたとは考えられない。


環球時報編集長の論評も削除!? 中国政府系メディアは金正男暗殺事件についてほとんど報じず
HARBOR BUSINESS Online 2/17(金) 9:10配信

 バレンタインデーの夕方に金正男氏殺害という衝撃的な一報が衝撃を世界を走った。

 実際には前日の13日の午前中に発生した事件だったが、金正男氏は、マレーシアのクアラルンプール空港の主にLCCが離発着する第2旅客ターミナル(KLIA2)で犯人に襲撃されて病院へ搬送中に死亡したとマレーシア当局が発表した。

 そもそも今回の事件は、マレーシア発の中国語メディアが伝えているものが多い。しかし、当初、殺害方法が毒針だったのが布やスプレー噴射に変わったり、襲撃現場も搭乗口近くから自動チェックイン機前へ変わったり、容疑者として防犯カメラが捉えた北朝鮮女性とされた人物はベトナム人だったり、実行犯も2人の北朝鮮女性工作員から多国籍6人へと変更されたりと情報が錯綜しており、それを基に報じる各国マスコミも翻弄されている。

 こうした情報について、事件に関心が高い日本や韓国は大きく取り上げているが、北朝鮮と親しい中国ではどのように報じられたのか?

◆沈黙を守る政府系メディア

 日本同様に中国も地方紙や電子メディアは大きく伝えている。例えば、『時代丹東』電子版のような地方紙では、金一族の家系図や金正男氏の経歴、2001年5月の日本への密入国事件、その後の発言や行動などをかなり詳細に伝えている。大手検索エンジン「百度」でもトピックニュースとなり関連ニュースが掲載されている。

 が、政府系である『新華社』や『環球時報』は、15日もトップニュースどころか国際面でも伝えておらず沈黙しており、政府系とその他メディアで温度差がある。

 中国政府は、15日午後の外務省の定例記者会見で、「事件については我々も報道を見て初めて知った。マレーシア政府の調査進展を見守る。調査結果が出るまでコメントは差し控える」と答えた。

 中国政府が事件について何ら言及しないことからも、政府系メディアには事件について報じないように通達を出したと考えられる。

 このように考えられるのは、こんな一件があったからだ。

 15日、環球時報微博版の編集長論評が事件に触れ、「マレーシア政府が金正男氏が死が暗殺だと正式に認めるようなことがあれば、世界中が激しく非難するだろう。どのような政治闘争があっても暗殺という野蛮で過去のやり方は歴史の博物館へ収めるべきものだ」と事件を非難したのだが、その後、同論評が削除されたのである。このことからも、中国政府も神経を尖らせていることを感じさせる。

◆一般中国人は無関心

 では、一般の中国人は今回の事件をどう思っているのかというと、多くの中国人は金正男氏を知らない。金正恩党委員長や金正日総書記は中国でも知られているが、金正男氏は、表舞台に出ていないので、ほとんど知られていないのだ。金正恩党委員長の異母兄と報じられ、そんな人がいたんだという感想を持った中国人も少なくないようだ。

 その一方で、少数民族の朝鮮族は、金正男氏を知っている人が多く、長春在住の朝鮮族男性は、「金正日総書記の後継者として正恩氏が登場するまで正男氏が朝鮮を発展させてくれると期待していただけに残念です。残された息子さんは違う道で生きて欲しいですね」と話す。

 一部では、温和な性格の金正男氏は、親中的な切り札として中国政府が北朝鮮戦略のため庇護していたなどという噂もある。その噂の視点で見ると、昨年来の中韓関係の急速な悪化により、結果的に疎遠になっていた中朝関係が盛り返しつつあったことで、中国政府にとって金正男氏の利用価値が下がってしまっていたともいえる。あくまでも憶測に過ぎないが、今回の一件は、そんな「絶妙なタイミング」を見定めて起きた、、、とも考えられる。

 聯合ニュースは、金正男氏の子息など家族をすでにマカオで保護したと報じているが、別の韓国メディアでは、22歳の長男であるハルソル氏はフランスの大学を卒業後、そのままフランスに滞在していると伝えておりとこれまた情報が錯綜している。

<取材・文/中野鷹>


金正男氏暗殺 亡命政権構想引き金か 脱北者らの擁立を警戒
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の親族を擁立して亡命政権を樹立しようという動きが北朝鮮国外であり、当局が国外に住む親族への監視・警戒を強めていたことが16日、複数の消息筋の話で分かった。マレーシアで殺害された異母兄の金正男(ジョンナム)氏(45)が亡命政権を計画する脱北者と接触していたとの情報もあり、加担を疑われて当局に暗殺された可能性がある。

 「『北朝鮮亡命政府』金平一(ピョンイル)擁立の声高まる」。こう書かれたビラが1月1日、韓国から北朝鮮に向け、風船で飛ばされた。在英脱北者団体が仕掛けたものだ。正恩政権崩壊後を見すえた亡命政権構想は、昨年ごろから米国や欧州の一部脱北者団体の間で持ち上がったという。

 金平一とは、金委員長の叔父の金平一駐チェコ大使(62)のことだ。金日成(イルソン)主席の息子という北朝鮮国内で絶対視される「白頭血統」を持つことから、亡命政権の首班として目をつけられたようだ。平一氏は、金正日(ジョンイル)総書記との後継者争いに敗れ、約30年間、東欧の大使を転々としてきた。

 正恩政権は以前から平一氏を警戒し、2014年末に監視のため、秘密警察、国家安全保衛部(現・国家保衛省)幹部をチェコに派遣していた。ただ、平一氏は目立った反応を示さず、昨年には、平壌に一時帰国し、大使館業務の改善を訴えるなど正恩政権に恭順の姿勢を見せているという。

 亡命政権構想の動きを受け、北朝鮮の治安当局内では、平一氏らの排除を主張する強硬論も台頭していたと伝えられる。

 脱北者団体関係者が次善の候補として接触したとされるのが正男氏だ。だが、平一氏と違い、正恩政権からの再三の帰国指示にも従わず、殺害されるに至ったとみられている。

 北朝鮮情勢に詳しい李英和(リ・ヨンファ)関西大教授は「亡命政権は構想にすぎないが、北朝鮮当局が過剰反応し、暗殺につながった可能性がある」と分析する。1月中旬には、金元弘(ウォンホン)国家保衛相が解任されたとされるが、正男氏と脱北者との接触を察知し、報告することを怠った責任を問われた可能性も指摘されている。


金正男氏暗殺 VXガス使用の可能性 別の女逮捕、殺意を否認
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄、クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、韓国メディアは16日、外交消息筋の話として、致死性の高いVXガスが犯行に使われた可能性があるとの見方を伝えた。

 一方、マレーシア警察は16日、犯行に関与した2人目の容疑者として「シティ・アイシャ」と名乗る25歳の女を逮捕した。インドネシアの旅券を所持していた。現場映像に同容疑者が写っていたという。殺害の意図は否認している。同警察は女の交際相手であるマレーシア人の男(26)も逮捕、事件への関与を調べているが、「捜査進展のため」として、事件への直接関与に否定的な見方を示している。

 現地の裁判所は16日、前日に逮捕されたベトナム旅券を持つ28歳の容疑者「ドアン・ティ・フォン」について、7日間の拘置を認めた。地元紙は、この女が金正男氏にスプレーを噴射する役だったと報じている。

 事件には、逮捕された女2人のほか別の男4人が関与しているとみて警察が行方を追っている。遺体は金正男氏と確認された。


正男氏暗殺 海外に火種の直系
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害をめぐって国外の亡命政権構想との関連が浮上した。金日成(イルソン)主席の直系であることが正恩政権の正統性となっているが、同じ直系でありながら海外に居続ける正男氏や金平一(ピョンイル)駐チェコ大使は、政権を脅かしかねない“障害”とみなされていた可能性がある。

 元在日朝鮮人を母に持つ金委員長は出生も公にされず、祖父の金主席とも会ったことがないといわれる。それに対して、平一氏は、金主席が「わが家に将軍が出た」と喜ぶほど溺愛した。何より外見から立ち居振る舞いまで金主席とそっくりといわれてきた。

 祖父のスタイルをまねて権威付けを図ってきたとされる金委員長にとって目障りな存在のはずだ。帰国させたり秘密警察幹部を送り込んだりする行為は監視下に置こうという警戒心の裏返しといえた。

 母親が同じ次兄の金正哲(ジョンチョル)氏は平壌にとどまっている。現在、表立った要職には就かず、「籠の中の鳥」(消息筋)扱いだとされる。それでも、警護名目で秘密警察が常に付き添い、金委員長に動向が逐一報告されているという。


「いつまで生きていられるか…」正男氏、友人に
読売新聞 2/17(金) 7:42配信

 【クアラルンプール=吉田健一】金正男(キムジョンナム)氏(45)が今年に入って「いつまで生きていられるだろうか」と殺害におびえる発言を友人に漏らしていたことがわかった。

 中国の北朝鮮関係者が16日、シンガポール在住のこの友人から聞いた話として本紙に明らかにした。

 北朝鮮関係者によると、正男氏はシンガポール中心部の高級ホテルの中華レストランでこの友人と食事をした際、「私はもう政治には興味がないのに、(異母弟の金)正恩(朝鮮労働党委員長)は信じていないようだ」「自分や家族の安全が心配だ」などと語った。

 ただ正男氏は、正恩氏による強権統治には批判的で、この日の食事の際も正恩氏による粛清を問題視していた。正男氏は数年前にこの友人と知り合った頃から、身の安全を気にしていたという。


フェイスブックが命取りか=工作員が利用の可能性―正男氏暗殺
時事通信 2/17(金) 7:14配信

 マレーシアで暗殺された金正男氏について、フェイスブックを利用していたため、北朝鮮の工作機関に居場所を突き止められた可能性があるとの見方が浮上している。

 英BBC放送やデーリー・メール紙などによると、正男氏は死亡時に所持していた旅券の名義と同じキム・チョルという名前でフェイスブックに登録。ホテルやカジノのそばに立つ自らの写真などを投稿していた。

 また、ジュネーブのインターナショナルスクールに通った経験があり、マカオ在住と記載。好きな歌手として五木ひろしさんを挙げていた。

 韓国の元情報当局高官は北朝鮮専門ニュースサイト「NKニューズ」に対し、「殺害の恐れがあった人物とは思えないほど隙のある行為。油断が死につながったのかもしれない」と指摘している。


正男氏は「気さくな人」=長期滞在先のマカオ知人―現地報道
時事通信 2/17(金) 7:08配信

 【香港時事】マレーシアで暗殺された北朝鮮の金正男氏は、後継者争いで異母弟の金正恩朝鮮労働党委員長に敗れた後、長年にわたってマカオに滞在していた。

 地元テレビ局「澳亜衛視」(電子版)によると、正男氏をよく知る男性は「気さくな人だった」と振り返り、最近はいつも一人で行動していたと語った。

 男性によれば、正男氏は1年の3分の1ほどをマカオで、残りを欧州やマレーシアなどで過ごしていた。マカオではかつては数人のボディーガードを引き連れていたものの、近年は2回ほど女性同伴だったのを除くと、常に単独行動だった。欧州で不動産や古美術品に投資していたほか、ワイン好きで、フランスなどのワイナリーをよく視察していたという。

 男性は今月末にも正男氏と会う約束だったといい、「永遠の別れが来るとは思わなかった」と嘆いた。


正男氏5秒でやられた?容疑者の女2人は美女暗殺部隊の可能性
スポニチアネックス 2/17(金) 7:02配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、容疑者の女2人が北朝鮮の美女暗殺部隊の精鋭である可能性が16日、浮上した。猛毒の神経剤VXが殺害に使われたという見方も出てきた。女2人は実行犯とみられており、犯行は5秒足らずだったという。マレーシア警察はこの日までに、新たに男女1人ずつを逮捕、拘束した。

 マレーシア警察は16日、インドネシア人の女、シティ・アイシャ容疑者(25)を逮捕。空港の防犯カメラの映像から割り出され、同国大使館員が面会して本人確認した。15日夜には同容疑者と交際するマレーシア人の男(26)を逮捕した。

 15日に逮捕されたベトナム旅券の女について、ベトナム外務省は旅券の真偽などを明らかにしていない。女は犯行時、英語のインターネット用語で「爆笑」を意味する「LOL」と胸に大きく書かれたTシャツとミニスカート姿だった。共同電によると、事件前に滞在先のホテルの部屋で長髪を切っていたことも判明。外見を変え、捜査をかく乱しようとした疑いがある。

 実行犯とみられる女2人の素性は謎めいたまま。韓国の聯合ニュースは脱北者の話として、20代以下の女性だけで構成された「牡丹の花小隊」のメンバーだと指摘。朝鮮日報は専門家の話として、スパイ養成所で4年にわたり教育や軍事訓練を受けて入隊し暗殺工作などを担当すると伝えた。出身階級や容姿、歌や踊りが一定以上の女性が工作員として選ばれるという。

 今回の事件では犯行の大胆さや異様ぶりも明らかになってきた。証言などによると、1人の女が正男氏の前に立ち、ミニスカ姿の女が背後から忍び寄って正男氏の首を腕で絞め上げ凶行に及んだ。犯行に要した時間は5秒足らずだったという。

 韓国政府関係者は殺害に猛毒のVXが使われた可能性があると述べた。VXは日本ではオウム真理教の信者が94年に大阪の男性会社員を襲撃して殺害した事件で使われた。

 北朝鮮専門のインターネットニュースサイト「デイリーNKジャパン」の高英起編集長は「女性工作員は相手の警戒心を緩めやすい。牡丹は“モラン”と言って、北朝鮮でその名がつくと特殊な存在を示すことから、実在するならば、北朝鮮の中でもレベルの高い部隊になるのではないか」と話した。

 マレーシア警察が容疑者として特定しているのは女2人、男4人の計6人。そのうち3人が事件に関連して逮捕・拘束された。マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズは、警察幹部が「外国の諜報(ちょうほう)員と信じるに足る理由がある」と話していると報道。一方、女の1人が女装した男だとの見方も出ているという。

 ◆VXガス 皮膚に触れたり、吸い込んだりすると、神経に作用して呼吸が止まる毒ガス。1950年代に英国で化学兵器として開発された。人類が作った化学物質の中でもっとも毒性の強い物質といわれる。琥珀(こはく)色をした油状の液体で、無味無臭。中毒症状は呼吸困難、意識障害、心肺停止など。動物実験から推定されるヒト致死量(投与された人間の半数が死亡する推定値)は体重1キロにつき0・02ミリグラムと言われている。


毒物で暗殺、過去にも=ロシア元スパイなど標的
時事通信 2/17(金) 6:57配信

 北朝鮮の金正男氏がマレーシアで暗殺された事件は、2人の女がスプレーで劇薬を吹きかけて実行したとみられている。

 地元紙が報じる容疑者の素早い犯行には「スパイ映画のようだ」と驚きの声が上がっているが、毒物を使った暗殺事件は過去にも発生している。

 ロシアのプーチン大統領と対立した元情報機関員リトビネンコ氏は2006年、亡命先のロンドンで放射性物質ポロニウムを盛られて死亡した。ロシア政府は関与を否定しているが、英公聴会は昨年1月、「大統領が恐らく暗殺を承認した」と結論付ける調査報告書を公表した。

 ブルガリア出身のジャーナリスト、ゲオルギ・マルコフ氏は1978年、亡命先のロンドンで何者かに傘で脚を突かれた。傘には猛毒のリシンが仕込まれており、マルコフ氏は4日後に死亡した。旧ソ連国家保安委員会(KGB)とブルガリアの情報機関の犯行が疑われたが、容疑者は不明。

 パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム原理主義組織ハマスの最高指導者メシャル氏は97年、ヨルダンの首都アンマンでイスラエル情報機関モサドの職員に毒物を噴射された。解毒剤により一命を取り留めたが、後にイスラエル首相となるシャロン建設相(当時)は、同国が再びメシャル氏の殺害を試みると公言した。


KLで金正男暗殺、背後に北朝鮮の脱中国政策
JBpress 2/17(金) 6:15配信

 東南アジアには「平壌(ピョンヤン)レストラン(国ごとに微妙に名称が違う)」という北朝鮮政府直営の料理店がある。表向きは何の変哲もないレストランだが、そこは国際的な地下経済やその活動の拠点の1つになっているとも言われる。

 筆者も訪れたことがある。玄関先では、チマチョゴリを身に纏った妖艶なアガシが微笑みながら迎えてくれた。

 店に入ると北朝鮮兵士が「金主席万歳! マンセー!」と叫ぶビデオが流されており、北朝鮮名物「平壌冷麺」などに舌づつみを打ちながら、「喜び組」のライブも楽しめる。

 彼女らは容姿、舞踊、歌だけでなく、朝鮮語以外に、中国語、英語、料理店のある現地の言語も話す、北朝鮮から送られた"ハニートラップ"の精鋭中の精鋭、インテリの情報工作員とも言われている。

 どちらからですかと聞かれ、「日本人(イルボンサラム)」と言うと、彼女らの穏やかだった表情が一転曇り、「拉致される?」と一瞬、恐怖におののいたことは今でも記憶に新しい。

■ 北朝鮮と国交がある国は161か国

 韓国の外交白書によると、北朝鮮と国交を樹立しているのは、161か国で、平壌に大使館を置いているのは、24か国。あまり知られていないが、意外に多い。

 この「平壌レストラン」も中国、ベトナム、ミャンマー、タイ、インドネシア、パキスタン、マレーシアなどの国交樹立関係にある国々で開業してきた。

 とりわけ、今回、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(46)が暗殺されたマレーシアは、反米のマハティール元首相の影響で、2009年に両国間で相互ビザなしで訪問できる「最初の国」となり、北朝鮮が2003年からクアラルンプールに、翌年にはマレーシアがピョンヤンに双方が大使館を設置。

 マレーシアはこれまで北朝鮮の要請で、朝鮮半島情勢を巡る6者協議関連などの舞台にも頻繁に選ばれ、昨年10月には北朝鮮の外務省幹部と米国の元国務省幹部らが非公式に接触したことが確認されている。

 また、2013年には、マレーシアの私立ヘルプ大学が金正恩に名誉学位を授与するなど、マレーシアは北朝鮮と“緊密”な二国間関係を築いてきた。

 今回、マレーシア当局は「キム・チョル」の偽名旅券で正男氏を入国スルーさせるなど、「北朝鮮者の出入に“寛容”な国」(西側外交筋)でも知られ、これまで頻繁に北の工作員の姿もキャッチされてきたほどだ。

 今回の正男氏の暗殺事件で、「韓国の情報機関、国家情報院が事件発生数時間後にすでに事実を掌握していた」(同上)とされる一方、マレーシア政府の対応が後手に回り、犯行実行場所そのものにマレーシアが“選ばれた謎”も紐解くことができる。

 北朝鮮が活動拠点を東南アジア地域に拡大する最初のきっかけは、2005年の米政府によるマカオの銀行の金融制裁だった。以来、“親北”のマレーシアなどに秘密口座を開設するようになったと言われている。

 情報筋によると、正男氏は父の金正日が生存のときは、クアラルンプールの北朝鮮大使館などから金銭的支援を受けていたが、金正恩政権発足後の2012年からは、マレーシア、インドネシア、シンガポールに拠点を置くIT関係の会社などの海外ビジネスパートナーとのビジネスで経済的基盤を支えていたという。

 「今回、6日にマレーシア入りしたのもビジネス関連だろう」(正男氏知人関係者)といわれている。

 クアラルンプールには、2010年から2013年頃、最大の支援者の叔父の張成沢氏の甥で正男氏のいとこが北朝鮮の大使に赴任している間、KL郊外の一軒家に住み、長いときは半月から1か月近く滞在し、近隣のお気に入りバーによく姿を見せていたという。

 しかし、張成沢氏一家が2013年に処刑された後は、マレーシアで目撃されることがほとんどなくなり、再び姿を見るようになったのは、ここ1、2年ほどだったという。

 ”親北”のマレーシアでは、2011年4月から北朝鮮唯一の航空会社、高麗航空(エア・コリョ、KOR)が、平壌-クアラルンプール(KL)間の直行定期便を就航させている。

 ロシア製のツポレフ「TU-204」型機(座席数142席)やウクライナ製のアントノフ24Bなどで、2016年時点で同航空は定期路線を中国の北京、上海、瀋陽、ロシアのウラジオストクに飛ばし、かつてはネパールやタイなどにも路線を広げていた。

 マレーシアには、定期便を就航する前にはクアラルンプール国際航空にチャーター機を飛ばしていた。

 しかし、マレーシア人がいきなり飛行機で北朝鮮に旅行することは不可能で、KORの独占代理店「長江旅遊」を通じ、北朝鮮のガイド同伴ツアーのみで、平壌を中心に開城や妙香山を周遊する3泊5日のツアーや、北朝鮮と中国をセットにした商品が派手に宣伝されていた。

 価格は、平壌3泊5日ツアーで約2000から2500リンギ(約5万2000円から6万5000円)に設定されていた。

■ マレーシアからの観光客は年間1000人

 就航当時は、地元紙に「スリ、物乞い、エイズウイルス(HIV)感染者が1人もいない、最後の浄土」と全面広告を掲載。

 一方で「朝鮮半島で戦争勃発時には予約金、ツアー料金返金で1000リンギ賠償(約2万6000円)」とも記載され、”危険だがレアな旅”と興味をそそり、関係筋によると、北朝鮮を訪問するマレーシア人は年間約1000人に達していたという(2015年以降運休)。

 実は、東南アジアではシンガポールもビザなしで相互訪問してきた。しかし、昨年7月、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議2270号の履行措置に基づき、シンガポール政府は、北朝鮮とのビザ免除制度中止を決定。昨年10月から、北朝鮮住民に対し入国ビザを義務づけた。

 シンガポールは、昨年6月、安保理に提出した制裁履行報告書で、「制裁対象の北朝鮮人入国拒否と北朝鮮国籍者へのビザ規制強化を準備」としていた。

 特にシンガポールは、金正恩氏の叔母、金敬姫(キム・ギョンヒ)氏ら、北朝鮮の実力者も治療や観光などで訪問していた国だ。

 「北朝鮮はビザ免除でマレーシアとシンガポールを外貨稼ぎの拠点として活用してきた」(外交筋)とされ、シンガポールの決定で、北朝鮮は外貨稼ぎと対外活動の縮小を余儀なくされた。

 そればかりかシンガポールに本部を置く「朝鮮エクスチェンジ」など、北朝鮮人材への技術教育や民間交流を推し進めてきたNGOにとっても大きな痛手となった。

 一方、昨年一連の中央日報など韓国メディアの報道では、北朝鮮消息筋の話として、「国連安保理で対北朝鮮制裁案を決議した後の同年3月頃から、特に中国が国連制裁決議実行に前向きな姿勢を見せ始めると、北朝鮮の活動が自由にできる東南アジアに中国から重点的活動を移行し始めた」という。

 具体的には、「北京や上海など中国の大都市にいる北朝鮮の幹部ら50人ほどをベトナム、カンボジア、ミャンマー、タイなどに配置換えし、北朝鮮政府は新規事業を始めさせた」としており、これまで対外経済や活動で最大の支援国だった中国から北朝鮮が逃げる一連の”脱中国”の動きで、東南アジアシフトが加速している。

■ 活動拠点を中国から東南アジアへシフト

 「彼らの中には朝鮮鉱業貿易開発協会(KOMID)や朝鮮労働党39号室が含まれ、特に朝鮮労働党39号室は、北朝鮮による昨年1月の核実験、2月のミサイル発射で、国連の安保理から制裁機関に挙げられている」という。

 中国に長年あった北朝鮮の最大活動拠点を以前から国交を樹立している国のある東南アジアに移行することで、現地の大使館を利用し、「特に、カンボジアやミャンマーなどでは、その国の国籍取得が安易に可能で、北朝鮮関係者が現地国籍を取得して活動を広範囲に実施している」(前出の外交筋)ともいう。

 かつてシンガポールで北朝鮮の資金管理を担当し、韓国に亡命したキム博士は、「昨年1月の核実験後、”脱中国計画”を立案した可能性がある」(韓国メディア)とさらに裏づける。

 脱中国で、東南アジアに活動拠点をシフトした金正恩政権は、中国から援助を受け、東南アジアを拠点とした異母兄弟の正男を暗殺することで、国際社会だけでなく中国に対して、宣誓布告をアピールしたことになり、今後、中国や東南アジア諸国を巻き込んで情勢がさらに緊迫することは必至だ――。


金正男氏の遺体、北朝鮮側に引き渡しへ 逮捕者は3人に
AFP=時事 2/16(木) 22:40配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)で殺害された事件で、同国のアフマド・ザヒド・ハミディ(Ahmad Zahid Hamidi)副首相は16日、金正男氏の遺体を北朝鮮側へ引き渡す考えを明らかにした。

 北朝鮮は事件に関するコメントを一切していないが、マレーシア当局の高官によると、北朝鮮の外交官らは現地の捜査当局が金氏の遺体の司法解剖を行うことに異議を唱えたという。韓国政府は、北朝鮮に命じられた女性工作員らが金氏を毒殺したとの見解を示していた。

 一方でマレーシア警察は声明で、15日から16日にかけての夜にインドネシアのパスポートを所持する25歳の女、シティ・アイシャ(Siti Aishah)容疑者を逮捕し、さらにその前の段階で、アイシャ容疑者の友人である26歳のマレーシア人の男、ムハマド・ファリド・ビン・ジャラルディン(Muhammad Farid Bin Jalaluddin)容疑者を逮捕したと発表した。

 AFPの取材に応じたスランゴール(Selangor)州の警察当局トップは、アイシャ容疑者、および最初に逮捕された、ベトナムのパスポートを所持するドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者に対して7日間の勾留が認められたと明かしている。

 クアラルンプールにあるインドネシア大使館は、暫定的な情報に基づくと、アイシャ容疑者はインドネシア国籍であると思われるとし、彼女に法的支援を与える方向だと述べた。またベトナムの外務省は、捜査当局と協力していると話した。【翻訳編集】 AFPBB News


女2人、数秒の犯行…1人が気をそらし背後から
読売新聞 2/16(木) 21:50配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】1人が気をそらし、もう1人の女が背後から襲った。

 わずか数秒の犯行だった――。マレーシアのクアラルンプール国際空港で13日に起きた北朝鮮の金(キム)正男(ジョンナム)氏(45)殺害事件で、現地メディアは、空港の監視カメラ映像の情報などを基に殺害の様子を詳報した。カメラが捉えたシャツ姿の女は現地で「ミズ・ポイズン(毒婦)」と報じられている。警察幹部は読売新聞の取材に対し、この女が1人目に逮捕したドアン・ティ・フオン容疑者(28)だとしている。

 マレーシア警察当局の発表によると、ベトナム旅券を所持していたフオン容疑者は事件から2日後の15日午前、空港第2ターミナルに1人でいるところを逮捕された。


<金正男氏殺害>関与疑い、逮捕3人に 遺体引き渡しへ
毎日新聞 2/16(木) 21:48配信

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシアのザヒド副首相は16日、殺害された男性が正男氏であることを公式に認めた。身元確認の方法や具体的な死因には言及しなかった。遺体は捜査などの手続きが終了次第、北朝鮮大使館を通じ遺族・近親者に引き渡されるとの見通しを示した。

 正男氏は北朝鮮で発行されたキム・チョル名義の旅券を所持しており、マレーシア警察は「死亡した朝鮮人男性」と発表していた。キム・チョル名義の旅券は偽造ではなく、実在の人物のものだった。ザヒド氏は記者団に「二つの身分を持っており、キム・チョルは偽装用だろう」と指摘した。

 一方、マレーシア警察に事件に関与した疑いで15日に逮捕された女の勾留質問が16日に行われ、裁判官が7日間の勾留を認めた。この女は「1988年5月31日・(ベトナム北部)ナムディン省生まれ」と記載された旅券を所持していた。16日に逮捕された2人目の女の旅券には「1992年2月11日・(ジャワ島西部)セラン生まれ」と記されていた。インドネシアの報道によると、旅券の名義人は4年前まで約10年間、ジャカルタ西部の貧困層が多い地区で生活していた。2013年に転居し、その後、マレーシアに出国した可能性があるという。2人目の女の友達でマレーシア国籍の26歳の男を逮捕していたことも明らかにした。事件の逮捕者は3人になった。

 警察は女2人を支援していたとみられる男数人の行方も追っている。マレーシア、インドネシア、ベトナムはいずれも北朝鮮の友好国だ。マレーシアの華字紙「東方日報」(電子版)によると、逮捕された女2人は正男氏に毒物を噴射したとみられ、空港から一緒にタクシーで逃走していた。


警察当局、正男氏の死因発表せず…毒物を分析
読売新聞 2/16(木) 21:47配信

 【クアラルンプール=吉田健一、児玉浩太郎】クアラルンプール国際空港で起きた北朝鮮の金正男(キムジョンナム)氏(45)殺害事件で、マレーシアのザヒド副首相は16日、記者会見し、遺体が正男氏であることを北朝鮮大使館が確認したと明らかにした。

 正男氏の旅券と北朝鮮大使館が提出した書類を照合したところ一致したという。

 ザヒド氏は「(北朝鮮側が遺体を正男氏だと確認したと)警察から報告を受けている」と語った。正男氏の遺体は15日に解剖されたが、警察は死因を発表していない。韓国の情報当局者は16日、犯行に使われた液体の毒物特定について「マレーシア当局が分析しており、週内に結果が出る可能性がある」と本紙に語った。


<日米韓>対北朝鮮で連携、確認へ…外相会談
毎日新聞 2/16(木) 21:39配信

 岸田文雄外相は16日、ドイツ・ボンのG20外相会合に出席するため、成田空港を出発した。17日まで滞在する。17日未明(現地時間16日夕)に北朝鮮の弾道ミサイル発射後初となる日米韓3カ国の外相会談を行い、北朝鮮のさらなる挑発行為に対抗するための緊密な連携を確認する。

 会談には岸田氏、ティラーソン米国務長官、韓国の尹炳世(ユンビョンセ)外相が出席。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏の殺害を受け、北朝鮮情勢についても意見を交わす。慰安婦問題が議題となる可能性もある。【田所柳子】


金正男氏殺害 事件対応に苦慮するマレーシア政府 北朝鮮と歴史的なつながり
産経新聞 2/16(木) 21:12配信

929
金正男氏(清水満撮影)(写真:産経新聞)

 【クアラルンプール=吉村英輝、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正男氏の殺害事件で、遺体の扱いをめぐりマレーシアと北朝鮮の間で摩擦が生じている。北朝鮮側は遺体を即時返還するよう要求。一方、マレーシア警察は、さらなる捜査の必要性などからこの要求を退けている。

 マレーシアのザヒド副首相は16日、北朝鮮側からの遺体返還要求について記者団に問われ、「海外政府の要請には応える」と引き渡しに応じる姿勢を示したのち、「ただし手続きを経てからだ」とクギを刺した。

 警察の遺体解剖は15日夜に終了。ただ、死因の特定には至っていないという。空港で海外要人が暗殺されるという“失態”を犯したマレーシア政府としては、法や科学に基づいた徹底捜査を内外に示す必要がある。

 一方、地元メディアによると、北朝鮮側は当初から、解剖は「必要ない」と強く抵抗。解剖には駐マレーシア北朝鮮大使も長時間立ち会うなど、緊張が続いた。

 ザヒド氏は、正男氏が2冊の北朝鮮旅券を所持していたとし、入国目的は「分からない」とした。ただ、入管法で、北朝鮮国籍者のマレーシア入国は「拒否できない」とも述べた。

 北朝鮮にとってマレーシアは数少ない友好国の一つだ。2009年からはビザなしでの相互訪問が認められている。また、13年にはマレーシアの大学から金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長に名誉学位が授与されたこともある。

 自由に行き来できる利点から、日本をはじめ外国高官と北朝鮮高官との非公開接触も度々行われてきた。北朝鮮の工作機関は、マレーシアを海外拠点のひとつとしている。

 今回の事件で両国関係の悪化も予想され、マレーシア政府は当面、対応に苦慮しそうだ。


金正男氏殺害 2人目の女を逮捕 交際相手のマレーシア人も 事件に女2人のほか、男4人が関与か
産経新聞 2/16(木) 21:01配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は16日、犯行に関与した2人目の容疑者として、「シティ・アイシャ」と名乗る25歳の女を逮捕した。「インドネシア出身」とされ、同国の旅券を所持していた。

 現場映像に、同容疑者が写っていたという。逮捕は現地時間の16日午前2時というが、逮捕当時に他の仲間などは行動を共にしていなかった。逮捕場所や状況は明らかでない。シンガポールのメディアは、警察が同容疑者の交際相手のマレーシア人の男も逮捕し、関連を調べていると報じた。

 警察は15日、ベトナム旅券を持つ28歳の容疑者「ドアン・ティ・フォン」を逮捕しており、現地の裁判所は16日、7日間の拘置を認めた。警察は同容疑者を裁判所に移送せず、拘置先である空港近くの警察本部で裁判官に面会させた。警備上の都合とみられる。

 事件にはこれら女2人のほか、男4人が関与していると見て行方を追っている。一方、遺体ついては、指紋照合や北朝鮮側の立ち会いにより、金正男氏と確認された。


<金正男氏殺害>要職から襲撃対象に「悲運の王子」
毎日新聞 2/16(木) 20:52配信

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏について、韓国メディアは「悲運の王子」などと報じている。

 2010年ごろ、北京市内のホテルで短時間のインタビューをした中国人記者は「洗練されたマナーから『王子』としての風格を感じた」と振り返る。英語もうまく韓国語には北朝鮮のなまりがほとんど感じられなかった。別れ際には「(中国の情報機関)国家安全部には気をつけろよ」と言ってニヤリとしたという。

 正男氏は1971年5月、金正日(キム・ジョンイル)総書記と女優、成恵琳(ソン・ヘリム)氏の長男として生まれた。金総書記は長男の誕生に激しく喜び、幼いころは抱いて寝ることも多かったという。80年からスイス・ジュネーブの学校に通った。10代後半で北朝鮮に戻り、秘密警察にあたる国家安全保衛部で勤務したとされる。

 そのころには金正日総書記には新しい夫人、高英姫(コヨンヒ)氏との間に金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長やその兄、正哲(ジョンチョル)氏が生まれていた。正男氏の伯母、成恵琅(ソン・ヘラン)氏は著書で「(金正日総書記は)正男への異常なまでの愛情をきれいさっぱり洗い流し、新しい子供たちに対象を移した」と振り返っている。食料が不足した時期すらあったという。

 正男氏はその後、朝鮮コンピューター委員会などで要職を務めた後、00年代中盤にはマカオや香港に拠点を移した。韓国紙によると、09年4月、正男氏が平壌滞在時の別荘が国家安全保衛部に急襲された。正男氏は「若いやつ(正恩氏)に殺されそうになった」と語ったといわれている。


マレーシア警察、金正男氏事件で3人目の容疑者を逮捕
ロイター 2/16(木) 20:52配信

[クアラルンプール 16日 ロイター] - マレーシアの警察当局は16日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が同国で死亡した事件に関連して、3人目の容疑者を逮捕したと発表した。

発表によれば、3人目の容疑者はきょう逮捕されたインドネシア人の女性の友人という。国籍は明らかにされていない。

セランゴール州の警察幹部はロイターに対し、3人目の容疑者は2人目の容疑者であるインドネシア人女性の「ボーイフレンド」と述べた。

国営ベルナマ通信によれば、インドネシア人の女性は、15日にクアラルンプール国際空港で拘束され、ベトナムの渡航文書を保持していた女性とともに、7日間拘束されるという。


<北朝鮮>マレーシアは工作拠点 正男氏も事業
毎日新聞 2/16(木) 20:49配信

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が殺害されたマレーシアは、以前から北朝鮮の工作拠点として知られてきた。一方、正男氏も頻繁に入国していたことが判明、現地でビジネス活動をしていた可能性も浮き上がっている。

 クアラルンプールの繁華街にある高級ショッピングモール。世界各国の記者たちが16日、このモールの地下1階に詰めかけた。地元紙スターがこの日、このフロアにある韓国料理店の経営者の韓国人男性を正男氏の知人として取り上げ、男性がマレーシア滞在中の正男氏の様子を証言したためだ。取材を避けるためか男性は店に姿を見せず、携帯電話にも出なかった。

 スター紙に掲載された男性の話によると、正男氏は五つ星の高級ホテルに宿泊し、この韓国料理店をたびたび訪れた。「暗殺を恐れ、常にボディーガードを連れて移動していた」と話す。父の金正日総書記が存命だったころ、正男氏は現地の北朝鮮大使館から資金援助を受けていたが、死去した後は援助がストップしたという。

 だが男性は、正男氏には北朝鮮とは「別の資金提供者がいたかもしれない」とも指摘。別の情報筋は同紙に、正男氏がマレーシアやシンガポールなどでITビジネスに関与していたと述べた。地元華字紙「東方日報」は警察幹部の話として、正男氏が2年以上前から代理人を通じマレーシアで投資していたと報じた。

 マレーシアと北朝鮮の関係は良好で、2014年まではクアラルンプールと平壌を結ぶ直行便もあり、クアラルンプールの北朝鮮コミュニティーは数百人規模と推定されている。昨年10月には、クアラルンプールで米国の元高官と北朝鮮当局者の非公式会合も開かれた。

 一方で、マレーシアは北朝鮮の工作活動のハブにもなってきた。日本人拉致被害者の田口八重子さんが連れ去られた1978年6月、マレーシアの北朝鮮大使館の2等書記官が来日。この書記官は朝鮮労働党の工作機関の極東地区責任者で、田口さんら日本人拉致に何らかの指示を与えていた可能性がある。

 また、80年ごろに失跡した東京都の小住健蔵さんになりすまし、日本で活動していた北朝鮮工作員の男も80年代までに数回、マレーシアでこの書記官に接触した。


金正男氏殺害 真の実行犯が別に? 女「殺人とは知らなかった」
産経新聞 2/16(木) 20:35配信

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシア紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)は16日、北朝鮮の金正男氏の殺害が、「外国の諜報員によるものだろうと信じるに足る理由がある」とするマレーシア警察幹部の見方を伝えた。同幹部はさらに、実行犯2人以外の人間が加担していたことは「明らかだ」とした。

 16日に逮捕された女について、インドネシア外務省は照会情報に基づき、インドネシア市民であることを確認したと発表。ただ、本名を名乗って暗殺をする行動には疑問がある。「工作員ならば犯行後に逃避するか自殺するはず」(元北朝鮮幹部)との指摘もある。

 同紙は犯行現場で、実行犯の女によく似た服装をして女装した男の工作員とみられる人物が目撃されていたとする情報も伝えている。ベトナム旅券を持った女は「殺人とは知らなかった」と述べており、真の実行犯が別に存在する可能性もある。

 正男氏は襲撃後は元気だったが、案内カウンターに行く前にトイレに立ち寄って容体が悪化しており、不明な点が多い。行方不明の男4人も含め、多国籍の“実行犯役”を整えた北朝鮮の工作部隊による周到な犯行との見方は捨てきれない。


金正男氏殺害で2人目の女拘束
ホウドウキョク 2/16(木) 20:22配信

936
(写真:ホウドウキョク)

防犯カメラに映った2人目の女も逮捕された。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長の兄・正男(ジョンナム)氏が、マレーシアで殺害された事件で、地元メディアによると、15日に逮捕され、ベトナムのパスポートを所持していたドアン・ティ・フオン容疑者は、調べに対し、「悪ふざけのつもりだった。殺人に関わるとは思っていなかった」という趣旨の供述をしていて、現地警察は、フオン容疑者が、事情を知らず、捨て駒扱いされた可能性もあるとみている。
また現地警察は、新たに事件に関わった疑いで、インドネシアのパスポートを所持していた女で、25歳のシティ・アイシャ容疑者を逮捕したと発表した。
正男氏の死因や、使用された薬物について明らかにされない中、マレーシアのザヒド副首相は16日、全ての手続きが終了したのち、北朝鮮の要請に基づき、正男氏の遺体を北朝鮮側に引き渡す意向を示した。


インドネシア人逮捕を確認=正男氏事件
時事通信 2/16(木) 19:58配信

 【ジャカルタ時事】インドネシア外務省は16日、金正男氏暗殺事件に関与したとしてマレーシア警察がインドネシア旅券を持った女(25)を逮捕したことについて、「女がインドネシア国民であることを確認した」と発表した。

 同省幹部は時事通信の取材に「(詳細は)プライバシーがあるため明かせない」と語り、マレーシア当局による捜査の進展を待つ姿勢を示した。


金正男氏暗殺事件でマレーシアと協力=越
時事通信 2/16(木) 19:57配信

 【ハノイ時事】ベトナム外務省副報道官は16日、マレーシアで起きた金正男氏暗殺事件について「関係機関が、事件の情報をめぐりマレーシア側と協力している」との談話を発表した。

 容疑者の1人としてベトナム旅券を所持する女が逮捕されているが、談話では女がベトナム籍か否かには言及していない。

 事件に関するベトナム政府当局者の公式な発言は初めて。談話は「ベトナムはあらゆる犯罪行為を強く非難する」と強調した。


北朝鮮軍偵察局の男、関与か=「女装工作員犯行」報道も―マレーシア紙
時事通信 2/16(木) 19:32配信

 【クアラルンプール時事】マレーシアのクアラルンプール国際空港で13日、北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシアの主要英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)は16日、同国の捜査当局が、北朝鮮の対外情報・工作機関、朝鮮人民軍偵察総局に所属する男(40)の行方を追っているとみられるという情報を伝えた。

 同紙は、犯行に要した時間が5秒超で、周到に練られた手口は「最初から最後まで非の打ち所がない」と指摘。マレーシア警察高官は同紙に「外国の工作員の仕業だったと確信する理由がある」と強調した。

 またニュー・ストレーツ・タイムズ紙は捜査関係筋の話として、金正男氏を空港内で襲撃したと伝えられている女2人組のうち、1人は男が女に偽装していた可能性を示す情報が寄せられていると伝えた。この男が、当局が行方を追っているとされる北朝鮮工作員の可能性がある。


金正男暗殺、カギはシンガポール人女性か
東洋経済オンライン 2/16(木) 19:00配信

 「金正男は外出する際、水と食べ物をいつも携帯する」という。北京のある消息筋は、「父である金正日(総書記)も、生存中は常に暗殺されることを恐れていたため、海外旅行にも食べ物を持って行くほど用心深かった」と証言する。

 では、なぜ今回に限って、いつも注意深かった金正男氏が一人で行動し、無防備な状態で殺害されることになったのか。特に、金正男氏には2人の警護員が常に随行していたが、事件当時はいなかったことがわかっている。

 その金正男氏と旧知でマレーシア韓人会のある役員は、現地メディアの取材に応え、「クアラルンプールで会うときにはいつも警護員2人と、中国系シンガポール人の愛人が一緒にいたが、当日の空港には1人だった。不思議だ」と証言。「自分が彼に会ったのは、昨年8月に会食したのが最後」と付け加えた。

■親密な女性と会うために警護を外した? 

 1人で空港に行ったことを、金正男氏の女性問題と関連づけてみる専門家もいる。金正男氏は中国系シンガポール人の愛人と、マレーシアでよく会っていたが、女性と二人きりになりたいがために警護員の随行を外したのではないか、という見方だ。

 北朝鮮情報に精通する関係者とマレーシア現地の韓国人なども、金正男氏が40代前半の愛人とともにマレーシアをしばしば訪れており、2014年には実際にクアラルンプール市内のレストランで食事している光景が目撃されている。今回も、この女性と会うため、マレーシアを訪れた可能性が高い。現地警察も今回の暗殺で決定的なカギを握るのはこの女性とみて、その行方を追っているという。

温和な性格があだになった
 金正男氏と言えば、礼儀正しく、比較的温和な性格であり、女性と酒を飲むのを好んだとされている。彼と150回ほど電子メールをやりとりした内容を元に本を出版した、東京新聞の五味洋治編集委員は、毎日新聞とのインタビューで、「金正男氏は初めて会う人には常に尊敬語を使うなど、礼儀正しく、他人に警戒心を見せることはなかった。それが今回あだになった」と言う。

 酒と女性を金正男氏は好んだ。中国・北京でも富裕層の子息たちと、週に3、4回は飲食店に行って酒を飲みリラックスしていた、と中国の消息筋は証言する。また、9歳から家族と離れて海外生活を送っていたためか、中国と日本、韓国などにも友人が多かった、と五味編集委員は回想する。五味氏は「孤独な生活が多かったためか、金正男氏は友人を大事にしていた。インタビュー途中、日本と韓国の知人との電話のやりとりもよくあった」と述べた。

■最高級ホテル住まいで、資金は十分だった

 2013年にはシンガポールの高級ホテルで、韓国人観光客が金正男氏と遭遇、「金正男氏ではないのか、一緒に写真を撮ってほしい」と客がお願いすると、彼は「今は写真を撮ることができません。申し訳ありません」と丁寧に断ったというエピソードは、彼の性格をそのまま示しているようだ。

 さらに、金正男氏はシンガポールでルイ・ヴィトンのかばんと靴を愛用し、いつも最高級ホテルに宿泊するほど、資金が十分にあったとされている。その資金は、故・金正日総書記の秘密資金の一部ではないか、との推測も出たほどである。


暗殺実行犯の「女2人死亡情報」を垂れ流した 大手メディアの「検証力」
J-CASTニュース 2/16(木) 18:33配信

 金正男氏(45)がマレーシア・クアラルンプールの空港で暗殺された事件で、現地警察は2017年2月16日までに、実行犯とみられる女2人を逮捕した。ところが、15日には日本の複数の大手メディアは、日本政府関係者の話として、「実行犯の女2人死亡」情報がある、と報じていた。結果として「ガセ」情報を裏取り取材なしで報じた形となり、その検証力に疑問符がつきかねない状態だ。

 情報の錯そうは続いており、正男氏の殺害方法をめぐっては、「毒針を刺された」「スプレーを吹き付けられた」「口にハンカチを押さえつけられた」などと諸説が報じられている。「毒殺」という点では共通している。

■「実行犯」女2人を逮捕

 現地の中国語紙「東方日報」(電子版)によると、現地警察は2月15日朝にベトナムのパスポートを持つドアン・ティ・フォン容疑者(29)を逮捕したのに続いて、16日未明にはインドネシアのパスポートを持つシティ・アイシャ容疑者(25)を逮捕した。マレーシア国営のベルナマ通信によると、裁判官が2月16日に警察を訪れ、容疑者2人の1週間の勾留を認めた。

 この2人以外にも4人の男が犯行に関与したといい、警察が行方を追っている。4人の男が女2人に対して、正男氏の殺害を指示した可能性がある。

 東方日報では、現地警察の話として、正男氏が

  「何者かに不審な物体を吹きつけられて激しく苦しみ、病院に搬送される途中で死亡した」

として、

  「2人の女のうち、1人が正男氏に対して液体を噴射し、もう1人がハンカチで被害者の顔を押さえるように指示された。それは10秒間にわたった。液体の噴射は『悪ふざけ』だと思っていたそうだ」

と伝えている。朝鮮日報によると、韓国政府も正男氏の遺体を確認したといい、当局者は

  「口に泡があった。これは典型的な毒殺のサインだ」

と話したという。

 正男氏の暗殺にどんな「毒」が利用されたかは現時点では明らかではないが、現地紙「ザ・スター」は、「ヒマ」の実からできる毒素「リシン」や、フグ毒として知られ、急速に神経を麻痺させる「テトロドトキシン」などが使用された可能性があると伝えている。

「複数の日本政府関係者によると」...
 2人の女が逮捕されたことで、東方日報は、犯行を実行した人は「全員が逮捕された」としている。一方、15日段階では、日本政府関係者からは全く違う情報が発信されていたようだ。15日午前、テレビ朝日は

  「複数の日本政府関係者によると、この工作員とみられる女2人はすでに2人とも死亡しているという情報があるという。ある政府関係者は『口封じではないか』との見方も示している」

と報じた。ネット版でも「口封じ?女工作員2人も死亡か 金正男氏『暗殺』」の見出しで11時50分頃に報じていたが、のちに記事を削除している。

 日本テレビも同日午後、「日本の複数の政府関係者」の話として、

  「その女2人は、別の工作員に殺害されたのではないかという情報も入っているという」

としていた。

 TBSも同日午後、「政府関係者への取材」として、同様の報道を行っている。ネット版でも「北朝鮮 金正男氏殺害、『工作員』2人はすでに死亡か」との見出しで報じている。

 このほか、共同通信も「日本政府関係者」が述べた内容として、現場から立ち去ったとされる女2人について「既に死亡した可能性があるとの情報がある」との記事を配信している。

 暗殺された正男氏は、死亡時には「キム・チョル」名義の北朝鮮パスポートを持っていた。マレーシアのザヒド・ハミディ副首相は、パスポートの名義の問題を踏まえても、殺害された男性は正男氏であるとの認識を示し、解剖後の遺体は在マレーシア北朝鮮大使館を通じて親族に引き渡す意向を示した。菅義偉官房長官は2月16日午後の記者会見で、

  「政府としては、マレーシア政府の発表をそのまま受け止めている」

と述べた。日本政府としても、正男氏が殺害されたとの認識を示した形だ。


韓国当局、金正男氏暗殺は「典型的な毒殺」
ホウドウキョク 2/16(木) 18:30配信

韓国当局が、「典型的な毒殺」との見解を明らかにした。
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が、マレーシアで暗殺された事件で、韓国の朝鮮日報は16日、政府当局者の話として、「口から泡を吹いており、典型的な毒殺」と判断したと伝えた。
一方、16日に故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生75周年を迎えた北朝鮮では、金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、16日に金総書記と金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置されている、錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を訪れたほか、15日には、生誕を祝う大会に出席したが、今回の事件については、一切伝えられていない。
北朝鮮が今後、どのような反応をするのか、注目されている。

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2197

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:〔地震〕茨城県・千葉県で震度4、津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島で震度3 津波の心配なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島で震度3 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:南三陸町の防災対策庁舎 補修工事終了 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:規制委員長が鹿児島訪問=川内原発地元で意見交換 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震災遺児の遺産で贅沢三昧 叔父の悪行 ベンツ、ロレックス、ハーレーダビッドソン… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<東日本大震災>避難者団体、活動が縮小 資金確保にも苦労 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島県富岡町>避難指示解除を受け入れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:絶対に命を絶たないで! 福島・飯舘村教委、「いじめ」で異例メッセージ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島県富岡町、4月1日避難指示解除受け入れ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島原発2号機、調査ロボが原子炉直下に到達せず 東電「失敗ではない」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:4月1日避難解除案に同意=町民の7割対象―福島・富岡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:志賀原発敷地の事務所出火=放射性物質漏れなし―石川 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<志賀原発>敷地内で火災、放射性物質の影響なし - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震で夫婦2人犠牲、立野地区でようやく家屋解体 本震10ヵ月、再建険しく - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発 ロボ調査断念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島2号機、210シーベルト測定 ロボ投入、途中で進めず 調査失敗 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:溶けた燃料、確認できず 福島原発調査 堆積物、足場の穴、線量…想定以上 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島2号機>想定以上の破損 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島2号機>原子炉直下、到達せず…ロボ調査断念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:震災復興談合で課徴金6億円 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<復興事業>ハウス談合5社に6億円の課徴金…公取委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:緊急時対策所を調査=柏崎耐震性「東電に説明責任」―規制委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:圧力容器内装置にひび=島根原発2号機―中国電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「熊本地震の影響なし」=川内原発、専門委が意見書 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発事故 2号機に調査ロボ 圧力容器真下には到達できず終了 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2号機の圧力容器下に到達せず=調査ロボ、210シーベルト測定―福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島原発>自走式のサソリ型ロボット、到着できず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本大震災から6年 震災復興談合 井関農機など5社に6億円課徴金納付命令 公取委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<新潟避難児童いじめ>不登校と震災の関連を否定 第三者委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<いじめ調査>震災避難児童ら偏見に不安とおびえ 埼玉 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本地震で被害大きな地域…夜泣きやおびえなど幼児の異変2倍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:いじめ調査依頼、専用窓口設置へ…横浜市教委 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:調査ロボきょう投入 福島2号機格納容器内 東電が新たな画像公開 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

〔地震〕茨城県・千葉県で震度4、津波の心配なし
レスキューナウニュース 2/19(日) 18:25配信

気象庁によると、19日18:19頃、千葉県東方沖を震源とするM5.4の地震があり、茨城県潮来市、千葉県東金市などで震度4の揺れを観測しました。
この地震による津波の心配はありません。

■発生事象
・発生日時 :2月19日18:19頃
・震源地  :千葉県東方沖(北緯35.7度、東経140.8度)
・震源の深さ:約60km
・地震の規模:M5.4(推定)

■震度3以上が観測された市町村(*印は気象庁以外の震度観測点)
【震度4】
・茨城県 :潮来市辻*、神栖市溝口*
・千葉県 :東金市日吉台*、旭市南堀之内*、旭市高生*、旭市ニ*、多古町多古、九十九里町片貝*、芝山町小池*、匝瑳市八日市場ハ*、匝瑳市今泉*、香取市佐原平田、香取市役所*、香取市羽根川*、香取市仁良*、香取市岩部*、横芝光町宮川*、横芝光町栗山*、山武市埴谷*、成田市花崎町、成田国際空港、成田市松子*
【震度3】
・茨城県 :笠間市石井*、笠間市中央*、ひたちなか市南神敷台*、小美玉市小川*、小美玉市堅倉*、小美玉市上玉里*、土浦市常名、土浦市藤沢*、土浦市田中*、石岡市柿岡、石岡市若宮*、石岡市八郷*、龍ケ崎市役所*、下妻市鬼怒*、取手市寺田*、取手市井野*、取手市藤代*、牛久市城中町*、つくば市天王台*、茨城鹿嶋市鉢形、茨城鹿嶋市宮中*、潮来市堀之内、美浦村受領*、阿見町中央*、河内町源清田*、守谷市大柏*、利根町布川、稲敷市江戸崎甲*、稲敷市柴崎*、稲敷市結佐*、稲敷市役所*、筑西市舟生、かすみがうら市上土田*、かすみがうら市大和田*、神栖市波崎*、行方市山田*、行方市麻生*、桜川市岩瀬*、桜川市真壁*、鉾田市汲上*、常総市新石下*、常総市水海道諏訪町*、つくばみらい市加藤*、つくばみらい市福田*
・千葉県 :銚子市若宮町*、東金市東新宿、東金市東岩崎*、旭市萩園*、神崎町神崎本宿*、東庄町笹川*、一宮町一宮、白子町関*、長南町長南*、香取市佐原諏訪台*、山武市松尾町富士見台、山武市蓮沼ニ*、山武市殿台*、山武市蓮沼ハ*、山武市松尾町五反田*、大網白里市大網*、千葉中央区中央港、千葉中央区千葉市役所*、千葉中央区都町*、千葉花見川区花島町*、千葉稲毛区園生町*、千葉若葉区小倉台*、千葉美浜区ひび野、船橋市湊町*、野田市鶴奉*、成田市中台*、成田市役所*、成田市猿山*、千葉佐倉市海隣寺町*、柏市柏*、市原市姉崎*、八千代市大和田新田*、四街道市鹿渡*、八街市八街*、印西市大森*、印西市笠神*、酒々井町中央台*、白井市復*、栄町安食台*、富里市七栄*
・栃木県 :高根沢町石末*
・埼玉県 :春日部市谷原新田*、宮代町笠原*
・東京都 :東京墨田区東向島*、東京荒川区東尾久*


福島で震度3 津波の心配なし
産経新聞 2/19(日) 15:29配信

 19日午後3時2分ごろ、福島県相馬市で震度3の地震があった。気象庁によると、震源地は福島県沖で、震源の深さは約70キロ。マグニチュード(M)は4・2と推定される。この地震による津波の心配はないという。


福島で震度3
時事通信 2/19(日) 15:20配信

 19日午後3時2分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、同県相馬市で震度3の揺れを観測した。

 気象庁によると、震源の深さは約70キロ。地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定される。主な各地の震度は次の通り。

 震度3=福島県相馬市
 震度2=福島県伊達市、宮城県角田市。


南三陸町の防災対策庁舎 補修工事終了
ホウドウキョク 2/18(土) 20:51配信

155
(写真:ホウドウキョク)

東日本大震災から6年を前に、43人が犠牲になった建物の補修工事が終わった。
43人が犠牲となった、宮城・南三陸町の防災対策庁舎。
震災遺構として保存するための補修工事が終わり、18日朝、工事用のシートと足場が全て撤去された。
およそ3カ月ぶりに姿を現した庁舎は、震災の爪痕を残すため、鉄骨は穴があいたまま、また、震災直後のイメージの赤や白で塗装されている。
大阪から訪れた女性は「感じるものがあるね。自然は怖い」と話した。
庁舎は、県の所有として、2031年の3月まで維持管理される。

仙台放送/FNN


規制委員長が鹿児島訪問=川内原発地元で意見交換
時事通信 2/18(土) 19:09配信

 原子力規制委員会の田中俊一委員長は18日、九州電力川内原発がある鹿児島県を訪れ、原発事故時の避難の在り方などを定めた原子力災害対策指針(防災指針)などについて地元住民らに説明し、意見を聞いた。

 
 同日午前には県庁で三反園訓知事と会談。知事は「原発の安全について県民の理解を得るため、分かりやすい情報発信を」と求めた。続いて訪れた立地自治体の薩摩川内市では、岩切秀雄市長が、川内原発について全国から意見が寄せられているとし、「国の方から国民に説明をしてほしい」と述べた。

 住民との意見交換会で田中委員長は、ヒューマンエラー防止対策について質問を受け、「仮にエラーが起きても、大きな事故につながらないシステムを用意している」と答えた。

 田中委員長は19日も、同市の別会場での意見交換会に参加する。


震災遺児の遺産で贅沢三昧 叔父の悪行 ベンツ、ロレックス、ハーレーダビッドソン…
産経新聞 2/18(土) 17:02配信

154
おいから横領した金で島吉宏被告が開業した和食料理店。閉店後は別の業者に渡り、改装作業が進む=2月6日、宮城県石巻市(一部画像処理しています)(写真:産経新聞)

 東日本大震災で両親を亡くしたおい(15)の災害弔慰金や震災義援金などの財産を未成年後見人の立場を悪用して着服したなどとして、業務上横領や詐欺などの罪に問われた叔父で会社役員の島吉宏被告(41)=宮城県石巻市=に仙台地裁(小池健治裁判長)が、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

 震災で傷ついたおいを引き取り育てる心優しい叔父―。朝日新聞など一部メディアは“美談”として島被告の動静を繰り返し報じてきたが、その裏ではおいに残されたお金を自身の飲食店の開業資金に充て、その後もメルセデス・ベンツなどの高級車や高級腕時計ロレックスを買いあさり、食事は焼き肉にすしと豪遊三昧。島被告は、おいに残された金額のほとんどにあたる計約6800万円をたった3年間で使い果たした。

 ■「僕が捜しているよ」

 平成23年3月、震災から数日後の石巻市の避難所に1人の少年の姿があった。両手には家族の名前を書いたボード。津波に巻き込まれた家族を探し、懸命に歩き回っていた。

 島被告のおいは、震災前は石巻市内で両親や祖母、いとこ2人の6人で暮らしていた。地震後、家族で車に乗り込み避難を開始したが、車ごと津波に飲み込まれた。ひび割れた窓からいとこと脱出したが、津波で手が離れた。助けを求める家族の声が遠くなるのを聞きながら気を失い、気が付くと家族と離ればなれになって寝ていた―。

 「僕が捜しているよ」

 避難所で家族を探す姿が震災から5日後の朝日新聞朝刊で取り上げられた。

 約1週間後、両親は遺体で見つかった。

 4月、おいは母親の弟である島被告に引き取られ、石巻市内のアパートでの生活が始まった。

 しかし、この時すでに、島被告は悪事に手を染めていた。震災で亡くなったおいの母親で自らの姉が、石巻市内で入院中だと偽り、銀行窓口で姉名義の預金通帳を再発行し、約120万円をだまし取った。

 おいを引き取った島被告は、仙台家裁石巻支部に未成年後見人の申し立てを行い、調査官の面接などを経て、震災発生から約2カ月後の5月16日、未成年後見人に選任された。

 判決文では、島被告がおいの両親がかけていた死亡共済金を受け取るためには、おいの未成年後見人になる必要があると説明を受け、申し立てを行ったと言及している。

 ■朝日「お答えすることない」

 朝日新聞はその後の様子も取材を続けた。記事中にはたびたび、「避難所で家族を探す姿が取り上げられたことをきっかけに、おいのもとへは全国から励ましの手紙、ゲームや漫画などの物資が届けられた」と記された。

 手紙や物資だけでなく、寄付金も寄せられた。捜査関係者は「寄付金が集まった一因は新聞報道」と話す。

 4月には、手紙を読む姿が報じられた。さらに6月には、オーストラリアの同世代の少年が書いた手紙が首相を通じておいに届いたことが新聞に掲載され、サッカー教室に通い始めたおいの姿も写真で紹介された。島被告は「親代わり」として紹介されている。翌年4月には、来日した少年とおいが交流する姿も報じられた。

 注目されたのはおいだけではない。23年9月25日、台風被害で被災した和歌山県那智勝浦町で島被告が泥の除去のボランティアに励む姿が、朝日新聞和歌山県版内で紹介された。3月16日の朝日新聞を読んだ読者から手紙や食べ物などがたくさん送られてきたことについて、「人の真心のありがたさが身にしみた」と話していた島被告だが、その一方ではおいに残された現金の着服を進め、真心を踏みにじっていた。

 島被告が犯行に及び始めてからも、その後4回にわたって継続取材をしてきた朝日新聞。取材の中で、島被告の犯行に気付くことができなかったのか。 同社広報部は産経新聞の取材に対し、「取材内容についてお答えすることはありません。また、事件についてのコメントもありません」と文書で回答を寄せた。

 ■殴る、ける、エアガンで撃つ

 未成年後見人は、親権のある親などが死亡した場合、代理人として財産の管理などを行う。生活費以外の目的で財産を使うことは禁じられているが、島被告はおいと自分の財産を区別しないどころか、自身のためだけに使い続けた。おいの2つの口座のうち、1つは家裁に届け出ることすらしないで隠していた。

 島被告は高級車「メルセデス・ベンツ」を乗り換えを含めて2台購入。約200万円で大型バイク「ハーレーダビッドソン」は現金で支払った。腕には約300万円の高級腕時計「ロレックス」を光らせた。

 震災発生まで宮城県松島町で料理人として働いていた島被告。平成24年に石巻市内に飲食店を開業したが、この開業資金もおいの口座から出ていた。

 島被告の知人の50代女性は「みるみるうちに生活が変わっていった。羽振りがいいのだな、と思っていた」と振り返る。

 おいには両親の遺産に加え、災害弔慰金や震災の見舞金、義援金に両親の死亡共済金、寄付金と多額の現金が入っていたが、島被告は3年間でそのうち6680万円を散財した。

 島被告は「未成年後見人は育ての親という認識だった。使ってはいけないと家裁は事前に教えてくれなかった」として横領したつもりはないと主張していた。しかし、家裁は判決で未成年後見人について説明し、島被告もおいの財産は厳格な管理が必要だと認識していた、と認定した。

 当初は学習塾やサッカー教室にも通わせ、学校にも送り迎えしてくれていた優しかった叔父は、次第に変わっていった。

 おいに殴るけるなどの暴行を加える。挙げ句の果てはエアガンで撃つ-。

 おいは26年、児童相談所に保護された。家裁が島被告との生活状況を調べる中で、被告のずさんな金銭管理も明らかになっていった。

 27年1月、家裁からの連絡を受けた仙台地検が捜査を開始し、1年後の28年1月に島被告は地検に業務上横領の疑いで逮捕された。

 ■「大人として罪を自覚して」

 28年12月16日の結審の日、中学生になったおいは裁判に陳述書を提出し、その思いを訴えた。

 おいは陳述書で、当時のことを「学校に行かせてくれて感謝し、家族だと思っていた。だけど殴られたりけられたりされ、精神的に持たなくなり、自殺してしまいそうになったので、児童相談所に保護してもらった」と振り返る。

 「(横領した金を)学費や塾の費用と言い逃れており、あきれました。私は中学生になるまでお小遣いももらえなかった。おじさんは高い時計を買ったり、すし屋や焼き肉屋に週5回ぐらい行ったりして派手にお金を使っていたが、私のために使うことはなかった」

 「善意の寄付金や、共済金、退職金など両親が命と引き換えに残してくれた大切なお金のほとんどを使ったと聞き、許せない。大人としてしっかり罪を自覚し、償ってもらいたい」

 ■弁護士も間違い指摘

 今月2日の判決言い渡し直前、島被告による被害弁済などを巡り審理が再開された。

 島被告は所有するベンツ1台を売り払い、弁済の一部に充てたと明かした。それに対し、検察側は「売却を決めたのは12月の前回公判後だが、なぜか」と問うと、島被告は「弁護士に『検察が売るなと言っている』と言われた」と回答した。

 その後も、なぜこのタイミングで売却したのかを追及されたが、島被告は自動車売却にかかわった業者とのやり取りを話し出すなど、話をそらし続けた。検察側はたびたび「言っている意味がわからない」と切り捨てた。

 その後、島被告の味方であるはずの代理人弁護士が「私が売るなと言ったということか。あなたが(200万円の)売却額に難色を示したからでは」と尋ねると、「弁護士から言われたのではなかったかもしれない」とあいまいな返答に終始した。

 約30分の休憩を挟み、島被告に言い渡された判決は懲役6年。判決理由で小池裁判長は「犯行は震災後の混乱に乗じて『火事場泥棒』的に行われた。当時9歳のおいの将来に多大な悪影響を与えかねない」と指摘。「選任当初から横領を繰り返し、飲食店の開業や高級車の購入に充てる傍ら、家裁には虚偽の報告をしていた。被害額も高額で悪質」と断罪した。

 震災で肉親を亡くした少年、しかも身内を「食い物」にした犯行。おいが陳述書で訴えたように、法的にも道義的にも到底許されるものではない。


<東日本大震災>避難者団体、活動が縮小 資金確保にも苦労
毎日新聞 2/18(土) 12:12配信

 東日本大震災による避難者の自助団体や支援団体が解散したり、活動を縮小したりする動きが相次いでいる。震災から間もなく6年。避難者の減少などで活動の担い手が不足してきたことに加え、運営資金の確保が難しくなっている事情がある。【大久保昂】

 東日本大震災の避難者が設立した自助団体のうち、会員数で最大級の組織が今年度末で解散する。北海道に避難した被災者らでつくる「みちのく会」(札幌市)だ。震災の約1カ月後に発足し、交流会の開催や支援情報の提供などに取り組んだ。ピーク時の会員数は支部も含めて約1700人。いまも1000人を超えるが、生活基盤ができて忙しくなる避難者が増え、交流会の参加者も減ってきた。本間紀伊子会長(55)は「活動を通じて避難者同士や行政などとのつながりができた。いまも悩みを持つ避難者はいるが、会がなくてもこうしたつながりの中で対応できるはず」と話す。

 「東日本大震災滋賀県内避難者の会」も3月末で活動に終止符を打つ。中心メンバーが体調を崩すなどして運営が難しくなった。

 解散や休止の背景には、運営資金の確保が難しいこともある。多くの団体が被災県などの助成金を頼りに運営しているが、関西地方のある団体幹部は「助成金は単年度のものがほとんど。年度末になると次年度の資金の確保が大仕事になる」と明かす。

 一方、支援や交流の灯を絶やすまいと、さまざまな形で活動の継続が模索されている。

 兵庫県では、ボランティア団体「暮らしサポート隊」が開催してきた避難者交流会「みちのくだんわ室」が昨年10月に幕を閉じた。しかし、これを惜しむ避難者たちが「神戸みちのく会」を設立し、活動を引き継ぐ形で交流会再開を目指している。メンバーの一人は「互いに頑張っている様子を見て元気づけ合える場にできれば」と話す。

 山形県では、避難者の交流の場やメールでの支援情報を提供してきた自助団体「りとる福島」が2015年度末、活動を事実上休止した。支援情報のニーズは多いとして、山形県米沢市のNPO法人「おいたまサロン」が活動を受け継いだ。

 また、交流の場の減少に危機感を抱いたNPO法人「やまがた絆の架け橋ネットワーク」(山形県寒河江市)は昨年7月、避難者が立ち寄れるスペースを山形市内に開設。これまでに延べ約700人が利用した。来年度以降の運営資金のめどが立たず、インターネットで広く資金を募るクラウドファンディングに挑戦したが、思うように集まらなかった。早坂信一代表(47)は「避難者が減っても困っている人はいる。寄付を集めるなどして何とか続けたい」と話した。

 山中茂樹・関西学院大災害復興制度研究所顧問(災害復興学)の話 避難者による自助団体は単なるコミュニティーではなく、行政とのパイプ役も果たしてきた。こうした活動がなくなれば、被災者は核を失って孤立し、復興から取り残されるおそれがある。複数年度にまたがる助成金を用意するなど、行政が長期的に支える仕組みが必要だ。


<福島県富岡町>避難指示解除を受け入れ
毎日新聞 2/17(金) 22:30配信

 東京電力福島第1原発事故で福島県富岡町の全域に出されている避難指示について、同町は17日、帰還困難区域を除き4月1日に解除するとした政府案を受け入れた。宮本皓一町長が同県郡山市であった町議会全員協議会で表明した。今後、政府の原子力災害対策本部が解除日を正式に決定する。

 宮本町長は「これ以上、避難指示が継続すると古里を未来につなぐことが非常に困難になる」と解除を受け入れる判断をした理由を述べた。

 今年2月1日時点の町の人口1万3560人のうち、9578人が解除の対象となる。【曽根田和久】


絶対に命を絶たないで! 福島・飯舘村教委、「いじめ」で異例メッセージ
J-CASTニュース 2/17(金) 19:48配信

 「必ず味方になってくれる人がいます」「絶対に自ら命を絶ったりしないでください!」。いじめを苦にした中学生らの相次ぐ自殺を受けて、福島県飯舘村教委がホームページ上でこんなメッセージを載せて、ツイッター上で反響を呼んでいる。

 「みなさんは悩みを抱えていませんか」。2017年2月14日付のメッセージでは、「飯舘村の子どもたちへ」と題して、中井田榮教育長名でこう呼びかけた。

■「わかりやすい」「なんか辛くなってくる」

 福島県内では、17年に入って早々、いじめを苦にした自殺が立て続けに2件も報じられている。

 1つ目は、須賀川市立中学1年の男子生徒が1月27日に自宅で首を吊って亡くなっていた。いじめ被害を訴えていたといい、市教委が2月7日に発表した。もう1つは、南相馬市立中学2年の女子生徒がいじめを受けたとして2月11日に自宅で首を吊った状態で見つかったもので、13日に発表されている。

 メッセージでは、2件の自殺について触れ、「もし、悩んでいることがあったならば、すぐに家族や学校の先生、友達などに相談してください」と訴えた。味方になる人は必ずいると強調したうえで、「もし、どうしても見つからなかったら、飯舘村教育委員会に連絡してください。みなさんを全力でサポートします」として、絶対に命を絶たないでほしいと書き込んだ。

 「保護者のみなさまへ」と題した文もあり、子供に変化などを感じたらすぐに行動するべきとアドバイスし、身近な相談者がいないときは飯舘村教委に連絡してほしいとしている。

 ツイッター上でメッセージが紹介されると、リツイートなどが相次ぎ、「とてもわかりやすい」「なんか辛くなってくるな・・」などと感想が書き込まれている。中には、「こんなメッセージを出さなくてはならない社会になってしまったなんて…」「寂しい国になっちゃったよ」といった嘆きの声も漏れていた。

原発事故避難生徒のいじめがきっかけ
 実は、飯舘村教委では、16年12月2日に村の子供やその保護者に向けて同様なメッセージを中井田教育長名でホームページ上に公開していた。このときは、原発事故で福島県から横浜市に避難した中学1年の男子生徒がいじめを苦にして不登校になったことを受けたものだった。

 一連のメッセージを出した理由について、村教委の教育課では、J-CASTニュースの取材に対し、次のように説明する。

  「福島や横浜で被害に遭ったという子供たちが、飯舘村出身だったというわけではありません。村から県内を含めて全国に避難しているため、村の子供たちにも被害がありうることを危惧してメッセージにしたということです」

 村出身の子供がいじめに遭ったという被害についても、これまで聞いていないという。

 メッセージを出してからも、村の子供や保護者からいじめを訴える村教委への連絡も特にないとしている。ただ、メッセージとは別に、友人関係や不登校などの悩みの相談は、年に数件ほどは寄せられており、スクールカウンセラーらが対応に当たっているそうだ。

 飯舘村では、村外への避難が17年3月末で一部を除いて解除されるのに合わせ、18年4月から村内の学校を再開させる方針だ。ただ、50億円以上かけて幼保一体型「こども園」や小中学校などを整備するというが、放射能汚染の影響を気にして村内の学校への希望者は少なく、再開延期の要望が出ているとも報じられている。

 教育課でも、それを認め、「こども園」では5人ほど、小中学校では計50人ほどしか希望者がいないとした。「子供たちが村に戻って来ないのは深刻」だという。ただ、子どもたちに戻ってもらうために今回のメッセージを出したわけではないとしている。


福島県富岡町、4月1日避難指示解除受け入れ
読売新聞 2/17(金) 19:38配信

 東京電力福島第一原発事故で全域に避難指示が出ている福島県富岡町は17日、帰還困難区域を除いて4月1日に指示を解除するという政府案を受け入れることを決めた。

 17日の町議会全員協議会で、宮本皓一町長は「これ以上避難指示が継続されれば、古里を未来につなげることが非常に困難になる」と述べた。

 町によると、解除対象地域に住民登録しているのは、町民の約7割に当たる3830世帯9578人(2月1日時点)。町は4月の解除を目指し、役場機能の町内への移転や、住民の災害公営住宅への入居に向けた準備などを進めている。

 政府は当初、解除時期を「2017年1月中」とする案を町に示していたが、町民から「時期尚早」との反発が相次いだため撤回し、「4月1日」とする修正案を提示していた。


福島原発2号機、調査ロボが原子炉直下に到達せず 東電「失敗ではない」
THE PAGE 2/17(金) 16:45配信

 東京電力は16日、福島第一原発2号機の格納容器内にサソリ型の調査ロボを投入したが、原子炉圧力容器直下まで到達できなかったことを発表した。

 カメラや線量計を搭載した調査ロボは16日午前7時50分ごろ、格納容器の貫通部から作業用レールの上を進んだが、左側のキャタピラが動かなくなったため、午後3時過ぎに接続ケーブルを切断し、調査ロボをレール上に残したまま、調査を終了した。進んだ距離は2~3メートルほどだった。

 東電によると、放射線量や温度を測定できたと説明。レール上では毎時210シーベルトだった。東電では、圧力容器の真下までは調査ロボを入れられなかったが、線量や鮮明な撮影ができたとして「失敗ではない」としている。


4月1日避難解除案に同意=町民の7割対象―福島・富岡
時事通信 2/17(金) 15:08配信

 東京電力福島第1原発事故で全域に避難指示が出ている福島県富岡町は17日、政府が示していた帰還困難区域を除く4月1日の避難解除案に同意した。

 政府の原子力災害対策本部で今後、正式決定する。

 解除の対象は、町民の約7割に当たる3830世帯9578人が住民登録(2月1日時点)している区域。

 政府は17日、町議会全員協議会で改めて4月解除案を提示。一部の議員から反対意見があったものの、賛成多数で了承した。宮本皓一町長も協議会後、「このまま解除できない状況では、町の再生・文化の継承が途切れてしまうという強い思いがあった」と話し、受け入れを決めた。


志賀原発敷地の事務所出火=放射性物質漏れなし―石川
時事通信 2/17(金) 13:02配信

 17日午前7時15分ごろ、石川県志賀町の北陸電力志賀原発敷地内にある仮設事務所の壁が焦げているのが見つかり、北陸電の消防隊が消火活動に当たった。

 事務所内の一部が焼け、午前8時10分に消し止められた。原発本体に影響はなく、外部への放射性物質の漏れもなかった。けが人はいなかった。

 北陸電によると、仮設事務所内の給水器と周辺の床や壁などが焦げた。給水器の電源コードが溶けており、県警などはコードのショートが原因で出火したとみている。


<志賀原発>敷地内で火災、放射性物質の影響なし
毎日新聞 2/17(金) 11:56配信

 17日午前7時15分ごろ、石川県志賀(しか)町の北陸電力志賀原発敷地内にある協力会社「東京エネシス」2階建てプレハブ事務所から出火し、室内にあった従業員用の冷水給水器や壁、工具のカタログを焼いた。けが人はなかった。志賀原発1、2号機は運転停止中で、外部への放射性物質の影響もなかった。

 県や東京エネシスなどによると、出火場所は事務所1階の一角で、当時は無人だった。通りかかった別の協力会社の従業員が北陸電に通報し、同社の化学消防隊が出動して消火。午前8時10分、駆け付けた地元の消防署員が鎮火を確認した。

 事務所は1号機の原子炉建屋から南西に約300メートル。【中津川甫、道岡美波】


熊本地震で夫婦2人犠牲、立野地区でようやく家屋解体 本震10ヵ月、再建険しく
西日本新聞 2/17(金) 11:17配信

153
解体現場を横目に犠牲者への献花に向かう住民=16日午前8時59分、南阿蘇村

 熊本地震の土砂崩れで夫婦2人が犠牲になった熊本県南阿蘇村立野の新所集落で、家屋の解体がようやく始まった。九州電力の貯水槽崩壊被害を受け、補償に関する調査のため解体ができなかった。立野地区は全357世帯(877人)が被災者生活再建支援法に基づく長期避難世帯に認定されており、住民は村外の仮設住宅やみなし仮設に散り散りに暮らす。本震から10カ月を迎えた16日、現場に花を手向ける住民たちの姿があった。

 山沿いの新所集落では、本震で九電黒川第1発電所の貯水槽が壊れて大量の水が流出し、9世帯が被害を受けた。犠牲者に黙とうをささげた江藤俊雄さん(67)は、15日に解体が始まった自宅を眺め、がれきの中からアルバムなどを取り出した。同集落の山内博史区長(63)は12日、土砂で壊れた自宅前で家族と写真を撮った。「悔しさでいっぱいだけど、特別な思いが詰まっているから」

 山腹の砂防工事と並行して県や村と住民は集落再生の在り方を模索しているが、既に村外への転出を決めた人もおり集落の将来像を描くのは難しい。山内区長も自宅の再建場所を家族と話し合っている。「心情としては立野が一番だが、状況は人それぞれ違う。いろんな選択肢を考えなければいけない」と話す。

=2017/02/17付 西日本新聞朝刊=


福島第1原発 ロボ調査断念
ホウドウキョク 2/17(金) 10:00配信

福島第1原発2号機の格納容器内部に、溶けた核燃料を調査するロボットを入れたが、原子炉の真下までは進むことができず、途中で断念した。
16日、2号機の格納容器内部にサソリ型ロボットを入れ、レールの上を2メートル進んだ地点で、線量計で放射線量を測定したところ、1時間あたり210シーベルト(Sv)だったという。
この地点は、2月9日に画像の解析で、1時間あたり650シーベルトと推定していたところで、東京電力は今後、詳細な分析を行うとしている。
一方で、ロボットは、溶けた核燃料がある原子炉の真下に行く手前で、レールの上にある堆積物がキャタピラに入り込むなどして前に進めなくなり、調査を途中で断念し、レールの端に放置した。


福島2号機、210シーベルト測定 ロボ投入、途中で進めず 調査失敗
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内にサソリ型の調査用ロボットを投入したが、圧力容器の真下にある鉄製の作業用足場には到達できず、途中で前に進めなくなったと発表した。以前の調査で毎時650シーベルトが推計された場所で線量を測ったところ、毎時210シーベルトが測定された。推計値ではなく実際に計測された値としては、福島第1原発で確認された過去最高の値で、人が近づけば2分程度で死亡するレベル。

 昨年末に始まった2号機の格納容器内調査はいったん終了する。炉心溶融で溶けた燃料デブリの実態把握には至らず、本格調査は失敗した。今後の廃炉作業に遅れが生じるのは必至だが、今回得られた画像などを解析することで新たな情報が得られる可能性もあり、東電は解析を急ぐ。

 東電によると、ロボットは同日午前7時50分ごろ、格納容器の壁の貫通部に開けた穴から投入。圧力容器の真下の足場につながるレールの上を通って足場を目指したが、2~3メートル進んだあたりで左側の走行用ベルトが動かなくなり、前に進めなくなった。東電は「堆積物がはがれて挟まった可能性がある」としている。

 ロボットの温度計で格納容器内の温度を調べたところ、燃料デブリがあるとみられるような高い温度は測定されなかったという。

 ロボットが動けなくなったことで、東電はこれ以上の調査は困難と判断。汚染されたロボットの回収を断念し、同日午後3時7分にロボットをレール上に残したまま作業を終えた。

 東電と政府は今夏にも燃料デブリの取り出し方針を決める予定。東電は「放射線量や温度など貴重な情報は得られた。回収しない選択肢も当初から検討しており、失敗とは考えていない」としている。


溶けた燃料、確認できず 福島原発調査 堆積物、足場の穴、線量…想定以上
産経新聞 2/17(金) 7:55配信

 東京電力福島第1原発2号機の格納容器内調査では、最終目標の溶けた燃料(燃料デブリ)の確認には至らなかった。堆積物の存在や足場の落下、高い放射線量など、想定外の状況が次々と判明したためだ。今回の調査は、廃炉作業の最難関とされる燃料デブリ取り出しの前段階と位置付けられたが、思うような成果が出せず、廃炉作業の多難な前途が改めて浮き彫りとなった。

 「ケーブルを引っ張ったり、バックしたりして何とか進もうとしたが、圧力容器の下に近づくことはできなかった」

 東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は16日の記者会見で悔しげに語った。

 難しい作業は予想されていた。ロボットは2センチ程度の段差は上れる設計だったが、今回のような堆積物の上を走行することは想定していなかった。

 堆積物は電気ケーブルなどが溶けて固まったものとみられ、9日に投入した堆積物除去ロボットも堆積物に乗り上げた際、一時、走行不能になっており、同じ走行性能の調査用ロボットでも途中で動けなくなった。

 圧力容器の真下にある足場の調査も、事前調査の段階で予定していた走行ルート上に複数の穴がみつかり、ルートの見直しを余儀なくされた。

 格納容器内で確認された高い放射線量も作業の障害となった。9日に投入した堆積物除去ロボットは投入から2時間程度でカメラが故障。堆積物の除去作業を中断せざるを得なかった。故障は高い放射線の影響とみられている。

 将来的に燃料デブリに近づけたとしても、毎時千シーベルトを超えるような場所もあるとみられる。廃炉にはこうした高線量の中でも長時間動けるロボットの開発は不可欠で、技術的な課題も明らかになった。


<福島2号機>想定以上の破損
毎日新聞 2/16(木) 23:05配信

152
サソリ型ロボットが撮影した福島第1原発2号機原子炉直下につながる開口部(左上)=東京電力提供

 東京電力福島第1原発2号機で、自走式の「サソリ型ロボット」を使った格納容器内部の調査は目標の原子炉直下まで到達できないまま、16日に終了した。2号機は水素爆発した1、3号機より損傷が比較的少ないと見られていたが、格納容器内部にある格子状の足場に穴が見つかるなど破損状況は想定以上に激しく、廃炉作業の難しさを改めて示した。

 「堆積(たいせき)物の情報などを収集できた世界初の調査で、失敗ではない」。東電の岡村祐一原子力・立地本部長代理は記者会見で強調した。サソリ型のカメラは格納容器内の配管などの状況もとらえており、今後の映像処理によってはより鮮明な画像を得られる可能性がある。

 しかしサソリ型は、レール上を2メートル余り進んだ地点で走行用ベルトが動かなくなり、溶融燃料の状況を確認することはできなかった。東電は今年夏にも、1~3号機の溶融燃料の取り出し方針を決定し、廃炉作業を本格化させる方針。今回の調査は「基礎データ」になるはずだったが2号機内部の全体像は不明のままで、調査の出直しを求められることは確実になった。

 次回調査の予定は決まっておらず、新たなロボット開発から始めなければならない可能性もある。東電は1号機については来月、別のロボットを投入する予定。3号機は格納容器の底の汚染水が多く、水中で動くロボットの開発を進めている。【柳楽未来、岡田英】


<福島2号機>原子炉直下、到達せず…ロボ調査断念
毎日新聞 2/16(木) 23:04配信

 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内部の調査のため、自走式のサソリ型ロボットを投入したが、目標だった原子炉圧力容器真下まで到達できず続行を断念した。東電は今後の調査方法を検討する。

 東電は同日午前7時50分に、格納容器の貫通口からロボットを投入。既存のレール(長さ7.2メートル)を経由し、圧力容器真下の作業用足場(直径5メートル)で調査する計画だったが、左側の走行用ベルトが動かなくなり、同午後3時過ぎにロボットの接続ケーブルを切断して調査を打ち切った。走行距離は2メートル余りだった。

 レール上には、焼け焦げたケーブルのカバーなどの堆積(たいせき)物がこびりついており、ロボットの走行の支障になったとみられる。ロボットのカメラは積算1000シーベルトまで耐えられる設計。線量計や温度計なども搭載し、レール上で最大毎時210シーベルト、16.5度を計測した。

 2号機では、パイプに取り付けたカメラなどでの調査の結果、内部の線量は最大毎時650シーベルト(推定)あり、作業用足場には溶融燃料とみられる堆積物や、穴などの損傷が見つかった。【柳楽未来】


震災復興談合で課徴金6億円
ホウドウキョク 2/16(木) 22:45配信

5社に6億円の課徴金納付命令。
公正取引委員会は、東日本大震災で被災した鉄骨製の農業用ハウス建設工事の入札をめぐり、井関農機など5社が、2012年から2015年にかけて、19件の談合を繰り返していたとして、総額5億9,253億円の課徴金を納付するよう命じた。
また、これらの19件を含む30件足らずが違反行為に当たるとして、あわせて6社に対し、再発防止を求める排除措置命令を出した。
このほか、みやぎ農業振興公社が、入札前に工事の予定価格の基になる積算金額などを漏らすことがあったとして、適切な措置を講じるよう申し入れた。


<復興事業>ハウス談合5社に6億円の課徴金…公取委
毎日新聞 2/16(木) 20:58配信

 東日本大震災の復興事業として宮城県の自治体などが発注した農業用ハウスの建設工事で談合したとして、公正取引委員会は16日、独占禁止法違反(不当な取引制限)容疑で、井関農機(松山市)など5社に総額約6億円の課徴金納付命令を出した。

 他の4社は、大仙(愛知県豊橋市)▽イノチオアグリ(同)▽サンキンB&G(大阪市)▽渡辺パイプ(東京都)。公取委は三菱マヒンドラ農機(松江市)とヤンマーグリーンシステム(大阪市)を加えた7社が談合に関わっていたと認定。公取委の調査前に違反を自主申告したヤンマーグリーンシステムを除く6社に排除措置命令を出した。三菱マヒンドラ農機は課徴金の算定期間(3年)に受注実績がなかった。

 公取委によると、7社は宮城県山元町や石巻市などが発注した大型ハウスの建設工事の入札で、2012年8月ごろから公取委が立ち入り検査した15年10月まで、30件近くで受注調整を繰り返していた。契約金額で計約200億円の談合が成立し、一部に国の復興交付金が充てられていたという。

 また公取委は、同県亘理町などが入札業務を委託した「みやぎ農業振興公社」(仙台市)が入札前に業者に積算価格などを漏らし談合を助長していたとして、公社に再発防止を申し入れた。【高木香奈】


緊急時対策所を調査=柏崎耐震性「東電に説明責任」―規制委
時事通信 2/16(木) 18:40配信

 原子力規制委員会は16日、東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で設備や機器の現地調査を行った。

 審査中の6、7号機で事故が起きた場合の対応拠点として、5号機原子炉建屋内に設置予定の「緊急時対策所」を中心に視察した。

 緊急時対策所は3号機に設置する予定だったが、東電は地震による液状化現象で防潮堤が損傷する恐れがあるとして、5号機に変更していた。原子力規制庁の職員ら24人は3班に分かれ、対策所の構造や緊急時対応で使用する通路を確認した。

 同原発では他に、事故対応拠点として免震重要棟の使用が検討されているが、東電は耐震性について規制委に誤った説明をしていた。

 現地調査の後、取材に応じた規制委の更田豊志委員長代理は審査への影響について明言を避けたが、「信用に関わる問題として、東電には説明責任がある」と指摘した。東電の姉川尚史常務は「事実関係を踏まえた上で、対策を取るよう努力している」と話した。


圧力容器内装置にひび=島根原発2号機―中国電
時事通信 2/16(木) 18:35配信

 中国電力は16日、停止中の島根原発2号機(松江市)の原子炉圧力容器内の装置の溶接部で、長さ約55センチのひび割れが見つかったと発表した。

 周辺環境への影響はないという。

 中国電によると、2号機の建設時、この装置に作業用の穴を開け、1989年2月の運転開始前にカバーでふさいだが、その溶接部がひび割れていた。放射能を帯びた水が圧力容器の外に漏れる可能性はないという。


「熊本地震の影響なし」=川内原発、専門委が意見書
時事通信 2/16(木) 18:25配信

 九州電力川内原発(鹿児島県薩摩川内市)の安全性などを議論する県の専門委員会(座長・宮町宏樹鹿児島大大学院教授)は16日、同原発1号機について、熊本地震による影響はなかったとする意見書を三反園訓知事に提出した。

 意見書では、熊本地震後に知事の要請で九電が実施した特別点検や、通常の定期検査について、特段の問題はなかったと結論付けた。


福島第1原発事故 2号機に調査ロボ 圧力容器真下には到達できず終了
産経新聞 2/16(木) 16:58配信

 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内にサソリ型の調査用ロボットを投入したが、当初の目標であった圧力容器の真下にある鉄製の作業用足場には到達できず、足場の入り口付近で先に進めなくなったと発表した。ただ、格納容器内では7時間以上にわたり調査を行っており今後、新たな情報が得られる可能性もある。

 調査用ロボットによる調査を終えたことで、昨年末に始まった2号機の格納容器内調査はいったん終了する。ロボットには、サソリの尾のような動きをして前後と上下が撮影できるカメラのほか、線量計や温度計も設置されており、溶融した燃料(燃料デブリ)の可能性のある堆積物の詳細な状況や、これまでに毎時650シーベルトという高い放射線量が推計される場所での実際の放射線量なども明らかになる見通し。

 ロボットは同日午前7時50分ごろ、格納容器の壁の貫通部に開けた穴から投入。圧力容器の真下の足場につながるレールの上を通って足場に乗り移ろうとしたが、入り口付近で先に進めなくなったという。ロボットの動きが徐々に悪くなったため、同日午後3時7分にロボットをレール上に残したまま、ロボットにつながるケーブルを切断し作業を終了した。

 2号機の格納容器内調査では、これまでに事前調査として挿入したカメラ付きのパイプや堆積物除去用ロボットで内部の撮影に成功。その結果、作業用足場では燃料デブリが落下してできたとみられる1メートル四方の穴など、計3カ所の脱落箇所が見つかったほか、広範囲に堆積物が付着している様子が確認できている。

 東電と政府は今夏にも燃料デブリの取り出し方針を決める予定で、東電は「一連の調査でかなり有意義な情報が得られた」としている。


2号機の圧力容器下に到達せず=調査ロボ、210シーベルト測定―福島第1
時事通信 2/16(木) 16:42配信

151
東京電力は16日、福島第1原発2号機に調査用ロボットを投入したが、目標としていた原子炉中心の圧力容器下部にある作業用足場には到達できなかったと発表した。写真は調査を断念した「サソリ」ロボット=東電提供

 東京電力は16日、炉心溶融(メルトダウン)を起こした福島第1原発2号機に自走式の調査用ロボットを投入したが、目標としていた原子炉中心の圧力容器下部にある作業用足場には到達できなかったと発表した。

 圧力容器を収めた格納容器の貫通部からロボットを進入させ、部品交換用のレールを走行して内部を撮影したが、動きが悪くなったため、レール上に残したまま作業を終了した。

 圧力容器下部は1月下旬の調査で堆積物が見つかり、溶け落ちた核燃料(デブリ)の可能性が指摘されていた。ロボットで放射線量や温度を測定し、デブリかどうか特定できるかが焦点だった。目的の足場に到達できず、特定は困難になった。

 東電によると、「サソリ」と呼ばれる調査ロボットは照明とカメラのほか、線量計と温度計を搭載。格納容器に投入後、足場の入り口手前約3メートルで毎時約210シーベルトの放射線量を測定した。人間が浴びると2分で死亡する高線量だった。東電は前回の調査で撮影した画像から、同じ場所の線量を過去最高の同650シーベルトと推定していた。

 この場所の温度は16.5度で、格納容器内の他の場所と大きな違いはなかった。


<福島原発>自走式のサソリ型ロボット、到着できず
毎日新聞 2/16(木) 16:34配信

 東京電力は16日、福島第1原発2号機の原子炉格納容器内を調査するために投入した自走式のサソリ型ロボットが、目標としていた原子炉直下の作業用足場に到達できなかったと明らかにした。


東日本大震災から6年 震災復興談合 井関農機など5社に6億円課徴金納付命令 公取委
産経新聞 2/16(木) 16:27配信

 東日本大震災で被害を受けた東北地方の自治体などが発注した農業用鉄骨ビニールハウス建設工事の入札をめぐり、談合を繰り返していたとして、公正取引委員会は16日、独占禁止法違反(不当な取引制限)で、東証1部上場で農機大手の井関農機(松山市)など5社に課徴金総額約5億9千万円の納付を命じた。

 ほかに課徴金納付を命じられたのは、大仙(愛知県豊橋市)、イノチオアグリ(同)、サンキンB&G(大阪市)、渡辺パイプ(東京都中央区)。公取委は談合に加わったとして、同社を含めた6社に対し排除措置命令を出した。ヤンマーグリーンシステム(大阪市)は事前に課徴金減免制度(リーニエンシー)を使って自主申告したため課徴金などを免除された。

 公取委によると、井関農機などは、平成23年3月の東日本大震災で発生した津波で甚大な被害を受けた宮城、福島両県の太平洋沿岸部の自治体などが発注した大規模な鉄骨ビニールハウス建設工事の入札をめぐり、受注予定者や落札価格を決めるなどの調整をしていたとしている。

 被災地域の復興を目的に各自治体では国の補助金などを使い、野菜や果物、花などの特産品を栽培する大規模ハウスを建設した。


<新潟避難児童いじめ>不登校と震災の関連を否定 第三者委
毎日新聞 2/16(木) 11:38配信

 ◇担任が「菌」と呼んだことが原因

 福島県から避難している新潟市立小4年の男子児童が担任と同級生から名前に「菌」を付けて呼ばれた問題で、有識者による第三者委員会「市いじめ防止対策等専門委員会」は15日、3回目の会合を開き、避難といじめとの間に「直接的な因果関係はない」との結論をまとめた。不登校の原因については「担任が『菌』を付けて呼んだこと」とした。

 横山知行委員長は会合後、記者団に対し、同級生への聞き取り調査の結果、多くが避難者だったことを知らなかったとして「避難といじめを受けていることとの直接的な因果関係は認められなかった」と述べた。

 ただ、担任の発言については「児童が深く傷ついた事実はある。児童の気持ちを考えれば、(東日本大)震災が全く関係ないとは言えないのではないか」と強調した。

 第三者委は、調査結果に加え、いじめの早期発見に向けた体制強化などをまとめ、2月末にも市教育長に提言する。【柳沢亮】


<いじめ調査>震災避難児童ら偏見に不安とおびえ 埼玉
毎日新聞 2/16(木) 11:06配信

 東日本大震災で埼玉県内に避難している児童や生徒を対象とした「いじめ調査」の結果が15日、公表された。「震災に関するいじめを受けた」と答えた2人の他にも、複数が「福島県出身と知られると、いじめられるのではないか」といった不安を口にしており、偏見におびえる子供たちの姿が浮かんだ。【奥山はるな】

 震災に関するいじめは、横浜市に避難している中学1年の男子生徒が同級生に「(原発事故の)賠償金をもらっているだろう」などと言われ、現金を巻き上げられる事案が昨年11月に発覚。文部科学省が全国に同様のいじめがないか確認するよう求める通知を出したため、県教委が12月下旬に調査を始めた。

 調査対象は、被災地から県内の公立校(さいたま市を除く)に避難している小学生353人、中学生196人、高校生48人、特別支援学校生13人。本人への個別面談と保護者への聞き取りを行った。

 その結果、「震災に関するいじめを受けた」とした2人の他に、2人が「震災に関連のないいじめを受けた」と回答。悩みや不安の有無を尋ねると、37人が「ある」と答えた。

 福島県いわき市から川越市に自主避難している鈴木直子さん(43)は2人の娘がおり、調査対象となった。担任から電話を受け「幸い娘たちは環境に恵まれ、学校になじんでいる」と答えたが、東京都に避難する知人から「子供が階段から突き落とされた」と聞いたことがあるといい、「いじめを受けたのが4人という数字は少ないと感じる。仕返しを恐れて言い出せない子や、いじめがトラウマで思い出したくない子がもっといるのではないか」と案じた。

 関根郁夫教育長も15日の定例記者会見で「この結果が全てとはとらえていない」と分析。「(避難している)子供の苦しみ、悲しみに寄り添える教員でありたい」と話した。


熊本地震で被害大きな地域…夜泣きやおびえなど幼児の異変2倍
読売新聞(ヨミドクター) 2/16(木) 10:28配信

 熊本県は15日、熊本地震の幼児への影響を調べたアンケートの結果を発表した。被害の大きかった地域では1歳半児で約3割、3歳児で約5割が夜泣きなど異変があったとし、他の地域の約2倍に上った。

 熊本市などを除く20市町村で6~12月、幼児健診(1歳半、3歳対象)に訪れた保護者4767人に夜泣きやおびえなど心身の異変を複数回答で聞いた。

 発表によると、被害の大きかった益城町や南阿蘇村など14市町村では1歳半児の31%、3歳児の51%が「夜泣きが増えた」「必要以上におびえる」など、いずれかの項目に該当すると回答した。他の6市町村では1歳半児が15%、3歳児が28%だった。


いじめ調査依頼、専用窓口設置へ…横浜市教委
読売新聞 2/16(木) 8:03配信

 2011年の東京電力福島第一原発事故後に福島県から避難した中学1年の男子生徒(13)が、転校先の横浜市立小学校でいじめを受けた問題で、市教育委員会は15日、いじめを受けた子供らからの調査依頼を直接受け付ける専用窓口を新年度にも設置する方針を決めた。

 同日まとめた再発防止策の中間報告に盛り込んだ。

 今回のいじめでは、生徒が「賠償金もらっているだろう」などと言われて、遊興費を支払わされた。保護者が学校に相談したが十分な協議はされず、市教委の対応も遅れたため、第三者委員会による調査まで約1年半かかった。

 市教委に置く専用窓口は、いじめを受けた子供や保護者のほか、いじめを知った同級生ら学校関係者からも電話やメールなどを受け付ける。


調査ロボきょう投入 福島2号機格納容器内 東電が新たな画像公開
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

150
福島2号機格納容器内(東京電力提供)(写真:産経新聞)

 東京電力は15日、福島第1原発2号機の格納容器内調査のため、16日に調査用ロボットを投入すると発表した。また、ロボットを投入する圧力容器真下の空間の新たな画像を公開した。

 画像はこれまで撮影したものに画像処理を加えたもの。ロボットが通る足場には3つの穴が確認でき「限られた範囲の調査になる」としている。格納容器内では、溶融した燃料(燃料デブリ)とみられる堆積物や、毎時650シーベルトと推計される場所などが見つかっており、線量計や温度計の付いたロボットを投入することで、新たな情報の獲得を目指す。

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・4

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事
2番目の記事
3番目の記事

リンク:マレーシア、金正男氏の遺体を北朝鮮に引き渡す可能性=副首相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:偵察総局主導か、元工作員「スプレーは新手法」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害発表受け止める=菅長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏“暗殺”美女工作員「恐怖の手口」 ペン型の毒針、弾丸装填できる懐中電灯型… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏“暗殺”に「北偵察総局」関与浮上 次のターゲットに息子の名前も… - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「相手の警戒心緩む」…過去にも女工作員が暗躍 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮も金正男氏の殺害を確認=マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の遺体引き渡しへ=「請負殺人」見方も―マレーシア国籍男も逮捕・暗殺事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:急死した金正男氏の司法解剖が終了=マレーシア当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 犯行関与の女の長袖シャツ「LOL」の文字は「爆笑」の俗語 ネット上で「全く笑える事態じゃない」など話題に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害、マレーシア警察が2人目の女を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で2人目の容疑者逮捕、インドネシアの旅券所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>2人目の女を逮捕 インドネシア旅券を所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 マレーシア警察、2人目の容疑者を逮捕 「インドネシア出身」の女 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:暗殺工作部隊「ボタンの花小隊」投入か…韓国紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正恩氏、故総書記を参拝=生誕75周年で―北朝鮮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:2人目の女逮捕=インドネシア旅券所持―金正男氏暗殺事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正恩氏、故総書記を参拝=生誕75周年で―北朝鮮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>2人目の女を拘束 マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>「口元に泡、典型的な毒殺」韓国政府当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国と関係「邪魔」?「亡命する」脅迫していた可能性も 金正男氏殺害なぜ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、正男氏の妻と息子の情報「把握していない」 メディアは不快感 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:最近は東南アジアを転々と/金正男氏の横顔と足取り - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏担ぎ3万人脱北者の亡命政府警戒/辺編集長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金賢姫氏は自殺図る/大韓航空機爆破事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北の粛清、次の標的は正男Jr.か 家族も暗殺危機 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 遺体の扱いめぐり摩擦 北「引き渡せ」、現地警察「捜査に必要」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシアで女を逮捕、ベトナムの旅券保持 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:派手な女性関係、国民の窮状には涙…正男氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮がマレーシアと持つ「深い関係」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:なぜマレーシアで…正男氏、警護なしで行動 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正恩氏「暗い表情」 父・正日氏生誕記念の中央報告大会 韓国報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日米韓きょう外相会談 対北連携、正男氏暗殺議題か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

マレーシア、金正男氏の遺体を北朝鮮に引き渡す可能性=副首相
ロイター 2/16(木) 17:52配信

[クアラルンプール 16日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害された事件に関連し、マレーシアのザヒド副首相は16日、全ての手続きが終了した後、金正男氏の遺体を北朝鮮の大使館を通じて近親者に引き渡す可能性があると語った。

金正男氏は13日、クアラルンプール国際空港で殺害された。


偵察総局主導か、元工作員「スプレーは新手法」
読売新聞 2/16(木) 17:24配信

 【ソウル=井上宗典】暗殺行為は北朝鮮の対外工作機関「偵察総局」が主導しているとみられ、今回の金正男氏の殺害を巡っても、韓国の情報機関・国家情報院は偵察総局の犯行と分析している。

 北朝鮮は国外でも女性工作員を養成して、暗殺方法や護身術などを教えているとされる。

 今回の事件では、マレーシア警察が15日に逮捕したドアン・ティ・フオン容疑者はベトナム旅券を所持していた。北朝鮮研究機関「コリア先進化連帯」(韓国)の金光仁(キムグァンイン)所長は「実行犯がベトナム人であれば、利用されただけで、捜査が北朝鮮に及ばないようにする狙いだ」と分析する。

 元工作員の男性脱北者は「北朝鮮の工作員が偽造旅券を使い、ベトナム人になりすましていた可能性もある」と指摘。犯行にはスプレーで毒物を噴射したとの情報もあるが、男性は「これまでは毒針が主流だったが、スプレーは新しい手法だ」と述べた。


正男氏殺害発表受け止める=菅長官
時事通信 2/16(木) 17:10配信

 菅義偉官房長官は16日午後の記者会見で、マレーシア政府が殺害された男性を金正男氏と確認したことについて、「発表をそのまま受け止めている」と述べた。

 殺害方法などに関しては「マレーシア当局において捜査が進行中であり、犯人の特定も含めて事案の詳細は公式な発表がなされていない」と語った。


正男氏“暗殺”美女工作員「恐怖の手口」 ペン型の毒針、弾丸装填できる懐中電灯型…
夕刊フジ 2/16(木) 16:56配信

 金正男氏の殺害手口をめぐっては情報が錯綜しているが、北朝鮮の工作員は対象者を殺すため、スパイ映画顔負けの「暗殺兵器」を用いていたことが分かっている。

 マレーシアの地元紙の報道によると、正男氏はクアラルンプール国際空港から出国する直前、空港スタッフに「何者かに後ろからつかまれて、顔に液体をかけられた」と助けを求めた。頭痛がするとして、空港の診療所に運ばれ、その後死亡したという。

 このほか「毒を含んだ布をかぶせられた」「マッサージをすると近づいた女に毒針を打たれた」といった報道もある。

 北朝鮮の工作員については過去にも、対象者の暗殺に用いるため、毒針を備えたペン型の「道具」などの存在が報道されたことがある。

 2012年11月の米CNNの報道では、前年に北朝鮮の工作員がソウル市内の路上で実行したものの、失敗に終わった暗殺計画にからみ、CNN記者が、「捜査当局者」から3種類の暗殺用の道具を見せられた。

 ペン型の毒針は、一見したところ「欧米の高級ブランド製」のボールペンのような外観で、ペン先に毒針が仕掛けられている。刺されると「筋肉がまひして窒息し、短時間で死に至る」という。

 このほかにも、先端から毒が入った弾丸を発射できるペン型の道具のほか、3発の弾丸を装填(そうてん)できる懐中電灯型の存在が明らかになった。捜査当局者が、弾丸を発射する道具を試射したところ、「非常に正確だった」という。


金正男氏“暗殺”に「北偵察総局」関与浮上 次のターゲットに息子の名前も…
夕刊フジ 2/16(木) 16:56配信

 マレーシアで13日に殺害された金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏を殺害したのは2人組の女とされるが、北朝鮮の工作機関「偵察総局」が犯行に関与したとの見方が浮上している。北朝鮮は過去にも脱北した親族や幹部らを暗殺したり、暗殺を企てており、次のターゲットとして、正男氏の息子の名前も浮上している。

 「金正男の殺害には、北朝鮮の偵察総局が直接関与したとみられる」。韓国の聯合ニュースは15日、そう伝えた。

 偵察総局は2009年、朝鮮労働党の工作機関である35号室と作戦部、人民武力省傘下の偵察局を統廃合して発足した。10年には、脱北者を装って韓国に潜入した工作員が、黄長ヨプ(ファン・ジャンヨプ)元労働党書記の暗殺を計画したとして韓国当局に逮捕されたが、偵察総局の局長の指示を受けていたことが判明している。

 北朝鮮工作員の魔の手が金一族の親族に及んだケースもあった。1997年、韓国に亡命して北朝鮮を批判していた金正日(キム・ジョンイル)総書記の甥、李韓永(イ・ハニョン)氏が、正日氏の指示を受けた工作員によって射殺された。

 今回殺害された正男氏についても、過去に暗殺計画の存在が指摘されていた。2009年、正恩氏側によって正男氏と親しい人物らが排除された。正男氏暗殺計画も出たが、中国側が「手を出すな」と牽制(けんせい)したとされている。

 正男氏の後ろ盾になっていたのは、13年12月に粛清された、おじの張成沢(チャン・ソンテク)氏とされ、張氏は中国との関係が深かった。そのため、正恩氏は中国政府と正男氏の関係に神経をとがらせていたという。

 北朝鮮に詳しい東京基督教大の西岡力教授が解説する。「数年前に北朝鮮内部から聞いた話では、中国が金正男氏を使って、金正恩政権を交代させようとしているという計画を持っていると正恩氏が疑っていたという。そういう計画があるのかどうか、国家安全保衛部に調べさせるなど、かなり正恩氏は神経を使っていたわけで、正男氏自身はそれほど権力を持っていないが、中国との関係で警戒していた」

 今回、正男氏殺害を指示したのが正恩氏として、殺害の手はほかの親族らに伸びるのか。韓国紙、朝鮮日報(日本語版)は14日、「正男氏の息子のキム・ハンソル氏らの身にも危険が及ぶ可能性があるとの見方が出ている」と報じた。

 西岡氏は「親族はほぼこれで整理されたといえるが、側近はさらに粛清される可能性はあるだろう。だから、以前から幹部たちは正恩氏の側近になりたがらず、外貨稼ぎの分野に行きたがっているといわれている」と指摘する。

 正恩氏の狂気がさらに惨事を招くことになるかもしれない。


「相手の警戒心緩む」…過去にも女工作員が暗躍
読売新聞 2/16(木) 16:48配信

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害された事件では、暗殺に関与したとして逮捕されたベトナム旅券を所持する女のほか、16日には別の女も逮捕されたことが明らかになった。

 最初に逮捕された女は「殺意はなかった」と供述していると報じられているが、北朝鮮が関与した過去の事件でも女工作員が暗躍しているケースは多い。

 マレーシア警察に逮捕された女のドアン・ティ・フオン容疑者(28)は、新たに逮捕された女とともに行動し、2人のうち1人が正男氏の顔に毒物を噴射し、もう1人がハンカチで口をおさえたとされる。

 北朝鮮情勢に詳しい関西大の李英和(リヨンファ)教授は「女工作員は、相手の警戒心を緩ませることができるため、よく使われる」とした上で、「夫婦や親子を装うことで相手の警戒心が緩み、殺害が実行しやすくなる。毒物を使えば力で劣る女性でも確実に実行できる」と話した。


北朝鮮も金正男氏の殺害を確認=マレーシア
時事通信 2/16(木) 16:21配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア英字紙スター(電子版)によると、同国のザヒド副首相は16日、北朝鮮の現地大使館とマレーシア警察が、殺害された男性が金正男氏であると確認したと明らかにした。


金正男氏の遺体引き渡しへ=「請負殺人」見方も―マレーシア国籍男も逮捕・暗殺事件
時事通信 2/16(木) 15:35配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで暗殺された事件で、同国のザヒド副首相兼内相は16日、記者会見を開き、金正男氏の遺体を北朝鮮大使館を通じて近親者に引き渡すと明らかにした。

 ザヒド氏はまた、北朝鮮の大使館とマレーシア警察が、クアラルンプール国際空港で殺害された男性が金正男氏であると確認したと説明した。

 一方、マレーシアの中国語紙・東方日報(電子版)は同日、マレーシア警察が、既に逮捕された女2人と逃走中の男4人は、何らかの組織から殺害を請け負った可能性があるとみて調べている、と伝えた。警察が、暗殺を画策した背後の組織も把握しているとの情報もあるという。

 マレーシア警察は16日、マレーシア国籍のムハマド・ファリド・ビン・ジャラルディン容疑者(26)を15日に逮捕したと新たに発表した。事件では女2人が実行犯とされ、警察は15日にベトナムの旅券を持つドアン・ティ・フォン容疑者(28)を、16日にインドネシアの旅券を持つシティ・アイシャ容疑者(25)をそれぞれ逮捕。ジャラルディン容疑者はアイシャ容疑者のボーイフレンドだという。

 女2人は男4人と行動を共にしたが、逮捕されたマレーシア国籍の男が4人に含まれているかどうかは不明。東方日報は、6人は情報・工作機関に所属しておらず、指示を受けて行動を起こした可能性がある、という警察情報を報じた。

 これに対し、マレーシアの主要英字紙ニュー・ストレーツ・タイムズ(電子版)は、5秒で殺害した手口などからして「外国工作員の仕業」との見方を指摘。警察が北朝鮮の対外情報・工作機関、朝鮮人民軍偵察総局に所属する男(40)の行方を追っていると伝えるなど、情報は錯綜(さくそう)している。


急死した金正男氏の司法解剖が終了=マレーシア当局
BBC News 2/16(木) 13:56配信

マレーシアのクアラルンプール国際空港で北朝鮮の金正恩・朝鮮労働党書記長の異母兄、金正男氏が殺害された事件で、空港のあるスランゴール州の警察は15日夜、金氏の司法解剖が終了したと明らかにした。

金正男氏は13日に飛行機への搭乗を待っていた際に、毒殺されたとみられている。警察によると、逮捕された女性容疑者が16日に出廷する予定。さらに別の女性容疑者も逮捕されたという。

金氏の殺害をめぐっては、北朝鮮が関与しているとの推測が出ているが、確認はされていない。

<関連記事>

・【寄稿】 王朝の息子が死去 金正男氏はなぜ殺害されたのか 

マレーシア政府は依然として、「キム・チョル」の名前が書かれた旅券を所持していた死亡男性が金正男氏だと正式には確認していないが、韓国政府は金正男氏であることは確実だと表明している。

北朝鮮では16日、金正男氏や金正恩書記長の父親である故金正日総書記の生誕75周年の祝賀行事が行われた。

韓国・聯合ニュースによると、北朝鮮の国営メディアは15日に金書記長が党の会合に出席した際の姿を放映した。会場を出た際、通常は手を振る金書記長は手を振らず、厳しい表情だったという。

北朝鮮からの要請なく

スランゴール州のアブドゥル・サマハ・マット警察本部長はBBCに対し、金正男氏の司法解剖が15日夜に終了したことを明らかにしたが、司法解剖の結果を公表するかどうかは明らかにしなった。

北朝鮮が遺体の引き渡しを求めたと15日に報道されている。しかしサマハ本部長は、北朝鮮の大使館関係者が遺体が置かれた病院を訪れているが、遺体回収の正式な要請は来ていないと語った。

サマハ本部長は、北朝鮮から要請があれば、遺体を引き渡す用意はあると述べた。

容疑者の女性が出廷へ

金正男氏は何らかの薬物を持った2人の女性に襲われたとみられている。

空港の監視カメラには容疑者とみられる女性が写っており、解像度の荒い画像が韓国やマレーシアで報道されている。女性が来ていたTシャツには「LOL」と書かれていた(訳注:英語圏でLOLは「声を上げて笑う=laugh out loud」の略語として使われることが多い)。

ベトナムの旅券を所持していた容疑者は16日に出廷する予定。

映像の女性が逮捕された人物なのかどうかは、分かっていない。警察は依然として「数人」の容疑者を追跡中だという。

(英語記事 Kim Jong-nam: Post-mortem finished on leader's brother)


金正男氏殺害 犯行関与の女の長袖シャツ「LOL」の文字は「爆笑」の俗語 ネット上で「全く笑える事態じゃない」など話題に
産経新聞 2/16(木) 13:41配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアのクアラルンプール国際空港で暗殺された事件で、殺害に関与したとみられる女が着ていたシャツが話題になっている。

 監視カメラに写っていた女は、胸元に「LOL」と大きくプリントされた白い長袖シャツを着ていた。LOLは「Laugh out Loud」の略で「爆笑」を意味するインターネットの俗語。メールなどでは「笑」や「www」のように使われている。

 日本国内のツイッターでは「LOLシャツを作ろうかな」「こういうブラックユーモアはいただけない」「LOLシャツとか本当に実行犯なら全く笑える事態じゃないんだよなあ」などとさまざまな意見が寄せられている。

 聯合ニュース電子版によると、16日の香港英字紙が「北朝鮮の女スパイが着ていたのと同じTシャツ」として中国の通販サイトで6324元(約10万5000円)で販売されたが、ネット上で話題になると、シャツはすぐにサイトから消えたという。(WEB編集チーム)


金正男氏殺害、マレーシア警察が2人目の女を逮捕
AFP=時事 2/16(木) 13:37配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)で殺害された事件で、マレーシア当局は16日、関与が疑われる2人目の女を逮捕した。国営ベルナマ(Bernama)通信が伝えた。

 ベルナマ通信によると、警察幹部が女1人を逮捕したことを明らかにした。この幹部は詳細には触れず、16日中に公式発表があると語ったという。

 金正男氏はクアラルンプール国際空港で13日、マカオ(Macau)行きの便への搭乗を待っていた際に女2人に襲われ、スプレーで顔に毒物を吹きかけられるなどして暗殺されたとされる。マレーシア警察は15日、ベトナムの旅券(パスポート)を所有する女1人を逮捕していた。【翻訳編集】 AFPBB News


金正男氏殺害で2人目の容疑者逮捕、インドネシアの旅券所持
ロイター 2/16(木) 13:12配信

[クアラルンプール 16日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連して、2人目の容疑者とみられる女を逮捕したと、同国の警察当局が16日発表した。

それによると、同容疑者はインドネシアのパスポートを所持していた。

韓国の情報当局は、正男氏がマレーシアで北朝鮮の女性工作員2人によって暗殺されたとみている。正恩氏は正男氏の暗殺を以前から指示していたという。情報当局の説明を受けた議員らが15日、明らかにしていた。死因は毒殺とみられている。

16日朝の時点で、 北朝鮮の国営通信は正男氏の死を伝えていない。

3人のマレーシア政府筋によると、正男氏の司法解剖をやめさせようとする北朝鮮当局者をマレーシア当局ははねつけたという。


<金正男氏殺害>2人目の女を逮捕 インドネシア旅券を所持
毎日新聞 2/16(木) 13:07配信

 ◇マレーシア警察、空港内の監視カメラでも確認

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は16日、事件に関与した疑いで2人目の女を逮捕した。インドネシア旅券を所持しているという。

 警察発表によると、旅券には「1992年2月11日・(ジャワ島西部)セラン生まれ」と記されていた。空港内の監視カメラでも確認されたという。

 一方、16日付の韓国紙、朝鮮日報によると、遺体の写真を見た韓国政府の当局者は「口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象だ」と述べた。

 警察は空港内の監視カメラの映像などから容疑者を追跡し、1人目の女を15日に、2人目の女を16日に逮捕した。地元メディアによると、警察は2人を支援した疑いで男4人の行方を追っている。最初に逮捕された女はミャンマー出身との情報があるが、確認されていない。マレーシア、インドネシア、ミャンマーはいずれも北朝鮮の友好国だ。

 マレーシアの華字紙「東方日報」(電子版)によると、逮捕された女2人は空港から一緒にタクシーで逃走。4人の男と合流して空港近くのホテルにチェックインした。

 このホテルのフロントの男性は、毎日新聞の取材に「報道で男女6人がここに宿泊したと知ったが、自分には分からない」と語った。警察が発表した最初に逮捕された女の名前は宿泊記録にはないと話しており、6人は偽名を使っていた可能性もある。


金正男氏殺害 マレーシア警察、2人目の容疑者を逮捕 「インドネシア出身」の女
産経新聞 2/16(木) 12:59配信

 【クアラルンプール=吉村英輝、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は16日、犯行に関与した2人目の容疑者として、「シティ・アイシャ」と名乗る25歳の女を逮捕した。「インドネシア出身」とされる。

 マレーシア警察は、この事件に女2人、男4人が関与していると見ており、引き続き4人の男の行方を追っている。現場映像から、女2人が殺害の実行に関与したとみられる。

 2人目の容疑者逮捕は現地時間の16日午前2時というが、逮捕当時に他の仲間などは行動を共にしていなかった。逮捕場所や状況は明らかでない。

 現地のベルナマ通信は、15日に逮捕されたベトナム旅券を持つ最初の容疑者を「ドアン・ティ・フォン(29)」と報じた。現地警察はこの女の年齢を28歳としている。

 韓国メディアによると、指紋の照合から死亡した男性は金正男氏と確認された。遺体と対面した韓国大使館員の観察から、「口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象」としている。

 現地警察は、遺体の解剖を15日に終えた。使用された化学薬剤の特定を進めたものとみられる。北朝鮮当局は、遺体の早期返還を要求しているが、警察側はさらなる捜査の必要性などからこの要求を退けており、遺体の扱いをめぐり摩擦が生じている。警察側は、遺体を中国にいる正男氏の遺族に引き渡す意向という。

 北朝鮮当局は、当初遺体の解剖に反対。解剖実施にあたっては、駐マレーシア北朝鮮大使が長時間立ち会うなど、緊張が続いた。


「金正男暗殺」は、20年前の事件とソックリだ
東洋経済オンライン 2/16(木) 12:35配信

 「なぜこの時期なのか」――。北朝鮮の最高指導者である金正恩・労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺されたことをめぐって、多くの疑問点が出されている。そのようななか、事件の発生時期こそが、今回の事件を読み解く重要なカギとの見方が出てきた。それは、1997年2月に発生した故・金正日総書記のいとこである李韓永氏が殺害された事件を想起させるからだ。李氏はソウル首都圏・京畿道城南市のあるマンションで2月15日に殺害された。

 この事件は北朝鮮にとって「特別な日」の前日に発生した。2月15日は金総書記の誕生日である「光明星節」の前日である。そのため、北朝鮮内の各機関が最高指導者への忠誠心を見せる競争を繰り広げたものと多くの専門家が分析していた。「今回の事件も、現体制の基盤固めを目標に、北朝鮮内の各種機関が最高指導者への忠誠心競争を繰り広げ、金委員長へのプレゼントとして行われた」と、ある専門家は分析する。

 李氏は北朝鮮のロイヤルファミリーの実像を暴露した本を出版するなどしたため、“金王朝”の怒りを買った。金正男氏もまた金日成、金正日、金正恩と続く三代世襲を公に批判したことで金委員長の怒りを買っていた。

■金正恩側近による忠誠心競争のため? 

 金正男氏と長期間メールのやりとりを行い、2回の直接インタビューを行って金正男氏に関する本を出版したことがある東京新聞の五味洋治記者も、「金正男氏が金正恩側近による行きすぎた忠誠心競争によって殺された可能性がある」と見る。北朝鮮は毎年、光明星節を前に機関別に忠誠心報告大会を開くなど、金正日・金正恩への忠誠を誓う競争を行ってきた。

 一方で、金正男氏が韓国に亡命しようとするのを阻止するために殺害したのではないかという「亡命阻止説」も出ている。これは、今回の事件を説明する重要な背景の一つだ。韓国の情報機関・国家情報院は否定しているが、金正男氏は亡命させる価値のあるターゲットの一人だった。韓国・統一研究院のチャ・ドヒョン研究員は「政権の頂点にいるファミリーが亡命したとなれば、ファミリーにとって対外的に大恥をかくことになる。一般的なエリートの亡命とは意味が違う。そのため、金正男氏をあわてて除去しようとしたのではないか」と指摘する。

事件発生の背景にいくつかの要因
 これについて、金正男氏の行動を24時間体制で監視してきた北朝鮮は、彼が中国とマレーシアを行き来していることを把握していたようだ。彼の亡命を現地で阻止しようとする関係者が最近、中朝国境を接する北朝鮮の新義州市から中国入りしたという話も聞こえてくる。

 もう一つ、有力な仮説がある。2013年12月に処刑され、かつては北朝鮮のナンバー2と言われた張成沢氏の残存勢力を一掃するために行った、というものだ。金委員長を公に反対する「目の上のたんこぶ」のような金正男氏を除去することは、金政権にとって至急の課題だった。金正男氏が北朝鮮に残っているシンパを動かそうとする動きを把握した金委員長があわてて殺害を指示した、との仮説だ。張成沢氏が金正男氏と親密な関係にあった証拠はいくつかある。

■事件の時期、場所に不透明感漂う

 ほかの仮説も成り立つ。家族とともに北朝鮮に戻るように、との命令を金正男氏が拒否し続けたため殺害したに過ぎない、という可能性もある。ただ、この仮説だと、なぜこの時期なのかという疑問が残る。また、空港という公の場で事件を起こした理由を説明できない。

 金正男氏は2004年にはオーストリアで、2009年には北京で暗殺されそうになったことがある、ともいわれている。2009年に北朝鮮・人民武力相だった金永春が中国を訪問したのも、金正男氏の暗殺未遂を中国当局に謝罪するためだったという話もある。

 ロイター通信は2月15日、ある消息筋の話として「米国政府は北朝鮮の工作員が金正男氏を殺害したと強く信じている」と報じた。韓国の国家情報院も今回の事件を暗殺と見なし、金委員長の「永久の命令」で北朝鮮政権によって行われた可能性を強く指摘した。すなわち、政権基盤が弱い金委員長が金正男氏を体制を揺るがしかねない不安要因と見なし、自らの権力基盤を利用して殺害を指示したというものである。その真相が明らかになる日は、やってくるのだろうか。


暗殺工作部隊「ボタンの花小隊」投入か…韓国紙
読売新聞 2/16(木) 12:15配信

 【ソウル=宮崎健雄】韓国政府関係者は16日、読売新聞に対し、韓国の情報機関・国家情報院が保有していた指紋情報や写真などから、殺害された男性が金正男氏と特定したと明らかにした。

 実行犯が女だったことについて、韓国紙・中央日報は脱北者の話として、「正男氏は、女性に関心が強く親切であることを利用した」との見方を報じた。朝鮮日報も専門家の話として、北朝鮮軍の対外工作機関・偵察総局傘下で、20歳代半ばまでの若い女性で組織された暗殺工作部隊「ボタンの花小隊」が投入された可能性が高いと報じた。


正恩氏、故総書記を参拝=生誕75周年で―北朝鮮
時事通信 2/16(木) 12:15配信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、金正恩朝鮮労働党委員長は、故金正日総書記の生誕75周年に当たる16日、遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問した。

 金正男氏暗殺事件以降、初めて公の場に姿を現した15日に続き、正恩氏の発言は確認されていない。

 一方、韓国国防省関係者は16日、南北軍事境界線付近で行っている拡声器による対北朝鮮宣伝放送を通じ、正男氏暗殺事件を伝えることについて「公式に確認すれば検討する」と述べた。


2人目の女逮捕=インドネシア旅券所持―金正男氏暗殺事件
時事通信 2/16(木) 11:47配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア警察は16日、金正男氏暗殺事件に関連し、実行犯の一人として、2人目の女(25)を逮捕したと発表した。

 インドネシア旅券を持っており、空港の監視カメラに映っていたという。逮捕時は独りだった。

 警察は15日、実行犯とみられる女2人組のうち、ベトナム旅券を持った女(29)を逮捕していた。警察はさらに複数の容疑者がいるとみて行方を追っている。

 一方、AFP通信によると、ベトナム旅券を所持していた女は、16日に裁判所に出廷する予定。


正恩氏、故総書記を参拝=生誕75周年で―北朝鮮
時事通信 2/16(木) 11:34配信

 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、金正恩朝鮮労働党委員長は、故金正日総書記の生誕75周年に当たる16日、遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿を訪問した。

 金正男氏暗殺事件以降、初めて公の場に姿を現した15日に続き、正恩氏の発言は確認されていない。

 一方、韓国国防省関係者は16日、南北軍事境界線付近で行っている拡声器による対北朝鮮宣伝放送を通じ、正男氏暗殺事件を伝えることについて「公式に確認すれば検討する」と述べた。


<金正男氏殺害>2人目の女を拘束 マレーシア警察
毎日新聞 2/16(木) 11:28配信

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は16日、事件に関与した疑いで2人目の女を拘束した。マレーシアのベルナマ通信が伝えた。

 警察は空港内の監視カメラの映像などから女を追跡し、15日に逮捕した時は1人だったとしている。警察は男4人の行方を追っている。地元メディアによると、女はミャンマー出身だとの情報があるが、確認されていない。マレーシアもミャンマーも北朝鮮の友好国だ。


<金正男氏殺害>「口元に泡、典型的な毒殺」韓国政府当局者
毎日新聞 2/16(木) 11:18配信

 ◇逮捕の女の勾留質問 クアラルンプール市内の裁判所で

 【クアラルンプール西脇真一、平野光芳】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察に事件に関与した疑いで逮捕された女の勾留質問が16日、市内の裁判所で行われる。一方、16日付の韓国紙、朝鮮日報によると、遺体の写真を見た韓国政府の当局者は「口元に泡がついており、典型的な毒殺時の現象だ」と述べた。

 警察は空港内の監視カメラの映像などから女を追跡し、15日に逮捕した時は1人だったとしている。警察は男4人の行方を追っている。地元メディアによると、女はミャンマー出身だとの情報があるが、確認されていない。マレーシアもミャンマーも北朝鮮の友好国だ。

 マレーシアの華字紙「東方日報」(電子版)によると、女は空港から別の女と一緒にタクシーで逃走。4人の男と合流して空港近くのホテルにチェックインした。その後、自分以外の5人は外出したままホテルに戻って来なかったため、仕方なく15日に空港へ戻ったところ、逮捕されたという。

 このホテルのフロントの男性は、毎日新聞の取材に「報道で6人がここに宿泊したと知ったが、自分には分からない」と語った。警察が発表した女の名前は宿泊記録にはないと話しており、6人は偽名を使っていた可能性もある。


中国と関係「邪魔」?「亡命する」脅迫していた可能性も 金正男氏殺害なぜ
西日本新聞 2/16(木) 11:09配信

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キムジョンナム)氏が殺害された事件に、北朝鮮の情報機関と金委員長が関与しているとの見方が強まっている。既に政治的な影響力を失っていたとみられる兄を殺害したのはなぜか。韓国内では、厳しい経済制裁に動揺する北朝鮮の国民に身内の粛清を見せつけ体制を固める狙いがあるとの指摘や、中国と関係が深い正男氏が邪魔だったのではないかといった推測が浮上している。

 韓国統一省によると、金委員長は2011年12月に父の故金正日(キムジョンイル)総書記が死去した直後に軍最高司令官に就いて事実上権力を継承。正日氏が故金日成(キムイルソン)主席の死去から完全に権力を継承するのに約4年かかったのに比べると極めて短く、「指導者としての教育や政権継承の基盤が整っていなかった」といわれている。

 北朝鮮で処刑された政権幹部は判明分だけで、12年3人▽13年約30人▽14年約40人▽15年約60人-と年々増加。韓国消息筋は、止まらない粛清について「カリスマ性に乏しい金委員長が政権運営に不安を抱えているためだ」と分析する。

 かつて金委員長と後継者レースを争い、中国とのパイプもある正男氏も「邪魔な存在だった」(北朝鮮専門家)のは間違いない。韓国与党の自由韓国党(旧セヌリ党)幹部は15日、ツイッターに「兄を暗殺しなければならないほど焦っている証拠だ。権力は終末期が最も暴悪になる」と投稿した。

「資金を送らなければ亡命する」と脅迫していた可能性も
 別の見方もある。北朝鮮情勢に詳しい世宗研究所の鄭成長(チョンソンジャン)・統一戦略研究室長によると、正男氏は派手な生活を好み、北朝鮮にたびたび高額な生活費を要求。経済制裁で疲弊する北朝鮮に対し「資金を送らなければ亡命する」と脅迫していた可能性もあり、激怒した金委員長が暗殺を決断したと推測する。鄭氏は「北朝鮮がテロ国家としてさらに国際的に孤立し、政権幹部や国民の不満も高まる恐れがある」と指摘する。

 北朝鮮国営メディアに約20年間勤め、正男氏の母とも面識があるという韓国在住の張海星(チャンヘソン)氏は、16日の故金正日総書記生誕記念日を前に、北朝鮮の工作部隊が「体制への忠誠を示す」ために暗殺を計画したとの見方を明らかにした。

=2017/02/16付 西日本新聞朝刊=


中国、正男氏の妻と息子の情報「把握していない」 メディアは不快感 金正男氏殺害
西日本新聞 2/16(木) 10:43配信

 中国外務省の耿爽副報道局長は15日の記者会見で、北朝鮮の金正男氏殺害事件について「関係報道に留意している。目下、マレーシア側が調べている。事態の推移を注意深く見守っている」と述べた。正男氏の妻と息子が中国の特別行政区・マカオに居住しているとの情報については「把握していない」と確認を避けた。

 一方、中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日付の論評で「マレーシア当局が暗殺を正式に認めれば、国際世論は必ず非難し、中国の世論も唾棄するだろう」と指摘。「暗殺行為はあってはならない。こうした野蛮な古い行為は歴史の博物館に収めるべきだ」と不快感を示した。

 中国当局は、正男氏が中国滞在時、身辺を保護していたとされる。習近平指導部は、度重なる自制要求を無視して核・ミサイル開発を続ける金正恩体制に不満を抱いているとみられ、事件が中朝関係に微妙な影響を与える可能性もある。

=2017/02/16付 西日本新聞朝刊=


最近は東南アジアを転々と/金正男氏の横顔と足取り
日刊スポーツ 2/16(木) 10:10配信

 金正男氏殺害を受け、同氏のファミリーの身辺にも「暗殺」の危険が迫っている。韓国メディアによると、正男氏の長男で、現在マカオに滞在するキム・ハンソル氏(22)が次のターゲットになるとの見方があるという。一方、正男氏殺害を指示したとされる金正恩朝鮮労働党委員長は、もう1人の実兄、金正哲(キム・ジョンチョル)氏も、北朝鮮で「幽閉」。権力を握る自身以外は、兄弟でも容赦しない。正恩氏の残忍さが浮き彫りになった。

 ▼金正男氏の横顔と足取り 正男氏は、金正日氏と成恵琳氏の長男。後継者の1人といわれたこともあったが、01年、偽造パスポートで日本に入国しようとして強制退去となり、後継者レースから脱落。その後は中国の北京やマカオ、最近はシンガポール、マレーシアなどを転々としていたようだ。マレーシアには愛人がいたとの情報や、90年代に赤坂など都内の繁華街での目撃情報もあった。

 北朝鮮ではコンピューターセンター設立を主導し、ITに詳しい。北朝鮮の秘密資金管理に関わったともいわれる。英語、フランス語、ロシア語、中国語を操り、最近は金融の仕事をしていたようだ。張成沢氏から資金提供を受け、マカオでは高級マンションに住み裕福な暮らしぶりだったというが、マカオで約170万円の高級ホテル代を払えなかったとも報じられた。

 一方、正男氏が頻繁に訪れてきたマレーシアには北朝鮮からの直行便もあり、工作員の入国も比較的容易だったとみられる。


金正男氏担ぎ3万人脱北者の亡命政府警戒/辺編集長
日刊スポーツ 2/16(木) 10:10配信

 北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏(45)を殺害したのはミニスカートをはいた若い2人の女であることが15日、マレーシアの警察当局が公開した監視カメラの映像で分かった。マレーシアの警察当局は同日夕、うち1人を拘束したことを明かした。女はベトナムのパスポートを持っているという。警察当局は犯行グループは女2人、男4人で、残る5人の行方を追っている。

<コリア・レポート辺真一編集長の目>

 北朝鮮は工作員による犯行では、警戒されないため必ず女性を使い、単独犯ではなく、夫婦、アベックを装う。女性スキャンダルが多い正男氏だけに今回は女2人になったのだろう。工作員は逃げ切れないときは毒を飲んで自殺する。

 ベトナム人の女という話は不思議ではない。大韓航空機爆破事件の金賢姫も拘束されたとき、最初、中国人を装い、次に日本人を装った。北朝鮮の工作員がフィリピンに渡り、さらにマレーシアに移って、マレーシア人になって起こした事件もある。国籍ロンダリングは常とう手段だ。

 毒針は北の工作員の七つ道具の1つ。万年筆、ボールペンの中に毒針を入れ、ひねって先端を出して衣服ごと刺す。強い毒物で殺傷力がある。

 事件の背景にあるのは、正男氏の韓国亡命の動きではないか。3万人の脱北者で亡命政府をつくり、正男氏を担ぐという動きがあった。警戒した正恩氏は帰国を命じたが、正男氏は断った。いずれ韓国に亡命すると危ないと考えたのだろう。


金賢姫氏は自殺図る/大韓航空機爆破事件
日刊スポーツ 2/16(木) 10:10配信

 北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏(45)を殺害したのはミニスカートをはいた若い2人の女であることが15日、マレーシアの警察当局が公開した監視カメラの映像で分かった。マレーシアの警察当局は同日夕、うち1人を拘束したことを明かした。女はベトナムのパスポートを持っているという。警察当局は犯行グループは女2人、男4人で、残る5人の行方を追っている。

 ◆大韓航空機爆破事件 1987年11月29日、バグダッド発ソウル行きの大韓航空機がインド洋上空で日本人になりすました北朝鮮の工作員によって爆破され、乗客乗員115人全員が死亡した。直前の経由地アブダビで降り、バーレーンの空港でローマ行きに乗り換えようとしていた不審な男女は拘束直前に男がカプセル入り薬物を飲んで自殺。女はたばこに隠された青酸入りアンプルで自殺を図ったが、取り押さえられた。日本人女性蜂谷真由美になりすました女は工作員の金賢姫元死刑囚と判明した。自殺防止のためのマスクをかぶせられ韓国に引き渡された。金賢姫氏は90年に韓国政府の特赦で自由の身となり、韓国国内で生活しているものとみられる。


北の粛清、次の標的は正男Jr.か 家族も暗殺危機
日刊スポーツ 2/16(木) 10:10配信

 金正男氏殺害を受け、同氏のファミリーの身辺にも「暗殺」の危険が迫っている。韓国メディアによると、正男氏の長男で、現在マカオに滞在するキム・ハンソル氏(22)が次のターゲットになるとの見方があるという。一方、正男氏殺害を指示したとされる金正恩朝鮮労働党委員長は、もう1人の実兄、金正哲(キム・ジョンチョル)氏も、北朝鮮で「幽閉」。権力を握る自身以外は、兄弟でも容赦しない。正恩氏の残忍さが浮き彫りになった。

 朝鮮日報など韓国メディアによると、正男氏の毒殺を受けて、正男氏の家族にも暗殺の危機が迫っているという。特に、正男氏の息子で、海外生活が長いハンソル氏が、次の暗殺対象になる可能性が出ている。

 ハンソル氏は平壌で生まれ、マカオに移住。ボスニア・ヘルツェコビナのインターナショナルスクールで学び、オランド大統領ら有力政治家を輩出した、フランスの名門・パリ政治学院に入学。警護付きで通学し、昨年卒業した。

 ボスニア滞在中の12年にはフィンランドのテレビ局の取材に、英語で「祖父(金正日氏)やおじ(正恩氏)には会ったことがない」「北朝鮮の人々の暮らしを楽にしたい」と答えた。

 ハンソル氏は大学卒業後、マカオに戻った。韓国国家情報院によると、現在もマカオにいるというが、今後命の危険にさらされる恐れもある。13年末に張成沢氏が殺害された際も、ハンソル氏は父とともに「暗殺対象」となり、当時生活していたパリの寄宿舎から姿が消えたと伝えられた。

 正男氏には、ハンソル氏の母とは別の夫人と子供もいるとされる。正男氏の妻が、遺体引き取りを申し出たとの情報もある。

 一方、聯合ニュースによると、正恩氏の実兄、正哲氏は現在、北朝鮮で生活しているとされるが、弟に「命乞い」の手紙を書いた上で、平壌のホテルに「幽閉」状態とされる。行動は監視され、動向はすべて正恩氏に報告されている。

 正哲氏も正男氏同様、一時、後継者候補に挙げられたが、父は「性格が弱い」と指摘したとされる。15年には革ジャン姿で恋人とロンドンを訪れ、歌手エリック・クラプトンの公演を楽しむ姿が報じられた。

 おじまで粛清した正恩氏が信頼するのは、妹の金与正氏、異母姉の金雪松氏ら女性だけ。ロイヤルファミリーでも自身の意向に背くと、許さないといわれる。毒殺された正男氏も、かつて世襲批判を口にした。正恩政権発足後、北朝鮮では幹部の粛清が相次ぎ、15年だけで約60人。「恐怖政治」はいつまで続くのか。


金正男氏殺害 遺体の扱いめぐり摩擦 北「引き渡せ」、現地警察「捜査に必要」
産経新聞 2/16(木) 10:01配信

928
強制退去処分を受け、北京行きの全日空機に向かう金正男氏とされる男性=2001年5月4日(早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 【クアラルンプール=吉村英輝】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏(45)がマレーシアで殺害された事件で、マレーシアの警察は16日、死因の特定など捜査を続けた。当局者によると、北朝鮮側は、正男氏の遺体の早期返還を要求。警察側は、さらなる捜査の必要性などからこの要求を退けており、遺体の扱いをめぐり摩擦が生じている。

 警察による遺体の解剖は15日夜に終了した。地元メディアによると、北朝鮮側は遺体の引き渡しを求める一方、同日朝に始まった解剖については「必要ない」と抵抗していた。解剖には駐マレーシア北朝鮮大使も長時間立ち会うなど、緊張が続いたという。

 警察は、解剖結果などについて16日にも公表し、容疑者確保などの捜査状況を説明する方針。遺体の扱いについても、「遺族に引き取ってもらうことになる」としており、北朝鮮の大使館ではなく、北京などに在住している正男氏の家族らに引き渡す姿勢を示しており、曲折が避けられない情勢だ。

 マレーシアは北朝鮮が親密な関係を保っている国の一つ。だが、今回の正男氏殺害事件により、両国関係の悪化も予想される。


マレーシアで女を逮捕、ベトナムの旅券保持 金正男氏殺害
CNN.co.jp 2/16(木) 9:27配信

香港(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が死亡した事件に関連して、マレーシア警察は16日までに、女1人を逮捕したことを明らかにした。

女はベトナムの旅券を持っていて、15日にマレーシアのクアラルンプール国際空港で拘束された。

正男氏は13日に同空港で襲撃され、病院へ運ばれる途中で死亡した。韓国国会情報委員会はこの事件について、アジア系の女2人が正男氏を殺害した疑いがあるとの見方を示していた。

遺体は現在、検視が行われている。

正男氏は襲撃された時、家族のいる中国のマカオへ向かう便に搭乗しようとしていた。1週間ほど前にはマカオの高級ホテルで食事していたと、レストランの従業員が証言している。

在マレーシア北朝鮮大使館はCNNの取材に対し、正男氏の死に関する情報は何も入っていないと説明した。しかし正男氏の遺体が安置されていると思われるクアラルンプール市内の病院の遺体安置所に、北朝鮮の旗の付いた車が入るところが目撃されている。


派手な女性関係、国民の窮状には涙…正男氏
読売新聞 2/16(木) 9:15配信

 【クアラルンプール=吉田健一】中国、マカオ、マレーシアなどに妻や内縁の妻を持つ派手な女性関係。

 ナイトクラブやブランド店にふらりと姿を現し、初対面の記者とも会話を交わす飾り気のない性格――。金正男(キムジョンナム)氏(45)は、父金正日(キムジョンイル)総書記の寵愛(ちょうあい)を受けて育ち、長男でもあることから後継者と目された時もあったが、海外を歩き回る自由な振る舞いが災いし、流転の人生を送った。

 「正男氏で印象的だったのは涙だ。北朝鮮国民が苦しみにあえいでいる現状を嘆き、私の目の前で涙を流した」。2013年にマカオのホテルのバーで正男氏と酒を飲んだ情報当局者はそう回想した。


北朝鮮がマレーシアと持つ「深い関係」
ウォール・ストリート・ジャーナル 2/16(木) 9:12配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が悲惨な最期を遂げた場所、マレーシアに注目が集まっている。米国の同盟国であるマレーシアにはここ数年、北朝鮮の人が多く集まり、北朝鮮政府と米政府の非公式協議の場所に使われるようにもなっていた。

 経済交流が活発で入国規制が比較的緩いことに加え、一時は直行便が就航していたこともあって、マレーシアは米国と友好関係にある他の多くの国に比べて北朝鮮との関係が深い。

 米国、日本や韓国と違い、マレーシアはおおむね北朝鮮とかなり友好な関係にあり、国際社会から孤立した北朝鮮国民が外の世界と交わるチャンスを提供している。

 マレーシアの国民は、査証なしで北朝鮮を訪れることを認められている。北朝鮮はマレーシアからゴムやパーム油その他の資源を輸入、マレーシアは鉄や鉄鋼製品を輸入している。

 2011年には、北朝鮮の高麗航空が平壌とクアラルンプールを結ぶ直行便の運航を始めた。しかし、国連安全保障理事会の新たな制裁を受け、この路線は14年半ばに廃止された。

北朝鮮人コミュニティーは数百人規模

 オランダのレイデン大学で北朝鮮について研究するクリストファー・グリーン氏によると、両国は経済交流も盛んだ。クアラルンプールの北朝鮮人コミュニティーは数百人規模と推計されるという。

 グリーン氏は、マレーシアが他国に比べて「北朝鮮の人にとって自由に行き来しやすいのは確かだ。この状況は数年前から続いている」とし、「ビジネスの場として北朝鮮に人気だ」と述べた。

 昨年8月に国連に提出されたマレーシア政府の報告書によると、同国サラワク州では、北朝鮮人80人が建設・鉱山業界で働いていた。

 また北朝鮮大使館の近くには朝鮮料理店が6軒以上ある。北朝鮮国営のレストランもある。

 そして、金正男氏が何者かの攻撃を受けて殺害されたとされるのがクアラルンプールの空港だ。

 金正男氏は2001年に東京ディズニーランドに行こうとして日本への不法入国を試み、父親の故金正日(キムジョンイル)総書記から不興を買い、金正恩氏が後継者への道を歩むことになった。

 警察によると、金正男氏は空港の第2ターミナルでマカオ行きの便を待っていた時に、女2人に化学物質の液体で攻撃された。警察はベトナムのパスポートを持った女1人を拘束したと15日に発表し、捜査が続いていると述べた。

 マレーシアのような国は米朝の非公式な接触の場所として使われている。昨年10月には、米国の元外交官と北朝鮮政府の当局者が北朝鮮の核・ミサイル計画を巡りクアラルンプールで小規模な密室会合を持った。こうした会合は定期的に行われており、シンガポールや北京、ベルリンその他の場所で行われることもある。

 クアラルンプールの民主主義・経済研究所(IDEAS)のワン・サイフル・ワン・ジャン最高責任者は「この事件が外交に影響するかどうか、この段階では判断しがたい」と述べた。「しかし、マレーシアや中国の政府は外交関係の摩擦に発展することを許さないだろう」という。中国は北朝鮮にとって最も重要な同盟国だ。

 マレーシア政府は事件についてコメントしておらず、全ての質問への対応を警察に任せている。


なぜマレーシアで…正男氏、警護なしで行動
読売新聞 2/16(木) 8:17配信

 【ソウル=宮崎健雄】金正男(キムジョンナム)氏はなぜマレーシアで狙われたのか。

 北朝鮮と国交があり、大使館もある。ビザなしで訪問することができ、工作員を送り込みやすい。韓国紙・朝鮮日報によると、北朝鮮軍の対外工作機関・偵察総局のサイバー部隊の作戦基地もある。

 韓国の情報機関・国家情報院の15日の国会報告によると、北朝鮮は5年前から正男氏暗殺を計画。しかし、正男氏は当時、中国やマカオを拠点にし、中国当局の「保護下」にあった。韓国メディアによると、北朝鮮は2010年にも北京で正男氏暗殺を試みたが、未遂に終わった。

 マレーシア紙「東方日報」(電子版)は、警察幹部の話として、正男氏はマレーシアとシンガポールで、多くの事業に投資をしていたと報じた。クアラルンプールでは高級アパートに住み、ここ2年ほどはマカオも含めた3か所を警護なしで行き来していた。

 北朝鮮は、中国より警備が緩いマレーシアで暗殺の機会をうかがっていた可能性が高い。


正恩氏「暗い表情」 父・正日氏生誕記念の中央報告大会 韓国報道
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮では16日に故金正日(ジョンイル)総書記の生誕75年の記念日を迎える。金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏は、父の誕生日直前に命を奪われた。暗殺指令を出した可能性が取りざたされる金正恩氏は、その冷酷さを内外に見せつけた格好だ。

 1997年2月に韓国で起きた金正男氏の母方のいとこ、李韓永(イ・ハニョン)氏(82年に韓国に亡命)の暗殺や、2013年12月の金兄弟の叔父、張成沢氏の処刑など、過去の一族の血まみれの処断に比べ、正男氏殺害が外部に与えた衝撃は大きい。正男氏が国際的に知られた存在だったためだ。

 記念日前を狙って殺害した計画性も否定できない。「父の誕生日であろうが、兄であれ消すべき者は抹殺する」といった姿勢がうかがえ、正恩氏の残酷さは世界に印象づけられた。

 正男氏は、北朝鮮による「新型弾道ミサイル」の発射に合わせたかのように殺害された。このタイミングの一致も偶然とは言い切れない。2つの事件は国際社会に衝撃を与え、正恩体制にとって対外的な相乗効果をもたらしたからだ。

 金正男氏殺害で「次は誰の番だ」という恐怖感も広がり、韓国では「正男氏の息子のハンソル氏(22)も命を狙われる可能性が高まってきた」(朝鮮日報)との見方も出ている。

 ハンソル氏はフィンランドのテレビで「叔父がどうして独裁者になったのかは知らない」と、正恩氏を「独裁者」と呼んだことがある。正男氏の血を引いており、標的になる可能性も否定できない。

 正男氏は正恩氏とは違い、北朝鮮国内で公式な場に現れたことがなく、内部に影響があるかは不明だ。ただ、韓国軍は16日にも北朝鮮に向け、軍事境界線付近で金正男氏の暗殺を知らせる「対北政治宣伝放送」を行う見通しだ。正恩氏の残忍さが北朝鮮内部に広まるのも時間の問題だ。

 金正日氏の誕生日の16日、北朝鮮は追悼と祝賀のムードに包まれるが、聯合ニュースは15日、平壌で記念の中央報告大会に出席してひな壇に座った正恩氏は「終始、暗く硬い表情だった」と伝えた。


日米韓きょう外相会談 対北連携、正男氏暗殺議題か
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 日米韓3カ国は、ドイツ・ボンで開かれる20カ国・地域(G20)外相会合に合わせ、16日に外相会談を開く方向で調整に入った。北朝鮮による12日の弾道ミサイル発射などへの対応を協議する。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏暗殺に関しても意見交換する可能性がある。

 3カ国外相会談に出席するのは岸田文雄外相と米国のティラーソン国務長官、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相。トランプ米政権発足以降、3カ国が外相会談を開くのは初めてとなる。会談では、日米韓が連携して対北制裁措置の実効性確保を図るとともに、中国に対して北朝鮮に対する圧力を強めるよう働きかける方針を改めて確認する見通し。

 岸田氏は17日にラブロフ露外相と会談する予定で、中国の王毅外相との会談や、日韓外相会談も調整している。

2017年2月15日 (水)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・3

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事
2番目の記事

リンク:中国、金正男氏見捨てた? 護衛チーム機能せず - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 安保・拉致・テロ対策、影響大 北、次は…日本政府警戒 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺、12年から計画…韓国の情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏暗殺の執念「永続的な命令」正恩体制発足から6年越し完遂 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:謎の「LOL」シャツ注目=正男氏暗殺、女が着用 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:スプレーで毒物、ハンカチを口に=逮捕の女「いたずら」と供述―正男氏暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>日本政府が情報収集 偽造パスポート懸念 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害「毒劇物によるテロ」 犯行関与の女1人を逮捕 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で女1人を逮捕 遺体安置の病院には北朝鮮大使館員の姿も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏殺害、関与の女逮捕…マレーシア警察発表 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏 女2人、一瞬で毒殺 スプレー噴射→口に布→10秒後、タクシーで逃亡 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>亡命高官ら萎縮 識者の声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>正恩氏の指示か 識者の声 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>関与の疑いで女逮捕 ベトナム旅券所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 白昼堂々…旅行客に衝撃「えっ、ここで暗殺されたんですか」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 自民・茂木敏充政調会長「時代劇に出てくる忍者みたい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 正男氏はカウンターで助け求めた…旅客行き交う中での凶行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>多くは謎のまま 工作機関などによる暗殺 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア:金正男氏殺害の容疑者の身柄を拘束-ベトナム旅券保持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>南北対話に冷や水 韓国に広がる衝撃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:故金総書記誕生75年祝う=正恩氏、発言せず―北朝鮮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、各地で投資活動=単独行動好む―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の硬化を懸念=金氏殺害で情報分析急ぐ―日本政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>菅官房長官「北朝鮮動向に警戒監視」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:マレーシア当局、金正男氏事件で女1人拘束 外国人数人を捜索 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 中国メディア、不快感示し北に釈明要求 「正恩氏の暗殺」と誤記も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 関与の女逮捕の現地報道 情報錯綜 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「殺さないで」金正男氏、懇願していた 北朝鮮は5年前から暗殺計画 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男 ドラマティックな生い立ち - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国政府、金正男氏殺害を「確実視」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 恐怖に取り付かれ「国内外で八方塞がり」 被害者奪還の動き加速を - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 防犯カメラに女の姿 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:【寄稿】 王朝の息子が死去 金正男氏はなぜ殺害されたのか  - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:逮捕の女、ベトナム旅券所持=逃亡のおとりか、残る数人追う―マレーシア - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

中国、金正男氏見捨てた? 護衛チーム機能せず
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 弟の金正恩氏との後継者争いに敗れた金正男氏が、中国の庇護(ひご)下に入ったのは2000年ごろだ。中国当局から守られながら、北京、マカオと東南アジアを行き来する生活を送っていた。3カ所にはそれぞれ女性と子供がおり、中国政府の息がかかった企業から生活費の一部も提供されていたといわれる。

 中国にとって正男氏は対北朝鮮外交の重要な切り札だった。父親の金正日氏が健在だった時代には“人質”的な側面があり、正恩氏の時代になってからは朝鮮半島での有事や中朝対立に備えるため、「いつでも首をすげ替えられるトップ候補」ともいうべき存在となった。しかし、正男氏を庇護していることは正恩氏の対中不信を募らせ、中朝関係悪化の一因ともなった。

 正男氏は中国国内で行動するときは比較的自由だが、シンガポールやマレーシアなど東南アジアで移動する際には、中国は護衛チームを送り、万全の態勢を敷いてきたといわれる。韓国の情報機関、国家情報院も「正男氏と家族の身辺は中国が保護している」との認識を示してきた。

 しかし、中国当局の護衛チームは今回、なぜ機能しなかったのか。

 マレーシアメディアが掲載した殺害当時の空港内の写真には、警護要員らしき人物は見当たらなかった。中国当局にとって正男氏を守る意味が小さくなり、警備が手薄になったのか。暗殺情報を知りながら、中国が北朝鮮との関係修復のため正男氏を見捨てた可能性さえ否定できない。

 北京で取材した中国の北朝鮮問題専門家に「金正恩氏の訪中実現には2つの障害物を取り除かなければならない」といわれたことがある。一つは北朝鮮が核実験をしばらく実施しないこと、もう一つは正男氏に消えてもらうことだった。

 米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国への配備決定で、昨年から中韓関係が悪化し、中国共産党内で北朝鮮との関係修復を求める声が高まっている。このタイミングで起きた正男氏暗殺は偶然なのか。年内に正恩氏の訪中が実現するか注目したい。(外信部編集委員 矢板明夫)


金正男氏暗殺 安保・拉致・テロ対策、影響大 北、次は…日本政府警戒
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 ■臨時の合同情報会議

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害情報に日本政府も重大な関心を寄せている。15日には警察や外務省など関係省庁の局長級で構成する合同情報会議(議長・杉田和博官房副長官)を首相官邸で臨時開催。北朝鮮国内の情勢や日朝関係に及ぼす影響などの分析に全力を挙げている。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で「関係国と連携しながら情報収集・分析を行っている」と説明。会議の内容については「事柄の性質上、控えたい」とした。また、「現時点ではわが国の安全保障に直接影響があるような特異な事象は確認していない」と述べた。政府関係者も「彼は金正恩政権に全く影響力を持たない人物だ」と述べた。

 一方、外務省幹部は「(正恩氏には)正男氏が担ぎ出されるという警戒心があったのだろうが、担ぎ出す人がいなくなったからクーデターが起こる可能性は低くなったのでは」と指摘。

 防衛省幹部は「異母兄を除いて安心した正恩氏がどういう行動に出るか予測不能だ。直近でも弾道ミサイルを発射しているだけに油断はできない」と警戒する。

 正男氏の死亡を受け、北朝鮮に対する国際社会からの視線が厳しくなるとの見方も広がっている。政府関係者は「とりわけ正男氏を庇護(ひご)していたとされる中国と北朝鮮との関係は悪化するだろう。だが、北朝鮮が経済的に困窮すれば、拉致問題をめぐる日朝交渉に前向きな姿勢に転じる可能性もある」と分析する。

 毒殺という手口にも注目が集まる。政府は2020年の東京五輪・パラリンピックを控えテロ対策を強化しているが、警察幹部は「あまり想定していなかったが、古典的な方法なだけに防ぎにくいのかもしれない」と懸念を募らせる。


正男氏暗殺、12年から計画…韓国の情報機関
読売新聞 2/16(木) 7:24配信

 【ソウル=中島健太郎】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の長男、金正男(キムジョンナム)氏(45)が殺害されたとされる事件で、韓国の情報機関・国家情報院は15日、正男氏の異母弟の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長(34)が最高指導者になった2012年から、正男氏暗殺が計画されていたと国会に報告した。

 報告からは、正恩氏が自身の独裁を脅かすわずかな芽も摘み取ろうとする疑心に満ちた権力欲が浮かび上がる。

 「暗殺は正恩氏の指示や許可なしには不可能だ。工作員は偵察総局に所属している可能性が高い」。北朝鮮消息筋は15日、本紙にこうした見方を示した。

 正男氏は、1995年以降のほとんどを中国・北京やマカオ、シンガポールで暮らしていたとされ、現在の北朝鮮で政治的な影響力は皆無に近い。


正男氏暗殺の執念「永続的な命令」正恩体制発足から6年越し完遂
スポニチアネックス 2/16(木) 7:02配信

 韓国統一省報道官は15日、マレーシアで死亡した北朝鮮人男性について、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄の金正男(キム・ジョンナム)氏(45)で、殺害されたのが「確実視される」と発表した。韓国政府当局は、金正恩体制が発足した5年前から正男氏暗殺は「永続的な命令だった」としている。正男氏を敵対勢力とみなしていた正恩氏は工作員を送り続けていたといい、ついに暗殺に成功したことになる。

 正男氏はクアラルンプール国際空港から家族がいるマカオに出発するため、格安航空会社(LCC)用ターミナルの自動チェックイン機で搭乗手続きをしているところを襲われた。

 午前9時ごろ、背後からミニスカートの女2人が忍び寄り、毒物を浴びせた。女2人は逃走。正男氏は苦しそうな表情で「後ろからつかまれて、顔に液体をかけられた」と空港スタッフに助けを求めた。空港に近いプトラジャヤの病院に救急車で搬送中に死亡したという。

 マレーシア紙「東方日報」はこの日、地元警察が同空港で容疑者とみられる女1人を逮捕したと報じた。女はベトナムのパスポートを持つ28歳で、犯行時に防犯カメラに記録された映像と容姿が一致した。犯行について「1人が顔をハンカチで押さえ、もう1人がスプレーを吹きかけた」と供述しているという。

 犯行後、女2人は空港からタクシーで逃走。ターミナルロビーのカフェで、男4人が犯行を見守っていたとの目撃情報もある。6人は空港近くのホテルで落ち合ったが、15日朝になって女1人が空港に戻ってきた。そこで身柄を確保された。おとりになり、ほか5人を逃がす目的とも考えられる。警察は残る5人の行方を追っている。

 地元紙は、女が、男4人から「悪ふざけをしよう」と持ち掛けられ、別の女と2人で正男氏を襲ったと供述していると報道。警察当局は、女2人について「ある国に雇われた暗殺者」とみて調べを進めている。

 韓国情報機関、国家情報院は「毒劇物によるテロ」が濃厚だと分析。凶器に毒針やスプレーが使われた可能性にも言及した。一方、日本の政府関係者はこの日「(女2人が)既に死亡した可能性があるとの情報がある」と話した。これが事実ならば、暗殺犯が“口封じ”のために別の暗殺犯に殺害されたとも考えられる。逮捕された女は「ベトナムでネットアイドルをやっている」と供述しているといい、6人の素性、生死を含め情報が錯綜(さくそう)している。

 北朝鮮国内では存在すら知られておらず、権力もない正男氏が、なぜ今暗殺されたのか。事件2日前の11日、韓国誌「週刊京郷」が朴槿恵(パク・クネ)大統領と正男氏の知られざる関係を報道。朴氏が財団の事業の平壌開催などを求める手紙を北朝鮮に送る、その仲介役を正男氏が務めていたという内容。正恩氏が正男氏を「南の手先」と、改めて敵視したと考えられる。

 混雑する空港ターミナルで実行された、ハリウッドのスパイ映画のような暗殺劇。16日は、正恩氏の父、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日に当たる。6年越しの暗殺計画を完遂した正恩氏は何を思うのか。


謎の「LOL」シャツ注目=正男氏暗殺、女が着用
時事通信 2/16(木) 5:31配信

 【クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件で、実行犯とみられる女が着用していたシャツが注目を集めている。

 白い丸首の長袖で、胸元には「LOL」の3文字のプリント。女は国籍や素性が謎に包まれており、一部メディアは「LOLの女」と別名で呼び始めた。

 現場のマレーシアのクアラルンプール国際空港で、女の身なりは監視カメラに捉えられていた。色白で肩まで黒髪を伸ばし、白いシャツにスカート姿という地味な格好。シャツのブランドなどは不明だが、LOLは英語圏のインターネットスラングで「爆笑」を意味するため、見る人には強い印象が残るようだ。

 マレーシア紙スター(電子版)によると、中国のインターネット競売サイトには一時、女が着用したものに似たLOLの文字が入ったシャツが出品された。何者かが事件後に模倣して製作したとみられるが、「北朝鮮の女スパイ着用と同じTシャツ」と銘打ち、6324元(約10万5000円)の値が付けられた。


スプレーで毒物、ハンカチを口に=逮捕の女「いたずら」と供述―正男氏暗殺
時事通信 2/16(木) 5:18配信

 【クアラルンプール時事】1人がスプレーで毒物を吹きかけた後、もう1人が口にハンカチを約10秒間押し付けた―。

 北朝鮮の金正男氏暗殺事件で、マレーシアの中国語紙「東方日報」(電子版)は15日、地元警察当局者の話として、女2人が正男氏を殺害した詳細な手口について伝えた。

 同紙によれば、正男氏がクアラルンプール国際空港ターミナルで出国ロビーに入る準備をしていたところ、女2人が突然現れ、毒物を使用。正男氏の口をハンカチでふさぎ、毒物を吸い込んだのを確認すると、すぐに逃走し、空港外に待たせていたタクシーに乗り、行方をくらませた。

 殺害には青酸カリよりも毒性が強い劇薬が用いられたという。警察当局者は毒物の種類については明らかにしなかったが、過去の暗殺事件で使われた例があることを示唆した。

 15日に逮捕された20代の女はベトナムの旅券を持っており、調べに対し、もう1人の女と共にマレーシア旅行に来ていたと供述。同行していた別の4人の男に空港で「乗客にいたずらを仕掛けよう」と言われ、正男氏に毒物を吹きかけ、ハンカチで口をふさぐよう指示されたという。「殺人とは知らなかった」と主張している。

 6人は13日の犯行後、同じホテルにチェックインしたが、後日もう1人の女と男4人は外出し、戻って来なかった。逮捕された女は15日に仲間を捜すため、空港に戻ったところを逮捕された。警察当局は姿を消した男女の行方を追っている。


<金正男氏殺害>日本政府が情報収集 偽造パスポート懸念
毎日新聞 2/16(木) 1:00配信

 マレーシアの空港で北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が毒殺されたとみられる事件で、日本政府は15日、情報収集を本格化させた。マレーシアの警察当局は同日、事件に関与した疑いでベトナムの旅券を持つ女性1人を拘束したことを明らかにしたが北朝鮮の工作員だった場合、第三国の偽造パスポートを使うなどの手口がこれまで確認されており、日本の公安当局などが関連情報の収集を急いでいる。

 1987年に発生した大韓航空機爆破事件では、実行犯の元北朝鮮工作員、金賢姫(キム・ヒョンヒ)元死刑囚らが日本の偽造旅券を使って日本人を装い、事件を起こしていた。共犯の男は拘束時に服毒自殺。金元死刑囚も服毒自殺を図ったが一命を取り留めたとされている。韓国政府は北朝鮮が翌年のソウル五輪妨害を目的に爆破事件を起こしたとしているが、北朝鮮当局は今も関与を否定し続けている。

 マレーシアの警察当局は、正男氏の検視などを行い、死因の特定を進めている。日本の公安当局者は「事件が空港で起きている点を考慮すると、毒針など他に巻き添えを出さない方法を使った可能性が高いと思う。報じられているように顔に何らかの液体がかけられ死亡したとすれば、神経剤などが使われた可能性もある。居合わせ得た空港利用者などに巻き添えを出しかねず、危険な手法だ」と指摘する。


金正男氏殺害「毒劇物によるテロ」 犯行関与の女1人を逮捕
産経新聞 2/16(木) 0:26配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアのクアラルンプール国際空港で死亡した金正男氏(45)について韓国の情報機関、国家情報院は15日、「毒劇物によるテロと強く推定される」とし、北朝鮮工作機関、偵察総局などによる暗殺との見方を示した。一方、マレーシア警察は15日、犯行に関与した疑いでこの日朝、女1人を逮捕したと発表した。

 韓国政府やマレーシア警察などによると、正男氏は13日午前9時ごろ、同国際空港でマカオ行きの便に搭乗するため列に並んでいたところ、女2人に接触されて倒れ、病院で死亡した。警察幹部は地元メディアに、女1人が正男氏の顔に液体をかけ、別の1人が口をふさぐなど役割分担をしていたと指摘した。

 マレーシア警察が逮捕した女はベトナム旅券を保有しており、旅券によると28歳。監視カメラの映像が決め手になったという。女が犯行後、自殺を図ったという情報もある。地元メディアは、警察が実行犯とみられる女2人のほかに、男4人が犯行を手助けした疑いがあるとして、行方を追っていると報じた。

 韓国の国情院は、正恩氏が最高指導者に就いた直後の2012年から正男氏暗殺が「永続的な命令」になっていたと明らかにした。

 聯合ニュースは、正恩氏の帰国命令に応じなかったため、殺害されたとする元北朝鮮高官の見方を伝えた。北朝鮮大使館はマレーシア側に遺体の引き渡しを求めたほか、大使館員が遺体の解剖に最後まで立ち会ったという。


金正男氏殺害で女1人を逮捕 遺体安置の病院には北朝鮮大使館員の姿も
AFP=時事 2/15(水) 23:34配信

【AFP=時事】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)の空港で殺害された事件で、マレーシアの警察当局は15日、容疑者の女1人を逮捕した。

 韓国政府は北朝鮮の工作員の女が毒物を使用した可能性を指摘していた一方、現地の警察当局によると、女はベトナムのパスポートを所持していたという。

 マレーシア警察のハリド・アブ・バカル(Khalid Abu Bakar)長官は、ドアン・ティ・フオン(Doan Thi Huong)容疑者(28)が15日午前、空港で逮捕されたと発表。

 ハリド長官は声明で、フオン容疑者は「空港の監視カメラの映像から確実に特定されており、逮捕時には一人だった」と述べている。

 マレーシアのメディアが伝えた、工作員の一人を捉えたとされる監視カメラの画像には、「LOL」と書かれた白いトップスを着たアジア系と思われる女性が映っていた。

 また、韓国の情報機関・国家情報院(国情院)の李炳浩(イ・ビョンホ、Lee Byung-Ho)院長によると、金正男氏は13日朝、長年亡命生活を送っていたマカオ(Macau)へ向かう便に搭乗しようとしていたところ、2人の女に襲われたという。

 一方、クアラルンプールの病院では、金正男氏の死について手がかりを得るべく、司法解剖が行われた。

 AFPの取材に応じたスランゴール(Selangor)州の警察当局トップによると、司法解剖は15日の夕方までに終了したものの、病院側から結果についての発表はないという。

 この病院にある法医学部門の建物の外では、北朝鮮の国旗を掲げた黒いジャガー(Jaguar)製セダンに乗って、国旗をあしらったピンバッジを着用した北朝鮮の当局者4人が現れたが、現地時間の午後8時(日本時間午後9時)頃、報道陣に応じることなく立ち去った。【翻訳編集】 AFPBB News


正男氏殺害、関与の女逮捕…マレーシア警察発表
読売新聞 2/15(水) 23:30配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎】韓国政府は15日、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)がクアラルンプール国際空港で13日に殺害されたとほぼ断定し、北朝鮮の工作機関が毒殺したとの見方を示した。

 マレーシア警察は15日、事件に関与したとしてベトナム旅券を所持していた女のドアン・ティ・フオン容疑者(28)を逮捕したと発表した。

 警察発表によると、警察は15日午前8時20分頃、事件があった空港第2ターミナルに1人でいたフオン容疑者の身柄を押さえた。「監視カメラの映像によく似ていた」としている。

 韓国統一省報道官は15日の定例記者会見で、殺害されたのは正男氏と「確実視される」と述べた。韓国の情報機関・国家情報院は15日、遺体の写真を基に正男氏と判断し、殺害には毒物が使われたと国会で報告した。


金正男氏 女2人、一瞬で毒殺 スプレー噴射→口に布→10秒後、タクシーで逃亡
産経新聞 2/15(水) 22:28配信

929
金正男氏(清水満撮影)(写真:産経新聞)

 【クアラルンプール=吉村英輝】マレーシアで金(キム)正男(ジョンナム)氏が殺害された事件で、地元の中国語紙「東方日報」(電子版)は15日、クアラルンプールの警察本部幹部の話として、女2人による暗殺の状況を詳細に伝えた。

 報道によると、正男氏が予約便に搭乗する約1時間前の13日午前9時ごろ、空港のターミナルにいた正男氏に女2人が突然、接近。1人が顔に毒物とみられるスプレーを吹きかけた。直後にもう1人がハンカチのような布を取り出して正男氏の口に押しつけるようにして覆い、約10秒後、毒物が完全に気道に入ったのを確認する動きを見せて逃亡したという。

 現地警察は同紙に、暗殺に用いられた毒物は青酸カリよりも強力で、過去に暗殺事件に使用された例があると説明したという。

 また、マレーシア紙スター(電子版)など現地メディアは、女2人が素早い行動で現場を立ち去った状況を伝えた。女の1人は白い長袖にデニムのスカートで、水色のバックパック姿。もう1人は青い上着にジーンズをはいていた。髪の毛はともに肩までの長さ。

 犯行直後に空港を足早に離れ、タクシーに乗車している様子が防犯カメラに記録されており、空港関係者はその手際の良さから犯行への関与が「明らか」と指摘している。

 現地警察が、女2人が乗ったタクシー運転手を割り出して取り調べた結果、2人は「韓国でも北朝鮮でもなく、ベトナム人だ」とする情報も現地メディアが伝えた。


<金正男氏殺害>亡命高官ら萎縮 識者の声
毎日新聞 2/15(水) 21:57配信

 ◇礒崎敦仁・慶応大准教授(北朝鮮政治)

 仮に北朝鮮の金正恩体制が指示をした工作員による暗殺だとすれば、疑問は尽きない。

 正恩体制に不安定な要素がまるで見受けられないのに、なぜ全く影響力のない金正男氏をこのタイミングで暗殺しなければならなかったのか。正男氏は北朝鮮の公式メディアにも登場したことがなく、「ロイヤルファミリー」の一員でないとすら言える。

 暗殺の目的は分からないが、正男氏暗殺が韓国で大々的に報道されることで、亡命している北朝鮮の元高官らを萎縮させる効果がある。また、トランプ米政権の対北朝鮮認識に影響を及ぼすことにもなるだろう。トランプ氏は対北朝鮮政策に関する具体的な発信をしておらず、関心があまり高くないように見える。正男氏暗殺は米国でも大きく報道されており、トランプ氏の関心を引くことにつながるかもしれない。

 金正日氏のおいの李韓永氏(当時36歳)は韓国に亡命後に暴露本を出版し、1997年に銃殺された。北朝鮮工作員による犯行とされている。正男氏もかつて取材に、正恩氏への3代世襲を批判したことがある。体制批判をした者は報いを受けるということなのだろうか。【聞き手・福岡静哉】


<金正男氏殺害>正恩氏の指示か 識者の声
毎日新聞 2/15(水) 21:55配信

 ◇金東葉(キム・ドンヨプ)韓国・慶南大極東問題研究所教授

 金正男氏の暗殺が北朝鮮による犯行かどうかはまだ断定できないが、仮に北朝鮮の犯行だとすると、金正恩氏の指示なしには絶対に行えないことだ。中朝関係悪化や国際的信用失墜などマイナス面があまりに大きいからだ。正恩氏に対する内部の忠誠競争とは考えられない。

 ただ、権力闘争とは関係ないだろう。北朝鮮内部に正男氏の支持勢力がいたとの見方や、中国などが正男氏を正恩氏に代わる指導者にすげかえようとしたなどの説は、正男氏を過大評価している。

 考えられるのは、正男氏のビジネスをめぐり何らかのトラブルが起きた可能性だ。正男氏は現在も外貨稼ぎをする役割を負っていたとみられる。本国に送金することによって、身の安全を保障してもらうためだ。ただ、正男氏が巨額の着服をすることなどにより、粛清されたのかもしれない。13年に処刑された正恩氏の叔父、張成沢氏も、外貨稼ぎに伴う利権などが正恩氏に問題視された。

 また、正男氏が正恩氏に何らかの取引を要求した可能性もある。正男氏が、外部に知られてはならない秘密を持っていたとしてもおかしくない。【聞き手・大貫智子】


<金正男氏殺害>関与の疑いで女逮捕 ベトナム旅券所持
毎日新聞 2/15(水) 21:23配信

 【クアラルンプール平野光芳、ソウル大貫智子】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、マレーシア警察は15日、事件に関与した疑いでベトナム旅券を持つ女を逮捕した。地元メディアによると、警察は別の女1人と男数人の行方を追っている。また、韓国国家情報院は15日、「(北朝鮮は)5年前から暗殺を試みていた」と指摘し、女工作員2人に毒殺されたとの見方を示した。

 国情院などによると、13日午前9時(日本時間同10時)ごろ、正男氏はマカオ行きの便に搭乗するため、格安航空会社(LCC)専用ターミナルの自動チェックイン機の列にいた。そこへ女2人が近づいた直後、正男氏は航空会社カウンターの職員に体調不良を訴え、病院への搬送途中に死亡した。

 警察によると、女が所持していた旅券には「1988年5月31日・(ベトナム北部)ナムディン省生まれ」と記されていた。ベトナムは北朝鮮工作員の拠点の一つとされる。女は犯行時間帯に空港内の監視カメラに映っていたとされるが、警察は具体的な容疑を発表していない。

 具体的な殺害方法については、背後から顔に毒物を含んだ布をかぶせられた▽毒物を吹きかけられた▽毒を塗った針を刺された--などの情報が交錯している。マレーシアの華字紙「東方日報」によると、逮捕された女は警察に対し、友人の女と一緒に正男氏に近づき、一人がハンカチで顔をしっかり押さえ、もう一人が顔にスプレーを吹きかけたと供述している。男から「悪ふざけ」をしようともちかけられ、殺害する意図はなかったと主張しているという。

 マレーシア当局者によると、北朝鮮は平壌のマレーシア大使館を通じて遺体の早期返還を要求している。だが、マレーシア当局は重大な殺人事件であることを理由に要求を拒否し、死因の特定を進めている。


金正男氏殺害 白昼堂々…旅行客に衝撃「えっ、ここで暗殺されたんですか」
産経新聞 2/15(水) 21:18配信

 金正男氏が殺害されたマレーシアのクアラルンプール国際空港は、東南アジア空路の「中継基地」として利用客を増やしてきた。一方、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)などによるテロ対策のため、警備体制を強化していただけに、白昼堂々と海外重要人物が襲われた事件に旅行客らに衝撃が広がっている。

 「えっ、ここで暗殺されたんですか」。千葉県から出張中という日本人男性(41)は、正男氏が襲撃されたロビーで、同僚と目を見合わせた。タイからインドネシアへ移動するための乗り継ぎ中で、「Wi-Fi(ワイファイ)もよくつながるし、買い物もしやすい」と、同ターミナルをよく使うという。

 イスラム教徒が多いマレーシアでは、警察当局がIS関係者の摘発を続けている。

 先月も、マレーシア空港の警備員だった男を含む3人の拘束を発表した。シリアに渡ったマレーシア人IS戦闘員と連絡したり、妻とシリアへの渡航計画を企てていたという。

 マレーシアの重要公共施設には、至る所に防犯カメラが設置されている。特に、外国との玄関口となる空港はセキュリティーが厳しく、今回の事件捜査でも、犯人とみられる女の映像の解析などが即座に進められた。

 あるマレーシア人旅行客は、空港という最も公共性と安全性が求められた施設で、外国人が絡む事件が起きたことに「テロリストに付け入る隙を与えることにならなければいいが」と表情を曇らせた。(クアラルンプール 吉村英輝)


金正男氏殺害 自民・茂木敏充政調会長「時代劇に出てくる忍者みたい」
産経新聞 2/15(水) 21:14配信

 自民党の茂木敏充政調会長は15日、インターネット番組で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏がマレーシアで殺害されたとする事件について「完全に確認されたかはどうか別だが、毒矢か何かだということで、時代劇に出てくる忍者みたいだ」と述べた。事件に関し、韓国メディアは韓国政府関係者の話として「北の女スパイ2人が毒針を用いて毒殺した」と報じている。

 一方、茂木氏は、北朝鮮によるミサイル発射が日米首脳会談の最中に行われたことに関し「安倍晋三首相が(ミサイル発射直後の記者発表で)毅然とした姿勢を示し、首相の隣にトランプ米大統領が立って『日本を100%支持する』と言ったのは非常にいいシーンだった」と評価した。

 また、茂木氏は北朝鮮への日本政府の対応について、国連安全保障理事会が北朝鮮によるミサイル発射を非難する報道声明を、中国やロシアの賛同を得て全会一致で採択したことを踏まえ、「日米韓が連携し、さらに北朝鮮に影響力を持つ中国、ロシアを一緒に巻き込んで国際社会全体で北朝鮮の挑発行為を止めないといけない」と強調した。


金正男氏殺害 正男氏はカウンターで助け求めた…旅客行き交う中での凶行
産経新聞 2/15(水) 21:05配信

926
金正男氏=マカオ市内(清水満撮影)(写真:産経新聞)

 マレーシアのクアラルンプール国際空港第2ターミナル。北朝鮮の金(キム)正男(ジョンナム)氏が殺害された国際線出発ロビーは15日、詰めかけた国内外の報道陣を横目に多くの旅客が通常どおりに行き交っていた。

 「毎日、多くの旅客が体調を崩してカウンターを訪れる。まさかそれが事件だとは誰も思わなかった」。ある空港職員はこう話し、誰も犯行に気づかず、その後も封鎖されずに旅客を迎え続けていた当時を振り返った。

 ターミナルの3階入り口から、約50メートル離れたところに正男氏が助けを求めたとされる案内カウンターがある。そこからさらに約100メートル進むと、搭乗券などを職員が確認する出発口がようやく現れる。朝の混雑時に、公共の場で大胆に行われた凶行。犯人は何のセキュリティー検査も受けず、やすやすと背後から迫り、襲撃に及んでいた。

 犯行後、正男氏が運び込まれた診療所は2階にあり、診察室と処置室を備える。表に準備されたストレッチャーが、正男氏にも即座の救急処置が施されたことを思い起こさせた。

 犯行現場前のコーヒー・ショップ「スターバックス」の女性店員は、「当日は、警察が集まりだして、初めて事件に気づいた」と振り返る。

 正男氏がチェックインするはずだったエアアジアのカウンター職員は「何も知らされていない。営業はいつもどおりだ」と言ったきり、口をつぐんだ。

 クアラルンプール国際空港で暗殺された北朝鮮の金正男氏の遺体は15日朝、司法解剖などのため、首都の大規模病院に移された。警察が車列を組んでサブマシンガンで武装して移送し、不測の事態に備えた。

 病院の前には、国内外から約100人の報道陣が詰めかけた。門の内側には、北朝鮮の国旗を掲げた高級車が横付けされていた。駐マレーシア北朝鮮大使とされる人物も施設を訪れたが、警察が厳しく規制し、表情はうかがえなかった。

 国際空港の第2ターミナルは、アジアで台頭する格安航空会社(LCC)向けに、2014年6月にオープン。第1ターミナルをしのぐ年間3千万人の旅客をさばく。24時間休むことなく、「開かれた空港」(職員)がコンセプトだが、犯行はその利便性の裏をかいて行われた。

 正男氏は、息子の金ハンソル氏ら家族が待つ中国・マカオに向かう便に乗り込む直前、襲われて命を落とした。2001年に日本に不法入国しようとして拘束され、後継レースから脱落した後、主に後妻家族がいるマカオや本妻や息子がいる北京で暮らし、貿易や金融に従事してきた。

 消息筋によると、東南アジアに活動拠点を広げるきっかけの一つとなったのが、米政府の金融制裁で05年にマカオの銀行、バンコ・デルタ・アジアの北朝鮮関連口座が凍結されたことだ。秘密資金口座が安全なマレーシアやシンガポールの金融機関に移された。

 クアラルンプールは、正男氏が海外のビジネスパートナーらと接触する拠点となった。内縁関係の女性がマレーシアに暮らしているともいわれる。北朝鮮人にとって、ノービザで行き来できる数少ない国の一つで、工作員も出入りし、工作機関幹部の姿も度々目撃されてきた。

 しかし、正男氏は金正恩政権発足後の12年から、北朝鮮の工作機関に本格的に付け狙われるようになる。13年末に後ろ盾だった叔父の張成沢氏が処刑された後は、しばらくシンガポールを離れず閉じ籠もっていたという。

 韓国の情報機関、国家情報院によると、金氏が12年4月に弟の正恩委員長に自身や家族の命を狙わないよう嘆願した手紙には、こう記されていたという。

 「行くところも避けるところもなく、逃げ道は自殺だけだとよく分かっている」(クアラルンプール 吉村英輝、ソウル 桜井紀雄)


<金正男氏殺害>多くは謎のまま 工作機関などによる暗殺
毎日新聞 2/15(水) 20:54配信

 各国の工作機関や情報機関が、反体制的だったり国家機密を暴露したりした人物を暗殺したとされる事件は過去にもある。だが、国家ぐるみで事件への関与が隠蔽(いんぺい)されるため、大半の暗殺事件は多くの謎を残したまま現在も「未解決」になっている。

 ロシアのプーチン政権を批判していた女性記者アンナ・ポリトコフスカヤさん(当時48歳)は2006年10月、モスクワの自宅アパートで射殺された。ロシア捜査当局が実行犯らを逮捕・起訴したが、暗殺を命じた首謀者は裁判でも明らかにされなかった。

 同年11月には元ロシア連邦保安庁(FSB)中佐で英国に亡命していたアレクサンドル・リトビネンコ氏(同43歳)がロンドン市内のホテルで猛毒の放射性物質ポロニウムを盛られ、約3週間後に死亡した。リトビネンコ氏はFSBの不正を告発したため暗殺されたとみられている。英国の調査委員会は昨年1月、「プーチン氏が承認した可能性があり、FSBによって実行された」事件と断定し、実行犯2人を特定した。だが、露政府は関与を否定し、実行犯の身柄引き渡しにも応じていない。

 10年にはアラブ首長国連邦(UAE)ドバイのホテルで、パレスチナのイスラム原理主義組織ハマス幹部が筋弛緩剤を注射されるなどして暗殺された。地元捜査当局はイスラエルの対外特務機関「モサド」の犯行と断定。これまでに犯行グループの一部は逮捕されたが、首謀者は依然として分かっていない。【松井聡】


マレーシア:金正男氏殺害の容疑者の身柄を拘束-ベトナム旅券保持
Bloomberg 2/15(水) 20:54配信

マレーシアの警察当局は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄に当たる金正男氏の殺害に関与した疑いのある女の身柄を拘束した。同容疑者はベトナムの旅券を保持していた。

ハリド・アブ・バカール警察監察官の声明によれば、ドアン・ティ・フオン容疑者(28)が15日午前にクアラルンプール国際空港で身柄を拘束された。

韓国政府当局者はこれより先に、13日にアジア系の女性2人がクアラルンプールの空港で正男氏に接触した後、タクシーで逃走したと発表した。韓国国会情報委員会の李喆雨(イ・チョルウ)委員長は国家安全保障会議議長との会談後に記者団に対し、犯行には毒針または毒入りスプレーが使われたと韓国当局は考えていると語った。

原題:Malaysia Arrests Female Suspect in North Korea Assassination (1)(抜粋)


<金正男氏殺害>南北対話に冷や水 韓国に広がる衝撃
毎日新聞 2/15(水) 20:52配信

 【ソウル米村耕一】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が殺害されたことで、韓国内でも衝撃が広がっている。南北関係は北朝鮮の核・ミサイル開発ですでに悪化しているが、将来的な改善の可能性も低くなったとの声が出ている。

 南北関係は冷え切っていたものの、年内に予定される次期大統領選では最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏など南北対話に意欲を示す候補が有力視され、将来的な対話については前向きなムードも出ていた。しかし、12日の新型ミサイル発射の直後に今回の事件が起きたことで、韓国国民の北朝鮮に対する警戒感は極めて強くなっている。

 慶南大学の金根植(キム・グンシク)教授(北朝鮮政治)は「国民の間で『こんな国と対話しても意味がない』といった気持ちが広がり、将来的な改善意欲も減退させる」との懸念を示した。

 一方、聯合ニュースによると、韓国軍は軍事境界線付近に設置する北朝鮮向けの拡声機放送で、今回の事件の概要を北朝鮮住民に伝える計画だ。韓国政府は今回の事件が正恩氏の指示なしに行われた可能性は低いとみており、放送により「金正恩政権の残酷で暴虐な性格を浮き彫りにできる」と考えている。ただ、ソウルに住む朝鮮人民軍出身の脱北者は「北朝鮮住民で正男氏について知っている人は極めて少ない。(殺害を知らせても)住民たちに与える心理的影響は小さいのではないか」と指摘した。


故金総書記誕生75年祝う=正恩氏、発言せず―北朝鮮
時事通信 2/15(水) 20:25配信

 【ソウル時事】朝鮮中央テレビによると、北朝鮮の首都平壌で15日、故金正日総書記の誕生75周年を祝う中央報告大会が開かれ、金正恩朝鮮労働党委員長が出席した。

 大会では、序列2位の金永南・最高人民会議常任委員長が演説し、12日の弾道ミサイル発射を「民族最大の祝日である光明星節(16日の金総書記誕生日)を輝かしく飾った」と強調した。

 異母兄・金正男氏がマレーシアで殺害された後、正恩氏が公の場に姿を見せたのは初めて。だが、大会では何も語らなかったとみられ、発言は伝えられていない。朝鮮中央テレビは、正恩氏が壇上を歩く様子や演説を聞いて神妙な表情で拍手をする姿を映し出しただけだった。

 北朝鮮メディアはこれまで、16日に迎える金総書記の誕生日を祝う行事や式典などを報じる一方、正男氏殺害に関して伝えた形跡はない。国内で事件は伏せられている可能性がある。

 朝鮮通信によると、党委員長としての正恩氏の出席は2014年以来、3年ぶり。金永南氏は正恩氏について、「(北朝鮮を)核保有国に引き上げたのは最大の業績」と称賛した。大会には、黄炳瑞軍総政治局長や朴奉珠首相らも出席した。


金正男氏、各地で投資活動=単独行動好む―マレーシア紙
時事通信 2/15(水) 20:11配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア紙「東方日報」(電子版)は15日、警察幹部の話として、クアラルンプールで殺害された金正男氏が過去2年、マレーシアやシンガポールでさまざまなビジネスに投資していたと伝えた。

 警察幹部によると、正男氏は地味な行動を心掛け、ボディーガードも雇わずに単独で両国やマカオを飛び回っていた。マカオへの移動は格安航空会社(LCC)のフライトを利用していたという。

 マレーシア滞在は毎回、数日だけ。「マカオにいるのが比較的安心だったようで、滞在期間も長かった」と警察幹部は話した。


北朝鮮の硬化を懸念=金氏殺害で情報分析急ぐ―日本政府
時事通信 2/15(水) 19:42配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏の殺害事件について、日本政府は15日、情報の収集と分析を進めた。

 日本の安全保障に直ちに影響はないと受け止めているが、核・ミサイルで挑発行為を続ける金委員長が自らの体制強化へ粛清の動きを進め、対外姿勢をさらに硬化させることを懸念している。

 政府は15日、杉田和博官房副長官をトップとする合同情報会議を首相官邸で開催。谷内正太郎国家安全保障局長や外務省、警察庁など関係省庁の局長級幹部が各機関の情報を持ち寄り、分析を行った。今後も、事件発生地のマレーシアのほか、韓国、米国、中国などと連携しながら情報収集を続ける方針だ。

 菅義偉官房長官は記者会見で「わが国の安全保障に直接影響があるような特異な事象は確認していない」と指摘。その上で「北朝鮮の動向については重大な関心を持って警戒監視に当たり、いかなる事態にも対応できる体制をしっかりと整えている」と強調した。

 事件の背景について、政府関係者の一人は「金委員長には、体制がまだ盤石ではないとの危機感があるのではないか」と指摘した。また、中国が正男氏を保護していたとの情報があることから、外務省幹部は「中朝関係はますます悪化するだろう」との見方を示した。


<金正男氏殺害>菅官房長官「北朝鮮動向に警戒監視」
毎日新聞 2/15(水) 19:30配信

 政府は15日、マレーシアでの金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害事件を受け、杉田和博官房副長官をトップとする合同情報会議を首相官邸で開き、情報収集や分析に当たった。菅義偉官房長官は記者会見で「北朝鮮の動向には重大な関心を持って警戒監視に当たっている。いかなる事態にも対応できる体制を整えておく」と強調した。

 菅氏は「事柄の性質上、具体的な情報の内容や分析について答えることは控えたい」と述べたうえで「我が国の安全保障に直接影響があるような特異な事象は確認していない」と語った。【梅田啓祐】


マレーシア当局、金正男氏事件で女1人拘束 外国人数人を捜索
ロイター 2/15(水) 18:52配信

[クアラルンプール 15日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡した事件に関連して、マレーシア警察はベトナムの渡航文書を持った女性を拘束、このほか数人の外国人容疑者を捜索していることを明らかにした。

警察の声明によると、監視カメラに映っていた女性を発見、1人でいるところを拘束した。所持していた文書ではナムディン出身の1998年5月生まれのベトナム人となっている。

捜索している外国人の国籍や性別は明らかにされていない。

国営ベルナマ通信はこれに先立ち、ミャンマー出身の女を拘束したと伝えていた。

韓国の議員によれば、同国の情報当局は正男氏が北朝鮮の女性工作員2人によって暗殺されたとみている。


金正男氏暗殺 中国メディア、不快感示し北に釈明要求 「正恩氏の暗殺」と誤記も
産経新聞 2/15(水) 18:46配信

 【北京=西見由章】北朝鮮の金正男氏が殺害されたとみられる事件に関して、中国外務省の耿爽報道官は15日の記者会見で、「現在マレーシア側が調査を進めている。われわれは事態の進展を注意深く見守っている」と述べるにとどめ、具体的な論評を避けた。一方、一部の中国メディアは不快感を示し、北朝鮮側に釈明を求めた。

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は15日付で、「単仁平」のペンネームを持つ胡錫進編集長が論評を執筆した。

 「マレーシア当局が金正男氏の暗殺を正式に確認すれば、国際世論は必ずこうした行為を厳しく非難するだろう」と指摘し、「中国の世論もこうした行為は唾棄するにちがいない」と強調した。

 さらに「どのような政治闘争であれ、暗殺行為はあってはならない。そうした野蛮な古いやり方は歴史の博物館に収めるべきだ」と主張し、北朝鮮当局は世界に向けて釈明すべきだとの考えを示した。

 なお論評は「金正男氏の暗殺」とすべきところを「金正恩氏の暗殺」と誤記していた。意図的なものか単純ミスなのかは不明だ。いずれにせよ中国側が一時事実上の庇護(ひご)下に置いていた「親中派」の金正男氏が殺害されたことへの不満がにじむ文章だ。

 ただ15日付の官製メディアの中で事件について明確な立場を示したのは環球時報だけで、事件に全く触れていないメディアも少なくなかった。


金正男氏殺害 関与の女逮捕の現地報道 情報錯綜
産経新聞 2/15(水) 18:40配信

 【シンガポール支局】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が暗殺された事件で、マレーシアのメディアは15日、警察が犯行に関与した女1人を同日、クアラルンプール国際空港で拘束したと報じた。女は20代のベトナム人だという。

 警察は犯行グループの計6人の行方を追っていたといい、残る女1人と男4人を捜索している。ただ、犯行に関与した女2人がすでに死亡したとの情報もあり錯綜している。

 マレーシアの現地メディア「ザ・サン・デイリー」(電子版)によると、15日午前9時前後に女1人が拘束された。犯行の前には空港近くのホテルに滞在していたことが判明しているという。同メディアは、防犯カメラの映像から、警察が犯行グループの6人が20~50代だとみていると伝えている。


「殺さないで」金正男氏、懇願していた 北朝鮮は5年前から暗殺計画
J-CASTニュース 2/15(水) 18:18配信

935
金正男氏を襲撃したとされる女(現地メディアが伝えたクアラルンプール国際空港の監視カメラ映像より)

 北朝鮮の故・金正日総書記の長男で、金正恩朝鮮労働党委員長の兄である金正男氏がマレーシアで殺害され、韓国が騒然となっている。韓国の情報機関にあたる国家情報院(国情院)は北朝鮮政府の関与を断定。これをうけて、韓国メディアは北朝鮮に対し、一斉に非難の言葉を浴びせかけた。

 一方、殺害手法や殺害犯とされる女をめぐっては、憶測を交えた報道が飛び交う状況となっている。

■韓国紙「金正恩政権の狂気の一端を示す事件」

 これまでの現地報道などを総合すると、金正男氏は17年2月13日、マレーシアのクアラルンプール国際空港のLCC専用ターミナル(KLIA2)で女2人に毒殺されたという。現地紙の「ザ・スター」(電子版)によると、正男氏はマカオ行きの便に乗る予定だったという。

 事件が起こったのは、出発の1時間前。正男氏は「液体を顔に飛ばされた」と搭乗カウンターに助けを求め、空港近くのプトラジャヤ病院へすぐ搬送されたが、搬送途中に亡くなった。なお、マレーシア当局は北朝鮮大使館から遺体を引き渡すよう求められているものの、遺体の解剖を優先する意向を示したという。

 韓国国情院は2月15日の会見で、北朝鮮政府の関与と断定。同時に、北朝鮮が5年前から正男氏の暗殺を試みていたこと、異母弟で朝鮮労働党委員長の金正恩氏に対し正男氏が「殺さないで」と懇願する手紙を送っていたこと、中国政府が正男氏とその家族を保護していたことを明らかにした。

 韓国メディアも国情院の発表に基づき、社説で「金正恩政権の狂気の一端を示す事件」(朝鮮日報日本語版、以下引用部すべて15日報道)、「北朝鮮には最小限の人権さえ無いことを改めて示した」(文化日報)、「恐怖政治がどこまで続くのか分からない」(中央日報日本語版)と北朝鮮を一斉非難した。

 とりわけ朝鮮日報は「正男氏の息子、キム・ハンソル氏も命を狙われる」「(北朝鮮)政権内部の反体制勢力が正男氏と連携していた」といった報道を展開しているほか、複数の韓国紙が、正男氏が韓国への亡命の意向を持っていたため、これを阻止するために暗殺した可能性があるとの見方を示している。

関与女性2人は北朝鮮人?ベトナム人?
 一方、殺害手法や女のプロフィール、足取りについては、様々な観測に基づく報道が乱れ飛んでいる。

 韓国のSBSテレビによると「スプレーで毒液を吹きかけられた」、ハンギョレ新聞によると「毒針を刺された」。国民日報は「女2人が『マッサージをしてあげる』と正男氏に近づき、正男氏の腕に針を刺した」と報じるなど、殺害方法に関する報道もバラバラだ。

 また、韓国メディアの多くが、殺害にかかわったとされる女2人を北朝鮮偵察総局に所属する工作員だと断定する一方、マレーシアの現地紙「東方日報」(電子版)はベトナム人だとしている。

 女の足取りについても、「タクシーでその場から立ち去った」と伝える韓国メディアに対し、日本のメディアの中には、政府関係者の話として「すでに死亡している」と伝えたところもある。

 なお、15日17時の時点で、北朝鮮政府から正男氏死去に関する声明などは出ていない。


金正男 ドラマティックな生い立ち
文春オンライン 2/15(水) 18:12配信

 2月13日にマレーシアで暗殺された「北朝鮮のプリンス」金正男氏。マカオ潜伏時の彼に長時間インタビューをした五味洋治氏(東京新聞)は、著書『女が動かす北朝鮮』(文春新書)で、彼の複雑な生い立ちと金王朝の壮絶な権力闘争を描いている。

◆◆◆

 長男の正男は、2001年に起きた日本への偽造パスポートでの入国のさい、身柄を拘束され、顔がメディアに晒され、父親の怒りに触れた。このため後継者候補から外され、海外を行き来しながら生活している。時々シンガポールやインドネシアなど海外で目撃されている。  

 正男の成長の過程は、李韓永(金日成の甥)の手記によって明らかになった。  

 成恵琳と金正日との同居は秘密。もちろん息子の誕生も秘密だった。その分、息子を不憫だと感じたのだろう。金正日は幼い長男に、多くの愛情を注ぎ込んだ。  

 例えば正男が真夜中におしっこをしたいと言えば、自分で牛乳ビンを用意して受けるほどだった。  

 虫歯治療を受けた褒美に、米国車のキャデラックを与えたのも、有名なエピソードだ。  

 外部の世界に触れさせようという周囲のすすめで、正男が9歳の時スイス留学に旅だった。金正日は酒を飲みながら、娘を嫁がせる親のように、激しく涙を流したという。  

 父親から深い愛情を受けていた正男が後継者になる、という見方が強かったのも当然だろう。

正男を認めた金日成
 金正日はいつか、長男、正男を自分の父親に認めてもらおうとしていた。李韓永の著書『15号官邸の抜け穴』によれば、75年4月、金日成の誕生日が迫っていたある日、金正日が父親に「実は……」とおそるおそる長男の存在を打ち明けた。  

 それを聞いた金日成はひどく怒って、金正日をしかりつけた。しかし、金日成も自分の看護婦に手を出して子供を産ませてしまい、金正日に相談したばかりだった。

 このためすぐに気を静め、「産まれてしまったものはしかたない。会ってみよう」と約束した。実際に会うと、丸々と太った元気な子供だった。口元から鼻にかけては金正日そっくりだった。  

 これ以降、金日成は暇さえあれば正男をそばに置いて可愛がった。  

 ところがその後、金正日は金英淑と結婚し、さらに高容姫に走ってしまう。正男に対する愛情、関心も自然と冷めていった。  

 正男が外国生活を始めるようになった背景には、高容姫の指示があったとされる。儒教社会の北朝鮮で、長男が国内にいれば、いつか後継をめぐって、もめ事が起きることを感じていたのだろう。  

 高容姫の圧力が強まったのは、80年代後半からだった。恵琳の姉、成恵琅らは高容姫を「パンチコ」という隠語で呼んでいた。彼女の鼻がトンカチのように突き出ていたためだ。トンカチは朝鮮語でマンチコだが、他人に悟られないようにパンチコと呼んでいた。  正男はスイス国際学校とジュネーブ総合大学でエリート教育を受け、イタリアやフランスなど欧州各地を旅行しながら、見聞を広げた。  

 身柄を拘束された2001年の前にも、お忍びで数回日本に来ていたことが、当時彼を乗せたタクシーの運転手らの証言で分かっている。日本では新橋の第一ホテルが定宿だった。皇居や秋葉原、新橋ガード下の飲食店、両替店などを訪ねている。  

 彼の息子の金ハンソルはマカオで育ったが、フランス・パリ政治学院に進学した。

 ハンソルはボスニアの国際学校在学中にフィンランドのテレビ局とのインタビューで、叔父である「金正恩」を独裁者と表現し、物議を醸したこともある。  

 異母弟の正恩が最高指導者の地位に上ったことで、正男が平壌に帰るのは不可能になった。金正日とライバル関係にあった異母弟の金平一が、長い間海外生活を強いられているのと似ている。  

 正男は経済や技術開発の面で祖国に貢献しており、正恩ら平壌の幹部たちも一定の評価をしているようだが、2人の間の緊張関係は続いている。

パリに亡命した養女  
 長男正男は、平壌の閉鎖された環境で育った。唯一の遊び相手は李南玉(リナムオク)だった。彼女は、成恵琳の姉、恵琅の娘だ。1966年に平壌で生まれた。父親は、南玉が2歳の時、交通事故で亡くなっており、金正日の養女となった。  

 正男は家族や使用人以外、外部の人とは会えない生活をしていた。遊ぶ時も車に乗って郊外に行き、一人で動物と遊んだ。  

 不憫に思った金正日が、話し相手として官邸に住まわせたのが、年齢の近い南玉だった。1979年のことで、南玉は13歳、正男は8歳だった。その後、ジュネーブへの留学にも同行し、92年まで共に暮らした。南玉は96年に西側に亡命している。  

 彼女へのインタビューが『文藝春秋』(1998年2月号)に掲載されている。まとまった形でのインタビューとしては、唯一のものだ。  

 この中で南玉は、恐怖心なのか、本心なのか不明だが、金正日への批判を慎重に控えている。「彼(金正日)に過剰に責任を押し付けている。彼は国家衰退の責任者ではない」「自分の気分で周囲を怒鳴りつけたり、乱暴をしたりということはなかった」と語っている。  

 このインタビューは彼女が得意なフランス語で行われた。金正日は「ボン・ヴィヴァン」(美食や快楽を愛する陽気な人という意味)だと形容していた。  

 叔母に当たる成恵琳についても言及がある。「最後に叔母と会ったのは、モスクワのサナトリウムでした。叔母の病状について申し上げるのを差し控えますが、とにかく、とても重い病気でした」と説明している。  

 南玉はフランスで、自伝となる『金の鳥かご』という本の出版を計画したことがあるが、反発を恐れてか、出版直前になって中止された。どんな内容だったのか気になる。


韓国政府、金正男氏殺害を「確実視」
ホウドウキョク 2/15(水) 18:11配信

金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害が「確実視される」との見方を発表した。
北朝鮮の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、現在の最高指導者・金正恩(キム・ジョンウン)氏の兄、正男氏がマレーシアで殺害された事件について、韓国統一省は15日朝の会見で、「殺害された人物が金正男氏だと確実視されると判断している」と述べ、正男氏の殺害を認めた。
韓国メディアは「北朝鮮による殺害の可能性が高い」と伝えていて、その理由として、正男氏が、3世代にわたる世襲を批判していたことや、政権内部にも正男氏を支持する勢力があり、金委員長にとっては、潜在的ライバルの存在を排除する必要があったと分析している。


金正男氏殺害 恐怖に取り付かれ「国内外で八方塞がり」 被害者奪還の動き加速を
産経新聞 2/15(水) 18:10配信

 金正男氏殺害事件で、日本人拉致被害者の救出に取り組む関係者からは、北朝鮮情勢のさらなる混迷への懸念とともに、「被害者奪還への動きを加速させるべきだ」との声が上がった。

 拉致問題解決と家族の支援に取り組む「救う会」の西岡力会長は、正男氏と中国の連携に金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長が恐怖を募らせた末の暗殺と分析。「親族や部下を次々と粛清すれば一層孤立し、国内外で八方塞がりになる。北朝鮮は日本の動向を注視している。国際社会と連携し、拉致問題解決を先行して交渉する用意があると伝え続けるべきだ」と話した。

 一方、特定失踪者問題調査会の荒木和博代表は、正恩氏が恐怖に取りつかれて混乱を極め「外交交渉はほとんど期待できない」と分析。情勢が不透明な中で、「日本は情報収集だけでなく、北朝鮮を揺さぶり、拉致被害者を救出する主体的取り組みを急がなければならない」と強調した。


金正男氏殺害 防犯カメラに女の姿
ホウドウキョク 2/15(水) 18:09配信

934
(写真:ホウドウキョク)

金正男(キム・ジョンナム)氏殺害の犯人なのか。
北朝鮮の金正恩(ジョンウン)委員長の兄・正男氏が、マレーシア・クアラルンプールの空港で殺害された事件で、関与したとみられる女2人が、タクシーで現場から逃走した可能性が浮上している。
警察は、空港内の防犯カメラの映像の解析を進め、捜査を続けている。
正男氏の遺体は、15日午前9時ころ、当初安置されていたクアラルンプール近郊の病院から、別の病院に移された。
死因を、くわしく調べるためとみられる。
死亡の経緯については「液体を含んだ布を顔にかぶせられた」、あるいは「毒針で刺された」などと情報が錯綜(さくそう)している。


【寄稿】 王朝の息子が死去 金正男氏はなぜ殺害されたのか 
BBC News 2/15(水) 17:46配信

マイケル・マッデン ジョンズ・ホプキンス大学米韓研究所客員研究員

(文中一部敬称略)

金正男(キム・ジョンナム)氏は、北朝鮮の故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男で、現在の北朝鮮の指導者、金正恩(キム・ジョンウン)・朝鮮労働党委員長の異母兄だった。

1971年5月に平壌で生まれた。母親は北朝鮮の映画女優、成恵琳(ソン・ヘリム)だった。成の両親は、朝鮮戦争の最中に韓国から北朝鮮に移住した、共産主義の知識人だった。

成は金正日より4~5歳年上で、付き合い始めた時にはすでに結婚して子供もいた。

保守的な北朝鮮社会にとって、2人の関係はかなりの醜聞で、正日は長年にわたり内縁の妻と2人の間に生まれた息子のことを、父・金日成主席から隠していた。

正男が生まれた当時、正日が第一後継者とみられていた。成との関係の詳細が明るみに出れば、後継者としての芽は摘まれていたかもしれない。正日の当時の最大のライバルは、お互いに嫌悪し合っていた継母の金聖愛(キン・ソネ)だったので、なおさらだ。

その存在を世間から隠されていた正男は、平壌中心部の大邸宅に隔離されて育った。

様々な心身の病気を抱える母親は、頻繁に北朝鮮の外で治療を受ける必要があった。そのため正男は、母方の祖母と母方のおば、成恵琅(ソン・ヘラン)と共に暮らした。成恵琅は作家で、夫はすでに失い、子供が2人いた。

10年の旅路

正日の妹・金敬姫(キム・ギョンヒ)が、甥にあたる幼い正男を連れ去り、自分の息子として育てようとしたことがある。その希望はかなわなかったが、敬姫は常に正男に味方し続けた。

そして正男は、文字通り宮殿の門の内側で、秘密裏に育てられた。

正日は息子を溺愛した。一緒に眠り、食事を共にし、忙しすぎて帰宅できないときには息子に電話をしていた。

韓国側がしきりに広めた噂とは裏腹に、正男は最終的には祖父の日成と面会し、祖父と孫としての関係を築くに至った。

正男は1979年から10年間、北朝鮮の外で暮らし始め、学校に通った。

ロシアとスイスに滞在し、フランス語と英語を堪能に使えるようになった後、1980年代後半に帰国した。

外の世界を経験した正男は、世間から隔絶された平壌や元山での暮らしに不満を覚えるようになり、やがては北朝鮮の政治経済体制に疑問を抱きはじめる。

そうした息子の言動にしびれを切らした正日は、若い正男を強制収容所送りにする、政治犯として炭鉱で働かせると繰り返し脅していた。

正男の叔母によると、正日の脅しはかなり本気だったため、家族はいつ収容所に送られてもいいようにと余分の服や靴を買いそろえていたという。

「遊び人」

収容所送りは逃れたものの、正男は父親の要求や非現実的な期待を浴びながら20代を過ごした。

父親の後継者となる可能性は決してなかったが、それでも家業には参加。北朝鮮の公安活動や海外での外貨獲得活動に関わった。

1990年代後半の大飢饉「苦難の行軍」で市民数十万人が死亡するなか、国営工場の運営状況を調べる党幹部による監査に、正男も参加した。

工場監査の結果、「国家から盗んだ」罪をかけられた工場経営者たちが処刑される姿を、正男は目にする。

様々なことを要因に、正男は自分が生まれた国、自分の父と祖父が率いる国の政治体制に幻滅するようになる。

1990年代後半に結婚し、数人の子供をもうけた。2000年代初め以降は北朝鮮の外で過ごすことが増え、マカオや北京にある一族の邸宅に滞在するようになる。

数十億ドル相当になる一族の資金口座の管理が、正男の役目だった。北朝鮮による非合法事業にも関わっていた可能性がある。

麻薬密売や武器密輸といった事業に正男が直接関わったことはないが、正規か非正規かを問わず、事業収益が各国政府当局の監視をすり抜けるよう手配するのが、仕事の一部だった。

アジア各地のカジノの常連となり、一族の資産維持に携わる結果、気ままに世界中を飛び回る派手な生活の遊び人として知られるようになったのも、偶然のことではない。

身内の対立

1979年に話を戻そう。正男が最初に海外に渡った時のことだ。

出国する息子を見送った正日はしたたかに酔い、涙ながらに成恵琅をなじった。「お前のせいだ。お前は、私から息子を取り上げようとしている」。

1970年代後半にもなると、正日は大阪生まれの在日朝鮮人で万寿台芸術団の一員だった、高英姫(コ・ヨンヒ)と交際するようになった。

正男が外国にいる間に、正日は高と暮らすようになり、子供3人をもうけた。真ん中の二男が、現在の国家指導者、金正恩・朝鮮労働党委員長だ。

他の妻や内縁の妻と異なり、高は政治に興味を示した。そして何より、正日が高に夢中になった。

正男は後に、自分が留学した後、父親は自分の不在による欠落を高と3人の子供たちで埋めようとしたのだと話している。

高には野心があった。夫を取り巻く側近や将軍たちに接近し、親しくなるよう努めた。

1980年代後半に正男が留学を終えて帰国すると、すでに高が子供たちを後継者にしようと画策していると、使用人の間で噂が飛び交っていた。北朝鮮では、指導者の世襲を話題にすることは禁止されており、銃殺刑になってもおかしくない。

1990年代後半から2000年代前半にかけて、高は事実上のファーストレディとして振る舞い、軍の視察や政府指導部の歓待などの際に夫と同行した。

それによって、2人の息子の正哲、正恩兄弟のいずれかが後継者になるよう、下地を作っていたのだ。

2001年5月に偽造旅券で日本に入国しようとした正男が東京で逮捕された一件は、当初は金一族と北朝鮮上層部の面目失墜だとして受け止められた。国の幹部が偽造旅券で移動していることが、露呈されてしまったからだ。

その後は、この事件のせいで正男が後継者争いで敗れ、脇に追いやられたのだと誤って解釈され、誤って伝えられた。彼が後継者だったことはないのに。

しかしこの高は事件を国内で大いに活用し、自分の2人の息子のどちらかが正日の後継者になるべきだと運動した。その結果、ひょんなことから、正恩と正男は長年にわたるライバル関係にあると大げさに伝えられたのだ。

正恩は異母兄を殺させたのか? 

正恩が北朝鮮政府幹部を次々と粛清する「恐怖の支配」を繰り広げているとか、正恩の統治力(あるいは精神衛生)は「不安定」だという宣言や分析が相次ぐなか、異母兄を殺しても正恩の世間的イメージには何の役にも立たないし、政治的利益にもつながらない。

単に噂がますます膨らむだけで、韓国側にそれ見たことかと言わせるような真似を、正恩があえてするだろうかというのは疑わしい。

正男は正恩やその支配態勢にとって脅威ではなかった。指導者になろうとは、まったく思っていなかったのだし。

外国暮らしが長かった正男は、北朝鮮首脳部の間に権力基盤を作ることができなかったし、統治機構のどこをどう掌握すれば実権が握れるのかもほとんど理解していなかった。

正男は、中国指導部と密接につながり、ある程度までは中国当局の保護下にあった。

数カ月前から北朝鮮は、最大の同盟相手で貿易相手の中国との関係強化に尽力していた。

正男が中国政府の一部にとって役立つ存在でなくなったというならともかく、アジア地域における地政学的な利害関係から言っても、正恩が異母兄殺害を命令するのは、理にかなわない。

孫のような存在

正男は平壌に、実態を伴う権力基盤を持ち合わせていなかった。

公にも私的にも、北朝鮮の支配に関心がある様子はほとんど見せなかった。

しかし生まれが生まれだけに、北朝鮮首脳陣の年長者、特に金日成に近かった人たちは正男を孫のような存在として見てきた。

金日成の元側近たちは正男の生い立ちや経歴を承知していた。ゆえに正男に特別な親愛の情を抱く国の英雄が、少なからずいたのだ。

この親近感や関係性が、必ずしも国内政治基盤のもとになるとは限らなかった。しかしもし正男がいつの日か、異母弟の政敵として立ち上がるつもりになったとしたら、役に立つものではあった。

2011年に正恩が権力を握って以来、北朝鮮の国営メディアはこうした革命の長老たちが正恩を褒め称える姿をことさらに伝えてきた。

そして公式行事となると、正恩は常に、ことさらに長老たちを歓迎し、その姿を撮影させていた。

年長者や国の英雄に敬意を払うという次元を、はるかに超えた待遇ぶりだ。

むしろプロパガンダの一環として、北朝鮮建国の世代の祝福を必要としているのは正恩の方だ。そして何より、若き指導者を国の指導陣が一致団結して支えているのだというメッセージを伝えるのが大事なのだ。

もしも正男が権力掌握を目指して、自分こそが正統な後継者であると主張し、正恩に挑戦していたとするなら、自分を支持してくれただろう叔父・張成沢(チャン・ソンテク)と叔母の金敬姫がもはや国の中枢にいないことは、痛手だったはずだ。

張は2013年、正恩の命令で処刑された。そしてそれを機に、敬姫は北朝鮮政治から事実上引退した。

情報操作と歪曲

正男は30年近く、韓国メディアの標的にされ、韓国メディアは正男について情報攪乱(かくらん)を続けてきた。

ビジネス上の行動、あるいは個人としての行動(いずれも逮捕される可能性があった)への配慮から、正男は自分について何を言われ、どういう噂が飛び交っても、ほとんど反論しなかった。

外から北朝鮮の指導部を眺めても、そこに見えるのは「霧」でしかないという状況が望ましいという父親の考えに、正男は従っていた。

とは言うものの、北朝鮮ウォッチャーはひとまず、マレーシア当局がきちんと捜査を進められるよう、しばらく事態を静観すべきだ。

正男の死について、早くも異なる情報が錯綜している。もしかすると、単に心臓発作を起こしただけかもしれないのに。

(英語記事 Death in a dynasty: What led to the demise of Kim Jong-nam? )


逮捕の女、ベトナム旅券所持=逃亡のおとりか、残る数人追う―マレーシア
時事通信 2/15(水) 17:22配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア警察は15日、北朝鮮の金正男氏殺害事件で、容疑者とみられる女1人を逮捕した。

 警察は女がベトナムの旅券を所持していたと発表した。一方、ベルナマ通信は、女はミャンマー人だと伝えたが、続報は途絶えている。謎が深い事件は、東南アジアの国名が入り乱れる複雑な様相を呈しつつある。

 警察は、殺害犯と伝えられた女2人組のうち1人を15日午前8時20分(日本時間同9時20分)ごろ、クアラルンプール国際空港の格安航空会社(LCC)用ターミナルで逮捕した。もう1人の女と事件に関与したとみられる男4人の行方を追っていると報じられたが、ロイター通信は警察がその後「追っているのは数人だ」と人数を曖昧にしたと伝えた。

 警察の声明によると、女の旅券は「ドアン(あるいはゾアン)・ティ・フオン」とベトナム人風の名義で「1988年5月31日、ベトナム北部ナムディン省生まれ」と記載されていた。逮捕時は1人だけで、犯行時に監視カメラに記録された映像と容姿が一致した。

 マレーシア紙「東方日報」(電子版)によると、2人が犯行後、空港から乗ったタクシーの運転手も13日に逮捕されたが、事件と無関係と分かり既に釈放された。当局者は女2人について「ある国に金氏暗殺のために雇われたと考えている」と述べた。また、殺害に使用したとみられる有毒薬物を特定したと語ったが、薬物名への言及は避けた。

 星洲日報(電子版)は、逮捕された女について、犯行時と同じような時間帯の15日朝、空港内を徘徊(はいかい)していたと伝えた。当初は取り調べに対し、もう一人の女からの指示で正男氏に何らかの物体を浴びせたと供述したが、調書を取ろうとすると否認に転じた。

 星洲日報によると、男4人の存在が監視カメラの映像から浮上。また、女1人が空港を徘徊していたのは、残る仲間が逃げるためのおとりだったと警察は考えている。東方日報は「女は犯行後、5人に捨てられた」と報道。犯行後、一緒に行動し、ホテルまで行ったが、突然残る5人は消えてしまったという。

 一方、金氏の遺体は15日朝、検視のためにプトラジャヤの病院からクアラルンプール市内の病院に移された。

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚・2

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

最初の記事

リンク:緊急解説「金正男暗殺」北朝鮮の狙いとは何か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 日本も情報分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏事件、女1人逮捕=常に狙われる身、助命嘆願―暗殺、北朝鮮トップ指示 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の死因は「毒殺」、女2人が関与か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女スパイ、毒殺? =「まるで映画」、過去にも―金正男氏殺害事件 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏事件、女1人逮捕=ミャンマー人か、5人の行方追う―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、命乞いの手紙送っていた 弟・正恩氏に「私や家族を助けてください」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏の韓国亡命を警戒、暗殺実行か…韓国紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害 政府が合同情報会議 菅義偉官房長官「情報収集・分析中」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>米「工作員が暗殺」 5年前から試みか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金正恩氏が暗殺指示」=韓国国情院が見方示す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害で情報収集=政府 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏「殺害されたのは確実」と韓国統一省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本の安全保障に影響ある事象は確認せず=金正男氏殺害で官房長官 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:実行犯か、カメラに若い女…凶器は布?毒針? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北から遺体引き渡し要求、現地警察「まず検視」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国が金正男氏の身辺保護=北朝鮮、「5年前から暗殺」狙う―韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:女2人組が液体かける=金正男氏殺害で―マレーシア紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏は「毒殺」=韓国情報機関 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>米「工作員暗殺」 北朝鮮、遺体返還を要求 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国政府、金正男氏の暗殺を確認 大統領代行「北の残忍性示す」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏は北朝鮮の女性工作員2人が殺害=韓国情報当局 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中国、相次ぐ「親中派」排除に不快感? 金正男氏をパイプ役に働きかけ狙いか - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国は情報収集にてんてこ舞い 大統領不在の国政にまた不安要素 金正男氏殺害 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「正男氏毒殺、正恩氏が指示」=北朝鮮「5年前から狙う」―韓国国情院 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害 正恩委員長の異母兄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺「政権の残虐性」=北朝鮮の仕業なら―韓国大統領代行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:一時は後継最有力、日本に不法入国も…正男氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩政権「粛清」の歴史 粛清や更迭…親族であっても無慈悲に処断 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏は正恩氏にとって目の上たんこぶ/辺編集長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:韓国、国家安全保障会議を開催 金正男氏の死亡受け - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:哀れ、金正男! 知られざる「海外逃避行」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、マレーシアの空港で死亡 何者かが襲撃か - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正恩氏、中国が「保護」してきた競争相手排除か - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

緊急解説「金正男暗殺」北朝鮮の狙いとは何か
東洋経済オンライン 2/15(水) 17:00配信

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏が13日(月)、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害されたという報道が世界を駆け巡った。韓国メディアの情報によると、北朝鮮の工作員に暗殺されたとみられている。12日の弾道ミサイル発射と動きを見せ始めた北朝鮮でいったい何が起こっているのか?  最近、『新版 北朝鮮入門』を出版した北朝鮮専門家の礒﨑敦仁准教授と毎日新聞の澤田克己記者に、今回の事件の背景を解説してもらった。 

 金正男氏がマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害されたという。金正男氏は、金正日(キム・ジョンイル)国防委員長の長男として知られるが、長らく権力の中枢から遠ざかっており、北朝鮮国内でもほとんど知られていない。

 金正男氏自身が、金正恩国務委員長とは一度も会ったことがないと証言したほど、父親は複数ある家庭を別個に接していた。日本では金正恩委員長の「異母兄」と表現されることが多いものの、ロイヤルファミリーの一員でなくなってから久しく、金正恩政権を脅かすような存在ではまったくなかった。殺害によって北朝鮮国内の政治状況に変化が出るようなことはないだろう。

 金正男氏殺害の目的は知る由もないが、この衝撃的なニュースを聞いてすぐに想起したのは李韓永(イ・ハニョン)殺害事件であった。李韓永氏は、金正日氏の元妻・成恵琳(ソン・ヘリム)氏の実姉である成恵琅(ソン・ヘラン)氏の息子だ。

政治には関心がなかった金正男氏
 金正日氏にとってはおいであり、金正男氏の従兄にあたる。金正男氏と同じくジュネーブに留学した後、1982年に韓国へ亡命した。ロイヤルファミリーについての暴露本を出版して注目されたが、1997年2月にソウル郊外で銃撃され死亡した。韓国側の発表によれば、北朝鮮工作員の犯行であった。

■「私は政治には関心がない」

 金正男氏が後継者だと考えられたのは1990年代後半のことである。1971年生まれの金正男氏は成人していたが、1984年生まれである三男の金正恩氏はまだ10代の少年だった。金正恩氏と同じ母から生まれた金正哲(キム・ジョンチョル)氏も1981年生まれで、同様である。この段階で後継者ということになれば年齢的に金正男氏しかいなかった。儒教の影響を念頭に、やはり長男だろうという説も根強かった。

 しかし、金正男氏は2001年に偽造旅券を所持していたとして成田空港で拘束される事件を起こした。「東京ディズニーランドに行こうと思っていた」という陳述とともに、国外追放された映像が世界中に流れたことで、金正男氏の国際的イメージは回復不能のダメージを負った。

 まだ59歳だった金正日氏にとって後継者問題は喫緊の課題ではなかったこともあり、この時点で金正男後継は完全になくなったというのが多数説だ。金正日氏が後継問題を真剣に考え始めたのは、自身が2008年8月に脳卒中で倒れてからとみられている。

 金正男氏については、成田空港で拘束された際に身辺警護がほとんど付いていなかったことから、もともと後継候補ではなかった可能性も捨てがたい。金正男氏は2011年、中国南部の都市で「東京新聞」のインタビューに応じ、「私は政治には関心がない。あの事件で私の運命が変わったということはない」と述べてもいる。後継者候補だったとすれば、妻と幼い子どもの3人に対して女性の付き人が1人だけ同行しての外国旅行というのは考えづらいのである。

 成田空港事件直後ではあるが、金正日氏が2001年夏にシベリア鉄道を使って訪露した際に、列車内で長い時間を共に過ごしたロシアのコンスタンチン・プリコフスキー元極東連邦管区大統領全権代表の証言に着目してもいいだろう。

 プリコフスキー氏は2012年5月に放映された「NHKスペシャル」で、後継者に関する金正日氏との会話を明らかにしている。金正日氏は、金正男氏と金正哲氏は政治に関心を持っていないと語り、この時点ですでに後継者として金正恩氏か妹の金与正(キム・ヨジョン)氏を考えていたという。

金日成主席死去後の動きに似ている
 金正日死去後5年余りの北朝鮮情勢を観察すると、初代最高指導者である金日成(キム・イルソン)主席死去後の動きとパラレルにとらえうることが多いことに気づく。

 死去事実の公表や葬儀の手順に始まり、死去後3カ月ほどで米朝間の外交的妥結(金日成死去後には核問題に関するジュネーブ合意、金正日死去後にも核・ミサイル問題に関する「2・29合意」が行われた)があった。さらに、主要幹部の交代が進み、一部幹部の処刑など粛清劇が伝えられたことや、軍視察を重視して軍部の掌握を進めたこと、憲法改正による組織再編と最高領導者のポスト(呼称)変更したこと、首脳外交・外遊の停止など、挙げればきりがない。

 たとえば、金正恩委員長は、現在に至るまで首脳外交・外遊を行っていないが、金正日氏もまた1994年の金日成死去から6年余りにわたって首脳外交を行わなかった。それゆえ、金正恩委員長が幹部人事や軍視察といった内政固めに集中していることは、北朝鮮の軌跡からすればまったく異例とはいえないことがわかるのである。

 金正日政権初期と金正恩政権初期に見られる共通性、類似性には、政権側が意図して行っている政策的なもの、すなわち相関関係、さらには因果関係が見いだせるものと、単なる偶然かもしれないものの双方が混在する。共通性の抽出は、特殊性の説明を容易にする。

 例えば、金正日政権下では徐寛熙(ソ・グヮニ)農業担当書記が処刑されたと伝えられたが、金正恩政権下ではより高位にあった張成沢(チャン・ソンテク)国防委員会副委員長が処刑され、その事実が即時公表された。これらの相対化は、金正恩政権下で高級幹部に対する「恐怖政治」の度合いが強まったことを示すことになる。

■大物幹部の亡命阻止が目的か? 

 ここで注目されるべきは、金正日政権初期には起きて、現在は見られない現象である。その1つが、高位級幹部の亡命だ。先述の李韓永氏殺害は、黄長燁(ファン・ジャンヨプ)書記が北京の韓国大使館に亡命申請を行った直後の惨事であった。黄長燁書記は、金日成綜合大学総長や朝鮮労働党国際担当書記を歴任し、「主体思想」の理論体系構築に貢献したとされる。当時の権力序列で26位という超大物である。

金正恩政権は謎に包まれている
 しかし、金正恩政権下では、黄長燁クラスの大物幹部が韓国などに亡命したとの報道はまだない。最近、太永浩(テ・ヨンホ)駐英国公使が韓国に亡命したことが注目されているのは、高位級幹部の亡命者が少ない中、亡命申請直後から太永浩公使が金正恩体制を強く非難しているからである。

 同じ外交官の亡命であっても、黄長燁書記が亡命を果たしたのと同じ1997年に行方をくらませ、後に米国への亡命が報じられた張承吉(チャン・スンギル)駐エジプト大使のほうが北朝鮮に与えた打撃は大きかったと考えられる。北朝鮮の主要な武器輸出先の1つであったエジプトに駐在する大使と、ほとんど経済関係のない英国に駐在していた公使、どちらが重要な情報を持っていたかは一目瞭然であろう。

 太永浩公使の証言を軽視するつもりはないが、かの体制が最高領導者ひとりに権力が集中していると考える以上は、金正恩委員長を直接知る人物か否かが証言の重要性を決定づけるのである。太永浩公使がそうした位置にいたと考えることは難しい。黄長燁クラスの証言がないことが、金正恩政権内部の動きを見誤ることが多い要因になっているといえる。

■謎に包まれた金正恩政権

 金正日政権もブラックボックスのように言われたものだが、金正恩政権に比べれば多くの証言があったのである。本稿で触れた金正男氏、李韓永氏、成恵琅氏、黄長燁氏の証言は出版されている。彼らの証言は日本語に翻訳出版されてもおり、一般の人でも手軽に読むことができる。

 金正男氏は2011年の金正日死去後、外部社会に露出することはほとんどなく、マカオや東南アジアを拠点として慎重に行動していたように思われた。一部報道によれば、3代世襲を批判するような発言をしたことを悔いていたという。

 金正恩政権の内情を知っていたと考えるのも難しいため、外部への暴露などをできる立場でもなかった。それだけに殺害の目的とタイミングには謎が残る。ただ、今回の事件は、すでに韓国などに亡命した元高官らを萎縮させる効果を生むことにはなるだろう。


金正男氏殺害 日本も情報分析
ホウドウキョク 2/15(水) 16:52配信

金正男(キム・ジョンナム)氏の殺害について、政府は、合同情報会議を開くなど、情報分析にあたっている。
菅官房長官は、「本日朝に、杉田副長官を議長とする合同情報会議を開催し、関係国と連携しながら情報収集分析を行っています」と述べた。
菅官房長官は15日の会見で、金正男氏の殺害に関して、関係国と連携しながら情報収集を行うとともに、杉田副長官のもとで関係省庁の局長などによる合同情報会議を開催し、情報分析をしていることを明らかにした。
しかし、分析内容について、発言は控えると述べた。
また、菅長官は「わが国の安全保障に直接影響のあるような特異な事象は、確認をしていない」と述べた。


金正男氏事件、女1人逮捕=常に狙われる身、助命嘆願―暗殺、北朝鮮トップ指示
時事通信 2/15(水) 16:34配信

 【ソウル、クアラルンプール時事】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏殺害事件は15日、発生から3日目を迎え、現場となったマレーシアでは容疑者が逮捕されるなど解明に向けた動きが進んだ。

 韓国では情報機関、国家情報院(国情院)が15日、「金正恩政権発足後(暗殺の)継続的な指示があった。5年前から暗殺を試みていた」と国会情報委員会に報告、事実なら正男氏は北朝鮮最高指導者の指示で常に命を狙われる身だったことになる。

 マレーシア警察は15日、実行犯とみられる女2人組のうち1人をこの日朝(日本時間同)、暗殺現場と同じクアラルンプール国際空港で逮捕したと発表した。警察によると、女はベトナムの旅券を持っていたが、ミャンマー人とも報じられている。もう1人の女と、監視カメラの映像から浮上した仲間とみられる男らの行方を追っている。

 マレーシア紙スター(電子版)は同日、正男氏の遺体の検視が終了したと伝えた。マレーシア政府筋がロイター通信に語ったところでは、現地の北朝鮮大使館は検視に反対して遺体の即時引き渡しを要求したが、マレーシア側は拒否した。

 マレーシア紙・東方日報によると、警察は殺害に使用されたとみられる有毒薬物を特定したと主張している。15日に逮捕された女は、残りの仲間が逃走するため、おとりにされた可能性があると警察は考えている。

 一方、国情院によると、正男氏は2012年4月、「私と家族を助けてほしい」と暗殺指令の撤回を求める助命嘆願書を正恩氏に送っていた。しかし、その後も北朝鮮当局は暗殺の機会をうかがっていたとみられる。

 正男氏の身辺を保護していたのは中国当局で、暗殺を強行すれば中国との関係悪化が予想される。それにもかかわらず殺害した理由について国情院は「正恩氏の性格に起因しているのではないか」と分析した。

 韓国亡命阻止を狙ったという報道もあるが、国情院は「これまで亡命を試みたことはなかった」と説明した。家族は北京とマカオにおり、中国当局が保護しているという。


金正男氏の死因は「毒殺」、女2人が関与か
CNN.co.jp 2/15(水) 16:26配信

香港(CNN) 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏とみられる男性がマレーシアの空港で死亡した事件で、韓国当局は15日、正男氏が何者かに殺害されたとの見解を発表した。

韓国国会情報委員会の委員長が同日の記者会見で、正男氏は毒物で殺されたと述べた。容疑者については「2人のアジア人女性とみられる」と語った。

韓国がどこから情報を入手し、毒物がどう使われたのかは明らかでない。

韓国統一省はCNNに、マレーシア当局と協力してさらに情報収集を進めていると述べた。

同委員長によると、正男氏は13日、マレーシアの首都クアラルンプールから家族のいるマカオに向かおうとしていた。マレーシア警察は、正男氏が空港で体調不良を訴え、病院へ運ばれる途中で死亡したと発表している。

韓国の大統領府によると、黄教安(ファンギョアン)大統領代行兼首相はこの事件を受け、15日午前に国家安全保障会議(NSC)の会合を開いた。

マレーシアの北朝鮮大使館はCNNの取材に対し、正男氏の死に関する情報は何も入っていないと述べた。


女スパイ、毒殺? =「まるで映画」、過去にも―金正男氏殺害事件
時事通信 2/15(水) 15:51配信

 【ソウル時事】北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏がマレーシアで殺害された事件は、女性工作員が空港で毒物を使用したとみられている。

 北朝鮮は過去にペン型の毒針で暗殺を企てたこともあるが、出発便を待つ一般客が見守る空港内で朝から堂々と敢行した犯罪に、北朝鮮に詳しい専門家からさえ「まるで映画のようだ」と驚きの声が上がる。

 韓国の情報機関・国家情報院(国情院)などによると、正男氏は現地時間13日午前9時(日本時間同10時)ごろ、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された。マカオ行きの便に搭乗するため自動チェックイン機を利用していたところを襲われたとみられる。

 国情院は、女2人のうち1人が接触した直後、正男氏が助けを求めたと説明している。正男氏は病院へ搬送中に死亡、女2人はタクシーで逃亡した。国情院から説明を受けた議員は「毒物によるテロと推定される」と語った。一方、「注射か毒針かは解剖しないと分からない」と述べている。液体をかけたと伝える報道もあり、殺害の方法はまだ特定されていない。

 韓国政府は2011年、北朝鮮から指令を受け、保守系団体代表の殺害を企てた罪で脱北者の男を起訴した。男に絡む捜索で長さ11ミリの毒針を仕込んだペンや銃を押収。懐中電灯などを装った銃には刃を付けた弾頭が使用され、刃には10ミリグラムの摂取で即死する猛毒が使われていた。


金正男氏事件、女1人逮捕=ミャンマー人か、5人の行方追う―マレーシア紙
時事通信 2/15(水) 15:33配信

 【クアラルンプール時事】マレーシア紙「東方日報」(電子版)は15日、北朝鮮の金正男氏を殺害したとみられる女2人組のうち、1人をこの日朝、警察当局がクアラルンプール国際空港で逮捕したと報じた。

 ベルナマ通信は、女についてミャンマー人とみられると伝えた。もう1人の女と事件に関与したとみられる男4人の行方を追っている。

 ただ、東方日報などによると、マレーシア警察当局者は、殺害を実行した女は2人ともベトナム人だと述べた。また、2人が犯行後、クアラルンプール国際空港から乗ったタクシーの運転手を13日に逮捕していることも明らかにした。当局者は女2人について「ある国に金氏暗殺のために雇われたと考えている」と述べた。また、殺害に使用したとみられる有毒薬物を特定したと語ったが、薬物名の言及は避けた。

 星洲日報(電子版)は、逮捕された女について、犯行の時間帯と同じような15日午前9時(日本時間同10時)ごろ、空港内を徘徊(はいかい)していたと伝えた。当初は取り調べに対し、別のベトナム人の女からの指示で正男氏に何らかの物体を浴びせたと供述したが、調書を取ろうとすると否認に転じた。

 星洲日報によると、男4人の存在は監視カメラの映像から浮上。また、女1人が空港を徘徊していたのは、残る仲間が逃げるためのおとりだったと警察は考えている。

 一方、金氏の遺体は15日朝、検視のためにプトラジャヤの病院からクアラルンプール市内の病院に移された。


金正男氏、命乞いの手紙送っていた 弟・正恩氏に「私や家族を助けてください」
産経新聞 2/15(水) 14:20配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアで死亡したとされる金正男(ジョンナム)氏(45)について、韓国統一省報道官は15日、「政府は殺害されたのは確実だと判断している」と記者会見で述べた。情報機関、国家情報院は、正恩政権発足直後の2012年にも北朝鮮当局が本格的に正男氏の暗殺を企てたと明らかにした。米韓当局は、北朝鮮工作員による暗殺との見方を強めている。

 国情院が15日、国会議員に説明したところによると、金正男氏が13日午前9時ごろ、クアラルンプール空港で、マカオ行きの便に搭乗するため、列に並んでいたところ、若い女2人が接近し、うち1人が正男氏の体に接触した。その後、正男氏は空港のカウンターに助けを求め、近くの病院に搬送されたが、死亡した。米政府当局者はロイター通信に、北朝鮮工作員による殺害だと「強く信じている」と語った。

 マレーシア紙スター(電子)は、空港の防犯カメラに写った白いシャツを着た女の映像を報道。同国警察が現場から立ち去った女2人の行方を追っている。当局は2人がマレーシアを出国していないとみている。

 同紙などによると、北朝鮮大使館が遺体の引き渡しを求めているが、マレーシア当局は遺体を解剖し、死因を調べる。毒殺とみられるが、毒針や注射器による注入が考えられるほか、顔に液体をかけられたとの情報もある。

 国情院の説明によると、北朝鮮の工作機関が暗殺を狙う動きは12年ごろから確認され、その年の4月には、正男氏が最高指導者に就任した金委員長に宛て「私や私の家族を助けてください」と記した手紙を送ったという。手紙には、自分たちを処罰する命令を中止するよう求めた上で、「私たちは行くところも避けるところもなく、逃げ道は自殺だけだとよく分かっている」と書かれていたという。(ソウル 桜井紀雄)


正男氏の韓国亡命を警戒、暗殺実行か…韓国紙
読売新聞 2/15(水) 13:45配信

 15日付の韓国紙・朝鮮日報は消息筋の話として、北朝鮮当局が金正男(キムジョンナム)氏の韓国亡命を警戒し、暗殺を実行したとの見方を報じた。

 韓国政府は、過去に正男氏の亡命を計画したことがあり、北朝鮮国籍でも比較的自由に出入国できるマレーシアは、高い地位の脱北者の亡命ルートとして使われたことがあったという。東亜日報によると、北朝鮮関係者は正男氏亡命を警戒し、在マレーシア韓国大使館の周辺を監視していたという。


金正男氏殺害 政府が合同情報会議 菅義偉官房長官「情報収集・分析中」
産経新聞 2/15(水) 13:14配信

 菅義偉官房長官は15日の記者会見で、北朝鮮の金正男氏殺害の情報を受け、警察や外務省など関係省庁で構成する政府の「合同情報会議」(議長・杉田和博官房副長官)を同日午前、官邸で開いたと発表した。菅氏は「関係国と連携しながら、情報収集・分析を行っている」と述べた。内容については「事柄の性質上、控えたい」とした。

 菅氏は北朝鮮内の権力構造について「現時点では、わが国の安全保障に直接影響があるような特異な事象は確認していない」と指摘。「北朝鮮の動向について、政府として平素から重大な関心を持って注視し、警戒・情報収集している」と語った。


<金正男氏殺害>米「工作員が暗殺」 5年前から試みか
毎日新聞 2/15(水) 13:04配信

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された事件で、ロイター通信は15日、米政府当局者が北朝鮮の工作員によって暗殺されたとみていると伝えた。北朝鮮大使館側は遺体の引き渡しを求めているが、遺体は正男氏の家族に引き渡されるとの見方がある。マレーシア当局は15日に遺体を司法解剖する。

 韓国統一省報道官は15日午前、「殺害された人物が金正男だと確実視している」と述べた。韓国政府はこの日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の権限代行を務める黄教安(ファン・ギョアン)首相主宰の国家安全保障会議(NSC)を開催。黄氏は「もし北朝鮮による犯行だと確認されたら、金正恩政権の残虐性と反人道性を示すものだ」と述べ、引き続きマレーシア当局と緊密に連携するよう指示した。

 一方、韓国の情報機関、国家情報院は15日、正男氏が毒物で殺害されたとの見方を示した。毒針説や顔に液体をかけられたとの見方などが錯綜(さくそう)しており、マレーシア当局による検視結果を確認する必要があるとした。国情院から説明を受けた国会議員が記者団に明らかにした。

 説明などによると、正男氏は今月6日、マレーシア入り。13日午前9時(日本時間同10時)ごろ、クアラルンプール国際空港の格安航空会社(LCC)専用ターミナルで、マカオ行きの便の搭乗手続きをするため列に並んでいたところ、若い女2人が正男氏に近づいた。

 この後、体調不良を訴えた正男氏は航空会社のカウンターにいた職員に助けを求め、病院に向かったが、搬送中に死亡した。女2人はタクシーで逃走した。2人は「アジア系」で、北朝鮮の工作員と推定されるという。

 正男氏に対する暗殺の試みは、正恩氏が最高指導者となった12年に本格化。正男氏は12年4月、正恩氏に対し、「私と家族を助けてほしい。(正男氏を)こらしめる命令を取り消してほしい」との書簡を送ったこともあるという。


「金正恩氏が暗殺指示」=韓国国情院が見方示す
時事通信 2/15(水) 12:23配信

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、北朝鮮の金正男氏暗殺について、「金正恩政権発足後、スタンディングオーダー(継続的な指示)があった」と明らかにし、最高指導者の指示によるものとの見方を示した。

 実行犯とみられる女2人については「タクシーで移動しており、まだ、マレーシアから脱出できていないとみられる」と指摘した。


金正男氏殺害で情報収集=政府
時事通信 2/15(水) 12:22配信

 政府は15日午前、北朝鮮の金正男氏が殺害されたとの情報を受け、杉田和博官房副長官をトップとする合同情報会議を首相官邸で開催し、情報収集・分析に当たった。

 会議には、谷内正太郎国家安全保障局長、兼原信克官房副長官補、北村滋内閣情報官が出席。警察庁や公安調査庁など関係省庁の局長らも集まった。

 菅義偉官房長官は同日の記者会見で、「わが国の安全保障に直接影響があるような特異な事象は確認していない」と指摘した。合同情報会議の具体的な内容については明らかにしなかった。


金正男氏「殺害されたのは確実」と韓国統一省
産経新聞 2/15(水) 12:12配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害されたとされる事件で、韓国統一省報道官は15日、記者会見で、殺害されたのは確実だという認識を示した。

 報道官は殺害とする根拠については明らかにせず、死因についてはマレーシア当局が調査中だとした。

 現場となったマレーシアは、北朝鮮工作機関の拠点の一つ。正男氏もビジネス拠点として頻繁に往来しており、最も狙いやすい場所として選ばれた可能性が高い。(ソウル 桜井紀雄)


日本の安全保障に影響ある事象は確認せず=金正男氏殺害で官房長官
ロイター 2/15(水) 12:12配信

[東京 15日 ロイター] - 菅義偉官房長官は15日午前の会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されたとの報道に関連して「現時点で日本の安全保障に直接影響のある特異な事象は確認していない」と述べた。

韓国政府は15日、金正男氏がマレーシアで殺害されたことを確認している。政府は杉田和博官房副長官のもとで合同情報会議を開催し、情報収集や分析を行ったが、菅官房長官は「具体的な情報内容や分析については答えるのを控えたい」とした。

菅官房長官はまた、北朝鮮の動向については平素より重大な関心をもって注視し、警戒、情報収集に努めている、と述べた。

東芝<6502.T>が米原発事業での新たな不正疑惑で決算発表を延期したことについては「一般論で言えば、上場企業は監査法人との関係を含め、十分な情報開示が重要であり、適切に行われるべきだ」と指摘。「東芝はフラッシュメモリーという日本の成長戦略上、非常に重要な技術、さらには国内における原子力事業、とくに廃炉、汚染水対策にも関与している企業であるため、今後の対応について政府としてしっかり注視していきたい」と語った。

(石田仁志)


実行犯か、カメラに若い女…凶器は布?毒針?
読売新聞 2/15(水) 12:10配信

 【クアラルンプール=児玉浩太郎、ソウル=中島健太郎】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の長男、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害されたクアラルンプール国際空港では、監視カメラが実行犯とみられる若い女の姿をとらえており、マレーシア当局は北朝鮮工作員の可能性もあるとみて行方を追っている。

 警察関係者によると、事件現場は、同空港の第2ターミナル。2014年5月に開港した格安航空会社(LCC)専用の新しいターミナルで、出発ロビーには飲食店などが立ち並び、搭乗客で混雑している。

 正男氏は13日午前、同ターミナルの自動チェックイン機で搭乗手続きをしようとしたところ、女に背後から襲われた。ロイター通信はマレーシア警察関係者の話として、正男氏は死亡する直前、「誰かに顔を引っ張られたように感じると同時にめまいがした」と話したと伝えた。

 実行犯が使った凶器については、「致死性のある液体を含んだ布」や「毒針」などの説が出ている。


北から遺体引き渡し要求、現地警察「まず検視」
読売新聞 2/15(水) 12:05配信

 【ソウル=井上宗典、クアラルンプール=児玉浩太郎】韓国統一省報道官は15日、定例記者会見で、クアラルンプール国際空港で13日に殺害されたのは、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)・朝鮮労働党委員長(34)の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)だと「確実視される」と述べた。

 韓国政府が正男氏殺害をほぼ断定したことで、犯人像や死因、殺害動機の解明が焦点となる。マレーシア紙「スター」(電子版)によると、マレーシア警察に、北朝鮮から遺体の引き渡し要求があったが、警察は「我々はまず検視を行う」としているという。

 統一省報道官は、死因はマレーシア警察が「調査中」と述べるにとどめた。

 韓国の情報機関・国家情報院は15日、国会情報委員会で、遺体の写真を基に金正男氏と判断し、毒物が使われたと報告した。正男氏は空港に1人でいたという。


中国が金正男氏の身辺保護=北朝鮮、「5年前から暗殺」狙う―韓国情報機関
時事通信 2/15(水) 11:56配信

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、「中国が(北朝鮮の)金正男氏の身辺を保護していた」と明らかにした。

 説明を受けた議員が記者団に述べた。

 また「(北朝鮮は)5年前から暗殺を試みていた」と指摘した。正男氏が殺害されれば、中国との関係悪化が予想されるにもかかわらず殺害した理由については、国情院は「分からない」と回答したという。


女2人組が液体かける=金正男氏殺害で―マレーシア紙
時事通信 2/15(水) 11:53配信

 【クアラルンプール時事】15日付のマレーシア有力紙スターは、北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害されたことに関し、色白の肩まで髪が伸びた北朝鮮人とみられる女2人組がクアラルンプール国際空港で金氏の顔をつかみ、液体をかけて現場を離れたと報じた。

 女の1人は白い衣服にデニムのスカートを着て、青いリュックサックを持っていた。もう1人は青い服にジーンズの格好をしていた。2人は犯行後、足早に歩いて空港ターミナルを出てタクシーに乗ったという。


金正男氏は「毒殺」=韓国情報機関
時事通信 2/15(水) 11:38配信

 【ソウル時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、北朝鮮の金正男氏が毒物で殺害されたという見方を明らかにした。

 説明を受けた議員が記者団に明らかにした。

 国情院は「毒物(による殺害)は間違いないが、毒針だったかどうかは、司法解剖を通じて確認する必要がある」と指摘したという。


<金正男氏殺害>米「工作員暗殺」 北朝鮮、遺体返還を要求
毎日新聞 2/15(水) 11:34配信

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された事件で、ロイター通信は15日、米政府当局者が北朝鮮の工作員によって暗殺されたとみていると伝えた。マレーシア紙「スター」(電子版)によると、北朝鮮大使館側は遺体の引き渡しを求めているが、マレーシア当局はまず検死を行い、死因の調査に当たるとしている。

 韓国統一省報道官は15日午前、「殺害された人物が金正男だと確実視している」と述べた。韓国政府はこの日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の権限代行を務める黄教安(ファン・ギョアン)首相主宰の国家安全保障会議(NSC)を開催。黄氏は「もし北朝鮮による犯行だと確認されたら、金正恩政権の残虐性と反人道性を示すものだ」と述べ、引き続きマレーシア当局と緊密に連携するよう指示した。

 現地報道や韓国メディアなどの情報を総合すると、正男氏は13日午前9時(日本時間同午前10時)ごろ、クアラルンプール国際空港の格安航空会社(LCC)専用ターミナルで、午前10時(同午前11時)発のマカオ行き便の搭乗手続きをしていたところ、女2人に襲われた模様だ。正男氏は空港スタッフに「何者かに後ろからつかまれて、顔に液体をかけられた」と体調不良を訴えた。毒のような液体を含ませた布が顔にかぶせられたとの報道もある。正男氏は空港の診療所に運ばれた後、近くの病院に向かう途中で死亡が確認された。マレーシア警察は防犯カメラの映像などから女2人の行方を追っている。

 マレーシア警察の発表によると、正男氏とみられる男性が持っていた旅券(パスポート)には「キム・チョル、1970年6月10日、平壌生まれ」と記されていた。「キム・チョル」は正男氏が偽造旅券を使う際、頻繁に使用された名前とされる。正男氏は今月6日、マカオからマレーシアに入国したという。

 韓国紙・朝鮮日報によると、マレーシアには北朝鮮の海外工作機関である朝鮮人民軍偵察総局傘下のサイバー作戦基地があるとされる。正男氏の暗殺指令情報はこれまでもたびたび流れており、正男氏は危険を感じて韓国など第三国への亡命を図ろうとしていたとの情報もある。


韓国政府、金正男氏の暗殺を確認 大統領代行「北の残忍性示す」
AFP=時事 2/15(水) 11:19配信

【AFP=時事】(更新・写真追加)韓国政府は15日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏がマレーシア・クアラルンプール(Kuala Lumpur)の空港で暗殺されたとの報道は事実だと確認した。

 韓国統一省の報道官は「わが政府は殺害された男性は金正男だと確信している」と述べた。

 これに先立つ同日朝、韓国の黄教安(ファン・ギョアン、Hwang Kyo-Ahn)大統領代行(首相)は緊急に開いた国家安全保障会議(NSC)の会合で、金正男氏の暗殺が事実だとすれば「北朝鮮の政権の残忍性、非人道性を示す一例だ」と述べていた。

 黄氏は「われわれはこの事件を極めて深刻に受け止めており、北の情勢を注意深く監視している」とし、引き続き北朝鮮の挑発行為を警戒するようNSCに命じた。

 正男氏の殺害には2人の工作員の女が関わったとされ、マレーシアや韓国からの報道によると、2人は毒針または化学物質のスプレーを使ったとみられる。

 マレーシア紙スター(The Star)がスランゴール(Selangor)州の捜査当局トップの話として伝えたところによると、「彼(正男氏)は出発ターミナルのサービスカウンターの係員に、何者かが背後から顔をつかみ、何らかの液体をかけたと話した」「彼は助けを求め、空港の診療所に送られた。その際、既に頭痛を訴え、意識を失いそうになっていた」という。

 韓国メディアは先に、2人の工作員の女が殺害に毒針を使用し、タクシーで逃走したと報じていた。

 マレーシアの警察当局は15日、同日中に金正男氏とされる遺体の司法解剖を行うことを明らかにした。【翻訳編集】 AFPBB News


金正男氏は北朝鮮の女性工作員2人が殺害=韓国情報当局
ロイター 2/15(水) 11:16配信

[ソウル/クアラルンプール 15日 ロイター] - 韓国の情報当局は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで北朝鮮の女性工作員2人によって暗殺されたとみている。正恩氏は正男氏の暗殺を以前から指示していたという。

情報当局の説明を受けた議員らが15日、明らかにした。当局は暗殺に毒が使われたとみている。

マレーシア警察によると、正男氏は13日、マカオに向かうため訪れたクアラルンプール国際空港で体調不良を訴えた後、病院に搬送される途中で死亡した。現地の医療当局は死因を調べている。

米政府関係筋は先に、ロイターに対し、正男氏は北朝鮮の工作員によって殺害されたとの見方を示していた。

韓国の議員らによると、正男氏は中国政府の保護の下、妻とマカオで暮らしていた。

正男氏は長年、北朝鮮の外で生活し、国際的に孤立状態にある母国の王朝的な支配体制について公に批判してきた。

韓国の大統領代行を務める黄教安首相は15日の国家安全保障会議で「北朝鮮の指導部の指示で金正男氏が殺害されたと確認できた場合、金正恩体制の残虐さが明らかになる」と語った。


中国、相次ぐ「親中派」排除に不快感? 金正男氏をパイプ役に働きかけ狙いか
産経新聞 2/15(水) 11:10配信

 中国が一時、事実上の庇護下に置いていた金正男氏が北朝鮮当局によって暗殺された疑いが出ている。中国にとっては2013年に粛清された張成沢氏に続き、「親中派」の北朝鮮人脈が排除された格好で、習近平政権が不快感を抱いている可能性がある。

 そもそも中国側が正男氏に接近したのは、金一族へのパイプとして「改革開放」路線の採用を金正日総書記に働きかけるのが狙いだったとされる。正男氏自身も開放路線の必要性を公言していた。中国メディアによると正男氏は2007~11年ごろ、マカオでホテル暮らしをするなど、中国当局から半ば公然と“特別扱い”を受けていた。

 正恩氏が張氏を粛清した背景には、異母兄である正男氏を中国がクーデターのために担ぎ出すシナリオへの恐れがあったとされる。

 ただ正男氏はすでに中国の庇護から離れ、北朝鮮の政権中枢への影響力もない。同氏の排除による中国の対北朝鮮政策への直接的な影響はなさそうだ。中国側としては表立った非難もできないため、当面は静観せざるを得ないが、金正恩政権への不信感が高まり、中朝間の関係冷却が一層進む可能性はある。

 正男氏の殺害について、中国国営新華社通信は14日夜に韓国メディアを引用する形で速報し、ネットメディアも大きな関心を寄せている。ただ官製メディアが運営するニュースサイトの中では、事件自体を扱っていないサイトも目立つ。(北京 西見由章)


韓国は情報収集にてんてこ舞い 大統領不在の国政にまた不安要素 金正男氏殺害
産経新聞 2/15(水) 11:08配信

926
金正男氏=マカオ市内(清水満撮影)(写真:産経新聞)

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害されたとのニュースを韓国各メディアは14日夜、「韓国政府関係者」の話として一斉に速報やトップニュースで伝えた。

 一方、韓国のテレビ各局は韓国外務省が「確認できていない」と報じるなど、当初は情報が錯綜。金正男氏が北朝鮮工作員に暗殺された可能性が高いとみて、専門家を出演させるなどの分析報道を続けた。

 朴槿恵大統領が弾劾訴追され権限が停止している中、大統領府は「外交、安保の部署が対処する」(韓国メディア)と答えるにとどまり、この間、韓国政府は情報収集に追われた。

 韓国では朴大統領の友人で女性実業家の国政介入事件で、国政が4カ月近く停止している。12日には北朝鮮が「新型弾道ミサイル」を発射した。

 そんな中で、金正男暗殺というトップ級の事件がさらに韓国を揺るがせた。朴氏にからむ一連の国内問題と4カ月ぶりの北朝鮮によるミサイル発射の対応に追われ、てんてこ舞い状態の韓国政府。北からの不安要素も加わったことで、大統領不在の国政運営への影響が注目される。(ソウル 名村隆寛)


「正男氏毒殺、正恩氏が指示」=北朝鮮「5年前から狙う」―韓国国情院
時事通信 2/15(水) 11:06配信

 【ソウル、クアラルンプール時事】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は15日、北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏がマレーシアで毒物で殺害されたという見方を示した。

 また、暗殺に関して「金正恩政権発足後、スタンディングオーダー(継続的な指示)があった」とした上で、最高指導者の指示で「(北朝鮮は)5年前から暗殺を試みていた」と指摘。「中国が金正男氏の身辺を保護していた」との情報も明らかにした。国家情報院から説明を受けた議員が記者団に明らかにした。

 日本政府関係者は、金正男氏を殺害したとされる女2人について「死亡したと聞いている」と語った。

 韓国統一省報道官も15日、殺害された人物について「政府は金正男氏だと確実視されると判断している」と述べ、ほぼ断定したと言明した。

 正男氏を殺害すれば、中国との関係悪化が予想されるにもかかわらず暗殺した理由については、国情院は「分からないが、(金正恩朝鮮労働党委員長の)性格のせいではないか」と回答したという。

 国情院は「毒物(による殺害)は間違いないが、毒針だったかどうかは、司法解剖を通じて確認する必要がある」と説明した。国情院はまた、金正男氏が亡命を試みたことはなかったとの見解も示した。

 一方、韓国の黄教安大統領代行(首相)は15日、国家安全保障会議(NSC)常任委員会を主宰し、「金正恩政権の残虐性、反倫理性を見せつける事件だ」と非難した。黄代行は「わが政府はこの事件を極めて重大だと認識し、北朝鮮の動向を注視している」と述べ、真相把握のため、マレーシア当局と緊密に協力するよう指示した。さらに、「北朝鮮の新たな挑発などあらゆる可能性を念頭に置き、徹底した対応策を検討しなければならない」と強調した。

 15日付のマレーシア有力紙スターは、色白の肩まで髪が伸びた北朝鮮人とみられる女2人組がクアラルンプール国際空港で金氏の顔をつかみ、液体をかけて現場を離れたと報じた。


北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害 正恩委員長の異母兄
BBC News 2/15(水) 11:04配信

933
北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害 正恩委員長の異母兄

北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩・朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が13日午前、マレーシアの首都クアラルンプールの国際空港で殺害された。女性が後ろから「液体を含んだ布」を持って近づき、正男氏の顔を覆ったという地元報道もあり、毒殺の可能性が指摘されている。

韓国政府は、殺害されたのが金正男氏なのは確実だとの見方を表明。黄教安首相(大統領権限代行)は、北朝鮮の犯行と確認された場合、「金正恩政権の残虐性と人倫にもとる性質を示すものだ」と述べた。

北朝鮮は正男氏の死去についてコメントしていないが、駐マレーシアの大使館関係者が、正男氏の遺体が運ばれたクアラルンプールの病院を次々と訪れている。

匿名の米政府筋は、北朝鮮の工作員に毒殺されたと受け止めていると述べている。

マレーシア紙スターはマレーシア警察関係者の情報として、偽名の旅券を持った正男氏が同日午前9時ごろ、空港の格安便ターミナルで午前10時発のマカオ行便を待っていたところ、女性に布で顔を覆われ、目の痛みを訴えたと伝えている。襲撃の具体的な方法についての情報は錯綜しており、正男氏が空港係員に「後ろから誰かにつかまれ、顔に液体をかけられた」と訴えたという情報もある。当初は、「スプレー」あるいは「毒針」が使われたとの報道もあった。

マレーシア警察のファドジル・アフマト氏は地元ベルナマ通信に対して、「液体のせいで目が赤く腫れあがった」正男氏は、近くのプトラジャヤの病院に搬送中に死亡したと話した。

正男氏死亡の情報は14日になるまで公表されなかった。検死が行われたが、結果は公表されていない。

正男氏は一時は有力な後継者候補とみられていたが、金総書記と後妻の間に生まれた金正哲、正恩兄弟と対立。2001年に「東京ディズニーランドに行くつもり」と言い偽造旅券で日本入国を図り、強制退去処分を受けた。この事件を機に、後継者争いに敗れ、北朝鮮を脱出したのだという見方が広く流布している。

2011年に金総書記が死亡し、正恩氏が政権を握って以降は、マカオや中国本土、シンガポールを転々としていた。マカオのスロットマシーンを好んでいたといわれる。

表舞台に出ることはほとんどなかったが、北朝鮮の世襲支配を批判したこともある。2012年出版の本では、異母弟の正恩氏には指導者としての資質が欠けるという発言が引用されていた。

暗殺だったのか

正男氏は過去にも、暗殺の標的にされたといわれている。

2012年に韓国で有罪となった北朝鮮のスパイが、自動車事故に見せかけた殺害計画を画策していたと自供したという報道もある。

北朝鮮はこれまでも、工作員を海外に派遣し、暗殺や襲撃や拉致誘拐事件を実行してきた。

身元確認に遅れ

韓国メディアは14日に正男氏死亡の第一報を伝えたが、マレーシア当局は当初、空港で体調不良を訴えた北朝鮮の男性が死亡したとしか明らかにしていなかった。

警察はその後、死亡した男性の旅券には1970年6月10日生まれの「キム・チョル」と記載されていたと公表した。

正男氏は1971年5月10日生まれ。

最終的に警察は、死亡した男性が正恩委員長の異母兄だと確認した。

(英語記事 North Korean leader's brother Kim Jong-nam killed at Malaysia airport)


金正男氏暗殺「政権の残虐性」=北朝鮮の仕業なら―韓国大統領代行
時事通信 2/15(水) 10:20配信

 【ソウル時事】韓国の黄教安大統領代行(首相)は15日、マレーシアでの北朝鮮の金正男氏暗殺情報を受けて国家安全保障会議(NSC)常任委員会を主宰、「北朝鮮政権の仕業と確認されれば、金正恩政権の残虐性、反倫理性を見せつける事件だ」と非難した。

 黄代行は「わが政府はこの事件を極めて重大だと認識し、北朝鮮の動向を注視している」と述べ、真相把握のため、マレーシア当局と緊密に協力するよう指示した。さらに、「北朝鮮の新たな挑発などあらゆる可能性を念頭に置き、徹底した対応策を検討しなければならない」と強調した。


一時は後継最有力、日本に不法入国も…正男氏
読売新聞 2/15(水) 10:16配信

 【ソウル=井上宗典】マレーシアで殺害されたとされる金正男(キムジョンナム)氏は、金正日(ジョンイル)総書記の2番目の夫人、成恵琳(ソンヘリム)氏との間に生まれ、一時は金総書記の最有力後継候補だった。

 しかし、正男氏とみられる人物が2001年5月、偽造旅券で成田空港から家族らと不法入国を試み、国外退去処分になったことが、金総書記の逆鱗(げきりん)に触れ、後継争いから脱落したとされる。この人物は不法入国時、日本の入国管理局に「ディズニーランドに行きたかった」と話していた。

 聯合ニュースによると正男氏は近年、マカオや中国などを拠点に海外生活を送っていたが、13年12月、正恩氏の叔父の張成沢(チャンソンテク)元国防委員会副委員長が処刑された後はシンガポールなど東南アジアに居住していたという。


金正恩政権「粛清」の歴史 粛清や更迭…親族であっても無慈悲に処断
産経新聞 2/15(水) 9:57配信

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)がマレーシアで殺害されたとの情報にからみ、北朝鮮の工作員の犯行の可能性が浮上しているが、金正恩政権の北朝鮮では十分にあり得ることだ。

 北朝鮮では2013年12月に金委員長の叔父、張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長(当時)を突然、全職務から解任、党から除名し、処刑した。

 当時、朝鮮労働党の政治局拡大会議では、「党内に潜んでいた偶然分子、異色分子が分派活動により自ら勢力を拡張し、党に挑戦する事件が起きた」ことに関連し、「張成沢が行った反党・反革命的宗派行為、反動性が暴露された」とした。張氏が「金委員長の命令に従わないという反革命的な行為を行った」ことが処刑の理由だった。

 張氏は金正日総書記の妹、金敬姫(ギョンヒ)氏の夫で、党を中心に活動。中国や韓国を訪問したこともあり、北朝鮮では数少ない「外部を知る人物」であった。11年12月の金総書記の死後は敬姫氏とともに、金委員長への権力移行に努めてきた。

 親族で後見人であった張氏を処刑した金委員長の手法を、韓国政府は朴槿恵(パク・クネ)大統領自らが「恐怖政治」と呼び非難していた。しかし、金委員長にとっては自らに意見する者、逆らう者は親族であろうが冷酷なまでに消し去るべき存在なのだ。その後も側近幹部の粛清や更迭の情報は当然のように続いた。

 異母兄に当たる金正男氏は、張氏とは親密な関係だったとされる。日本など海外メディアにもインタビューなどで、金委員長の世襲にも言及していた。さらに、北朝鮮との関係が悪化する中国が長らく金正男氏の背後におり、中国国内で半ば“自由”に行動していたことが、金委員長の逆鱗に触れた可能性がある。

 北朝鮮当局の関与、金委員長の“暗殺指令”があったのであれば金委員長は金正男氏を囲い続けてきた中国の反発を見越した上で、兄の処断を実行したことになる。金正恩政権の維持のための“金正恩恐怖統治”の歴史は進行途中であり、今後も続きそうだ。(ソウル 名村隆寛)


金正男氏は正恩氏にとって目の上たんこぶ/辺編集長
日刊スポーツ 2/15(水) 9:52配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(34)の異母兄で、故金正日総書記の長男、金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が毒殺されたもようだと、複数の韓国メディアが14日、一斉に報じた。マレーシアの首都クアラルンプールの空港で13日、2人組の女に毒針で刺されたとしている。女は北朝鮮の工作員とみられ、逃走しているという。正男氏は金正恩政権発足後、北朝鮮の世襲体制の批判を続けていた。

<コリア・レポート 辺真一編集長の目>

 金正男氏が最後に目撃されたのは14年9月のパリ。以降、公に姿を見せず、マカオやシンガポール、マレーシアなど各国を回っていた。13年12月に後見人だった張成沢(チャン・ソンテク)前国防委員会副委員長が処刑されたことで、「今度は正男氏が危ないのでは」との情報が流れ、メディアなどへの露出は避けるようになった。

 ただ、その後も3代世襲に反対する発言を続け、近しい関係者には「いずれ滅びるのに(北朝鮮が)長く続くと思うのか」と話していた。それだけに正恩氏からすれば、ずっと目の上のたんこぶだったろう。海外にいても、万が一、国内で謀反が起きた場合、正男氏をかつごうとする勢力が出てくる可能性がある。正恩氏はその芽は、つんでおこうという思いはあっただろう。

 張氏を処刑した時も負のイメージは大きかったが、数年たって少し薄れてきたところだった。だが、今回は血のつながりがある人間を海外まで追って亡きものにしたとなると、「残酷」なイメージははるかに大きく、世界からの非難は避けられない。もし暗殺が事実なら、正恩氏にとって百害あって一利もない。


韓国、国家安全保障会議を開催 金正男氏の死亡受け
ロイター 2/15(水) 9:50配信

[ソウル 15日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで死亡したことを受け、韓国の大統領代行を務める黄教安首相は、現地時間15日午前8時50分(日本時間午前8時50分)に国家安全保障会議を開催する。首相官邸の当局者が明らかにした。

米国と韓国の政府筋はロイターに対し、正男氏がマレーシアで殺害されたと語ったが、詳細は明らかにしなかった。


哀れ、金正男! 知られざる「海外逃避行」
辺真一 | ジャーナリスト・コリア・レポート編集長
2/15(水) 9:35

最大の庇護者である父・金正日総書記死去(2011年12月17日)以後、長男である金正男氏の動静が注目されていたが、ここ数年間はほとんど目撃されることはなかった。

父親生存中の2011年までは日本人ジャーナリストのインタビューには快く応じていたが、2011年5月に東京新聞の五味洋治記者と会ったのが最後だ。(但し、五味記者とはこの年の12月までメールでの交信はあった)

翌2012年4月にシンガポールのホテルで韓国人実業家によって目撃され、2か月後の6月には韓国の日刊紙「文化日報」(6月26日付)が「正男は弟の正恩が執権して以後、身の危険を感じ、世界各地を転々としている」と報じていた。

仮に身の危険を感じているなら、平壌に帰国する筈はないのに不思議なことに翌日の日刊紙「東亜日報」(6月27日付)は「正男は5月に一時帰国した」と正反対のことを報じていた。「東亜日報」は「正男は身辺に危険があるのではなく、むしろ北朝鮮の指示で、(外国からの)投資誘致などの任務を実行しているのではないか」と、「文化日報」とは異なる解釈だった。

「東亜日報」は正男氏が「この年の初めにプーチン大統領の地元、サンクトペテルブルクやシンガポールに姿を現した」と伝えていた。同紙は「ロシアが最近、北朝鮮の対露債務を削減したこともシンガポールが北朝鮮のテクノクラートを呼び、市場経済の勉強をさせていることにも正男氏が何からの役割を担ったのではないか」と憶測していた。ちなみにロシアには正男氏の実母、孫ヘリムの墓がある。

北朝鮮のためビジネスをしているのか、それとも逃避、潜伏しているのか、正男氏については韓国では二つの見方に分かれていたが、3か月後に今度は日刊紙「朝鮮日報」(2012年9月27日付)が北朝鮮の国家安全保衛部の工作員(A氏)が「保衛部から金正男を探し出して,暗殺しろ」との命令を2010年7月から受けていたとの記事を掲載した。暗殺指令を受けたが失敗し、この工作員は北朝鮮に宣伝ビラを撒いている脱北団体に接近しろとの次の指令を受け、脱北者を装ってこの年(2012年)の6月に韓国に侵入したとのことだ。「朝鮮日報」もまた、正男氏が追われ、狙われているとの説だった。

正男氏の消息が公式に確認されたのは、2012年12月18日で、場所はマレーシアであった。韓国の文化放送(MBC)のバンコク特派員がマレーシアのクララルンプールのホテルのロビーで5分という短い時間であったものの正男氏との接触に成功していた。当時マレーシアの北朝鮮大使は、叔父の張成沢労働党行政部長兼国防副委員長の甥、張勇鉄であった。

後見人であった叔父の張成沢国防副委員長が2013年12月に粛清、処刑されたことから俄かに正男氏の動静が注目されたが、年が明けた2014年1月にも「マレーシアの韓国料理店に姿を現した」と「中央日報」(2014年1月21日付)が報じていた。

正男氏が最後に目撃されたのは、フランスのパリで、時期は8か月後の2014年9月。現地時間の9月29日午前8時にパリのシャンゼリゼ通りに面したホテルに黒いジャンパーに青のズボン姿の正男は女性と現れ、朝食を取っていたところ「東亜日報」の記者に目撃され、突撃インタビューを受けている。

インタビューでは異母弟の正恩委員長の指導ぶりについて「よくわからない」、亡命説については「絶対に言えない」と答え、同伴者については「家族でもあり、友人でもある。個人のプライバシーについて聞かないでもらいたい」と答えていた。

フランスにいたのは、息子のハンソル君が留学していたからだ。ハンソル君は2011年10月にマカオを離れ、ボスニアに留学し、パリ政治学院に留学していた。ちなみに正男氏は幼年時代にジュネーブ国際学校に留学し、フランス語に堪能だ。またフランスには1996年にフランスに亡命した叔母と従兄弟(李南玉)も滞在している。フランスは北朝鮮と国交がないので、安全地帯としてフランスで亡命生活をしていたのではとの見方もあった。

正男氏については2012年11月頃からシンガポールなど第3国への亡命説だけでなく驚いたことに韓国への亡命説さえ流れていたが、国家情報機関である「国情院」の元世勲院長(当時)はいずれも否定していた。しかし、叔父の張成沢氏に続き、親類の張勇鉄氏までが2014年1月に帰国した後、消息を絶ったことから身の危険を感じていたようだ。

北朝鮮が2010年10月10日に党代表者会を44年ぶりに開き、三男の正恩氏を後継者に決め、かつ党創建65周年の記念式典に華やかにお披露目させたまさにその日に「私は3代世襲に反対する」と問題発言をしていたことから命を狙われていたのかもしれない。

本国召還に応しなったからなのか、あるいあ韓国や米国への亡命を恐れたからなのか、それとも、父親の海外資産を管理していた金庫の鍵を渡さなかったからなのか、仮に北朝鮮の犯行だとした場合、その動機が最大の謎だ。

父親の正日総書記は「あの子(正男氏)は悪い人間ではない。ちゃんと面倒をみてあげるように」と妹の金慶淑に遺言を残していたと言われていたが、父亡き後、また最大の後見人だった叔父も処刑され、叔母までも実質的に失脚し、隠遁生活を強いられた時点で正男氏の「命運」が決まっていたようだ。何とも、哀れ極まりない。


金正男氏、マレーシアの空港で死亡 何者かが襲撃か
CNN.co.jp 2/15(水) 9:34配信

香港(CNN) マレーシアの捜査当局によると、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏とみられる男性が13日、首都クアラルンプールの国際空港で倒れ、死亡した。

警察はいったん「突然死」と発表し、検視結果を待つ構えを示した。正男氏が何者かに襲われたという未確認情報もある。

空港のあるセランゴール州の捜査当局責任者は「すでに捜査を開始し、複数の可能性を調べている」と述べた。

同責任者によると、男性は何者かに後ろから顔面をつかまれたと話し、めまいを訴えて空港のカウンターに助けを求めた。

韓国メディアは「40代の男性」と伝えた。マレーシア警察の幹部は、「キムチョル」という名前のパスポートを持った北朝鮮の男性が死亡したと述べた。

正男氏は故・金正日(キムジョンイル)総書記の長男だが、2001年に偽造パスポートを使って東京ディズニーランドを訪れようとしたことがきっかけで後継候補から外されたとの説がある。

ただ、12年に正男氏についての著書を出版した日本人ジャーナリスト、五味洋治氏はこの説に否定的な見方を示す。五味氏によれば、正男氏は父・正日氏の軍事優先政策を批判し、改革、開放路線を志向していた。

北朝鮮を出た時期は不明だが、マカオや中国で暮らし、11年に死去した正日氏の葬儀には姿を見せなかった。

正恩氏の体制では側近の粛清が相次ぎ、今月初めには最高幹部の一人だった秘密警察のトップが解任されたばかり。同氏は体制発足以来、昨年末までに計340人の処刑を命じたとの報告もある。


正恩氏、中国が「保護」してきた競争相手排除か
読売新聞 2/15(水) 9:15配信

932
(写真:読売新聞)

 【ソウル=宮崎健雄】北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男(キムジョンナム)氏が殺害されたとされる理由について、韓国の専門家などからは、正恩氏が今後、関係が悪化している中国から排除され、正男氏を後継に据える体制変換の芽を摘むためだったとの見方が出ている。

 正恩氏は、中国との橋渡し役だった叔父の張成沢(チャンソンテク)氏ら140人以上の幹部を処刑したほか、核ミサイルの開発を加速し、中国が反対する中、無通告で核実験を実施。中国は正恩氏を持てあましているとされる。

 一方、中国は正男氏が後継レースから外れた後、中国内やマカオに滞在させて事実上「保護」してきたとされる。

2017年2月14日 (火)

北朝鮮、金正恩の兄・金正男氏暗殺 金正恩の刺客による犯行説濃厚

中世の亡霊・暗黒残虐国家・北朝鮮の親玉=金正恩の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで何者かに殺害された。複数の韓国メディアが14日報じた。

金正男氏はマレーシア・クアラルンプールの空港で北朝鮮の刺客とみられ女2人に何らかの方法で毒殺されたもよう。犯人の女2人は殺害後、タクシーで逃走したとしている。

金正男氏は、北朝鮮の前の親玉=金正日の長男だが、北朝鮮の改革開放を主張、また独裁権力の継承について金一派の世襲にも反対していたとされ、これらの点が金正恩の逆鱗に降れ、金正恩の指令で暗殺されたとの観測が濃厚である。
だとすれば、(すでに明白なことではあるが)金正恩一派の牛耳る北朝鮮という国家は、現世の地獄ともいうべき、中世以前の残虐で野蛮な暗黒国家であり、存在すること自体許されない犯罪国家というしかない。
そもそも21世紀の今日、このような中世以前の残虐な亡霊国家が現存すること自体、人類の恥だ。

リンク:「韓国亡命阻止狙う」=金正男氏暗殺で韓国紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正男氏、殺害か「頭部に液体染み込ませた布」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 北工作員の犯行か マレーシアの空港、女2人組 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:無慈悲処刑、北の歴史 奔放な正男氏、逆鱗触れる? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏暗殺 過去にペン型毒針 北工作員が所持 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏 正恩氏の異母兄 世襲反対・改革開放を公言 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「調子悪い」と助け求める=正男氏、布かぶせられる? ―マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:正男氏 正恩氏脅かすクデーターの御旗 識者「ずっと狙われていた」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:異母弟・金正恩の刺客に暗殺された金正男の「哀しき末路」 妻や子供と別居状態、経済的にも困窮 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:世襲反対発言受け正恩氏指令か…金正男氏暗殺を「コリア・レポート」辺真一氏が分析 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「本当なら恐ろしい」=拉致問題、直接影響ない―金正男氏暗殺情報で・支援団体など - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害「日本は国際的な情報収集能力の向上必要」 中谷元前防衛相 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>柔らかな物腰も 「危険分子」の過去背負う - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「正男氏は正恩氏にとって目の上のたんこぶだった」自民・塚田一郎拉致本部事務局長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<金正男氏殺害>過去の世襲批判悔い周囲に「許して」漏らす - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害か 小野寺元防衛相「しっかりした安保対応必要」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ディズニーランド行きたい」=01年成田空港で拘束―日本語も、金正男氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏 毒針刺されたのはクアラルンプールの空港 北の女スパイ、タクシーで立ち去る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の死亡確認=マレーシア警察 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正恩氏の警戒対象=「亡命政権」幹部説も―金正男氏 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害される-聯合ニュース - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正男氏、マレーシアの空港で「毒殺」-韓国政府当局者 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、密入国でディズニーランド訪れようとして強制退去の過去も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏がクアラルンプール空港で毒殺か 女スパイが逃走と韓国メディアが報じる - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏に「暗殺」報道 女工作員が「毒針」で殺害? - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:北朝鮮の金正男氏、マレーシアで暗殺か 韓国メディア報道 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、マレーシアで死亡か…毒殺との報道も - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:搬送の北朝鮮男性が死亡とマレーシア警察 金正男氏との関係は不明 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<北朝鮮>マレーシアで金正男氏殺害される 正恩氏の異母兄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏の死亡、米は北朝鮮が殺害との見方=米政府筋 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、毒針で殺害か 北の女スパイ2人 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「金正男氏が女スパイに毒殺」と韓国メディア - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏殺害か マレーシアで女性2人に 金正恩氏の異母兄 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:金正男氏、暗殺か=マレーシアの空港で―韓国メディア、毒殺? 現地警察が死亡確認 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

「韓国亡命阻止狙う」=金正男氏暗殺で韓国紙
時事通信 2/15(水) 8:50配信

 【ソウル時事】15日付の韓国有力紙・中央日報は、マレーシアで北朝鮮の故金正日総書記の長男・金正男氏が暗殺されたとみられることに関して、韓国亡命を阻止するため、北朝鮮当局が殺害したという情報を伝えた。

 同紙によると、消息筋は「金正男氏は、李明博政権当時、韓国亡命を打診してきたことがある。最近再び亡命を打診し、北朝鮮側がこれを防ごうとして殺害したという話がある」と述べ、「マレーシアは北朝鮮高官らを亡命させるための主要ルートの一つ」と指摘した。

 東亜日報も「(殺害の)背景として、正男氏の韓国亡命や亡命政府樹立計画説が有力になっている」と伝えた。

 朝鮮日報は「韓国当局は、金正恩氏(朝鮮労働党委員長)が潜在的な競争相手を除去するため、異母兄の正男氏を毒殺した可能性が高いとみて、関連情報を収集、分析している」と報じた。


北朝鮮の金正男氏、殺害か「頭部に液体染み込ませた布」
ウォール・ストリート・ジャーナル 2/15(水) 8:02配信

 マレーシアの警察によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)がクアラルンプールの空港で不審死を遂げた。正男氏は第2代最高指導者の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男。かつて北朝鮮の改革派の次期指導者として有力視された人物が排除された格好だ。

 正男氏は13日、クアラルンプール国際空港第2ターミナルの出国エリア付近で襲撃されとみられる。マカオ行きの便に搭乗するところだった。首謀者は不明だ。

 州警察幹部は「彼の頭部は何かの液体を染み込ませたとみられる布で覆われていた」と話した。事件発生時に近くにいた女性の行方は分かっていない。近くの病院への搬送中に死亡が確認され、検視が行われている。

 正男氏は正日氏と愛人の女優の一人子だった。子ども時代は父親に溺愛され、スイスで教育を受けた。第2次世界大戦後に祖父が興した北朝鮮の後継者候補と広くみなされた時期もあった。

 だが2001年にドミニカ共和国の偽造旅券で日本に入国しようとしたところ、当局に身柄を拘束されたことで父の寵愛を失ったとされる。正男氏は当局に対し、東京ディズニーランドに行く予定だったと語っていた。

 この一件が大きく影響し、北朝鮮専門家は正男氏を後継者候補から外した。正日氏が別のパートナーとの間にもうけた正哲(ジョンチョル)氏と正恩氏に注目が集まるようになった。11年に正日氏が死亡すると正恩氏が第3代の指導者の座に就き、正男氏はあらかた視界から消えた。

 北朝鮮を巡る国際戦略の不透明感が強まる中での正男氏死亡となった。米国ではトランプ政権が誕生した。政治スキャンダルに揺れる韓国では近く選挙が実施され、南北関係の緊密化を模索する人物が新指導者に選ばれる可能性がある。


金正男氏暗殺 北工作員の犯行か マレーシアの空港、女2人組
産経新聞 2/15(水) 7:55配信

928
強制退去処分を受け、北京行きの全日空機に向かう金正男氏とされる男性 =2001年5月4日、成田空港 (早坂洋祐撮影)(写真:産経新聞)

 ■現地警察「確認」

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が13日、マレーシアで殺害されたもようだと北朝鮮情勢に詳しい消息筋が14日、明らかにした。複数の韓国メディアも同日、正男氏が殺害されたと一斉に報じた。2人組の女に毒殺されたとも伝えられ、北朝鮮の工作員の犯行の可能性がある。

 ロイター通信は14日、マレーシア警察が男性は金正男氏だと確認したと報道。また、関係者によると、マレーシア警察は金氏の死亡を確認したと韓国政府に連絡した。所持していた旅券は「キム・チョル」名義で、1970年6月10日生まれだったと発表した。

 消息筋や報道によると、金正男氏は13日午前9時ごろ、クアラルンプールの空港で、2人組の女に毒殺されたという。「顔に液体をかけられた」との報道や「毒針で刺された」、あるいは「ぬれた布を頭に押しつけられた」など、情報は錯綜(さくそう)している。2人はタクシーでその場から立ち去ったと伝えられる。

 金正男氏をめぐっては、金正恩政権が発足した直後の2012年から「場所、手段を選ばず、正男氏を除去せよ」との指令が出されていたとされる。消息筋によると、中国に滞在する工作員に毒針が配布されたことも確認されたという。聯合ニュースは14日、正恩氏の帰国命令に応じなかったため殺害された、との元北朝鮮高官の見方を伝えた。

 金正男氏は1971年5月、金正日(ジョンイル)総書記の長男として映画女優の成●琳(ソン・ヘリム)氏との間に生まれた。2001年には別人名義の旅券で日本に入国しようとし、成田空港で家族らと拘束され、強制退去措置となった。

 金総書記の妹の金敬姫(ギョンヒ)氏とその夫の張成沢(チャン・ソンテク)氏が金正男氏を擁護してきたといわれるが、張氏が13年末に処刑され、後ろ盾を失った。

●=くさかんむりに惠


無慈悲処刑、北の歴史 奔放な正男氏、逆鱗触れる?
産経新聞 2/15(水) 7:55配信

931
報道陣を見回しながら、北京行きの全日空機に乗り込む金正男氏とされる男性 =2001年5月4日、成田空港(内藤博撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が殺害されたとの情報にからみ、工作員の犯行の可能性が浮上しているが、北朝鮮では十分にあり得ることだ。

 親族粛清は金委員長の父、金正日(ジョンイル)総書記の生前からあった。1997年2月に金正日氏の先妻の成●琳(ソン・ヘリム)氏の実姉、成●琅(ヘラン)氏の息子で、金正男氏のいとこの李韓永(イ・ハニョン)氏(82年、韓国に亡命)がソウル市内で、金正日氏の指示を受けた北朝鮮工作員により射殺された。

 粛清の歴史は金委員長にも引き継がれた。金委員長は2013年12月に叔父の張成沢(チャン・ソンテク)国防副委員長(当時)を突然、全職務から解任し、処刑した。

 当時、党政治局拡大会議では、「張成沢が行った反党・反革命的宗派行為、反動性が暴露された」とした。張氏が金委員長の「命令に従わない」ことが処刑の理由だった。

 張氏は金正日氏の妹、金敬姫(ギョンヒ)氏の夫で、党を中心に活動。中国や韓国を訪問したこともあり、北朝鮮では数少ない「外部を知る人物」であった。11年12月の金正日氏の死後は敬姫氏とともに、金委員長への権力移行に努めてきた。

 親族で後見人であった張氏を処刑した金委員長の手法を、韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領自らが「恐怖政治」と非難した。

 しかし、金委員長にとり、自分に意見する者、逆らう者は親族だろうが消し去るべき存在なのだ。その後も側近幹部の粛清や更迭の情報は続いた。

 金正男氏は、張氏とは特に親密な関係だったとされる。日本など海外メディアのインタビューで金委員長の世襲に言及していた。

 さらに、北朝鮮との関係が悪化する中国が長らく金正男氏の背後におり、中国国内で半ば“自由”に行動していたことが、金委員長の逆鱗(げきりん)に触れた可能性がある。

 北朝鮮当局の関与、金委員長の“暗殺指令”があったのであれば、金委員長は金正男氏を囲い続けてきた中国の反発を見越した上で、兄の処断を実行したことになる。“金正恩恐怖統治”の歴史は進行途中であり、今後も続きそうだ。

●=くさかんむりに惠


金正男氏暗殺 過去にペン型毒針 北工作員が所持
産経新聞 2/15(水) 7:55配信

 【ソウル支局】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏は北朝鮮の工作員によって殺害されたとの見方も出ている。絶えず暗殺の技術を磨き続けている可能性をうかがわせる。

 海外で起きた北朝鮮工作員による暗殺事件は過去にもあった。今回、殺害された金正男氏の母親、成●琳(ソン・ヘリム)氏の姉の息子で、正男氏のいとこに当たる李韓永(イ・ハニョン)氏が1997年、亡命先の韓国で北朝鮮工作員によって銃殺された。金正日(ジョンイル)一家などの暴露本を書いたことが理由とされている。

 今回は毒針が使われたという報道もあるが、過去にも北朝鮮の工作員をめぐり、対象者の暗殺に用いるため、毒針を備えたペン型の「道具」などの存在が報道されたことがある。

 2012年の米CNNテレビ(電子版)によると、毒針で刺されると「筋肉がまひして窒息し、短時間で死に至る」のだという。

 CNNが12年11月、独自に入手した情報として伝えたところでは、前年に北朝鮮の工作員がソウル市内の路上で実行したものの、失敗に終わった暗殺計画にからみ、CNN記者が「捜査当局者」から3種類の暗殺用の道具を見せられた。

 道具の映像とあわせて報じられたペン型の毒針は、一見したところ「欧米の高級ブランド製」のボールペンのような外観となっているが、ペン先に毒針が仕掛けられているという。このほかにも、先端から毒が入った弾丸を発射できるペン型の道具のほか、3発の弾丸を装填(そうてん)できる懐中電灯型の存在が明らかになった。

 この捜査当局者が、弾丸を発射する道具を試射したところ、「非常に正確だった」という。

 北朝鮮の工作員は、「反北朝鮮活動」に携わる人物を殺害しようとしていて、韓国当局に拘束された際、報じられた3種類の道具を保持していたとCNNは伝えている。

 こうした道具については、韓国の聯合ニュース(電子版)も、それぞれの大きさや重量などの詳細な情報とともに報じている。

●=くさかんむりに惠


金正男氏 正恩氏の異母兄 世襲反対・改革開放を公言
産経新聞 2/15(水) 7:55配信

 金正男氏は、金正恩朝鮮労働党委員長の地位を脅かす目障りな存在として、北朝鮮当局から付け狙われる運命にさらされてきた。

 「張成沢氏が正男氏にひそかにドルを送金している」。中朝関係者によると、2013年に側近らが金委員長にこう告発したのが張氏処刑につながったとされる。前年の訪中時に張氏が中国首脳に「正男氏一家の保護」を求めたとも報告された。張氏処刑の罪状に「後継者問題への妨害」「クーデター謀議」が挙げられたが、中国を後ろ盾に張氏が正男氏を担ぎ出し、クーデターを起こすのではないかとの疑心の表れだったとみられている。

 12年には、朝鮮人民軍総参謀長だった李英浩(リ・ヨンホ)氏が更迭されたが、「正男氏との内通」が疑われたことがきっかけだったという。

 「3代世襲には反対だ」「改革開放を進める中国式のやり方しかない」。正男氏は日韓の記者らに対してこう公言してはばからなかった。中国の幹部子弟らの間でも「太っちょ兄さん」と愛称で呼ばれ、支持する者が少なくなかった。

 10年に中国で再会した父、金正日総書記に「弟に後継者の資格があるのか」と迫ったとも伝えられる。

 韓国で12年に起訴された北朝鮮の秘密警察の要員は「正男襲撃を指示された」と供述。中国当局も正男氏に対する警護レベルを引き上げていたといわれる。暗殺が事実なら、警戒が薄い東南アジアの移動時が選ばれた可能性がある。(ソウル 桜井紀雄)


「調子悪い」と助け求める=正男氏、布かぶせられる? ―マレーシア警察
時事通信 2/15(水) 7:18配信

 【クアラルンプール時事】マレーシアのクアラルンプール国際空港を所管するセパン警察の当局者は14日、北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏とみられる男性について「空港で『調子が悪い』と助けを求めてきた」と死去直前の様子を語った。

 最期の言葉となった可能性がある。時事通信の取材に答えた。

 「(訴えを受け駆け付けた後)空港内の診療所に連れていったが、男性は空港から病院に搬送される途中で死亡したと病院の医師が確認した」と語った。ただ、死因については「病院での検視結果を待っている。検視結果はあす出る予定だ」と強調、工作員による毒殺かどうかに関しては言及を避けた。

 マレーシア紙「星洲日報」(電子版)によると、空港のあるスランゴール州の警察幹部は、正男氏について「13日午前8時(日本時間同9時)、空港でマカオ行きのフライトを待っている間、正体不明の女に殺害された」と述べた。正男氏は6日にマレーシア入りしていたという。

 さらに幹部は「(女は)正男氏の頭に化学物質を含んだ布をかぶせた」と述べた。「針で刺した」という韓国の報道とは食い違っている。この直後、正男氏は空港スタッフに助けを求めたとみられる。

 空港の監視カメラによると、布をかぶせた女は北朝鮮人のような外見で、もう一人の女と走って逃げたとみられている。幹部は「殺害の正確な動機は特定できていない。女2人の行方を追っている」と話した。正男氏は、空港からプトラジャヤの病院に搬送されたが、死亡が確認された。


正男氏 正恩氏脅かすクデーターの御旗 識者「ずっと狙われていた」
スポニチアネックス 2/15(水) 7:02配信

 ◇金正男氏毒殺か?

 コリア・レポートの辺真一編集長は「正男氏は以前からずっと狙われていた」と語った。

 09年には韓国メディアが、正恩氏の側近が正男氏の暗殺を計画したと報道。13年には正男氏の叔父である張成沢元国防副委員長が、正男氏をかついで国家転覆をもくろんだとして処刑されている。「正恩氏をよく思わない勢力にとって、金正日総書記の長男である正男氏はクーデターの御旗となる存在。正恩氏は自分にとって不安になる存在とみていた」と語った。

 正恩氏が後継者となって以来、正男氏は北朝鮮を離れ、マレーシア、マカオ、フランスなどを転々としていた。「国内におらず、本人も政治に興味がないと話していた。正男氏の死によって北朝鮮の動向に変化は出ないだろう。本来ならば、手にかける必要のない存在だったはず」と話した。「日本や中国など、北朝鮮の現実路線への転換を望む国にとっては、対立候補を1人失ったことになる。好ましいことではない」と話した。


異母弟・金正恩の刺客に暗殺された金正男の「哀しき末路」 妻や子供と別居状態、経済的にも困窮
現代ビジネス 2/15(水) 7:01配信

北の女スパイが毒針を打ち殺害
 昨日夜、突如として金正恩の異母兄・金正男(46)が暗殺されたという報道が飛び込んできた。このニュースは韓国の大手日刊紙・朝鮮日報傘下の「テレビ朝鮮」の特ダネであり、現在までのニュースソースはほぼ「テレビ朝鮮」の報道である。とりあえず韓国現地での報道をまとめてみた。

 北朝鮮の二代目指導者・金正日(2011年に死亡)の長男・金正男が13日午前9時、マレーシアのクアラルンプール空港で2人組の女性に毒針を打たれて殺害された。殺害実行犯の女性らはタクシーで逃走。マレーシア警察当局は女性らを北朝鮮の暗殺要員と見て追跡中である。

 金正男は、金正日の最初の妻が生んだ息子(長男)で、金正恩の異母兄に当たる人物。2001年にドミニカ共和国の偽造旅券で日本に入国を試みたが、発覚して逮捕され、マカオに追放されたことでも知られている。

 一時は金正日の後継者とも言われていたが、金正恩が権力を握ってからは北朝鮮に戻れぬまま、海外を転々としていた。最近は愛人のいるシンガポールと住居のあるマレーシアを行き来していたという。最初の妻や2番目の妻、息子や娘とは別居状態だった。

 2010年、金正男はテレビ朝日のインタビューに応じ「政権世襲には反対する」と述べており、息子の金ハンソルも2012年にフィンランド公営放送のインタビューで、叔父の金正恩を「独裁者」と表現するなど、金正恩にとっては目障りな存在であった。

父・金正日の葬儀にも参列できず
 金正男は去る2010年にも北京で北朝鮮の暗殺要員に襲われたが、間一髪で難を逃れたと言われている。この暗殺工作は金正恩が後継者争いに勝利を収めるために掛けたという説が有力。当時は中国が改革開放志向の金正男を切り札として保護しているという見方もあった。2011年に父親・金正日が死亡し、葬儀が行われたときにも金正男は粛清を恐れて参列できなかった。

 金正男は2014年1月にマレーシアのクアラルンプールで目撃され、その4ヵ月後にはインドネシアのジャカルタで目撃されていた。2013年に政権内で金正男を支持してきた張成沢が粛清された後、身辺に不安を感じて東南アジアに移動したと思われる。

 父親の生存時には毎月滞在費用を支給されていたが、死後にはそれもなくなり、経済的に困窮。ホテル代にも事欠くようになり、武器取り引きやIT事業などを試みたが、収益を出すことができなかった。

 このように半ば亡命状態の金正男であったが、国内の体制固めを急ぐ金正恩にとっては目の上のたんこぶで、 今回の暗殺は自らの地位を確固たるものにするためのダメ押しだったと見られる。

現在、韓国では今回の暗殺をほぼ北朝鮮要員の仕業と見ている。北朝鮮以外には金正男を殺害する理由のある国家が存在しないからである。金正日の血統を受け継ぐ金正男の息子・娘にも危害が加えられる可能性が指摘されており、さらなる混乱も予想されることを付記しておきたい。


世襲反対発言受け正恩氏指令か…金正男氏暗殺を「コリア・レポート」辺真一氏が分析
スポーツ報知 2/15(水) 6:09配信

 金正男氏は7年前の2010年10月に日本のテレビ局のインタビューに応じて、北朝鮮の3代世襲について「個人的には反対」などと批判し、開放を進めていくべきという考えを示している。ちょうど朝鮮労働党創建65周年の式典が行われているタイミングでのことだった。正恩氏が激怒するのは当然の発言で、これ以降「北朝鮮のゲシュタポ(ナチスの秘密警察)」と呼ばれる国家保衛省は、工作員に暗殺指令を出していたと言われている。

 正男氏も身の危険を感じて、マカオ、シンガポール、マレーシア、フランスなどを転々としていた。最後に目撃されたのは、2014年9月29日午前8時、パリのシャンゼリゼ通りのホテルで、黒いジャンパー姿で若い女性と朝食をとっているところを韓国の東亜日報の記者が直撃した時だった。正男氏にとって安全な道は、韓国に亡命することのはずだが、この時は亡命の可能性について問われ「言えない」と口を閉ざしていた。

 北朝鮮と国交のないフランスに滞在できたのは、正男氏の息子(ハンソル氏)がパリ政治学院に留学していたからだろう。北朝鮮と国交があるマレーシアやシンガポールよりも彼にとっては安全な居場所だったはずだ。

 北朝鮮ナンバー2だった張成沢氏は正男氏のことを心配して「言葉に気をつけろ」と忠告していたが、張氏も13年12月に処刑されてしまった。その後、張氏一族はマレーシア大使だった勇哲氏を始め、大半が処刑されてしまい、マレーシアは正男氏にとって安全ではない場所のはずだった。

 父親の正日氏は、世襲した正恩氏に対して「正男の面倒をみてやってくれ」と遺言を残していたと言われている。殺害の情報が事実ならば、それにもかかわらず正恩氏にとって正男氏は、目障りだったということかもしれない。(コリア・レポート編集長)


「本当なら恐ろしい」=拉致問題、直接影響ない―金正男氏暗殺情報で・支援団体など
時事通信 2/15(水) 4:46配信

 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏がマレーシアで暗殺されたとの情報に、拉致被害者家族からは「本当なら恐ろしい」と、不安の声が聞かれた。

 正男氏は中国と近い関係にあったとされる。拉致被害者支援団体は、北朝鮮と中国の関係に影響が出るか見極める必要性はあるものの、拉致問題に直接的な影響はないとの見方を示した。

 拉致被害者市川修一さん=失踪当時(23)=の兄健一さん(71)は「もし金正恩委員長が暗殺を指示したということなら、恐ろしい」と話す。一方で、「だからといって被害者の救出をあきらめるわけではない」と強調。日本政府に対して「拉致問題の解決には首脳同士の会談しかない。水面下でしっかりと環境を整え、被害者の帰国に向け全力を尽くしてほしい」と訴えた。

 拉致被害者の松本京子さん=同(29)=の兄・孟さん(70)は「(金正男氏が)警護もつけずに各地を転々としていると聞いたことはある」と話す。拉致問題への影響については「現時点では何も分からない」と語った。

 民間団体「特定失踪者問題調査会」の荒木和博代表(60)は「金正男氏は北朝鮮の体制に影響力をほとんど持っておらず、拉致問題に関しても直接の影響はないだろう」と分析する。

 一方で、「もし暗殺が本当なら、行き着くところまで来たなという印象。中国への当てつけではないか」とも。「今後、北朝鮮と中国の関係が悪化し体制が不安定になれば、拉致問題にどのような影響がでるか分からない」と警戒し、状況を見極める重要性を指摘した。


金正男氏殺害「日本は国際的な情報収集能力の向上必要」 中谷元前防衛相
産経新聞 2/15(水) 0:27配信

 自民党の中谷元・前防衛相は14日夜、金正男氏の殺害情報について「日本も北朝鮮拉致事件を抱えているだけに、国際的な情報収集能力を高める必要がある」と述べた。産経新聞の取材に答えた。

 中谷氏は「北朝鮮内部でさまざまな動きが出ている可能性があり、事件の真相や背景を把握する必要がある」と述べた。


<金正男氏殺害>柔らかな物腰も 「危険分子」の過去背負う
毎日新聞 2/14(火) 23:45配信

 ◇北京の外交関係者「平壌は彼にとって不便な所なのだ」

 【北京・西岡省二】「人に不快感を与えない」「質問をあからさまに断らない」。北京やマカオで金正男(キム・ジョンナム)氏(45)に会ったことのある情報機関関係者は、こう振り返る。ボディーガードもなく、たった一人で外国に出向く。こわもての父親・金正日(キム・ジョンイル)総書記(故人)とは対照的に、金正男氏は物腰が柔らかだった。

 金総書記が存命だった2000年代、金正男氏は北京やマカオ、バンコクを行き来していた。本人が管理しなければならない人脈が中国や日本、韓国、フランスなど各国にいたとされた。「そういう人たちと接触するため、外国にいる。平壌は彼にとって不便な所なのだ」。当時の金正男氏の境遇を、北京の外交関係者はこう解説していた。

 ただ、家庭環境は複雑で、それぞれの国に別々の家庭があり、別々の女性、それぞれの子供がいる、という情報もあった。

 一方、金総書記の時代には重責も担っていた。ミサイル輸出を担当し、関係国に出向いて代金の受け取りをしていたともいわれる。マカオで頻繁に目撃されたのも、金総書記の秘密資金の管理に関わっていたといわれるためだ。

 現在の最高指導者、金正恩(キム・ジョンウン)氏からみれば、金正男氏は異母兄である。かつて金正男氏は金正日氏の後継者として名前が挙がったこともあり、自らの地位を脅かす可能性があった。異母兄を「危険分子」とみなして、権力中枢から完全に遠ざけてきた経緯もある。

 金正男氏は3代世襲を批判したとされる。金正恩氏が権力固めを進めてきた12年当時、指導部に近い関係者から「金正男氏は危険分子であり、海外工作を総括する組織(朝鮮人民軍偵察総局)が強い関心を示している」と聞いたことがある。

 金正男氏を支持してきた親族の張成沢氏は処刑され、そのグループも解体された。北朝鮮国内には「危険分子」である金正男氏とつながる組織もほとんどない。金正恩氏の「1人独裁体制」が固まったいま、金正男氏が死亡したとしても体制への影響は考えにくい。


「正男氏は正恩氏にとって目の上のたんこぶだった」自民・塚田一郎拉致本部事務局長
産経新聞 2/14(火) 23:45配信

 自民党の塚田一郎拉致問題対策本部事務局長は14日夜、産経新聞の取材に対し、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏が殺害されたとの情報について「金委員長の指令かどうかはわからないが、故金正日総書記の血を引いた人間はクーデターなどのリスクがあると判断したのかもしれない。国内情勢も切羽詰まった状況なのではないか」と語った。

 塚田氏は「正男氏は正恩氏にとって目の上のたんこぶだった」と分析。「国内で混乱が起きているのかもしれない。今後、北朝鮮に大きな変化が起きないともかぎらない」と話した。


<金正男氏殺害>過去の世襲批判悔い周囲に「許して」漏らす
毎日新聞 2/14(火) 23:36配信

 ◇金正恩体制後、ほとんど北朝鮮には帰らず

 マレーシアで殺害されたとされる北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏(45)は、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男として一時は後継者候補に取りざたされたこともあった。しかし、2001年に偽造パスポートを使って日本に入国しようとして拘束され、後継レースから脱落したとみられていた。

 正男氏は01年5月1日、ドミニカ共和国の偽造パスポートで妻子と見られる女性や子供らと一緒に成田空港から日本に入国しようとした際、日本の入管当局に身柄を拘束された。東京ディズニーランドを訪れるのが目的だったとされており、出入国管理法に基づく退去強制処分を受けて同4日に民間機で中国・北京に向かった。

 公安当局などによると、正男氏は若いころ欧州で過ごした時期があるとされ、コンピューターにも精通していたという。日本に親近感を抱いていたとみられ、01年に身柄を拘束される前にも日本への密入国を繰り返し、東京・赤坂などの繁華街に足を運んでいたとされる。

 母親は映画女優の成恵琳(ソン・ヘリム)氏で02年に療養先のモスクワで死亡している。11年12月に正日氏が死去した後、異母弟にあたる金正恩(キム・ジョンウン)氏の本格的な統治が始まってからはほとんど北朝鮮には帰らず、シンガポールやマカオなどに滞在している姿が確認されていた。

 正男氏とメールなどでやりとりを重ねたとする東京新聞の五味洋治編集委員が12年に出版した「父・金正日と私 金正男独占告白」には、正男氏が北朝鮮の3世代世襲を批判する発言が紹介されていた。公安関係者によると、正男氏はこの世襲批判を悔い、正恩氏に許してほしいと周囲に漏らし続けていたという。

 日本の警察当局幹部は「死亡の経緯などについて情報収集を進めている」と話した。


金正男氏殺害か 小野寺元防衛相「しっかりした安保対応必要」
産経新聞 2/14(火) 23:31配信

 自民党の小野寺五典元防衛相は産経新聞の取材に対し、金正男氏殺害の情報について「北朝鮮への国際世論が厳しくなり、金正恩朝鮮労働党委員長が自分の立場を確立するため国内で粛清をしている中で、北朝鮮内部のいろいろな動きが出ているのではないか。普通ではない不確定な隣国に対し、日本としても安全保障上しっかり対応していくべきだ」と述べた。

 自民党幹部も「事実だとすれば、マレーシアは北朝鮮が大きな大使館を置くなど、東南アジア最大の拠点なので、こうしたことが可能だったのだろう」と分析。

 その上で「北朝鮮はまだ海外でテロに訴える方針を持ち、やる能力があるということだ。2020年東京五輪・パラリンピックがテロの対象になることもありうる。北朝鮮は何をしてくるか分からないということが改めて浮き彫りになった。政府は情報収集や警戒の強化をするべきだ」と強調した。


「ディズニーランド行きたい」=01年成田空港で拘束―日本語も、金正男氏
時事通信 2/14(火) 23:14配信

930
日本に不法入国を図り、身柄を拘束され、強制送還される北朝鮮の故金正日総書記の長男、金正男氏=2001年5月4日撮影、成田空港

 北朝鮮の故金正日総書記の長男金正男氏は2001年5月に日本に不法入国しようとして、成田空港で東京入国管理局に身柄を拘束され、強制送還された。

 公安当局によると、入管での聴取の際には「ディズニーランドに行きたかった」などと日本語で話していた。

 金氏は01年5月1日にシンガポールから成田空港に到着し、ドミニカ共和国の偽造パスポートで入国しようとしたところを東京入国管理局に身柄を拘束された。4、5歳ぐらいの男児と女性2人と一緒だった。

 不法入国しようとする1カ月ほど前に、法務省などに入国する可能性があるとの情報が海外の情報機関から寄せられていた。警察庁は入管側に不法入国で警察に刑事告発するよう求めたが、外務省などの意向で告発は見送られ、国外退去処分となった。


金正男氏 毒針刺されたのはクアラルンプールの空港 北の女スパイ、タクシーで立ち去る
産経新聞 2/14(火) 22:48配信

929
金正男氏(清水満撮影)(写真:産経新聞)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏(45)が13日、マレーシアで殺害されたもようだと北朝鮮情勢に詳しい消息筋が14日、明らかにした。複数の韓国メディアも同日、正男氏が殺害されたと一斉に報じた。2人組の女に毒殺されたとも伝えられ、北朝鮮の工作員の犯行の可能性がある。

 消息筋や報道によると、金正男氏は13日午前9時ごろ、クアラルンプールの空港で、2人組の女に毒針で刺されたという。2人はタクシーでその場から立ち去ったと伝えられる。

 ロイター通信によると、地元警察当局者は14日、クアラルンプールの空港で倒れ、死亡した北朝鮮男性がいることを認めた。身元や死因は明らかにされていない。韓国政府は「情報を確認中」としている。

 金正男氏をめぐっては、金正恩政権が発足した直後の2012年から「場所、手段を選ばず、正男氏を除去せよ」との指令が出されていたとされる。消息筋によると、中国に滞在する工作員に毒針が配布されたことも確認されたという。

 金正男氏は1971年5月、金正日(ジョンイル)総書記の長男として、映画女優の成●琳(ソン・ヘリム)氏との間に生まれた。金総書記の後継者として有力視されたが、2001年には、別人名義の旅券で日本に入国しようとし、成田空港で家族らと拘束され、強制退去措置となった。

 このころから、後継者レースから脱落したとされるが、金委員長の実母、高英姫(コ・ヨンヒ)氏を支持する勢力との暗闘が背景にあったと指摘される。その後は、主に中国や東南アジアでビジネスに従事していた。金総書記の妹の金敬姫(ギョンヒ)氏とその夫の張成沢(チャン・ソンテク)氏が金正男氏を擁護してきたといわれるが、張氏が13年末に処刑され、後ろ盾を失った。

●=くさかんむりに惠


金正男氏の死亡確認=マレーシア警察
時事通信 2/14(火) 22:44配信

 【クアラルンプール時事】マレーシアの報道によると、同国警察は14日、北朝鮮の金正男氏の死亡を確認した。


金正恩氏の警戒対象=「亡命政権」幹部説も―金正男氏
時事通信 2/14(火) 22:31配信

 【ソウル時事】マレーシアで殺害されたとみられる北朝鮮の金正男氏は故金正日総書記の長男で、一時は後継候補として有力視された。

 2013年に国家転覆を図ったとして処刑された張成沢氏に近く、金正恩朝鮮労働党委員長の「警戒対象」になっていたといわれる。

 後継争いから脱落し、正恩氏が権力を継承した後も、正男氏と張氏らが組み、中国を後ろ盾に「正男氏を新指導者に立てる計画がある」とうわさされたことがある。最近も「一種の『亡命政権』の幹部に就任するのではないか」という観測があった。このため、これまでもたびたび正男氏の暗殺未遂情報が流れた。


北朝鮮の金正男氏、マレーシアで殺害される-聯合ニュース
Bloomberg 2/14(火) 21:51配信

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄にあたる金正男氏が13日にマレーシアで殺害された。韓国の聯合ニュースが匿名の当局者からの情報を基に報じた。

金正男氏は故金正日総書記の長男で、北朝鮮国外で長年暮らしていた。聯合ニュースは殺害について詳細は伝えていない。

原題:Kim Jong Un’s Half-Brother Murdered in Malaysia, Yonhap Says(抜粋)


北朝鮮の金正男氏、マレーシアの空港で「毒殺」-韓国政府当局者
Bloomberg 2/14(火) 21:51配信

韓国政府当局者は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄に当たる金正男氏が13日にマレーシアで殺害されたとの情報を明らかにした。

金正男氏は故金正日総書記の長男で、北朝鮮国外で長年暮らしていた。韓国政府の方針を理由に匿名で語った同当局者は、同氏は毒殺されたと説明したものの、詳細は示さなかった。

韓国のテレビ局YTNは政府関係者の話として、女2人がクアラルンプールの空港で金正男氏を毒針で刺した後、タクシーで逃走したと報じた。

マレーシアのハリド・アブ・バカル警察長官は、空港で助けを求めた北朝鮮の男性が、病院への搬送の途中で死亡したとする声明を発表。旅券ではこの男性の名前は「キム・チョル」とされ、捜査が行われており、検視要請したと付け加えた。

金正男氏について著書がある東京新聞の五味洋治編集委員によれば、同氏は2001年にドミニカ共和国の偽造パスポートを使って日本に入国しようとして身柄を拘束され、父親からの愛情を失ったという。金正男氏は金正恩委員長について、その若さと経験不足を理由に「長続きしないだろう」と12年に語ったと伝えられるなど批判的だった。

韓国国会国防委員会の金栄宇(キム・ヨンウ)委員長は、最も可能性が高いシナリオとして、殺害の背後には金正恩委員長がいるとの見方を示す一方、それを裏付ける具体的な証拠は挙げなかった。

金栄宇委員長は「何かとても重要な計画がなければ、長期間にわたり母国を離れて放浪している誰かを突然、除去することはない」とコメント。金正男氏に従う者がおり、金正恩委員長が「それに不安を感じていた」とうかがわれると話した。

韓国の聯合ニュースは、黄教安(ファン・ギョアン)大統領代行兼首相のオフィスの情報として、同大統領代行が15日午前に国家安全保障会議常任委員会を主宰し、北朝鮮問題を協議すると報道。同国情報当局も殺害について議員に報告する。

原題:Kim Jong Un’s Estranged Brother Murdered at Malaysia Airport(抜粋)


金正男氏、密入国でディズニーランド訪れようとして強制退去の過去も
サンケイスポーツ 2/14(火) 21:50配信

928
2001年5月4日、強制退去のため北京行きの全日空機に乗り込む金正男と思われる男性(写真:サンケイスポーツ)

 テレビ朝鮮など韓国メディアは14日、複数の韓国政府関係者の話として、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏が13日午前、「マレーシアで北朝鮮の女スパイによって工作員に毒殺されたとみられる」と報じた。

 テレビ朝鮮によると金正男氏は13日午前9時ごろ、マレーシアの首都クアラルンプールの空港で2人組の女に毒針を刺されて死亡。女2人はタクシーで逃走したという。

 金正男氏は故金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男として一時は後継者候補に目されたこともあった。また、日本に何度も密入国を繰り返していたとされる。

 2001年5月には成田空港で、ドミニカ共和国の偽造パスポートを持った中国人名義の男が、妻子とみられる男女とともに入国しようとしたところを、拘束される事件が発生した。

 男は「東京ディズニーランドに行きたかった」と密入国を企てた理由を説明したが、強制退去処分となり、中国へと移送された。日本政府はこの男を正式には金正男氏と認めていないが、同氏本人であったことは間違いないとされる。

 この不祥事が金総書記の怒りを買い、後継レースから脱落。金正恩にその座を奪われることになったとみられる。

 07年3月には産経新聞の清水満・特別記者がマカオ市内で金正男氏とみられる男性と遭遇した。午後9時過ぎに市内の広場で、妻とみられる女性や子供らと一緒にいた。護衛らしき人物はついていなかった。

 清水記者の「金正男さんですか」との問いかけに、男性はニヤリと笑い「フラッシュ、フラッシュ」と答え、撮影に応じた。「マカオに住んでいるのか」との質問には、笑みを浮かべるだけだった。同行の女性らにカメラを向けると、男性は制止し、立ち去った。

 ◆金正男氏 故・金正日総書記の三男、金正恩朝鮮労働党委員長の母親が在日朝鮮人出身の高英姫氏なのに対し、生母は元女優の成恵琳(ソン・へリム)氏。異母弟とは別々に育ち、スイスやロシアでの長期留学経験があり、1990年代から主に中華圏で暮らしている。


金正男氏がクアラルンプール空港で毒殺か 女スパイが逃走と韓国メディアが報じる
サンケイスポーツ 2/14(火) 21:35配信

926
2007年3月18日、マカオ市内でポーズをとった金正男氏とみられる男性(写真:サンケイスポーツ)

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム)氏がマレーシアで殺害されたと、韓国の複数メディアが14日報じた。

 聯合ニュースは13日午前に殺害されたもようだと伝え、朝鮮日報によると、TV朝鮮が複数の韓国政府関係者の話として「金正男氏がマレーシアで北朝鮮の女スパイによって毒殺されたとみられる」と報じたという。

 TV朝鮮は、容疑者の女2人はクアラルンプール空港で犯行に及び、直後にタクシーで逃走したとしている。

 金正男氏は、故・金正日(ジョンイル)総書記の長男。一時は後継者と目されていたが、2001年5月に別人名義の旅券で日本への不法入国を図ったとして、成田空港で妻子とみられる男女とともに拘束され、強制退去となる事件が起きた。当時は「息子にディズニーランドを見せるためだった」と伝えられた。


金正男氏に「暗殺」報道 女工作員が「毒針」で殺害?
J-CASTニュース 2/14(火) 21:35配信

 北朝鮮の故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男、正男(ジョンナム)氏(45)がマレーシアで殺害された模様だ、と韓国の聯合ニュースが2017年2月14日夜、韓国政府消息筋の話として伝えた。2月13日に暗殺されたとしている。

 韓国のケーブルテレビ局「テレビ朝鮮」は、身元不明の2人の女性工作員が、マレーシアの空港で「毒針」を使って殺害したと報じ、マレーシアの警察は北朝鮮当局が背景にあるとみていると伝えている。

■2001年には日本で身柄拘束も

 正男氏は01年に偽造パスポートで日本に入国しようとして身柄を拘束され、後に国外退去処分を受けている。当時の日本当局の取り調べに対して「ディズニーランドに行きたかった」などと答えたと伝えられたことが話題になった。

 その後、正男氏はマカオなど国外で放浪生活を送り、東京新聞の五味洋治編集委員のインタビューに応じるなどしていた。

 金正日総書記の三男の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が権力を掌握して以降、正男氏は、(1)世襲反対(2)経済改革が必要(3)住民の生活を豊かにすることに重点を置いて欲しい、という3点を繰り返して訴えていたという。このため、正恩氏をめぐっては、北朝鮮政権による暗殺の危険が繰り返し取り沙汰されていた。

 北朝鮮では、正男氏と正恩氏の父親である金正日氏の誕生日の2月16日を「光明星節」という祝日として位置づけている。正恩氏は、正男氏の腹違いの弟にあたる。父親の誕生日を目前に、自らの正当性を示す狙いがあった可能性もある。


北朝鮮の金正男氏、マレーシアで暗殺か 韓国メディア報道
AFP=時事 2/14(火) 21:25配信

【AFP=時事】(更新、写真追加)北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キム・ジョンナム、Kim Jong-Nam)氏が、マレーシアで北朝鮮の工作員の女により毒針を使って暗殺されたと、韓国メディアが14日、報じた。

 韓国とマレーシアの両当局は正男氏の死亡を確認していない。マレーシア警察は14日夜の声明で、「キム・チョル」という名の北朝鮮人男性がクアラルンプール国際空港(Kuala Lumpur International Airport)で体調を崩し、病院へ搬送途中に死亡したと発表。韓国メディアは、正男氏がキム・チョル名義の偽造パスポートを使用していたと報じている。

 韓国の通信社、聯合(Yonhap)ニュースは関係筋の話として、正男氏は13日、北朝鮮の情報機関・人民武力部偵察総局(Reconnaissance General Bureau)によって暗殺されたと伝えている。

 韓国のテレビ局、TV朝鮮(TV Chosun)によると、正男氏は空港で身元不明の工作員の女2人により毒針で刺され殺害された。工作員の女2人はタクシーを呼び止めて乗り込み、すぐに立ち去ったという。

 故金正日(キム・ジョンイル、Kim Jong-Il)総書記の長男である正男氏は、かつてその後継者と目されていたが、2001年に東京ディズニーランド(Tokyo Disneyland)を訪れるため偽造旅券を用いて日本への入国を図り失敗したことがきっかけとなって、後継者候補から外れたとされる。

 その後は事実上の亡命生活を送り、主に中国の特別行政区マカオ(Macau)に居住していた。【翻訳編集】 AFPBB News


金正男氏、マレーシアで死亡か…毒殺との報道も
読売新聞 2/14(火) 21:25配信

 【ソウル=井上宗典】韓国政府関係者は14日、北朝鮮の金正日(キムジョンイル)総書記の長男で、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長(34)の異母兄にあたる金正男(ジョンナム)氏(45)が13日午前、マレーシアで死亡したと本紙に明かした。

 殺害されたとみられるという。聯合ニュースも14日、正男氏殺害を報じ、「正恩氏が自らの偶像化のため、暗殺したのではないか」との見方を伝えた。

 韓国のTV朝鮮は14日、複数の政府関係者の話として、正男氏がクアラルンプール空港で2人の女に毒針で刺されて殺害され、女はその後、タクシーで逃走したと報道した。マレーシア警察当局は、容疑者が北朝鮮の女性工作員とみて行方を追っているという。

 北朝鮮に詳しい韓国の情報筋は本紙に「彼(正男氏)が殺害されたことが確認された。殺害の経緯は報道されている通りだ」と語った。


搬送の北朝鮮男性が死亡とマレーシア警察 金正男氏との関係は不明
産経新聞 2/14(火) 21:20配信

926
金正男氏=2007年3月18日、マカオ市内(撮影・清水満)(写真:産経新聞)

 【シンガポール支局】ロイター通信によると、マレーシアの警察当局は14日、首都クアラルンプールの空港から病院への搬送中に、北朝鮮男性が死亡したことを認めた。

 身元は確認されておらず、韓国メディアが毒殺されたと報じた金正男氏との関係は不明。マレーシア警察は今後、北朝鮮男性の身元や死亡の原因などを調べるとみられる。


<北朝鮮>マレーシアで金正男氏殺害される 正恩氏の異母兄
毎日新聞 2/14(火) 21:18配信

 【ソウル大貫智子、ジャカルタ平野光芳】韓国メディアが14日一斉に伝えたところによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された。北朝鮮の工作員に暗殺されたとみられている。ロイター通信によると、マレーシア警察も金正男氏が死亡したと確認した。マレーシア当局から通報を受けた韓国政府が事実関係の確認を急いでいる。

 ロイター通信などによると、金正男氏は13日午前、空港のショッピングセンターで体調不良を訴え、病院に運ばれる途中で死亡が確認された。警察当局者は、金正男氏とみられる男性が空港で何者かに後ろから顔をつかまれ、めまいがしたために助けを求めた、と語った。金正男氏はマカオ行きの飛行機に乗る予定だったという。

 韓国メディアは、金正男氏が女2人に毒針のようなもので殺害されたと伝えた。女2人はタクシーで逃走し、警察当局が行方を追っている。ロイター通信によると、殺害には毒のようなものを含んだ布が使われたとの情報もあり、警察当局が死因を調べている。

 マレーシア警察によると、金正男氏とみられる男性が持っていた旅券(パスポート)には「キム・チョル、1970年6月10日、平壌生まれ」と記されていた。

 金正男氏は故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男にあたる。韓国メディアは、金正恩氏が、金正男氏は自らの地位を脅かす可能性があるとして殺害を指示したとの見方を伝えた。女2人は北朝鮮の工作員とみられるという。

 正男氏は正日氏の後継者として教育を受けた時期もあるとされるが、2001年5月、ドミニカ共和国の偽造旅券を所持し、日本に不法入国しようとして成田空港で身柄を拘束された。この事件をきっかけに、後継者レースから外れたと伝えられる。

 後継者が正恩氏に確定すると、正男氏は日本メディアなどのインタビューで、3代世襲について批判しつつ、正恩氏に協力する考えを示してきた。その後はマカオや東南アジアなどを転々としてきたとされる。


金正男氏の死亡、米は北朝鮮が殺害との見方=米政府筋
ロイター 2/14(火) 21:03配信

927
 2月14日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男氏がマレーシアで殺害されたと、複数の韓国メディアが14日、関係筋の話として報じた。写真は2001年、偽造パスポートで入国したとして日本の入管当局によって強制送還される、金正男氏とみられる人物(2017年 ロイター)

[クアラルンプール/ソウル 14日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄で、マレーシアで死亡したとされる金正男氏について、米政府は北朝鮮の工作員によって殺害されたとの見方を強めている。米政府関係筋が14日、明らかにした。

2人の関係筋によると、米当局は正男氏の詳しい死因を依然断定できていないという。この関係筋は米政府の見解を裏付ける証拠は示していない。

これより先、韓国政府筋も正男氏がマレーシアで殺害されたとしていた。それ以上の詳細は明らかにしなかった。

韓国外務省は一連の報道について確認はできないとし、同国情報機関のコメントは現時点で得られていない。

米政府のコメントも得られていない。

正男氏は長年、北朝鮮の外で生活し、国際的に孤立状態にある母国の王朝的な支配体制について公に批判してきた。

聯合ニュースは韓国政府筋の話として、13日午前にマレーシアで殺害されたと報じた。

マレーシア警察は声明で、死亡した男性が「キム・チョル」名義のパスポートを所持していたと明らかにした。正男氏は過去に、偽造パスポートを使用し、拘束されたことがある。

マレーシアの警察幹部は、正男氏の死因は不明とし、検視を実施するとした。ロイターの取材に対し「容疑者はまだ浮上していない。われわれは既に捜査を開始しており、手掛かりが得られる可能性を注視している」と話した。

この警察幹部によると、正男氏はマカオに渡航する途中で、クアラルンプール国際空港にある格安航空会社のターミナルで体調不良を訴えた。同幹部は「死亡した人物は、何者かに後ろからつかまれたか、顔面に手を掛けられたと感じた」とされ、その後「気分が悪くなり、クアラルンプール国際空港のカウンターで助けを求めた」と語った。

正男氏は、空港の診療所に運ばれたが容態は回復せず、プトラジャヤの病院に搬送される途中の救急車の中で死亡したという。

米政府関係筋は、ペンのような器具を使って毒殺された可能性を排除できないと語った。

韓国のケーブルテレビ局の朝鮮放送は、韓国政府筋の話として、正男氏は北朝鮮の工作員とみられる女2人に毒針で刺されたと報じた。2人はタクシーで逃走したとされる。

ロイターとしてこれらの情報は確認できていない。

マレーシアは北朝鮮と密接な関係がある数少ない国のひとつとされる。北朝鮮は核実験や弾道ミサイル発射を巡り世界的な制裁対象となっている。

正男氏と正恩氏はともに、北朝鮮の指導者で2011年に死去した金正日総書記の息子だが、母親が異なる。正男氏は、正恩氏の叔父で北朝鮮ナンバー2の座にあった張成沢氏に近いとされる。張成沢氏は正恩氏の命令で13年に処刑された。

正男氏は01年にドミニカ共和国の偽造パスポートを使用して、日本の空港で拘束されたこともある。この時は東京ディズニーランド見物が目的だったとされる。正男氏は香港やマカオ、中国本土に頻繁に旅行していた。

東国大学(ソウル)の高有煥教授によると、正男氏を巡っては正恩氏に代わって北朝鮮の3代目の指導者となる可能性が取り沙汰されてきた。高教授は「(正恩氏に)忠誠を誓う者たちは、彼(正男氏)を排除することを望んだのかもしれない」と話している。

正男氏は、過去数回にわたって、北朝鮮の指導者となることに興味はないと述べてきた。10年にはテレビ朝日に対して、北朝鮮の指導者が3代にわたって世襲となることには「個人的には反対だ」と話したこともある。


金正男氏、毒針で殺害か 北の女スパイ2人
産経新聞 2/14(火) 20:56配信

926
金正男氏=2007年3月18日、マカオ市内(撮影・清水満)(写真:産経新聞)

 【ソウル支局】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで殺害されたとする情報に関し、韓国のテレビ朝鮮は「北の女スパイ2人が毒針を用いて毒殺した」と報じた。

 複数の政府関係者の話として伝えた。


「金正男氏が女スパイに毒殺」と韓国メディア
ホウドウキョク 2/14(火) 20:44配信

北朝鮮の故・金正日総書記の長男、金正男氏が殺害された模様だと、韓国メディアが一斉に報じました。

一部韓国メディアは、マレーシアの首都クアラルンプールの空港できのう、北朝鮮の女スパイに、毒殺されたと伝えていて、韓国政府は確認を急いでいます。

金正男氏は1971年生まれと言われ、2001年に偽造旅券で日本に入国したことで、身柄拘束されたことがあります。

アジアやヨーロッパで豪華な生活をしていることが度々報じられていました。

金正日氏の後継者争いに敗れ、「暗殺指令が出ている」との報道も出ていました。


金正男氏殺害か マレーシアで女性2人に 金正恩氏の異母兄
産経新聞 2/14(火) 20:44配信

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(ジョンナム)氏が13日、マレーシアで殺害されたと複数の韓国メディアが14日、報じた。裏付けは不明。

 消息筋は、韓国KBSテレビに対し、「金正男氏がマレーシアで女2人に殺害されたようだ」と話した。女2人は、クアラルンプールの空港で正男氏を殺害後、タクシーで逃走したとしている。

 正男氏は、金正日(ジョンイル)総書記の長男だが、改革開放志向を持つとされ、金委員長との確執も伝えられていた。


金正男氏、暗殺か=マレーシアの空港で―韓国メディア、毒殺? 現地警察が死亡確認
時事通信 2/14(火) 20:28配信

925
手を振る北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏=2010年6月、マカオ

 【ソウル、クアラルンプール時事】韓国メディアは14日、北朝鮮の故金正日総書記の長男で、金正恩朝鮮労働党委員長の異母兄・金正男氏が13日午前、マレーシアのクアラルンプールの空港で女に殺害されたと報じた。

 毒殺の可能性も指摘される。ただ、韓国政府は14日夜、報道について「現時点で確認できるものはない」と述べた。

 マレーシアの報道によると、事件発生は13日午前8時(日本時間同9時)ごろで、マレーシア警察も14日、正男氏の死亡を確認した。6日にマレーシア入りしていたもようだ。

 ロイター通信によると、正男氏は13日、クアラルンプールからマカオに向かうところだった。出発を待つ間にショッピングエリアで倒れ、病院へ向かう途中で死亡が確認された。マレーシア警察は所持品に「キム・チョル」名義の旅券があったと述べたが、正男氏も同じ名義の旅券所持が伝えられたことがある。一方、遺体が安置された病院関係者は「1970年生まれ」と語ったが、正男氏は71年生まれとも言われている。北朝鮮関係筋によると、死亡した男性の容姿は「正男氏に似ている」という情報が出回っていた。

 韓国メディアは、空港で女2人が針で刺して正男氏を殺害し、マレーシア警察が車で逃走した女2人の行方を追っていると伝えた。2人が北朝鮮の工作員で針に毒が仕込まれていた可能性が指摘されている。一方「化学物質を含んだ布をかぶせられた」と伝えるマレーシアの報道もある。

777・787・A350等、航空機一般の話題・46

引き続き、ボーイング777、787、エアバスA350等、航空機一般の話題に関するニュース記事を伝達します。

なお、個別の機種についての特記すべき話題、および重大な航空機事故航空機を標的とするテロ等の発生については、これまでと同様、そのつど項を改めて伝達します。

リンク:東レ新工場、本格稼働 能美市、旅客機向け素材生産 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ボーイング787-10」ロールアウト 伸びやかな機体を披露 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:カンタス航空、成田へ767F貨物便 24日にチャーター便着 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、羽田-クアラルンプールに787-9 7月末から、プレエコ新設 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプ氏、ボーイングFA18スーパーホーネットの大型発注示唆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:安倍晋三首相、F35値下げでトランプ氏に感謝 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:トランプでかすむ航空機産業「日米トモダチ作戦」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:F35値下げで安倍首相が感謝=米大統領 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ボーイング、787-10お披露目 ANAも発注 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「米国製を買って、米国人雇え」トランプ氏 ボーイング工場で演説 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<トランプ大統領>ボーイング工場で絶賛 実は海外部品7割 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自パイロットがF35初操縦 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自パイロット、F35初飛行 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:空自パイロット、F35初飛行=ステルス機、訓練先米国で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東レの新工場、21日本格稼働 旅客機向け複合材生産 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:F35、さらに15%値下げ=1機96億円以下に―米国防総省 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:航空機の生産効率をグーンとアップさせた川崎重工の実力 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「ボーイング787-10」2月17日に初号機ロールアウト 米ノース・チャールストンにて - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、ボーイング787を「ドローンで機体点検」 検証画像を公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、ドローンで被雷点検 伊丹で787使い検証 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANAの787初号機、通常塗装へ 伊丹に到着、15日から再塗装 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA ボーイング 787-8初号機「JA801A」のドローン「AS-MC-02P」空撮映像 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、ドローンを活用した機体整備点検作業のデモンストレーションを公開 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ANA、ボーイング 787-8初号機「JA801A」の特別塗装をリペイントへ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:JAL767機長、A350シミュレーター体験 「コツつかめば操縦しやすい」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:日本の航空機産業がシンガポールから学ぶべきこと - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川崎重工、「777X」向け新工場で6月から部品生産 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:川重、最新鋭機の新工場完成 米ボーイング777Xの胴体製造 愛知 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

東レ新工場、本格稼働 能美市、旅客機向け素材生産
北國新聞社 2/21(火) 15:39配信

 東レは21日、能美市の石川工場で、テープ状の炭素繊維複合材「スリットテープ」を生産する新工場を本格稼働した。米ボーイング社の旅客機「787」向け素材を生産する。東レが国内にスリットテープの生産設備を設けるのは初めてで、米国内の既存工場と合わせ、安定的な供給体制を構築する。

 スリットテープは炭素繊維複合材を細く裁断した素材で、ボーイング787の胴体に使用される。東レは今後、川崎重工業を通じて順次供給を始める。

 21日はスタート式と祝賀会が行われ、須賀康雄常務複合材料事業本部長や薬師寺一幸石川工場長、谷本正憲知事、酒井悌次郎能美市長らが出席した。


「ボーイング787-10」ロールアウト 伸びやかな機体を披露
sorae.jp 2/21(火) 13:02配信

78710
「ボーイング787-10」ロールアウト 伸びやかな機体を披露

ボーイングは2月17日、ボーイング787のなかでも最も全長の長い「ボーイング787-10」のロールアウトを米サウスカロライナ州のノース・チャールトンにて行いました。
 
ドリームライナーの愛称でもおなじみボーイング787ですが、その胴体延長型となるボーイング787-10は最大の搭乗人数、そして省エネ性能を達成しています。
 
長胴型となるボーイング787-9にくらべるとボーイング787-10は全長が5.5メートル長く、また2クラスの場合で330人の収容が可能。機内はさらに広くなっており、追加のバゲージなどを収容することも可能です。

ボーイング787-10の最大航行距離は1万1910kmと787-9に比べて若干短くなっていますが、競合機とくらべて10%の燃費向上、そして旧型機と比べれば25%の燃費向上を果たしています。
 
ボーイング787-10は149機のオーダーを受け付けており、ローンチカスタマーはシンガポール航空となっています。また日本のANAホールディングスも機材を3機発注しており、2019年~2020年に運用が始まる予定です。


カンタス航空、成田へ767F貨物便 24日にチャーター便着
Aviation Wire 2/20(月) 20:11配信

 カンタス航空(QFA/QF)は2月20日、成田空港へ24日に運航予定の貨物チャーター便について、最終的な運航スケジュールを明らかにした。ボーイング767-300F型貨物機を使い、成田到着は午後5時25分を予定している。

 成田行きQF7537便はシドニーを現地時間24日午前9時5分に出発し、午後5時25分着。折り返しはメルボルン行きQF7536便で、成田を24日午後8時20分に出発して、翌25日午前8時10分に到着する。

 1月に公表された運航スケジュールでは、成田行きの便名はQF7535便だったが、QF7537便に変更。到着時刻も1時間30分早まった。カンタス航空では、天候などの事情で予告なくスケジュール変更が生じる可能性があるとしている。

 カンタス航空が運航する旅客便の日本路線は、シドニー-羽田線、ブリスベン-成田線、メルボルン-成田線の3路線。羽田線はボーイング747-400型機、成田2路線はエアバスA330-300型で運航している。


ANA、羽田-クアラルンプールに787-9 7月末から、プレエコ新設
Aviation Wire 2/20(月) 11:41配信

789an
羽田-クアラルンプール線に就航するANAの787-9=16年8月 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は、羽田-クアラルンプール線にボーイング787-9型機を7月31日から投入する。現在の787-8から大型化し、プレミアムエコノミークラスを設定する。

 787-9を投入するのは、1日1往復運航している羽田-クアラルンプール線NH885/NH886便。座席数は中距離国際線仕様の246席で、ビジネス40席、プレミアムエコノミー14席、エコノミー192席の3クラス構成となる。

 現在の機材は787-8の中距離国際線仕様機で、座席数は2クラス240席(ビジネス42席、エコノミー198席)。787-9への機材変更で座席数は6席増にとどまるが、プレミアムエコノミークラスが新設されることで、客単価引き上げや、マイレージサービスの上級会員向けにエコノミークラスからのアップグレードサービスを提供できるようになる。

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注済みで、787の発注数としては世界最多となっている。

 ANAは2015年9月、成田からクアラルンプールへの直行便を開設し、13年ぶりに乗り入れを再開。成田からは2002年1月14日まで、バンコク経由で運航していた。羽田-クアラルンプール線は、2016年10月30日に深夜便として開設した。


トランプ氏、ボーイングFA18スーパーホーネットの大型発注示唆
Bloomberg 2/20(月) 8:07配信

トランプ米大統領は17日、米ボーイングの戦闘機FA18スーパーホーネットの大型発注を示唆した。サウスカロライナ州のボーイング施設を訪れた機会を利用して、米軍の最新鋭戦闘機F35を製造する米ロッキード・マーチンにコスト削減を促した。

ボーイングの787(ドリームライナー)新型機公開イベントで、トランプ大統領は「われわれは真剣に大型発注を検討している。そうなる可能性があると思う」と述べた。

米国防総省は生産と並行して開発を続けているロッキードF35と、1990年代に設計されたスーパーホーネットとの性能比較を進めている。トランプ大統領はコスト超過と納入遅れでF35を批判しており、スーパーホーネットの価格が相対的に安いことを理由にF35の一部を代替する可能性を示唆した。

トランプ大統領は「価格が下がらなければ」代替するだろうと記者団に発言。「F18は素晴らしい戦闘機であり、これにステルスの性能が加わる」と語った。

原題:Trump, With Praise for Boeing CEO, Hints at Big Fighter-Jet Deal(抜粋)


安倍晋三首相、F35値下げでトランプ氏に感謝
産経新聞 2/19(日) 20:57配信

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は18日、南部フロリダ州メルボルンでの演説で、米ロッキード・マーチン社製の最新鋭ステルス戦闘機F35を値下げしたことについて安倍晋三首相から感謝されたことを明らかにした。

 トランプ氏によると、今月上旬の日米首脳会談で安倍首相からいきなり「ありがとう」と言われ、「何のことだ」と聞いたところ、「F35で何百万ドルも節約してくれた」と答えたという。

 F35について、トランプ氏はかねてから開発・製造コストの高騰を問題視し、ロッキード・マーチン社側と価格引き下げを交渉。国防総省は3日、日本の航空自衛隊向けの4機を含む90機分のF35の調達費用に関し、ロッキードが7億2800万ドル値下げすると発表した。

 トランプ氏は「私は同盟国の分もまとめて交渉した。メディアは決して私に感謝しないが、日本は感謝している」と述べた。


トランプでかすむ航空機産業「日米トモダチ作戦」
ニュースイッチ 2/19(日) 12:10配信

「ボーイングの雇用を減らしている」という論理に飛躍すると厄介に
 米ボーイングは17日にサウスカロライナ州の自社工場で、中型機「787」の3機種目となる「787―10」のロールアウト(完成披露)式典を開いた。トランプ大統領ら政府要人も出席。ボーイングのデニス・ミュイレンバーグ最高経営責任者(CEO)はプレスリリースで、「この場所はあと数年で、近代的な航空機生産工場に様変わりする。787を世界中に届け、数千人の雇用を作り出す」と高らかに宣言し、米国内での雇用増を重視するトランプ大統領に寄り添う姿勢を見せた。

<「787が米国内に新たな雇用を生み出す」>

 ボーイングは西海岸のワシントン州に主力工場を置く。ただ、787の二つ目の組立工場として、南東部サウスカロライナ州にも09年に進出を決定。17日にロールアウトした「787―10」は、サウスカロライナ州の工場だけで生産される予定だ。このこともあり、式典では「787が米国内に新たな雇用を生み出す」という点ばかりが強調された。

 ただ、皮肉にも「787」は歴史上、ボーイングが最もアウトソーシング(外部調達)を進めた機種だ。ボーイングは機体構造のうち約35%を日本企業と共同開発し、生産を委託。金属に代わる機体の主要材料として、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)を重量ベースで全体の約半分に採用し、炭素繊維は日本の東レから調達している。

 ボーイング幹部は、日本で787を説明する時には必ずと言っていいほど「メード・ウィズ・ジャパン」と持ち上げる。主翼は三菱重工業、前部胴体などを川崎重工業、中央翼を富士重工業が製造し、いずれも名古屋地区の工場から米国に空輸で送っている。このほかボーイングはイタリアの企業にも胴体や尾翼の生産を任せている。

 787を最初に発注したのも日本の全日本空輸(ANA)だ。2011年に初号機を受け取り、大々的なPRを展開したことは記憶に新しい。

 初期型のANA向け787は機体前方に大きく「787」の文字を描き、日本における知名度向上に一役買った。バッテリー問題で一時期は運用停止していたことがあったものの、「メード・ウィズ・ジャパン」の787は、間違いなくボーイングの主力機種の一つとして世界中を飛び回っている。

<日本の航空機産業は踊り場に>

 トランプ大統領の就任より少し前から、日本の航空宇宙産業は踊り場にさしかかっていた。日本航空宇宙工業会が2016年11月にまとめた業界大手25社の生産や輸出の見通しによると、16年度の生産額は1兆7643億円と、09年度以来7年ぶりに前年を下回る見通しだ。

 ボーイングは大型機「777」を17年から減産すると発表しており、生産数は従来の月8・3機(年100機)から月7機に減る。加えて、海外報道によれば17年8月からはさらに「月5機」に減らす計画だという。

 ボーイングは20年の就航をめどに777の新型機種を開発しており、既に航空会社からの受注の多くは新型機に移行している。開発が完了するまでの間、現行機種の生産ペースは徐々に落とし、生産をつなぎとめる考えだ。

 日本の重工メーカーは対応に追われる。三菱重工の宮永俊一社長は2月2日、2016年4―12月期の決算発表の席で「777の仕事が落ちていくことははっきりしている」と話し、主力工場を構える名古屋地区の生産再編などを進める考えを示した。

 一方、川崎重工の富田健司常務は1月31日の決算発表会見で、「777の減産や円高で航空宇宙部門の16年度売上高は減るが、生産性向上に伴うコストダウンが寄与する」とし、同部門の営業利益見通しを引き上げた。

 2016年10月、愛知県半田市に777の次世代機向けの新工場を完成した富士重工。航空宇宙部門を率いる永野尚専務執行役員は16年夏、日刊工業新聞の取材に「需要の谷間だが、この期間は歯を食いしばるしかない」と述べている。

ボーイングとトランプの距離は?
 ここ数年、日本の各社の売上高増を引っ張ってきた777の減産に加え、787でも「メード・ウィズ・ジャパン」がかすんできている。ボーイングは米国を代表する製造業のひとつであり、トランプ大統領が誕生した現在では雇用に対する社会的な責任も一段と増している。

 そうした中、今後懸念されるのは日本からの航空機部品輸入に対するボーイングのスタンスの変化だ。トランプ氏は昨年12月、大統領就任を前にツイッターで、政府専用機「エアフォース・ワン」(ボーイング747型機)のコストが高すぎると批判し、発注をキャンセルするとした。

 12月下旬にトランプ氏と会談したボーイングのミュイレンバーグCEOは値下げ交渉に応じる姿勢を見せたことが現地報道で伝えられている。
 
 先にも示した日本航空宇宙工業会のまとめでは、日本の航空宇宙産業の輸出比率(輸出額/生産額)は約6割にもなる。その多くはボーイング向けの機体製造だ。欧州エアバス向けの取引が少ない日本の航空機産業は、ボーイングに大きく依存する。

 トランプ大統領の前にすっかりしぼんでしまった「メード・ウィズ・ジャパン」の標語だが、それがトランプ向けのパフォーマンスにとどまるのか、はたまたボーイングが実際の部品調達でも「アメリカ・ファースト」を強めるのか。日本の業界関係者は固唾をのんで推移を見守っている。

<解説>
 トランプ氏はこれまで大企業の投資や輸入車など目立つものを批判している。それに比べれば航空機部品の日本からの輸入が多いことは大統領にとって現在は重要ではないかもしれない。それが「ボーイングの雇用を減らしている」という論理に飛躍すると厄介になる。

 トヨタ自動車はトランプ氏に批判された際に米国への雇用貢献をアピールする方法をとったが、航空機部品の輸出の場合はそれができない。だとすれば日本の技術がボーイングを支え、業績を助けている、等の言い方が必要になる。ボーイングが米国第一に過剰反応しないことを願う。


F35値下げで安倍首相が感謝=米大統領
時事通信 2/19(日) 10:17配信

 【ワシントン時事】トランプ米大統領は18日、先の日米首脳会談で、日本も配備する最新鋭ステルス戦闘機F35の値下げについて安倍晋三首相から感謝されたと明らかにした。

 フロリダ州での集会演説で触れた。

 大統領は「安倍首相が訪れた際に『ありがとう』と言ったので、『何のことか』と聞いたら、F35で何百万ドルも節約してくれたということだった」と述べた。「メディアが決して感謝しないのは分かっているが、日本は感謝している」とも語った。

 米英など9カ国が共同開発したF35について、トランプ大統領は就任前、「コストは制御不能になっている」と主張。就任後に製造元のロッキード・マーチン社とコスト削減で合意した。


ボーイング、787-10お披露目 ANAも発注
Aviation Wire 2/18(土) 13:41配信

78710
ノースチャールストン工場でお披露目された787-10(ボーイング提供)

 ボーイングは現地時間2月17日、787型機では全長がもっとも長い超長胴型「787-10」の初号機(登録番号N528ZC)を、米サウスカロライナ州のノースチャールストン工場でお披露目した。式典にはドナルド・トランプ大統領らが招かれた。今後数週間で初飛行する見通し。

【787-10の写真を見る】

 787-10は、標準型の787-8、長胴型の787-9に続く787ファミリーで3機種目となる機体で、全長は787-9と比べて5.5メートル長い68.3メートルと、3機種のうち最長となる。前部胴体は約13メートルで、787-9と比べて3メートル長く、約7メートルの787-8と比べると約2倍。中胴も787-9と比べ、3メートル長い。

 ボーイングは、787-9の胴体をそのまま延長することから、効率性と共通性の高さをアピール。設計と部品の95%は787-9と同一で、製造上の複雑さやコスト、リスクが生産システム全体で軽減され、航空会社に運航上のメリットをもたらすという。

 標準座席数は2クラスの場合、787-9より40席多い330席。航続距離は1万1910km(6430海里)で、双通路機(ワイドボディー機)により運航されている路線の90%以上をカバーできる。置き換え対象となる航空機と比べて燃費が25%以上向上し、次世代の競合機と比較しても10%以上優れているとしている。

 787の生産ラインは、ワシントン州シアトルのエバレットと、ノースチャールストンの2カ所あり、787-10はすべてノースチャールストンで製造。初号機の引き渡しは、当初計画通りの2018年を予定している。

 787の受注機数は、1月末時点で3機種合わせて1202機。内訳は787-9が635機でもっとも多く、787-8が418機、787-10が149機。787-10を発注した9顧客のうち、日本の航空会社では全日本空輸(ANA/NH)を傘下に持つANAホールディングス(9202)が3機発注している。ANAは2019年度から2020年度にかけて受領し、全機を国内線に投入する。

 また、すでに30機発注済みのシンガポール航空(SIA/SQ)が、2月9日に19機を追加発注している。


「米国製を買って、米国人雇え」トランプ氏 ボーイング工場で演説
AFP=時事 2/18(土) 12:53配信

【AFP=時事】米国のドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領は17日、米航空宇宙機器大手ボーイング(Boeing)の旅客機「787ドリームライナー(787 Dreamliner)」の最新型の公開に合わせてサウスカロライナ(South Carolina)州にある同社工場を視察し、演説で「米国製品を買って米国人を雇え。これがわれわれのスローガンだ」と呼び掛けた。

 トランプ大統領は、米国企業が生産拠点を国外に移転することを阻止し、貿易で「不正行為」を働いている国を追及するとした公約に改めて言及。歓声を上げる聴衆に「われわれが欲しいのは、米国人の手によって米国で作られた製品だ」と述べた。

 さらにトランプ氏は「わが国の中で製造することがもっと簡単でなければならないし、国外へ出ていくことをもっと難しくしなければならない。企業にはわが国から出て行ってほしくない」「そんなことは二度と起こさせない。信じてほしい。もしも企業が従業員を解雇し、他の国へ行くというならば、非常に重いペナルティーが科されるだろう」と述べた。

 また、法人税を削減する公約についても、改めて「雇用に打撃を与える規制を大幅に緩和する」意向を明らかにした。

 ボーイングは米南部に位置する同州で7500人の従業員を雇用しており、787ドリームライナーを製造しているこのボーイング・サウスカロライナ工場にはうち2828人が勤務している。同工場の従業員に対し、国際機械整備士・航空宇宙産業労働組合(IAMAW)は労組結成を打診していたが、今月14日、全従業員の74%に上る圧倒的多数が反対票を投じてこの提案を却下した。

 米南部では昔から労組結成に反対する風潮が根強く、欧州や日本の自動車メーカーが工場を進出させる要因となっている。【翻訳編集】 AFPBB News


<トランプ大統領>ボーイング工場で絶賛 実は海外部品7割
毎日新聞 2/18(土) 11:16配信

 ◇787旅客機を「夢を実現した」旅客機と

 【ワシントン会川晴之】トランプ米大統領は17日、米南部サウスカロライナ州ノースチャールストンにあるボーイングの旅客機工場を視察した。日本でも就航する中型旅客機ボーイング787ドリームライナーを前に「米国人労働者が、米国の工場で、米国製の製品を造ることを望んでいる」と訴え、787旅客機を「夢を実現した」旅客機と絶賛した。

 だが787は、日本のほか英仏伊などが参加した国際共同開発機。海外製部品の割合は7割近くに達する。中でも日本は35%を担当。三菱重工業、川崎重工業、富士重工業の3社が主翼、胴体パネルなどを担当する。

 またこの日、トランプ氏が「カーボンファイバーを使っているんだ!」と褒めたように、世界で初めて炭素繊維複合体(日本の東レが製造)を機体の多くに使用し軽量化を実現した。

 トランプ氏は「米国製品を購入せよ! 米国人を雇用せよ!」がキャッチフレーズ。今回、その主張に最適の地を選んだはずだが、図らずも日本製など海外製品の優秀性を強調することになった。


空自パイロットがF35初操縦
時事通信 2/18(土) 9:06配信

F35ax2
F35最新鋭ステルス戦闘機の航空自衛隊への配備に向けた米国での訓練で、空自パイロットが初めて操縦するF35戦闘機=7日、米アリゾナ州ルーク空軍基地(米空軍提供)


空自パイロット、F35初飛行
時事通信 2/18(土) 9:06配信

F35ax
防衛省が導入するF35最新鋭ステルス戦闘機の配備に向け、米国で訓練中の航空自衛隊のパイロットが18日までにF35を操縦し、初飛行した。写真は空自パイロットが操縦するF35=7日、アリゾナ州、米空軍提供


空自パイロット、F35初飛行=ステルス機、訓練先米国で
時事通信 2/18(土) 4:10配信

 防衛省が導入するF35最新鋭ステルス戦闘機の配備に向け、米国で訓練中の航空自衛隊のパイロットが18日までに、F35を操縦し、初飛行した。

 空自は2017年度にF35を三沢基地(青森県)に配備する。

 訓練は米アリゾナ州ルーク空軍基地で実施されており、空自の2等空佐のパイロットが今月7日(現地時間)、初飛行した。現地には空自の整備員も派遣され、訓練を受けている。


東レの新工場、21日本格稼働 旅客機向け複合材生産
北國新聞社 2/18(土) 1:44配信

 東レは21日、能美市の石川工場で、テープ状の炭素繊維複合材「スリットテープ」を生産する新工場を本格稼働する。ボーイング社の旅客機「787」向けに製造する。

 スリットテープは炭素繊維複合材を数ミリから数センチ幅に切断した素材で、航空機の胴体や翼の曲面部位などに使われる。これまで米国の子会社で加工し、日本国内の787向け需要は輸入で対応していた。日米に2つの拠点を設けることで、安定供給を図る。

 21日はスタート式が行われ、須賀康雄常務らが出席する。


F35、さらに15%値下げ=1機96億円以下に―米国防総省
時事通信 2/17(金) 14:33配信

 【ワシントン時事】米国防総省で最新鋭ステルス戦闘機F35の開発責任者を務めるボグダン空軍中将は16日、下院軍事委員会で証言し、空軍仕様のF35Aの価格が「2019会計年度(18年10月~19年9月)には、1機当たり8000万~8500万ドル(約91億~96億円)に下がるだろう」と述べた。

 最新の合意価格から最大15%強の値下げとなる。


飛行機を「鷹の目」で点検 ANAがドローン使った実証実験
J-CASTニュース 2/17(金) 13:07配信

784
ドローンは10分間かけて自動飛行した(エアロセンス提供)

 無人飛行機(ドローン)の活用が航空業界にも広がってきた。全日空(ANA)は2017年2月14日、大阪・伊丹空港内の格納庫で、ドローンを使った整備の実証実験の様子を公開した。

【画像】翼の上も点検できる

 ドローンという「鷹の目」の活用で整備の効率化が見込めるといい、今後は格納庫の外での実験などを通じて実用化に向けた検証を進める。

■高所作業車より素早く点検できる

 飛行機に雷が落ちると、機体に傷やへこみができる場合がある。これまでは、飛行中に落雷があった便は、目的地に到着してから高所作業車を近づけて屋根や翼にダメージがないか確認する必要があった。落雷に限らず、点検作業にドローンを活用することで、高所作業車よりも作業時間の短縮が期待できる。その分、点検作業が原因の便の遅れを減らすことにもつながる。

 今回の実証実験は、ソニーと自動運転技術開発ベンチャー「ZMP」の合弁企業、「エアロセンス」とANAが共同で行った。ドローンは全高16.9メートルのボーイング787型機の屋根や翼の上を、秒速1メートルで約10分間かけて自動飛行した。今後は、安全性の検証や画像データの分析を進める。庄内空港(山形県)の空港ランプエリア内でも実験する。飛行機の点検や整備の方法は米ボーイング社などメーカーと調整する必要がある上、空港周辺でドローンを飛ばすには航空法上の様々な制約がある。こういった実験を通じて、実用化に向けたハードルをひとつずつクリアしていきたい考えだ。

 ANAでは

  「ドローンが社会に浸透するためのインフラ整備に関わることで、将来的な方向性を見極めながら、本格的な事業化を検討して行きたい」

と期待している。


航空機の生産効率をグーンとアップさせた川崎重工の実力
ニュースイッチ 2/17(金) 12:10配信

Bk
民間向けヘリコプターを生産する岐阜工場

航空機のモノづくりにバイク生産のノウハウ
川崎重工業は1999年に、ブラジル航空機メーカーであるエンブラエルのリージョナルジェットの開発・生産に参画した。主翼や中央翼など主要部位を担当したが、「増産やコストダウン要求は、ビジネスとして成立しないものだった」と副社長の石川主典は振り返る。生産性と高い品質が求められる航空機部品。常識を覆す要求に、04年当時の責任者はある決断をする。

<「匠の技」から標準化へ>

 2輪車や油圧機器など、量産系に適用していた独自の生産技術「カワサキプロダクションシステム(KPS)」の導入に踏み出した。「これをやっていなかったら、今の航空宇宙カンパニーはないに等しい」。石川はこう断言する。

 ただ、量産品と航空機では生産思想が異なる。ラインで生産する量産品と、一つの場所でじっくり組み上げる航空機部品。「生産技術はまったく違うと思っていた」という石川の言葉通り、航空機部門でのKPS導入には反発もあった。

 現場で問題が発生すれば、匠(たくみ)の技でなんとかやりくりする。航空機の現場では「問題を起こさないのが良い職場」(石川)という風潮がまん延していた。

 KPSは各作業者・工程の標準時間を設定。5分から10分間隔の細かな作業時間を定め、決められた通りにこなすのが鉄則だ。安定して目標時間を短くできれば、それがチャンピオンタイムとなる。例えば、岐阜工場(岐阜県各務原市)では04年にKPSを導入。民間向けヘリコプターの組み立てで、1機当たりの工数を3分の1に減らせた。

<超円高時代は「血のにじむコスト削減」>

 石川は「KPSはものすごく体系的で、航空機部門にも大きな改善効果をもたらした」と強調。「KPS以前のやり方には、もう戻れない」と続ける。

 米ボーイングの中大型機「787」向け胴体部品の生産開始時は、1ドル=80円台の超円高時代だった。「血のにじむようなコスト削減をやった」と石川。それは地道な改善活動の積み重ねだ。ここでも、KPSが大きく貢献したことは言うまでもない。
(敬称略)

【解説】
 航空機産業のモノづくりの現場を見て回ると分かるのだが、最先端の材料や高い加工精度を実現している一方、生産技術は驚くほどローテク。

 記事にもあるように、その道何十年の「匠」を中心に、多くの人が手作業で一生懸命つくっている。量産数の少なさもあるのだろう。

 匠の技の伝承は大事だが、航空機市場の拡大を踏まえると、もっともっと生産工程は自動化・標準化できそうだ。
(日刊工業新聞名古屋支社・杉本要)


「ボーイング787-10」2月17日に初号機ロールアウト 米ノース・チャールストンにて
sorae.jp 2/16(木) 9:55配信

7810
「ボーイング787-10」2月17日に初号機ロールアウト 米ノース・チャールストンにて

米ボーイングは2月14日、開発を進めてきた中型ジェット機「ボーイング787-10」のロールアウトを2月17日に行うと明かしました。ロールアウトは米サウスカロライナ州のノース・チャールストンにて行われます。
 
ボーイング787の胴体延長型となる787-10は2013年6月にローンチされました。787-8、787-9、787-10のバリエーションの中で最も機体が大きく、また省エネ性能も高くなっています。
 
すでに787-10は9社の航空会社から149機が旅客機として発注されており、ANA(全日本空輸)も3機の787-10を発注しています。ANAによる787-10の導入は2019年~2020年を予定。これにより、ANAは787-8、787-9、787-10をすべて揃える航空会社となります。


ANA、ボーイング787を「ドローンで機体点検」 検証画像を公開
sorae.jp 2/15(水) 10:36配信

783
ANA、ボーイング787を「ドローンで機体点検」 検証画像を公開

ANA(全日本空輸)とエアロセンス株式会社は2月14日、ドローンを利用したボーイング787の整備点検作業のデモンストレーションを行い、その空撮画像を公開しました。
 
現在航空機の整備点検は、整備士が目視で傷や凹みを確認しています。そして今回の検証は、ドローンによる空撮と画像解析技術を利用することで整備品質の向上、さらには点検時間の短縮を目指したものです。これにより、航空便の遅延や欠航が減らせるなどのメリットが想定されています。

今回の検証は、伊丹空港に隣接するMRO Japna社の敷地で行われました。ドローンの飛行ルートはあらかじめプログラムされており、作業の効率化を目指しています。このような高所での作業は時間と危険を伴うので、ドローンの活用はまさにうってつけです。
 
またエアロセンスは、ソニーと株式会社ZMPによる合弁会社。以前には固定翼ドローンを発表しており、業務用や産業用の物流や管理ソリューションの提供を目指しています。今後は山形県庄内空港にて空港ランプエリア内で検証が続けられるとのことで、航空業界とドローン業界のパートナーシップの発展に期待が寄せられています。


ANA、ドローンで被雷点検 伊丹で787使い検証
Aviation Wire 2/15(水) 10:26配信

782
ANAの787の近くを飛び立つエアロセンスのドローン=17年2月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は2月14日、雷が落ちた部位の点検など機体の整備作業にドローンを活用する実証実験を、ソニー(6758)などが出資するエアロセンス(東京・文京区)と共同で実施した。伊丹空港の格納庫前に駐機したボーイング787-8型機(登録番号JA801A)の上をドローンが飛び、機体を撮影した。

【787の上を飛ぶドローンの写真を見る】

 機体が被雷した際にできた傷やへこみは、現在は整備士が高所作業車に乗り、目視検査している。機体の上をドローンが飛行して撮影し、エアロセンスのドローン技術を活用して画像を解析する。ドローンを活用することで検査精度と整備品質を向上させ、点検時間を短縮することで、運航便の遅延や欠航の発生を抑えるようにしていく。

 機体上空を飛ばす実証実験に先立ち、1月25日に、庄内空港のランプエリアで機体がない状態で検証。ランプエリアでドローンを飛ばす際の特性を把握した。

 14日は、ANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンが伊丹空港に構える格納庫で検証。787の全高とほぼ同じ地表から16メートルと20メートルの高さを、ドローンが秒速1メートルで13分間飛んだ。

 ドローンには、787の上空を飛行するルートをプログラムして自律飛行させ、搭載したカメラが機体外観を撮影した。3月にも伊丹で機体上空を飛ばして検証を進め、庄内空港での本格検証を目指す。

 今回使用したドローンは、エアロセンスの自律型マルチコプター「AS-MC-02P」。GPSや慣性センサーにより、自律飛行制御を実現している。搭載したカメラはソニー製デジタルカメラ「DSC-QX30」で、有効画素数約2040万画素の1/2.3型CMOSセンサーで撮影する。撮影した画像データは操作用ノートパソコンを介してサーバーへ送られ、データ解析が行われる。

 ANAでは今後、運用ルールやシステムを構築し、2021年以降の本格運用を目指す。ANAによると、今回は787を製造するボーイングと連携した検証ではなく、今後結果を報告し、ボーイングとドローンを使った整備のあり方を検討していくという。

 一方、機体メーカー単独の動きでは、エアバスが機体製造や整備時のドローン活用の検証を進めている。


ANAの787初号機、通常塗装へ 伊丹に到着、15日から再塗装
Aviation Wire 2/14(火) 22:40配信

Ja801a_2
伊丹に着陸するANAの787初号機=17年2月14日 PHOTO: Tadayuki YOSHIKAWA/Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)は2月14日、ボーイング787-8型機の初号機(登録番号JA801A)を再塗装するため、成田空港から整備工場のある伊丹空港へフェリー(回送)した。ANAが787の機体を塗り直すのは今回が初めて。2011年の就航以来まとってきた特別塗装から、同社の通常塗装に塗り替えられる。

【787初号機の写真を見る】

 ANAは2004年4月26日、ローンチカスタマーとして787を50機購入すると決定。標準型の787-8を36機、長胴型の787-9を44機、超長胴型となる787-10を3機の計83機を発注済みで、787の発注数としては世界最多となっている。

 14日時点で、787-8は36機全機を受領済み(エバレット工場製32機、チャールストン4機)、787-9は21機が引き渡され、787-10は2019年度から納入が始まる。

 ANAの787は、初号機と2号機(登録番号JA802A)の2機が特別塗装機で、JA803AからJA824Aまでが前部胴体に「787」と大きく描いた787ロゴ塗装機。JA825A以降が通常塗装機となっている。

 初号機は2011年8月6日製造。製造番号は34488、ライン番号は0008で、エンジンはロールス・ロイス製トレント1000-A2(推力2万8940kg)を2基搭載し、同年9月25日に受領した。中距離国際線仕様機で、座席数は就航当初は264席だったが、2013年10月の改修で222席に変わり、2015年11月の改修で現在の240席(ビジネス42席、エコノミー198席)になった。

 最初の商業フライトは、世界初の787による運航便である、2011年10月26日の成田発香港行きチャーター便のNH7871便。2014年6月には、世界初となる787の重整備(Cチェック)を羽田の格納庫で実施した。

 特別塗装での最後の商業フライトは、プノンペンを2月12日夜に出発した成田行きNH818便。12日時点の総飛行時間は1万3684時間33分、総サイクル数は4932サイクルにのぼる。

 14日のフェリーフライトの成田発伊丹行きNH9041便は、午前9時54分に成田の422番スポット(駐機場)を出発。午前10時11分にA滑走路(RWY34L)から離陸した。午前11時8分に伊丹のB滑走路(RWY32L)へ着陸し、同14分に2番スポットへ到着した。

 初号機の塗装作業は、15日からANAホールディングス(9202)が出資する整備会社MROジャパンの格納庫で行われ、機体全体を塗り直す。

 全日空整備を前身とする同社は、これまでにANAの「東北FLOWER JET」(737-800、JA85AN)や、映画『スター・ウォーズ』に登場する新キャラクター「BB-8」をデザインした「BB-8 ANA JET」(777-300ER、JA789A)、「スター・ウォーズANAジェット」(767-300ER、JA604A)、創立60周年記念の「ゆめジェット」(767-300、JA8674)など、ANAの特別塗装機も手掛けている。

 MROジャパンは、2月3日に大阪航空局から787の整備や改造に必要な限定変更承認書を取得。航空法第20条第1項第4号に基づく航空機整備改造認可の限定に、787を追加した。

 ANAが787を塗り直すのは初めてで、作業は2週間程度掛かる見通し。


ANA ボーイング 787-8初号機「JA801A」のドローン「AS-MC-02P」空撮映像
Impress Watch 2/14(火) 21:46配信

78
写真:Impress Watch

 ANA(全日本空輸)は2月14日、伊丹空港に隣接するMRO Japanの大阪事業所格納庫前において、ドローンを活用した機体整備点検作業の実用化に向けたデモンストレーションを実施した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 その模様は関連記事「ANA、ドローンを活用した機体整備点検作業のデモンストレーションを公開」を参照していただきたいが、その際に撮影された映像や写真がエアロセンスから報道向けに提供されたので、ここに掲載する。

 ドローンはエアロセンスの自立型マルチコプター「AS-MC-02P」で、ソニー製のレンズスタイルカメラ「DSC-QX30」が装着されている。全体写真がないのは飛行高さ制限があるためで、詳細は先ほどの関連記事を参照していただきたい。本記事では、ANAのボーイング 787-8初号機「JA801A」を上空から見た映像や写真を確認していただきたい。


ANA、ドローンを活用した機体整備点検作業のデモンストレーションを公開
Impress Watch 2/14(火) 20:58配信

Asmc02
写真:Impress Watch

 ANA(全日本空輸)は、伊丹空港に隣接するMRO Japanの大阪事業所格納庫前において、ドローンを活用した機体整備点検作業の実用化に向けたデモンストレーションを実施し、報道陣に公開した。

【この記事に関する別の画像を見る】

 今回のデモンストレーションは、ANAと、ドローンを利用した各種サービスを提供しているエアロセンスとの協業により実施されたもの。デモンストレーションに先立ち、ANAのデジタル・デザイン・ラボのチーフ・ディレクターである津田佳明氏から、今回のデモンストレーションの概要が説明された。

 ANAは2016年4月から、新技術活用によるイノベーション創出を推進するための組織「デジタル・デザイン・ラボ」を立ち上げており、そのなかで「バーチャルハリウッド」と呼ばれる社内提案制度から、ドローンを活用した事業の可能性を検討するプロジェクトが立ち上がったと説明。

 ANAの長年の有人旅客機オペレーションのノウハウが、ドローンインフラに貢献できるのではないかと考えており、将来顧客への新しい価値を提供することで、新たな収益事業に成長させたいという。

 現在政府は、2021年以降の本格的な商業化開始を目標として、ドローン技術の向上やインフラ整備などを進めている。そういったなかANAも、その政府が取り組んでいるスケジュールに合わせて取り組みを進めていくという。

 まず、日本無人機運航管理(JUTM)コンソーシアムに設立メンバーとして参画し、ドローンを活用した社会基盤構築に積極的に取り組んでいるという。また、BtoBやBtoCへの商業化を目指したトライアルも繰り返していく計画。さらに、ANAの業務プロセス内でのドローンの活用も検討していくという。

 今回のデモンストレーションは、ANA業務プロセス内でのドローン活用を想定したもので、飛行中に被雷した機体の点検作業に活用するという内容。飛行中に被雷した機体は、被雷による機体損傷の有無を点検し、必要なら修理をしなければ、次のフライトに入れないという。

現在の点検作業では、ゴンドラに作業員が乗り、目視で確認しているため、作業に時間がかかったり、危険な環境で作業を行なう必要があったりと、さまざまな問題がある。その作業を、ドローンを使って行なうことで、作業の短時間化や省力化につなげたいという。

 今回のデモンストレーションに先立ち、1月25日に秋田県の庄内空港において、作業車の上にドローンを飛行させて、駐機エリアでの特性を確認。そして今回、初めて実際の航空機の上にドローンを飛行させたデモンストレーションを実施することになった。

 エアロセンスの取締役CTOである佐部浩太郎氏によると、今回のデモンストレーションでは、人手による目視が困難な飛行機上面にドローンを飛行させ、写真を撮影して確認することが目的とのこと。実際に旅客機上部にドローンを飛行させて写真を撮影、画像データを加工処理し、最終的に画像の確認までが行なわれた。

 ドローンは、あらかじめ設定された飛行ルートを飛行する。飛行ルートは、航空機上部から10mほどの高さで、機体前方から後方に向かって、毎秒約1mほどの速度で左右にジグザグに移動するように設定。

 ただし空港では、制限表面と呼ばれる高さ制限が設定されており、制限表面を超える高さにドローンは進入できないため、常に制限表面以下の高度での飛行となる。そして、飛行中に航空機上面の写真が撮影される。

 現場には、操作用の端末が置かれ、端末を操作したり、風などの環境を計測したりする現場オペレータがつくことになるが、ドローンの飛行はすべて自立飛行となり、現場オペレータが操縦することはない。

 そして、撮影した写真は、飛行終了後にクラウドサーバへと転送され、画像処理が行なわれたあとに確認が可能となる。クラウドサーバでは、画像解析に合わせて、画像をつなぎ合わせて大きな1枚の画像を生成したり、3Dモデルを作成したりできるという。

 デモンストレーションに使用されたドローンは、エアロセンスの自立型マルチコプター「AS-MC-02P」。このドローンには、GPSや慣性センサーなどが搭載され、あらかじめ設定された飛行ルートを自律制御で飛行できる。

また、機体撮影用として、ドローン下部にソニー製のレンズスタイルカメラ「DSC-QX30」を装着。このカメラによって、1ピクセルあたり約2mmほどの解像度で機体を撮影できるため、細かな部分まで機体の状況をチェック可能という。

 航空機はボーイング 787型機「JA801A」。世界で初めて商用フライトに投入された、ANAのボーイング 787型初号機で、ドック入りに合わせて利用。なお、このJA801Aは、今回のドック入りで特別塗装から通常塗装へと変更される予定。

 デモンストレーションでは、ドローンを2回飛行させて検証が行なわれた。当日は比較的強い風が吹くコンディションだったが、2回ともドローンは大きく姿勢を乱すことなくスムーズに航空機上部を飛行した。

 なお、安全性を優先し、風速10mを超える風が吹いている場合には、ドローンの飛行を行なわないように設定しているという。また、ドローン自体は防滴仕様のため、多少の降雨でも問題なく飛行できるが、点検作業で利用するには高品質な写真を撮影する必要があるため、好天時のみの運用になる可能性が高いとのこと。

 今後は3月中に再度MRO Japanの大阪事業所格納庫前で今回同様に航空機上空を飛行させる計画。その後は、場所を庄内空港に移し、本格的な検証作業を開始する予定。また、ドローンを利用した機体整備点検作業を実現するには、航空機メーカーをはじめとした関係各所からの承認を受ける必要があるため、その承認に向けた各種取り組みも行なっていくという。


ANA、ボーイング 787-8初号機「JA801A」の特別塗装をリペイントへ
Impress Watch 2/14(火) 20:43配信

Ja801a
写真:Impress Watch

 ANA(全日本空輸)は、ボーイング 787-8型機の初号機として納入されていた登録記号「JA801A」のリペイントを実施する。その作業のため、2月14日に大阪・伊丹空港に隣接するMRO Japanの整備場へドックインした。

【この記事に関する別の画像を見る】

 JA801Aは、ボーイング 787-8型機のローンチカスタマーであるANAが、2011年9月25日に世界で初めて受領し、商用運航を実施した機体。2機目の導入機となる「JA802A」とともに、機体後方を青を基調に白いラインを施した(一部では“鯖”の愛称でも知られる)特別塗装機として注目を集めた機体だ。

 受領順としては3番目となった「JA805A」からトリトンブルーを用いたANAの通常塗装になったが、機体前方に「787」と大きくマーキング。この「787」ロゴも2014年1月に納入された「JA824A」までの24機(JA801A、JA802A含む)に施された。

 ANAでは今後、ブランド統一の観点からこれらの特別塗装も順次、通常のANAデザインへリペイントしていく意向で、このたび、同社のボーイング 787型機にとっても初めてのこととなるリペイント作業が、導入初号機であるJA801Aで行なわれることになった。

 JA801Aは導入直後は一時国内線で運用されたが、客室は導入時より国際線仕様となっていた。最初は264席仕様、2013年10月の客室改修で222席仕様となったのち、2015年11月からは240席(ビジネスクラス42席、エコノミークラス198席)仕様機となって現在にいたる。特別塗装機としてのJA801Aは、2月12日のNH818便(プノンペン~成田線)が最後の営業運航となった。

 2月14日に成田空港から回航(フェリーフライト)が行なわれ、11時08分に伊丹空港に着陸。いったん伊丹空港の2番スポットに駐機したあと、MRO Japanのドックへと移動した。リペイントは、そのMRO Japanで実施。作業期間は2週間程度を見ているという。

 ドックイン直前、特別塗装機としては最後のときを迎えた「JA801A」の姿を写真で紹介する。


JAL767機長、A350シミュレーター体験 「コツつかめば操縦しやすい」
Aviation Wire 2/14(火) 12:21配信

A35ffs_2
A350のフルフライト・シミュレーター体験後、親指を立てるJALの山岡機長(左)とAATCのラルデGM=17年2月10日 PHOTO: Yusuke KOHASE/Aviation Wire

 2019年にエアバスA350 XWBを導入する日本航空(JAL/JL、9201)は、エアバスがシンガポールに開設した運航乗務員の訓練施設を視察した。ボーイング767型機を運航する機長が現地を訪れ、A350 XWBのフルフライト・シミュレーター(FFS)を体験。「コツをつかめば操縦しやすい」と話した。

【A350シミュレーターの写真を見る】

◆767機長、A350体験

 JALで767を担当する山岡孝史機長(57)が、訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」でA350のFFSを体験した。山岡機長がこれまで操縦してきた747などのボーイング機には、操縦桿(コントロールホイール)がある。一方のA350をはじめとするエアバス機には操縦桿がなく、操縦席の脇にサイドスティックが左右各席に1本ずつ備わっている。

 FFS体験後、山岡機長は「操縦桿がないことに違和感がある」と話し、「最初はどのように操作するか分からなかった。操縦桿の感覚で右に倒したり左に倒したりすると、飛行機が暴れる」と振り返った。「ある程度の姿勢になったときに、サイドスティックから手を離し、力を抜く」ことで機体はスムーズに進むようで、「コツをつかめば操縦しやすい」とした。

 当初、違和感があった操縦桿のない操縦席は「広く感じた」ようで、「チャート表などを広げても計器類が隠されることがない」と話した。

 今回のシミュレーター操作では、ジャック・シラク氏とニコラ・サルコジ氏の2人のフランス元大統領の専属パイロットを務めた、AATCのヤン・ラルデ・ゼネラルマネージャー(GM)が教官となり、マカオから香港(RWY07)に向かうルートを飛行。山岡機長はラルデGMから指示を受け、操縦した。

 A350には、高度や速度などの情報がパイロットの正面に映し出される「ヘッドアップディスプレイ(HUD)」が備わっている。山岡機長は「HUDはJALの787にも装備されている。私自身は初めての経験」と話し、「今は前面の計機を見つつ、外の滑走路などを見ている。(HUDがあることで)外を見ながら、気象状況や滑走路の方向などを確認できる」とHUDの利便性を説明。「目線を動かすことはあまりよくない。1カ所の方向を見つつ、情報を得られるのは楽だ」とした。

 「最初に乗務したのは(1970年代の)747。計機の数が多くて、エンジン関連だけでも数十個あった」と乗務開始当初を振り返った山岡機長は、「その後、767や747-400に導入された『グラスコックピット』では、大型ディスプレイで表示した」と技術の発展を説明した。操縦中に目線を動かすこと好ましくないとし、「(グラスコックピットは)物理的に目線を動かさなくていいが、HUDはさらにそれを補ってくれる」と述べた。

◆2カ月かかるボーイング機の移行訓練

 AATCでは、ボーイング機の運航資格があるパイロットがA350などエアバス機へ移行する場合、25日程度で移行できるとしている。山岡機長によると、767から777など、ボーイング機どうしでの移行訓練には2カ月程度かかるという。「ボーイング機は手厚く訓練している」とした上で、「訓練の時間が短いのは、乗員にとっても負担が減る」とした。

 整備士は777とA350など、複数機種の整備資格を保有できるが、パイロットは1機種のみ同時限定で取得できる。JALでは767から777に移行した乗務員が、767に復帰するケースもあったようで、その場合は2カ月以上かかる復帰審査を受けなければならないという。

 山岡機長は「私は難しい機体で育った人間」とし、「今後の世代は、コンピューター化されている機体で育つ。(技術よりも)飛行管理能力などが求められるのではないか」と述べた。

◆機種ごとのコンセプト学んで

 ことし58歳の山岡機長は、自身が将来的にA350を担当する可能性について「間もなく定年を迎える」と話し、「そこで一旦、以降のキャリアをどうするか考える。健康であればやりたい」と乗務に意欲を示した。

 今後、A350に移行するパイロットには「787に移行したときも、HUDではなく前方の計機をついつい見てしまう」と具体例を挙げ、機種特有の機能をいかに習得するかがカギ、と述べた。「緊急事態などが発生した場合、以前の機種の言葉がつい出てしまう」と続け、「(機種ごとの)違いやコンセプトをしっかり学んでほしい」とエールを送った。


日本の航空機産業がシンガポールから学ぶべきこと
ニュースイッチ 2/14(火) 11:40配信

A35fs
実際の経路の操縦を疑似体験できる中型機「A350XWB」の訓練設備

エアバスがパイロット養成支援、修理・整備も集積進む
 欧州エアバスがアジア・太平洋地域の航空機需要拡大で予想されるパイロット不足対策に乗り出している。2016年4月にシンガポールに開設した飛行訓練施設「エアバス・アジア・トレーニング・センター(AATC)」が、17年中にはフル稼働状態になる。航空会社28社と利用契約を結んでおり、パイロットの養成を支援して需要拡大を取り逃がさない戦略だ。

 「航空機が膨大に増えるので、訓練が重要になる。アジア・太平洋地域の需要に対応する」―。ヤン・ラルデAATCゼネラル・マネージャーはAATC開設の狙いを説く。

 同地域は経済成長や格安航空会社(LCC)の台頭で、航空機需要が世界平均を上回るペースで拡大する。それに伴い、深刻なパイロット不足が見込まれる。国際民間航空機関(ICAO)は、同地域で必要なパイロットが30年には約23万人と10年時点の4・5倍になると予想する。

 AATCはエアバスの4番目にして最大の訓練施設だ。シンガポール航空との共同出資で、約1億ドル(約113億円)を投じて開設した。全機種の訓練が可能で、17年には許容人数の年間1万人を受け入れる計画。アジアでは1997年開設の北京に次ぐ施設となる。

 目玉は6基ある疑似操縦設備「フル・フライト・シミュレーター(FFS)」だ。コックピットを再現した室内で操縦かんや機器を操作し、CG画面を見ながら実際の飛行経路を疑似操縦できる。雷など気象条件を設定できるほか、離着陸時に身体にかかる負荷も体感できる。

 FFSは機種別にあり、6基中2基が中型機「A350XWB」用だ。19年までに追加する2基中1基も同機種用で、AATCは同機種の訓練施設の意味合いが強い。ラルデゼネラル・マネージャーは「A350XWBのハブとなる施設を目指す」と意気込む。

<「A350XWB」アジア・太平洋地域の需要取り込む>

 同機種に注力するのは、アジア・太平洋地域の需要拡大を取り込む機種だからだ。エアバスは35年には、同地域で運航する航空機が現在の約5700機から約1万4700機に増えると予想する。

 その中心と見込むのが、A350XWBなど双通路型の中・大型機種だ。同地域では米国、欧州行きなど長距離路線が多く、航続可能距離が長い機種が必要になるため。エアバスは35年までに世界で引き渡される双通路型4390機のうち、同地域分が46%を占めると見込む。

 「こつをつかめば操縦しやすい。初めての機種なので期待している」。日本航空のベテラン機長、山岡孝史運航本部副本部長はAATCでA350XWBを疑似操縦した印象を語る。同社は19年から6年ほどかけ、同機種を31機導入する。エアバス機の発注は初めてで、AATCの利用を検討している。

 米ボーイングも07年、シンガポールに自社でアジア最大の訓練施設を開設し、中型機「787」など3機種の訓練を実施している。パイロット不足への対策というサービス面での競争も激化しそうだ。

【解説】
 国土の狭いシンガポールだが、訓練施設だけでなく、アジア太平洋地域のエアラインの修理・整備でも航空機産業の集積が進んでいる(日本の全日空や日本航空も機体修理の一部はシンガポールに委託)

 日本は重工メーカーを中心に機体・エンジンの製造では強みを発揮しているが、こうした周辺産業の取り込みではシンガポールに学ぶべき点が多い。


川崎重工、「777X」向け新工場で6月から部品生産
ニュースイッチ 2/14(火) 8:39配信

Khin1
名古屋第一工場に完成した「777X」向け新工場

名古屋第一工場内に
 川崎重工業が名古屋第一工場(愛知県弥富市)で建設していた米ボーイングの最新鋭大型旅客機「777X」向け新工場を完成した。新工場では777X向けの前部胴体と中部胴体のパネル組み立てを行う。自動で穿孔(せんこう)位置を認識する自社製ロボットのほか、画像センシング技術や制御技術を駆使した新規開発設備などを導入する。2017年6月の製造開始に向け、生産設備の設置作業も始めた。

 新工場はボーイング「777」や「787」向け機体部品を製造する、名古屋第一工場内の空きスペースに建設した。延べ床面積は約1万3000平方メートル。将来のスマート工場化に向けて、ICT(情報通信技術)やIoT(モノのインターネット)インフラも整備する。

 外板と補強部品をボルトで結合する穴を自動で穿孔するドリルロボットには、自社開発した画像センシング技術を採用。正確な位置への穴あけを可能にした。


川重、最新鋭機の新工場完成 米ボーイング777Xの胴体製造 愛知
神戸新聞NEXT 2/14(火) 7:30配信

Khin12
ボーイング「777X」の前・中部胴体を組み立てる新工場=愛知県弥富市(川重提供)

 川崎重工業(神戸市中央区)は13日、航空機製造拠点の名古屋第1工場(愛知県弥富市)で、新工場棟が完成したと発表した。米ボーイングの最新鋭大型旅客機「777X(トリプルセブン・エックス)」の前・中部胴体を作る専用工場で、今年6月に稼働する。

 新棟は鉄骨造りで高さ18メートル、床面積約1万3千平方メートル。画像の読み取りや制御など先端技術を注入して自社開発したロボットを配置し、アルミ合金パネルの組み立て工程などで自動化を進めた。岐阜工場の新設備を含めて250億円を投じる。

 月1機分のペースで生産し、稼働後は機数を増やす。同工場では1992年以来、「777」や中型機「787」の胴体部分を製造する。(高見雄樹)

2017年2月13日 (月)

東日本大震災等および原発事故関連のニュース・2196

引き続き、2011年3月11日に発生した、東日本大震災ならびに東電福島第一原発事故に関連するニュース記事を伝達します。

今後も引き続き、随時追加します。

リンク:熊本で災害報道研修会 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発にサソリ型ロボット - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:もんじゅデータ、一時送信できず=昨年10月、点検中ミス―原子力機構 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「放射能付くから近づくな」 震災関連いじめ、埼玉でも2人確認 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東日本大震災6年 南三陸の防災庁舎、補修完了 3カ月ぶりに姿現す - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:東電の体質「重症」…報告遅れで規制委委員長 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:調査ロボ、16日投入=2号機内部、福島第1―東電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<柏崎刈羽原発>新潟知事ら東電に不信感 耐震性説明で - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「議論の進め方に影響」=新潟知事ら、東電を批判―柏崎耐震性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:田中規制委員長「東電は重症」=柏崎原発の耐震性問題 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<福島2号機>自走式ロボットを16日投入 容器内部調査 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:10市町村で達成不可能=政府の除染目標―福島県 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<埼玉県教委>原発避難いじめ受けた、中学生2人が回答 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原発避難いじめ>横浜市長、被害生徒と面会示唆 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発事故 2号機格納容器内調査ロボ、16日に投入 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:道路寸断、対応に課題=船避難は評価、伊方原発訓練―愛媛 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:耐震性審査で誤った説明=柏崎刈羽の事故対応拠点―東電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発いじめ『どうして放置し続けた』被害生徒の悲痛な手紙 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「通学支えられず悔しい」南阿蘇鉄道、復興願う 沿線の高3招き「卒業列車」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島第1原発を3年半ぶりに視察し、感じた「前進」と「停滞」 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:熊本城の復旧費は18億8900万円 熊本地震対応で当初予算案最大に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<柏崎刈羽原発>「免震重要棟」耐震性、高く説明 東電 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<南相馬中2女子自殺>「学校は真実話して」 父、無念語る - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:「復興後」にらみ出馬に意欲=村井宮城県知事インタビュー―東日本大震災 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:柏崎刈羽の免震棟、震度7に耐えられない可能性 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島の中2女子自殺、市教委がいじめを認める - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<石巻大川小津波訴訟>控訴審第1回口頭弁論が3月29日に - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:福島・南相馬の中2自殺、第三者委設置へ - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:常磐線代行バス 16日から富岡にも停車 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:ウラン濃縮工場で配管腐食=自主点検で発見―日本原燃 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:中2女子が自殺…いじめか、1月に学校に相談 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:変わる姿、残る爪痕=内部は高線量―福島第1 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:原発避難の少年、金銭被害もいじめ認定 - 速報:Yahoo!ニュース.
リンク:<原発避難>男子生徒が市長にあてた手記の全文 - 速報:Yahoo!ニュース.

以下、参考のために同記事を引用

熊本で災害報道研修会
産経新聞 2/16(木) 7:55配信

 新聞社や放送局などでつくるマスコミ倫理懇談会全国協議会など主催の災害報道研修会が15日、熊本市で始まった。昨年4月の熊本地震を踏まえ、「災害時に何をどう発信するのか」をテーマにマスコミや行政、NGO団体などの関係者約100人が参加。災害弱者に対する支援や報道の在り方などについて参加者が意見を交わした。


福島第1原発にサソリ型ロボット
ホウドウキョク 2/16(木) 7:22配信

149
(写真:ホウドウキョク)

16日に格納容器の内部に投入する。
東京電力は、16日に、福島第1原発2号機の溶け落ちた核燃料を調査するロボットを、格納容器の内部に入れると発表した。
公開された画像では、2号機の原子炉の真下にある足場の左側に、大きな穴が開いているほか、右奥にもくぼみがあることがわかる。
格納容器内部に入れるサソリ型ロボットは、カメラのほか、線量計と温度計を備えていて、レールの上にある堆積物を乗り越え、原子炉の真下で、わずかに残っている足場まで調査する予定。
原子炉の真下まで行けば、1月に撮影された黒い堆積物が、溶けた核燃料であることが、福島第1原発事故後、初めて確認できる可能性がある。


もんじゅデータ、一時送信できず=昨年10月、点検中ミス―原子力機構
時事通信 2/15(水) 23:56配信

 廃炉が決まった高速増殖原型炉もんじゅ(福井県敦賀市)で昨年10月、環境モニタリングデータが計30分余りにわたり、原子力規制庁に送信できない状態になっていたことが15日、日本原子力研究開発機構への取材で分かった。

 送れなかったデータは130項目に上るという。

 原子力機構によると、昨年10月20日午前9時16~42分の約27分間と同10時22~26分の約5分間、もんじゅの排気筒から放出される放射能濃度などのデータが規制庁に送信できなくなった。

 県にデータを送る装置を点検するため、パソコンで県にデータを送信できないように設定していたところ、請負業者が誤って規制庁に送れないように設定したという。


「放射能付くから近づくな」 震災関連いじめ、埼玉でも2人確認
産経新聞 2/15(水) 23:06配信

 東日本大震災で被災し埼玉県内に転入した児童生徒のうち、男子中学生2人が「小学生のときに震災に関するいじめを受けた」と話していることが15日、同県の聞き取り調査で分かった。一人は小学3年時に複数の同級生から「放射能が付くから近づくな」などといわれ、もう一人は以前避難していた栃木県内の学校でいじめを受け、「今でも出身を知られるといじめを受けるのではと心配だ」と話しているという。

 県教育委員会は、昨年12月から、さいたま市を除く県内の公立小中高校と特別支援学校を対象に、震災後に県内に避難した610人の児童生徒の個別面談や保護者の聞き取りを実施した。

 関根郁夫教育長は調査結果を受け、記者会見で「子供たちの苦しみにもっと早く気付くべきだった。被害者らの心のケアや、周囲が偏見を持たないような指導に努める」と話した。


東日本大震災6年 南三陸の防災庁舎、補修完了 3カ月ぶりに姿現す
産経新聞 2/15(水) 22:47配信

 東日本大震災の津波で宮城県南三陸町職員ら43人が犠牲になり、当面の間、県有化されている同町の防災対策庁舎が15日、補修工事を終えて約3カ月ぶりに姿を現した。昨年11月の着工以来、建物を覆っていた工事用シートの一部が取り外された。数日内にシートや足場を完全撤去する。

 工事は可能な限り、現状保存を目指して県が実施。鉄骨に付着した海水の塩分を除去してさび止めを施し、震災直後の色に近い赤色で塗装。折れ曲がった鉄骨も固定された。

 庁舎を震災遺構として保存するかについて、町民は「保存」「解体」で意見が二分しており、震災から20年となる平成43年の3月10日まで県が保有して維持・管理し、議論を続けることになっている。県の担当者は「県有化の期間が終わるまで、遺構としての価値をなくさないように管理していきたい」と説明した。


東電の体質「重症」…報告遅れで規制委委員長
読売新聞 2/15(水) 20:50配信

 東京電力柏崎刈羽原子力発電所(新潟県、運転停止中)の事故対応拠点「免震重要棟」が震度7級の地震に耐えられない可能性が発覚した問題で、原子力規制委員会の田中俊一委員長と新潟県の米山隆一知事は15日、それぞれ記者会見で東電の報告遅れを批判した。

 田中委員長は「信義に反する。審査をしている人たちが一番怒っている」と述べ、東電の体質を「社内の情報連絡が大事なところで抜けている。重症だ」と批判した。

 米山知事は「いかがなものか、と言わざるを得ない。今後の議論の進め方に大きく影響してしまう」と述べ、東電への不信感をあらわにした。今後、東電に反省と説明を求めるという。

 免震重要棟の性能不足の可能性について、東電社内の一部は2014年に把握していたが、今月14日の規制委の審査会合で初めて公表された。東電は「連絡不足で情報が共有されていなかった」と釈明している。


調査ロボ、16日投入=2号機内部、福島第1―東電